ことり「100%チョコレート」back

ことり「100%チョコレート」


続き・詳細・画像をみる


第1弾
穂乃果「ことりちゃんにあげるチョコ誰かに間違えて渡しちゃった!?」
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1455376068/
ことほのバレンタイン第2弾
2:
ことり「穂乃果ちゃん早く来ないかな?♪」
にこ「それにこ達に渡したチョコとちがうわね?」
ヒョイ
ことり「あっ!」
にこ「これ本命チョコにこ?♪」
ことり「返してぇ?ことりのチョコ返して?!」
にこ「いいじゃないもうちょっと」
4:
ヒョイ
海未「にこ!イタズラがすぎます!」
にこ「あっ」
海未「ことり、はい」
ことり「海未ちゃんありがとう!」
にこ「ちょっと見てみただけよ?」アセアセ
にこ「ねぇ?ことり?」
ことり「ピィーーー!!」イカク
にこ「あれ?」
にこ「こと
ことり「ピィーーー!!」イカク
5:
希「にこっちそれはあかん」
海未「にこ?」ゴゴゴ
にこ「タンマ!ことりがここまで怒るなんて思わなかったのよ!」
花陽「たしかにことりちゃんがここまでの反応は珍しいね」
凛「そんなに大事なの?」
ことり「うん。とっても大事なの。このチョコだけは・・・」
ことり「やっと穂乃果ちゃんに告白できるんだ///」ドキドキ
ことり「このチョコができるまで10年もかかっちゃったから」
「「「10年!?」」」
6:
10年前
テレビ『このカカオの木からチョコの原料となるカカオ豆が実ります』
ほのか「あの木があったらまいにちチョコたべほうだいかな?」ウキウキ
ことり「ほのかちゃんカカオの木にチョコができるわけじゃないよ?」
ことり「今テレビでやってるよりもうーんといっぱい、いろんなことしてチョコになるんだって!」
ほのか「ほぇ?。このチョコもくろうしてできてるんだね?」モグモグ
7:
ほのか「それじゃあ、ひとりで木からがんばってチョコまでつくれたら」
ことり「つくれたら?」
ほのか「すっごくきもちのこもったチョコになるんだろうね!」
ことり「そうかも♪」
ほのか「きっとせかいさいきょうのきもちだよ!だれにもまけない!」
ことり「だいすきってきもちだったら?」
ほのか「せかいでいちばんのだいすきだね!」
ほのか「ぜったいむてき!けっこんしちゃうくらいすごいやつ!」
ことり「ことりがつくったらほのかちゃんはうけとってくれる?///」モジモジ
ほのか「食べる食べる!ことりちゃんのことせかいで一番だいすきになるよ!」
ほのか「だいすき100%のチョコレートだね!」
ことり「せかいで一番のだいすき・・・」
ほのか「いつかたべさせてね♪」
ことり「うん♪やくそくだね♪」
8:
理事長「ことり特別にもらってきたわよ?」
ことり「わーい♪カカオの木!」
理事長「ちゃんとお世話するのよ?」
ことり「はーい♪」
ことり「カカオさん♪ことりがいっぱいお世話するね♪」
カカオの苗木『』
9:
ことり「そのあと植物園のカカオの苗木を特別に譲ってもらって育てたの」
ことり「そのカカオの木で作ったチョコがこれなの♪」
希「えぇはなしやん」ウルウル
真姫「ことりはその頃から穂乃果のことが好きだったのね」
ことり「うん///」カァー
海未「そういえばありましたね。昔カカオの苗木が・・・」
海未「しかし今思い出したくらい忘れていたということは、やはり近年ことりの家でカカオの木を見た覚えはありませんね?」
ことり「あぁ・・・大きくなり過ぎて家で育てられなくなったからね」
10:
穂乃果「みんなお待たせ?♪」
絵里「あら♪主役のご登場ね」
穂乃果「主役?」
海未「穂乃果、ことりから大事なお話があるそうです」
ことり「うっ海未ちゃぁん!///」
穂乃果「大事な話し?」
希「それじゃうちらは席外すね?♪ごゆっくり?♪」
ことり「ふぇぇ!みんないっちゃうの!?///」
真姫「逆に居ていいの?」
ことり「それは・・・そうだけど///」チラッ
穂乃果「えっと・・・なんの話し?」キョトン
ことり「ひとりじゃ倒れちゃうよ?!」
穂乃果「大丈夫!穂乃果がいるよ!」ニギッ
ことり「ふぁっ///」ドキッ
海未「御武運を祈ってますよ♪ことり」
凛「がんばるにゃー!」エイエイオー
バタン
11:
穂乃果「?」
ことり「///」モジモジ
穂乃果「それで話しってなに?」
穂乃果「はっ!まさか!」
ことり「!?(まさか気づいて?)」
穂乃果「もしかして穂乃果だけチョコなしとか!?」
ことり(だよね・・・)
ことり「そんなことないから安心して♪」
穂乃果「よかった?♪ことりちゃんのチョコ毎年楽しみだもん♪」
ことり「楽しみにしてくれてたんだ///」
穂乃果「うん♪」
12:
ことり「ねぇ穂乃果ちゃん10年前・・・わたしがはじめてチョコあげたときのこと覚えてる?」
穂乃果「あのときのチョコもおいしかったな?」
ことり「約束も覚えてるかな///」モジモジ
穂乃果「なにか約束してたっけ?」
ことり「えっ・・・」
ことり「覚えて・・・ないの?」
13:
ことり「・・・」ジワッ
穂乃果「ことりちゃん?」
ことり「これはちょっと・・・眠くてあくびしただけだよ」ポロポロ
ことり「あっことりそういえば用事があったんだった!」
穂乃果「ことりちゃ
ことり「もういくね!」
タッタッタッタ
穂乃果「ことりちゃん・・・?」
パサッ
穂乃果「手紙?ことりちゃんのかな?」
14:
ことり「あはは・・・」ポロポロ
ことり「そうだよね。子供の時のことだもんね」
ことり「覚えてなくても無理はない・・・」ポロポロ
ことり「なにを期待してたんだろう?勝手にひとりで盛り上がって・・・」
ポロポロ
ことり「涙・・・グスッとまらない・・・よぉ?・・・」ポロポロ
15:
手紙『穂乃果ちゃんへ』
穂乃果「これわたし宛だ」
穂乃果「読んでもいいよね?」
ペラ
手紙『この手紙を読んでるってことはことりのチョコ受け取ってくれたってことだよね?うれしいな♪』
穂乃果「チョコ渡そうとしてたの?」
手紙『勇気のないことりはこの手紙に気持ちをこめることにしました!』
手紙『穂乃果ちゃん覚えてるかな?小さい頃ことりの家にあったカカオの木。穂乃果ちゃんが持ってるそのチョコはね♪あのカカオの木から作ったんだよ!』
16:
穂乃果「カカオの木、昔ことりちゃんの家にあった!」
手紙『穂乃果ちゃんが昔言ってた、世界一の大好きがやっと形になったよ♪』
穂乃果「そういえばそんなことを」
手紙『だからチョコに気持ちをこめて言うよ・・・』
手紙『穂乃果ちゃんのことが世界一大好きです?』
穂乃果「!!」
17:
手紙『追伸 もしことりの気持ちが届かなくてもチョコは食べてほしいな。カカオさんがやっと実をつけてくれたチョコだから・・・』
穂乃果「・・・」
穂乃果「チョコもらわなきゃ!」
タッタッタッタ
18:
トボトボ
ことり「・・・」ウツムキ
ことり「さっきまですごく幸せな気持ちだったのになぁ?」
トボトボ
ことり「よく考えたら、こんなのただの押し付けだったね」
コトリチャーン!
ことり「!」クルッ
穂乃果「ことりちゃーん!」
ジワッ
ポロポロ
ことり「!」フキフキ
ことり(こんな顔見られた、穂乃果ちゃんのこと困らせちゃう)
19:
ことり「・・・」タッタッタッタ
穂乃果「ことりちゃん!待って!」
穂乃果「見失った・・・」
穂乃果「でも絶体捕まえる!」
穂乃果「言わなきゃ!」
穂乃果「もらわなきゃ!」
「チョコはいかがですか??」
穂乃果「あっ・・・」
20:
ことり「もうお家かぁ・・・」
穂乃果「ことりちゃん!」バッ
ことり「!?」
ことり(先回りされた!)
クルッ
ことり「・・・!」タッタッタッタ
穂乃果「待って
ことり(この角曲がって!)
スタッ!
21:
ブォー!ブォォォーーー!!!
ことり「えっ・・・」
あれ?車?これ・・・
ことり死んじゃう?
10年もかかってやっとカカオさんが実をつけてくれたのに・・・
やっと穂乃果ちゃんに気持ちを伝えられるはずだったのに・・・
この気持ちも伝えられないまま・・・
終わっちゃうの?
ブォォーーー!
22:
「あぶないっ!」ガバッ
ポト
ガッ!
ことり「いたぁ?」
ことり「ひかれてない?」
穂乃果「うぅ・・・」ポロポロ
ことり「穂乃果ちゃ
穂乃果「ことりちゃんのバカ!」
ことり「!」
23:
穂乃果「なんで待ってって言ったのに待ってくれないの!?」
穂乃果「なんで・・・止まっちゃいけないときに止まってるの!」ポロポロ
穂乃果「死んじゃうかと思った!ことりちゃんいなくなっちゃうのかと思った!!」ポロポロ
ことり「ごめんなさい」
穂乃果「謝らないで!」
ことり「・・・」
穂乃果「謝らないといけないのは穂乃果の方だから!」
ことり「えっ?」
24:
穂乃果「忘れててごめんなさい!」
穂乃果「ことりちゃんずっと覚えてたのに!世界一の大好き!全部が手作りのチョコ!」
ことり「!」
穂乃果「手紙読んだの」ピラッ
ことり「手紙いつの間にか落として」
穂乃果「チョコ・・・」
ことり「えっ?」
穂乃果「チョコ・・・くれる?」
ことり「うん」
やっとチョコ渡せる・・・
25:
サワサワ
ことり「あれ・・・?」サー
穂乃果「どうしたの?」
ことり「ないっ!チョコがないのっ!」
ことり「どこ!?ことりのチョコ!」キョロキョロ
ことり「あっ・・・」
ことりチョコ「」グチャ
穂乃果「さっきの車のときに落ちた?」
26:
ことり「ことりの・・・チョコが・・・」ジワッ
ことり「やっと作れたチョコが・・・」グスッ
ことり「カカオさんがやっと作らせてくれたチョコが・・・」
ことり「うぅっ・・・」
ことり「うわぁぁ???ん!」ポロポロ
ことり「うぅっグスッ・・・ヒック・・・」ポロポロ
27:
穂乃果「・・・」スタスタ
ヒョイ
穂乃果「・・・」チョコキョロキョロ
穂乃果「大丈夫そうだね」
ことり「えっ・・・」グスッ
穂乃果「こういう紙の包装って意外と強いんだよ?」
穂乃果「大丈夫中身飛び出してないよ」
ことり「でもそんなボロボロのチョコは」グスッ
穂乃果「もし地面に落ちてても食べる!」
28:
ビリッ
ビリッ
穂乃果「!」
穂乃果「やっぱり大丈夫!ことりちゃんの気持ちちゃんと残ってる!」
穂乃果「ほらっ!」パッ
ことり「あっ」
チョコは予想通りバラバラになっていました
29:
でも
奇跡としか言えない
砕けて、ひび割れて
それでも
割れずに残った
【I LOVE YOU?】
ことり「残ってた・・・」ジワッ
穂乃果「もらうね?ことりちゃんの気持ち」
穂乃果「いただきます」
パクッ
30:
穂乃果がことりのチョコを口にしたその頃
カカオの木『・・・』
パアァ
カカオの木『』ポワァ
誰かに存在を示すわけでもなく・・・
ことりの育てたカカオの木が
淡く輝きを放ちはじめた・・・
穂乃果「」モグモグ
『カカオさん♪カカオさん♪』
穂乃果「!?」
31:
????
ことり「カカオさん♪ことりに勇気をくださいな♪」
カカオの木『』
穂乃果『これ小さい頃のことりちゃん?』
ことり「ことりがカカオさんのお世話をします!」
ことり「だから大きくなったらいっぱいチョコをつくらせてください♪」
ことり「カカオさんの実でチョコをつくるの♪そのチョコでほのかちゃんにこくはくするんだ?」
ことり「ほのかちゃんがいってた世界一の大好きをほのかちゃんにつたえるの♪」
ことり「ことりの大好きを?」
ことり「だからカカオさん!早く大きくなってね!」
カカオの木『』
32:
ことり「ジョウロでお水をあげましょう♪」
シャーシャー♪
カカオの木『♪』
ことり「そだて?♪そだて?♪」シャーシャー♪
ことり「んん///」ガシッ
カカオの木『!』
ことり「よいしょ///よいしょ///」オイチニーオイチニー
ゴッ
ことり「ふぅ?///おもかったぁ?」
ことり「ここなら日当たりもよくて元気に育つよね♪」ウキウキ
34:
ビュー!
ことり「風がつよい・・・」
ことり「カカオさん!」
カカオの木『』ゴト
ことり「あぁ!!」
ことり「倒れて枝が折れてる!」
ことり「ごめんね!カカオさんごめんね!」ポロポロ
ことり「痛かったよね!?今お部屋にいれるからね」ポロポロ
穂乃果『・・・』
35:
ことり「カカオさん聞いて聞いて♪ほのかちゃんにはじめてことりがつくったチョコをあげたの♪」
ことり「そしたらおいしいって言ってくれたの♪」ニコニコ
ことり「早くカカオさんの実でチョコつくりたいなぁ?」チラッ
カカオの木『・・・』アセタラタラ
36:
ことり「えっカカオさんを返す!?」
理事長「もうお家にはいりきらないでしょ?冬に外に置いておいたら枯れてしまうし・・・」
ことり「やだぁ?!カカオさんの実でチョコを作るの!」
ことり「作って・・・作ってそれを穂乃果ちゃんに・・・」
ーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーーー
理事長「ことり近所のお婆ちゃんいるでしょう?」
理事長「お婆ちゃんが使わないからあのおっきな温室使っていいって♪」
ことり「ほんと!?」
37:
ことり「もう地植えしないとダメだね」ガサゴソ
ことり「カカオさん!毎日くるからね」
カカオの木『』
数年後
ことり「ずいぶん差ができちゃったねカカオさん」
カカオの木『』エッヘン
ことり「でもまだ実はならないね」
カカオの木『・・・』
ことり「穂乃果ちゃん・・・」
38:
ことり「花が・・・咲いた!」
カカオの木『♪』ホコラシゲ
ことり「次のバレンタインに穂乃果ちゃんに告白・・・」
ことり「カカオさんことりに勇気をください」
カカオの木『!』
ことり「穂乃果ちゃん今度のバレンタイン待っててね!」
????
39:
穂乃果「・・・」
ポロポロ
穂乃果(わたしこんなに思われてたんだ・・・)ポロポロ
ことり「穂乃果ちゃんおいしくないの?」
穂乃果「!」ゴシゴシ
穂乃果「そんなことない!むしろ今まで一番おいしい!」
ことり「ほんとう・・・?」
モグモグ
穂乃果(食べる度にことりちゃんの気持ちが入り込んでくる・・・)
『穂乃果ちゃんが大好き!』
『世界一の大好きを』
『伝わって!この思い!』
穂乃果(全部知りたい!ことりちゃんの気持ちを!)
40:
穂乃果「ひとかけらも残さない!」
モグモグ
モグモグ
穂乃果「ペロペロ♪」
ことり「あはは・・・穂乃果ちゃん口回りにチョコついてるよぉ?」クショウ ナミダメ
穂乃果「ペロペロ♪」ベタベタ
ことり「・・・」
ことり「ありがとう・・・」ウルウル
ことり「ことりのチョコ・・・全部グスッ・・・食べて・・・くれて・・・」
ことり「ありが・・・とう」ポロポロ
41:
穂乃果(こんなにも穂乃果のこと好きでいてくれたんだ・・・)
穂乃果(伝えなきゃ!今の・・・)
穂乃果(わたしの気持ちを!)
穂乃果「ことりちゃん!」
ことり「ふ・・・え?」ウルウル
穂乃果「///」ガサゴソ
穂乃果「これ!ことりちゃんあげる!」
ことり「チョコ・・・」
穂乃果「ただ追いかけるだけじゃダメと思って・・・追いかける途中で買ったんだ」
42:
穂乃果「むむむむ??!」ハンドパワー
ことり「なに・・・してるの?」
穂乃果「気持ちを込めてるの」
穂乃果「ことりちゃんみたいなすごい気持ちはこもらないかもしれないけど」
穂乃果「穂乃果の今の気持ちを込めたから」
穂乃果「これ食べて?」
ことり「うん・・・」
ことり(穂乃果ちゃんがチョコくれた)
ことり(本命なのかな?)
ことり「///」
ことり「ありがとう。いただくね?」
43:
『ことりちゃん』
ことり「!?」
カカオの木は未だに光る
???
穂乃果『ことりちゃん約束忘れてて本当にごめん!』
穂乃果『今ね、ことりちゃんのチョコ食べたらカカオの木との思い出とか、ことりちゃんの気持ちが全部・・・流れこんで来たっていうのかな?』
穂乃果『全部伝わったよ』
穂乃果『ずっと穂乃果のこと思ってくれてたんだね』
穂乃果『だから言うね。穂乃果の気持ち・・・』
スゥゥ?!
穂乃果『『『オッケーーーだよーーー!!!』』』
44:
ことり『きゃぁ!』
穂乃果『あはは///叫んじゃった///』テレテレ
穂乃果『だって叫びたくなるくらいの気持ちなんだもん!///』
穂乃果『チョコに込めたこの気持ちが届いたら・・・』
穂乃果『わたしたち両思いだよね?』
ことり『!』
????
ことり「穂乃果ちゃん」
ことり「わたしたちは両思い?」
穂乃果「伝わった!」
45:
穂乃果「あっ!」
ことり「どうしたの?」
穂乃果「ひとつしっかり思い出した」
穂乃果「ことりちゃんのことを世界で一番・・・」
穂乃果「大好きになったよ///」ニコッ
ことり「穂乃果ちゃぁ?ん!」ギュッ
穂乃果「?///」ナデナデ
ことり「うぅ・・・///」ポロポロ
46:
穂乃果ちゃんあったかい・・・///
バラバラになったことりの思い(チョコ)を穂乃果ちゃんは全部受け止めて(食べて)くれました。
ことりの大好きはやっと
穂乃果「なでなで♪」
ことり「やっと届いた・・・」ポロポロ
役目を終えたかのように
カカオの木『♪』シュゥゥ
カカオの木は光るのをやめていた
47:
ことり「穂乃果ちゃん」
ことり「お家にまだ作ったチョコがあるんだけど食べ
穂乃果「食べる!」
穂乃果「全部食べちゃうぞ!まだ食べたりないもん!」
ことり「本当?」パアァ
穂乃果「ことりちゃんの大好きは全部穂乃果がもらうの!」
ガシッ
穂乃果「そうとなったらさっそくゴー!」グィッ
ことり「急がなくてもチョコは逃げないから?!」
ーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーーー
48:
1年後
今年もチョコを渡す季節がやってきました♪
カカオさんは去年よりもたくさん実をつけてくれました!
ことり「ねぇ穂乃果ちゃん。今年はどんなチョコがほしい?」
穂乃果「そんなの決まってるよ!」
穂乃果「ことりちゃんの愛情100%のチョコが食べたい!」
ことり「愛情100%だとチョコがはいらないよ?」
ことり「つまり愛情だけでチョコはいらないってことだね?」
49:

続き・詳細・画像をみる


バイオリニスト高嶋ちさ子の畜生言動で打線組んだwwwwwww

「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2015 JUMPing CARnival」DVD総合1位!前作から初動倍増

【画像】トム・クルーズの変わり果てた顔にツイッター炎上!

【艦これ】提督「時津風拾った」

俺がAmazonプライムで無料で見れるおすすめ映画かいてく

モバP「事務所に圧力が?」

back 削除依頼&連絡先