鹿島「提督さん、こんな時間に何かしら?」back

鹿島「提督さん、こんな時間に何かしら?」


続き・詳細・画像をみる

0:
提督「と、いうわけで、だ。少々体調がすぐれないので、一時間ほど有給を使わせてもらいたいんだが……」
大淀「了解しました……提督……なるべく早くお帰りを」
提督「な、なんの事かなぁ……」アハハ……
大淀「……ええ、体調が悪いんですよね、ええ、理解しておりますとも」
提督「……デザートでここはひとつ……」
大淀「……ゼリーは嫌です。ケーキなら」
提督「ぐっ……ならそれで……」
大淀「それでは、受理いたしますね」ニコッ
提督「うっし!」
鹿島「こんばんわ、提督さん、大淀さん」
提督「うひぃ!」
大淀「あら、鹿島さん、こんばんわ。本日の当直は貴女でしたね、そういえば」
提督「……が、頑張ってくれたまへ……じゃっ」ソソクサ
鹿島「提督さん、どうかされたんでしょうか……」
大淀「ん?……。ああ、そうそう、提督は体調が優れないとかで、明日、前休一時間取ってらっしゃいますよ」
鹿島「え、大丈夫かしら……」
大淀「そう思うのでしたら、少し気にかけてあげたらどうかしら」
鹿島「はい、そうします!ありがとうございます、大淀さん!」
2:以下、名無しにかわりましてSS報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 06:08:57.16 ID:NWE0M01G0
2月16日 AM05:
提督「ふぁ?……いつもより早いから、少し眠いな……」
提督「しかし……男にはやらねばならない時がある!」
提督「とりあえず着替えて……と」
鹿島「あら?提督さんのお部屋から明かりが……」
鹿島「提督さん、起きてらっしゃるのかしら?」
鹿島「ご気分が優れないと伺っていましたし……大丈夫かしら……?」
3:以下、名無しにかわりましてSS報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 06:09:24.13 ID:NWE0M01G0
2月16日 AM06:
鹿島『マルロクマルマル!総員!オコーシ!』パッパー♪
提督「やべ、ちょっとうたた寝してしまった……点呼が始まる前に抜け出さねば……」
鹿島「あれ……?あれは……提督さん?……薬でも買いに行ったのかしら?ん?……」
香取「おはよう、鹿島。当直、ご苦労様」
鹿島「…………」
香取「鹿島?」
鹿島「香取姉!」
香取「あ、あら?何かしら?」
鹿島「そ、その……頼みがあるんです!」
4:以下、名無しにかわりましてSS報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 06:10:31.10 ID:NWE0M01G0
同日 AM06:
提督「ふい?……さぶさぶ……。いやぁ、近くに杉屋があって良かった?。ここで朝食でも食べながら時間潰す……」
鹿島「居ました!提督さん!」
提督「ふぁぁっ!?」
鹿島「提督さん?」
提督「……え?提督さん?誰ですかねぇ……ワタシ、堤(つつみ)督(おさむ)と申しまして……」
鹿島「むー、何をおっしゃってるんですか?鹿島が提督さんのこと、見間違えるわけないじゃないですか!」
提督「あ、ああ、鹿島……奇遇だな……こんな所で」
鹿島「なに言ってるんですか。鹿島は提督さんのこと、探していたんですよ?」
提督「え?っと……なぜでしょう……」
鹿島「大淀さんに聞いて知っているんですよ。体調が優れないって」
提督「チッ……大淀め……余計な事を……」
鹿島「ダメじゃないですか?、安静にしてなきゃ……。お薬なら、言ってくだされば鹿島が買いに行きますのに」
提督「いや?……あ?……実は……ちょっと買い物がありまして……」
鹿島「だったらなおの事です!提督さんがこんな寒い時間に外に出て、風邪でも引いたらどうするんですか?

提督「うん、すまない……」
鹿島「分かればいいんです。それじゃあ、もう出てきてしまったものは仕方がないので……鹿島が買い物にお付き合いいたしますね」
提督(アカン)
提督「あ?……鹿島?その?……気持ちは嬉しいんだが……」
鹿島「はい?」
提督(クッ……かくなる上は……)
提督「あっ!鹿島!寝癖がついてるぞ!」
鹿島「え?そんな……寝癖だなんて……やだ!」
鹿島「鏡鏡……ってそういえば鹿島は当直だったので寝癖なんて……提督さん?」
提督「うおぉぉぉぉっ!」全力ダッシュ?
鹿島「あっ、提督さん!待って!」
5:以下、名無しにかわりましてSS報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 06:11:13.42 ID:NWE0M01G0
同日 AM06:
提督「ふいぃー、なんとか撒けたか?」
提督「全力疾走してもう汗ダクだよ……」
提督「お、こんなところにワッグとかあったのか……ちょうど腹も空いたし……あ?、でも時間ギリ……いいや、入っちゃえ」
店員「いらっしゃいませー!」
提督「さ?て……あ、今もう朝ワッグ?」
店員「そうであります。メニューで言えば、このあたりの商品が提供可能であります」
提督「ん?……目玉焼き入ってるのがなぁ……マフィンってどうにも見た目がハンバーガーって感じじゃないからなぁ……」
提督「えっと……フィレオフィッシュとハッシュポテト……」
店員「お飲み物はいかがでありますか?」
提督「いいや。あ、テイクアウトで」
店員「ご注文、繰り返すであります!」
店長「あ?、バンズがもうないからフィレオフィッシュはできないにゃ」
店員「え?……またですか?」
店長「またにゃ。……まったく、アカシロのヤツめ……いい加減首にしてやるにゃ!」
店員「えっと、申し訳ないであります……そういうことなので……マフィンなら提供できるでありますが……」
提督「ふ?む……じゃあ……」
鹿島「提督さんっ!ココに居たんですね!」
提督「げぇっ、鹿島!」
鹿島「提督さん!なんで逃げるんですかぁ!」
提督(言えるわけないだろ!)
店員「お客様、どうなさるでありますか?」
提督「ん??……鹿島!」
鹿島「はいっ」
提督「任務を与える!こちらでナゲットを20人分購入後、鎮守府の非番の皆で分けなさい!」つジェットストリーム樋口
提督「ではサラバ!」シュバッ
提督(20人分も作るのには時間がかかるはず……その間に……)
鹿島「提督さん?提督さん!?」
店員「ご注文、ナゲット20人前でよろしいでありますか?」
鹿島「は、はい……あの……申し訳ありませんが……」
6:以下、名無しにかわりましてSS報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 06:11:55.68 ID:NWE0M01G0
同日 AM06:
提督「ひぃ…ひぃ…」
提督「よし、間に合った……これで……。うわっ、並んでる……」
鹿島「提督さ?ん!」
提督「へぁっ!?」
鹿島「はぁ…はぁ…提督さん、やっと……追いつきました……」
提督「か……鹿島……」
鹿島「提督さん!なんで逃げるんですか!?」
提督「いや?、あ?、その、な……」
鹿島「……提督さんは、鹿島のことが嫌いなのですか?」
提督「いや、そんなことは……」
鹿島「だったらなんで逃げるんですか!?」ウルウル
提督「あ?、すまん……その……」
並んでる人「……女泣かすとか最低クマ」
提督「うぐっ」グサッ
提督「あの、鹿島……ここだとちょっと人目につくから……な」
鹿島「うぐっ……ひっく……」
7:以下、名無しにかわりましてSS報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 06:12:42.82 ID:NWE0M01G0
同日 AM7:
提督「ほら、鹿島、泣き止んで……」
鹿島「ヒック……ヒック……提督さん……」
提督「あ?、その、な。悪かったよ……。その……ちょっと買う物のことを、鹿島には知られたくなかったんだよ……」
鹿島「……え、えっちなのはいけないと思います」
提督「ちげーよ!男として確かにそういうものは否定しないけど、こんな時間にわざわざ前休使って買いに来たりしねーよ!」
鹿島「じゃ、じゃあ、なんで……」
提督「……あ?……前、さ。お前、撮影したろ?」
鹿島「はい……でもそれと何の関係が……」
提督「関係大ありなんだよ……。その、撮影って、なんのために使われたか知ってる?」
鹿島「……広報に使うとだけ……」
提督「えっとな……広報っちゃ広報なんだが……軍のではない」
鹿島「……?」
提督「あー!もー!実はな、本日16日の07:
鹿島「えっ?えっ?」
提督「私はな、それを買いに来たんだよ!」
鹿島「提督さ……あれ?え?///」顔真っ赤
提督「あ?ちくしょー……だから知られたくなかったのに……」
鹿島「提督さん///」
提督「いいか?そこを動くな!今から、か、買ってくるからな!」
鹿島「は、はい」
8:以下、名無しにかわりましてSS報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 06:13:14.29 ID:NWE0M01G0
同日 AM0

続き・詳細・画像をみる


「日の丸の生意気な野心」ってなんじゃそりゃw

【モヤッ】先に帰った教授からお金を貰った事も言わず普通に割り勘した幹事…着服か?

春から一人暮らしする僕にアドバイスを

安倍「民間企業が頑張れば伸びていける土俵をつくることができた。消費税率10%への引き上げは国民に納得していただく」

「糖質制限ダイエット」第一人者の桐山秀樹氏、心不全で急死 62歳

韓国「2016〜2018年は韓国訪問の年」 日本人観光客にアピールへ

back 削除依頼&連絡先