P「実は俺、超能力者なんだ」春香「へーそうなん…本当ですか!?」back

P「実は俺、超能力者なんだ」春香「へーそうなん…本当ですか!?」


続き・詳細・画像をみる


P「春香ぁー取引先の人からお土産もらってな。よかったら食べないか?」
春香「あ、豆大福じゃないですか!頂きまーす」パク
P「ハハハ、よく噛んで食べろよ。餅をノドに詰まらせて死んでしまうってことが起こらないとも限らないしな。もっとも老人ならともかく春香に限って…」
春香「うぐっ……!の、のどにつまりまひ…ぐぐ!」
P「春香ああああああ!!!」
----------------------------------------------------------------------------
2: 以下、
春香「ぷ、ぷろぎゅーひゃーさ…だふけて…」
P「クソ、こうなったら……いやでも!」
春香「う……いきがでぎ…」
P「……やむを得ん!」ビビッ
春香「……ぐ、ぐがっ!?」ビクビクッ
春香「おぼろろろろろろろろろろ」ビシャビシャビシャ
春香は盛大にリバースした。
春香「ハーハー……吐いちゃったけどなんとか取れたみたいです」
春香「でもどうして急に吐き気が…?」
P「春香……こうなった以上話さなきゃいけないな」
3: 以下、
不覚にもちょっと笑った
4: 以下、
春香「え、話すって何をですか?」
P「ああ、実はな…」
P「実は俺、超能力者なんだ」
春香「へーそうなん…本当ですか!?」
P「ああ。でも超能力とは言っても、使える能力はひとつだけ」
P「人に、ゲロを吐かせる能力だ」
7: 以下、
春香「そ、そんな漫画みたいな…ただの冗談ですよね?」
P「じゃあさっき大福をノドに詰まらせた時に急に吐き気がしたのも偶然だと思うか?」
春香「超能力なんて言うよりはそっちの方が自然じゃないかと…」
P「そうか、じゃあ試してみるか…春香、ごめん!」ビビッ
春香「え、一体何を……ぐっ、うぐぐっ!急にすっぱい物が…!」
春香「おぼがっ…ぼるええええええ!」ビシャビシャビシャ
春香はまたしてもリバースした。
春香「ごほ!ごほ!一体なんなんですか?」
P「さあこれでも信じないか」ビビッ
春香「ぶっひがああああ!」ビシャビシャビシャ
春香「や、やめて下さい!信じますから!」
P「本当にすまない春香。これが俺の力なんだ」
8: 以下、
春香「ひどいですよもう……でも今までそんな能力使ってました?見たことないと思うんですけど」
P「極力使わないようにしていた……いや、むしろ使いたくないんだよ!」
春香「え、そうなんですか?」
P「よく考えてみろ。瞬間移動とかサイコキネシスとかならともかく、人にゲロを吐かせる能力なんか何の役にも立たない!」
春香「そ、そう言われれば…」
10: 以下、
P「俺がこの能力に目覚めたのは、確か10歳くらいの時だった」
P「その日は家族と夜遅くまで出かけてて、電車で帰ってた時だった。満員電車だったんだが、近くの席に酔っぱらいのおっさんがいたんだよ」
P「そのおっさんは汚い顔を真っ赤にして近くに女性に絡んでいた。女性は嫌がっていたけど周りの人間は誰も助けない。両親も見て見ぬふりだった。俺も怖くて何もできなかったよ」
P「俺は自分の無力さを怒りながらこう思った。あのクソ酔っぱらい親父が!ゲロでも吐きやがれ!と、心の中で激しく憤った。すると―」
春香「ま、まさか…」
P「なぜか突然その酔っぱらいは苦しそうにもがきだして盛大にゲロを吐いたんだよ」
春香「うわ……」
11: 以下、
P「口だけじゃなく鼻からも吐瀉物が滝みたいに流れ出しててなあ…当然電車は大惨事で臭くてかなわんかったわ」
P「突然吐いたショックからかその酔っぱらいはそのまま気絶しちまってたよ」
春香「た、大変でしたね…」
P「あの時は偶然かと思ったが、その後も俺が誰かに憎悪を覚える度に似たようなことが起こった」
P「行列に割り込むやつとか、理不尽な理由で叱ってくる教師とか。レジ混んでるのにつまらんことで文句言って列を詰まらせるクレーマーとか」
P「そいつら全員が吐いた」
P「疑問が確信に変わったのは数か月後くらいだったか…俺は人にゲロを吐かせる能力に目覚めたんだと気付いたってわけだ」
春香「そうだったんですか……でもそう聞くと悪い能力でもないんじゃないですか?悪い人を懲らしめることができますし…」
P「馬鹿言っちゃいけない!」
春香「えっ」
P「そんな思ってるほど甘い力じゃないんだこれは!俺は二つの理由からこの能力をなるべく、いや絶対に使わないようにしているんだ!」
14: 以下、
くっさ(ゲロなだけに)
15: 以下、
閉塞的な場所でのリバースは生物兵器に片足突っ込んでるからな…
13: 以下、
ゲロルシュタイナーと名付けよう
12: 以下、
春香「二つの理由?」
P「まずひとつは、この力はあまりに強力過ぎる!」
P「11歳、小五のころだったか…クラスでいつも威張って乱暴する嫌なクラスメイトがいたんでな。懲らしめようと思って能力を使ったんだ」
P「そこで、せっかくだから遠足のバスの中で吐かせて恥をかかそうとしたんだ。その嫌な奴はこの期に及んで周りからおやつを奪おうとしてたし、何より俺も楽しみにしていた酢昆布を取られちまってたし遠慮はいらなかった」
春香「よかったじゃないですか?何がいけなかったんですか?」
P「……さっき言ったろう、強力過ぎたんだ」
P「俺が念じた瞬間、その嫌な奴は盛大にゲロりだした。周りは既に大騒ぎだったし奴も苦しんでいたけどおやつを取られた恨みもあったし構わず吐かせ続けたんだ」
春香「そ、それで…」
17: 以下、
P「口や鼻だけじゃなく目や耳からも吐瀉物が漏れ出していて、悲惨なことになった。それだけじゃなく…」
P「胃の内容物がなくなっても奴は透明な液体を怒涛の勢いで吐き出し続けていた」
春香「そ、それって…」
P「………胃液だ。吐くものがなくなっても胃液を絞り出して吐かせてしまっていた」
P「この辺りで俺はようやく気付いた………あいつ、息ができていない、って」
春香「えっ…」
P「口も鼻も吐瀉物や胃液で防がれて、呼吸困難に陥っていると察した俺は、念じるのをやめた」
P「奴は即病院に運ばれた。命は助かったけど、食道や目、鼻、口や耳が胃液で溶かされていて重症だったそうで、二度と学校には来なかった……」
春香「………」
P「俺はなんて軽率な行為をしてしまったんだって思った……俺は死ぬほど後悔したし、今でも……なんであんなことをしてしまったのか、俺は……」
春香「…………プロデューサーさん」
P「それ以来、俺は能力を使うのはやめた。下手をすると本当に命をも奪いかねない、危険な能力だからだ」
19: 以下、
春香「辛かったんですね、プロデューサーさん……でも、私はプロデューサーさんを責めるつもりはありません。だって、それ以来は反省して能力は全く使ってないんでしょう?」
P「ああ、そうだ…」
春香「よかった・・・」
P「なんて思ったら大間違いだ!!!」
春香「!?」
P「そんな簡単なものじゃなかったんだ……二つ目の理由は、この能力は俺の意志に関係なく発動することがあるからだ!」
春香「意志に関係なく発動!?」
21: 以下、
P「さっき、俺が人に憎悪を覚えるたびに発動したっていったよな?」
春香「はい、確かマナーの悪い人達とかにですよね?」
P「ああ、実はこの能力な……」
春香「はい」
P「どうやら俺がムカついた人間を自動的に吐かせる仕様らしい」
春香「え」
P「そう、たとえ俺が吐かせようなんて思わなくても勝手にな」
春香「……まさか、ちょっとしたことでもですか?」
P「ああ……例えば服屋に行った時に、しつこく商品を勧めて来る店員を鬱陶しく思った時や・・・」
P「テレビを見てて腹立つ発言をしたタレントに苛立った時にもうっかり発動していた。生放送だったんだ」
P「それと人間以外の生物も例外じゃないみたいで、近所のいつも吠えてくる犬も度々吐かせちまったことも…」
春香「迷惑すぎますね……あ、いえ、今のはその…」
P「いいんだ。その通りだしな」
23: 以下、
P「最悪道歩いていて俺の足を踏む度に発動しかねないんだ。俺の意志に関係なくな」
春香「もう、出かけるたびにゲロ塗れだったんじゃないですか?」
P「だから俺は、そうならないように今の今まで怒らないように鍛錬を積んできたんだ」
P「それほど怒らなければどうやら軽く吐き気を覚える程度で済むみたいだしな」
P「まあ表面上怒りを我慢するだけじゃなくて、心ごと鎮めなきゃいけなかったからそれこそ僧侶みたいな修業が必要だったよ」
春香「それこそ菩薩みたいな心にならなきゃいけませんもんね…」
P「ああ、おかげで今では滅多なことでは怒ることはなくなったよ。伊織にこき使われても、亜美真美にイタズラされても微笑ましく思えるようになった」
春香「大人になった……いや、ならざるを得なかったんですね」
P「ああ。それと俺のポケットにはいざという時のためにゴムボールやプチプチ君とかのストレス解消グッズが入れてある。どうしても腹が立つことがあったらこれで少しでも紛らわさなきゃいけないからな」
春香「ほ、本当に大変ですね…」
24: 以下、
春香「あれ…ってことは黒井社長はどうしているんですか!?よくプロデューサーさんに絡んでは嫌味を言ってきますよね?」
P「ああー・・・黒井社長は最初は苦労したなー」
春香「吐かせないようにですか?」
P「うん。一応最初の時もその場では最低限我慢できてたんだけど」
P「時々ふっと思い出して怒りが蘇ることがあったから、その時吐かせてたかもしれない。この能力、遠隔で発動するからさ」
春香「あららー」
P「なんだ春香……黒井社長相手でもこの能力は厳禁なんだぞ?」
春香「わ、わかってますよー」
P「黒井社長も黒井社長で苦労しているんだろう…社長なんて威張れるのは社内ぐらいで取引先とかでは頭下げなきゃいけないしさ。ストレス溜まるんだろ。仕方ないさ」
春香「やっぱり修行の成果出てますね」
25: 以下、
春香「ところでその能力を有効活用できないんですか?」
P「できないから苦労してるんだよ」
春香「・・・そうでした」
P「まあ、春香たちを狙うパパラッチに対して軽く発動したことはある。この能力は怒りがなくても念じれば使えるしな。だからさっきも春香を助けられた」
春香「有効活用できてるじゃないですか!」
P「でもなー基本的にそれ以外に役に立つ気がしないんだよなー何回かウチのアイドルに使ったことがあったんだが・・・」
春香「え?どう使ったんですか?」
26: 以下、
P「美希を仕事に連れて行こうとした時にな、いくら起こしても全然目を覚まさなかったんだよ」
春香「そ、それで…まさか!」
P「……うっかり使っちまったんだ」
春香「ええ…それはちょっと」
P「時間が押してたもんでな…顔も服も汚れちまって、もう美希お嫁にいけないのーって大泣きして1週間引きこもってたっけな…本当に俺が馬鹿だった!」
春香「……あの時美希が風邪だったっていうのは嘘だったんですね。あ!まさかあずささんの時も!?」
P「あ、ああ……あれか」
P「確か移動中にあずささんが迷子になって…」
P「雑踏の中に迷い込んだってのはわかったんだが見つからなくて、これまた時間もなかったから…その…一発で見つけられるように…」
春香「………吐かせたんですね?」
P「はい、ごめんなさい」
27: 以下、
春香「あずささん、何日間も泣きとおしだったそうじゃないですか!引退するって聞かなかったそうですし……理由は最後まで言わなかったから何なんだろうと思ってましたけど……」
P「は、反省している!あの時は能力の調整も大分うまくいっていたし、調子に乗ってしまってたんだ!」
春香「それで今ではちゃんと二人とも解決したんですよね?」
P「う、うん…大丈夫。二人ともちゃんと活動してるだろう?」
春香「………ならいいんですけど」
P(両方に、『俺が嫁にもらってやる!だから元気出せ!』って説得して解決したなんて口が裂けても言えねえ)
28: 以下、
P「まあ、あれだ!長話もなんだしそろそろ掃除して仕事に戻らなきゃな!」
春香「掃除…あ、そうか、私のゲロが…」
P「は、春香…」
春香「私ももう、お嫁に行けませんね…」
P「……お、俺がもらってやる!気にすんな!」
春香「ホントですか!?約束ですよ!」キラッ
P「……とほほ」
1時間後
P「よーし掃除もすんだ!そろそろ書類の整理をしなきゃな。まあ大した量はないけど…ん?」
P「音無さんの机の上に書類が沢山…あの人今日見かけないけど大丈夫か?おや、手紙がある」ピラッ
『プロデューサーさんへ 私は同人誌の即売会にいかなきゃいけないので3日間留守にします♪ 忙しい期間で悪いけど全部任せましたよ! 小鳥 P.S.できたら私の机の中にしまってる同人誌も整理しといてもらえます?お礼にホモ本を何冊かお土産に持って帰るので!よろしくピヨ』
P「……………」
P「あんのピヨ助ええええええええええええ!ただじゃ置かねえぞおおおおおおおおおおおおお!!!!」
30: 以下、
その頃
小鳥「えーと、じゃあ既刊と新刊全部下さい!」
同人作家「はーい!ありがとうございまず!」
小鳥「わーい豊作ほうさ……うぐっ、なんだか気分が…!?」
同人作家「どうかしました?顔色が悪いですよ?」
小鳥「い、いえ、そんなことは……ごっ、ごぼがば!!!」
小鳥「びっっよぐヴぇえええええええええええええ!」ビシャビシャビシャビシャビシャ
ウワー ギャー ナンダー ドウシター
その後小鳥は3日間吐き気に悩まされ続けた。職場復帰後、Pに甘えるが「俺が同人誌全部もらってやる。燃やすから」と冷たく返されましたとさ
おわり
31: 以下、
おまけ
黒井「く……あの765プロのプロデューサーに接触するたびに吐き気を覚える!それも例えじゃなくて文字通りだ!」
黒井「ぐぼっ……ぐるごごごごごごごご!」ビシャビシャビシャ
黒井「ハアハア…本当に気分の悪い連中だ!今度はもっとひどい目に遭わせるからな!」
嫌がらせ→ゲロ→恨み→嫌がらせ→ゲロの悪循環に陥っていた
32: 以下、
汚い文章でしたがありがとうございました。依頼だしておきます
34: 以下、
汚い(褒め言葉)
39: 以下、
ゲロゲロキッチン(直球)
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454425561/
KINGSMAN / キングスマン(初回限定版) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2015-12-23
Amazonで詳しく見る
関連記事
- 小鳥「パートさんですか?」
- ランス「765プロ?」
- 肇「最初で最後の出来事」
- 晶葉「出来たぞ! 性質与奪装置だ!」
- P「お前ら見てみろ!ファンからたくさん届いたぞ!」
- 【モバマスSS】P「拓海、もう無理だわこれ」
- 【※閲覧注意】黒井「響ちゃんに悪夢を見せる」
- ディアボロ「このわたしがアイドルのプロデューサー?」
- P「美希をレイプしたらしおらしくなった」
- P「本当、羨ましいんです……」小鳥「……………」
- 小鳥「真美ちゃんに乳もみインタビューしてあげましょう」
- 美希「眠り姫なの」
- モバP「味噌か、醤油か」 乃々「塩もあるんですけど…」
- 千早「春香とは結婚できないわけではなくて、結婚しないだけなの」
- 春香「太陽の色はどんな色?」
Amazonの新着おすすめ
干物妹!うまるちゃん うまるが家でかぶってるアレ [公式]
ぱこたて! 性交率0%の鉄壁美処女VS性交率100%の変態家庭教師 (真激COMICS)
PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#03【電子特別版】
Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box ?【完全生産限定版】
ARIA The ANIMATION Blu-ray BOX
PGユニコーンガンダム用 LEDユニット [RX-0シリーズ兼用] (機動戦士ガンダムUC)
おすすめサイトの最新記事
アイドルマスターSS コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
-
- 八幡「自意識過剰・・・だよな」
| トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
ピックアップ
アイドルマスターシンデレラガールズ 8 (完全生産限定版)
STEINS;GATE コンプリート Blu-ray BOX【期間限定生産】
オーバーロード 4 [Blu-ray]
最新記事
- P「実は俺、超能力者なんだ」春香「へーそうなん…本当ですか!?」
- 八幡「自意識過剰・・・だよな」
- みりあ「ママーっ!」美嘉「お前がママになるんだよッ★」
- モバP「空気清浄機」
- コナミ「…」レッド「…」
- ジン「純黒のパスタを作りたいだと?」ウォッカ「へい、兄貴」
- 【ゆるゆり】櫻子「きたさく短篇集!」
- 渋谷凛「子供ができたんだ」
- みりあ「あ、美嘉ちゃんが母性を求める表情してるーっ!」
- 提督「摩耶が拗ねてる」
- 夏目漱石「西住ちゃん」
- 曙「さらにヒマな一航戦」
- アンチョビ「アンツィオと一年」
- モバP「世の中には色んなハラスメントがあるんだな」
- みりあ「がんばれ♪がんばれ♪」美嘉「あぁ^?///」
週間人気記事ランキング
【全ランキングを表示】
最新
禁書目録SS
Fate SS
アイドルマスターSS
艦これSS
俺ガイルSS
エヴァンゲリオンSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
ポケモンSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
【Amazon.co.jp限定】デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」
食戟のソーマ 薙切えりな 1/8スケール
夜廻
モンスターハンタークロス (【数量限定特典】「3DSオリジナルテーマ(2種)ダウンロード番号」 同梱)
魔法少女 ミサ姉 夏セーラー服バージョン 濡れpink
Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Box ?【完全生産限定版】
未確認で進行形 Blu-ray BOX
カスタムメイド3D2 ビジュアルパック
劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』 ブラック・マジシャン・ガール
Hスケッチ! (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
新刊ピックアップ
ホビー
ゲーム
アニメ
ブログあれこれ
・まとめ依頼はこちら!
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
最新
逆アクセスランキング
最新コメント

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
電子の海から
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


お前ら「ぼくの料理、本当においしいなぁ…店開けるゾwww」→開いた結果wwwww

新庄剛志さんの現在、野村貴仁を笑えない

真姫「私のお父さん」

不動産屋に「事故物件ですか?」と聞いてみたら案の定そうだった。

《君の『   』と同じ色》

【画像】 おわかりいただけただろうか・・・?

back 削除依頼&連絡先