俺「オイデマシーwwwwwww」サトシ「おっ、見たことのないポケモンだな」back

俺「オイデマシーwwwwwww」サトシ「おっ、見たことのないポケモンだな」


続き・詳細・画像をみる


タケシ「こいつは俺といってここらへんにしか生息しない珍しいポケモンだぞ」
サトシ「よっしゃ!捕まえてやる!」
サトシ「ゆけっ!ピカチュウ!10万ボトルだ!」
4:
ピカチュウ「ピケッ!」ビリビリ
俺「ふっはwwwww」シュルリンコ
サトシ「かわしただと!?」
タケシ「気をつけろ!俺はポケモンにしては高い知能を持つんだ」
俺「ヘイwwwwwwカモンwwwwwww」
ピカチュウ「ピキー!」
サトシ「落ち着くんだピカチュウ!」
10:
サトシ「ピカチュウ!かげぶんしんだ!」
ピカチュウ「「「「ピカッ!」」」」
俺「オイデマシーwwwwwwwww」ドスンドスン
ピカチュウ「ピギャアアアアアアアアア!」グチャッ
サトシ「なんだあの技は!?」
タケシ「あれはただの体当たりのようだ」
サトシ「体当たりであれほどのダメージとは」
俺「オイデマシーwwwwww」
11:
俺「オイデマシ―wwwwww」ヌチャァ…
サトシ「俺の穴から何か出て来たぞ!?」
タケシ「俺の穴は異次元空間に通じているという、気をつけろ!」
サトシ「ひとまず逃げるぞピカチュウ!」
ピカチュウ「」
俺「オイデマシーwwwwww」ブリブリブリブリ
サトシ「あれは…!?」
タケシ「俺の穴から…カイオーガ!?」
カイオーガ「カイカイ!」
13:
サトシ「あのポケモンは?」
タケシ「あれはカイオーガだ!ホウエン地方に伝わる伝説の水ポケモンだ」
サトシ「ならピカチュウが有利だぜ!ピカチュウ!10万ボルトだ!」
ピカチュウ「ぴかー」バリバリバリバリ
カイオーガ「カイー↓」ドサッ
サトシ「やったぜピカチュウ!」
俺「オイデマシイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイwwwwwwwwwwwwwwwwww」
サトシ「!?」
15:
タケシ「俺は縄張りを荒らされて怒っているんだ!」
タケシ「見ろ、俺がフォルムチェンジしていくぞ!」
俺「オイデマシーーーーーーーwwwwwwwww」ブリブリブリブリ!!!
サトシ「やめてくれー!俺ー!」
俺「うるせぇwwwwwwww」バキッ
サトシ「ぐえ」
俺「オイデマシイイイイイイイイイイwwwwwwww」シュオォォォォ
タケシ「うおっ!俺の穴に吸い込まれていくぅぅぅぅぅ!」
17:

続き・詳細・画像をみる


娘の生活態度が酷すぎて目に余る。ほとんど毎晩友達と飲み歩いてホストクラブに通ったりしてる

藤浪君の1年目と4年目比較

俺「たこやき食べるか400円ぐらいやろ」

【悲報】どん兵衛公式、スベる

中の人なんていないくま− ヽ( ・(ェ)・ )ノ −!!!

【前編】息子を過度に可愛がるコトメが怖いと夫に相談したら頭叩かれた

back 削除依頼&連絡先