トヨタが狙う、ダイハツとスズキの完全支配…スズキ、単独での生き残り困難back

トヨタが狙う、ダイハツとスズキの完全支配…スズキ、単独での生き残り困難


続き・詳細・画像をみる

1:
http://biz-journal.jp/2016/02/post_13601_3.html
トヨタ自動車が子会社ダイハツ工業の完全子会社化を正式に決定した。トヨタグループとしての小型車戦略を強化するのが目的で、将来的にはダイハツが軽自動車やスモールカーなどの小型車、トヨタがミッドクラス、レクサスが上級車をそれぞれ開発・販売するかたちで、3つの社内カンパニーに分割することも視野に入れる。
 ただ、この時期にあえてダイハツを子会社化したのは、一部で報道されたスズキとの提携に向けた地ならしと見る向きもある。
 トヨタは現在、ダイハツに51.2%出資するが、両社が最初に提携したのは1967年にまでさかのぼる。トヨタの豊田章男社長は「トヨタがダイハツに大事な小型車をお任せするのは、ダイハツだからこそできたこと」と述べ、長年にわたる提携関係がベースになっているとの考えを示した。
 北米などで販売を伸ばしてグループのグローバル販売台数が4年連続で世界トップとなったトヨタの課題は、インドをはじめとする新興国市場だ。インドを主要なターゲットに開発した小型車「エティオス」を投入するなど、新興市場攻略を進めてきた。しかし、市場が拡大するインドでのシェアは4.5%程度にとどまっている。新興市場のボリュームゾーンである低価格の小型車で苦戦しているためだ。「これまで以上に小型車の重要性が増しているが、トヨタの小型車は存在感を示せていない」(豊田氏)との自覚を持つ。
 そこで浮上したのが子会社ダイハツの活用だ。低価格、低燃費の軽自動車を開発してきたダイハツの技術力を活用することで、トヨタとしての小型車戦略の立て直しを図る。さらに、ダイハツがトヨタグループの小型車を一手に担うことができれば、ダイハツ、トヨタ、レクサスという3つのブランドで新たなグローバル戦略を展開できる。
 トヨタはグループのグローバル販売台数が1000万台を超えるほど規模が拡大するなか、グループでの効率的な運営体制を追求してきた。2012年にはトヨタ車の生産を委託していたトヨタ車体と関東自動車工業を合併、現在のトヨタ自動車東日本をトヨタの傘下に置いた。ダイハツについても以前から完全子会社化することを念頭に置いていたとみられる。
 というのも、トヨタ自動車東日本が誕生した翌年に当たる13年6月、ダイハツの社長に三井正則氏が就任した。ダイハツのトップはトヨタ出身者が続いてきたが、三井氏は21年ぶりとなる生え抜き社長となった。「トヨタ出身のダイハツ社長が在籍している時、トヨタがダイハツを完全子会社化すれば、ダイハツ社員は『自分たちは売られた』と思う」(業界紙記者)
トヨタは完全子会社化を念頭に、生え抜き社長を据えて準備してきたことが透けて見える。ただ、トヨタが98年にダイハツへの出資比率を過半数に引き上げて子会社化して以来、トヨタはダイハツを完全に支配しており、小型車戦略の強化が至上命題とはいえ、このタイミングで完全子会社化する理由が今ひとつはっきりしない。そこで浮上するのがスズキとの提携だ。
【自動車】【自動車】トヨタが狙う、ダイハツとスズキの完全支配…スズキ、単独での生き残り困難
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1454480102/
iframe未対応です
2:
トヨタとスズキの両想い
 スズキは09年12月に独フォルクスワーゲン(VW)と資本・業務提携を結んだが、VWが子会社扱いしたことにスズキが反発。技術の連携もうまくいかず「文化の違い」(スズキ鈴木修会長)を理由にスズキから提携解消を申し入れた。その後、国際仲裁裁判所の判断で15年9月に提携解消が正式に認められ、スズキはVWから発行済み株式の約20%を買い戻した。
 スズキは、新興市場であるインドの乗用車市場で約4割のシェアを持つなど、小型車で高い技術力を持つものの、次世代環境技術や今後本格化することが見込まれている自動運転技術では遅れている。GM(ゼネラルモーターズ)、VWと世界トップクラスの自動車メーカーを後ろ盾に生き残りを模索してきたスズキがVWとの提携解消後、単独で事業を運営していくのは困難とみられている。スズキの鈴木俊宏社長は「単独でできないなら(他社と)連携する必要がある」と他社との提携に含みを持たせていた。
 スズキはVWとの提携を解消した後の昨年秋、トヨタに提携を申し入れた模様。スズキとしては、経営環境が大きく変化するなか、トヨタの次世代環境技術や自動運転技術を活用したいとの思惑がある。
 新興国での小型車戦略を強化したいトヨタとしても、この話は「渡りに船」だ。特にGMや現代自動車、ホンダなど、世界の自動車メーカーが相次いで戦略を強化しているインドで長年にわたってトップの座を守り抜いているスズキとの提携は、トヨタの課題である新興市場戦略を強化するのに役立つ。
トヨタの誠意
 ただ、トヨタとスズキの提携で最大の障害となるのが、スズキの国内市場でのライバルであるダイハツの存在だ。スズキとダイハツは、国内軽自動車市場で熾烈な販売競争を繰り広げてきた。特に、14年にスズキが軽自動車市場で8年ぶりにシェアトップとなった前後には乱売競争となり、その影響は15年も続いた。乱売による反動で軽自動車販売が低迷、スズキ、ダイハツともに国内事業の収益は悪化している。トヨタがダイハツに対して完全子会社化を提案したのは、スズキがトヨタに対して提携を申し入れた時期に近い昨年秋。「トヨタは完全子会社化することでダイハツを完全にコントロールし、軽自動車販売でこれまでのような無理な競争をしないと、スズキに誠意を示したのではないか」(専門誌記者)
 ダイハツは、軽自動車販売の低迷やインドネシアでの販売不振で業績が悪化しており、トヨタとしても連結子会社であるダイハツの業績を問題視していた。トヨタがダイハツを完全子会社化した後にスズキと提携すれば、競争も沈静化して軽自動車市場が正常化するとの読みもある。
 トヨタとスズキは提携が報じられてから「提携交渉に入ったという事実はない」(スズキ)、「そのような事実はない」(トヨタ)と、ともに否定するコメントを発表している。ただ、トヨタのダイハツ完全子会社化の決定で、スズキとの提携交渉が水面下で進行するとの見方は強まっている。
3:
ダイハツとスズキの競争原理を潰す気か
4:
競争が無くなるなら、軽自動車はもっと値上がりするのか?
軽自動車の新車乗り出しが200万円超えるってどうよ
16:
>>4
そこだよ
軽の販売価格を押し上げ、小型普通車のメリットを前面に出せば、やがては軽は売れなくなり、トヨタの独壇場が表れる
なんだかんだ言っても、地方での軽の販売比率は尋常ではないからな
抱き込んで潰す だろうな
5:
東海地方の覇権をめぐる
愛知と静岡の戦い
6:
スズキが提携の範囲ですめばいいけど、子会社化されちゃうと
もう変態な車やバイクは出てこないだろうなぁ
8:
いくら世界シェアも考慮するようになったとはいえ
スズキまで完全支配とかさすがに公取が黙っちゃいないだろ
70:
>>8
マツダと日産おるしへーきへーき
9:
独占状態になるやんけ
10:
ジムニー買っとくかな
13:
スズキも修ちゃんがいなくなったらトヨタの傘下に入るかもな。
15:
ダイハツはブランドイメージ悪いし世界的に無名
ここは思い切っておしゃれな新ブランドにリネームすべき
それこそ北米のサイオンと統一するとかどうだろうか?
サイオン・トヨタ・レクサスの3本柱で世界制覇待ったなし
19:
少なからず鈴木修が目が黒いうちは支配は無理だよ
フォルクスワーゲンの一件で株のやり取りはだいぶ懲り懲りぽいので修ちゃんは
提携も過ぎにとは無理だと思う
新興国の販売網を利用させてもらうぐらいでお茶濁しそう
23:
>>19
スズキもフォルクスワーゲンではなく、最初からトヨタと提携してれば良かったのに
26:
>>19
ある記事で見た
もともとトヨタとスズキは気心の知れた仲。豊田家も鈴木家も現在の静岡県湖西市がルーツ。かつてスズキが排ガス規制に対応できず、
トヨタが救済した恩を鈴木会長は今も忘れていない。まじめで実直な企業風土も似ており共通のサプライヤーも多い
91:
>>26
創業者は浜松市の芳川出身です
20:
トヨタは家康の心境だろ
秀吉が亡くなるのをじっと待っているんだよ
30:
>>20
豊田は家康とは思うが、前田利家が死ぬのを待ってる段階と思う。
28:
トヨタと提携するのは良いけど、スズキのクルマが全部、あの細いつり目ライトになるのだけは勘弁してください。
丸目ライトのハスラーが消えたら困る。
44:
ジムニー乗りだけど、
MTのジムニーに、富士のサンバーのエンジン載せて走ってみたいなー。
機械物はシンプルに限る。
電気自動車や自動運転車なんて、女・子供・年寄・池沼・片輪の乗物だ。
マツダの水素エンジン待ってるよ。
46:
>>44
もう金型もねぇよw
51:
>>46
知ってるよ。だから夢なんだ。
45:
うーん軽自動車レベルで自動運転とか
金額的に可能なのかね?
軽なのに最低200万とか笑えないんだけど。
48:
もう離れたけどVWみたいなインチキ企業とくっ付くぐらいなら
トヨタのほうが信頼できるだろ
50:
シェアを考えるとトヨタとスズキの提携は禁止されるべきだろ。
市場独占に繋がりかねない。
53:
なんか軽自動車も高くなりそうだな
ライバルのダイハツもトヨタの子会社なったし
56:
消耗戦になっているからか
ライバルを潰してw
ところでホンダはどうするんだよ
57:
消耗戦どころか撤退戦だろ
イギリス自動車業界みたいに滅びの前夜だよ
59:
まあそこそこ近いからな、豊田市と浜松って
63:
与太話
64:
スズキはテレビなんかで言ったらフナイやオリオンだぞ。
ああいう企業は意外としぶとく生き残る。
低コスト製造に強みあるし軽は海外でも売れる。
トヨタと提携する意味なし
86:
メイン車エスクード
嫁車ハスラー

グラストラッカー
チョイノリ持ちのワイ
65:
浜名湖周辺に由来がある企業のうち
ホンダだけが出て行った感じ
トヨタもヤマハもスズキも集合
83:
日本は自動車や家電はメーカーが多すぎだから少しは統合したほうが良いんじゃない?
88:
メーカー減ると携帯キャリアみたく横並び談合になってしまう
68:
そして緩やかに軽自動車規格が消滅と。
8

続き・詳細・画像をみる


世界中の有名人達がベッキーを助ける為に動き出している件について

狩野英孝の二股疑惑に加藤の親激怒wwwww

『名作アニメ』だれも文句をつけない神アニメwwwwwww

士郎「それで…誰も泣かずにすむのなら――」【後半】

旦那運転で私が助手席に乗り込んだら、シートベルトの金具の部分に長い髪の毛が。旦那の浮気相手からの挑戦状だった。

清原さんとハマタの会話に捜査関係者が激怒、めでたく逮捕へ

back 削除依頼&連絡先