花陽「ハムッ!おにぎりうまうまです!」ブッ! μ's「!」back

花陽「ハムッ!おにぎりうまうまです!」ブッ! μ's「!」


続き・詳細・画像をみる

1:
部室
花陽「ぴゃ...?」ポカーン
しーん......
μ's「......」
ずぅーん......
海未(く、空気が重いですね......)
絵里「は、花陽は本当におにぎりが好きなのね」
海未(絵里...!貴女は最高です!)
花陽「えっ?あっ、う、うん...大好きだよ...」
希「おにぎりの美味しい作り方のコツってあるん?」
海未(希...!貴女も最高です!)
花陽「は、はい!あります!まずはねっ...」
わいわいがやがや
海未(ふぅ...なんとか危機は回避できましたね)
にこ「ちょっと待ちなさい!」ガタッ!
海未「にこ...?」
にこ「さっきオナラしたの誰なのよ!?」
海未(にこぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!)
2:
凛「ちょっと寒くないかにゃー?」
真姫「イミワカンナイ」カミノケクルクル
絵里「さぁ?何も聞こえなかったわよね?」
希「せやね」
穂乃果「そ、そだ!そだ!」
海未(最高です!最高です!)
にこ「は!?確かにブッ!って聞こえたわよ!」
海未(にこぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!)
4:
凛「あ?ついに耳までおかしくなっちゃったかにゃ?」
真姫「アイドルとして致命的じゃない」カミノケクルクルリン
絵里「にこ、そんなデカシリーのないこと言うからぼっちなのよ?」
希「絵里ち、デリカシーやで」
穂乃果(デカシリーじゃないんだ...)
海未(デカシリーではないのですか...)
にこ「ぼ、ぼっちじゃないわよ!」
ことり「ことりもブッ!って聞こえたよ?♪」
5:
ことり以外「!?」
ことり「確かにブッ!って聞こえたよね♪」
にこ「ことり...!」
海未(こ、ことり...?)
穂乃果「こ、ことりちゃん...嘘...だよね?」
ことり「嘘なんかじゃないよ♪」
絵里「え、エリチカ聞こえなかったチカ!」
希「せやね」
凛「い、いくらことりちゃんでも言っ良い事と悪い事があるにゃ!」
真姫「残念ね。ことりは二年生組の中で一番まともだと思ってたのに」カミノケクルクルリンパ
にこ「にーこにこにこ!ことりはまともよ!」
海未(何ですかそのケーロケロケロみたいな笑い方は)
6:
ことり「そうだなぁ?♪花陽ちゃんの所から聞こえてきたような??」
花陽「ぴ」Biクッ
凛「いい加減にしないと焼き鳥にすっぞゴラァ!」ダンッ!
真姫「トマトぶつけるわよ!?」ブゥン!
絵里「ちょっ!コントロール悪すぎチカ!」ビチャッ!
希「せやね」
穂乃果「このトマト美味しいね」モグモグーオ
海未「あっ、本当ですね」モグモグーオ
にこ「にーこにこにこ!凛、キャラが崩壊してるにこよ?」
凛「そんなことはどうでもいいにゃ!かよちんはオナラなんかしてないにゃ!」
真姫「トマト連弾よ!」ブゥン!ブブウン!
絵里「ぶっ!?よ、良く狙って投げてほしいチカね!」ビチャチャ!
穂乃果「トマト、うまうま」モグモグーオ!
海未「ちょっと穂乃果、食べ過ぎですよ。私の分が無くなってしまいます」
10:
ことり「じゃあ?、花陽ちゃんの臀部を嗅いでみたらどうかな?本当にオナラしてないら嗅げるよね?」
にこ「賛成にこ」
凛「たとえオナラしてたとしても嗅げるにゃ!」
真姫「嗅ぐ!嗅ぐわ!嗅いで嗅いで嗅ぎまくるわよ!」ムッフー!
花陽「ぴ///」
ことり「ふふっ、その意気だよ♪」
凛「かよちん...」
真姫「は、花陽...!」ハァハァ
花陽「ふ、二人になら...良いよ...」
真姫「やったわ!!!!」ムッハー!
穂乃果「海未ちゃん、塩ある?」
海未「ありますよ。どうぞ」スッ
11:
凛「じゃあ...」
真姫「ドンウォーリドンウォーリ...」ハァハァ
花陽「ぴっ///」グッ
にこ「ちょっと待つにこ」
凛「あ?」
ことり「パンツの上からだとよく分からないと思うな♪」
にこ「パンツなんて履かせないにこ」
真姫「ヴェラボォォォォ!!!」パチパチパチ!
希「ビデオビデオ...と」ジー
12:
ぬぎぬぎーお...
花陽「ぴ///」ニコプリ♪
にこ「へぇ、良い臀部してるじゃないの。にこには負けるけど良いニコプリプリ加減にこ」
ことり「触り心地もgood」プニプニーオ!
花陽「うぅ...ぷにぷにしないでぇ...」
凛「えぇい!気安く触っちゃだめにゃ!」
真姫「もう嗅いでも...OK?」
にこ「OKにこ」
凛「じゃあ...一句にゃ?!」
真姫「ヴェヘヘヘヘヘ...」
スンッ...クンカクンカ...
13:
にこ「どう?」
ことり「感想を教えてほしいな♪」
真姫「...別に臭くなかったわよ?オナラの臭いなんてしなかったし?逆に良い匂いがしたわ」
ことり「そっかぁ♪」
凛「かよちんのオナラはすっごく良い匂いがするにゃ??」プワプワーオ
真姫「あっ!馬鹿!」
凛「にゃ?...あ!」
にこ「にーこにこにこ!認めたわね!花陽がオナラしたことを!」
ことり「頭がぷわぷわーおしちゃって正常な判断が出来なくなったんだね♪」
凛「しまったにゃあああおおええああええおおおえええ!!!」オーオーオーオー
真姫「この馬鹿凛!」ベシッ!
凛「にゃふっ!?」
穂乃果「このトマトを使ってトマトソースパスタ作ろうよ」
海未「貴女は最高です」
ぐすっ...
花陽「ピャア....ウェ...ゥウ...ヒック...」グスッ
八人「!?」
14:
花陽「ぴゃぁ...ンック...すみ、すみません...」オーイオイオイ
花陽「は、はな、はなよ、がぁ...オナラしましたぁ...」ヒックヒック
花陽「黙ってて...すみませんでしたぁ...」ウワァァァン
凛(まずいにゃ!)
真姫(早く優しい言葉をかけてあげないと!)
絵里「昨日にんにく食べたチカ?そんな匂いチカn」ビチャ!
絵里「目がああああ!?目がああああああ!?」ゴロゴロ
希「デカシリー無さすぎやろ!!!!」
絵里「で、デリカシーよ...」ピクッピクッ...
花陽「ぴゃあああああああああああああああ!!!!」ウェーンツ
穂乃果(ど、どうしよぉ...)モグモグーオ
海未(な、何か良い案は...)モグモグーオ
オビヲぎゅっトネ!
にこ「良いのよ、花陽」ダキッ
ことり「人間だもの。オナラぐらいしちゃうよ」ダキッ
花陽「ぴゃあ...?」ポカーン
15:
にこ「さっきは悪かったわね」ナデリナデリ
花陽「うぅん、花陽が悪いんだよ...アイドルがオナラなんて...」
にこ「花陽、貴女は好きなアイドルがオナラしたら幻滅するの?」
花陽「し、しないよぉ!寧ろ嗅ぎたいぐらいですっ!」
ことり「なら、花陽ちゃんもオナラしちゃっても良いと思うな♪」
花陽「え?」
にこ「花陽がオナラしたって私達は嫌いにならないわよ?」
花陽「それって...///」ドキガムネムネ
ことり「ふふっ」ナデナデ
17:
にこ「さっ、μ'sの期待株、小泉花陽の誕生日を祝わなくちゃね」
ことり「えへへっ、ことりね、花陽ちゃんの為におにぎりのカタチのケーキを作ったんだ♪」
花陽「ほ、ほんとっ!?」
にこ「今日はことりの家でスイーツバイキングよ!」
花陽「やった♪」
ことり「それじゃあ行こっか♪」
花陽「うん♪」
キャッキャッウフフ??
19:
ガチャ...ガチャン
希「この大量のおにぎり...とうするん?」
海未「おにぎり...花陽に教わったので作ってきましたのに...」シュン
絵里「わ、私で良かったら食べるわよ?」
真姫「そ、そんな...今日は花陽とイチャイチャ出来ると思ってたのに...」ガクッ
ぽわんぽわんぽわ?ん
?真姫ちゃんワールド?
花陽「ケーキ、ハムッ!うまうまです!」モグモグーオ!
真姫「うふ、花陽ったら口の周りにクリームついてる♪」ペロッ
花陽「ぴゃあ///」
真姫「バースデーケーキ、喜んで貰えて嬉しいわ♪」
花陽「真姫ちゃん...///」
ぬぎぬぎーお!
真姫「ヴェェ!?は、花陽!?な、何で上着を脱いでるのよ!?」
ぺたぺたーお!
真姫「ちょ、ちょっと!胸にクリームなんか塗ったら勿体ないでしょ!」
花陽「花陽、ドジだから胸にクリームつけちゃった...」
花陽「舐めて?」
真姫「花陽ォ!」ガバッ!
?真姫ちゃんワールド終了?
真姫「ヴェヘヘヘヘヘ...」
22:
希「...とりあえず、祝うとするやん...」
海未「そうですね...」
絵里「えっと、じゃあ...」
真姫「ちゃんと合わせなさいよ」
のぞうみえりまき『真姫(ちゃん)!誕生日おめでとう!』
穂乃果「ケーキバイキング......」
凛「凛たちもことりちゃんの家に行くにゃ」グイッ
穂乃果「だよね!穂乃果と凛ちゃんだけでも行こう!」
ーーーーーー
ーーー

2

続き・詳細・画像をみる


真昼間の駅のホームに30才ぐらいの小太りの男性がしゃがみこんで本をめくっていた。

【画像】このCMの子、超可愛くね?

【朗報】AK-47カラシニコフ、まさかの米フロリダ州にて製造開始で米国製登場へ

猫飼いたいけど一人暮らしで飼えないからあなたの飼い猫画像見せて下さい

開発中のベンツ「Gクラス」軍用モデル、「LAPV」プロトタイプが撮影される

【悲報】美少女ゲー最強のプロテクト、購入者もプロテクトする

チップチューン・アレンジを大量に生産する「8 Bit Universe」

ミスド100円セールwwwww

脱税がバレた同人屋だけど、なんで脱税がバレたか?バレるとどうなるか語る

中居「だいたいメリーって何なんだよ」

これは素敵。私の両親は結婚40周年を記念してこのような写真を撮りました。

おいまて、ちょっと待て。行くなら俺もつれてけニャ!飼い主が通るたびに行くにゃ!と止めに入る猫

back 過去ログ 削除依頼&連絡先