軍事評論家「中国は5日で日本に勝利 米国は無視」back

軍事評論家「中国は5日で日本に勝利 米国は無視」


続き・詳細・画像をみる

1:
衝撃のシミュレーション「中国は5日で日本に勝利」
2016.1.27
【1日目】
日本の右翼活動家たちが、尖閣諸島の魚釣島に上陸し、日本の国旗を掲揚し、YouTubeで中国を挑発。
日本政府が対応に追われる間、中国はただちに海警を送り込み、全員を逮捕・拘束する。
【2日目】
日本は周辺海域に護衛艦や戦闘機を展開。中国側も海軍艦艇を展開し、
一瞬即発の状況になる。日本は、米国に防衛義務を果たすように要請し、
米国は受諾。日本側の要請に応じて、米駆逐艦を日本海にも展開し、
尖閣諸島周辺には攻撃型潜水艦を送り込む。ただし、空母は横須賀から西太平洋に避難させる。
2:
【3日目】
中国の海警が尖閣諸島周辺の日本の漁船と衝突し、沈没させたことで事態はエスカレート。
海上保安庁は、放水等で対抗する。中国のフリゲート艦は30ミリ機関砲を空自機に対して発砲、
これに日本側も応戦。その結果、中国側が航空機と対艦ミサイルで反撃し、2隻の日本側の艦船が撃沈し、500人が戦死。
もはや、日中間の外交チャンネルは一切機能しなくなり、日本政府は米国に、
より多くの支援を要請。日中それぞれに存在する米大使館は、現地の市民によって包囲され、
米国の保守メディアは自国政府の弱腰を批判し、上院議員たちは激論を交わす。
しかし米政府は、『日本の要請にゼロ回答だと他の同盟諸国が離反しかねない。
だが、要請に完全に応じれば、同盟諸国の不信よりも多くの国益を失う米中全面戦争になりかねない』
というジレンマに陥る。そこで、米兵のリスクが少ない、米潜水艦による中国軍艦艇への魚雷攻撃を選択。
これは中国への警告のためであり、米中戦争を引き起こすためではなかった。
その結果、中国軍の駆逐艦2隻を撃沈し、今度は中国軍の水兵数百人が戦死する。
3:
【4日目】
中国指導部は事態の展開に驚愕する。ここで、中国側も米中の本格的な戦争を避けつつ、
米国に痛みを与えることを決断。今や中国には何億人ものネット市民が存在し、
彼らの報復を求める声を無視することはできないからである。
中国側は、米国の送電システムに埋め込まれている破壊工作ソフトウエアを起動し、
ロサンゼルスとサンフランシスコを停電に追い込む。そして、証券取引所の自動取引システムを操作し、
何百億ドルもの損害を与える。極めつけは米国債の売却をほのめかし、急激なドル安へと追い込む。
5:
【5日目】
中国軍は尖閣諸島周辺の海自艦艇に対して、弾道・巡航ミサイル中心の攻撃を継続する。
そして、24時間で海上自衛隊は戦力の20%を喪失。同時に中国は日本経済への攻撃を開始する。
日本の脆弱な送電システムを作動不能に追い込み、重要なジェット燃料の精製所を爆破する。
ここにきて、日本は再び米国に支援を嘆願する。具体的には、西太平洋に展開する空母打撃群の参戦、
中国軍艦艇へのさらなる攻撃、中国本土の対艦ミサイル基地の破壊などである。
しかし米側は全てを拒否する。その代わりに、米軍の潜水艦と航空機を増派し、海自の撤退を支援。
米中総力戦を回避しつつ、日本の海自と経済の壊滅を回避できるという考えに基づく行動だった。
この海自部隊の撤退を以てゲームは終了。中国は尖閣諸島を確保する。
こうして中国は“短期的な”勝利者となる。
ただし、日本やアジア諸国は中国に対抗するための軍拡と経済連携を加させる公算が高く、
「割に合わない勝利」と評するべきかもしれない──。
6:
・米国は尖閣諸島をめぐる紛争を「無視するべき」
以上が日中5日間戦争のシミュレーションです。
シラパク氏は、もし米国が日本の要請に応じ、空母打撃群を尖閣諸島周辺に派遣し、
中国本土の対艦ミサイル基地を叩いていたらどうなっていたかについても検討を加えました。
その場合のシラパク氏によるシミュレーションは次の通りです。
中国の弾道ミサイル攻撃により嘉手納基地が壊滅し、米空母も対艦弾道ミサイルによって撃沈し、
死者は数千人単位に及ぶことになる。米側はこれに対し、中国海軍の重要な基地を攻撃するか、
中国軍唯一の空母を撃沈するか、中国経済を窒息させるために南シナ海の封鎖を継続するか、
のいずれかができる。しかし、米軍は日本の島嶼や海自の防衛には協力しない。
その結果、中国側は無制限の損害を日本に与えることができることになる──。
8:
そして、彼らは5つの結論を導き出します。
第1に、同盟には「巻き込まれる」という危険な面もある。
第2に、対日防衛義務の多くは履行するのは難しい。ミサイル防衛は不可能ではないが、
中国の膨大なミサイル保有量を考えれば難しく、日本は脆弱である。
第3に、中国の大軍拡および彼らの新しい戦争方法は全てを変えた。
今の中国には現代的な海軍、多数の強力な弾道及び巡航ミサイル、効果的な空軍、洗練された無人機がある。
10年前の日本ならば単独で尖閣諸島を防衛できただろうが、今や時代は変わった。
第4に、今や米空母は中国の対艦ミサイルに対して脆弱な存在である。
第5に、日米中におけるナショナリズムは事態を悪化させ、政策決定者の選択肢を奪うという意味において
非常に強力であり、致命的な存在である。
そして、シラパク氏は「米国が日中間の尖閣諸島をめぐる戦いに関与することは、
特大の戦略的な失敗でしかない。尖閣諸島における危機管理の最高の手段は、
無視することなのかもしれない」と結語します。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45849
10:
>その結果、中国側が航空機と対艦ミサイルで反撃し、2隻の日本側の艦船が撃沈し、500人が戦死。
もうここでむりなんだよなあ…
11:
日本弱過ぎィィ
16:
やっぱり核武装しか道はないんだね
17:
軍事評論家がどんだけ胡散臭いかあのグラサン見ればわかるやろ
18:
これはもっと軍拡せんとな
憲法も改正した方がいい
22:
NPBから外国人選手抜いたらどこが優勝するレベルの与太話やんけ
25:
こういうの妄想って言うんじゃないですかね
34:
でも日本には四季があるし
36:
やっぱりまだ足りないじゃないか
40:
教室にテロリストが入ってきたときの対処法みたいな
44:
4日目荒ぶりすぎやろ
49:
日本が戦争になって助けてくれる国なんかあるかね?相手は中国だしないかな
63:
こんなんで開戦するならとっくにしてるでしょ
67:
サイバー系の技術はアメリカより中国のほうが上なのか
70:
もうアメリカもポンポン戦争出来るような時代でも世論でもない
80:
一触即発もしらん奴が記事書いてるんか…
81:
さっさと日本は中韓との関係改善しろや
アメカス頼りすぎやぞ
85:
送電破壊の適当感
92:
対艦弾道ミサイルなんて打ったら核戦争の始まりやぞ
95:
それが可能ならとっくの昔に台湾を占領できてるとおもうで
100:
破壊工作(F5連打)
107:
一日目からデタラメ杉で草
126:
まあ実際中国に勝てるわけ無いやろ
129:
急襲しかけて一時的にでも島を確保できない軍隊ならないほうがいい
141:
アメリカ軍は無視したくてもできねーだろ設定に無理ありすぎ
150:
中国の対艦弾道ミサイルって強杉内?
対抗できないやんけ
167:
実際サイバー系だと米中どっちが上なん?
アメカスの方が断然上なんかな
172:
>>167
中国は物理的に攻撃してくるで
人工衛星破壊するらしいで
181:
>>172
それ、サイバー攻撃って言うんですかねぇ…
182:
第7艦隊って強いん?自信ニキ教えてクレメンス
186:
>>182
規模・質・戦闘能力・任務範囲 全てにおいてアメリカ最大・最強の空母打撃群
つまり
世界最強
191:
日本なんて小さいから、核戦争起きたら消えて無くなるよな
201:
日本が滅んでも第二の日本になりたくないその他がゆっくりと中国を滅ぼすんだよなあ
225:
てか戦争になったら潜水艦で中国沿岸が海上封鎖されてあっという間に干上がるで
227:

アメリカは介入しないでくださいお願いします
257:
まず日本の世論が戦争に乗り気になるわけがないし長続きはしないやろな
291:
自衛にしても中国に対抗できるレベルじゃなきゃ金かけるだけ無駄だな
のび太が筋トレしてもジャイアンに勝てる訳ないんだからドラえもんに泣きつけばいい
330:
まあ日本だけやと絶対中国には勝てない
まずこれは間違いない
ただ中国自体日本を攻撃した場合のデメリットの方がデカイ
351:
中国の巡視船は体当たりの強さ重視しとるで
386:
原子力潜水艦&核持てば解決や
366:
中国はギリギリで譲歩するプロやから戦争はしないやろ
アメリカにさ共産党幹部の資産凍結という切り札があるで
363:
人民解放軍「予算ほしいな…日本の脅威煽ったろ!」
自衛隊「予算ほしいな…中国の脅威煽ったろ!」
米軍「予算ほしいな…中国の脅威煽ったろ!」
356:
ロシアは日本攻めるより中国攻めるやろ米国相手にするメリットが無さ過ぎる上に
中国攻めたら領内に港が手に入るメリットもある
327:
この研究者おじさんは中国内戦のシナリオは考えておらんのやろか
法輪功にイスラム系テロ天安門事件経済危機少子高齢化
けっこうあかんと思うんやけど
365:
こういうのを机上の空論というのだろうな
38

続き・詳細・画像をみる


後味の悪い話『ばんざい!!正義は勝つ!・ガールスカウト』

宇宙サバイバル映画『オデッセイ』のVFXの裏側

【画像】鈴木蘭々(40)の現在wwwwwwwwww

『赤髪の白雪姫』15話感想 ラジ王子の弟妹登場!白雪天然ジゴロ!

小保方晴子氏がお金儲けに走るwwwwwww

今野浩喜「キンコメ」解散後初の公の場 元相方に「怒りはあります」

back 削除依頼&連絡先