戦後初 零戦、再び日本の空を舞うback

戦後初 零戦、再び日本の空を舞う


続き・詳細・画像をみる


 零式艦上戦闘機(零戦)が今月27日、海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)の上空を飛ぶ。機体を所有するニュージーランド在住の日本人と、防衛省などの調整が終わったことが20日、わかった。日本の空を零戦が舞うのは、戦後初めてで、関係者は「日本の繁栄を築いた先人の勤勉さと技術革新に、思いをはせるきっかけにしてほしい」と語った。
◆飛行予定日は27日、周囲から見学を
 飛行予定日は27日で、28、29を予備日としている。基地内への立ち入りは禁止だが、周辺で飛ぶ様子を見ることはできる。パイロットに、零戦の飛行免許を持つ米国人を招く。
 機体は、ニュージーランドを拠点に、フライトジャケットの製造・販売会社を経営する石塚政秀氏(54)が所有する。
 現在、飛行可能な零戦は世界中に6機ある。所有者のうち日本人は、石塚氏だけという。平成22年5月、国内で零戦を飛ばす「零戦里帰りプロジェクト」を設立した。
◆トラブルから夢実現へ
プロジェクトのきっかけは、トラブルだった。
 19年半ば、石塚氏のもとを、北海道小樽市の関係者を名乗る男性が訪れた。博物館で展示するために、零戦を入手したいが、その交渉を手伝ってほしいという依頼だった。
 石塚氏は、米国の飛行機収集家やパイロットに人脈があった。石塚氏は仲介を引き受けた。
 零戦を保有する米カリフォルニア州の有名バイクレーサーと売買契約を結んだ。彼が所有する機体は、パプアニューギニア・ラバウル近郊に放置されていた零戦22型で、米国人が1970年代に入手し、飛べるように復元していた。
 だが、契約後にリーマン・ショック(2008年9月)が発生した。男性が持ち掛けた零戦展示構想は、景気悪化のあおりを受けて、中止になったという。
 売買を取りやめれば、米国人レーサーから億単位の違約金を求められる。石塚氏は訴訟も考えたが、相談した弁護士に「零戦を生かす方法を考えた方が、自分の人生のためではないか」と諭された。
 石塚氏はもともと、飛行する零戦を日本人に見てもらいたいと夢を抱いていた。「それなら、日本で零戦を飛ばそう」。腹をくくった。
 3億5千万円かけて零戦を購入した。ニュージーランド・クライストチャーチにある牧場や自宅、車などを売り、借金もした。
 購入から4年半が経過した平成26年9月、機体が横浜港に到着した。駐機先は、隊員の研修用機材にすることを条件に、鹿児島県の鹿屋航空基地に決まった。
 鹿屋市までの輸送費などとして、インターネット経由で寄付金約2340万円を集めた。昨年7月初旬にエンジンテストも終え、いざ公開飛行を待つだけになった。
続きはソースでご確認ください
http://www.sankei.com/west/news/160120/wst1601200101-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/160120/wst1601200101-n2.html
http://www.sankei.com/west/news/160120/wst1601200101-n3.html
http://www.sankei.com/west/news/160120/wst1601200101-n4.html
5
俺は隼派だからどうでもいい。
13
これは見たいな
19
やっぱり国産ジェット戦闘機が見たい。
26
見に行きたいなぁ
37
霞ヶ浦まで来いよ
54
鹿児島は遠い・・・ だけど行きたい
63
空冷レシプロのエンジン音っていいよな
69
ぐんくつ
75
はいはい、ぐんくつぐんくつ
82
良いスタイルしてるな
ま、いずれにしても大した費用じゃないんだから、
こういうのはやっぱり国がやるべきだろう
94
富士山を背景に飛んでほしい
104
おー、これは見てみたいな。
136
零戦はみたい!五式戦、烈風はもっとみたい
142
時代は違っても戦闘機は美しいな
186
日本は偉大だね
誇らしい
187
どうせなら二式大艇飛ばせよ
206

続き・詳細・画像をみる


ヤフオクで低評価付ける時の基準wwwww

【驚愕】「ゲスの極み乙女。」川谷絵音のゲスエピソードがヤバすぎるwwwwwwwwww(画像あり)

大人になるまで理解できなかったガンダムのセリフ

お前らアドラー心理学について語ろうぜ

ガッキー画像ナンバーワン決定戦(現在ベスト4まで決定済)

広末涼子の全盛期wwwwwwwww(※画像あり)

back 削除依頼&連絡先