祖父が死ぬ三ヶ月前にまともになった話back

祖父が死ぬ三ヶ月前にまともになった話


続き・詳細・画像をみる

1:
不思議体験と言うか、なんとなくこの話を大勢の人に話したいなぁと思ってスレ立てた
俺の祖父はというと、多くの特許を取得したと言う町工場の社長だった。
俺が覚えている一番古い記憶(何歳か不明)では、
すでに隠居を始め工場に顔を出すことも少なくなっていた。
享年98の大往生から逆算すると、当時祖父は70ぐらいだろう。
70にしてはガタイはよく覇気はあり声もデカイ。
見た目40とかそこらのオジサンと言っても十分に通用したと思う。
だからこそ、俺が高校生の頃に大ボケ始めた頃はショックだった。
6:
老人介護が問題視されたり、祖父母の介護を妻が請負疲労困憊する話をよく聞くと思うが、
本当に大変だった。
祖父が四十年かけて築き上げた豪華な庭は荒らしまわるは、
裏山から降りてきたタヌキを見て俺の名前で読んでお小遣いあげていたり、
コンビニやスーパーで「支払った!」と、勘違いして警察呼ばれたことも多々あった
正月でもないのに餅つき始めたり、他所の家の柴犬を拉致してきたり、
もう引っ越して居ない人の家に遊びに言って「○○!酒持ってきたぞ!」と
あろうことか長靴装備の土足で上がり込んだ時は、その家の畳の張替えまでさせられた。
ついでに家に役所の人が来て、さんざん祖母と母を咎めていた姿は今でも晴れない気持ちになる。
それに祖父は職人気質を持ち合わせていた。
その為、よく祖母や俺の母を怒鳴る&殴る蹴るしていた。
そこに止めに入るのが俺の唯一できる介護状態だった。(大学受験も控えていたし
俺が無事に大学に入る頃になると、俺も祖父との付き合いを始めた。
主に監視や、アレ取ってこれ取っての小間使いだが、それだけでも大変だった
さらに財布を管理していたので「お前!俺の金取ったダロォ!」と殴られた事もあった
ちなみにこの時すでに祖父は俺が誰だか分からなくなり口癖のように「お前は俺の会社で取ってやる!」と言っていた。
この頃、俺の叔父に当たるオジサンが工場どころか会社ごと潰したので
本当に居た堪れない思いだった。その叔父は未だに行方不明だ。
未払いの給料を求めて訪れた従業員達を見て、祖父は「なに遊びに来てんだ!仕事しろ!」と怒鳴って、
それに切れた若い従業員がブチギレて祖父に掴みかかった時は大変だった。
祖父はなぜ掴みかかられたのかわかっていない様子だったので、尚更。
ハンドルの握り方「10タイプ」で性格診断
バットマンのジョーカーwwwwww
タピオカミルクティーを飲んだら気分が悪い…→
「コカ・コーラ」と「コカ・コーラゼロ」を煮詰めると・・・
急激に手足が壊死したり、多臓器不全を起こす「人食いバクテリア」が日本で
【画像】イギリスのビーチに死神のようなものが出現
1万人目の万引きを記念して店側が万引き犯を盛大に祝福パレード! 犯人ブチギレ
俺が解体業で経験した驚きの数々を書いてく
【小売業】無人レジを導入して分かったこと……【愚痴】
8:
祖父の体が動かなくなり始めた頃、家族に「これでおとなしくなる」とか言っていた。
改めて考え直すと酷い孫だ。
倒産した会社の後処理も長い付き合いの弁護士を交えて、順調に終わらせたので、
本当に落ち着いた日々に戻れると思っていたんだ。
ただ、実際は真逆だった。
祖父は体が動かなくなることに不満を抱き、常日頃から怒鳴る&物を殴るor投げるの危険人物になった。
役所紹介の介護ヘルパーさんの提案の元、車いすや家の中をバリアフリー仕様にリフォームしたのだが、
むしろそれが裏目に出て「俺は老いぼれじゃね!!」と、「こんなの俺の家じゃね!俺は出て行く!」と毎日の様に怒鳴り散らしていた。
持ってきた車いすはその日の内に仕事道具でバラバラにされた。
ちなみに、ちょっと関心できたのは、ちゃんとバラしたパーツをメモして再び簡単に組み立て直せるようにしていたことだった(まあ借りた車いすなのでお金を払ったが……
そんな祖父でも日本酒を与えればおとなしくなった。
ただ、祖父が長いこと呑んできた地元の日本酒は高いので、
家の財政状況が危機的状態なのも踏まえ、安酒に変えた。
この時「働いてきた人間にこんなもの飲ますのか!今までのもそうだったのか!」と物凄い勢いで怒られた
9:
楽しみだ
10:
よんでるよー
11:
なんか悲しい結末になりそうな予感…
12:
大学を卒業する三日前だったと思う。
祖母の顔半分が赤紫になるほど腫れ上がった顔を見て、本当に祖父を殺してやると思った。
ベットの上で寝たきり状態だった祖父だが、上半身のチカラだけでコッチへ体を向け、
取っ組み合いになった。割りと強かった。
日頃の足腰の悪さはどこいった?と疑いたくなるほど強く、このまま立ち上がってボコボコにされると思った
幸い立ち上がることもなく、仕事が終わって返って来た父親が間に入り、喧嘩は終わった。
祖父は「ソイツは誰だ!?イキナリ襲ってきたぞ!強盗じゃないのか!警察呼べ!」とひっきりなしに叫んでた。
祖母には何度も「ゴメンネ」言われて、同時に「許してあげて」とも言われ、もう本当に辛かった
ちなみに祖母はこの時の青痣がシミになって、今は顔にスカーフ巻いている。
祖母自身は「スカーフというお洒落をしれてハピハピ、ハピネス!」と、どこで覚えたみたいなセリフ言ている。
ただ殴られた当時は、正直結構美人で着物に合う「ザ・女将」みたいな人だったので可哀想にも思える。
実際本人もすごく木にしていた。大学の卒業はもちろんコレず、それを悔やんでいた
14:
俺は大学を出て勤め始めた頃から、祖父の本格的な弱体化が始まった。
それとも卒業間近で喧嘩したあの時に、すべての力を使い果たしたかのように、
大体その次の週ぐらいから、本当に見る見る内に筋肉も体の肉も、肌のハリや目の生気もなくなっていった。
怒鳴る物を投げるは継続していたが、昔ほど怖くもなく。
さらに言えば、物を投げるにしても1メートルも飛ばないのであたっても痛くない。
コッチが怯えなくなったからか、祖父は意味が無いと分かったようでブツブツ言うだけになった。
食もドンドン細くなってきて、歯もドンドン抜け、髪の毛も全体が真っ白になった。
定期に病院には行っていたが「これが老化です」と言われた。こんなに簡単に人は老化するのかと思った。
よくテレビや漫画小説である敵キャラが「不老」に憧れるのも無理はないと思った。
俺が入社して半年経った頃に初入院した。
一ヶ月の入院ということだが、祖父は「俺を殺すのか!!」と怒鳴っていた。
ただ病院内でも散々暴れ周り、同室のボケジジと怒鳴り合いして点滴を投げ、
「もっと設備と技術が備わった病院に……」と祖父は厄介払いされたが。
不思議と不満はなかった。俺らの苦労が認められたと思った。
入社して1年経った頃、祖父が苦しんでいるので病院に行くと電話が来た。
ガンを患っていた。嫌々だった為に、一年に一回程度しか全身診断できなかった結果だと思った
事実役所やヘルパーさんから我が家は散々とっちめられた。
「強引でも連れて行かなきゃ!」「病院ならプロが居るから!」「殴っても問題にならない!」
そんなこと言っていたと思う。
俺は祖父の横で「お前のせいでそう言われたんだぞ」と恨み辛みをぶつけた。
怒鳴っては居なかったが、それを聞いていたと思われる看護師さんに「あんまりキミはこない方がいい」と言われた。
割りと介護の疲れて犯す殺人があるのだと、またそういう人様の心のセラピーもあると紹介された。
もちろんセラピーには行かなかったが、祖父に会いに行くのはそれっきりにした。
16:
手術は無事に終わったが、祖父は「俺の体に何をした!!」と怒鳴っていた。
手術する前に「それは大変だ。先生俺の中から悪いの取ってくれ」みたいなこと行っていた人が、
麻酔から覚めると同時にお腹に違和感を覚えて、そう言うのだから怖い。
この時、お腹の中に爆弾を入れられた。きっとあの怪しい奴のしわざだ、と言うようになった。
怪しい奴とは俺のことである。
ただ祖父はもっとガリガリに痩せていった。
手術は無事成功とのことで、この痩せは「老化」なのだと言う。
5分怒鳴ったら、その日は疲れきって一日中寝ている状態だ。
しょっちゅうイライラしていたので朝から寝込んでいることもあった。
18:
その後の数年は入退院を繰り返す日々だった。
看護師さんを殴ったり、医者と怒鳴り合いを繰り広げ、転院を5回もするハメになった。
行き着いた先の病院は警備員が警棒持って立ち、疲れきった表情の男性看護師さん、
病室の叫び声が廊下に響いている。
医者や看護師さんが力づくで患者を抑えこむ、普通の病院だった。
最初こそ、そんな光景に多々ドン引きしたが、ここの先生や看護師さんは本当に人が良かった。
ちなみに看護師さん曰く「精神病棟……よりは……」と多々話を聞いた。
そこでも祖父は攻BL入りしてしまう可哀想な人だったが、祖母も母も俺も「ここがあの人の最後になるだろうな」と思った。
そして、とうとうその日が近づいて来た。
その日、祖父はおとなしかった。
祖母は寝ているだけだと思ったが、部屋の中が妙に鉄臭く祖父の元へ行ったらしい。
すると祖父は鼻血と吐血していたらしい。
俺はその叫び声を聞いて飛び起き祖母の元へ向かうと、祖母が一所懸命祖父の名前を呼んでいた。
俺はすぐに119番し、祖父のその後を見守った。
胃と食道の内部の表面が何らかが原因して裂けたとの事だった。
唇を切るが胃と食道で起きたと思ってほしい。
日頃から怒鳴っていたんが災いした……というのも無きにしも非ず、とも言われた
そこから零れ出た血液が気管に詰まっていたそうだ。
幸い肺をキッチリ塞いでいなかったのは幸いだったらしい。
祖父はこの日を境に、家に一切帰ってこれない。同時に余命も僅かでしょうと告げられた。
19:
食道静脈瘤破裂かな
20:
医者として医学的に考えて余命を告知するには早かったそうだが、
先生の長年の経験から言って……との話だった。
この状態になってしまうと、体にどんな異常が起きてもおかしくないらしい。
また突然死に至るのも普通だとも、やんわりと伝えられた。
だが、祖父は俺らの期待を裏切り無事に長生きを継続させてきた。
さすがの先生も「あの時のセリフ恥ずかしすぎる」と言うほど、祖父は元気に怒鳴っていた。
ボケは治らなかったし、うっかりして傷口を開いてしまったりする、早の大迷惑を披露する祖父。
長年付き合ってきたからか、それとも疲れすぎてなのか、または家に祖父が居ないからか。
祖母も母親も俺も「この調子じゃ後五年は生けそうだ。100歳超えるんじゃね?」と思っていた。
ちょうど俺の仕事が立て込んでいた時に、血相を変えた祖母の声で急いで病院に行くと、
いつもの奇声が聞こえる病室ではなく、物静かな病室へと案内された。
なんで物静かな病室なのか。理由は簡単で、
この病室に居る人間は、本当の意味でいつ死んでもおかしくない人たちなのだ。
21:
「この病室に祖父がいるのか、ふーんっ。とうとう終わりか……」などと思っていたが、
他の患者さんが付き添いの人に手を握られていたり、黙って見守られていたりする光景を、3度ほど見て、
祖父がいるところに近づくにつれ、緊張していった。
祖父のおうこの頃には見慣れてた人工呼吸器を装着した姿は、今までの比較にならないほど小さかった。
本当に「あ、この人、もうすぐ死ぬのだな」と子供でも分かるだろうッて言うほど弱々していた。
早朝から大人しかったそうで、警戒はしていたそうだ。
昼過ぎにハッキリと祖父が意識を失っているのが分かったらしい。
病室に居る「ウチのな、父親はな、立派な軍人でな」の三拍子が口癖の婆さんが、異変を看護師に伝えたそうだ。
そんなのはどうでもいいと、小さくなった祖父を見つめていた。
何を考えていたんだろう。正直、何かを考えていたのか思い出せない。
早く死ねと思ったような気もするし、昔の祖父との思い出を思い返していたとも思う。
……な感じでシンミリとしていた時、祖母の手を祖父が力強く握り返した。
しゃべることもせず、体の動きもそこだけだったが、しっかりと祖母の手を握っていた。
ちょっと張り詰めた空気が和らいだのはよく覚えている。
22:
それから一ヶ月後。
祖父は相変わらず寝たきりだった。
祖母は毎日祖父の病室へ通っていた。
あの特別な病室は長くて半年と言う話を聞いたと教えられた。
これは「半年以内に(沈黙)」とのことで、この話はこの病室に来る患者の親族全員に話すことらしい。
要するに「終活やっとけや!家で揉めるなよ!心の準備しておけ!」ってことらしい。
ポストに入れられる「お葬式のご案内!」とか言うチラシも冗談で眺めることはなくなっていた。
そんなある日、家に電話がかかってきた。
それも深夜だ。母親は「父からか……」と電話を取った光景をよく覚えている。
母「はいもしもし、○○です。あ、先生……どうしたんですか?」
アイコンタクトで『向こうの様子がおかしい』と伝えてくる母
俺は仕事終わりのビールをゆっくり飲んで溜まっていたドラマを見ていたが、
ちょっとカッコ付けて背広を着たと思う。飲んでいるので運転もできないのに。
母「はい?え!?は、はい……?え!?父さん!?ええ!?お父さん!?」
ただ母親の様子が面白いぐらいおかしかった。
ものすごく電話しながら混乱していて、何故かコッチをチラチラ見て、本当に我を忘れている様子だった
23:
ごめん、10時なので少しお出かけしてくる。
祖母のお使いに付きそうだけだからすぐに帰ってこれると思う。
駄文長文でスマヌ……。目が滑って理解できないことをあったら教えてくれ。
話終わったらレス返しします。
24:
いいところで!
待ってるぞ
25:
いてら
続きよろしく!
30:
何か少し目頭が熱くなった
これからハピハピハッピーな話になることに期待
31:
32:
待てねえ
33:
はやく
34:
早く早く早く早く早く早く早く
35:
立派な人がボケるとこんな感じになるんだろうか
36:
ここまできて放置とか…
37:
きっと忙しいんだよ
書けるようになったら続きを書いてくれるよ
42:
>>1は帰宅したのかね?
46:
すまない。お使いから帰ってきたらご飯食べに行こうとなって、
家をすぐに出て、その次に親戚の家に行き酒を飲んでしまい帰れなかった(車ゆえ
今年明けて1、2日以来の休みだし家を優先した次第。お許しを
そして今は、若干二日酔い気味なのでなおやばい……
47:
>>46
お帰り??
48:
今日の夜には完結させてくれ!!
49:
>>48
休日も今日が最後なので本当に話し終える予定
50:
俺は不安に思ったので電話を変わろうとするが、
母親はコッチを見て顔をふるふると横に小さく振った。
それにしっかりと受話器を握っていた。
何度も「お父さんなの!?」と言っていたのが、その時は不思議でならなかった。
一体電話相手は誰だと言うのか。
それに祖父はまだ死んでいる訳でもないのに幽霊のように驚いていて……、と言う具合に。
母は「そう!?いいの!?いいの!?あちょっと!?電話切るよ!?」と大声で言った時、
母の受話器の向こうから「うるさい!はしゃぐんじゃねぇ!」と言う怒鳴り声が漏れてきた。
紛れもなく祖父の声だった。
ただ、そこで一旦電話は切れた。
母がコッチを見て言った第一声「お父さんが電話かけてきた」
呆然とし訳もわからないと言った顔で。
母はそんな気抜けた顔のまま「明日、病院いこうね。会社には電話しておいて」と言った。
母は無理にとはとのことだったが、無理でもともお願いする感じであった。
そのまま母は考え毎するかのようにトイレへ向かっていった。
俺は疑問が晴れないことにモヤモヤしていると、ちょうど病院からかけ直しがきた。
51:
医者「もしもし?祖父さんが電話切っちゃいまして……
 また重ねてすみません。祖父さんが大声を出したので咽てしまって……」
その謝辞のあと、適当な挨拶から電話は始まった。
俺はまだ「いつものボケの影響か?迷惑かけたんだな」と思っていた。
俺は事の経緯を聞くと。
医者は「ああ、お孫さんには伝わってませんでしたか」と言った。
医者「祖父さんがですね……、なんと言えば良いのか。
 とにかく、『意識が戻りまして。』
 それどころか『ハッキリしているんです。』
 それで家に電話しろと言い始めまして。
 失礼ですが、最初はボケから混乱しているだけかと思っていました。
 ですが、やけにちゃんと喋るもので、お電話を。
 体の具合の方は、今まで通り油断ならないのですが、
 意識だけはしっかりしていると言えるのではないでしょうか。
 今できるのは問診と簡単な確認ぐらいですが、そうだと私は思います……
 今は横になって静かにしているようお伝えしたのですが、
 何も言わず横になり天井を見つめおとなしくしています。
 どうやら私たちの言葉もすぐに理解できるようで……。
 何を言っているか分からないかもしれませんが、私も詳しくは分かっていません。
 経験上で言える事はあるのですが、それとはどうも違う様子で。
 とにかく、本人の希望で『明日は来てほしい』とのことです。
 今すぐにではなくていいそうです。」
俺も母親と同じポカーンと頭の中が真っ白になったと思う。
52:
何度も理解できるまで医者に尋ねたが、
要約すると「具合は悪いままだが、意識の方がハッキリとなった、ボケが治った?(医者も疑問)」と言うことだった。
この何年間も大ボケだった祖父の、あの大ボケが治った?
にわかには信じがたい話だった。ただ何度も同じことを俺は尋ねていたと思う。
祖父は、自分の誕生日・仕事(昔の仕事内容)・今の自分の状況状態・家の住所電話番号、他
これらをハッキリと答えられたとの事だった。
翌日、どうしても朝出て提出しなくては行けない書類を会社に届けてから病院へ向かった。
上司の方は祖父の具合がよくないことを深く理解してくれている人なのと、
大人の事情になるが、この時あまり社員は出勤しないほうが会社に得になる状態だった。
だからか、この日は提出と事情説明にかかった時間分だけ働いたこととして、以降早上がりとなった。
病院に着きいつものように、あの病室へ向った。
祖父がいる場所には仕事先から直接来たという父と母、
そして涙目で「うんうん」と嬉しそうに頷いている祖母がいた。
祖母が頷く先には、いつもの様に仰向け状態で寝ていた祖父の姿はなく、
ベットの背中部分をしっかりと上げ、どっしりとイスに腰掛けているかのように座る祖父がいた。
人工呼吸器でもサイズが一回り小さくなったマスクをした祖父がいる。
祖父「お、○○!よく来たな!」
俺の姿を見るなり祖父は元気よく俺の名前を呼んだ。
実際には声も小さく若干かすれ気味だったが、それでも覇気があった。
左手を上げたったようだが、祖父の胸下までしか手は上がらなかった。
祖父はそれを見ると「すまねっ、全然体動かねーんだ」とニコニコして言った。
俺はしっかりと祖父に近づけないまま、遠目に見ていると、
祖父は近寄ってこないことに気がついたのか、一瞬ハッとした表情を浮かべ、
祖父「そうだよな。なんと言えばいいか。とにかく長い事迷惑かけたな……ありがとう」
祖父は神妙な顔を浮かべた後、体を前に倒したら。
そしたら「おお、おおおおっ」とか言いながら祖父はそのまま前倒れしそうになり、祖母が支えた。
祖父は「お前に支えられるほど体が軽くなっちまったなぁ」と、
祖母は「ええそうですね。まったくうらやましい」と。
それを聞いて母と父は小さく笑っていた。
53:
体の具合は元気ではないのは分かるが、頭の方は元気じゃないか。
俺は最初なんの冗談かと思った。
大袈裟かもしれないが、コレはテレビのドッキリ番組で、どこかにカメラが隠されている。
今目の前にいる祖父は、祖父のそっくりさんで俺らをビックリさせようとしている、とまで考えた。
冷静になって考えればそんな不謹慎な企画があるわけがない。
祖父は「まあ、○○。こっち来て座れや。もうすぐ先生来るそうだから、それまで話をしよう」
俺は言われるがまま、祖父の横の椅子へ座った。
今までは祖父の横に座ることさえ面倒に思えていたが、この時は喜んで座りに行くような、
本当に小さいころ祖父母に喜んで合うかのような感覚だった。
祖父は普通に父母と会話するし、祖母とも会話している。
体が如何に動かないか、思うように体が動かなさすぎて悲しくなる、
どうやって俺はこの体と付き合ってきたんだ、こんな体と付き合ってきたお前らには迷惑をかけたことだろう
今までの酒癖やタバコが今になって体に影響出たのか?おう□□(父)酒タバコやめろよ、
そういやお前は酒タバコをあまりしない質だったっけか、アハハハハ
途中咳き込んだりしていて、休み休みに喋っていたが、祖父はとにかく喋っていた。
ある程度頃合いを見計らっていたのか、祖父の担当医が現れた。
昨日電話をかけてきた先生だ。
祖父は移動できないので「祖父さんは待っていてくださいね」と言う。
祖父は「こんな体じゃ何処にも行けねーわw」と笑う。先生が若干素で笑った。
54:
>>1ってゲーセン書いた人?
55:
>>54
何の話だ?
57:
>>55
いや、書き方だったり
実話風のスレ立てる手法だったりが似てるから
59:
>>57
なるほど。釣りスレってことか。
一つ言えるとしたら、俺にはそんな高等テクニックはないよ。
まあはじめに言った通り不思議体験なので……
56:
案内されたのは診断室だった。
そこには祖父のレントゲン写真や様態をまとめたノートなど、
先生自ら「大袈裟に張りました」と言うほどディスプレイに表示されていた。
昨日の朝の様子に関しては「平常」と書いてある。
これは『いつも通りの様子=寝たきりで反応なし』とのことだ。
次に昼間の様子。祖母が見舞いに来ていたがやはり「異常はない」。
とにかく昨日一日中、血圧や心拍数や体温も、すべて今まで通りとのことだった。
医者「つまり、何が切っ掛けでああなったか分からないです」
先生が言うには昨晩、夜遅くのこと。
祖父からナースコールがあった。そして看護師が見に行くと、
ナースコールを握り、そして目を開けていた祖父がいたそうだ。
看護師としては、この部屋の患者がナースコールを押すのは滅多にないことだったので非常に驚いたらしい(二年ぶり?)
看護師は決まり文句「祖父さんどうしたのですか?」と聞くと、
祖父はかすれ声で「ここは何処ですか?」と聞き返したそうだ。
看護師さんは「病院ですよー」と聞くと、祖父は「どこの病院で、俺はどうしたんだ?」と聞いてきたらしい。
看護師さんは病院名を言った所、祖父は「何県だ」。
そして何県か答えると「近畿地方であっているか」と答えたらしい。
県名は伏せるが(こんな特徴的病院がそこしかない為)、まさに正解。
違和感を覚えながらも看護師はとにかく担当医の先生を呼び、
先生はボケ老人と同じように接していて気がついたそうだ。
「この人ボケがない。どうしたんだ?」と。
62:
祖父は次第に声を出せるようになってきたらしく、それに連れ喋るようになっていき、
そこで祖父の頼みから家に電話をかけたそうだ。
ただ深夜なので今すぐに来なくていいと言うのに、母がグダった為、祖父は怒鳴ったらしい。
先生もまさか怒鳴り声をあげられるほど元気だとは思わなかったらしく「非常に驚いた」と言っていた。
さらにあろうことか、子機の電話を切る方法まで理解していて尚更驚いたらしい。
医者「こんな話をして非常に驚かれることでしょうが……
 とにかく意識の方は、先ほどの様子も見て、健全者と同じか少し低い程度でしょう。」
そこで父はあろうことか、
父「こういうことはあるのですか?所謂、なになにの瀬戸際で……」
母がバンッと父の脇腹を殴ったが、誰も父も特に気にすることはなく
医者「まあ私として……なくにしてあらず、でしょうか。
 実際、目が開いた。小さな声で名前を呼んだ。手を握り返してくれた。何かを喋っていた、など
 瀬戸際での出来事は実際聞きます。
 悲しい話、医者たちの間でも、実際でも、大抵は勘違いとのことですが。
 ただ事故から驚異的回復を見せたなど、聞きますしありますからね。
 それに祖父さんに今起こっていることは、流石に勘違いでは済まないことでしょう」
父も母も俺も「はあ……?」と驚嘆の声を漏らす中
 
祖母「あの人は往生際が悪いですからね……」
といった瞬間、思わず俺らは笑ってしまった。そういう話じゃないでしょ、と。
先生も必死に笑いを堪えている様子だった。
64:
その後は、祖父のその後について予定を話した。
意識の方はともかく、体は相変わらずなのであの病室に留まることになった。
ただあの病室ではなるべく声を小さく喋ってもらいたい、他の患者がアレなのでと。
先生との話を終えて祖父の元へ戻ると、祖父は新聞を呼んでいた。
テーブルの上に広げて読んで、貸出用の老眼鏡をつけ、読んでいた。
失礼な話「誰だコイツ」と思った。
今までのボケ老人と寝たきりの祖父の姿を覚えているだけに、尚更。
祖父は俺らの姿を見ると嬉しそうにニコニコしていた。
その後、祖父が第一に「会社の方なんだが……アレか。俺がボケている訳じゃないよな?」と聞いてきた。
その言葉のニュアンスを読み取るのは難しかったが、父と祖母は。
父「覚えているのなら、その通りです」
祖母「あのバカ息子がね……」
たったコレだけの言葉ですべてを察したのか、祖父は目線を上げ遠くを眺めた。
一度だけ見た祖父が祖母と喧嘩した後、
何かを思いつめるようにタバコを吹かしていた姿と同じだった。
その時、祖父が「思いがごちゃ混ぜな時は遠くを見るのがいい。広く見るのがいい」と教えてくれた。
もしも窓際だったら外を広く眺めていたことだろう。
妙な沈黙な後、祖父が重い口を開いた。
祖父「そうか、潰したか。あのバカが。何をした」
淡々としかしゃべれない様子の祖父は、若干目を赤くして、震えていた。
65:
うーん、会社が潰れた経緯を書いているけど、
飛ばしたほうがいいかな。
66:
読みたい
67:
祖父の会社が潰れた一番の原因は、悪い儲け話だった。
詐欺だとも言える。
祖父がまだ意識がハッキリしていた頃、叔父が工場の跡取りとなった。
俺も「○○坊主」とよく可愛がってもらった。
ただ、祖父ボケた頃、俺が大学受験を念頭に置き始めた頃。
叔父の元から会計さんが去った話を聞いた。
聞けば意見の食い違いとの事だった。
「アナタの工場を世界に通用するようにしませんか?
発展途上国に工場を作り、この工場の技術を世界に……」と、聞くに怪しい話。
コレをおかしいだの、お金の流れがおかしいだの言い出したので、
会計さん(ベテラン)をクビにしたそうだ。
ちなみに叔父とその営業社員とだけで半年練っていた計画らしい。
そう叔父は豪語していたが、それに対して我が家は激怒していた。
そこから叔父との縁が露骨に薄くなった。
しばらくして発展途上国に工場を建てられた。
そこに視察に行ったりなどもして、お見上げを持って挨拶にも来た。
「どうだ、これでオヤジも喜ぶだろう」とか言っていた。
そのくせオヤジには全く会おうとしなかったが、
会社を経営することがオヤジの介護だとか言っているような奴にそんなのは期待していない。
話は逸れたが、工場が建った後が大間違いと言うか、バカ過ぎた。
周りが反対していた通りのこととなった。
68:
ごめん、難しい話になりすぎた。前置きしておけばよかった。
67よりも先に、それを断っておくべきだった
69:
その儲け話を持ち込んだ営業が、その英語も途上国の言葉も堪能ということで、
先任工場長にしたのだ。叔父は。バカだ。
結果、工場は半年も経たない間に潰れた。
原因は事件だ。
日本から輸入した機材の大半が、自称運び屋(引っ越し屋?)に盗まれたのだ。
ここで痛手も負いながらも、元を取れると思い更に無理して投資。
次にその国の法律に触れる違法行為をその工場で行っていた。
(詳しくはわからない。違法売買の現場になったとかだった筈)
さらに従業員同士のいざこざで殺人事件まで起こった。
その責任がすべて日本の叔父の元へ。
先任工場長であるその人は、責任を感じてさっさと辞めていった。
慰謝料など、その他諸々叔父から受け取った後に。ちなみに、その後は行方知れずです。
それで経営困難になり海外の工場は潰れた。
そもそも聞けば評判の悪かったそうだ。主に従業員の質が悪いと。
ここまで言えばオチは簡単である。
実際には、そこまで酷い賠償責任じゃなかったのである。
殺人事件に関しては起こっていなかった。ただ腕を切る怪我は多々あったそうだが。
これらは長年付き合ってきた弁護士さんの調査により判明した。
そしてその弁護士さんは叔父へ一言「騙されていましたね。」
バカな叔父はここで自覚したそうだ。
70:
手口は簡単で、まず叔父を孤立させた。
営業と叔父の2人がことを運んでいる状態にし事を進めさせる。
工場を建てさせ、その工場で問題を起こし、工場を潰す。
機材はオマケで盗む。潰れた工場はその後安く買い取る。
その後、工場はそれなりの資金で立てた工場であるし、ちゃんとしたところに転売する。
賠償請求だって言葉がわからないバカである叔父な上に、
まともな会計が居ないから、ポンポン出してしまう。
当時叔父の味方をしていた弁護士だって向こうが雇った弁護士。
そもそもその雇った弁護士が本当に弁護士かどうかもわからない。
会社は負債を抱えているし、行政は100%助けてくれるほど甘くはない。
従業員への未払いの給料。工場に残った多額の借金。
せめて自己破産してから叔父が消えればよかったが、そうはならなかった。
自己破産に関しては長い付き合いの弁護士さんが居なければ本当に危なかった。
もうその頃には自己破産もせず叔父は数百万持って雲隠れしてたし、
我が家に多額の借金が振りかかる寸前だった。(一応連帯保証人であったし
72:
弁護士さんは上手くやってくれた。
それに祖父が築き上げてきた功績(特許や人望)、
また一応技術者の端くれである父のご縁などで、
特許や工場、それに従業員の腕すら買ってくれる所が現れたのだ。
また被害届も弁護士さんのおかげで出せた。(本当は叔父が出さなくてはならないが。
その後、大分借金も小さくなったが、やはり払いきれる、そもそも払おうと思えない借金が残った。
危うく俺は大学いけなくなるところだった。
当時、俺はバカにもカッコ付けて「構わない」とかほざいていたが、そこは祖母と母が許さなかった。
弁護士さんが解決策を教えてくれたのもあり、俺は大学にはいけたが。
母親が責任者(娘であり跡取りの資格がある)になり「借金を継いだ」。
そして母親は父親と離婚し、自己破産したのだ。(クリーンな工場が買い取る条件でもあったし
ちなみに俺の親権は父親にある。
こうなると母親は実家に住めない話になるのだが、『祖父の介護』を理由に家に残れた。
実際、父親は夜遅くまで働いている人だし、介護できるような人ではない。
国がそれを認めてくれるかどうかだったが、役所はすんなり認めてくれた。
おそらく弁護士さんの手腕もあったのだろうと思う。
……この話、大分グレーな話だよな。話していいのかな。
ちゃんと書類も審査も全部通ったし、裁判所の許可も降りたことだけど、やっぱりグレーだよな。
73:
ちなみに自己破産すると借金できないからな。
カードなんかもちろん。小さな借金すらしたら駄目。
最近は俺の同僚にも自己破産したやつがいたけど、簡単に自己破産するものじゃないぞ。
借金帳消し扱いになるまでに相当苦労もするし、そんな特殊な効果あるなら、それなりの代償を伴う。
テレビでも言われている事だが。
74:
自己破産推奨スレではないと、言いたい。
75:
なるほど
77:
祖父はこの話をどこまで理解できたかわからないが、
黙って話している相手を随時見ながら聞いてくれた。
あのボケ老人が理解できるのか?と思っていたが、恐ろしいことに理解していた。
やめてった従業員(祖父が覚えている限り)の面々のその後も聞いてきたし、
「まて、コレはこういうことなのか?」とわからない所は聞き返してきた。
そこでようやく俺は、印象深い話だったと言うこともあり、
本当にボケ老人ではなく「祖父」に戻ったのだと理解した。
と言うか、ここまで質疑応答できる祖父が、あのボケ老人な訳がない。
なんだかんだ、
「祖父がいたから家に残れたということ感謝している」に、母親が言うと。
祖父は「そんなことで感謝される筋合いも、感謝されたくもねぇ。
 むしろ俺が感謝するべきだ。お前には本当に辛い苦労をかけた。本当にありがとうな」
そういうと母親の手を取った。この時も「ろくに動かねぇ」と嘆いていた。
母親は声だして泣いていた。
祖父も自己破産の重さは理解しているし、それを一番感じているのは他でもない母親だ、と俺らへ言った。
ただこの中で一番申し訳ないのは俺(祖父)だとも言っていた。
祖父は「今この場に叔父が現れたら殺す」とつぶやいていた。
祖父は母親を無言で励ました後、母親が泣き止むまで以降沈黙していた。
何を考えていたかわからないが、色々と深く考えていたと思う。
78:
カーチャン…
80:
ドラマやなあ
82:
ちょっと休憩(´・ω・`)気分が落ちてきてしまった。
>>80
友人にも同僚にもそう言われるよ
81:
すごい祖父だね。騙したやつ捕まればいいのにね。
82:
>>81
会社はなくなっているし、そもそも外国人なので国際逃亡されている恐れが……
一応詐欺事件として調査してもらったけど、当事者である叔父がいないしね。
形としての被害届、までしか期待できない。そもそも受理されただけで万歳モノだったりするんだ。
そしてとっ捕まえても戻ってこれるものじゃないしね。
それよりも叔父だよ。アイツは捕まえない、と。
昔の縁で東北に逃げたっぽい話は聞いているんだけどなぁ……
85:
落ち着きも取り戻した頃、祖父は口を開いた。
祖父「大体、お前らが俺に何をしてくれたか覚えているようだ。
 だから家に社員が来た時も覚えている。
 俺は、その社員が家に来た様子で何をしたかも覚えている」
自然と背筋が伸びた。
かつて見た覇気溢れ威厳を持っていた祖父だった。
そんな祖父が最後の最後に。
「……ただ、夢だったら、と思っていた」
実に寂しそうな祖父の姿がそこにあった。
そこだけ雨が降っているかのようにどんより沈んでいた。
祖母が「ご苦労をお掛けして申し訳ございません。私もしっかりしてたら」と言うと、
祖父は「誰が辛い苦労している以前に(叔父)が悪いんだ。
 それよりもここ最近は良くなったのか?俺はその後が気になる。
 俺の前だけ良くしていた訳じゃなければいいだが」
そこに関しては、最初の一年はギクシャクしたが、上手く行っていることを伝えた。
俺も就職したし、家の方は取られることもなく上手く行っている、と。
祖父はニッコリして「そうか、俺はお前らに感謝しかできないなぁ」と言った。
そこで祖父はようやく涙を流し、重く深く頭を下げた。
背後の心拍計の数字が見る見るあがっていたので、祖父の心中は察することができた。
86:
祖父のお願いで、その日は家に帰った。
一人にしてくれとのことであった。
自分で築き上げた会社が潰れたのだし、その理由も理由であり、仕方がないことだろうと思った。
祖母が言うには、「あの人は昔からこうなの」と。
俺にとってはこの歳になって初めて見る祖父の姿だったので動揺いていたが、
母親も「そうそう、喧嘩した後とかしょっちゅう1人になりたがった」と言ってた。
家に帰るまで、昔の祖父に戻ったと何度も言い合った。
ただ同時に信じられないでもいた。
ついこないだまで意識もなく寝たままで「もうすぐ迎えが」とも言われていた祖父が、
意識が戻ったどころか、ボケも治り、普通に会話もできるまで戻っていたからだ。
それどころかボケてた最中の出来事をだいたい覚えてもいる。
また会社での出来事も理解した様子だった。
理解できても受け止められない心境だった。
なお祖母は「往生際が悪いから」と何度も言ってた。
今までどれだけ往生際が悪かったらそこまで言われるのだろうか、と今でも笑える。
夕方とは言えまだ日が出ていた。
久しぶりに四人で食事をした。贅沢にも焼き肉だったのを覚えている。
そして楽しくというよりは、映画鑑賞した後みたいに祖父について話を交わした。
ボソっとだったが、俺は「なんか祖父も戻ってきそうだよな」と言ったら、
祖母は「そうなる気がする」と言っていた。
つい最近まで「もうすぐお迎えが」とか言っていた面々が、祖父が戻ってくると思い出していた。
87:
思い始めていたか。すまん
88:
ほうほう。じーちゃんすげーな。
89:
すげえな
90:
翌朝、以外な人物から電話が来た。
俺は会社を休めて、祖母と母は行く準備をしていた時だった。
叔父から始まった一連の騒動で頑張ってくれた弁護士さんからだった。
弁護士さんと適当な挨拶をすると
「それで早なのですが、祖父さんの一件はご存知でしょうか……?」
なんと昨日の夕方、祖父は感謝の言葉を弁護士さんへ伝えていたそうだ。
ちなみに息苦しそうに喋っていたとのことで、心配していたらしい。
それよりもボケはどうなったのか、本当に祖父さんなのか、疑っていたそうだ。
弁護士さんは今日にも会いに行くと言っていた。
その通り、俺らが病院につく頃にはすでに大分老けた弁護士さんが居た。
弁護士さんは冗舌なのはしっているが、すでに祖父と談笑していた。
病室に入るなり看護師さんに「あの人に言って頂ければ」とお願いされるほど、正直騒いでた。
その後、俺らが挨拶をすると、弁護士さんは落ち着きを取り戻した。
弁護士「叔父くんの一件……、全くチカラになれず申し訳ございませんでした。
 今まで散々祖父さんの会社と仲良くしてきたのにも関わらず、会社の異変に気がつけず……」
それに対して祖父は、
祖父「またその話か……、お前らは本当に好きだな。
 おめぇはうちの残った家族の為に尽力してくれたんだろ。それでいいじゃないか。
 家内・娘・息子・孫の為にも、沢山動いてくれたと昨日聞いたぞ。ありがとうな。
 それに俺もボケててすまなかったな。じゃ、話はおしまい」
そのままニカニカと笑っていた。
ただ、弁護士さんも涙を流して、祖父の手を何度も上下に振っていた。
同時に「すみませんでした」、そして「ありがとうございます」と何度も謝罪していた。
91:
弁護士さんと祖父は、長い付き合いだとは聞いていたが、
大の大人が涙するほど、しかも片方が散々謝罪するほどの関係だとは思いもしなかった。
俺はそれを見守っていると、母が「お父さんは本当にすごい人だったのね」と言って、
祖父が「今頃気がついたか、まあ今の俺は凄くない。
 すごいのはお前らのほうだ。それに偉い。
 誰も謝る必要はない。工場の一件は俺と叔父が悪い。
 そして俺と家を守ってくれた弁護士さんとお前らには、感謝しかできない。
 ……ありがとうなぁ」としみじみと言った。
相変わらず弱々しい格好をしていながらも、祖父は力強く構えていた。
ちなみにもう調子を取り戻し始めていて、
祖父「あー、かったい話をしていると、体硬くなるわ。
 いや、もう固くなって全然動かねーけどな、アハハハ」とか冗談かましてきて、
その不意打ちに俺はものすごく頭の中真っ白になったのを覚えている。
これ以降、あまり話す事はない。
また日にちも飛ぶような話になるが、許してほしい。
92:
祖父の意識がハッキリして一週間立つ頃には、ハキハキし始めていた。
体のほうは不自由なままで、毎日の様に「チンコに管が気になって」と言っていた。
あとオムツにも物凄い抵抗覚えていたのと、
意識がハッキリして初めてのお風呂の時、自分の体のみすぼらしさに嘆いたと言っていた
体調の方は、肉付きが良くなってきていた。
「また流動食では力が出ない。すこしでも固形物を」と祖父はせがみ、
流動食+おかゆ少々を腹に入れられるまでになっていた。
おかゆを食べるようになってからは、声が少しだけ大きくなった。
これで完全に元気だったらかなりうるさかった事だろうと今でも思う。
この病室から出ることはありえないでしょう、と言われていた祖父だが
お医者さまも「このまま元気になるようなら病室変える必要があるかもね」と苦笑いしていた。
残念ながら気は元気になったとはいえ、体の方はボロボロ、
24時間体制がしっかりしているこの病室の方がいいと言うことになった。
ちなみにこの時だったと思う。
何日後かは忘れたが、祖父は祖母の顔について謝罪したそうだ。
93:
祖母しかいかなかった日に、唐突に謝罪し始めたらしい。
だが、祖母は強く「昔も何度かビンタされたことありましたね」と返したそうだ。
そうすると祖父は更に丸くなり謝罪したという。
留めに祖母は「この傷はビンタではなく、モノによるものですが」と言ったそうだ。
祖母曰く、大分イジメてやったらしい。
家でガッツポーズしながらそういう報告を受けた。
ただ祖母曰く「こんな顔になってどう思いますか?」と聞いた時、
本当に反省しているのか、何何をして悪かったと言う言葉を狙ったそうだが、
祖父は「相変わらずお綺麗な顔だ。俺の家内でいてくれて嬉しい」と答えそうだ
祖母はこれに撃沈。許したらしい。
母も俺も大爆笑したのを覚えている。酷い話かもしれないが。
ただ、祖父はこの日以来、毎日祖母の顔を見るたびに「ごめんなー」と言ってたそうで、
祖母がよく「私が行くたんびに『ごめん』とか言うの!
 私の時だけボケちゃってるの!失礼だ!もういいいっているのに!」と怒ってたww
あとは見舞いに行く度に「ありがとう」と、今日の体調について話をしたり、
俺や父の仕事ぶりについて話をしてくるようになった。
94:
一ヶ月ぐらいした時、どこで噂を聞いたのか、
それとも出かける祖母や母や俺の姿を見て察したのかもしれないが、
祖父の元へ、散々疎遠になった親戚が顔を見せるようになった。
それに家にも「祖父さんの具合よくなったの?」と電話が来るようになった。
コレに対して祖父は、「本当にお前らが辛い時だけ、応援や助けてくれた奴だけ相手しろ」、
そして祖父の前に現れた奴らには、最初は気前よく話を聞いてやって、
その次現れた時には、弁護士さんや俺らから聞いたその人物の行動から判断して、
追い返すか、感謝の言葉を伝えるかどうか、そういう判断をしていたらしい。
まさかつい最近まで散々ボケていた老人が、
そこまで聡明になっていると思っていない親戚たちは結構ボコボコにされた。
祖父に直接会いに来た大半は祖父にボコボコにされていた(論破。
やはり幾ら会社が倒産したとはいえ、まだ祖父から絞り出せる物があるだろうと、
舐めてかかった人もいたが、、
一番ひどい目にあったのは、儲け話として「もう一度会社建てよう」と言った人だった。
その人は、俺も認めるほど本当に気に入らない小母さんだった。
95:
家が大変なときに態々家にきて、やれマナーがないだの、お菓子が安物だの言った挙句、
「家潰し野郎ども」と「あなた方と縁を持っていると不幸になる」罵ってきたBBAである。
コレに関しては、このBBAが現れる前に伝えていた。
祖父はその気はなくとも話を聞いてやると、まあうまい話しかない。
負の部分の話を全くいっさいしない。ハタから聞いていた俺もうんざりした。
祖父はいろいろ話を聞いた後、「で、偉そうにいうがお前は会社作ったのか?」と尋ねた。
祖父「そんなに借金しても美味しい話なら、お前がマズ会社建ててみろって話だろ?」。
その後、祖父に散々怒鳴られた末に、「二度と、顔を見せるな。末代まで呪うぞ」と脅されていた。
そりゃつい最近まで死にかけてボケ老人だった人が、やけに覇気よくしっかりと怒りながら言うものだから
本当にビビっていたと思う。
その日、廊下で「祖父さん、ボケているんじゃないの?」とストレートに尋ねた上に、
「もうすぐ死ぬ予定じゃなかったの?アレは祖父さんなの?」と祖母に強烈な一撃を加えたがばかりに、
祖母に「アナタと、アナタとの血縁者は、二度と我が家の敷居に入るなァ!!」と物凄い声で怒鳴られていた。
実際、祖父の葬式の日。
家に現れるなり、用意しておいたバケツを意気揚々と祖母は持ち上げ、
バケツ水をBBAぶっ掛けて追い返した。
水をかけられた後に塩を持ってきてぶっかけるものだから、かなり壮絶だったと思う。
ちなみにそこのBBAのお孫さんは来てイキナリ、「お小遣い頂戴」と言って回ったがばかりに、
祖父が三ヶ月の間(正確には二ヶ月?)に選んだ親戚さんたちにこっぴどく叱られてた。
今でもありゃないと思う。今は音信不通でしらない。
96:
>>95
塩かけられてもしおうがないよな
97:
>>96
俺の婆ちゃんと同じこと言ってて怖い(´・ω・`)……
99:
>>97
嘘だろwwww
ちょっと結婚申し込んでくる
98:
じいちゃんかっけー
ばあちゃん可愛い
100:
>>98
祖父は常に怖いけど、祖母は怒ると怖い。
あの人の更に怖い事は、ちょっとしたイタズラを「故意」で起こせることだと思う。
狙って起こせる。
思い出したけど、玄関に沢山靴が並んでいる中で、そのBBA以外の靴を
全部入り口を正面見て後向きにし、
そのBBAたちや関係者の靴を全部前向きにして、
祖母「あら、さっさと帰る準備が伺えますね?」と、トドメさしてたからね。
怖い人だよ……
101:
親戚の足も少なくなり始めた頃。
祖父は装置を持ち運びながらだが、外に車いすで散歩することを許された。
病室も例の病室近くの個室へ移動した(不謹慎な話、ちょうど開いたので)。
流石に退院とまでは行かないが、先生も認めるほどすごい回復力だった。
祖父の来月の誕生日も無事に迎えられるんじゃないかと、言われていた。
病院の庭は、患者さんたちが趣味で使用していい花壇があり、
ゴチャゴチャと、それでいながら一年通して常に何かしら見物がある場所だった。
祖父曰く「まったく統一感がない庭だなwでもそれがいいなww」と。
また大きな桜の木の前に来て「こりゃ、咲き誇ったらすごいだろうな」と常にいっていた。
残念ながら近くの大きな公園までの散歩は許されなかったけど、
祖父にとってはここら辺や、同じ所だけでも、十分に満足だったそうだ。
102:
散歩をしていると、祖父はふっと思い出したように
ボケていた時の自分の行動について話すことがあった。
「あの時お前に○○してすまなかったなー」や、「あの時は助かった」など。
俺が役所やヘルパーに罵られたことを祖父の横で恨み辛みたっぷりに言っていたことも覚えていた。
また、何度か掴み合いしたことも覚えていて、ただ俺に非がある所は「ま、お前もなぁ……」と。
受験だったから、疲れていたから、などなど。
そんな理由からイライラしていたのも間違いないし、それに関しては俺も謝った。
ただその都度、祖父はイタズラにニヤニヤして「まw俺も悪いんだけどなw」と言ってきて参ったw
あの人分かっていながら責めてくるから、憎たらしいww
ただ本当に元気になっていっていたと、思っていた。
そんなある日だった。
いつものように散歩していると、祖父が「前々から言おうと思っていたんだがー」と言ってきた。
俺は「どうしたの?」と聞くと、祖父は「そこのイスに座ろうか」と。
俺がイスに座り、その横に祖父。そして祖父は空を見上げながら「おめー、会社大変だろ?」と聞いてきた。
俺は息がつまり、頭がカーッと熱くなり、胸が痛くなった。
実際の話、俺の会社は息詰まっていた。
大企業の子会社と聞けば耳障りいいかもしれないが、近年は大企業でも経営困難な所が多い。
その煽りを見事に俺も受けていた。
たぶん「このスレ主、爺ちゃんと居すぎだろww」と思った人いるかもしれないが、
本当にこの時は、祖父と一緒にいれまくるほど暇していた。
103:
ゴクリ(゚A゚;)
104:
大変だったろうが、良い祖父さんだな
俺の大好きだった婆ちゃんもボケて俺が誰かもわからん状態だったが、亡くなる前の最後の一言は俺の名前を呼んでくれたと聞いた
人間って本当に凄いと思うわ
もう少しで完結だと思うが最後まで楽しみに読んでる
106:
>>104
俺の祖父も、この後言うけど、似たような感じだったわ
105:
祖父は「へへwカマかけたら簡単に引っかかってやがるのw」とゲラゲラしてた。
ただ「話してみろ―」と言うもので、思わず話をした。
さっき大人の事情と言っていたけど、本当に大人の事情だ。
でもって当時、俺がいる会社はかなりヤバかった。
元々祖父と父に憧れ技術者に憧れ大学に行ったが、
自分にはセンスがないどころか、大学に行ってから『自分には合わない』と気がつけた。
だからこそ、事務として今の会社に入社した。
当時は大学でも「大企業の子会社だから」とかなり煽てられたものだが、実際は給料も安く、
また技術者と違って賞与も一ヶ月(技術者なら最低3ヶ月もらえる)、冬の賞与はなしな、会社だった。
ただ、そこで開花したというか、俺は営業になっていた。
営業には専門知識や現場の空気や内容を知る必要があったが、
たぶん、祖父の工場や父親の影響もあって、そこら辺を汲み取ることに長けていたんだと思う。
でも会社だって不況の煽りは受ける。
最初に俺の先輩であり敏腕だと誰もが認める先輩が会社を辞めたのを聞いた時、本当に焦った。
そしてその先輩が親会社の社員になったと。
会社の中でも「使える人間を上が引き抜いて、ここは切られる」ともっぱらの噂になった。
次に給料が思っきり減った。25万が13万である。
そもそも給料の計算が『時給』になった。いや、普通に時給なんだけど、基本給がなくなったと言えばいいか。
技術者たちより月々は多くもらっていたが、技術者たちと同じぐらいだ。
賞与は年二回の一ヶ月分に統一されたが、これに技術者たちは不満を覚えた。
気がつけば有能な若い衆は全員引き抜かれていた。
残ったのはまだ声がかかっていないだけだろう若いのと、オジサンばかり。
営業は俺とまだ教育途中の女の子2人だけ。
社長は「首つる訳にはいかねぇ、つりてぇ、つらねぇ」と危なっかしい言葉をトイレで吐いてた。
107:
この話を祖父に言うと、祖父は不思議そうな顔をして
祖父「なんでそこを捨てねーんだ?」と。
そりゃそうだけど、俺もバカなのかもしれないが、
辞めていった敏腕じゃない方の先輩にあることを言われていた。
「あとは任せた。そして俺が上にあがったら、この会社を潰させないようにしてやる。
 社長にはすべて話した。待っていてくれ。社長を支えてやってくれ。
 駄目だったら意地でもお前だけは絶対に掬い上げるから」
祖父は「バカが信じているのか、そんな話」と言っていた。
俺にとってその先輩が社会に出て初めての先輩肌であり、本当に信用している人物だと伝えた。
我が家での出来事を話して、他人の話なのにも関わらず本気で泣いてくれたのもその人だけ。
今も、祖父の一件を伝えた所、会ったこともないのに喜んでいた。
そして口癖のように「待ってろ」とだけ言われているから、待っていると伝えた。
祖父は「お前は、バカバカだな……」とニヤニヤしていた。
祖父は最初に「クビになるまでしがみつけ」と言われた。
次に「己の見通しの悪さをなんとかしろ」と言ってきた。
祖父だったら転職活動は始める、と。
辞める気はなくとも、転職活動はするそうだ。
そして最後「その先輩に合わせろ」と言ってきた。この時の祖父は怖かった。
108:
先輩にこの事を伝えると、祖父が元気になったことに興味津々だった先輩は、
喜んで会いに来てくれることになった。
とは言え、仕事の合間に抜けて会いに来るとのことで、話して二日後には本当に来た。
その日は、先輩が着ている間、祖母と母は病室に入れないことになった。
先輩が「はじめまして、○○です」と礼をすると、
祖父は「お前か、甘っちょろい事を言っているバカは」と第一声思っきり罵倒した。
先輩は一瞬呆然としたが「あはは、まあそのバカです」とニコッとした。
先輩はすかさず名刺を取り出し、祖父へ差し出した。
祖父は両手を無理して伸ばして名刺を取り、ただそれを悟られないように胸へしまった。
その対応に祖父は気に入ったのか、祖父は「イキナリ威嚇して悪かった」と言った。
先輩はお世辞なのか、なんなのか、迷わず俺が散々祖父のことを心配していた話を述べた。
だが、同時に「祖父さんの事で、結構悩んでいたようですがね」と鋭い一言を挟んだりしていた。
俺からしたら「先輩余計なことを!w」と思ったが、先輩は「いや、言って平気な人だと思ってた」と後教えられた。
先輩は親会社から派遣のように子会社へ送られ、そこで営業をしていると教えられた。
とてもじゃないがウチの会社をどうにかできるような会社ではないと俺は知った。
それは祖父も分かったようで
祖父「本題に入るけどな、お前がこのバカ孫に背負わせた責任で、
 このバカ身動きとれなくなっているんだ。それについて、どう責任取るつもりだ」と切り込んだ。
109:
先輩は一瞬本当に絶句していた。
口も半開きで言葉に詰まっている様子だった。
ただそこで先輩はヒョコッと俺を見て「今の話は本当かい?」と訪ねてきた。
俺は本当も何も言えないままでいると、先輩は俺の方を見て「ごめん、背負わせて」と頭を下げてきた。
祖父は「俺も昔は働いていたからな。だから、甘い話にヒョイヒョイ乗るバカには呆れる。
 ただ、今回のバカは、熱心にオタクさんを信用できる、みたいな口ぶりだったんだ。
 まあ俺としてはコイツの人生は、コイツの責任だとは思う。
 だけど、俺としては大事な孫だ。……だから、な。どうなんだぁ?」
怖い顔した祖父がいた。
ただ先輩は背筋を伸ばし、両手を太腿の上に乗せ、背筋を伸ばして
先輩「大丈夫です。彼だけは路頭に迷わせないと保証できます」と、まっすぐに目を見て言った。
祖父もジーッとまっすぐに先輩を見つめ、しばらく何も言わなかった。
この重い沈黙に耐え切れなくなって俺が「おじいちゃんもさ……」と言った時、
祖父はニヤッと笑って「お前は、下手くそだな」と。
先輩もニヤニヤとして「はーw教育不足ですかねw」と。
俺だけ「?」な状態で、やけに二人してニヤニヤしていた。
ただ祖父は先輩のことを小突いて「若いのにしっかりしていやがる、生意気だ」と。
先輩は「○○さんは歳相応を超え過ぎていて手堅いお方だ」と、二人してニヤニヤしていた。
先輩は「ここでの話は内緒で」と前置きして話をしてくれた。
先輩の計画では、今いる会社では作成できない部品や加工品を、
俺が居る会社へ依頼し(同じ傘下経由で)、そこで俺の居る会社の必要性を見出させるとの事だった。
また引き抜かれていった面々の多くを、この会社に送っているようで、
そこの会社の社長(責任者)も、大分気にかけてくれているらしい。
110:
祖父はそこで気が付き「でもそれじゃ、(俺の会社の)社長はどうなるんだ?」と尋ねた。
そこに関しては、先輩は渋い顔をして、何度も「本当に言うなよ」と俺に念を押して、
先輩「社長には感謝しています。
 実際の話、何人かの社員が上に上がれたのもあの人の手引や、
 良いように書かれた調査報告書を上に渡していたおかげでしたので。
 ……ただ、社長には社長の責任をとってもらう予定です」
俺はすぐに怖い話だと思った。
祖父は「それじゃあんまりじゃないか?」と尋ねると、
先輩「今の時代といいますかね……。
 温情だけで物事を運ぶのも一苦労なのです。
 もちろん社長には悪いようになってもらいたくないので、
 給料はさがると思いますが腹を決めて降格して貰う予定です。
 でもその前に代償を……」
祖父「それ本音じゃないだろ?」
111:
そういうと先輩は更に「今は言うなよ。解決した後は散々言ってやれ」と言ってから
先輩「……いや正直、あの人定年間近なので逃げ切る予定っぽかったので。
 まあ慕ってくれる従業員が居る限り逃げることできない人なので。
 だからねー、○○君にはねー(ニヤニヤ
 まあ社長になるまでに、責任のとり方は学んでいただろうし、責任とってもらいますよ。
 つーか、有能な奴に恨まれるのが怖いから、ソイツらには恨まれないように上に告げ口したのが本音だろうし。
 そういうのいやなので。祖父さんには関係ないお話ですが」
一生懸命社長を支えようとしていた俺は、やはりバカだった。
祖父は「ほれみたことか。」と満足気だった。
祖父は最後「俺が死んで、お前が出任せ言ってたら祟るからな」と脅していた。
先輩はこの後、廊下にでて「あー、くっそ怖かった。商談かよwいやこんな商談経験したことないわ」と。
先輩は背広を脱いて背中の汗を見せつけてきて「ホラ!これ!」と。
ただ最後、「お前のお爺ちゃんスゲー人だな!お前も立派になるよ!
 あと絶対お前のこと助けてやるから!お前の爺ちゃんに祟られそうだしな!」と言われ、先輩は仕事に戻っていった。
スマホに「この時間の貸しはいずれ返してもらう」と連絡が入っていた。
祖父にも「あの人以外についていくな。あの人に言われた人に付いて行くなら許す」と言われた。
あと最後に「お前は甘い。できれば、お前自身でついていける人間を見つけられるようになったらいいけど……
 無理だな。お前には無理だろうな。だから上下関係は大切にしなさい」と、小言言われた。
112:
ここで挟む話かどうか悩んだけど、挟んでおく。
今は、その言葉を守って先輩とは長い付き合いをしている。
今のところ、奇跡的に(社長の犠牲はあったが)ウチの会社は持ち直しを果たした。
大量リストラブームの時も、うまーくウチの会社も先輩が繋げてくれた会社(なんと二社)も、
本当に無駄だと判断された人以外はリストラされずに済んだ。
給料は十数万だが、賞与がちゃんとしてきたので安心している。
一応祖父のおかげなのだろうか。先輩からは「最後まで信じたのはお前だ」と言っていたが。
とにかく俺は先輩紹介の人とは本当に上手くやって行けている。
そう考えるとやはり祖父のおかげもあったと思う。
ちなみに父親も技術者の端くれといった通り、同じようなカマかけをされたらしい。
父親は昔は現場作業バリバリだったそうだが、本社に移籍してからはもっぱらの窓際だと言っていた。
ただ、祖父はそこで「イジでもしがみついていけ」と言われたそうだ。
父親もそこそこの企業にいる分、簡単には倒産しないし首切りもしないだろうってことだったらしい。
父親は意外にも転職を考えていたとも、その日のうちに家で打ち明けてきた。
でも考えなおして、何年も現場から離れていて窓際やっていたやつが、復帰できるか?となったらしい。
今では本人も自負する「頼もしい窓際」として働いている。
……内心営業に行った時に、超手早く蛍光灯を取り替えて回っている父親の姿を見て、胸が痛かった。
家族を食わせる為に泥水すら飲んでいるのだと考えると、やはり頼もしい窓際に思えた。
113:
先輩の一件後、未だに俺が会社に出勤しなくても喜ばれていた頃(週三出勤、現場は毎日だが)。
祖父は誕生日を迎えた。
その日は看護師さんや医者も様子を見に来て「いやー、ここまで回復するとはw」と言っていた。
祖父は笑いながら「俺はしぶといんで。先生もう少しよろしくなー」と言っていた。
先生はすぐに「もう少しではなく、末永くでお願いします」と返すと、祖父は「治療費取る気かw」と、
コレが受けたのか看護師さんは「もーwやっだw冗談がお上手ww」とか笑ってた。
その日の誕生日で、祖父はペロッとクリームを舐めていちごを食べる程度だったが、
何度も「こりゃウマイ、ほれお前ら食べろ」と言っていた。
本当に楽しかったと思う。遅れて父親が合流して毛糸の帽子をプレゼントすると、
祖父は「うんなもん買ったって、俺はすぐに使わなくなるぞww」とブラックジョークをかましていた。
あんなにいつ峠を超えるかと言われていた爺様が、ここまで元気になるとは。
本当に100歳は生きるな、と妙な確信を持っていた。
多分それを口にしたら「三桁か!三桁は俺にはちょっと立派すぎんなww」と言ってた。
祖父はこの日、98歳の誕生日を迎えた。
114:
いつもの日課になった祖父との散歩。
その日は、祖母もついてきていた。
祖父は「家に帰れるぞ!」と突然言い始めた。
別にお医者や看護師さんも言ったわけじゃないが、「俺は家に帰るんだ」と言って駄々こねていた。
本当に困っていた我が家だったが、先生も「うーん、何日ぐらい?」と聞くと、「3日でいい」と。
その後、人工呼吸器などを装着したままだったが、家に帰ることが叶った。
専用の車を呼んで、帰る準備をして、慌てて家を片付けて…………。
たぶん先生は何も言わなかったけど、察していたんだと思う。
祖父は「絶対問題を起こさないで帰ってくる」と先生へ告げて、俺ら家族と一緒に家に帰った。
家に帰る途中、潰れた工場へ向かった。工場は動いていた。
俺は「見て帰る?」と尋ねると、
祖父は神妙な顔で「一目見れたから未練はねぇ、それにもう俺の工場じゃねーんだ。
 この工場を誰かが動かしてくれているのが分かっただけで十分だ。もう未練はねぇ」と言ってた。
家に着くと真っ先に「ただいっまぁ!」と声をあげた。よく響いた。
そして「おーw家だ!w」と子供のように祖父ははしゃいでた。
その後、仏壇の前に行き、線香を立てた。
祖父は「最近、この匂いが恋しくてな」と言っていた。
115:
その日は、祖父は家族で美味いものを食べてくれとお願いしてきた。
祖父は「出前だ出前だ!寿司でも蕎麦でも取れ!
 豪華で美味いものを家族で食べている様子が見たい!」と。
もちろん、その準備はしていた。馴染みの寿司屋に電話を掛けた。
その馴染みの寿司屋は大層驚いた様子で、家に来て祖父に挨拶した。
祖父に弟子を紹介していた。そして弟子が握った物なので、コチラ私が握った物を……と、
結構お寿司をオマケしてくれた。
馴染みとは言えここ数年は読んでもいなかったのに、気前よく大将は来てくれた。
医者には止められていたと断ったあと、祖父はおちょこをしっかり握って「乾杯?」と声を上げた。
その後、下でペロッと舐めた。「くぅ、これだ!」という笑顔は忘れられない。
その後祖父はドリンク剤を飲んでいたが、ガマン鳴らずマグロの切り身を一切れ食べていた。
またしても「これだ!」という顔していた。幸せそうだった。
翌日は、取れなかった蕎麦の出前を取った。
蕎麦屋の出前は年末やお盆によく取っていたので仲は良かったが、
よっこらしょっ、どっこらしょ、ともう御年90を超える元女将がやってきて祖父に挨拶していった。
祖父は「えらくBBAになったじゃないか!」と言うと、
女将は「アンタに言われたくないわよ、オバケ!」と言い返してたw
その日は、麺つゆをチロッと舐めながら、祖父はニコニコとしていた。
3日目の朝、祖父は家を出た。
名残惜しそうに家の中を周り、迎えが来る前に近所を周り。
顔を焦る人みんなが驚く中、「バケテでたぞー」とイタズラしてた。
鼻に管は衝撃的だったらしく近所の子は泣いていた。
大分自分の中と、ボケていた時の記憶にあった、町並みと変わっていたらしく
祖父は「あー、時間が流れたんだな―」と言っていた。
116:
病院に戻ると祖父は「あー、家がどっちだか分からね」と言っていた。
俺が「家はアッチだよ」と言うと、祖父は「家の方角はコッチだぞ??」とニヤニヤしてた。
その後、また病室に戻ると「本当にどっちだか分からねーな。俺もボケてんな」と言ってた。
戻ってしばらくして、早散歩をしていた時。
祖父はあの桜の木の前で桜を見上げていた。
俺は「あと二三ヶ月すれば桜が咲くっぽいよ」と話をすると、
祖父は「長いなぁ。待ち遠しいなぁ。みたいなぁ」と弱音を履いていた。
多分、ちゃんと祖母→母→父→俺で順番に、四日掛けて散歩した次の日。
祖父は再び意識を失った。
最後に俺と散歩した時は
「仕事がんばれよー、俺がいなくてもがんばれよ?、
 お前も男になって俺の代わりしてくれよー、庭もうちょい掃除してくれなー」と、やけに念押しされていた。
もちろん仕事の件も「あの先輩さんとは仲良くしとけ」とも言ってた。
祖母たち、他の人も似たようなこと言われていたらしく、全員心構えはできていた。
そんな中、「ふー、ちょっと疲れた」と言って眠った。その時父親はいなかった。
意識がないのが気がついたのは、その夜だった。
その日は、不思議な話だけどいつものようにお酒を飲もうとした時、
ビールは手から滑り落ちて飲めなくなるわ、他を冷やしていないのでしょうがない日本酒だ、
と思ったら、ビンのフタを明けたのに酒の匂いがせず、なんか気味悪がって俺も祖母も飲まずにいた。
医者から急いで来てくれとの一報。
父親は何の障害もなく会社を抜け出れて、俺らは誰も飲んでいないので車で急いで向かった。
117:
ドキドキ(゚A゚;)
118:
いつものように祖父は寝ていた。
度々目撃していた昼寝をしている祖父の姿まんまだった。
大体俺らの気配に気がついて「お、よく来たな」と眠たそうに言うのだが、その時は何も言わなかった。
どんなに揺すっても、声をかけても、祖父は目を覚まさなかった。
先生はすぐに「もうすぐ」と気が付き電話したそうだ。
医者はすごいと思った。その日の内に様態は急変した。
そして、祖父はあえなく逝ってしまった。
本当に死んでしまう寸前、ヒョコッと目を開けて何をを伝えたいような目をした後、
安心したのか、幸せそうだったのか、それとも何か別のことを考えていたのか。
やけに落ち着いた表情で、祖母の手や母の手を一通り、人差し指で撫でた後。
祖父は死んだ。享年98。
俺は誕生日から日も経ってないのに、という心境だった。
その後、祖父が選んだ親戚たちの中だけで、慎ましく葬式は執り行われた。
慎ましくなのか、微妙だが。
火葬も済み、先祖代々の墓に祖父が収まった時、祖父が妙に小さく思えた時の光景を思い出した。
ちょうどボケが直る前だ。それを思うと、またひょっこり現れる気がした。
残念ながらなにもなく、怪奇現象も何も起こらなかった。
火葬が済み「さー、後片付けかー」となった頃、参拝者として来ていた弁護士さんが封筒を持ってきた。
ミミズのように汚い文字で『遺言』と書かれていた。
すぐにそれが祖父が一生懸命に書いたものだと分かった。
119:
遺言は数行にわたって書かれていた。
ただ達筆という訳じゃないが、本当に字が読めなかった。
たぶん頑張って書いたのだろう。弁護士が言うには両手で書いていたそうだ。
「まあ、読めないということは祖父さんもおっしゃっていまして、コチラも預かっています」
弁護士さんはiPhoneを再生した。
祖父『字が汚いから声も残しておく』と、祖父の声が流れた。
そして最初に遺言の内容を読み上げた。
祖父『今までお前らには苦労をかけた。
 もう残せるものはなにもなく、大体財産も(父親)さんに渡っていることも聞いた。
 だから話す内容には期待しないよーに。
 ……俺を捨てずに大切にしてくれてありがとうございました。
 俺は本当に幸せ者だった。
 それなのに俺はお前らに沢山迷惑を掛けてすまなかった。許してほしい。
 ○○(祖母)、顔を叩いてすまなかった。そして俺と長く付き添ってくれて、本当にありがとう。
 ○○(母親)、家のために俺に代わって責任を継いでくれてすまなかった。お前は俺のいい娘だった!
 ○○(父親)、お前は次の大黒柱だ。絶対に負けるな。安心しろ俺が認めた息子だ!
 ○○(オレ)、お前はいつまでも俺の可愛い孫だ。死んでも孫だ。ありがとう。』
録音はこれだけではなかった。
120:
(´;ω;`)ブワッ
121:
弁護士『まだ録音できますよ?』
祖父『お、そうか……、途中で書くの大変で書かなかった。
 正直、ボケていた時の出来事を少しは覚えている。
 お前らが時々漏らしていたグチや、俺がしてしまったこともな。
 でだ、俺も自分でも最初訳がわからなかった。
 ついこないだまで平然とやっていた事を、急に理解出来た時はなにが起きたかと思った。
 ……ああ、これがボケなのか、老いなのか、情けないと思った。
 俺はなんの罰当たりに最後に、こんな目にあわなきゃいけないと思った。
 そして俺は怖かった。
 俺がまともだと分かったら報復されるんじゃないかと。
 あの時は思わず電話したが、後から怖くて怖くてしょうがなかった。
 ところが、お前らは明るく俺を迎え入れてくれた。
 俺が呼んだ手前、堂々とはしていたが、怖かったんだぞ。
 だがけど、お前らは俺が思っているより優しかった。ずーっと俺の家族だった』
 ここから祖父の声がかすれ始める。泣いてもいた。
祖父『そんなに俺を最後まで大切にしてくれてありがとう。
 いや、ありがとうございました。
 ○○ ○○は、日本で一番の幸せ者だろうと思います。
 いや、幸せ者だ。間違いなく
 ……まだ生きているのに、こんなこと言うと恥ずかしくてしゃーないな』
そこで録音は終わっていた。
122:
泣いた
123:
駄目だ、その後泣いたことしか覚えていない。
とりあえず、俺は今元気に働いているし、父親ももちろん元気だし、
祖母も母も元気だよ、ぐらいしか書くことがないな……
よし、此処らへんで切り上げる。区切り悪くてゴメン。
二日と長々数時間、お付き合いありがとうございました。
124:
一応、コテ残ししておくよ。
あと簡単に質問に答えます。
125:
感動した!最後まで書いてくれてありがとう!!
126:
>>125
感動なのか、それとも悲しい話なのか。
でも読んでくれていてありがとうございました。
昨日は居なくなってすまない。本当にすまない。
127:
昨晩から見てたけど>>1乙
128:
書いてくれてありがとう
何か質問をと思ったが泣けて思いうかばない
132:
思っていた以上に非難がなくて驚いた。
それに読んでくれていた人も結構いたんだな……
明日から仕事の日々に戻るのでまともなスレ返信できないと思う。
なので今日限りで受付は取りやめる事にするよ。
毎日コテつけて降臨も気持ち悪いのもありますし。
仕事がなけれな無くて辛くて、あったらあったで辛いんだよな……なんだこれ。
>>128
急に言われて思いつくものではないしな。
129:
>>1乙
130:
話を聞かせてくれてありがとう!
大事な事を教わった気がする
難しいことだけど逆境でも人を思いやれる人間でありたいね
131:
乙でした!
本当に人は素晴らしいな
俺も今生きている家族や周りの人を大切にしようと思う
132:
>>130-131
でも、老人介護はマジで限界あるからな。
無理して自分が潰れてもしょうがないので、自分のキャパがゆる範囲で、
全力で大切や思いやって行くのが良いと思うよ。
マジで介護には心の限界が浮き彫りになる。
133:
>>132
心の準備はしておくよ
134:
泣いた
庭掃除します
135:
乙!
ぼけてるときの頭で考えてる状況というか、
思考回路がどうなってたかとかお祖父さんから聞かなかった?
自分がぼけるって想像できないんだ・・・。
138:
>>135
祖父自身も上手く言葉をまとめられていなかったから、
俺も上手くまとめる自信はないけど、
ボケていた時のことは、寝ている時に見る夢の様に覚えているとは言っていました。
だから全部を全部覚えている訳じゃない、とも言っていました。
祖父は「別の誰かの記憶を見ている様な感じ」とも言っていましたね。
とにかく夢のような感じだ、と結論づけていました。
136:
乙です!
自分の祖父が亡くなった時のことを思いながらよんでいたよ。といっても無くなる前、半年くらいだけど。
無くなる前、急にしっかりするのはうちの場合もそうで、あなたの文章の良さと相まって本気泣きしてしまいました。
あなたと、あなたが大事な人々に幸あれ!
138:
>>136
ご冥福をお祈りします。
そして、亡くなる前に急にしっかりしていましたか。
まあ先生(医者)の話でも、よくあることとは言っていましたからね。
ただ祖父のように長生きしたのと、本当にボケが治ったのは初めてのことだったそうです。
そして相まってしまいましたか……、そちらも大変だったようで。
よくプレゼンの司会進行資料作成において、日頃から目が滑る言われていたので心配していました。
139:
>>138
心が温かくなったよ!
137:
いい話だな。
お爺さんの冥福を祈る。
140:
じいさん粋な人だな
ご冥福をお祈りします
141:
じいさん、伝えたいことが伝わって良かったね
祖父が死ぬ三ヶ月前にまともになった話
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1452727753
人気サイト更新情報
人気記事ランキング
人気記事ランキングを全て表示する
「体験談」カテゴリの最新記事
タグ :祖父不思議体験読み物悲しい感動
- ko_jo
- 体験談 コメント( 41 )
-
Tweet
祖父が死ぬ三ヶ月前にまともになった話
コメント一覧
1.
1:
3. :2016年01月16日 08:34 ID:Ue7VJKm90
4. ウチのじいちゃん(82)も長い事寝たきりでぼんやりだったんだけど
もうダメそうだと親戚一同が集まったら何故か突然元気になって叔父さん(長男)に
「お酒飲もう!」って言い出して周りの人がお酒なんて飲ませたら危ないよと躊躇してると
叔父さんが「もう長くないんだから好きな事やらせてやれ」っつー事で2人で飲み始めた
楽しく飲んで2人で仲良く酔っ払って寝込んだらじいちゃんそのまま永眠
とても良い顔だったよ
人間最後はこうありたいなぁと思ったわ
5.
2:
7. :2016年01月16日 08:39 ID:S.sHzRa60
8.
頭の病気だろww♪
9.
3:
11. :2016年01月16日 08:45 ID:K8oGud1M0
12. イイハナシダナー
だけど、正直書くのがヘッタクソやなぁ…
13.
4:
15. :2016年01月16日 08:45 ID:EXf8gm8P0
16. おーぷんchって放送作家養成所か何か?
こんなもん創作やろ。
17.
5:
19. :2016年01月16日 08:52 ID:l6YkF5Lp0
20. なんか創作っぽいなあ
21.
6:
23. :2016年01月16日 09:21 ID:79iba6Tx0
24. 認知症を、元に戻った時に本人がどう記憶しているかに興味があった。
夢を見ているような感じ、というのがとても心に残った。
酒に悪酔いして、翌日になって何をしたか思い出す感じなんだろうか
高齢になったから認知症になる、というのではなくて、若い人もなってしまうのかもな
人の意識って、何なんだろうな
25.
7:
27. :2016年01月16日 09:29 ID:E8KDko2K0
28. 長い
29.
8:
31. :2016年01月16日 09:30 ID:lfrTPdH40
32. 創作だろうけど感動した
33.
9:
35. :2016年01月16日 09:31 ID:ZZ0aQlAG0
36. 生き物も生体部品使ってるだけで機械と同じだからな
無理してるとストレスで早く壊れるものだ
自○やボケが多い日本の労働環境は過酷だな
37.
10:
39. :2016年01月16日 09:35 ID:7oQ74ji40
40. 終盤がファンタジーすぎて
41.
11:
43. :2016年01月16日 09:35 ID:NXGhaDNdO
44. 刺激が強い
45.
12:
47. :2016年01月16日 09:48 ID:UeO7lcXz0
48. 長い事こういうの見てきてるけど間違いなく釣り。
49.
13:
51. :2016年01月16日 09:50 ID:.kmOEscL0
52. これだけボケても祖母、母、看護師には暴力振っても父、男孫、医者には暴力振るわない判断力があるんだね
差別意識が高くて卑怯な人だったんだな
53.
14:
55. :2016年01月16日 10:05 ID:63HyvYUv0
56. 4ページ目の途中まで見たけど長すぎて辞めた
57.
15:
59. :2016年01月16日 10:11 ID:Ejmtov8.0
60. 素直に受け入れられた
数年ぶりに泣いたよ
61.
16:
63. :2016年01月16日 10:14 ID:TEXjMqc60
64. この手の話って仕事の先輩は根回し上手い有能じゃないといけない法則でもあるんかね
65.
17:
67. :2016年01月16日 10:23 ID:jkhs0cy90
68. 長すぎ釣り乙
69.
18:
71. :2016年01月16日 10:23 ID:WLeJ3I6J0
72. でも本当に死に際にハッキリするのはあるらしい。
73.
19:
75. :2016年01月16日 10:24 ID:H.7LdvsD0
76. よくこれだけくだらない創作ができるもんだな。
77.
20:
79. :2016年01月16日 10:26 ID:STIpufUX0
80. 創作かどうかはおいておいて
※13がちゃんと読んでないのはわかった
81.
21:
83. :2016年01月16日 10:26 ID:r5aOqiYB0
84. いい話じゃねーかよ、泣いてしまった。
85.
22:
87. :2016年01月16日 10:29 ID:avEu0lZm0
88. 方々に迷惑かけまくっても死ぬ前3か月イイコチャンしてれば償えるわけか
良いこと聞いたぜ
89.
23:
91. :2016年01月16日 10:31 ID:N1chiV2C0
92. この前死んだじーちゃんを思い出して泣いた。
93.
24:
95. :2016年01月16日 11:01 ID:5HRlt.Cm0
96. 台詞回し、状況説明、ストーリーが作り込みすぎて創作感丸出し。一般人が実話を語ったらここまで冗長に語れないから。
97.
25:
99. :2016年01月16日 11:15 ID:6y6jmQiq0
100. ○さんは歳相応を超え過ぎていて手堅いお方だ
というセリフで、ああ創作なんだなと確信してしまった
ボケからいきなりしゃんとするというのは夢が有るけど、それから長い間まともなままっていうのは流石になあ…
101.
26:
103. :2016年01月16日 11:20 ID:ZpOgNz0N0
104. 明らかに創作なんだよなあ
なんでこんだけの長さで台詞全部覚えてんだよ…お前の脳内どんだけ高性能だよ…
創作じゃないと思わせたいなら簡潔かつある程度は適当に書くんだよ
あー白けるわ
105.
27:
107. :2016年01月16日 11:25 ID:ZpOgNz0N0
108. その台詞にしても劇がかりすぎ
例えばなんだよ「アナタと、アナタとの血縁者は、二度と我が家の敷居に入るなァ!!」って
くっそ笑える
「二度と入るな」って追い出して…って表現でいいのになんでそう書いちゃうの?
109.
28:
111. :2016年01月16日 11:27 ID:waGwdXkR0
112. 読んでおいて創作創作うるせーなあ。
いい話だった。それだけでいい。
113.
29:
115. :2016年01月16日 11:27 ID:7ggdI60T0
116. なげーよもっと推敲しよう
117.
30:
119. :2016年01月16日 11:30 ID:ZpOgNz0N0
120. ※28
途中から完全に創作だと判断したので読んでないです
実話風にしといて創作ってのは感動する人間も馬鹿にしてることになるから許せん
121.
31:
123. :2016年01月16日 11:32 ID:yDKDqS9o0
124. 俺は二日前交わした会話の台詞の再現すらできないな
昨日の分なら辛うじて所々覚えてるが
125.
32:
127. :2016年01月16日 11:40 ID:0NJf2q.H0
128. 最後正気に戻って、感謝と遺言が得られたのは幸せだね。
世の中には遺言すら得られず、看取りも間に合わない人がいるから・・。
129.
33:
131. :2016年01月16日 11:42 ID:M1Ny0FGY0
132. 創作だとしても、現実は救いようがないほど厳しいから、たまにはこんなのも良い。
133.
34:
135. :2016年01月16日 11:51 ID:OHhW6xYt0
136. じいさんが死んだときの事を思い出したよ
ありがとう
137.
35:
139. :2016年01月16日 11:54 ID:lw6QHZVW0
140. 創作でも感動したよ
141.
36:
143. :2016年01月16日 11:56 ID:BoWa02S50
144. 釣りだったとしても良い話久しぶりに田舎の母の声でも聞いてみるかなとありがとう
145.
37:
147. :2016年01月16日 11:59 ID:IwB2zvDM0
148. 感動した( ;∀;)
149.
38:
151. :2016年01月16日 11:59 ID:StG22NQh0
152. 泣いた。おじいちゃんとかに会いたくなってきた。
153.
39:
155. :2016年01月16日 12:24 ID:wCrDUevT0
156. ※3
ちょっと文章書いてみて。俺が批評してやるから。
157.
40:
159. :2016年01月16日 12:30 ID:1Di1YFN1O
160. 短編小説読んだみたいに喜怒哀楽があった。
お祖父さんの、ご冥福お祈りいたします (-人-)
161.
4

続き・詳細・画像をみる


ゲスの極み乙女、明日1/17に代々木公園でフリーライブ

【炎上】ステーキ店「ケネディ」でのボッタクリ被害を暴露、店員を動画で晒す→店側は否定、全面対決へ

八幡「畜生また負けた!」結衣「ど、どうしたのヒッキー!?」

ゲスの極み乙女、明日1/17に代々木公園でフリーライブ

子供向けの映画に隠された大人向けのジョーク10選

【テニプリ】許斐剛☆サプライズLIVEのサービスが神レベルwwwwwww

back 削除依頼&連絡先