自動運転車が未来の街を良くする7つのことback

自動運転車が未来の街を良くする7つのこと


続き・詳細・画像をみる

1. 歩行者と自転車の安全性アップ
カーブを曲がるときや、停止中の車間距離など、さほど道路上のスペースを必要としない自動運転車。交差点のように大きなスペースは必要最低限になり、歩行者フレンドリーなゆったりとした横断歩道や、自転車専用通路などを確保するスペースができます。また上の写真のように、屋根つき街路を導入すれば、歩行者の雨よけや日よけにも便利かつ、自動運転車の視界にも問題ないですね。
2. 宅配の受け取りは、夜の時間帯でもOK
ドライバーレスな自動車であれば、宅配のピークタイムをずらすことも可能になります。たとえば昼間に運転中、混雑した道路上でアイドリングしているトラックを避ける必要がなくなるほか、重い荷物だってロボットが安全に運んでくれます。
3. とにかく人に優しい街路
前方からの歩行者に道を譲るために数歩だけ車道を歩いたり、雨の日には周囲に傘がぶつからないように注意を払ったり...何かと肩身を合わせながら歩んできた狭い歩道は、もっと幅広く人のためにデザインされたスペースになります。スムーズに決められた道路を走行・停止する自動運転車は、かつて自動車が必要としていたスペースを解放して、たとえば公園や自転車の駐車スペースなど新たな活用方法を検討する余地を与えてくれるでしょう。
4. お年寄りや体の不自由な人たちが移動しやすい社会
短距離・長距離の移動に自ら運転する必要がなくなるほか、自動運転車が走行する道路では、お年寄りや体の不自由な人たちが横断歩道を渡る際の安全性にも期待ができます。
5. 緊急車両の移動がスムーズに
運転中に緊急車両のサイレンを聞くと、道を譲りたい気持ちと周囲の状況を一気に考えて焦っていたという人も、自動運転車なら、車同士が安全な方法で即座にスペースを空けて道を譲ることができます。また街中に響いていたサイレン音は、シンプルなLEDライトの点灯で十分になりそうです。
6. すべての移動時間を短縮
自動運転車が走る時代には、渋滞という概念自体が過去のものになっているでしょう。たとえ混雑した交通の流れがあっても前もって認知され、最短ルートで目的地に移動できます。これで運転中に道に迷って遅刻した過去ともさようなら。


続き・詳細・画像をみる


彼氏いないのに家建てたら結婚しにくくなるかな?

新年のあいさつに来た親戚のクッソ寒いノリ

彼氏いないのに家建てたら結婚しにくくなるかな?

お前らが笑った画像を貼れ in 車板『連休初日から最終日までの私』

【おとしだま】ワイ36歳、イマドキのお年玉の金額に頭をかかえる

ギターって正直「上手い下手」なんかわからんやろ

back 削除依頼&連絡先