海未「小鳥を飼います」穂乃果「ことりちゃん?」back

海未「小鳥を飼います」穂乃果「ことりちゃん?」


続き・詳細・画像をみる

1:
―生徒会室
穂乃果「じゃーん!」
海未「なんですか?それ」
穂乃果「『してほしいことボックス』だよ!」
海未「というと?」
穂乃果「生徒会にしてほしいことを紙に書いて入れてもらうの!」
海未「なるほど。目安箱のようなものですか」
穂乃果「まあ、そんな感じ!ちょっと前に設置してみてたんだ?」
海未「いつの間に……」
穂乃果「で、早回収してみました!」
海未「そんな短期間で案が集まるとは思えないのですが……」
穂乃果「穂乃果もまだ中身を確認してないからどうなるか楽しみだよ?」ガサゴソ
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397217687
2:
穂乃果「あった!一枚!」
海未「なんと書いてあるのです?」
穂乃果「『アルパカが懐いてくれないので、新しい動物を音ノ木坂学院に入れてほしいです』だって!」
海未「そんな理由で動物なんて……」
穂乃果「新しい動物かぁ?。どんなのがいいかなぁ?」
海未「って聞いて……ないですよね」
穂乃果「うーん……猫とかどうかな!」
海未「逃げ出してしまうかもしれませんよ?それに、数が増えたら手に負えなくなります」
穂乃果「そっかぁ……じゃあ犬!」
海未「同じです」
穂乃果「トラ!」
海未「無理です!」
穂乃果「ライオン!」
海未「真面目に考えてください!」
3:
穂乃果「あはははっ、冗談冗談!」
海未「そもそも今更動物だなんて、予算的にも非現実的です!」
穂乃果「もう、夢がないなぁ?海未ちゃんは!もっと肩肘張らずに柔らかく行こーよ!」
海未「……穂乃果にそれを言われるとなんだか無性に腹が立ちますね」
穂乃果「ま、まあまあ……」
海未「大体!あなたはいつもいつもいつも、生徒会の仕事を抜けだしてパンを食べるだのμ'sに顔を出すだのと言って遊んで!」
海未「生徒会長になった以上最低限の職務はきちんとこなしてください!そりゃあ穂乃果は生徒や先生方からの人望もあるのかもしれませんがね……」クドクド
穂乃果「う、海未ちゃん!もし海未ちゃんがなにか動物を飼うとしたらなにがいい!?」
海未「話をそらさないでください!」
穂乃果「ちっ、違うよ!ちゃんと生徒会長としての仕事だよ!」
海未「……もう。そうですね……」
穂乃果「うんうん!」
穂乃果(なんとか話をそらせたよ……はぁ)
海未「強いていうなら小鳥、でしょうか」
4:
穂乃果「ことりちゃん!?」
海未「違いますよ!鳥の小鳥です!」
穂乃果「あっ、あぁ!」
海未「もう、変な勘違いはやめてくださいね。ことりにも失礼ですよ」
穂乃果「えへへ、わかってるわかってる」
穂乃果「でもどうして小鳥なの?」
海未「やはりあの見た目、でしょうか」
穂乃果「可愛いもんねー」
海未「ええ。最近生徒会や部活に稽古にと、なかなか心身ともに休まらない日が多いので、小鳥を見て癒されたいなと」
穂乃果「生徒会も部活も稽古も大切だもんねぇ」
海未「……穂乃果も私の休めない原因をつくる片棒を担いでいることを自覚してください」
穂乃果「ほ、穂乃果だってやるときはやるもんね!」
5:
穂乃果「まあいいや」
海未「よくありません!」
穂乃果「話を戻そう!小鳥かぁ……確かにいいかもね!」
穂乃果「小鳥を飼ってる海未ちゃんって絵になりそうだね」
海未「そうでしょうか?」
穂乃果「うん!海未ちゃんが小鳥とこっそりお喋りしてるのが思い浮かんだよ」
海未「穂乃果の中の私のイメージは一体どうなっているのですか!?」
穂乃果「そりゃあラブアローシュートしちゃうくらいだし……」
海未「うぐ……」
―――――
ことり「!?」
6:
ことり(どっ、どういうこと!?)
ことり(もしことりが聞き間違えてなかったらだけど……ことりを飼うとかって言ってたよね!?)
ことり(ことりを見て癒やされたいとかも……)
ことり(う、嬉しいけど一体どんなことを話してるんだろう)
ことり(うぅ……入るに入れないよ)
絵里「なにしてるの?」
ことり「ひゃっ!!」ビクッ
絵里「ひっ!?」ビクゥッ
ことり「あっ、え、絵里ちゃんかぁ。びっくりしちゃった?」
絵里「び、びっくりしたのは私の方よ……」
ことり「ごめんね?」
絵里「だ、大丈夫よ、少し驚いただけだから」
絵里「ところで、入らないの?生徒会室」
7:
ことり「う、うん。ことりはちょっと……」
絵里「そう、じゃあ入るわね」
ことり「あっ、ダメ!」
絵里「なにかあったの?」
ことり「うう……それがね?穂乃果ちゃんと海未ちゃんが……」
絵里「穂乃果と海未が?」
ことり「ことりのことを飼うって話をしてて……」
絵里「へぇー。ことりのことを飼……え?」
絵里「『かう』って……飼育の?」
ことり「多分……」
絵里「ハラショー……日本の文化にはこんなものもあるのね」
ことり「な、ないと思うなぁ」
8:
絵里「ないなら一体どういうことをするっていうの?」
ことり「く、首輪とかに繋がれちゃうとか?……ことり、まだ誰かに飼われたりされたくないよ!」
絵里「そっ、そもそも人を飼うだなんて人道的におかしい行為よ……」
ことり「躾されたりするのかなぁ……?」
絵里「しかし、二人はどうしてことりを飼うだなんて言い出したのかしら」
ことり「えーと、なんかね……海未ちゃんが疲れてて、ことりを眺めて癒やされたいって……」
絵里「なるほどね」
ことり「なるほど?」
絵里「海未の気持ちが少しわかる気がするの。私もことりを見ているとなんとなく癒やされる感じがするから」
ことり「なんだか照れちゃうなぁ」
絵里「正直、海未は大変だと思うわ。ただでさえμ'sと弓道があるし、確か家は日本舞踊の家元なんでしょう?」
ことり「すごいよね?……」
9:
絵里「極めつけに生徒会の仕事ね。まだ海未もことりも慣れていないだろうし、その間は特に疲れてしまうと思うわ」
ことり「確かに……」
絵里「推薦した私が言うのもなんだけど、穂乃果はもう少し仕事に慣れるまで時間がかかるだろうし……」
絵里「このまま海未の疲労が溜まりに溜まって、倒れでもしたら……」
ことり「その間の仕事を全部ことりが……」
絵里「飼われてあげるべきよ!幸い明日は休みだし!」
ことり「そ、そうかなぁ……でもやっぱりまだ抵抗が……」
絵里「海未なら優しくしてくれるはずだから、安心していいと思うわ」
ことり「それはまあ、幼なじみだしね……?」
バタン
穂乃果「ことりちゃんに絵里ちゃん!」
ことり「ひぃっ!?」ビクッ
絵里「うわぁっ!!」ビクッ
穂乃果「二人とも驚きすぎだよー!」
10:
絵里「穂乃果!今日はことり用事があるから先に帰るみたいよ!」
ことり「えっ!?」
穂乃果「そうなの?ことりちゃん」
ことり「えっ!あ、あー……うん」
穂乃果「あぁー、そっかぁ……相談したいことがあったけど、それならしょうがないよね!」
ことり「相談事があるの?ことりなら別に」
穂乃果「いやいやいや!大丈夫大丈夫!大した話じゃないから!」
ことり「そっかぁ……それじゃあ、ことり今日はお先に帰らせてもらっちゃうね」
穂乃果「うん!ばいばい!」
ことり「……ばいばい?」
絵里(ことり……頑張ってね)キラン
ことり(絵里ちゃんのウインクが辛い……)
11:
穂乃果「あっ、絵里ちゃん!ちょっと相談なんだけど?」
絵里「なにかしら?」
穂乃果「とりあえず入って入って!」
海未「こんにちは、絵里」
絵里「はいこんにちは、海未?。それで相談って?」
穂乃果「実は生徒会にこういう要望が届いてて……」ピラッ
絵里「なになに……新しい動物……ん?」
穂乃果「穂乃果も考えたんだけど海未ちゃんがOK出してくれないからさぁー」
海未「それは穂乃果が真面目に考えないからでしょう」
絵里「……ちなみに」
穂乃果「うん?」
絵里「海未はなにか案があったの?」
海未「私は小鳥ですね……。可愛いですし、かごに入れておけば逃げる心配もありませんし……と思ったのですが」
絵里「あっ……鳥の方よね?」
海未「そうですよ。ことりではありませんよ?」
絵里「も、もちろんわかってるわ……ハラショーハラショー」
穂乃果「穂乃果も一瞬勘違いしちゃったから素直に言ってもいいんだよー?」
絵里(……ごめんなさい、ことり)
12:
―翌日
ピンポーン
海未「はーい!少々お待ちを」ガラッ
ことり「海未ちゃん!」
海未「ことりじゃないですか!どうしたんです?その大荷物」
ことり「……っ!ことりを飼ってください!」
海未「……」
海未「……は?」
―――――――――
――――――
―――
13:
ことり「ええっ!?学校の動物の話だったの!?」
海未「そうですよ!早とちりも甚だしいですよ?……ふふ」
ことり「えへへ……」
ことり「ごめんね……」
海未「いっ、いえいえ!ことりは私のことを気にかけてくれたんですよね?」
ことり「そうだけど……」
海未「そのお気持ちだけで十分ですよ。ありがとうございます」
ことり「う、うん!せっかくだから、久々に海未ちゃんのおうちに来たからしばらくいてもいい?」
海未「もちろんですよ!あっ、ちょっと待っててください。今お茶でも用意しますね」
ことり「お構いなく!」
14:
海未「すーっ……」
ことり「すーっ……はぁっ、美味しい!」
海未「すみませんね、こんなものしか出せなくて」
ことり「ううん!このお茶菓子もとっても甘くて美味しいし、少し苦めのこのお茶ともとっても合うよ!」
海未「そういっていただけるなら淹れた甲斐がありましたね」
海未「ところで、その荷物はなんですか?」
ことり「あっ、これは……海未ちゃんに飼われるつもりでいたから、お泊まりする用意で……」
海未「本気で飼われるつもりだったのですね……」
ことり「もとはと言えば絵里ちゃんが悪いんだよ!」
海未「ああ……どうりで」
ことり「なにが?」
海未「いえ、昨日ことりが帰ったあと、絵里の様子がおかしかったので」
ことり「もーっ!絵里ちゃんがまくしたてるから恥ずかしい思いしちゃったよ……」
ことり「あっでもやっぱり勘違いしたことりがだめだったね……」
海未「まあまあ。そのおかげで久しぶりにことりと遊べたのですし」
ことり「うーん、確かにそうかも!」
15:
海未「あっ、そうだ。もしことりが良かったらなのですが、今日は家に泊まっていきませんか?」
ことり「えっ、いいの!?」
海未「ええ。今日は家族が用事で帰って来ないので……少し心細くて」
ことり「やったぁ!それにしても、海未ちゃんでも心細いなんてことがあるんだね??」
海未「言葉のあやですよ!?」
ことり「えへへ、そういうことにしといてあげる」
海未「もう、ことりは意地悪です……」
ことり「ことりね、海未ちゃんの困り顔が好きなの」
海未「……随分変わったご趣味で」
ことり「海未ちゃんはそういう顔しても可愛いよね」
海未「か、可愛いだなんて……やめてください」
ことり「本当に可愛いんだよ??学校でも学校の外でもファンがたくさんいるのに!」
海未「それは……言ってみれば外側の私ですから」
ことり「外側?」
海未「μ'sでライブをしている間の私ですよ。いくらファンをしてくださってる方々とはいえ、普段の私を見たら幻滅するに決まってます」
ことり「そんなのありえないよ!」
ことり「海未ちゃんに外側も内側もないよ!どっちも可愛いよ!ことりが保証してあげる!」
海未「も、もう!私が恥ずかしいのでやめましょうこんな話!」
16:
海未「ことりは私のことをからかいすぎです!」
ことり「そんなことないもーん!」
海未「……わかりました」
ことり「うん?」
海未「今日だけことりは私のペットです!」
ことり「んん!?」
海未「私の疲れを癒すためにここへ来たのでしょう?だから今日、ことりは私の言いなりになってください!」
ことり「ええ!?そ、それって本当にことり飼われちゃうってことだよね!?」
海未「そうですが?」
ことり「あぁ、いや……よろしくおねがいします」
海未「素直でよろしい」
海未(若干強引ですが、形勢逆転できましたね……。恥ずかしさで顔が赤くなる寸前でした)
24:
ことり「……それで、ことりはどんなことをしたらいいの?」
海未「そうですね、まず手始めに……えーと、手始めに……」
ことり「もしかして、海未ちゃんなにも考えてなかったの?」
海未「……恥ずかしながら」
ことり「よ、よかったぁ……」
海未「よかった、というと?」
ことり「ことり、海未ちゃんに首輪つけられたりするのかなって思ってたから……」
海未「なっ、そんなことするわけないでしょう!」
ことり「うん!今日こうやって会って、やっぱり海未ちゃんは優しいなって思ったよ」
海未「まったく……穂乃果もことりも、勝手に私を面白おかしい人に変えないでくださいね?」
ことり「えへへ、わかってます!」
ことり「あっ、そうだ!海未ちゃん、マッサージしてあげる!」
25:
海未「マッサージですか?」
ことり「うん!疲れてるんでしょ?」
海未「……なら、お願いしてもいいでしょうか」
ことり「もう!今日だけ海未ちゃんはことりのご主人様なんだから、もっと大きく構えてもいいのに」
海未「……ことりって、意外と順応性高いですよね」
ことり「そうかな?」
海未「ええ、とても。小学校から中学校、中学校から高校と、環境が変わってもすぐ馴染めていましたよね」
ことり「そんなの……穂乃果ちゃんほどじゃないよ」
海未「穂乃果はまた別です。穂乃果はなんというか、順応性なんて言葉ではカバーできません」
ことり「確かに!それに、ことりが順応できるのも、海未ちゃんと穂乃果ちゃんと一緒にいるからなんだよ?」
海未「ことりは一人でもいろんなことをこなせられると思いますが」
ことり「あっ、海未ちゃん。あっち向いて?」
海未「はい」クルッ
ことり「まずは肩をお揉みします!」
海未「はっ、はい!」
26:
ことり「ことりはまだ一人じゃ勇気なんて出せないよ……」モミモミ
海未「ことりがダメなら、きっと私もできませんね……あっ、そこ気持ちいいです」
ことり「うわっ、海未ちゃん凝ってる!」
海未「いくら体を動かしてるとはいえ、勉強で机に向かったりする機会は多いですし……」
ことり「めいっぱい気持ちよくなってね!」
海未「はい、夢心地の気分ですよ……。しかし、こうやってマッサージをしてもらうなんて、なんだか不思議な気分も覚えますね」
ことり「海未ちゃんは、誰かにマッサージしてもらったりしないの?」
海未「ええ……。少なくとも私の家族にはそのようなことを頼んだことはないですし、あんまり凝っている自覚もなかったので」
ことり「あぁ?、自覚のない肩こりっていうのもあるみたいだからね」
海未「そうなのですかぁ……」
ことり「うん!」
海未「はぁ……なんだか……すごく癒やされます」
27:
海未「私の求めていたものはこれだったのかもしれません……」
ことり「それは褒めすぎだよー?」
海未「ふふ、そうかもしれませんね……ふわぁ」
ことり「もしかして、眠たい?」
海未「いっ、いえ!……ごめんなさい、あまりにも気持ちよかったものですから」
ことり「寝てもいいんだよ?」
海未「いえ、せっかくですから、ことりと話したいです」
ことり「ふふっ、でも本当に寝たくなったら遠慮せずに寝てね」
海未「そんなに気遣ってもらって……ありがとうございます」
海未「ことりはマッサージが上手ですね」
ことり「いつもお母さんにしてるからね」
ことり「海未ちゃん、うつ伏せになれる?」
海未「ええ」バサッ
ことり「あっ、座布団いる?」
海未「ありがとうございます」
28:
海未「……」
ことり「……」ペタッ
海未「きゃっ!?」
海未「つ、次は足ですか?」
ことり「うんっ。いきなりやって驚かせちゃった?」
海未「だ、大丈夫です」
ことり「そう?じゃあいくよ?」モミモミ
海未「うぁっ……すごいですね」
ことり「えへへ、気持ちいいでしょ」
海未「足をマッサージされるのって、気持ちいいんですね……」
ことり「特に海未ちゃんは足をよく使うからね」
海未「それはことりもでしょう……?」
ことり「海未ちゃんに比べたらぜんぜんだよ?」
29:
海未「まあ……それでも私はことりよりも足を鍛えてますし」
ことり「引き締まってて、うらやましいなぁ」
海未「そんなことないですよ……私のは女性らしくないので」
海未「ことりのような、柔らかそうな足、うらやましいです」
ことり「ええっ。ことりの足は脂肪がついてるだけだもん……それに、海未ちゃんの足だってすっごい女性らしさたっぷりだよ?」
ことり「すべすべで気持ちいいっ」スリスリ
海未「なっ、そんな触り方はやめてください……」
海未「ことりだって、すべすべのくせに……」
ことり「ことりは、お手入れしてるし……しないと乾燥で荒れちゃうよ」
海未「……」
ことり「海未ちゃん?」
海未「……すー」
ことり「……寝ちゃったみたい」
30:
ことり(あっ、なにかかけるものないかな?)
ことり(ことりのブランケットでもいいかな?)ファサッ
ことり(……)ジーッ
ことり(こうやってじっくり見ると、やっぱり海未ちゃんすごい可愛い)
ことり(顔は整ってるし、まつ毛は長くて綺麗で……髪もさらさら)
ことり(普段の凛とした感じとはまた違う海未ちゃんもいいなぁ?)
ことり(次は眠ってる海未ちゃんのぬいぐるみでも作ってみようかな?)
ことり(……)ナデナデ
ことり(ゆっくり休んでね、海未ちゃん)
―――――――――
――――――
―――
31:
海未「ん……」
海未「……」
海未「あれ、ことりは……」
ことり「すーっ……」
海未「眠っているようですね……」
海未(どうやら、私が眠ってしまったあと、ことりも)
海未(……もう夕方ですね)
海未(眠ってしまうなんて、もったいないことをしてしまいましたね)
海未(しかし、マッサージと先の睡眠のおかげか、随分体が楽になったような)
海未「ありがとうございます、ことり」ボソッ
海未(……しかし、ことりが起きるまで暇ですね。起こすわけにもいかないですし)
海未(……)ジーッ
海未(もう何年も前から、やってみたかったことがあるのですが……今ならきっとばれませんよね)
35:
海未(……)フワッ
海未(ああっ!)
海未(やっと……触れました!)
海未(ことりの髪の盛り上がってるとさかのような部分)
海未(これは……くせ毛なのでしょうか?まあなんにせよ、触り心地がいいですね)
海未(癖になってしまいそうです)
ことり「……」ジーッ
海未「……うわっ!?」
ことり「……おはよう、海未ちゃん」
海未「ごっ、ごめんなさい勝手に触ってしまって!」
ことり「ううん!海未ちゃんの満足そうな顔が間近で見られたからいいよ!」
海未「そ、そうですか?」
ことり「あっ、もうこんな時間……ごめんね、ことり結構長い間寝ちゃってたみたい」
海未「いえ、私もつい先ほど起きたばかりで」
36:
海未「ところで、夕ごはんを用意しないといけないのですが」
ことり「うん!一緒につくろ?」
海未「それが、冷蔵庫の中に絶望的なまでになにもなく……」
ことり「そうなの?それじゃあ、買いに行こっか?」
海未「そうするしかありませんね……。ことりはなにが食べたいですか?」
ことり「ことり?ことりはなんでもいいよ。海未ちゃんは?」
海未「私もなんでも大丈夫です。ことりの食べたいものでお願いします」
ことり「えぇー……そんなこと言われても」
海未「今日は言いなりになってくれるんでしょう?」
ことり「そ、そうだけど……!もう少し考えさせて!」
海未「はい。いくらでも待ちますよ」
ことり「うーん……あっ!じゃあハンバーグは?」
海未「ハンバーグですか!いいですね、私もある程度は作れますし」
ことり「嫌いじゃない?」
海未「ぜんぜん好きですよ?まあ、とりあえずスーパーに行きましょう!」
37:
―スーパー
海未「どうしてハンバーグなんですか?」
ことり「海未ちゃんのお家に行く前に見てたお料理の番組でハンバーグやってたの!」
海未「なるほど……奮発してこの高めの挽き肉にしましょうか」
ことり「いやいや!この特売のでいいよ!」
ことり「一応海未ちゃんのお家のお金とはいえ、無駄遣いはできないよ……」
海未「無駄……ではないと思いますが」
ことり「ううん!大丈夫だよ!安いお肉でも美味しいのは作れるんだから!」
海未「ことりは将来いいお嫁さんになれますね」
ことり「そっ、そうかなぁ……?ありがとね」
海未「ふふっ。ではこのお肉を……」スッ
スッ
海未「あら?」
ことり「にこちゃん!」
にこ「げっ……」
38:
海未「『げっ』とはなんですか、『げっ』とは」
にこ「い、いや?そんなに深い意味はないけど」
ことり「にこちゃんもお買い物?」
にこ「そうよ。うちの妹達がハンバーグがいいって急に言い出してきて」
海未「妹さん達も料理番組を見たのかもしれませんね。ふふ」
にこ「ところでどうしてあんた達は一緒に買い物してるわけ?」
ことり「それはね?、今日は海未ちゃんのお家でお泊まりするんだよ!」
にこ「へー。穂乃果はいないの?」
ことり「う?ん……穂乃果ちゃんも呼んでもよかったんだけど、ことりは海未ちゃんのペットだから」
にこ「えっ……はぁ!?」
海未「なっ、なにを言っているのですか!」
ことり「えっ、そうだよね?」
海未「い、いえそうですけど……」
にこ「海未……」ジーッ
海未「哀れみの目を向けないでください!」
―――――――――
――――――
―――
39:
にこ「なるほど、そういうことね……。もう、変な勘違いさせないでよね!」
海未「ことりが悪いんですよ!」
ことり「えへへ?」
にこ「その様子だと、さっきはわざとペットだなんて言ったわね?」
ことり「あ、ばれちゃった?」
海未「なっ、そうなのですか!?」
ことり「だってことりは海未ちゃんの困り顔が好きなんだもん」
にこ「相当な小悪魔ね……」
海未「もう!あなたはペットですから、主人に盾ついたりしてはいけないんですよ?」
ことり「はいはいっ!」
にこ「ここの会話だけ聞いたらまた誤解されそうね」
にこ「ま、せいぜいお泊まり楽しみなさい。にこはまだ買い物の途中だから次に行かせてもらうわ」
海未「はい、それでは」
ことり「じゃあね?!」
にこ「っと……忘れ物したわ」スッ
40:
海未「あっ、それ最後の挽き肉!」
にこ「ダッシュ!」ダダダダダッ
ことり「あっ、あっ……行っちゃった」
ことり「なくなっちゃったね、安い挽き肉」
海未「ふふっ、しょうがないです。こちらの挽き肉にしましょう」
―――――――――
――――――
―――
41:
―園田家
ことり「……」コネコネ
海未「おや、ことりのハンバーグはなんの形なんでしょうか?」
ことり「これはね?……はい!ハート!」
海未「おおっ、綺麗なハート形です」
ことり「これは海未ちゃんのね?」
海未「いいのですか?こんな綺麗で可愛い……」
ことり「もちろん!その代わり、海未ちゃんのはことりのね?」
海未「そ、それはダメです!」
ことり「え……なんで?」
海未「……私のは普通の形で、しかもあまり綺麗とは言いがたいですし」
ことり「そんなことないよ!海未ちゃんのハンバーグならどんな形でも関係ないよ!」
ことり「それか?……」
海未「なっ、なにするんですか?」グシャッ
海未「ああっ!?」
42:
海未「どっ、どうしてせっかく丸めたハンバーグを元に戻したのですか!?」
ことり「ことりのためにハート形の……作ってほしいな?」
海未「え……」
海未「う、うまくできるでしょうか……」
ことり「大丈夫大丈夫!簡単だから、一緒にやってみよ?」
海未「は、はい!」
ことり「とりあえずタネはこれくらいとって……」
海未「はい」コネコネ
ことり「ここをこんな感じにやって……こうして……」
海未「なるほど……」
海未「こんな具合で大丈夫ですか?」
ことり「わぁっ!すっごい上手にできてるよ!ことりよりも器用なんじゃないかな?」
海未「そ、それは言い過ぎですよ!」
ことり「それじゃあことりはサラダを作っちゃうから、海未ちゃんはハンバーグ焼いてて?」
海未「わかりました!」
43:
海未「……」ジュー
ことり「……」トントン
ことり「……なんだか海未ちゃん、新婦さんみたいだね」
海未「どうしてそう思うのです?」
ことり「だって……そんなに頻繁に焼き加減見なくても大丈夫だよ?」
海未「ダメです!」
海未「せっかくことりと食べるんです、最高の焼き加減を目指します」
ことり「もう、ことりとならいつも一緒にご飯食べてるよね?」
海未「それは学校ででしょう?」
ことり「うん」
海未「私嬉しいんです。最近こうやって泊まったりすること、なかったですから」
海未「特にことりと二人で泊まることなんて、本当に久しぶりで……少し浮かれてるのかもしれませんね」
ことり「そんな風に思ってくれてたんだね……ことりも嬉しいな」
44:
海未「このくらいでどうでしょう?」
ことり「わっ!すっごいいい感じだよ!」
海未「ふふ、頑張った甲斐がありました」
ことり「あとは盛りつけてソースをかけるだけだね!」
海未「……あ」
ことり「え?」
海未「……ソース、買うの忘れていました」
ことり「あー……や、大丈夫だよ!な、なくても美味しいから!」
海未「園田海未、一生の不覚です……」
ことり「ことりがお買い物の間に思い出さなかったのも悪かったし……」
海未「ごめんなさい」
ことり「ううん。海未ちゃんに焼いてもらったんだもん、ソースなんてなくても美味しいに決まってるよ!」
海未「くっ……お気遣い、ありがとうございます」
ことり「も、もう忘れよ?ね?」
46:
ことり「ごちそうさまでした!」
海未「ごちそうさまでした」
ことり「すっごい美味しかったよ?」
海未「そうですね、高めの肉を買ったのが功を奏したのかもしれませんね」
ことり「えへへ、にこちゃんに感謝しなきゃね」
ことり「でも、にこちゃんだけじゃなくて、海未ちゃんにも感謝!」
海未「はて、感謝されるようなことをしましたか?」
ことり「海未ちゃんが作ってくれたハンバーグだからもっと美味しかったってこと!」
海未「お粗末さまでした。ことりのハンバーグもとても美味しかったです」
ことり「海未ちゃんの愛情たっぷりだったよ!」
海未「もう、恥ずかしいこと言わないでください!」
海未「……ならばことりは私のに愛情を込めてくれましたか?」
ことり「うん!もちろんです!」
海未「……ふふっ、ありがとうございます」
47:
海未「次はお風呂にしましょうか」
ことり「うんっ!海未ちゃん先入っていいよー」
海未「え?一緒に入らないのですか?」
ことり「えっ!?」
海未「え?」
ことり「い、いいの?」
海未「もちろんですよ?」
ことり「じゃ、じゃあ一緒に入らせてもらうね」
―――――――――
――――――
―――
48:
―風呂場
海未「……」チャプン
ことり「……」ジー
海未「……あまり見ないでください」
ことり「えっ、あ!ご、ごめんね?」
ことり「スタイルいいな?って思って」
海未「そうでしょうか?ことりもスタイルがいいと思いますよ」
海未「それに……私のは」
ことり「うん?」
海未「……小さいので」
ことり「あっ……。い、いや!でもほら、胸の大きさなんて関係ないよ!」
海未「そんなことありません!ことりのはとても……形が整っていて」ジーッ
ことり「やっ、そんなまじまじ見ちゃだめだよ!海未ちゃん変態さんみたいだよ?」
49:
海未「なっ、別に下心なんてありませんよ!?」
ことり「もー、海未ちゃんのえっちー!」
海未「ば、馬鹿!」
海未「……ただ、自分のがこういうのなので、気になっていることがあるんです」
ことり「ふむふむ」
海未「その……他の女性の、む、胸は、どのくらい柔らかいのでしょう」
ことり「あーっ、え!?」
海未「い、いや!本当に単なる知的欲求でして!」
海未「ほら、なかなか他人のなんて触ることがないじゃないですか」
ことり「の、希ちゃんとかは……」
海未「希は別ですよ!」
ことり「…………触ってみる?」
52:
海未「え、えっ、ああぁの別に触りたいからこういうことを言ったわけではなくてですね」アタフタ
ことり「ふーん、じゃあいいや」
海未「や……すみません、一度触らせていただいてよろしいでしょうか」
ことり「……本当にちょっとだけだよ?」
海未「も、もちろん心得ています」ドキドキ
ことり「こ、こんなの海未ちゃんだけなんだからね」ドキドキ
海未「……それでは失礼して」
海未「……」モニュッ
ことり「んっ……」ピクッ
海未「あっ、す、すみません!痛かったですか?」
ことり「ちょっとくすぐったくって」
海未「……」モミッ
ことり「まっ、また触るの!?」
53:
海未「想像通り柔らかいですね……」サワサワ
ことり「う、海未ちゃぁん……もうそろそろ」
海未「私のとは比べ物になりませんね」モミモミ
ことり「揉まないでぇ……」
海未「はぁ?、なるほどなるほど……」ジロジロ
ことり「うう……」
ことり「もっ、もう!!海未ちゃん!?」
海未「はっ!?」
ことり「触りすぎだよ!」
海未「わ、私としたことが……つい」
ことり「……やっぱり海未ちゃんって実はかなりの変態さんでしょ?」
海未「断じてそのようなことはありません!」
ことり「うそ!」
54:
海未「いやしかし、ことりは私のペットということなのですから、あと一回くらい……」
ことり「……」
海未「や、やはりやめておきます」
ことり「もう……。それにしても、こうやって海未ちゃんのお家のお風呂に入るなんて久しぶりだなぁ」
海未「そうかもしれませんね。あっ、覚えてますか?小学生くらいの時にこうやって一緒にお風呂に入ったこと」
ことり「覚えてるよー!海未ちゃん途中でのぼせちゃって」
海未「え?そんなことありましたっけ?」
ことり「あったよ!あの時はことり焦っちゃって……裸のまま海未ちゃんのお母さんのとこまで行ったんだよねー」
海未「ふふ、そのおかげでこうして今も生きられているのかもしれませんね」
ことり「海未ちゃんったら大げさだよ?」
海未「冗談ですよ。まあ、そう考えると私達も随分大きくなったものですね」
ことり「親戚の人みたいなセリフだね」
海未「でも事実そうでしょう?」
55:
海未「小さいころの私達が、高校生になってスクールアイドルをやっているなんて聞いたら、どんな反応を示すんでしょうね」
ことり「え?、多分信じないと思うな」
海未「ですよね」
海未「μ'sにもかなり応援してくれる方が増えましたし、今年度で三年生は卒業ですし、頑張らねば」
ことり「そうだね……」
海未「……あ、ごめんなさい。湿っぽいですよね……私の話ってどうもそういう方向に行ってしまいがちというか」
ことり「ううん、海未ちゃんのそういう真面目なとこ、ことり好きだなぁ」
海未「そう言っていただけると。せいぜい私なんて真面目なことだけが取り柄のようなものですから」
ことり「海未ちゃんは自分自身で気づいてないのかもしれないけど……」
ことり「海未ちゃんって海未ちゃんが思ってる以上にすっごい楽しそうで、可愛くて、はじけるような笑顔をするんだよ?」
海未「と言われましても、自分の笑顔は自分ではなかなか見れませんし……」
ことり「もう、海未ちゃんは鈍いの!つまり、ことりが言いたいのはもっと自信を持ってもいいよってことなの」
海未「……ありがとうございます。今日はことりに『ありがとうございます』と言ってばかりですね」
ことり「今日のことりはそういう役目だもん」
海未「ふふっ、そうでしたね」
海未「……って、ことり!顔がすごく赤いですが、大丈夫ですか!?」
56:
ことり「ふぇ……ごめん、のぼせちゃったみたい……」
海未「た、大変です!ことり、立てますか!?」
ことり「大丈夫……」
海未「早く上がってしまいましょう!」
ことり「うん……」
―――――――――
――――――
―――
57:
海未「ここに横になってください」
ことり「ごめんね?……もう小学生じゃないのに」
海未「年なんて関係ありませんよ。老若男女誰であろうとのぼせます」
ことり「でも、横になったら少し楽になったかも」
海未「無理に喋らないでくださいね」
ことり「ううん……無理じゃないよ」
海未「ですが……こんなに顔が」ピトッ
ことり「ぁっ……海未ちゃんの手、冷たくて気持ちいいかも」
ことり「しばらくことりの顔に海未ちゃんの手を当ててもらってもいい?」
海未「それでよければ……。しかし、やはりなにかもっと冷たいものの方が」
ことり「のぼせちゃった時は、あんまり急激に冷やすとだめなの……」
海未「よく知っていますね」
ことり「えへへ、保健委員だからね……」
58:
ことり「……今日がことりが海未ちゃんをお休みさせてあげるつもりだったんだけどなぁ」
海未「いえ、もう私は十分お休みを頂きましたよ。そもそも、ことりだってきちんと仕事をしているのを私は知っています」
ことり「……ありがとう」
海未「さ、今日はもう寝ちゃいましょうか。幸いもう歯は磨いていますし」
ことり「え……。もう寝ちゃうの?」
海未「とりあえず、お互い横になりませんか?」
ことり「はーい……」
―――――――――
――――――
―――
59:
海未「電気、消しますね」
ことり「うん」
ことり「海未ちゃんちの布団の匂いだ」
海未「そりゃあそうでしょう」
ことり「昔を思い出すなぁって」
海未「なんだか私達昔を思い出してばかりですね」
ことり「えへへ、そうかも」
海未「……」
ことり「……ねえ、海未ちゃん」
海未「どうしました?」
ことり「ことりね、今すっごい目が冴えてるの」
海未「奇遇ですね。私もですよ」
ことり「お昼寝が効いたね」
海未「夜更かしは美容の敵とは言いますが……今日くらいは大丈夫でしょう」
ことり「眠たくなるまで、一緒にお話しよ?」
60:
海未「そのつもりですよ」
ことり「またお泊まりしにきていい?」
海未「ええ、もちろんですよ。その時は、穂乃果も呼びましょう」
ことり「穂乃果ちゃんだけじゃなくて、他の皆もね」
海未「それだと流石に入りきりませんよ?」
ことり「あっ、それじゃあ代わりばんこに」
海未「……ずっと私の家なのですか?」
ことり「じゃあことりの家でもいい!」
海未「次泊まるなら、ことりの家にも行きたいですね」
ことり「海未ちゃんなら、いつでも来ていいよ?」
海未「その気にしてしまいますよ?」
ことり「本当にいいのにー」
61:
ことり「あ、そうだ。海未ちゃんは、今日ことりを飼ってみてどうだった?」
海未「そういえばそんな設定でしたね」
ことり「えへ」
海未「そうですね……良かったですよ。あまり主従関係は好きではないので、主人らしい振る舞いはできませんでしたが」
ことり「ペット思いの素敵なご主人さまってことだね」
海未「ことりがペットだからですよ?」
ことり「そ、そっか……」
海未「はい……」
ことり「……」
海未「……わ、私変なこと言ってしまいましたか?」
ことり「え!?そんなことはないと思うよ!」
62:
海未「ことり」
ことり「なぁに?」
海未「今日、ことりに私がお嫁さんみたいだと言われて、誰かに元へ嫁いだ私を想像したのですが、やっぱり私にはお嫁さんは無理かもしれません」
ことり「えー?」
海未「そもそも私はあまり男性と付き合いがありませんし……」
ことり「道場の人とかは?」
海未「あの方々はそういう対象ではないですよ。上手く説明はできませんが、家族みたいな感じで」
ことり「あ、じゃあ!好きな人とかはいない?」
海未「ええ、いませんね……」
ことり「好きな人ができたことは?」
海未「……お恥ずかしながらありません」
ことり「ええー!?ちょっぴり意外で、ちょっぴり納得できちゃった」
海未「もう、どういう意味なんです?」
63:
ことり「小学生の時とか、海未ちゃんって男の子から怖がられてたなぁって思って」
海未「ああ……確かに」
ことり「海未ちゃんって強かったもんね」
海未「いえ、でも実際に喧嘩をしたようなことは一度も……」
ことり「ううん、もう海未ちゃんの威勢や気迫に怖じけちゃってて」
海未「それは……名誉なことなのか不名誉なことなのかわかりませんね」
ことり「ことり的には名誉かな?」
海未「ふふ、ならいいですよ」
海未「ことりは好きな人がいるのですか?」
ことり「うーん……小学生の時はいたけど」
海未「ことりは恋だとか、そういったものが似合って容易にイメージがつきますね」
ことり「えぇ、そうかな?」
海未「では今はいないのですか?」
64:
ことり「う?ん……どうかな。秘密!」
海未「なっ、私はちゃんと言ったのですよ!?」
ことり「だって海未ちゃんは好きな人いないんでしょ?……あ」
海未「ふふ……墓穴を掘りましたね、ことり」
ことり「うぅ……」
海未「どのような殿方なのですか?」
ことり「もう!だから秘密だって!」
海未「いつから好きなのですか!?」
ことり「それも秘密!」
海未「く……これでは気になって眠れませんよ!」
ことり「じゃあ海未ちゃんは徹夜してて?」
海未「酷いです!」
65:
海未「眠れないと言ったものの……実は少し眠たいんですよね」
ことり「ことりも眠たいかも……」
海未「まあ、真っ暗の空間で、横になると眠たくなってしまうのも当然ですか」
ことり「ことりは目が慣れて、海未ちゃんの顔がよく見えるよ?」
海未「私も見えます……ふわぁっ」
ことり「大きなあくびだね」
海未「はしたなかったですね……」
ことり「むしろそういうしっかり者の子が隙を見せたりすると、きゅんてきたりするんだよ?」
海未「ほう……そうなのですね……。そろそろ寝ましょうか」
ことり「……じゃあ、寝る前に、ことりの好きな人、教えてあげよっか」
海未「えっ!?ぜ、ぜひ!」
ことり「それはね……」モソモソ
海未「……?」
66:
ことり「……ちゅっ」
海未「!?」
ことり「おやすみ!!」ガバッ
海未「……あ、……あ?え?」
海未「こっ、ことり!?説明してください!どういうことですか!?」ユサユサ
海未「ことりってば!」バサッ
ことり「……す、すぴー。すぴー」
海未「嘘……もう眠ってしまったのですか……?」
ことり「……くー」
海未「そんな……そん……な……」
―――――――――
――――――
―――
68:
海未「……朝、ですか」
海未「ことり……」
海未「……?」
『お世話になりました!ことりは一足お先ににお家に帰ります。海未ちゃんはぐっすり眠って、疲れをとってね?』
海未(そんな……置き手紙ですか)
海未(……っ!昨日、あんなことをしておいて、最後は置き手紙なんですか……?)
海未(……)グスッ
海未(こうしてはいられませんよね、幸いまだかなり早い時間……布団もまだ少し温かいので、そんなに遠くへは行けないはず!)
69:
―――――――――
――――――
―――
―南家
海未「……!」タッタッタッ
海未(いました……!!)
ことり「……」ガチャッ
ことり母「ことり!!」
ことり「はっ、はい!?」
ことり母「なんの連絡もなしに、どこ行ってたの!?」
ことり「う、海未ちゃんのお家に……」
ことり母「ならどうしてなにも言わないの!?すごく心配したのよ!?」
ことり「ご、ごめんなさい……」
ことり母「携帯もつながらなくて……少し外で反省してなさい!」バタンッ
ことり「あっ!?」
ことり「んもう!」ガチャガチャ
70:
海未「……ことり」
ことり「……!う、海未ちゃん……」
海未「実は、昨日の夜あまり眠れなかったんです」
ことり「……へ?」
海未「……むしろ眠りが浅くて、余計に疲れがたまってしまいました」
海未「……もう一度、家に来てください」
海未「もう一度、私のペットになって頂けませんか?」
ことり「……!で、でもことり……」
海未「昨日のこと、本当なのですか?」
ことり「……」コクリ
海未「私思うんです。私とことりを比べるなら、やはりよりお嫁さんらしいのはことりの方だと」
海未「私まだ……恋愛とか疎くて、いろいろとご迷惑をかけてしまうかもしれないのですが」
海未「もし、よろしければ……私のペット、いや、私の、おっ、お嫁に……!」
ことり「……ぷっ」
ことり「海未ちゃんそのセリフは流石に寒くないかな?」
海未「なっ……なぁっ!?」
71:
海未「し、信じられません!せっかく人が勇気を振り絞ったというのに……!」
ことり「えへへっ、ごめんなさい」
ことり「言ったでしょ?困り顔が好きだって」
海未「だ、だからって……」
ことり「……」ピッピッ
海未「……?」
ことり「あっ、もしもしお母さん?」
ことり「……うん、あのね……今日も海未ちゃんのお家に行くね!」ピッ
ことり「……ぅ」ダキッ
海未「わっ!?」
ことり「うぅぅ……ありがとぉ、海未ちゃん……」ギュッ
海未「……もう、泣いてしまってはことりの顔が台無しですよ?」ダキッ
海未「……帰りましょう?」
ことり「……うん♪」
終わり
74:

素晴らしい
75:

ことうみわっしょい
77:
ことうみ!心地良い…(・8・)
22:
ことうみちゃんがアニメでちゅっちゅっしてるって本当ですか!詳しく教えてください!
2

続き・詳細・画像をみる


島根県 ←全国で唯一なにもない県

12万円のセーター買ったンゴwwwwwwww

未央「貴方の視線」

【参院選】おおさか維新、全国で候補者擁立へ→枝野幸男「邪魔」「1人区では一番勝てそうな候補以外は降りるべき」

にこ「理事長に呼び出されたわ」

【悲報】中国のレストラン、空気代を客に請求する

猫が仰向けになって寝ててワロス

彼女が水たまりにバッグを落としたんだけど、拾わずにボーゼンとバッグを見てるだけ。「拾えよ!」って言っても涙目で眺めるだけ。何だこれ。

サイタマ「ストレッチマン?」

【画像】テレビ東京のアニメで放送事故wwwwwwwwww

【驚愕】あ、こいつの正体実は蟹だなって思う仕草あげてけwwwwwwww

【GIF】このgif画像何回見てもビビるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

back 過去ログ 削除依頼&連絡先