P「律子って結構可愛い声してるよな」back

P「律子って結構可愛い声してるよな」


続き・詳細・画像をみる

1:
律子「はい?」
P「いや、お前がアイドルだった頃に『Sunny Day Sunday』カバーしたじゃん?」
律子「ああ、そんなこともありましたね」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441643095
2:
P「律子がプロデューサーになってから怒られてばっかだからかもしれんが、改めて聞いてみると凄い可愛い声でビックリしたよ」
律子「怒られてる自覚があるならバカなこと言ってないでちゃんと仕事して下さいよ。残業終わりませんよ」
P「はは、すまんすまん」
律子「それじゃ私、ちょっと竜宮のイベント企画書を社長室に置きに行かなきゃいけないので」
P「おう、行ってらっしゃい」
3:
律子「……」バタンッ
律子「ええぇぇぇぇ////////」プシュー
律子「また懐かしい話を……じゃなくて、プロデューサーが私のことを……かかかかか可愛いって////」ワタワタ
4:
律子「お、落ち着くのよ秋月律子。可愛いって言ったのは私じゃなくて飽くまで私の声なんだから!」
律子(で、でも……あんな事言うってことは、少なくとも嫌われてはない……わよね?)
律子(いつもうるさいこと言ってばっかりだもんなぁ……偶には他の子達みたいに可愛い台詞の一つでも言った方が良いのかしら……)
5:
律子「ぷ、プロデューサー、いつもありがとうございます! 日頃の感謝の気持ちにお菓子作ってきました♪……なんて」テレテレ
亜美「それじゃはるるんの丸パクリじゃん」
律子「そうよね。アイドルの売り込みと同じでこういうのもオリジナリティがないと……」
亜美「……」ニヤニヤ
律子「」
6:
律子「さよなら」ガラッ
亜美「ちょっ!? 律っちゃん、早まらないでよ! そこ窓、ここ二階!」グイグイ
律子「離してぇぇぇ! 穴掘って埋まらせてぇぇええ!」ジタバタ
亜美「タンマタンマ! いっぺん落ち着こーよ!」
7:
……
ギャーギャー
P(何かやけに賑やかだな……)
8:
……
亜美「大丈夫だって、亜美が律っちゃんの揺れる乙女心を言いふらしたりすると思う?」
律子「ええ」
亜美「おーい兄ちゃ」
律子「信じてる! 信じてるからそれだけは勘弁して!」
亜美「ジョークジョーク。双海ジョーク」
9:
律子「っていうかアンタ何でこんな時間に事務所にいるのよ」
亜美「えへへ、真美と喧嘩してこっそり家出して来ちゃった」
律子「アンタねぇ……」
亜美「でも意外だなぁ、兄ちゃん確かにおもろいけど、そんなイケメンってワケでもないのに」
律子「そ、そんなことないでしょ! あの人だって結構……」
亜美「ほぅほぅ」ニヤニヤ
律子「あ?みぃぃぃいい!」
10:
亜美「あはは、ごみんごみん。でも律っちゃんの好みってもっと出来る人タイプかと思ってたよ。ほら、あの三高ってやつ。高身長、高学歴……高見盛?」
律子「高収入でしょ。それにあの人結構優秀よ? 私がトップアイドルになれたのも彼のお陰だし」
亜美「なるほど、二人三脚してる内に愛を育んだと」フムフム
律子「//////」
亜美「いやぁ、青春ですなぁ」
律子「大人をからかうんじゃないの!」
11:
亜美「まーまー。ここはこの双海姉妹のプリティウーマンこと亜美に任せなよ!」
律子「はぁ、何で中1のアンタに恋愛指南されなきゃいけないのよ」
亜美「いやいや律っちゃん、考えてみなよ。律っちゃんは今まで色恋沙汰にかまけた事があったかい?」
律子「な、ないわよ……どうせ私なんてこんな寸胴体型だし……」
12:
亜美「それだよ! 律っちゃんは鎖骨になりすぎなんだよ!」
律子「卑屈じゃない?」
亜美「そーとも言う。とにかく、律っちゃんは自分に自信なさ過ぎて色恋沙汰にノータッチだった」
亜美「周りの人もそんな律っちゃんの姿を見て、『あ、この人はガードが堅いからどうせ駄目だ』って思っちゃうわけよ」
律子「うっ……そう言われると確かに思い当たる節が……」
13:
亜美「だ・か・ら、この愛されガール双海亜美様が、律っちゃんに愛される女のなんたるかを教えたげるってわけだよ!」
律子「ま、まあアンタも現役アイドルなわけだしね……とりあえず聞くだけ聞かせて貰うわ////」
亜美(んっふっふー、面白くなってきましたなぁ)ニヤニヤ
14:
……
律子「……」ガチャッ
P「お、律子お帰り」
律子「え、ええ。ただ今戻りました」
15:
……
亜美『良いかい律っちゃん。既に親しい関係……しかも恋愛じゃなく友情方面でって場合は、まず相手の持ってるイメージを壊すとこから始めなきゃ駄目だよ!』
律子『なるほど、まずは女として認識して貰うってわけね』
亜美『でもでも、大胆なことはどーせ恥ずかしがり屋の律っちゃんにはできないから……』
律子『ぐっ////』
亜美『作戦名、兄ちゃんの前で髪を下ろそう作戦!』
律子『そ、それだけ?』
亜美『そだよ。良いから行ってきんしゃーい!』
16:
……
律子(今思えば、私は何中学生に恋愛相談乗って貰ってるのよ……)
亜美(律っちゃん、ファイトだよ!)コソコソ
律子(とりあえず髪を下ろせば良いのよね……)チラッ
P「ん? どうかしたか?」
律子「な、何でもありませんよ! 良いから仕事して下さい! このままじゃ泊まりこみになっちゃいますよ!」
P「へいへい、分かりましたよ」カタカタ
17:
律子(うぅぅ、髪を下ろすだけだってのに意識すると妙に恥ずかしい////何とか自然に出来ないかしら……そうだ!)
律子「き、今日は何だか肌寒いですね!」
P「そうか? 秋らしい過ごしやすい日だと思うけど」
律子「いいえ! 肌寒いんです! 特に首周りが!」
P「お、おう……」
亜美(お、おう……)
18:
律子「と言うことで、髪を下ろそうと思います!」
P「あ、ああ。どうぞ」
律子(何とか自然に出来たわね……)シュルシュル
亜美(不自然極まりないよ律っちゃん……)
律子「ふぅ」ファサッ
律子(ど、どうよ。私だってやれば出来るんだからね!)
亜美(って顔してるけど、その程度出来て当たり前なんだぜ律っちゃん……)
19:
律子(さて、プロデューサーの反応は……)チラッ
P「……」ジー
律子(め、めっちゃ見てるぅぅぅ!)ドキドキ
P「……」ジー
律子「な、何ですかプロデューサー////」
P「ん? いや、律子って髪下ろすと何て言うか……その……」
律子「……」ドキドキ
20:
P「年相応って感じになるな!」
ドンガラガッシャン!
P「っ!??! な、なんだ今の音!」
律子「積んでた書類が崩れたのかもしれませんね! 私ちょっと見てきます!」
21:
……
律子「亜美、急に大きな音たてないでよ!」
亜美「ごみんごみん。でもさ、兄ちゃんのあの反応聞いちゃドンガラせずにはいられませんぜ!」
律子「ま、まぁせっかく頑張ってみたのにあの反応は確かに残念だけど……やっぱり私なんかじゃ……」
亜美「ていっ」ズビシッ
律子「あうっ」
22:
亜美「駄目だよ律っちゃん、そんな理屈になっちゃ!」
律子「アンタそれワザとやってるでしょ」
亜美「律っちゃんは十分すぎるくらい可愛いし魅力的だよ! 現役アイドルの亜美が言うんだから間違いないっしょ!」
律子「亜美……」
亜美「こうなりゃ最終奥義だよ!」
律子「さ、最終奥義?」
亜美「眼鏡キャラの特権……眼鏡外しだよ!」
律子「め、眼鏡外し!?」ガビーン
亜美「そーだよ! 眼鏡外した時のギャップに兄ちゃんもときめき胸きゅんだよ!」
律子「だ、ダメよ!」
亜美「えー、何でさ」
律子「昔プロデューサーに……」
23:
?アイドル時代?
P『そう言えば律子ってさ、コンタクトにはしないのか?』
律子『はい?』
P『ほら、ダンスなんかでも眼鏡だと動きにくいだろうし』
律子『ふふ、分かってないですねプロデューサー。この眼鏡は戦略なんですよ』
P『戦略?』
律子『普段から眼鏡をかけた姿で売り込むことで、ここぞって時……本当にアピールしたい時、眼鏡を外した姿に価値が生まれるわけですよ。いわば奥の手です』
P『なるほど。流石律子、計算高いな』
律子『これも戦略って奴ですね』
P『でも残念だな。律子の眼鏡を取ったとこ、見てみたかったんだが』
律子『ふふっ、プロデューサーがもうちょっと格好良いとこ見せてくれたら、見せてあげるかもしれませんよ』
24:
……
律子「って言っちゃったのよぉ……」
亜美「で、実際のところは?」
律子「眼鏡無しをプロデューサーに見られるのが恥ずかしくて……」
亜美「もー、律っちゃんってば頑固なツンデレなんだから」
律子「頑固な汚れみたいに言わないでよ。でもそんなわけだから、下手に眼鏡外すと『意識してる』って思われかねなくて……」
亜美「してるじゃん」
律子「それはそうなんだけど////」プシュゥゥ
25:
亜美「でもそれはある意味チャンスだよ!」
律子「え、どうしてよ?」
亜美「ってことはだよ、律っちゃんが眼鏡を外した姿を見せることで、兄ちゃんはギャップに萌え萌え+律っちゃんが兄ちゃんを意識してるって気付かせるっていうダブルパンチが狙えちゃうわけだよ」
律子「無茶言わないでよ! 髪を下ろすだけでもあれだけ緊張したのに……」
26:
亜美「律っちゃんはそれで良いの?」
律子「え?」
亜美「兄ちゃんとこのまま、気が置ける同僚って関係で終わって……兄ちゃんがいつか他の人とおつきあいするのを黙って見てるだけで良いの?」
亜美「はるるんやミキミキとか……今は兄ちゃんのこと、ただの仕事の上司って感じだけど、いつか律っちゃんみたいに兄ちゃんを好きになるかもしんないんだよ?」
律子「亜美……」
亜美「律っちゃんいつもレッスンの時言ってるよね、今頑張らないと、将来絶対後悔するって。律っちゃんにとっての今っていつなの?」
律子「……あーあ、ダメね私。年下の子にこんな格好悪いとこ見せちゃって」
27:
律子「やってやろうじゃないの。後悔がないように」
亜美「その意気だよ律っちゃん!」
律子「行ってくるわね……ああそれと」
律子「正しくは気が『置ける』じゃなくて『置けない』ね。間違える人多いから気をつけるように!」バタンッ
亜美「……んふふ、それでこそいつもの律っちゃんだよ!」
28:
……
P「おお、お帰り。大丈夫だったか?」
律子「ええ。それよりプロデューサー」
P「ん、何だ?」
律子「私が何でコンタクトにしないか、覚えてますか?」
P「ああ、お前がアイドルだった頃に聞いたことがあったな。確か、ここぞって時に外すことでアピール出来るからだっけ? でも結局、トップアイドルになって引退するまで一度も外さなかったよな」
律子「気付いてました? あれ、嘘ですよ」
P「えっ!?」
29:
律子「ホントはただ、あなたに見られるのが恥ずかしかっただけです」
P「……律子?」
律子「でも、今日だけはアレ、本当ってことでお願いします」スッ
P「それってつまり……」
律子「……どうでしょうか////」
P「あ、ああ……可愛い、と思うぞ」
律子「何ですかそれ」クスッ
30:
P「な、なあ律子。今日だけは本当ってことは……俺はうぬぼれてもいいんだろうか?」
律子「これ以上私に言わせないで下さいよ///」
P「そうだよな。何て言って良いか、俺もこういうの慣れてないから分からんが……」ポリポリ
P「俺と……その、付き合ってもらえないか?」
律子「ええ、よろこんで!」
31:
……
P「……」ドキドキ
律子「……」ドキドキ
P「あー、律子。この後なんだが……」
律子「プロデューサー、今夜はちょっとやめときましょう」
P「そ、そうだよな」ガクッ
32:
律子「代わりに、ちょっと寄ってもらいたいところがあるんですけど……」
P「お、おう! 何処でも言ってくれ!」
律子「少し待っててもらえませんか? 今、連れてきますから」
P「連れてくる?」
33:
……
亜美「律っちゃん、見てたよ! おめでとー!」
律子「ありがとう、亜美。あなたのお陰よ」
亜美「んっふっふー、この亜美様にかかればどんな恋愛もちょちょいのちょいだぜ!」
律子「さてと、亜美。そろそろ家に帰るわよ」
亜美「いっ!?」
律子「アンタも言ってたじゃない。今やらなきゃ後悔するって。真美と喧嘩しっぱなしなんて嫌でしょ?」
亜美「むー……」
34:
亜美「はぁ……しょうがないなー。ここは律っちゃんの顔を立てて、帰ってあげますか!」
律子「ふふっ、ありがと。亜美」ナデナデ
亜美「ん、えへへ。律っちゃん今日はなんだか優しいね!」
律子「いつも優しいの間違いでしょ」フフッ
35:
……
P「しっかし、亜美が隠れてたとはなぁ」ブーン
律子「ええ。私もビックリしましたよ」
P「でもまぁ、亜美には感謝しないとだな」チラッ
亜美「zzzzzz」スピー
律子「ですね。いつまでも子供だと思ってましたけど、この子達も気付かないうちに大人になってるんですね」
36:
P「俺たちも亜美みたいな可愛い子供が欲しいな」アハハ
律子「気が早すぎますよ、プロデューサー////!」
P「すまんすまん。人生初彼女だから、浮かれちまってな」
律子「もう……」カァァ
37:
律子「……いつか」
P「ん?」
律子「いつか、竜宮がトップアイドルになったら……その時はその、お願いします////」
律子「だからその……今はこれで我慢して下さい」チュッ
P「……」
律子「ぷ、プロデューサー?」
P「ぃよっしゃぁああ、頑張ろうな!!」ブーン
律子「わわっ、とばしすぎですよ!」
亜美「んぅー、兄ちゃんうるさい!」ムニャムニャ
おわり
38:
?後日?
亜美「……って感じで、この亜美様が二人のキューピッドになったのだよ!」
やよい「へぇー、亜美凄いね!」
真美「あの夜そんなおもしろそーな事があったなんて……ずるいっしょ!」
小鳥「ねぇねぇ亜美ちゃん」
亜美「ん、どしたのピヨちゃん?」
小鳥「私も是非御指南お願いします!!」ドゲザッ
亜美「お、おう……」
本おわ
39:
以上です。最初は律っちゃんが照れまくるだけの予定が書いてる内になぜだか進路変更してしまった……
関係ないけどもうすぐ小鳥さんの誕生日ですね
4

続き・詳細・画像をみる


ロシアの美女とゴプニキの画像交互に貼っていく

【サヨク画報】社民、参院選に増山麗奈さん擁立。過去に「てめえら豚はプルトニウム米でも喰ってな!」の発言も

最近の戦隊ロボかっこ悪すぎやろ……

【サヨク画報】社民、参院選に増山麗奈さん擁立。過去に「てめえら豚はプルトニウム米でも喰ってな!」の発言も

ワイちな巨、2016年優勝できるイメージがわかない

猫の頭をグリグリして相当嫌がられたカンガルー

back 削除依頼&連絡先