ユーラシアをチャリで走ってきたけど質問ある?その2back

ユーラシアをチャリで走ってきたけど質問ある?その2


続き・詳細・画像をみる


書き溜めをしていないのでゆっくり書いていきたいと思います。
写真も貼っていきます、どうぞよろしく。
前回:ユーラシアをチャリで走ってきたけど質問ある?
http://world-fusigi.net/archives/8264215.html
2:
マジかよ!!すげーな
6:
>>2
ありがとうございます。
3:
よく殺され無かったな!
6:
>>3
振り返れば本当にそう思います。運が良かったのでしょうね。
5:
前のスレではコメントありがとうございました!
ゆっくり書いていきます。
質問等あれば答えたいと思います。
文章をまとめる力がない等、ご迷惑をお掛けするかもしれませんが
よろしくお願いします。
身元がばれないように気を付けながら嘘なく答えます。
ユーラシアをチャリで走ってきたけど質問ある?
http://world-fusigi.net/archives/8264215.html
8:
パンクは何回?
10:
>>8
パンクは数えきれないくらいしました・・・
ただ数百回まではいかなかったと感じます。
おそらく東南アジアが一番パンクしました。
9:
どっからどこまでチャリで移動したのかな?
10:
>>9
シンガポールからアイルランドまでです。
途中フェリーを使いましたがおおよそ陸路です。
マレーシアの田舎風景です。
14:
以前はKL迄書いたと思いますので自転車のようにゆっくり書いていきたいと思います。
KLにつく頃には自転車で海外を走るという事がどういうものなのか
なんとなくわかってきたと感じていました。
それはうぬぼれだったのがすぐに思い知りましたが・・・
道中のスーパーの店員さんです。
16:
まとめで見た!
支援
18:
>>16
ありがとうございます。
良かったらお付き合いください。
17: U 2015/12/08(火)22:13:48 ID:ojK
マレーシアか東洋の真珠と言われてる国だろう
18:
>>17
そうなんですか、いまググったらデヴィ夫人がヒットしました。
19:
KLを旅立った後もひたすら北を目指しました。
ただし「地球の歩き方」を見ながら旅をしているうちに
色々立ち寄りたいところが出てきましたので最短距離ではなかったです。
その寄り道の一つ目がキャメロンハイランドでした。
この標識にあるイポーという町の手前を曲がってずっと山道を登っていきます。
20:
山道の手前で人生初のスコールを体験しました。
雨宿りに選んだレストランがレス1の写真です。ねこも雨宿りしてました。
そこのレストランは家族経営で、自転車旅行者が珍しいらしく
簡単な英語で少し話をして仲良くなりました。
娘さんすごい美人
21:
あとドラえもんやってました
22:
坂道を上っていて気づきましたが、自転車であんなところ
いくものではないです。激しく後悔しました。
わずか出発して2週間で高いハードルを自分でつくってしまいました。
ただ途中で引き返したくない一心で上り続けて到着したのは翌日昼過ぎでした。
途中足長蜂に刺されました。
29:
>>22
すごい
もしかしてモンサントの実験プラント?
33:
>>29
特別な農場の事でしょうか。そうかもしれません。
32: U 2015/12/08(火)22:37:35 ID:ojK
>>22
マレーシアですか?
33:
>>32
マレーシアです。ここは丁度国の左真ん中上くらいでしょうか。
標高1400mくらいあります。
24:
でも空がきれいでした。
来てよかったと思えた時、自分自身調子がいいと思いました。
25:
生水で腹下した?
27:
>>25
お店で出された飲物で下しました、死ぬかと思いました。
場所はカンボジアのプノンペンでした。飲物を出した店の従業員は今でも
ぶっ飛ばしたいと思ってます。
30:
>>27
水分は果実で取るのがいいとある人が言ってたぞ!
31:
>>30
ある人の言う通りだと思います。親切にありがとうございます。
34:
痩せる?
36:
>>34
痩せました。ただ中国に着くまでに5キロ減程度でした。
外見は健康的な痩せ方のように見えましたが、時にはとんでもない量の
食事もしたので内面的にはどうでしたでしょうか・・・
35:
キャメロンハイランドには2泊しました。
次はペナンを目指しました。
ペナンはマレーシアの陸地に寄り添っているような島です。
ある旅のバイブルでも知られていました。
また道中のスーパーの従業員さんです。
色鮮やかな服ですね。
37:
ペナンの海沿いの宿を1週間ほど借りました。
この間タイのビザを取得しました。
日本人はタイのビザ取得が義務付けられていませんが
ノービザだと自転車で次の国まで行けるか不安だったため
予め取得しました。
ペナンの夕日はとても奇麗でした。
38: U 2015/12/08(火)22:48:34 ID:ojK
マレーシアはノービザですか?
41:
>>38
ノービザでした。マレーシアはノービザ許可日数が長いため
自転車旅行でも問題なく通過できました。
39:
マレーシアでとった食事です。
ペナンは屋台村があり見ているだけで楽しめました。
40:
>>39
白米が美味しそうにみえねえ…
42:
>>40
日本のお米は本当においしいと思います。
でもマレーシアのお米もなかなかでしたよ!
43:
マレーシアは焼き鳥に似た食べ物があるとある人が言ってたぞ!
45:
>>43
串焼きもありました!一つ食べましたがとってもおいしかったです。
日本では食に対して保守的でしたが、国外ではいろいろ食べてみる方が
経験になりますし、なによりおいしい時の感動が一番の調味料ですね!
44:
ちなみにペナンへは橋も架かっていますがフェリーを使い上陸しています。
船はロマンの塊だと思います。
47:
そういえばペナンで出会ったオーストラリアの夫妻と話した事がありました。
滞在していた宿で日本のマンガがきっかけとなり話が弾みました。
ブリーチが大好きみたいでした。
その話の中で、旅の目的や旅に至る経緯を話していると
「あなたはグッダイになるわね」と言われました。
つたない英語能力もあり初めは意味が分かりませんでしたが
そのうちに「good die」、良い死に方をする、という事を言っているのだと理解しました。
自分は良い死に方ができるだろうか・・・考えさせられました。
ペナンではちょうちょ園へも行きました。世界最大規模だそうです。
49: ■忍法帖【Lv=0,作成中..】 2015/12/08(火)23:06:04 ID:gJm
質問 ライト何使ってました?
53:
>>49
ライトはペン型より若干太いくらいのライトでした。
ハンドルの近くにつけられるタイプです。
点滅と常時点灯が選べる単三電池しようの2000円位のものです。
とても親切な日本の下町の自転車屋さんに譲っていただいた覚えがあります。
50:
ペナンをあとにしたら次はもう国境でした。
マレーシアの滞在も長いようで短かったです。
そういえば国境近くに一泊した際、近くにスーパーはあるか
女将さんに聞きましたが、「ハイパーマーケットならあるわよ」
と返ってきました。すごく強そうなマーケットだと感じました。
51:
九州一周で心折れたのに凄いな
目的地とか決めてるんですか?
54:
>>51
結果的にはアイルランドが目的地でしたが
東南アジア当初は「ヨーロッパのどこか迄行こう」としか考えてませんでした。
およそ綿密な計画もせず、酔狂に・・・というやつでした。
55:
遅れましたが紹介します。私の相棒の「目」です。
飛行用のアンティークゴーグルですが、雨が降った時に
使う以外は自転車のハンドルに括り付けてました。
私の自転車の最大の特徴でもあります。
63:
>>55
いいねぇ
こういうグッズ紹介もちょこちょこはさんで欲しい。
68:
>>63
ありがとうございます、旅のグッズもなるべく貼っていきたいと思います。
56:
飲物はマレーシアのスポーツドリンクです。
レモン味の炭酸飲料でおいしかったです。
ちなみにその右にあるのは手袋です。
暑い中でなぜ手袋をするかというと・・・
ハンドルをずっと握っていると掌がとても痛くなるために
冬用の厚手の手袋をしながら走行していました。
ずっと洗っていなかったためか、一度蜂が手袋に止まった際
数秒してからひっくり返って死にました。
よほど危ない臭いがしたのでしょう。
57:
>>56
www
58:
>>56
これはwww
64:
>>57
>>58
失礼な蜂だと思いましたが
数秒で殺してしまう手袋を作り出した私がどう考えても悪でした。
蜂には心で謝りました。
61: アホアホマン◆AHOAHOJgCc 2015/12/08(火)23:22:50 ID:TLk
前スレ見てきた
基本おーぷんはスレ落ちしないよ
で、何歳の時に行ったの?
67:
>>61
前スレはこのまま残るという事ですね、初めて知りました、ありがとうございます。
出発時は20代中頃です。
62:
タイへ入国しました。
国が変わると街並みが変わり、右側通行になり、木の種類も変わりました。
国境を隔ててこうも変わると、なんとも言えない気持ちになります。
国境付近はどこでもさみしい気持ちになります。
それまで出会った人たちや文化に別れを告げるからでしょうか。
通過するだけの旅人なので仕方のないことですが・・・
先へ進みます。
69:
タイはマレーシアに比べにぎやかな国でした。
市場には人が沢山、物も沢山、屋台も沢山、においもすごい・・・
毎日がお祭りのようでしたし、私も毎日お祭りテンションではしゃぎました。
70: アホアホマン◆AHOAHOJgCc 2015/12/08(火)23:36:15 ID:TLk
>>69
しかも物価が安いんでしょ?
毎日パーティーできるやん!
72:
>>70
物価は安かったですね!
500mlペットの水がコンビニで40円くらいだったでしょうか・・・
ちないにスラタニ近くで買った食べ物です。
74: アホアホマン◆AHOAHOJgCc 2015/12/08(火)23:40:18 ID:TLk
>>72
でっけぇヤクルトみたいなのは何?
73:
これ、ヤクルトなんです。500mlくらいあります。
すごいびっくりしました。私はヤクルト大好きなので
こんなものが売っているタイは最高だと思いました。
2Lくらいのものもありました。
71:
問題は入国2日目に起きました、雨です。
初めはただ降り続けるだけだったのですが、スラタニという街に
たどり着いてから深刻なものとなりました。
私はこのスラタニからフェリーを使い、リゾート島のサムイ島へ渡りました。
目的は今までの疲れをリフレッシュする為、それからダイビングライセンスを取得する為です。
タイではプーケット島が一番知られていますが、ダイビングライセンスが取得しやすい国として
そこそこ有名のようでした。私もそれにあやかろうと思っていましたが・・・
76:
ホームシックにならないの?
78:
>>76
ホームシックにはなりませんでした。
旅の途中、考える時間がとても多かったので家族や友人の事も
考えておりましたが、不思議とさみしくはありませんでした。
77:
サムイ島についても雨はやみません。むしろ強まる一方でした。
滞在1週間が経ち更に天候は更に悪化してなんと洪水が起きました。
洪水はサムイ島とスラタニを中心に、局地的ですが激しいものでした。
スラタニも陸の孤島状態、サムイ島も他の島に行くことはできず
唯一フェリー運航しているのはスラタニ-サムイ間のみでした。
ダイビングはあきらめまずスラタニに戻りました。
写真はサムイで滞在していた宿です。従業員が親切でした。
79:
マレー半島に戻った私ですが、やはりスラタニは文字通り陸の孤島でした。
他の街からの供給はなく水道も止まりました。
我慢の限界でした。なぜ旅に出ている私自身が五体満足、自転車も整備万全なのに
前に進めないのか。私は洪水を越えることにしました。
80:
道は洪水で氾濫しており、深いところで1.2mくらいありました。
真横から洪水が流れてきている中で自転車を押して歩きましたが
本当に生きている心地がしませんでした。というか人が流されていきましたが
助けられませんでした。
何よりも自分の命優先でした。
81:
大体10km程頑張って歩くとようやく水かさが減っていったので安心しました。
無事生還しました。死ぬかと思いました。
洪水の爪痕でしょうか・・・
82: アホアホマン◆AHOAHOJgCc 2015/12/09(水)00:02:19 ID:RJq
>>81
ひでぇwww
84:
>>82
洪水を越えた後だと「お、やってるやってる」みたいな気持ちで
トラックを見てました。
83:
でも通常通り走行できるとさっきまでの危険はなくなり
Ipodを流しながら旅を続けました。
音楽は大好きなので自転車とは別の旅の相棒になりました。
85:
なんかもうアドベンチャーやね
87:
>>85
事実は小説より奇なり、ですね。
そのあとのタイは比較的平和に北上を続けることができました。
ここで少しタイの話をしたいと思います。
86:
軍資金はどのくら準備して行ったん?
88: アホアホマン◆AHOAHOJgCc 2015/12/09(水)00:12:04 ID:RJq
>>86
それより金管理をどうやったか気になる
盗難とかありそう
89:
>>88
まずドルを10万円ほど日本から持っていきました。
それとは別にT/Cで15万円ほど、あとはシティバンクの口座を設けて
PLUSというマークのついた国外のATMならどこでも現地通貨に引き落とせるようにしていました。
盗難は未遂ですが、中国で一度、モンゴルで一度ありましたが幸い気づいて
泥棒を撃退できました。本当は力技で来られたら何も出来ないのですが
そういった状況はなかったので運がいいのだと思います。
あ、ぼったくりは数えきれないほどありました。
89:
>>86
旅の準備金450万くらいでした。
旅に出る前で50万円くらい使いました。
ちなみに自転車の本体価格は95000円です。
オプションをつけたら10万円は超えますが
下町の親切な自転車屋さんに助けられた部分がかなりあります。
90:
87の写真について説明します。
テレビに映っているのはタイの番組です。
前のスレでも書きましたが、マレーシアにいた際に3.11が起きました。
そのニュースは海を越えて滞在先のマレーシア、タイなどにも波及し
大きく取り上げられました。マレーシアでも現地の人が心配をしてくれましたが
タイでは「がんばって」という言葉をタイトルに日本への励ましのエールと
募金活動が行われていました。とても感動しました。
私はこの時日本に帰ろうとしなかった非国民ですが、日本の災害に対する海外の人たちの
悲しみを感じることは出来ました。これは国外にいたからこそ感じられることだと思っております。
余談ですが、この番組の放送の2日ほど後でスラタニ-サムイの洪水が大きく取り上げられ
日本への募金活動をしていた人たちは一転、「スラタニ-サムイの人たちを助けよう」の団体になっていました。
当たり前の事なのですが、、、タイの人たちはとてもたくましいと思いました。
ちなみに実話です。
92:
次に鳥の写真ですが、東南アジアでよく見かけた鳥です。
亜種がいるらしく、体の色が違う同型の鳥もみました。
その次が豚さん、売られるのかお肉になるのか、鳴き声がさみしかったです。
最後に標識です。ここではバンコクまでの距離を指しています。
まだまだありますね。数字が減るたびに達成感がありました。
94:
またタイの写真を貼っておきます。
96:
>>94
テレビは欽ちゃんの仮想大賞です。日本の番組が沢山放送されてました。
次に私の腕です。一日中日差しを浴びたせいか日焼けしてます。また
汗が蒸発して塩が沢山張り付いています。汗や塩分についてはどこかの折に説明します。
次は雨宿りさせてもらったお店のお母さんと子供です。
男の人は売店の従業員さんでした。
95:
Euro(ヨーロッパ)+Asia(アジア)=ユーラシア大陸
これ豆な
97:
>>95
名付けた人はやはりヨーロッパの人でしょうか。
Euroが先になっているあたりそう考えてしまいます。
99:
話を進めます。
ここからバンコクへは私の旅の中で1日当たりの最長距離を走りました。
朝の7時頃から次の朝7時頃までずっと走り続けました。
一度限界に挑戦してみたかったのでこんなことをしましたが、もう2度としたくないと思います。
膝が壊れて一週間まともに歩けませんでした。
101:
すみません、また写真とその説明をします。
102:
建物と女性はバンコクに到着する前に宿泊した街の宿と従業員さんです。
とてもタイの女性らしい笑顔と佇まいです。素敵だと思います。
食べ物は道中の食事処です。大体はこんなものを食べていました。
103:
さて、ようやくバンコクにつきましたが
ここではいろいろ楽しみにしていたことがありました。
・夜の風俗
・アイフォンが手に入る
・ミャンマーへ小旅行
大きくこの3つです。どれも楽しみで仕方がありませんでした。
104:
そういえば3.11があった2011年はタイで大洪水ってニュースでやってたな
多くの日系企業工場が冠水してたっけ
でもってクーデター起きる前だったから首相は赤組タクシンの妹のインラック
107:
>>104
詳しくてすごいです。
スラタニにいた際にタイの文字で国に対する抗議のような看板がかなり掲げられていました。
ただそれが政府に対してか皇室(?)に対してかはわかりませんでした。
またバンコクではちょうどデモのようなことも行っていました。
赤い服を着て座り込みをしていました。
105:
まず夜の風俗ですが、旅をする当初、タイのバンコクという首都の印象は
東南アジアの拠点、陸路空路ともに要所だという事しかしりませんでしたが
マラッカの宿においてあったタイの風俗事情の本をみて、バンコクが夜の街としても
有名だという事を知り、興味がわきました。
106:
タイの風俗ってニューハーフが多そう
108:
>>106
私の入ったバー(ゴーゴーバー)では胸丸出しの
お姉さんがお尻にラッパをつっこんでパフパフならしてました。
たぶんニューハーフではなかったと思います。
ただテレビではニューハーフは話題になっていますよね。
ラオスでは見かけました。
ちなみにゴーゴーバーに行った理由はお店のTシャツが欲しかったからですが
見事に手に入らずぼったくられました。(1000円程度でしたが)
109:
連日タイで洪水って日本でもニュース流れてたしね
https://www.youtube.com/watch?v=C2WEAy2UzW4
https://www.youtube.com/watch?v=9X_Seqb7Zxo
112:
>>109
ニュース見ました、ひどいですね。
私がバンコクに着いたときはこれほどではなかったです。
またこのあとアユタヤにも立ち寄りますがその時も
道路は問題ありませんでした。
運が良かったと思います。
117:
話を続けます。
アイフォンについてですが、これは日本にいる母上から
国際便でアイフォン4を送ってくれるという連絡があったという事です。
アイフォンにはGPS機能があるので是非欲しいと思いました。
地図アプリを読み込むことができれば自分の立ち位置がわかります。
文明に頼らないロマンもあるとは思いますが、この際手に入るなら
使おうと考えました。
ただし問題があり、受取先がなんとサムイ島の宿でした。
色々な行き違いもありこんなトラブルとなったらしく
結局自転車をバンコクに置き、深夜バスを使ってスラタニ着
更にサムイに行き宿で無事受け取ることができました。
ここで感じたことは、あれだけ苦労して走った道のりをバスは一晩で
やってのけるんだ、という事です。
人間の築いた文明は途方もないと再認識させられました。
ちなみに洪水はもうおさまっており、バスは障害なくスラタニへ辿り着けました。
121:
今回の旅で合計何か国踏破した?
123:
>>121
自転車のみだと数えてみないとわかりませんが
電車や飛行機もカウントするのでしたら非公式国家を含め75です。
前のスレでセボルガという名前を出しましたが
こちらも国としてカウントしております。
実際は65くらいでしょうか。
124:
>>123
すげえ!
ユーラシア大陸の国ほとんど行ったことになりそうだね。
126:
>>124
ありがとうございます。国の数からいえばそうなのかもしれません。
ただ大国ロシア、またインドやネパール、パキスタンに訪れていないことが
とても心残りです。インドは近いうちに行きたいと考えております。
ロシアはソチオリンピックの実現と日本企業が進出していることもあり
近い未来ビザの緩和を期待しましたが、状況は変わりないようですね、残念です。
特に中央アジアやモンゴルではロシアの存在はひしひしと感じたこともあり
大変興味があります。またロシア音楽もすきです。
128:
>>126
モンゴル行ったって書いてたからロシア経由なのかと思ったら違うのね。
どのルートで行ったのか楽しみにしてるぜー!
122:
話を続けます。
ミャンマーの話ですが、結論から言えばミャンマーの国境の街にだけ
行くことが出来たので、アユタヤに自転車を置き、そこからは電車とバスで
国境まで行きました。
ここで初めて寝台電車に乗りました。とても楽しかったです。
日本でも乗ったことがなかったのでこの経験は新鮮でした。
バスもですが、寝ながら移動できる事は本当に贅沢だと思いました。
自分が動かなくても運んでくれる素晴らしさはこの時最大限に感じました。
125:
ミャンマーへの入国は国境の街限定であればほぼ素通りで訪問できるようです。
昔ビルマの竪琴という映画とスーチーさん、という事くらいしか
ミャンマーの事がわからないので、印象という印象はありませんでしたが
タイよりは落ち着いた感じはしました。
写真はミャンマー側の街にいた女の子です。
ミャンマーの文字はなんて書いてあるのかわかりません。
個人的にアラビア語と双璧をなしてわかりません。
127:
タイの話が長くてすみません。
また写真の説明をしたいと思います。
129:
実はタイについてから自転車を軽量化しています。
具体的にはいらないと思った自転車工具と本を日本に送り返しています。
これだけで10kmくらい減りました。
コメントし忘れましたが、サドルの真下にある小さい黒いものは輪行バッグです。
それから118さんの質問に答えてませんでしたが、ペダルは普通のペダルです。
自転車を漕ぐ際、足を挙げる時も力が入るペダルと専用の靴があるようですが
そういったものは使いませんでした。
138:
>>129
結局最終的に残した工具と予備パーツってどんなだったの?
コッタレス抜きとか重いけど現地で探すの大変そう…
141:
>>138
コッタレス抜きをググりました。これは持っておくようにしました。
ギアを絞める工具と予備のギア、予備のブロックタイヤ、その他
それまでに買ったお土産戦利品を送りました。確かアーレンキーも必要のないものは
送りましたし、ドライバーも不要と判断しました。ペンチも針金もポイポイしてました。
最終的には予備のチェーン一つとアーレンキーひとつ、パンク修理キット、結束バンド・・・
あとはなんだったかな。とにかく自転車旅行者が持つであろう重量の半分や1/3にはなっていたと思います。
親切にしてくださった自転車屋さんには日本に送り返した事は内緒ですが。
147:
>>141
なるほどありがとう
実際に行ってきた人の装備とか聞くとワクワクするわww
いつでもいいので機会があれば工具とか以外の装備紹介もしてよ
本物の人にとっては当たり前だけど行ってない人にとっては意外な物とかありそうで面白い
150:
>>147
わかりました。
実はいま自転車は手元になく、自転車屋さんの下で
お休みしております。
工具や装備は実家にあると思いますので
どこかで紹介したいと思います。
丁寧にありがとうございます。
道にいたアヒルさんでとりあえずお別れします。
130:
プライベートな事聞いてすまんが普段は何してるの?
金持ちの道楽とかか?
ずっと>>1みたいに各国旅したいと思ってるんだけど日本での生活もあるし凡人には叶わぬ夢なんだよな
133:
>>130
今は普通のサラリーマンをしています。
旅の資金は3年程社会人として働いたお金と大学時代のアルバイトの貯金が
充てられてます。
私自身能力もなく凡人だと思っております。
10歳くらいからこのような旅がしたい、そのためには
会社をやめても出かけようと考えてました。
そして今、凡人が無理をしたツケをいま支払っている・・・というところでしょうか。
コメントに時間がかかりすみません。
131:
あとアユタヤにブラザートムに瓜二つの人がいたので貼っておきます。
女の子がお祈りをしている写真です。タイの人たちは日本人よりも信仰心が厚いようで
とても熱心にお祈りをしていました。また撮影する側は不謹慎かもしれません。
あとはタイの北部の民族衣装がありましたので貼りました。
民族衣装も大好きです。ラオスで一着買いました。荷物になってとても煩わしかったです。
132:
割りかし治安があまりよろしくない国に結構行ってるのに犯罪に会わない1は運がいいなぁ
134:
>>132
運が良かったと思います。
あとはありきたりかもしれませんが、危いだろうというところに
近づかない、コミュニケーションをとる、これが大事かと思います。
私の場合、さらに「バカになる」事も必要だと戒めてます。
普段日本で理性が働いてできない動作も、海外では求められたりしました
135:
>>134
理性が働いて出来ない動作って具体的には?
137:
>>135
実際行った動作としては宿代を値切るために女将さんのお婆ちゃんに「愛してる」と言ったり
泊まりたい際のジェスチャーとして手を合わせておやすみポーズをしたり
中央アジアでは全く英語が使えない分知ってる単語の「ハラショー」を連発したりしました。
ハラショーというときは\(^o^)/こうしてました。
個人的に素晴らしい効果があったと実感しています。
136:
話を続けます。
ミャンマーからアユタヤに戻ってきてからは
カンボジアに向かってまた走りました。
またタイの雨宿り先のお店の女性です。親子のようでした。
144:
さて、カンボジアについてですが・・・
実はカンボジアは私見でとても悪い印象の国でした。
国民すべてが貧困で強盗予備群だとか、鉄格子のある部屋でないと寝るなとか
その他色々噂を聞いて国境に着いたものでした。
但しカンボジアはアンコールワットのある国ですし、首都のプノンペンでは
国際フリージャーナリストの証明書がもらえるというので
好奇心が勝りホイホイ入国しました。
145:
入国したての時は近くのカンボジア人に
自転車で走っているのに「タクシー使え」とか
「自転車くれ」とか無茶をいわれました。
それからタイの喧噪よりさらに上をいくクラクションの音や
粗い運転の車を見かけました。
「ここは危ない国だな」と思っておりました。
146:
でもそれ以上にカンボジアの人は親切で優しかったです。
とても驚きましたが噂はあくまでも噂でした。
道を走れば「ハロー」声をかけてくれたり手を振ってくれたり。
人に関して言えば最高の国でした。
国境先の食事処にて。
148:
今日はこれで失礼します、また続きを書こうと思います。
続きはこのスレに続けたほうがいいのでしょうか。。。
よろしければまたお付き合いください。
149:
乙!
153:
乙!
152:

続き・詳細・画像をみる


三大最近流行ってるくっそサムいマンガの題材

イザナミ「お兄ちゃん…?」イザナギ「帰ろう、イザナミ」

あたらしいくるまかったのーピンクなの

ジャンプ作家のテクニックが見れる本wwwwwwww

【エロ注意】15年前のAV女優のレベルwwwwwwwww

「LINE」みたいなPS公式アプリ『PlayStationMessages(プレイステーションメッセンジャー)』本日より配信開始!

back 削除依頼&連絡先