【デレマス】凛「プロデューサー、あの話決めてくれた?」back

【デレマス】凛「プロデューサー、あの話決めてくれた?」


続き・詳細・画像をみる


武内P「渋谷さん……あの話、とは?」
凛「惚けるつもり? 昨日話したことだよ」
武内P「その話でしたらお断りしたはずですが」
凛「だからもう一度よく考えて、決めてほしいって言ったよね?」
武内P「すみませんが……何度言われましてもお断りします」
凛「……どうしても駄目なの?」
武内P「はい。渋谷さんもいい加減諦めてください」
凛「…………そんな簡単に諦められないよ」
武内P「…………駄目、ですか」
未央「なになに? 修羅場? 修羅場?」
卯月「み、未央ちゃん、邪魔しちゃ駄目ですよぉ」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440217601
2: 以下、
凛「プロデューサー言ったよね、『夢中になれる何かを探しているのなら、一度、踏み込んで見ませんか…?』って」
武内P「はい、言いました」
凛「『そこにはきっと、今までと別の世界が広がっています』とも言っていたよね?」
武内P「そうですね、それは間違いありません」
凛「じゃあ、あの話を受け入れてくれるよね?」
武内P「駄目です」
凛「…………」キッ
武内P「…………駄目です」
未央「ふむ、しぶりんとプロデューサーにそんな過去が……」
卯月「あの話ってなんでしょうか? 凛ちゃんがアイドルとしてやりたいこと?」
3: 以下、
凛「ねぇ、なにが駄目なの?」
武内P「そもそもあの話で何故良いと思ったのですか?」
凛「…………」
武内P「…………」
凛「…………はぁ」
武内P「…………」クビニテヲ
未央「まぁまぁ、二人とも。なにがあったのさ? この未央ちゃんに言ってみ?」
卯月「あ、あのっ、ケンカは駄目ですよ?」
凛「未央……卯月……」
未央「ほら言っちゃいなよー、しまむーが解決してくれるからさっ」
卯月「ええっ!? 私がですかっ!?」
4: 以下、
未央「えっ……しまむーは二人がこのままで良いって言うの……?」
卯月「そ、そんなこと無いですよっ。二人が困ってるなら力になります!」
未央「だよね? さすがしまむー、偉い!」
卯月「えへへ」
未央「よしっ、しまむー。景気付けにいつものアレだ!」
卯月「はいっ。島村卯月、頑張りますっ!!」
未央・卯月「いえーいっ!!」
凛「……二人とも、お約束の漫才は終わった?」
未央・卯月「あっ、はい」
5: 以下、
未央「それでどうしたんだね、お二人さん」
卯月「そうですよ、一体なにがあったんですか?」
凛「プロデューサー、二人にあの話を聞いてもらっても良いよね?」
武内P「そうですね。あまりこの話は広めたくは無いのですが……仕方ありません」
凛「じゃあ二人とも。昨日の話を聞いて私とプロデューサー、どっちの味方になるか決めて」
卯月「どっちか選ばなきゃいけないんですか!?」
未央「しまむー、辛いかもしれないけど世の中ってそういうもんだよ……」
卯月「世知辛いです……」
凛「…………」
武内P「…………」
未央「あっ、続けて続けて」
6: 以下、
凛「まぁ……良いけど。私、夢中になれるものを見つけたんだ」
卯月「凛ちゃん、ホントですか!? うわぁ、凄いです! おめでとうございます!」
凛「ふふっ、ありがと、卯月。でもその夢中になれるものをプロデューサーが受け入れてくれないんだ」
未央「ええー、ないわー。せっかくしぶりんが夢中になれるものを見つけたのにさー」
武内P「いえ、私も渋谷さんが見つけたものです。それならば応援したいのですが……」
卯月「えっ?」
未央「あー、もしかしてしぶりんのことだから『蒼い』ことでも言ったのかな?」
卯月「あっ」
武内P「『蒼い』……ですか? ……ああ、神崎さんのような」
未央「しぶりんのはらんらんとはちょっと違うんだけどね」
卯月「…………」
凛「蒼い? なんのことだろ……蘭子のような? …………あれ、卯月? どうかした?」
7: 以下、
卯月「……えっと、プロデューサーさん!」
武内P「はい、なんでしょうか島村さん」
卯月「あのっ、私からもお願いします! 凛ちゃんがやっとやりたいことを見つけたんです!」
卯月「凛ちゃんのやりたいことをやらせてあげてくださいっ」
卯月「私に出来ることがあるなら……協力できることがあるなら手伝いますから!」
武内P「島村さん……」
未央「しまむー……」
凛「卯月……」
卯月「まぁ、私も凛ちゃんのことがたまにわからなくなりますけど……」
未央「うん、しまむー。その一言は余計だったよね?」
8: 以下、
凛「……ねぇ、未央、卯月」
未央「し、しまむーも悪気があるわけじゃないだから落ち着こう? しぶりん?」
卯月「うん? 悪気?」
凛「それはいつものことだから別に良いけどさ、さっきから未央も卯月も何の話をしてるの?」
卯月・未央「えっ?」
凛「私がプロデューサーに聞いているのはそんなことじゃないんだけど」
卯月「そうなんですか? プロデューサーさん」
武内P「はい、そのようなことでしたら神崎さんと一緒の企画で考えますが……」
未央「違うんだ……じゃあ一体どんな……ゴクリ」
凛「うん、プロデューサーのシャツを定期的に貰えないか、って話なんだけど――」
未央「あっ、しまむー、これからお茶しない?」
卯月「良いですね! 私もちょうどそう思ってたんですよ」
凛「――!?」
9: 以下、
未央「どこにしようか? ウサミンとこ?」
凛「み、未央?」
卯月「他のみんなも誘いませんか?」
凛「う、卯月?」
武内P「でしたら私もご一緒してもよろしいでしょうか?」
凛「ぷ、プロデューサー!?」
未央「おっ、なんだねプロデューサーくん。JKとお茶したいのかね?」
武内P「いえ、この場から早く逃げ……ではなく、皆さんと交流するのも必要かと」
凛「…………」ダッ
卯月「じゃあ行きましょう…………か」
未央「? どったの、しまむー?」
卯月「未央ちゃん……凛ちゃんにドアを塞がれてしまいましたぁ……」
武内P「し、渋谷さんがドアを塞いで……」
凛「逃がさないよ」キッ
未央「oh……」
10: 以下、
凛「それでプロデューサーのシャツを定期的に貰えないか、って話なんだけど」
卯月「やっぱりその話を続けるんですね……」
武内P「巻き込んでしまってすみません……まさかここまでとは」
未央「こうなったしぶりんはどうしようもないからねぇ……それでなんでシャツなのさ?」
凛「え? だってプロデューサーのだよ?」キョトン
未央・卯月「」イラッ
武内P「渋谷さん、それでは説明になっていません。何故、私のシャツなのでしょうか?」
凛「……やっぱりそこを話さないと受け入れてくれないか」
卯月「いえ、話しても受け入れてもらえないと思いますけど……」
未央「しまむー、今のしぶりんにそんなこと言っても無駄だよ」
武内P「と、とりあえず聞かせてください。話はそれからです」
凛「うん、この前このプロデューサーの部屋に来たときのことなんだけど――」
11: 以下、
――
凛「プロデューサー居る? ちょっと確認したいことがあるんだけど」ガチャ
凛「…………なんだ、居ないのか。外回りから帰ってきてると思ったんだけど」
凛「待ってたらそのうち戻ってくるかな…………あれ、これって……」
凛「プロデューサーの……上着……だよね」
12: 以下、
凛「……………………」
凛「こんなところに出しっぱなしで……皺ができちゃうよ、まったく」
凛「しょうがない、ハンガーに掛けておいてあげるか」
13: 以下、
凛「ふふっ、まるでお嫁さんみたいだね……まぁ、悪くないかな」
凛「…………そういえば美嘉から借りた漫画にこういうシーンあったよね」
凛「置いてあった好きな相手の服の匂いを嗅いじゃうってやつ…………」
凛「――ごくり」
凛「っ!? い、いや何考えてるの私っ!? そんなの変態みたいだよ!」
凛「危ないところだった……こんなところ未央たちに見られたらどうなっていたか……」クンカクンカ
14: 以下、
凛「!?」
15: 以下、
凛「」クンカクンカ
16: 以下、
凛「!!」ビクンビクン
――
17: 以下、
凛「ということがあったんだけど、すっかり嵌っちゃって」
未央「変態だーっ!?」
卯月「み、未央ちゃんっ、本当のことだけどそんなこと言っちゃダメですよっ」
凛「プロデューサーが言っていたように一度、踏み込んでみて良かったよ」
武内P「そんなつもりで言ったのでは無いのですが……」
凛「匂いを嗅いだらさ、本当に今までと別の世界が広がってた……」
卯月「それは広がったらダメな世界ですよ、凛ちゃん……」
凛「ちゃんと洗って返すからさ」
武内P「そういう問題では無いのですが」
凛「私は匂いを堪能できる、プロデューサーは洗濯代が浮く。WIN?WINだよね」
武内P「そういう問題でもないのですが……。島村さん、本田さん、私はどうするべきなのでしょうか」
未央「うんとね、もう諦めちゃえば?」
武内P「」
卯月「未央ちゃん!?」
18: 以下、
未央「えー? だってしまむー、もうどうしようもなくない?」
卯月「そんな……プロデューサーさんが困っているんですよ!?」
未央「じゃあ、しまむーは何かいい案あるのかな?」
卯月「案……ですか? んー……そうですねぇ……」
武内P「島村さんっ……貴方だけが頼りですっ」
卯月「無いですね、諦めちゃいましょう」
武内P「!?」
武内P「……!?」
19: 以下、
武内P「…………そんな……ニュージェネのお二人ならなんとかなると思ったのですが」
卯月「そんなことよりこれからどうしましょう。凛ちゃんをどうにかしないと……」
武内P「そんなこと……」
未央「しょうがない……こんなときは……っと」
卯月「未央ちゃん? 携帯取り出してどうするんですか?」
未央「まぁ見ててよ…………あっ、もしもしー。未央ちゃんだよー?」
卯月「未央ちゃん誰に掛けてるんでしょうか?」
武内P「……わかりません。ですが本田さんには何か考えがあるようです」
未央「うん、それじゃあプロデューサーの部屋に来てよ。んじゃねー」
武内P「どなたかこの部屋に呼んだみたいですが……」
卯月「未央ちゃん、誰を呼んだんですか?」
20: 以下、
未央「ふっふっふ、それは来てからのお楽しみだよ、しまむー」
卯月「お楽しみ……ですか?」
武内P「不安しかないのですが……」
凛「誰かを呼ばなくてもプロデューサーが頷いてくれれば……」
未央「しぶりんしぶりん、しぶりんのその熱いパッションを語りたくはないかな?」
凛「えっ……聞いてくれるの?」
未央「うん、これから来る二人がどうしても聞きたいってさ」
凛「どうしても……ふーん、そう」
卯月「なんだか凛ちゃんが嬉しそうです」
武内P「そのお二人は本当に聞きたいのでしょうか?」
卯月「プロデューサーさん」
武内P「は、はい?」
卯月「……」フルフル
武内P「…………はい。これ以上何も言いません」
21: 以下、
未央「しまむー、プロデューサー。わかってるよね?」ヒソヒソ
武内P「え?」
卯月「はい、大丈夫です! 巻き込まれないように頑張ります!」ヒソヒソ
武内P「えっ」
トントン
卯月「あっ、来たみたいですよ!」
未央「じゃあしぶりん。ドアを開けてあげて」
凛「うん、誰だろ」ガチャ
22: 以下、
みく「未央チャン、言われたとおり来たにゃあ。で、一体何の話なんだにゃ?」
李衣菜「あれ? プロデューサーに凛ちゃんと卯月ちゃんもいるじゃん」
卯月・武内P「あっ」
凛「ふーん、アンタたちが聞きたいの? まぁ、悪くないかな」
みく・李衣菜「へ?」
23: 以下、
未央「そういう訳で後はアスタリスクの二人が朝まで聞いてくれるよ」
みく「未央チャン? 後はって何のことにゃ? 朝までってどういうこと?」
李衣菜「あ、あれー? なんだか嫌な予感がするなぁ……どうしてだろ?」
凛「それじゃあみくの部屋に行こうか? そこなら朝まで大丈夫だよね」
みく「だから何の話にゃ!? 朝までって何をするつもりにゃ!?」
李衣菜「私たち今来たところで話がよくわからないんだけど……」
凛「大丈夫だよ。それにどうしても聞きたいんでしょ?」ガシッ
みく「だから凛チャンはさっきから何の話をしてるの!? なんで腕を掴むんだにゃ!?」
李衣菜「うーん、なんだかよくわからないけど……これって逃げられないパターンのやつだよね」
凛「じゃあ……残していこうか、私の足跡っ……」
みく「何を残すつもりにゃー!? そこの三人も見てないでみくたちを助けるにゃあ!?」
未央「……」プイッ
武内P「……すみません」スッ
卯月「みくちゃん……李衣菜ちゃん……」グスッ
李衣菜「なんで二人は目を合わせてくれないのかな? 卯月ちゃんはハンカチ振ってるし」
24: 以下、
凛「時間も勿体無いし、行こうか」ズルズル
みく「嫌にゃーっ!? 李衣菜チャンももっと抵抗するにゃあ!」
李衣菜「いやー、抵抗しても無駄だし……これもロックかなって」
みく「にゃあー!? そんな李衣菜チャンなんてっ、解散だ――」
バタン
武内P「行って……しまいましたね」
卯月「行っちゃいましたね」
未央「こんなときでも解散芸……見習わないとなぁ」
25: 以下、
三人「…………」
未央「じゃあ帰ろっか?」
卯月「はい!」
武内P「これで本当に良かったのでしょうか?」
卯月「プロデューサーさん」フルフル
武内P「は……はい。もう何も言いません」
―おわり―
26: 以下、
(´・ω・`)すまんな
30: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【動画】 これはガチ 通行中の車数台が突然空中に引っ張られる怪現象発生 UFOしか考えられない

【悲報】ネッコ将、警察官に確保される

【画像】ネッコ将、警察官に確保される【gifあり】

幸せになってほしいと思う。

【画像】仏シャルリーエブド紙「あいつらには銃がある、我々にはシャンパンがある!」…テロ後の風刺画

12月1日は世界エイズデー。今日だけアップルストアのリンゴがレッドカラーになってます

back 削除依頼&連絡先