マキタスポーツ発案の”10分どん兵衛”が驚くほどの美味しさだった!back

マキタスポーツ発案の”10分どん兵衛”が驚くほどの美味しさだった!


続き・詳細・画像をみる

1:
いま、“10分どん兵衛”がきてます。世間にじわじわ、私の周囲では急に拡がっている。「10分どん兵衛」とは、カップ麺「どん兵衛」にお湯を入れて10分待って食べる方法である。つまり、麺をわざとのびさせて食べるのだ。これが想像以上に美味いのである。
コシがなくなった麺は、それはそれはやわらかくてズルズルとイヤラシイ。長い間「麺はのびたら不味い」という信仰があったけど、「10分どん兵衛」はそんな常識をひっくり返した。
●マキタスポーツの”発明”がラジオから拡散
この食べ方を「発明」したのはマキタスポーツ。TBSラジオの番組「東京ポッド許可局」(マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオ)のなかで、マキタ局員がわれわれ2人に教えてくれたのだ。するとラジオが発信源となり、放送直後から「10分どん兵衛」が拡散され、最近では世間でも話題になっている。ラジオの力だ。
「10分どん兵衛」をマキタ局員からきいたあと、私も試す機会をうかがっていた。でもひとつだけ大変なのはカップ麺にお湯を入れて10分待つのは意外に長時間なこと。なので10分が苦にならない機会を狙っていた。
先日、ついにそのチャンスがおとずれた。深夜3時に帰宅したときに「10分どん兵衛」をつくったのである。飲んで帰ってきて小腹も空いて、でも片付けや明日の準備もしなくてはいけない「空白の10分」を狙ったのだ。そうして食べた「10分どん兵衛」は酔いがさめるほど美味かった。新感覚だった。コシのやわらかさは福岡で食べた絶品のうどんを思い出した。
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20151122-00010001-dailynewsq
2015/11/22 16:21デイリーニュースオンライン
5:

どんなふうにうまいのかが書いてない
21:
>>5
コシがなくなるだけだろ
あとちょっとぬるくなって食べやすいとか
6:
某有名ラーメン屋のうどんみたいな麺も柔らかい方が好きって奴多いからな
外側が溶けかかったような食感が良いらしい
9:
1晩放置したら脳味噌みたいになる
14:
味はともかくぬるくてまずい
18:
あー、給食んとき、さんざん待たされてから食べるソフト麺みたいな感じなのかな。
39:
10分どん兵衛画像
50:
タモリなんかは
うどんは箸でつまめないほど柔らかいほうがいい、
と前に言ってたような気がする
67:
二日酔いの日とか俺もよくやる
73:
伊勢うどんかよ
126:
>>73
ふだん食に能書きたれない俺もあれはないと思った。
あのふにゃふにゃはいかんな。
78:
カップ麺を長時間放置してから食べることによって
「麺が増えた!」と喜んでる奴がいた。
112:
熱い温い以前に汁半分くらい吸収されて
紙みたいな麺がふやふやになってる
ダメな人はたぶん吐く
121:
讃岐からはじまったコシ信仰もやっと終焉を迎えたか
コシコシうるさかった
145:
>>121
それな
実はワシもコシ抜けうどん派
140:
カレーヌードルをこうやって食ってるな
珍しくないと思うけどな
体には悪そうだけど
16

続き・詳細・画像をみる


死後、自分の遺体を解剖学実習に提供する献体、希望者の動機に変化「大学が火葬費負担してくれる」

トータル・イクリプスとかいうアニメってどうなの?

元カノのせいでストレスで死にそう 助けて

【海外】英国で加工肉の売り上げ急減、「がんと関連」発表後2週間

ゴルフをやってる奴が理解できない・・・何が面白いの?

【政治】石破茂地方創生担当相「人口が減る中、移民政策は進めるべきだ」と明言「外国人も日本人と同一労働同一賃金」も求める

back 削除依頼&連絡先