電「俺の名はジャック・ザ・リッパー、鎮守府の白い悪魔……なのです!」提督「?!」back

電「俺の名はジャック・ザ・リッパー、鎮守府の白い悪魔……なのです!」提督「?!」


続き・詳細・画像をみる

1:
イメージ画像
2:
ーー執務室ーー
提督「………」カリカリ
暁「し、司令官! 大変よ!」ガチャッ
提督「お、暁。どうしたそんなに慌てて。レディーらしくないぞ」
暁「今はどころじゃないのよ! 電が……電が……」
提督「電? ……ま、まさか衝突したのか?!」ガタッ
暁「いや、衝突じゃないわ。別に誰も怪我はしてないわよ」
提督「そうか…よかった……」ホッ
提督「それじゃあ、何をそんなに慌てているんだ?」
暁「えーと……と、とにかく実際に見た方が早いわ!」
提督「?」
4:
ーーーー
ーーーー
提督「一体何だってんだ……」
暁「ほ、ほら。あそこよ…」
提督「ん? 天龍と電? トレーニングでもしてるのか……」
電「俺の名はジャック・ザ・リッパー……鎮守府の白い悪魔なのです!」
天龍「い、電……?」
提督「?!」
電「電の本性を教えてやるのです……」
天龍「お、おい……それ、棒の握り方逆だぞ…」
電「はわわ?! ……ゆ、油断したのです!」
天龍「あ、ああ……」
電「もう…油断しないのです。み、見ておけ……これが電の戦いだ、なのです!」
天龍「お、おう…」
提督「」
暁「電がおかしくなっちゃったわ……」
5:
提督「暁……これは一体どういう事なんだ…」
暁「分からないわよ…今朝から急に変な口調になっちゃって。トレーニング中もずっとあの調子だわ…」
響「あ……司令官」
雷「見ちゃったのね……」
提督「何か知っているのか? 雷、響?」
雷「多分…あれよね」
響「うん…」
暁「な、何よ。電に何かあったの?」
雷「多分だけど……昨日ね――」
6:
ーーーー
ーーーー
電「はぁ……ただいま、なのです」
雷「おかえり。どうしたのよ、電」
電「演習でミスばっかしちゃったのです。電が弱いから迷惑をかけてしまったのです……」
雷「そんな、誰にだってミスはあるわよ…あんまり気にしないの!」
電「うん…………なのです」
雷(凄い落ち込んでるわね…)
電「他のお姉ちゃん達は?」
雷「暁はまだ戻ってないわ。響は向こうでゲームしてるわよ」
電「ゲーム?」
雷「なんか響が買って来たのよ。ワンコインなのに面白いらしいわよ。……そうだ、電も一緒に見ましょう! 何たって主人公の名前が雷電なの! ミスターライトニングボルトなのよ!」
電「はわわ!? それは凄いのです…」
7:
響「……」カチャカチャ
電「響。ただいまなのです」
響「ん、おかえり」
雷「響〜、どこまで進んだー」
響「丁度これからボスだよ。このムービーが終わったらだね」
ズイブントイイカッコウダナ。ジャック・ザ・リッパー!
雷「うわー、強そうなボスね…」
電「はわわ…体がバラバラになったのです……」
ミームハ心ノ隙間ニ入リ込ム。人ヲ活カス剣トハ心地ヨイオ題目ダッタロウ?
雷「このボス、随分と濃いキャラね…」
響「うん…」
俺ダケガ、人斬リヲ……、楽シンデタカラダ!活人剣ハソンナ俺ヲ救ッテクレタヨ…
電「雷電さん…何だか悲しそうなのです……」
電(話は良くわからけど……この雷電さんも自分の弱さに苦しんでるのが何と無く分かるのです…)
……ダガ、オ前ノ話デ目ガ醒メタ。刀ハアクマデ人ヲ殺ス道具ダ…
雷「お……」
響「雰囲気が変わったね…」
10:
痛ミダ……、コレデコソ、戦イダ……!
電「ち、ちょっと怖いのです……」
電(で、でも急に強そうになったのです…)
雷「吹っ切れたって奴なのかな」
響「そうだね…変わった。ある意味、一つ壁を越えたね」
電「……! 変わる…壁を越える……」
死ニタイノハオ前カ?俺ノ名ハジャック・ザ・リッパー、リベリアノ白イ悪魔……。俺ノ……、人斬リノ本性ヲ教エテヤル。見テオケ――。コレガ俺ノ、戦イダ!
雷「え、これほんとに雷電…」
響「随分と強そうに変わった…」
電「………」
11:
ーーーー
ーーーー
雷「…という事が」
提督「えぇ……」
暁「な、何よそれ!」
響「…司令官。天龍さんが困ってる…助けてあげて」
電「…ふはは、なのです! これが戦いなのです!」ペシペシ
天龍「うう……///」
提督「何か天龍、顔真っ赤だな……。おーい、天龍!」
12:
天龍「あ! ほ、ほら。提督が呼んでるからトレーニングは終わりな! な!」
電「ふふ、怖気付いたか…なのです。電は新しい獲物を探しにいくのです!」トコトコ
天龍「うう……/// て、提督! 一体どうなってんだ!」
提督「ああ。それは、カクカクシカジカらりるれろで…」
天龍「なんだよそりゃあ…」
提督「というかお前顔真っ赤だぞ。熱でもあるのか?」
天龍「あ、いや……これは」
龍田「うふふっ、天龍ちゃんはね〜」ヌゥ
天龍「うわっ! た、龍田!」ビクッ
13:
提督「龍田、何か知ってるのか」
龍田「えっとですねぇ。天龍ちゃんも昔、今の電ちゃんみたいに…」
天龍「うわああああ!! た、龍田! 飯! 飯食いに行こう! デザートくれてやるからな! な!」グイグイ
龍田「あらぁ天龍ちゃんほんとに〜。嬉しいわぁ〜」ズルズル
暁「…何だったのよ」
響「….厨二病?」
提督「天龍は今も余り変わらないような気がするがなぁ……」
22:
暁「そ、それよりどうすんのよ! 私、あんな電は嫌よ!」
雷「司令官…どうにかならないかしら」
提督「そうだなぁ……じゃあ俺から声を掛けとくよ」
響「Я сожалею……司令官、お願いします」
提督「ん、まあこれも俺の仕事だしな」
ーーーー
ー一1週間後
電「深海棲艦なんて、クソに集る蛆虫野郎なのです!!」ドカーンドカーンッ
提督「」
雷「」
響「」
暁「悪化してるじゃないの!!」
23:
雷「司令官…説得したんじゃなかったの」
提督「いや、したんだけどなぁ……電の本性を見るのです! って頑なに聞かないんだよ」
暁「私たちも同じ様な感じだったわ…」
提督「それとまあ別に悪さをしてるわけじゃないしな。何より電の最近の戦果は目覚ましいものがあるんだよ」
雷「『犠牲になるのは何時も駆逐艦なのです!開幕爆撃だと…ふざけるな、なのです!!』 って叫びなからヲ級を撃沈してたわね……」
響「心なしか紅いオーラが見えたよ……」
提督「電elite……いや、リッパーモードかな?」
暁「ふざけてる場合じゃないのよ!」バシッ
提督「あ痛っ! す、すまん……だが戦果が出てる以上、立場上無理に説得も難しいんだよ…」
響「そうだね…」
暁「….……うーん、どうにかならないかしら」
24:
ーーーー
ーーーー
電「……大分、力がついてきたのです」
電「電は今までの電じゃないのです。雨の化身なのですっ!」
電「……後、最後にコレを達成すればさらに近づける……困難だけど頑張るのです!」
ーーーーーーーー
ーーーー
磯風「……司令、どこに行ったんだ」キョロキョロ
磯風(やはり、私の料理ではダメなのか…)
電「磯風さんっ」
磯風「むっ、電か。最近の活躍は聞いているぞ。同じ駆逐艦として私も誇らしい。今日はどうしたんだ?」
電「磯風さんの料理を食べさして欲しいのです!」
磯風「何っ! 磯風の料理を食べたいだと……し、しかし私の料理は……」
電「お願いします。磯風さんの料理じゃなきゃ駄目なのです!」
磯風「むぅ」
磯風(真剣な眼差し。これを無下にはできないな)
25:
磯風「分かった。その申し出を受けよう」
電「ありがとうございます、なのです!」
ーーーー
ーー
磯風「出来たぞ。では、食べてくれ」
電「いただきますなのです!」
電(これが司令官さんが言っていた磯風さんの料理……怖いのです)ブルッ
電(いや、億しては駄目なのです! これを完食して電は――)パクッ
26:
ーーーーーーーー
ーーーー
電「………ん…うう…」
雷「……! 電!」
暁「目を覚ましたのね!」
電「あれ……ここは…?」
響「電は磯風さんの料理を食べて倒れたんだよ」
電「あ…そっか…………駄目だったのです……」
暁「何であんな無茶をしたのよ!」
電「….………」
電「電が生まれ変わるのに必要な儀式だったのです……でも…ダメだったのです…」
電「電は弱くて甘ったれな自分から変わらなきゃいけないのに……結局ダメだったので――」
暁「馬鹿!」パシッ
電「きゃっ」
27:
暁「何が変わらなきゃよ! 結局それは自分から目をそらしているだけじゃないの! 甘ったれな性格を含めて電じゃないの!」
電「お姉ちゃん…」
雷「電は電にしかなれないのよ……それに、強いだけが力じゃないわ」
電「……そっか……電は……」
響「だけど、皆で力を合わせればきっと大丈夫だよ。だから今までの電を捨てる必要はないんだ」
電「……うっ………うわああああん! お姉ちゃんごめんなさいっ…」
ーーーー
ーーーー
電「司令官さん、心配かけてごめんなさいなのです」
提督「気にするな。やっぱり電は電が1番だ」
暁「ほんと良かったわ…」
電「あの……磯風さんは…」
提督「ああ、大丈夫だ。俺がフォローしといた。お腹痛い」ゴロゴロ
2

続き・詳細・画像をみる


テレビの裏がごちゃごちゃな奴www(※画像あり)

河野太郎「GDP600兆円を達成させるため、移民受け入れ検討するわ」

パナソニックも撤退を決めたプラズマテレビ とんでもない価格に→39万円〜80万に

なんで日本のメーカーはWRCから撤退したの?

【艦これ】文月「司令官おはよ〜」【4行SS】

お店でPS4にマスターベーションする男が撮影され話題に

back 削除依頼&連絡先