きらり「きらりんルームにご招待☆」back

きらり「きらりんルームにご招待☆」


続き・詳細・画像をみる

1:
きらり「いらっしゃーい☆」
藍子「おじゃまします」
きらり「きらりの部屋は二階だから、先に行っておいて?」
藍子「はい。ええと、部屋の場所は……」
きらり「大丈夫! ドアを見たらすぐわかるから☆」
藍子「わかりました。先に行っておきますね」
2:
藍子「きらりちゃんの部屋はどこかな? って……」
藍子「『きらりんルーム』? ここ、でいいんだよね?」
藍子「おじゃましまーす」
藍子「わぁ……とってもかわいいお部屋……」
藍子「座椅子もあるし、テーブルのところに座ればいいのかな?」
3:
藍子「大きいぬいぐるみがたくさん……」
藍子「ふかふかであったかそうだなぁ。あざらしさんかな? 気持よさそう……」
藍子「……勝手に触ったらダメだよね」
藍子「でも、ちょっと、ちょっとだけ、見るだけなら……」
4:
きらり「おっまたせー!」
藍子「へ? わ、わわわわっ……わふっ」
きらり「藍子ちゃん!? 大丈夫!?」
藍子「あ、あはは……倒れた先がベッドだったので、大丈夫ですよ。でも、この子が下敷きになっちゃいました。ごめんなさい」
きらり「いいの、そんなこと。藍子ちゃんが無事でよかったぁ」
藍子「うぅ、けっこう勢いよく転んじゃいましたからね」
きらり「その子のこと見てたの?」
藍子「はい。勝手に触るのもどうかと思って。私の部屋には大きなぬいぐるみはありませんから、珍しくって」
5:
きらり「んー、じゃあじゃあ、はいっ!」
藍子「ありがとう、ございます?」
きらり「気に入ってくれたみたいだから、今日はその子を抱っこしてあげて?」
藍子「はいっ。ふふっ、とってもかわいいですね」
きらり「おっきくてふわふわだにぃ☆ さあさあ、こっち来て座ろ?」
6:
藍子「紅茶とお菓子を持ってきてくれたんですね」
きらり「こういうのが好きかなって思ったから☆ どんどん食べて?」
藍子「いいただきます…………はふぅ、おいしいです」
きらり「も?、もふもふしてる藍子ちゃんかわいすぎ?!」
藍子「えっと、そう、ですか?」
きらり「うん! でも、はぐはぐしたら迷惑だよね……」
藍子「うーん、私は構わないですけど。事務所でもよくされてますし、この子を抱いてたら魅力もわかっちゃいましたから」
7:
きらり「でも藍子ちゃんのお家にはいないし……うん! お買い物行こ☆」
藍子「お買い物ですか? って、立ち上がってももう遅い時間ですから」
きらり「うん、だからまた今度ねー。だーいぶっ!」
藍子「はう……私は明日も空いてますけど……」
きらり「きらりもオッケーだにぃ☆ じゃあじゃあ、明日一緒にお出かけね?」
藍子「オッケーですっ。もしかして、ぬいぐるみのショップも案内してくれますか?」
きらり「もっちろん☆ もしよかったら、藍子ちゃんのお家にもお迎えしてみゆ?」
藍子「ありがとう、きらりちゃん。素敵な子がいるといいなぁ……」
8:
きらり「あとあと、お洋服もいろいろ見てみたいの!」
藍子「いいですね。一日中使っていろんなところに行きましょうか」
きらり「にゅふふ、藍子ちゃんにフリフリのお洋服着せたりー」
藍子「ええっ、そんなの私には似合わないから!」
きらり「そうかな?? 今日の打ち合わせでPちゃんが描いた藍子ちゃんの絵はと?ってもかわいかったゆ?」
藍子「あれは美化された絵だからっ! きらりちゃんのプロデューサーさん、上手だし……」
きらり「そうかなぁ? 試しに着てみない?」
9:
藍子「着るって、ここで?」
きらり「うん! きらりのを貸してあげるから☆」
藍子「と言われても……ほら、着方がわからないし、サイズも大きいし……?」
きらり「じゃあ手伝ってあげるから! おっきいってことは、お洋服の上からでも着れるよね?」
藍子「いや、問題はそこじゃなくて……後ろから抱きつかれてて逃げられない……」
きらり「大丈夫! 杏ちゃんよりは優しくするゆ?」
藍子「双葉さんって普段そんな風に……って、あっ、ちょっと待って?」
10:
藍子「うぅ????」
きらり「袖もけっこう余っちゃうし、丈も長すぎるけど……これはこれで……☆」
藍子「は、恥ずかしいですから……そんなに見ないで?……」
きらり「似合ってると思うんだけどな?。よし、明日お店でちゃんとしたの買おうね☆」
藍子「決定なんだね」
きらり「うん決定! たっのしみだにぃ☆」
藍子「わかりました! じゃあ見に行きましょう。でも、きらりちゃんのも見るからね?」
きらり「選んでくれるの? ありがとー☆」
11:
藍子「きらりちゃんには効かないんだ……あ、私も行きたいところがあるんだけど」
きらり「んー? どこどこ?」
藍子「明日は近くでカフェの開拓をしたくて。よかったら、おやつと休憩はそこにしませんか?」
きらり「どこかお勧めのお店があるの?」
藍子「歩いている間にどこかいいところが見つかったら入りましょう?」
きらり「うん、それも楽しそう!」
13:
藍子「うーん、まずは明るくて大きいオープンテラスのあるお店がいいかなぁ」
きらり「なんでなんで?」
藍子「天気もいいし、きらりちゃんに似合いそうかなって」
きらり「うぇへへ、うれしーなー☆」
藍子「やっぱり、大きいパフェを食べたり?」
きらり「やっちゃう? 頼んじゃう?」
藍子「二人でなら、食べれるかな?」
14:
藍子「それと……小物も見てみたいかな?」
きらり「いいねいいね! 藍子ちゃんのお部屋にはたーくさんある?」
藍子「うん、季節やイベントに合わせて飾りつけを変えたりもしてるよ」
きらり「それいいね! ちょっと飾れるくらい買ってみよっかな?」
藍子「そこも寄るとして……どこにどんなお店があるかわからないから、早めに出かける?」
きらり「十時くらいがいいかなぁ? 思ったより近くだから、藍子ちゃんのお家まで迎えに行くね?」
藍子「じゃあ、今日は遅くならないうちに帰るけど、それまでは……」
きらり「藍子ちゃんと、ゆっくりしようかな?」
1

続き・詳細・画像をみる


GoProコンテストに応募された、警官から逃げるBMX強盗のアクション動画がすごい

夫が娘達との面接交流がなければ金銭的な援助はしないと脅してくる。父親に対しておびえてるのに・・

鈴木亮平とかいう俳優の身体作りwwww

25歳以上でフリーターしてる奴wwwwwwwww

日本のハロウィン普及にアセアン各国から驚きの声が挙がる

近所の裕福そうな一家の旦那さんが事故で亡くなった。近所のおばさん連中はニラニラと茶飲み話のネタにしていて…

back 削除依頼&連絡先