男「嫌いの反対ってなーんだ」幼馴染「知らんよ」back

男「嫌いの反対ってなーんだ」幼馴染「知らんよ」


続き・詳細・画像をみる

1:
男「わかんない??」
幼「ああ、知らん」
男「答えはコレだよ…」
幼「?」
男「…」チュッ
男「コレが、嫌いの反対」
幼「…」
男「どうした??」
幼「いや、なんでもない」
男「そっか?」
6:
男「どったの…」
幼「いやね、いきなりは…そのね」
男「そうか、でも…いいだろ?」
幼「まあ、そうだな…」
幼「問題は…ない…のかな?」
男「そう、そう」
幼「でも、次から不意打ちはやめてね」
幼「びっくりするし」
男「ごめん、でも…」グイッ
幼「!!」
男「それくらい…好きだから」ダキッ
幼「…」
8:
幼「…」
男「…」
幼「いい加減離れてね?」
男「あ、ごめんごめん」
男「次は…何かしてほしいことある?」クイッ
幼「ない」
男「そっか、残念だよ」
男「…さて、俺はそろそろ」
男「お前と…」
10:
幼「ごめん…もう帰る…」
男「え、ちょっと…」
幼「ゴメン…またこの埋め合わせは…」
男「…」
幼家
幼「…まったくあいつは」
幼「どこまで、俺を困らせればいいんだ…」
幼「いきなり…キスとか…抱かれたり…」
幼「うおおおおおっ」///
14:
男「…しまった」
男「き、嫌われたっ!!?」
男「調子に乗りすぎた…っ!!」
男「ど、ど、どどうしよう…」
男「うあああぁぁぁーっ!」
ウルセェーーッ
男「ヒッ…」ビクッ
男「びっくりした…」
男「うがぁ…それより…」
男「まあ、明日考えよう…」
16:
翌日
男「よ、幼」
幼「何か?」
男「今日はメガネしてんだな…に、似合ってるぜ?」
幼「ああ、ありがとう…今ちょっと忙しいから」
男「あ、ごめん…」
幼「(か、顔が見れない…)」
男「(目をそらされる…)」
幼「お前…さ」
男「ん?」
17:
幼「アレ…は、どう受け取ればいいのかな…」
男「ん?そのまま、付き合いたいと受け取ってくれれば良いよ?」
幼「…ん」///
幼「そっか」
男「?」
男「どうした?お前…顔が…」
幼「なっ!」
幼「なんだっ!!」バッ
男「いや、顔赤いから…照れてるのかと…」
幼「んなわけねぇーだろ!」
幼「あっち行ってろ、仕事の邪魔だ」
18:
男「わかったよぉ?」タッタッタ
幼「(そっか、あいつも…俺と同じ。)」
男「(返事欲しいなァ?)」
男「…」読書中
幼「おい」
男「ん?終わったかい?」
幼「ああ、帰ろうぜ」
男「ん…OK」
19:
やっぱり!
20:
男家
男「…」
幼「…なんだ」
男「あのさ、お前って…綺麗だよな」
幼「なぁ!?」///
男「俺…お前より好きな奴いねぇからさ…」
男「本気なんだけど…やっぱりダメか?」
幼「そ、それは…」
男「…」
幼「お、俺だってな…」
幼「お前が……」
男「…」
幼「す、好きだよ」///
男「それって」
21:
幼「だから…」
幼「ああ?もう…言わせんなよ」///
男「…」キュンッ
男「そこだよ!」グイッ
幼「うわっ!?」
男「お前…誘ってるのかよ」
幼「な、誘ってなんか…」
23:
男「キスして…いい?」
幼「昨日勝手にやっただろ…」
男「いや、付き合って初だし…」
男「ちゃんとしてぇ」
幼「ん…」
男「…」チュッ
男「ぷは…」
幼「ディープだな」
男「ああ、普通のしたしな」
幼「じゃあ、俺帰るわ」
男「は?」
幼「ん?」
男「何言ってんだ…これからだろ?」
幼「あ、ちょっと」
24:
男「お前って…綺麗な体してんな…おい」
幼「み、見るなって…そんなに」///
男「何言ってんだ。褒めてんだろ?」
幼「だから、それがハズい…」
男「ここ、握っていい?」
幼「い、痛くすんなよ…」
男「当たり前だろ」
幼「…」
男「…」シュッシュッ
幼「…んっ」
男「…」シュッシュッ
幼「んんっ…あっ…そこっ…」///
男「何?感じる?感じない?」
幼「お前…ドSか?」ウルウル
幼「あっ…んんっ」///
25:
男「もう、やべぇ…」///
男「理性飛びそう…」///
幼「変態だな…ああっ…んっ」///
幼「や、やばっ」
幼「んんっ…」ピュッ
男「なんだ、もう抜いたのか?」
幼「ハァ…ハァ…ハァ…」///
幼「疲れた…」
幼「もう…帰る…」///
男「帰ってしまった…」
男「ハッ!!俺…気持ち良くなってねぇ!!?」
男「…まぁいいか」
2

続き・詳細・画像をみる


ワイ多汗症、電車で無事死すwwwwwwwwwwwwwwwwwww

マウスかと思ってクリックしてたけど、マウスじゃなかったわ

パンテラの「Cemetery Gates」を前め前めのポルカアレンジで

智絵里「魔法少女」かな子「ショコラ・ティアラ!」

面白いのに評価されなさすぎだろってアニメ

瑞樹「特番で、笑ってはいけないアイドル24時」

フェラーリを乗り回す「和食のカリスマ」の裏の顔

旦那よ、ずっと私の旦那だからな。誰にもやらんからな。

最近嫁に冗談を言うと、無視されるか「何それ、面白いつもり?」と無表情で返される。

超常・怪奇・霊魂現象体験したことある人

A「格ゲーの大会優勝した!」僕「すごい(反射神経良くて、読み合いも得意なんだろうな)」

同僚が社内結婚する事になったら、会社に出入りしている保険のおばちゃんが「なんで結婚することを教えてくれなかったんだ!」

back 過去ログ 削除依頼&連絡先