九州のクマ騒動、正体は「ニホンアナグマ」 現場のふん鑑定でイタチの仲間と判明back

九州のクマ騒動、正体は「ニホンアナグマ」 現場のふん鑑定でイタチの仲間と判明


続き・詳細・画像をみる

1:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151022-00010003-nishinp-sctch
福岡、佐賀県境にある脊振山の登山道で17?19日、「クマのような動物を見た」との目撃情報が両県警に寄せられた騒動で、
九州環境管理協会(九環協、福岡市)が目撃現場の一つで採取された動物のふんを分析したところ、イタチの仲間である
「ニホンアナグマ」のものだったことが分かった。九州では絶滅したクマが生存していたのかと話題を呼んだが、
協会や専門家は「この時期のアナグマは大きい個体もいる。目撃者がクマと見間違えたのではないか」としている。
 九環協は動植物の生態や環境の調査を行っている。研究員の大井和之さん(47)によると、福岡県警早良署が
17日の目撃現場周辺で採取したふんを鑑定したところ、付着していた細胞のDNAの塩基配列などから、
北海道を除く日本全国に生息するニホンアナグマのものと断定したという。
 福岡市動物園によると、アナグマの体長は約50?70センチで、尾を含めると全長90センチ近くになる個体もいる。
雑食で穴を掘るための鋭い爪を持つが、人を襲うことはないという。動物相談員の古賀晋さん(67)も
「アナグマは越冬を前に、餌を食べ込んでずんぐりと太っている。背中や尻を見た人がクマと勘違いすることはあり得る」と話す。
 18日に佐賀県警に寄せられた目撃情報は「動物が立ち上がった」という内容も含まれていた。
アナグマは後ろ足だけで立つことはなく、大井さんは「これまでの調査から九州にクマは生息していないと考えられるが
断定はできない」という。その上で「野生動物は病気を持っているケースもある。
登山道で大きな動物に遭っても近づかず、刺激しないよう注意して」と呼び掛けている。
=2015/10/22付 西日本新聞朝刊=
画像 ニホンアナグマ(よこはま動物園ズーラシア提供)
43:
ニホンアナグマ
ヒグマ
難易度高すぎだろwww
14:
クマったなあ
36:
▼日本アナグマの画像
ああクマですわ、これ・・・
85:
>>36
3枚目、4枚目は熊に見える。
91:
>>36
でかいな
アナグマってタヌキとかと同じくらいのサイズじゃなかったのか
108:
>>36
でけぇw
それは確かにクマだな。
くまモン良かったな濡れ絹晴れて。
66:
これ、めっちゃワロタw
75:
>>66
(´・ω・`)ワロタ
マンガだよねw
48:
近所にアライグマが増えすぎてマジでみんな困ってる。
住宅街に出てきて生ゴミあさり、家庭菜園は食い荒らされ、空き家は住みつかれる。
人間が襲われないだけで、実害度合いでいえば、ツキノワグマの比ではない程に迷惑。
でも駆除するには業者呼ぶと高いんだよなぁ・・・。
60:
>>48
保健所がやるべきなんだよな。
だけど、役人に仕事させるとバカみたいなカネを使い始めるし。
94:
これを目撃すれば確かに何だかよく分からないな
10

続き・詳細・画像をみる


「ぷよぷよ」生みの親の現在wwwwwww

【動画】第2ロッテワールドの建設現場付近で水道管破裂 ロッテが工事の際に水道管を殴打

【吉報】鈴置「韓国は米国側に戻る機会―たぶん最後の機会を逸しました。中国という蟻地獄に落ちました」

民主・岡田代表「臨時国会を開かないのは憲法違反」

猫カフェいくやつwwwwww

マイナンバー交付で資産家だけど親戚にニートが居るやつ死亡確定wwww

back 削除依頼&連絡先