【モバマス】佐久間まゆ「凛ちゃんと過ごす一日」back

【モバマス】佐久間まゆ「凛ちゃんと過ごす一日」


続き・詳細・画像をみる


?起床?
佐久間まゆ「凛ちゃん、起きて」
渋谷凛「うー……」
まゆ「凛ちゃん」
凛「もう少し寝かせて。あと……」
まゆ「あと五分?」
凛「あと三十分」
まゆ「起きなさいっ」ガバッ
凛「あー、お布団……」
まゆ「ほら、着替えてください。もう朝食出来てるんですからね」
凛「眠い……まゆはなんでそんなに寝起き良いの?」
まゆ「小さい頃からママのお手伝いで朝食作ったりしてたから……でしょうか」
まゆ「逆に凛ちゃんはなんでそんなに寝起き悪いんですかぁ?」
凛「まゆに優しく起こしてもらうため……かな」
まゆ「も、もうっ……さらっとそういうこと言うんですから……」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437467272
2: 以下、
?朝食?
凛「ねえ、まゆ」
まゆ「はい?」
凛「余ってる野菜を味噌汁に入れるのは良いんだけど、きゅうりは合わないと思うなぁ」
まゆ「冷や汁って知ってます? きゅうり入り味噌汁みたいな」
凛「あー……知ってるけど、味噌が合わないんじゃなくて温かいのが合わないんだよ」
凛「冷や汁だって冷たいでしょ」
まゆ「じゃあ残して良いですよ、私が食べますから」
凛「ごめんね、いつも作ってくれてるのに。……はい、あーん」
まゆ「そのままお椀に残してくれれば……」
凛「良いから良いから。ほら、あーん」
まゆ「あー……ん」モグモグ
まゆ「今までも合わないと思ったものありました?」
凛「うーん、特には。でもそうやって余り物を処理するの主婦って感じがする」
まゆ「うふふ、そう言ってくれると嬉しいです」
3: 以下、
凛「おかわり」
まゆ「はい」
まゆ(ニコニコ)
凛「な、なに?」
まゆ「たくさん食べてくれて嬉しいなぁって」
凛「昨日まで絞ってたからね。撮影当日の朝くらいしっかり食べておかないと」
凛「まゆもちゃんと食べないとバテるよ?」
まゆ「そうなんですけどね……ビキニだからお腹出ちゃうんじゃないか心配で」
凛「撮影まで結構時間あるでしょ。それに……」
まゆ「それに?」
凛「お……美味しいから大丈夫だよ」
まゆ「ふふふっ。凛ちゃんがそのセリフを言うなんて」
凛「あーやっぱり言うんじゃなかった、恥ずかしい……」
まゆ「かな子ちゃんのモノマネでもう一回」
凛「無理だよっ」
4: 以下、
?プールでグラビア撮影?
カシャカシャカシャ……
撮影監督「はいオッケーでーす」
撮影監督「この後は休憩挟んで二人一緒の撮影をします」
撮影監督「特に指示はしないので好きに遊んでください」
凛「こんな感じで、とかないんですか?」
撮影監督「一応コンセプトは楽しく水遊びしてる感じで、ということなんですが」
撮影監督「それなら指示する必要ないでしょ?」
撮影監督「自然な表情撮りたいので、カメラも意識しなくていいです」
まゆ「分かりました」
5: 以下、
凛「……丸投げされたの初めてだよ」
まゆ「カメラ目線でキメ顔もいいですけど、自然な表情がほしいときはこんなこともありますよ」
凛「まゆは経験あるんだ? ……そっか、元読者モデルだからね」
まゆ「ええ。でも自由に遊んでって言われても、当時は何をして良いか分からなかったんですよねぇ」
凛「自由なのに?」
まゆ「読モの頃は、仲の良い人が少なくて……つい遠慮してしまって」
まゆ「あっ、いえ、学校にはちゃんとお友達いましたよ?」
まゆ「ただお仕事で一緒になる時間が少なかったからどうしても」
凛「今は?」
まゆ「くす……全く遠慮してません」
まゆ「お仕事どころか、寝たり食べたりも凛ちゃんと一緒ですからね」
6: 以下、
まゆ「そうそう、撮影再開前に日焼け止め塗ってくれませんか?」
凛「良いけど、撮影前も塗ったのにマメだね」
まゆ「そろそろ落ちてもおかしくない時間経ってるから……念の為に、ね」
凛「じゃあうつ伏せになって」
撮影スタッフ「監督見てください。渋谷さんが佐久間さんに……日焼け止めですかね」
撮影監督「おっ、いいねー。せっかくだから撮影しておこう。邪魔しないようにね」
撮影スタッフ「一言声かけなくていいんですか?」
撮影監督「自然な表情を撮りたい、と言ってあるから大丈夫。休憩中は撮らないとは言ってない」
撮影スタッフ「うわぁ……」
撮影監督「なによりこんな素晴らしい映像を残さないなんてありえない。彼女らに対する冒涜だよ」
撮影スタッフ「同意します」
7: 以下、
撮影監督「終わったようだね……いや待て、まさか前も塗ってあげるのか!?」
撮影スタッフ「普通に考えたら自分で出来ますよね……どんだけ仲良いんですかね」
撮影監督「クソォ、渋谷さんの手のひらになりたい」
撮影スタッフ「激しく同意します」
凛「よし、終わったよ」
まゆ「はぁ……凛ちゃんに全身まさぐられちゃいました」
凛「そういう言い方やめて」
まゆ「今度は私が塗ってあげますね」
凛「あ、うん」
まゆ(うふふ、無防備な背中……なんだかいたずらしたくなっちゃう)
まゆ(ツツツ)
凛「うひっ!? ちょっと、くすぐったいからやめて!」
まゆ「背中は敏感なんですねぇ……ほぉ?ら、つんつん」
凛「だからやめてってばぁ!」
8: 以下、
?ショッピング?
凛「何を買うとか決めてるの?」
まゆ「夏物のワンピースと……他に気に入ったものがあれば」
凛「ワンピースは……あった。それにしても……」
まゆ「はい?」
凛「なんというか……すっっごく可愛いデザインだよね。ほとんどにリボンとかレースついてるし」
凛(リボンパーティー……名は体を表す、なブランド名だ)
まゆ「ええ、お気に入りなんですよ。凛ちゃんもなにか選んだらどうですか?」
凛「いや、私は……こんなに女の子っぽくて可愛いのはちょっと恥ずかしいかな」
凛「ステージ衣装は、まあ……そういうものだから良いけど。私服までは……」
凛「まゆなら似合うと思うけどね」
まゆ「凛ちゃんだってきっと似合いますよ。女の子は誰だって可愛くなれるんですから」
9: 以下、
凛「私のことはいいからっ。あ、ほら、この蒼いワンピースなんてどう? 涼しげで良いと思うよ」
まゆ「……そうですね。自分の好みで選ぶとつい、ピンクとか赤が多くなってしまうから……」
まゆ「たまには良いかも。ちょっと試着してきます」
まゆ「どう? 変じゃないですか?」
凛「うん、このブランドのデザインがまゆに合ってるのかな。寒色系も結構似合ってるよ」
まゆ「話題を変えるために適当に選んだにしては、ね?」
凛「な、なんのことかな?」
まゆ「あら、ごまかすんですねぇ」
まゆ「じゃあ凛ちゃんもこれ、試着してもらいましょうか」
凛「なんで!?」
10: 以下、
まゆ「うふ、私が着てほしいからです♪」
凛「ええぇ?……じゃあせめて、もう少し大人しいデザインの」
まゆ「だーめ。さ、早く。それとも私が着替えさせてあげましょうか?」
凛「もう……分かったよ。まゆって結構強引だよね」
まゆ「そうですか?」
凛「Yesって言うまで『そうですよね? ね?』って言って迫るでしょ」
まゆ「迫るだなんて……不安だから確認してるだけなのにぃ」
凛(不安だからやってたんだ……ちょっとスネた顔も可愛い)
凛「……まぁ、悪くないかな」
まゆ「ほら、ね? 凛ちゃんだってこういうの似合うんですよ」
凛「でも普段使いにはちょっと恥ずかしいよ……なんというか、可愛すぎて」
まゆ「じゃあ特別なときに着ればいいじゃないですか」
11: 以下、
まゆ「私と色違いでお揃いのワンピース……素敵でしょう?」
凛「んー、でも」
まゆ「リボンパーティーのコピー知ってます?」
凛「キャッチコピー? いや、知らないけど」
まゆ「『恋する女の子を応援する。』なんですよ」
凛「そう、なんだ……」
まゆ「ええ」
凛「これ着たら、応援された気になって……頑張れる?」
まゆ「なりますよ、とっても」
凛「じゃあ買おう……かな」
凛「でも! 私が着るときはまゆもだからね。でないと恥ずかしい」
まゆ「ふふ、はい」
まゆ「せっかくだから可愛い下着も買いますか?」
凛「それはまた今度っ!」
12: 以下、
?TV視聴?
アクリョウガ イル...!
まゆ「ひっ……!」
凛「今の、そんなに怖いシーンじゃないよね?」
まゆ「冷静に考えたらそうですけど、その……演出が恐怖を煽るというか……」
凛「苦手ならわざわざ見なくても」
まゆ「でもせっかく……小梅ちゃんがおすすめって貸してくれたブルーレイだから……」
凛(なんで受け取ったのかな……)
凛「友達思いなのは良いんだけど――」
オマエノ タマシイヲ ヨコセエエエ!!
まゆ「きゃーーっ!!」ダキッ
凛「ま、まゆっ。苦しいよ」
13: 以下、
まゆ「ううぅ……もうお化け出てないですかぁ?」
ウボアー!
凛「いや、絶賛活躍中だね……」
まゆ(ガクガクブルブル)
凛「こんなに怖がりだったっけ?」
まゆ「実は……CDデビューの告知をしていたときに……」
まゆ「聞こえるはずのない声を聞いてしまって、それ以来ですね……」
凛「CDデビューってことは、小梅も一緒だった?」
まゆ「そ、そうなんですよぉ……小梅ちゃんがあの子の声だ、って……」
凛(うーん……)
凛(あの子の声を聞いた → 自分(小梅)と同じ → ホラーも好きなはず)
凛(とでも考えたのかな)
凛(悪気はないんだろうけど、小梅に振り回されてるような……)
14: 以下、
凛「仕方ないなぁ、見終わるまで抱きついてていいから。それなら怖くないでしょ」
まゆ「ありがとう……私のほうが年上なのに、ダメダメですね」
凛「年上と言ってもたった一歳差だし」
凛「それに私の方こそ、毎朝起こしてもらったりごはん作ってもらってるし、お互い様だよ」
まゆ「じゃあお風呂も今日は一緒に……だめ?」
凛「どうしようかな……」
まゆ「凛ちゃぁん……」ウルウル
凛(ああもう可愛い)
凛「ほ、ほんの冗談だって。良いよ、もちろん」
15: 以下、
?就寝?
まゆ「はぁ……」
凛「どうしたの?」
まゆ「いえ、なんでもないです……ただ、早くプロデューサーさんに会いたいなって」
凛「まだ二日目じゃない。出張から帰ってくるのは三日後だよ」
まゆ「分かってますよぅ、ただの愚痴です」
まゆ「ああぁ?……お仕事なければついて行くのにぃ??」
凛「学校は?」
まゆ「お仕事で休むこと多いし、学校はどうでもいいです」
凛(プロデューサーに会えないあまり、まゆがやさぐれ始めている……)
まゆ「皇族の方々の公務だってたいていはご夫婦一緒じゃないですか」
凛「うん、そこと比べるのおかしいからね」
まゆ「凛ちゃんは寂しくないんですか? 会いたくないんですか?」
凛「そりゃ会いたいよ」
凛「でも会えない時間が長ければ、その分帰ってきたときの嬉しさが大きくなる」
16: 以下、
凛「……と思って、必死に気持ちを抑えてる」
まゆ「本当?」
凛「うん、本当」
凛「まゆがプロデューサーを好きなのと同じくらい、私もプロデューサーを好きだよ」
まゆ「……やっぱりそうですよねぇ」
まゆ「そうは見えないから、凛ちゃんは平気なのかって思ってました」
凛「そんなわけないって。私だって、ついて行けるなら行きたいよ」
凛「でもわがまま言って仕事の邪魔しちゃダメでしょ」
凛「帰ってくる家を守って支えてあげなくちゃ」
凛「それが私達、プロデューサーの妻の役目なんだから」
まゆ「そう……ですよね。ありがとう、凛ちゃん」
凛「どういたしまして」
17: 以下、



まゆ「お帰りなさい。出張お疲れ様でした」
凛「え、これ? うん、お揃い……まゆと一緒に買ったんだ」
凛「幸子じゃないんだから、そんなに可愛いを連呼しなくていいよ!」
まゆ「うふふ。それでは……あ・な・た」
まゆ「ごはんにします?」
凛「お風呂にする?」
まゆ・凛『それとも、わ・た・し・た・ち?』
18: 以下、
おわり
逆に考えるんだ、妻が二人でも良いさと考えるんだ
って夢の中でジョースター卿に言われたので
22: 以下、

続き・詳細・画像をみる


アメリカの領土の増やし方ワロタwwwww

旦那と話がかみ合わない事が多く昔より喧嘩が増えてきた。旦那がその説明じゃ分からんとか言ってくる

美女とレスラーが「四十八手」で対決するトンデモCMが公開!

ヒトカゲ「拾ってくれるんか?」サトシ「せや」

【画像】オランダの住宅地にあるSF映画みたいな家「ボールハウス」が快適そう

プリキュア次回作、「魔法つかいプリキュア!」

back 削除依頼&連絡先