ユニクロ・柳井正氏「国内値上げ、商品価値の向上で勝負」「中途半端なアベノミクス、このままでは日本経済は没落」back

ユニクロ・柳井正氏「国内値上げ、商品価値の向上で勝負」「中途半端なアベノミクス、このままでは日本経済は没落」


続き・詳細・画像をみる


今後2年のマーケティングの変化は過去50年を凌ぐ
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/44987
カジュアル衣料店「ユニクロ」を主軸に2015年8月期に達成した1兆6800億円の売上高を、2020年には5兆円にするという野心的な目標を立てるファーストリテイリング。「世界一のブランド」を目指す中で柳井正社長が今、注力しているのがデジタル・イノベーションを活用した経営の革新だ。
「デジタル技術は今、驚異的なさで産業界に変革をもたらしている。製造業、小売業といった業種の境い目が消滅する形で生産、物流、販売が進化している。今後2年間のマーケティングの変化は過去半世紀を上回る」と予想。現在同社で5%のeコマースの売上高比率を今後3?5年で30?50%に拡大させる方針だ。
単にネットで注文するだけではない。将来的には、顧客が独自デザインの衣料品の画像をネットで送ると、その製品を瞬時に工場で生産し、即日宅配するといったサービスの導入も検討している。
「IT化とグローバル化は世界の2大トレンドであり、今後勝ち残るのはそれを先取りした企業だ」と見る柳井社長。「政府もそれに着目した政策を推進しなければ日本経済の成長はない。規制緩和と行政改革の徹底が不可欠なのに、掛け声ばかりで具体策が乏しい」とアベノミクスを批判する。グローバル経営で気になるのはバブル崩壊がささやかれる中国経済。ファストリも今後の最大の市場を中国に置いているだけに、大きな懸念材料だが、「中国は生産主導から消費主導に政策転換する途上にあり、消費市場は拡大する。心配していない」と楽観的だ。柳井社長に「IT・グローバル経営、中国経済の行方、アベノミクスのあり方」を聞いた。
(続きはサイトで)
・融合が大きく進む実店舗とネットの世界
・「インダストリー4.0」の驚異的なインパクト
・中国経済は生産主導から消費主導に確実に移行する
・国内値上げ、商品価値の向上で勝負
・中途半端なアベノミクス、このままでは日本経済は没落
2
生地が薄い
8
マクドナルドといいユニクロといい客単価上げたくて必死だな
9
品質下がってる気がするんだけど
18
おまえのところの企業の話を日本経済におきかえるなよ
25
商品価値なんか目当てでユニクロ行く奴おらんやろ。
28
ユニクロなくなっても困らんからな
29
安物屋が値上げしたら結果は見えている。
30
値上げした上に消費税10%か!
36
高額すぎる報酬を得てる経営者は全てブラック認定
このオッサンはその筆頭
46
外で作ってるやつに恩恵があるわけないじゃん
57
ユニクロ平均株価もどうにかしろよ
58
アベノミクス批判しといて、ちゃっかり値上げ
68
品質下がってますよね?
84
値上がったからもう買わない。
カネがないわけではない。
96
向上させるのは品質でもデザインでもなく
商品価値という曖昧な言い回し
117
中途半端なのはお前のとこの値上げだ
もっと高級志向に徹しろ
119
コイツの反日発言はいつもの事
127

続き・詳細・画像をみる


【エロ注意】改めて市川由衣のセミヌードwwwwwwwwwwwwww

極黒のブリュンヒルデ、ボクガールなど本日配信のKindle漫画まとめ

ドラえもん声優・大山のぶ代 “徘徊”“幻覚” 「自分が“ドラえもん”だったことさえ覚えていない」

「機動戦士ガンダム 鉄腕のダッシュ」にありがちなこと

鍋のシメはうどんか雑炊か?

「機動戦士ガンダム 鉄腕のダッシュ」にありがちなこと

back 削除依頼&連絡先