まどか「焼肉部を結成したよ!」back

まどか「焼肉部を結成したよ!」


続き・詳細・画像をみる

1:
マミ「あら、お待たせしちゃったわね」
まどか「部長!」
さやか「部長!待ってました!」
ほむら(部長…?)
マミ「早行きましょうか」
まどさや「は?い!」
ほむら(そういえばこれは『部活』だったわね…)
2:
?前日?
ほむら「焼肉部?」
まどか「そう!焼肉部!」
まどか「マミさんとさやかちゃんと私で結成したんだよ!」ウェヒヒヒ!
まどか「明日部活があるんだけどほむらちゃんも来ない?」
ほむら(まどかが行くなら何処にだって行くわ…)
ほむら「いいわ…行きましょう」
まどか「やったぁ!」
????????????
3:
マミ「ところで暁美さんは焼肉好きなのかしら?」
ほむら「…焼肉屋は初めてよ」
さやか「えぇ?!? 転校生、焼肉食べたこと無いの!?」
ほむら「肉を焼いて食べたことくらいはあるわ…お店に行くのが初めてってことよ」
マミ「あらあら…じゃあ今日は焼肉少女体験コース第一弾ね!」
まどか「焼肉の魅力に目覚めてくれたら…それはとっても嬉しいなって、思ってしまうのでした☆」
ほむら(なんだか少しアウェイな気分だわ…)
4:
【 焼肉 薪火 (まぎか) 】
マミ「着いたわよ!」
さやか「おぉ…ちょっと高級そうな店構えじゃないですか!」
まどか「ほむらちゃんの焼肉ライフがここから始まるんだね!」
マミ「さぁ!勇気を出して一歩を踏み出すのよ、暁美さん!」
ほむら(たかだか店に入るだけで何故こんなに大騒ぎするのかしら…)
店員「いらっしゃいませ、こんばんわー!」
5:
マミ「まずは飲み物から頼みましょうか」
まどか「私コーラ!」
ほむら(コーラ!? 意外と攻めのオーダーね…)
マミ「私と美樹さんはウーロン茶でいいわね…暁美さんは?」
ほむら「私もウーロン茶にするわ」
マミ「あら意外、てっきり鹿目さんと同じものを頼むのかと思ってたわ」
ほむら「…私にどんなイメージを持っているの」
6:
店員「ウーロン茶3つとコーラお待たせしましたー!」
マミ「それじゃあ、暁美さんの入部を祝して…」
マミまどさや「かんぱーい!」
ほむら「か…かんぱーい」
まどか「ゴクゴクゴク…プハァーッ!」
さやか「出たぁ!まどかの開幕コーラ一気!ww」
マミ「これがないと私たちの焼肉は始まらないわね!」
ほむら(私の知らないまどかの姿だわ…)
まどか「すいませーん!ウーロン茶ください」
ほむら(あ、コーラは最初だけなんだ…)
7:
マミ「まずは軽くつまめる物を頼みましょうか」
さやか「やっぱりキムチは外せないでしょ!」
まどか「私、ユッケ食べたいな!」
ほむら(ユッケって何かしら?)
マミ「暁美さんは何か食べたいものある?」
ほむら「…茄子の浅漬け」
マミ「オッケー!じゃあ注文するわね!」
8:
店員「ご注文お伺いします」
マミ「キムチ盛り合わせとユッケ、茄子の浅漬け」
マミ「あとチャンジャ下さい」
さやか「あっ、マミさん今さりげなく自分のも頼みましたねww」
マミ「いいでしょ!好きなんだから!」
ほむら(チャンジャ…これも初耳ね)
9:
店員「茄子の浅漬け、チャンジャお待たせしました!」
ほむら(これがチャンジャ…)
ほむら「ねぇ、チャンジャって何なのかしら?」
マミ「あぁ…これは鱈の内臓をキムチみたいにしたものよ」
ほむら(内臓!? ちょっとグロテスクね…)
マミ「一口食べてみる?」
ほむら(コクッ)モグモグ
ほむら(これは…コリコリとした独特の食感…後を引く辛さ…)
ほむら(箸が止まらないわ!)
マミ「あ、あの、暁美さん?もう半分くらい減ってるんだけど…」
ほむら「私の浅漬けを半分あげるわ」モグモグ
マミ(気に入ったみたいね…)フフッ!
10:
店員「キムチ盛り合わせ、ユッケお待たせしました!」
まどか「やったーユッケが来たよ!」
ほむら(確かこれはまどかが注文したお肉だったわね…)ワシッ
まどか「ちょちょちょ!ほむらちゃん何してるの!?」
ほむら「えっ?このお肉を焼いてあげようと思ったのだけど…」
まどか「……えぇ?」
さやか「ハンバーグかっ!ww」
マミ「暁美さんこれはね、生で食べるのよ」
まどか「そうだよ!黄身とユッケを混ぜて…」パクッ!
まどか「美味しい?!」
ほむら(生のまま肉を食べるなんて…わけがわからないわ)
11:
マミ「それじゃあ早お肉に行きましょうか!」
まどさや「やった?!」
まどか「最初はやっぱり『塩タン』だよねー☆」
マミ「ふふっ…鹿目さん、王道を行くのね」
マミ「でも私はあえて初手『ツラミ』を推すわ」
さやか「何となく焼肉の最初は塩タンっていう固定観念がありますよね」
マミ「そうね、もちろんタンが好きなら頼めばいいのだけど…」
マミ「あえてタンを外してこそ通、と言えるかもしれないわね!」
まどさや「なるほど?!」
ほむら(いろいろと流儀があるようね…)
12:
店員「塩タン・ツラミ、2人前ずつお待たせしましたー」
マミ「さぁ!焼くわよー!」
まどさや「おー!」
マミ「タンは片面焼き派と両面焼き派がいるけれど…」
マミ「私は両面焼き派なのよね?」
マミ「片面にほんのり焼き色が付いたら…」
マミ「ひっくり返してさっと網を一撫でしたら食べ頃ね」
まどか「両面焼きと言っても裏面はほんとに軽く火を通す感じなんですね」
さやか「片面焼きじゃだめなんですか?」
マミ「そんなことはないわ、好きなように焼けばいいのよ」
ほむら(ふーん、焼き方にこだわるのかと思ったけど意外に柔軟なのね…)
13:
マミ「ツラミは両面しっかり目に焼くほうがいいと思うわ」ジュー
マミ「はい暁美さんの分、塩タンはレモン、ツラミはタレがおすすめよ」
ほむら「あ…ありがとう」パクッ
ほむら(これがツラミ…薄い割に結構噛み応えがあるのね)
マミ「どう?この食感と赤身感が『お肉食べてる!』って感じでいいのよね!」
さやか「うん!これはいける!私も次からはツラミ派になろうかな?」
マミ「でしょ?もっと人気が出てもいいと思うわ」 モグモグ
まどか「あれっ!? マミさんも塩タン食べてる!」
マミ「あら、私は塩タンを食べないなんて一言も言ってないわよ?」
まどか「たしかに!どっちも美味しいですね!」 ティヒヒ!
14:
マミ「そろそろライスを頼む頃合かしらね、すみませーん!」
店員「はい、お伺いします」
さやか「サイズは…大、中、小と、、マンガ盛り?」
マミ「マンガ盛りって超大盛りのことでしょ、日本昔話に出てくるみたいな」
ほむら「あら、それなら貴方にぴったりじゃない」
マミ「ふざけないでよ!あんなの食べたらお肉が入らないわよ!」プン!
まどか「私は小にしとこうかな」
ほむら「じゃあ私も小で」
さやか「私は中!キムチもあるし」
マミ「あとライス大」
ほむまどさや(普通に大って言ったよ…)
15:
マミ「次は何を頼もうかしら?」
まどか「私『ハラミ』食べたいです!」
ほむら(!?)
さやか「うんうん!ハラミは外せないよね!」
まどか「じゃあ決まり!すいませ?ん!ハラミ2人前下さい!」
ほむら(なんてラッキーなの…)
ほむら(私の博識っぷりをアピールする絶好のチャンスが巡ってくるなんて…)
ほむら(私を尊敬の眼差しで見つめるまどか…楽しみ…)ジュルリ…
ほむら(でもこういうのは切り出すタイミングが大事よね…)
ほむら(焦らずに披露する機会を待ちましょう)フフッ…
16:
店員「ハラミ2人前お待たせしましたー」
まどか「マミさん、私が焼いてもいいですか?」
マミ「そうね、鹿目さんが頼んでくれたんだからお願いしようかしら」
ほむら(今だわ!)
ほむら「ねぇ…まどか、ハラミってどこの部分のお肉か知ってる?」
まどか「えっ、横隔膜でしょ」
さやか「有名だよね」
マミ「そうね、有名というより常識だわ」
まどか「さっそく焼いちゃうよ?☆」ジュー
ほむら「…」
ほむら(わたしの、最高の豆知識だったのに…)シュン…
17:
まどか「やっぱりハラミは美味しいね!」
さやか「定番の美味しさって感じだよね?次は何いこうか?」
マミ「定番の次は少し変わったものを食べてみない?」
さやか「おっ!何かアテがあるんですね!?」
マミ「ふふ…『焼きしゃぶ』を頼むわよ!」
まどか「焼きしゃぶ!? 美味しそう!」
マミ「すいませーん!焼きしゃぶ4人前お願いします!」
18:
ほむら「焼きしゃぶ…っていうのは焼肉とは違うのかしら?」
マミ「まぁ焼肉には違いないわね、薄切りのロースをさっと炙って頂くのよ」
店員「焼きしゃぶお待たせしました!おろしポン酢でお召し上がり下さい!」
マミ(おろしポン酢…オーソドックスね…)
まどか「炙るだけでいいんですね!」サッサッ
さやか「焼けたらおろしポン酢をたっぷり乗せて…」パクッ!
まどさや「おいし?!」
マミ(ふふふ…)コソコソ
ほむら(巴マミ…何か良からぬことを企んでいるわね…)
19:
店員「生卵お待たせしましたー」
まどか「えっ?誰が頼んだの?」
マミ「来たわね…その卵は私のものよ」
さやか「まさか…」
マミ「察しがいいのね美樹さん…
そうよ!焼きしゃぶを卵とタレに絡めてすき焼き風?♪」パクッ!
マミ「あぁ…たまらないわ!」
まどか「うわっ!お店のこだわりを完全に無視してるよ!」
マミ「食べたい人は真似してもいいのよ?」
ほむら「…すみません!生卵一つ下さい!」
店員「はーい!」
マミ「あら?いつになく積極的ね、暁美さん」
ほむら「卵は私の大好物なのよ」
まどか(そうなんだ…知らなかった…)
20:
ほむら(軽く炙って…)
ほむら(卵とタレに絡めて…)
ほむら(…うん!美味しいっ!)ホムッ!
さやか「めちゃくちゃいい表情してんねww」
マミ「ご満悦のようね、暁美さん…でも私に付いてこれるかしら!?」ドバッ!
まどか「わっ!残った卵をご飯にかけちゃった!」
マミ「どう!? 焼肉風味玉子かけご飯よ!」
まどか「ちょっと品がない気がするけど美味しそう!」
ほむら「…」ドバッ!
まどか「ほむらちゃんも行ったー!」
マミ「どうかしら暁美さん、お味のほうは!?」ガツガツ!
ほむら「…悪くないわ!」ホムホムッ!
さやか(この二人、ちょっと仲良くなってない?)
21:
さやか「次これ頼もうよ!『ホルモン盛り合わせ』!」
マミ「いいわね!私もそろそろホルモン挟みたいと思ってたの!」
まどか「私、普通のお肉よりホルモンの方が好きかも!」
マミ「あらそうだったの?意外と渋いのね」
まどか「マルチョウが一番好きなんです!」
マミ「ブリッブリのマルチョウ…たまらないわね!」
さやか「レバーも入っててほしいなー」
マミ「そういえば生レバーが食べられなくなったのは本当に残念ね…」
さやか「ほんとですよ!あんなに美味しいものが二度と食べられないなんて犯罪ですよ!」
まどか「噂ではこっそり出してるお店もあるらしいよ」ウェヒヒ…!
ほむら(全然話に入れないわ…)
22:
店員「ホルモン盛り合わせお待たせしました?」
さやか「おっ!来ましたよ!」
店員「こちらからハツ・テッチャン・上ミノ・センマイ・マルチョウです」
まどか「やったぁ!マルチョウが入ってる!」
マミ「よかったわね!鹿目さん!」
さやか「レバーは無いのかぁ…さやかちゃんがっかり…」
マミ「なら追加しましょ!レバー1人前下さい!」
さやか「マミさん仕事早いですねwwありがとうございます!」
23:
まどか「山盛りのホルモンってけっこうすごい見た目だね…」
さやか「う?ん…説明してくれたけど正直どれが何だか全くわからないや」
マミ「ありがちね、はっきり言って私も全く聞いてなかったわ」
まどか「ほむらちゃんは説明聞いてた?」
ほむら「聞いてたのだけど、全然わからなかったわね」
まどか「私もマルチョウしか覚えてないや」
マミ「とりあえず焼けばいいのよ」
24:
さやか「ホルモンって焼き方が難しい気がするんですけど」
マミ「ホルモンはね、がーっと焼けばいいのよ」
さやか「適当ですね」
マミ「えぇ、適当に焼くほうが美味しいのよ」
まどか「なんとなく分かる気がします」
マミ「じゃあ早行くわよ!」ガーッ
25:
マミ「さっき適当って言ったけどホルモンは転がすのをサボっちゃだめよ」コロコロ
まどか「これが楽しいんですよね」コロコロ
さやか「でもマミさん、ちょっと一度に乗せすぎじゃないですか?」コロコロ
マミ「そうね、ちょっと勢い余ったわね」
まどか「うわっ!火柱が!」ボウッ!
マミ「氷で消火するのよ」シュウー
さやか「さすがに冷静ですね」
ほむら「これ…いつまでコロコロしてたらいいのかしら?」
マミ「だいたい感覚でわかるわ」
ほむら(ほんとかしら…?)
26:
ほむら(もうそろそろ良さそうね…)ヒョイ
さやか「それ…ちょっと早くない?」
ほむら「そうかしら?焼き色もついてるわよ?」
さやか「じゃあ食べてみなよ、まだ中まで火が通ってないと思うけど」
ほむら「…」パクッ
まどか「どう?ほむらちゃん」
ほむら「これ…もう一度焼き直してもいいかしら?」
マミ「食べかけ戻すなんてダメに決まってるじゃない」
ほむら「お腹を壊してしまうかもしれないわ」
マミ「大丈夫でしょ」
さやか「マミさん、厳しい!」
まどか「まぁ食べかけ戻すのはないよね」
27:
さやか「でも転校生の犠牲のおかげで大体タイミングがわかったね」
まどか「さやかちゃんひどいww」 ウェヒヒヒ!
マミ「はい、暁美さんにもちゃんと焼けたのあげるわ」ヒョイ
ほむら「…ありがとう、頂くわ」
まどか「いっただきまーす!」パクッ
まどか「うわぁ!脂プルンプルン!やっぱりマルチョウは最高だね☆」
マミ「うん!我ながら美味く焼けたわ!どう?暁美さん?」
ほむら「最高に美味しいわ」
マミ「ほんと!? 良かった!」
ほむら(まどかの好物だもの、美味しいに決まってるじゃない)
28:
ほむら「…」コロコロ
さやか「おっ!リベンジだね!」
まどか「今度は美味しく焼けたらいいね!」
マミ「焦っちゃだめよ、暁美さん」
29:
ほむら(もう少し…もう少し…)コロコロ
ほむら(今ね!)
ほむら「出来たわ、まどか食べて」ヒョイ
まどか「えっ!? 私がもらっていいの?」
ほむら「あと貴方の分よ」ヒョイ
マミ「あら、私も貰えるの?」
ほむら「さっきのお礼よ」
マミ「それなら遠慮なく頂くわ、ありがとう」
マミまど「」パクッ
まどか「うん!美味しいよ!ほむらちゃん!」
マミ「ほんと!いい焼き加減だわ!暁美さん!」
ほむら(やった…!)グッ
さやか「あの…私の分は?」
30:
まどか「あ?マルチョウ美味しかった?♪」
さやか「レバーも食べれてさやかちゃん大満足!次は何いこうか?」
マミ「突然だけど…みんなに大事な相談があるの…」
まどさや「えっ…どうしたんですか??」
マミ「私、どうしても…『ハネシタ』を食べたいの!!」
まどさや「!!!」
さやか「マミさん…私はマミさんに付いていきます」
まどか「いいと思います!だって今日はほむらちゃんの歓迎会だし…!」
ほむら(???)
ほむら(みんな一体何を大騒ぎしているのかしら?)
31:
マミ「みんなそう言ってくれると信じていたわ…!ハネシタ1人前下さい!」
店員「かしこまりましたー」
ほむら「盛り上がっている所悪いのだけど、ハネシタって何なの?」
まどか「とにかく凄いお肉だよほむらちゃん!」
さやか「あぁ?期待で唾液が止まらないっ!」
マミ「私たちからの入部祝いよ、暁美さん」
ほむら(ん…?さっき巴マミは自分が食べたいって言ってた気が…)
32:
店員「ハネシタお待たせしました?」
マミまどさや「来たぁぁ!!」
マミ「ここは私に仕切らせてもらうわよ」
まどさや「お願いします!」
ほむら(一体何が始まるのよ…)
マミ「焼く前に店員さん、山葵醤油を人数分頂けるかしら?」
店員「かしこまりましたー」
まどか「山葵醤油の方が美味しいんですか?」
マミ「えぇ、最上級のお肉は山葵醤油に限るわ…みんな覚えておいて」
さやか「さすがに踏んだ場数が違いますね」
33:
マミ「じゃあ、焼くわよ」
ほむまどさや「…」ゴクリ…
マミ「…」ジュウ…
マミ「…」ジュウ…
マミ「はい、どうぞ」ヒョイヒョイ
マミ「じゃあ…早」
マミまどさや「いっただきまーす!」パクッ!
ほむら「いただきます…」パクッ!
34:
まどか「これは…」
さやか「はふぅ…」
マミ「あぁ…浄化されていくわ…」
ほむら(あり得ない…)
ほむら(とろける食感、溢れる旨味、それでいて全く重くない…)
ほむら(こんなお肉がこの世に存在したなんて…)
ほむら「あの…1枚じゃ物足りないわ、追加は出来ないのかしら?」
まどか「それは出来ないよ、これ…」 トントン…
【ハネシタ 1人前 2,800円】
ほむら(1枚700円ですって!?)ワナワナ…
35:
ほむら「本当に美味しい入部祝いだったわ、ありがとう」
マミ「そういってもらえて良かったわ!」
まどか「山葵醤油もぴったりだったね!」
さやか「うんうん!タレを付けるのがもったいないお肉だったよ!」
マミ「あら美樹さん、よくわかってるじゃない」
さやか「いや?、まだまだマミさんの足元にも及びませんよ!ww」
36:
まどか「私そろそろお腹いっぱいかも…ほむらちゃんはどう?」
ほむら「そうね、私ももう満腹だわ」
さやか「そしたら〆でも頼みます?」
マミ「そうね…先に決まった人から注文してくれる?」
まどか「う?ん…じゃあ梅茶漬けにしようかな」
さやか「おっ!まどか渋いね!私はテールクッパ!」
ほむら「私は玉子スープにするわ」
マミ(うーん…どうしよう…)
マミ(やっぱり石焼ビビンバかしら…)
マミ(冷麺も捨てがたいわね…)
マミ(むむむ…)
マミ(…)
マミ「石焼ビビンバと冷麺下さい!」
まどさやほむ店員「えっ」
37:
店員「梅茶漬け、テールクッパ、玉子スープお待たせしましたー」
まどか「うーん、ほっとする味!」
さやか「テールクッパも大正解だよ!」
ほむら(あぁ…体に染み入るようだわ…)
マミ(私の分はまだかしら…?)チラチラ
38:
店員「石焼ビビンバと冷麺、大変お待たせしましたー」ジュージュー!
マミ「ついに来たわね!」
マミ「この音が食欲をそそるのよね!」ジュー!
マミ「冷めないうちによく混ぜて押し付けて…」ジュゥー!
マミ「うん!お焦げ美味しい!」ハフハフ!
マミ「熱いの食べたら今度はこっち!」ツルツルッ!
マミ「あぁ…この喉越し…たまらないわ!」
マミ「冷麺も美味しい!ビビンバも最高!」
マミ「二つのメニューで悩むなら…どっちも頼むしかないじゃない!」
さやか「マミさん!さすがです!」
まどか「かっこいいなぁ…私もマミさんみたいになりたいなぁ…」
ほむら(かっこいい…のかしら…?)
40:
店員「ゆずシャーベットとお茶4つお待たせしましたー」
さやか「やっぱり最後はこれだよねー」
マミ「戦いの後のクールダウンって感じね、至福のひと時だわ…」
まどか「いろんなの食べれて楽しかったね!」
ほむら(あぁ、お茶が美味しい…)ズズズ…
さやか「おっ、転校生が余韻に浸ってる」
マミ「その気持ちわかるわよ、暁美さん」
まどか「焼肉の後ってなぜか達成感があるよね!」ウェヒヒヒ!
ほむら「そうね…何かを成し遂げたような気分だわ…」フゥ…
41:
????????????????
まどさや「部長!今日はありがとうございました!」
マミ「こちらこそありがとう!とっても楽しかったわ!」
さやか「じゃあ私たち帰り道こっちなんで!」
まどか「じゃあね?!おやすみ!ほむらちゃん☆」
ほむら「おやすみ、まどか」
4

続き・詳細・画像をみる


【画像あり】コナン24巻 唾液からわかるのは血液型ぐらい →

有村架純の卒アルwwwwwwww

ドラえもん声優・大山のぶ代 “徘徊”“幻覚” 「自分が“ドラえもん”だったことさえ覚えていない」

ガイジ「声優の専門学校行くンゴ」

男は顔じゃないと結婚した結果wwwww

ぼく「これはダメ」 料理人「じゃあおまえ作ってみろよ!」 映画監督「おまえ録ってみろよ!」 歌手「歌ってみろよ! 」

back 削除依頼&連絡先