八幡「由比ヶ浜攻略部隊」back

八幡「由比ヶ浜攻略部隊」


続き・詳細・画像をみる

1:
雪乃「始まるよ!」
八幡「誰だお前」
2:
八幡「雪ノ下攻略部隊」
の続き
一応今日はスレ建てだけ、ご勘弁
だが由比ヶ浜を攻略するための案は随時募集中だ隊員共
8:
※この会話はメールです
雪乃「攻略のルールを教えなさい」
八幡「初めて来たお前のメールが命令だなんて八幡ビックリ」
雪乃「じゃあ、教えてほしいなご主人様!」
八幡「すいませんでした、ありのままの雪ノ下さんでオッケーです」
雪乃「なら攻略のルールを教えなさい」
八幡「1.攻略対象をデレさせたら1点」
雪乃「1ということは複数あるのね」
八幡「2.攻略対象にデレたら−1点」
雪乃「結衣さんにデレるような態度をとったら点数は引かれる、ということかしら」
八幡「そうだ」
9:
雪乃「では3以降もお願い」
八幡「3以降はない、2までだ」
雪乃「少ないのね」
八幡「増やしすぎても面白くないだろ」
雪乃「そういうものかしら」
八幡「そういうものらしいな。で、他に質問は?」
雪乃「10点貯まったら攻略完了ということになるんでしょう」
八幡「Yes」
雪乃「それは私とあなたで10点ということか、個人で10点ということなのか、どちらかしら」
八幡「俺と結衣の時は個人で10点だった」
11:
雪乃「一緒だとあなたがつまらないと感じるでしょうから今回は2人で10点にしましょう」
八幡「わかった、点はお互いがデレたと思ったら申告する形で増やす」
雪乃「どういうことなのかもう少し詳しく教えて」
八幡「雪乃に結衣がデレる→俺がデレたと判断して申告する→1点追加。同じように俺に結衣がデレたら雪乃が申告して1点追加だ」
雪乃「あなた達がちょくちょく言ってた1点ってこのことね」
八幡「それ聞いて思ったんだが、結衣がデレて1点って口に出して言っちゃうとお前の攻略経験がある結衣は攻略に気づくな」
雪乃「では別の申告方法を考えましょう。何か案はあるのかしら八幡」
八幡「合図でも作るか?」
雪乃「どんな合図?」
八幡「お前はどんなのがいいんだ」
雪乃「相手の肩を叩く、はどうかしら」
八幡「お前がそれでいいならそれでいい」
雪乃「では相手の肩を叩くで決定ね」
12:
八幡「他の質問は」
雪乃「由比ヶ浜攻略部隊」
八幡「それがどうした?」
雪乃「部隊ってことは他にも人はいるってことかしら」
八幡「いるな」
雪乃「あなたと私の2人という訳ではないのね?」
八幡「そうだが別にそこは念を押して尋ねるようなことでもないだろ」
雪乃「気にしないで。それで他の(部隊だから隊員って呼称で呼ぶわ)隊員は誰なの?」
八幡「お前が知らない奴ばかりだな」
雪乃「それはあなたの知り合いなの?」
八幡「知り合いって言えば知り合いと言える」
雪乃「異議あり」
八幡「なんでやねん」
13:
雪乃「あなたに私が知らない知り合いがいるとは思えないのだけれど」
八幡「何?俺の交友関係把握してるストーカーになったの?」
雪乃「あなたの中に交友関係なんて言葉あるのが不思議だわ」
八幡「俺(´・ω・)カワイソス」
雪乃「可愛い、それは何かしら」
八幡「顔文字だ(`・ω・´)」
雪乃「やり方を教えてもらえるかしら」
ーーーーーーーーーーーーーーーー
14:
八幡「おい、話が脱線してないか」
雪乃「ごめんなさい、話を戻すわ」
八幡「ああ」
雪乃「異議あり」
八幡「そこまで戻すのかよ」
雪乃「あなたの知り合いの隊員達ってのは一体誰なの?」
八幡「画面の向こうのお友達」
雪乃「あっ…(察し)」
八幡「雪ノ下さん、どこでその言葉を知ったのか吐きなさい」
雪乃「あの、奉仕部によく自作小説を読ませる人の小説にあった言葉よ」
八幡「俺はそんなのみた覚えないが、見落としてたのか」
雪乃「私は隅まで読んだわ」
八幡「とりあえずあいつは埋めとく。雪ノ下は忘れろその言葉」
雪乃「あなたが雪ノ下じゃなくて雪乃って呼称に変えるまで忘れないわ(#・∀・)」
八幡「忘れろ雪乃」
雪乃「わかった」
15:
雪乃「その知り合いは画面の向こうのお友達なら実質攻略するのは私とあなたの2人ということね?」
八幡「一応お前と俺の共通の知り合いで隊員のやつは1人いるけどな」
雪乃「誰?」
八幡「一色」
雪乃「あの子はこういうのに参加するような人では無かったと思うけれど」
八幡「無理やり引き込んでおいた」
雪乃「でしょうね」
八幡「他にも一応引き込めるぞ」
雪乃「例えば誰かしら」
八幡「雪ノ下さん(姉)とか」
雪乃「や め な さ い」
八幡「はい」
16:
雪乃「一色さんも攻略には参加するのかしら」
八幡「引き込んだだけだし参加はしないと思うが、雪乃の時も参加しなかったし」
雪乃「何のために彼女を引き込んだの…」
八幡「他の隊員に伝達係として仕事をしてもらうため、すでに1回やってもらってる」
雪乃「あの子も可哀想に。では実質的にあなたと私の2人での攻略ということね?」
八幡「そうなるな」
雪乃「わかったわ」
17:
八幡「2人だとはいえ俺が隊長でお前が隊員という役割なのは揺るがないからな」
雪乃「なんでそんなに隊員に固執してるのかが気になるわ」
八幡「気にすんなよ雪乃隊員」
雪乃「さりげない隊長アピールしてくるのね、別に今はその座をとって食おうとは考えていないから安心していいわ」
八幡「今はってなんだよ今はって」
雪乃「大体攻略のルールはわかったわ。今日はもう遅い時間になるからお開きにしましょう」
八幡「そうするか」
雪乃「では今この時を持って由比ヶ浜攻略部隊は始動する!おやすみなさい」
八幡「ちょっと待てそれ俺のセリフ」
八幡「隊長のセリフだそれは!」
八幡「隊員ごときに指揮はとらせないからな!」
雪乃「早く寝なさい(#^ω^)ピキピキ

八幡「はい(´・ω・`)」
40:
翌日の放課後、部室前
雪乃「…これでデレに繋がるのかしら」
八幡「攻略対象を少しでも知っておこうの会だからな、デレに繋がるかどうかは俺たち次第だ」
雪乃「部室にいる結衣さんを2人で観察するだけではどう足掻いてもデレに繋がるとは思えないに1票」
八幡「黙って観察してりゃ何かしらあるから大丈夫だろうに1票」
雪乃「…」
八幡「…」
雪乃「…」 カチカチ
八幡「…別にケータイ触んのはいいけど部室に1人でいるあいつにバレないように使えよ」
雪乃「…」
八幡「ん?…って、メール来たと思ったらお前かよ、なんで隣にいるのにわざわざ」
雪乃「…」
八幡「見ろってか、何がしたいのか俺にはわからん」
雪ノ下雪乃
件名:
本文
(´;ω;`)
八幡「つっこむ、俺今からお前のボケかなんかしらん行動につっこむ」
41:
八幡「まず何で隣にいるのにわざわざメールをした」
雪乃「メールでないと顔文字が使えないからよ」
八幡「…」
八幡「次、この顔文字でお前は俺に何を言いたいんだよ」
雪乃「この顔文字が何をしているかくらいわかるでしょう」
八幡「泣いてる顔文字使って俺に何を言いたいんだって質問に変える」
雪乃「男性は女性の涙に弱いんでしょう?」
八幡「世間一般的には弱いって言われてるが俺は涙ごときで変わる人間じゃねえんだ」
雪乃「私の涙ではダメだったというの…」
八幡「お前のじゃねえだろ!顔文字に涙代用させてんじゃねえよ!」
雪乃「涙で弱まったあなたなら私の意見などすいすい受け入れてくれそうだっから」
八幡「顔文字使ったことで台無しだボケ」
42:
結衣「あれ?ゆきのんと八幡そこにいるなら部室入りなよー」
雪乃「バレたわね、観察は終わり」
八幡「バレたのはお前のせいだ」
部室
八幡「…」
結衣「それでね、その男がね、あたしに顔文字だらけの文面のメールしてくるの!」
雪乃「そう、怖い夢ね。原因は何か気になるでしょう」
結衣「ゆきのんです」
雪乃「私?」
結衣「普段顔文字使わないゆきのんが凄い大量に使ってきてびっくりしちゃったのが原因だと思われまーす!」
雪乃「そんなに使ってたかしら?」
ゆきのん
件名:
本文
それは八幡を怒っていいと思うわ(# ゚Д゚)
彼ははっきり言わないとボカし続けたこちらの話なんて聞かないのだから(*`д´)
八幡(2つだけじゃねーか…)
雪乃「多かったかしら…少し自重するわ」
結衣「のんのん、寧ろ使っていいと思うよ?こうやって顔文字つけたり色々工夫して可愛いのを意識したり、とか女の子らしいじゃん!」
雪乃「顔文字…女の子らしい?」
結衣「うん!」
雪乃「そう…」
八幡「こっち見んな」
43:
八幡(今日、部室に入ったら既に雪乃がいた)
八幡(そして俺は「結衣は掃除で遅れるそうだ」と報告)
八幡(雪乃はそれを聞いた後に、今日の放課後を使って攻略してみようと言ってきた)
八幡(俺は隊員からもらった案を一応言ってみて、その中で雪乃が承諾したものを今日やることになった)
八幡(部室外で結衣を観察してたのも案の1つだった。雪乃は観察にはあまり乗り気じゃなかったが。しかもあいつのメールに持ってかれて結衣に意識を向けれなかったしな)
八幡(ということで案2)
八幡(褒める、甘えさせる、距離を縮める)
八幡(距離を縮めるは今回の攻略と同じ意味だが、この距離を縮めるはあだ名を呼んで縮めるってことだ)
八幡(褒めるは、雪乃攻略の時と同じように、髪から入ることになった)
八幡(甘えさせるは俺が結衣に何か甘えさせるようなことをすればいいらしいが、これはまだはっきりは決まってない)
八幡(というわけでまずは褒めるから始めよう)
八幡(話題の起点は雪乃に任せている)
44:
雪乃「…」
結衣「んー?どうしたのゆきのん。あたしのお団子触って」
雪乃「…これ、今また崩していいかしら?」
結衣「いいよー」
雪乃「ありがとう」
雪乃「…団子を解くとやはり印象が変わるわ。こっちの方は大人っぽく見える」
結衣「え、ホント!?」
八幡「見える」
結衣「うーん、でもお団子はお団子で気に入ってるからなー」
雪乃「どっちもあなたに似合ってる。お団子がある時は年相応の感じがして、ない時は大人っぽい感じがするわ」
結衣「えへへ、大人っぽく見えるなんて初めて言われたよ…ありがと///」
雪乃「後は言動かしら…ん?八幡?あ、そうね。肩を叩くのだったわね」
結衣「なんでゆきのんの肩を叩いたの?」
八幡「気にすんな」
45:
八幡(デレたな、1点だ)
八幡(次、甘えさせる。これは俺が起点作りしろとのことだが甘えさせるってどんなことさせればいいんだか)
八幡(甘え…甘え…)
八幡(よし、小町に高評価だったこれをやるか)
八幡「結衣」
結衣「ん?どうしたの?」
八幡「はよ」
雪乃「…八幡?」
八幡「はよ」
結衣「なんで、膝叩いてるの?」
八幡「はよ」
雪乃(…もしかしてこれが甘えさせるの起点のつもりなのかしら…)
八幡「はよ」
結衣「…くるった?」
八幡「はよ」
結衣「あ、えっとと、救急車呼ばなきゃ…」
雪乃「確かに狂ったようにおかしい行動だけれど、救急車呼ぶほどではないわ」
八幡「はよ?」
雪乃「良かったわね、救急車はこないわ。警察じゃなくて救急車を呼ぼうとしてたところが結衣さんの優しさよ」
八幡「優しさしょぼいな!」
46:
結衣「で」
八幡「なんだ、で って」
結衣「いやー…なんであたし八幡の膝の上に座ってるのかなーって…」
八幡「小町に高評価だったからな、これ」
結衣「小町ちゃんは恥ずかしさとかないだろうけどあたし、これ結構恥ずかしい…」
雪乃「…少なくとも高校生がする事ではないわね」
結衣「あと重くない?」
八幡「別に重さは大丈夫だが」
雪乃「…」
結衣「と、というか小町ちゃんに高評価のこれをなんでいきなりあたしに…?」
50:
八幡「…」
八幡(…確かに、俺は小町に高評価だったこれをなんで結衣にやったんだっけな…)
雪乃「ちょっと?」
八幡「なんだよ?」
雪乃「いきなり無言になるからどうしたのかと思ったのよ」
八幡「あー、考え事だ」
結衣「そろそろ恥ずかしいよぅ」
八幡「降りるか?」
結衣「恥ずかしいもん…」
雪乃「でしょうね」
八幡(こいつ別に重くないんだな…流石女の子というべきか)
51:
雪乃(「八幡」)
八幡(「なんだよ、コソコソ話しかけてきて」)
雪乃(「さっきの膝に乗せていたのは、結衣さんに甘えさせるって案を実行したということ?」)
八幡(「あ、そうだ、それだ」)
雪乃(「結衣さんが恥ずかしがっててデレるどころじゃなかったわね」)
八幡(「恥ずかしいとデレは違う部類なのか?」)
雪乃(「私も詳しいわけじゃないけど…違うんじゃないかしら」)
八幡(「そうか」)
雪乃(「では次は結衣さんをあだ名呼びよ!」)
八幡(「お前攻略楽しんでるだろ」)
52:
八幡「なあガハマさん」
結衣「結衣」
八幡「あ?」
結衣「あたしの名前結衣だもん」
八幡「はあ」
結衣「ガハマさんじゃなくて結衣!りぴーとあふたみー!」
八幡「ガハマさんじゃなくて結衣!りぴーとあふたみー!」
結衣「全部りぴーとあふたみーするんじゃなーい!」
八幡「な、なんだよ、何が不満なんだ」
結衣「あたしはガハマさんじゃなくて『結衣』!」
雪乃「はっきり言わないと彼には通じないわよ」
八幡「おい、その言い方だと俺が鈍感みたいな言い方に聞こえるぞやめれ」
雪乃「事実じゃない」
結衣「あたしは結衣って名前なんだから結衣って呼びなさい!」
八幡「ガハマさんだって由比ヶ浜からとったあだ名じゃねえか」
結衣「結衣って呼べー!」
八幡「はあ…?」
54:
廊下
八幡「いいのかよ、廊下出て」
雪乃「あなたと結衣さんだってよく廊下に出てたじゃない」
八幡「そうだけど、今回は結衣を攻略するんだからお前を攻略する時と同じ行動してちゃ結衣に攻略気づかれるだろ」
雪乃「今回は良いのよ、結衣さんにもどうしてあなたを廊下に呼びだしたか説明してあるわ」
八幡「じゃあなんだよ、俺は案の中のあだ名呼びをやってみただけだぞ」
雪乃「でも彼女はガハマさんと呼ばれるのが嫌だったみたいね」
八幡「俺あいつのこと確かガハマさんって呼んだことあるはずだがな…その時別に何か言われた覚えはねえし」
雪乃「率直に言うと、結衣さんはあなたにはあだ名呼びじゃなく名前呼びしてほしかったってこと」
八幡「名前呼び?」
55:
雪乃「あなたと結衣さんが私を攻略した結果、私とあなたと結衣さんは互いに名前呼びになった」
八幡「せやな」
雪乃「折角名前呼びになったのだから結衣さんもあなたに名前で呼んでほしい…って言いたかったんだと思うわ」
八幡「推測かよ」
雪乃「推測ではあるけれどほぼ正解だと思うわ。私も名前呼びは正直嬉しいもの」
八幡「お前が?」
雪乃「ええ、ここ最近だと姉さんや母さんくらいしか私を名前で呼ばなかったから」
八幡(そうだったっけか?)
雪乃「だから…今の名前呼びの関係は私にとって喜ばしいことなのよ」
八幡「そうか、じゃああだ名呼びの案は却下でいいか」
雪乃「ええ、その方がいいと思うわ」
56:
八幡「一応親しみを込めてガハマさんって呼んだんだけどな」
雪乃「彼女にとっては名前で呼ばれる方が嬉しいのよきっと」
八幡「ふむ、じゃあどうするか。今日は雪乃が1点とってるが」
雪乃「…今日は観察に時間を取りすぎてもう部活終了時間が迫っているからここまでね。明日何やるかはまた連絡するわ」
八幡「わかった」
結衣「あ、もう終わり?」
雪乃「ええ、時間よ」
結衣「じゃあ3人で校門まで行こう!」
結衣「…なんで後ろをノソノソと歩いてるの?」
八幡「俺の通常スタイルの歩き方中だ、ノソノソ歩いてるつもりはない」
結衣「せめてあたしとゆきのんと並んであるこーよ」
八幡「廊下でそんなことしたら後ろから歩いて来るやつの邪魔になるだろ」
結衣「あ、そっか」
八幡「少しは頭使おうぜ」
結衣「はいっ!」
バチン!
八幡「ーーーーー!ーーいっつ…お前バカ!洗濯バサミ口に挟むのはいい加減やめろ!」
結衣「ふん、言い負かした、どうだみたいなドヤ顔してるからだし」
八幡「暴力に訴えんのはどうなのかと」
結衣「暴力に訴えるのは良くないことなので洗濯バサミに訴えました」
八幡「暴力と洗濯バサミを別々にすんな!」
雪乃「それよりその洗濯バサミどこから出したの結衣さん…」
57:
帰宅、家にて
八幡「ん?結衣からメールか?」
※以下、メールのやり取りです
結衣「今日ゆきのんに廊下でなんめ言われたの(*´Д`) 〜? 」
八幡「ガハマさん呼びじゃなく普段の名前で呼べだとさ」
結衣「うん、結衣って呼んでね(`・ω・´)」
八幡「ガハマさんでも別に良いだろうに、なぜ名前にこだわる」
結衣「だって、名前呼びし合う人達って…仲良さそうに見えない?(´・∀・`)」
八幡「別に」
結衣「oh…冷めてるね八幡」
八幡「冷めてるんじゃない、クールと言え」
結衣「クールぶってるだけだよね?」
八幡「おっふ」
58:
結衣「ね、ね、あたしと八幡って仲良い?」
八幡「知らんがな」
結衣「真面目に答えてよー(´・ω・`)」
八幡「はいはい仲良い仲良い。仲良いって言うと照れるから言うのが嫌だったんですー」
結衣「にへへ、照れてるんだ八幡(・∀・)」
結衣「あたしも仲良いと思ってるよ!だからこれからもよろしくね!」
八幡「奉仕部が終わるまでな」
結衣「えー、終わっても会いたいよ(´・ω・)」
結衣「なし!なし!さっきのやつ消して!」
八幡「さっきのやつって何だよ」
結衣「さっき送ったメール!消して!」
八幡「はいはい保存保存」
結衣「消してえええええええ!」
59:
八幡「何で消して消していってんのかはわからんが面白そうだしメールはとっておこう」
八幡「ん、雪乃か?そういや攻略案を出すんだっけな」
雪ノ下雪乃
件名:
本文
1 点 お め で と う は ち ま ん
はちまん「」
71:
翌日、放課後部室前
八幡「あの雪ノ下さん、昨日のメールの真相を教えろください」
雪乃「あら、なんのことかしら」
八幡「昨日のメールだよ、唐突に1点おめでとうとか俺と結衣のメール内容把握されてんのかと思って怖くなったじゃねえか」
雪乃「私にストーカー趣味なんてないけれど」
八幡「じゃあなんだあのメールの内容」
雪乃「…ナ・イ・ショ☆」
八幡「お前がいくら美少女でいくら可愛い声出していくら魅力的なポーズとっても看過出来ねえ言葉だぞオイ」
雪乃「…口説いてるの?」
八幡「なわけ」
雪乃「でしょうね」
72:
八幡「で、内緒ってなんだよ」
雪乃「しつこい男は殺されるわよ」
八幡「え?嫌われるで済まないの?」
雪乃「ええ、私は中途半端は嫌いなの」
八幡「嫌い=殺すで好き=生かすみたいな価値観でしょうかね」
雪乃「そのとおりよ」
八幡「洒落になんねえ!」
雪乃「ともかく1点追加でいいのよ。私とあなたでこれで合計2点。いいペースね」
八幡「うやむやにしやがって…本当に監視してんのかと疑っちまうぞ」
雪乃「あなたに監視する価値があるなら監視してる人はいるかもしれない…」
八幡「価値ないからいねえな」
雪乃「本当卑屈ね、あなた」
73:
八幡「…まあ唐突な1点おめでとうメールは今は放っておこう。今は結衣を観察するべきだ」
雪乃「今日もやるのね」
八幡「昨日お前と話してるだけで観察になんなかったからな」
雪乃「私とのお話は嫌?」
八幡「キャラを保て」
雪乃「けち」
74:
結衣「んー、遅いなー」
八幡「俺たち観察始めて3分経ってないのにな」
雪乃「3分遅れてることが彼女にとっては遅いと感じるのよ、きっと」
結衣「あ、そうだ!ゆきのんの真似して今日はあたしが紅茶淹れてあげよう!」
雪乃「大丈夫なのかしら」
八幡「あいつの料理スキルは紅茶までは流石に響かないだろ…きっと」
結衣「ん?お湯?あれ?順番どうするんだっけ?」
雪乃「今度あの子に紅茶の淹れ方教えることに決めたわ」
八幡「お前が教えればさすがにアホのあいつでも、紅茶の淹れ方くらいは身につくだろう、きっと」
結衣「…お湯の分量間違えた!」
雪乃「離しなさい、紅茶が犠牲になってるのよ」
八幡「紅茶の犠牲を無駄にするな、きっと紅茶も笑顔で俺の分まで生きろと言っている、きっと」
由比ヶ浜観察結果その1
アホ、料理スキル皆無
75:
結衣「はー、ゆきのんの紅茶おいしいね」
八幡「…そうだな」
雪乃「今度紅茶の淹れ方教えるわ、結衣さん」
結衣「本当!?ありがとうありがとう!ゆきのーん!」
雪乃「ちょ、結衣さん…あまりじゃれつかないで…」
八幡「はいはい百合乙」
結衣「百合?とかじゃなくて友情だもん」
八幡「さいですか」
76:
八幡(さて、そろそろ攻略するか)
八幡(今回は結衣をより理解するためにあいつの言動などを真似る)
八幡(この案出した時の雪乃の顔は酷かった。冷め切ってた上に見下してた。あれは酷い)
八幡(が、やり遂げる)
結衣「そういえば最近部のパソコン使ってないけどメール来てないのかなあ」
雪乃「そうね、確認してみましょうか」
結衣「メールだけじゃなく、部室にもここ最近は人こないし」
八幡「メールだけじゃなく、部室にもここ最近は人こないし」
結衣「?」
八幡「…」
77:
雪乃「立ち上がるまで少し待ってて」
結衣「はーい」
八幡「はーい」
結衣「ねえねえ八幡」
八幡「ねえねえ八幡」
結衣「…?」
八幡「…」
結衣「…」
八幡「…」
結衣「最近奉仕部として活動できなくて残念だな」
八幡「最近奉仕部として活動できなくて残念だな」
結衣「…!」
八幡「…」
結衣「でもそのおかげでゆきのんと八幡と話す時間が増えて楽しいよ」
八幡「『でもそのおかげで』『ゆきのんと八幡と』『話す時間が増えて』『楽しいよ』」
結衣「待って、そんなに言葉分割してない」
78:
結衣「というか、何であたしの真似してるの!」
八幡「というか、何であたしの真似してるの!」
結衣「だあああああ!」
八幡「だあああああ!」
雪乃「…」
結衣「…」
八幡「…」
結衣「だあ」
八幡「だあ」
結衣「…」
八幡「…」
結衣「俺は結衣のこと愛してる」
八幡「俺は結衣のこと愛してる…は?」
結衣「…ふふっ」
八幡「…おい」
結衣「あたしの真似しておちょくるから悪いんじゃん、あー今の言葉録音したかったなー」
八幡「この腹黒娘…」
79:
結衣「てか、何で真似してたの?」
八幡「言動を真似れば結衣をもっと知れるかと思って」
結衣「…?」
八幡「言動を真似ればこのアホをもっと知れるかと思って」
結衣「どうしてそうなるの…」
八幡「いや、知らんが…少なくともお前の言動はアホみたいな言動だとは学べた」
結衣「ゆきのーん!」
雪乃「大丈夫、頭おかしいんじゃねえのこいつって顔して彼を見てれば勝てるわ」
結衣「じー」
八幡「いい感じに冷めてる目だな、褒めてやるよ」
80:
由比ヶ浜攻略部隊舞台裏
八幡「何これ」
雪乃「題名通り」
八幡「さいですか」
言動を真似る
雪乃「俺は雪乃を愛してる」
八幡「…」
雪乃「俺は雪乃と結婚したい」
八幡「…」
雪乃「俺は雪乃を幸せにすると誓います」
八幡「何を言ってるんだお前は」
雪乃「私の真似をしてもいいのよ。さあさっき言った言葉をりぴーとあふたみー」
八幡「なんでりぴーとあふたみーしなくちゃいけないんだよ、真似は結衣にしたからもういいだろ」
雪乃「彼女だけ愛してるって言ってもらえてずるい」
八幡「は?」
雪乃「俺は雪乃を愛してる」
八幡「…」
雪乃「俺は雪乃と結婚したい」
八幡「…」
雪乃「俺は雪乃を幸せにすると誓います」
八幡「…俺は雪乃を…」
雪乃「じー」
八幡「…続きはWebで」
雪乃「けち」
89:
雪乃「パソコン立ち上げ中よ」
八幡「状況説明乙」
結衣「何分くらい?」
雪乃「そんなにかからないわ」
結衣「待ってる時間が勿体無いからなんかコントしよ八幡」
八幡「は?」
結衣「えーとね、じゃあコント内容はそちらがお考えください」
八幡「無茶振りが酷すぎだろ…じゃあ考えてやるからそこで体育座りしてろ」
結衣「へ?なんで?」
八幡「お前と同じ目線だとコント内容なんか考えつかん」
結衣「なるほど、じゃあ床に」
結衣「って納得するわけあるか!」
八幡「セルフノリツッコミか、残念だな…俺はそんなので笑わない」
結衣「そういえば八幡がお笑いで笑ったりするイメージないや」
90:
八幡「俺は高度なお笑いなら笑うが」
結衣「高度なお笑いってなんだし」
八幡「そんなに質問かけてくるとコント内容思いつかないが」
結衣「あ、そうだった」
雪乃「立ち上がったわ」
八幡「以上、コント内容を考えるコントでした」
結衣「え、あー、あー?あ、凄い!」
八幡「こんなんで凄いと思えるお前の頭に乾杯」
雪乃「かんぱい」
結衣「ゆきのん!?」
91:
雪乃「…メールきてたわ」
結衣「本当に?久しぶりの活動だね!」
雪乃「私と結衣さんが活動できるかはわからないけど。あなた宛にメールが2通届いてる」
八幡「俺?」
雪乃「ええ」
八幡「俺宛にメールなんて誰だそんな悲しいことする奴」
八幡「…」
結衣「誰からだったー?」
八幡「一色だ…メール読み次第生徒会室に来いだとさ」
雪乃「あなただけ呼び出されたの?」
八幡「いや、お前らもだ」
雪乃「なら早行きましょう」
92:
いろは「あ、今来やがった」
八幡「出会い頭になんて挨拶をかけてきやがるんだこの後輩は」
結衣「いろはちゃんやっはろー」
雪乃「やっはろーを久しぶりに聞いた気がするわ」
いろは「えーと…その、結衣先輩、雪ノ下先輩、来てくれてありがとうです!」
八幡「この扱いの差」
雪乃「それで、どうして呼んだのかしら」
いろは「いや、まあ…確かに呼んだんですが、呼んだのは昨日でしてね…」
八幡「そういやメール届いた日時、昨日になってたな」
雪乃「…昨日結衣さん攻略でパソコン見向きもしなかったから…」
結衣「あちゃー…ごめんねいろはちゃん」
いろは「いえいえ、会いたくない人がいるからってメールで呼び出そうとした私が悪いんですよー」
八幡「俺この場にいるとキャラ崩壊起こしかねないほどの発狂するが逃げていいかな」
雪乃「見てみたいから逃げ出さないでちょうだい」
八幡「oh!」
93:
八幡「だが呼び出した用は昨日の時点で終わったんだろ?律儀に俺には罵倒付きで呼び出されてたが」
いろは「結衣先輩達には綺麗なままの私でいないと負けちゃいますからねー、勝てる見込みも薄いですけど」
八幡「綺麗なお前なんぞいない」
いろは「えー、先輩に見せてないだけであって他の人達には綺麗ですよ私」
八幡「ツンデレか」
いろは「その残念な思考回路に乾杯」
雪乃「かんぱい」
結衣「かんぱーい」
八幡「最初に言った俺が言うのもなんだけどそれ流行ってんの?世間には疎くて知らんけどそれ流行ってんの?」
94:
八幡「というか今はもう俺たちに用事があるわけでもないし別にここにいなくてもいいよな」
雪乃「何もないなら邪魔になるから退室した方がいいけれど。他の役員の方は今いないようだけれど」
いろは「本当は今日は用事なかったんですけどさっき雪ノ下先輩の言葉聞いて聞きたいことが出来ました」
雪乃「さっき?」
いろは「…結衣先輩の攻略がなんたらってやつですよ」
八幡「ああ、お前隊員か」
いろは「無理やりな入隊でしたがね!」
結衣「?」
95:
※ガハマさんはゆきのんに遊んでもらってるのでいろはとヒッキーの話し声は聞こえてない
いろは「2点ですか。…先輩は結衣先輩をデレさせたんですか?」
八幡「雪乃が言うにはそうらしいが」
いろは「…え?今なんて?」
八幡「だから雪乃が俺は結衣をデレさせたって言うんだよ、俺はそんな覚えはないが」
いろは「聞き間違いかと思ったけどまさか結衣先輩までとは…ひあ」
八幡「なんだその情けない悲鳴」
いろは「…いつの間に奉仕部の方々と名前呼びする関係に変わってたのかとびっくりしたんですよ」
八幡「まあ、な」
いろは「この澄ました顔…階段を一段登ったというのか…!?」
八幡「アホか」
いろは「ですよねー、先輩にそんな度胸ないですし」
96:
いろは「ぶー、あの2人を名前呼びしてるのなら私の呼び名も変更していただきたいところです!」
八幡「今までは一色だったな」
いろは「私は先輩と呼んだましたね」
八幡「今更なんて呼べばいいんだよ」
いろは「察してくださいよー」
八幡「一色後輩」
いろは「いや、○○後輩って呼ぶ人自分でどう思いますか」
八幡「後輩。いいじゃねーか、お前も先輩呼びなんだから。てかお前は名前もつけないで先輩呼びだし俺もそれに習って後輩って呼ぶか」
いろは「いーやーでーすー!ほら、照れなくていいんですよ?私なら先輩を受け入れてあげますよ?」
八幡「ならお前が先に先輩呼びやめろよ」
いろは「おいひきがやはちまん」
八幡「先輩って呼ぶだけなのをやめろよの間違いだった、一色後輩」
97:
いろは「じゃあ八幡先輩。ほら、私はこう呼びますよ?」
いろは「後輩に名前に先輩つけて呼ばれるなんて世の男子高校生が憧れてることじゃないですかー」
八幡「少なくとも俺は憧れてないな、
いろは」
いろは「お、おお…やればできる子ちゃんじゃないですか」
八幡「うるせえ後輩」
いろは「あ、照れ隠しの後輩呼びですか?」
八幡「お前相手に照れ隠しなんかするか」
いろは「私は先輩の顔見るだけで照れちゃうほどですよ…///」
八幡「はいはいあざといあざとい」
いろは「カタブツー」
106:
いろは「というわけで私は先輩と呼び、先輩はいろはちゃんと呼ぶことになりました、ぱちぱち」
八幡「だが断る」
いろは「ほら、奉仕部の方々を攻略したなら次は私を攻略してもいいんですよー?」
八幡「生憎俺はやると決めたらやる男だからな。結衣を攻略するからお前は後回しだ」
いろは「先輩…私も攻略してくれるんですか?」
八幡「…な、なんだその濡れた目は」
いろは「こうすると大抵の男は落ちるんですがねー、先輩には聞きませんでしたね!」
八幡「魔性の女め…」
107:
雪乃「八幡、少し一色さんをお借りしていいかしら」
八幡「いつからそこに」
雪乃「あなたが一色さんを名前呼びするところから」
いろは「おおう、聞かれちゃいましたね?せーんぱい」
八幡「いやもう呼ばねえからな」
いろは「ほんとに…呼んでくれないんですか?」
八幡「その濡れた目をやめろ!」
いろは「落ちませんねー、攻略難易度MAXなことだけありますね」
109:
八幡「で、雪乃と一色後輩が話してるから俺はお前の相手をする役目になったんだが」
結衣「は、はっ…はぁ///、っぁ…」
八幡「…」
八幡「…見ろよ、エロい顔してんだろ?興奮してんだぜこれ」
結衣「ちょ、ちょっと待ってて…っはぁ…ぅく…///」
八幡「なに?お前も男落とし始めたの?それともビッチなの?」
結衣「ち、違うし!それにエロい顔とか、あ、言うなー!」
八幡「艶っぽく荒い息して衣服を乱してるお前をそれ以外でなんて表現すりゃいいんだよ」
結衣「え?衣服の乱れ…あ、あ!」
結衣「ちょ、見た!?あたしのお腹!」
八幡「…」
結衣「お嫁に行けない!あ、そうだ !あたし肌の一部見られた男の人の嫁に行くってちっちゃい頃から決めてたんだ!」
結衣「だからお嫁になーれ!」
八幡「落ち着け、割とマジで」
110:
八幡「まず肌の一部なんて腕も顔も含まれるしお前を見た男全員の嫁になるぞそれ」
結衣「そだね。じゃああたしのお腹見た男」
八幡「じゃあ、じゃねえ。なに?俺の嫁になりたいの?」
結衣「ば、バカ言うなし!だれがヒッキーのお嫁さんなんて!」
八幡「慣れてたと思ったけどヒッキーは出ちゃうんだな」
結衣「え、あ。ご、ごめん…」
八幡「別にヒッキー呼びくらい今はなんとも思わねえよ」
結衣「…一応聞いてみるけど、八幡あだ名呼びと名前呼びどっちがいいの?」
八幡「俺の呼称なんてなんでもいいだろ。比企谷でもなんでも」
結衣「じゃあ名前呼びしてたあたしがいきなり比企谷って呼んでも大丈夫なの?」
八幡「…名前の弄びは小学校の頃済ませてある。比企谷菌とかな」
結衣「…あたしは、八幡にガハマさんって呼ばれた時寂しかったのにな」
八幡「?」
111:
八幡「それで、なんで衣服乱すようなことになってたんだよ。俺が一色と話してる間に何があったんだお前に」
結衣「やー、ゆきのんがいきなりあなたをくすぐるわとか言い出して」
雪乃「……あなたも………拒まないわ………」
いろは「……先輩は………私も本気で………」
八幡(…あの2人は何の会話をしてんだか)
八幡「なんでそんなことしだしたのかは知らないがそれでさっきの状態になるまでくすぐられたと」
結衣「そうそう。脇腹とか胸とか身体くすぐられまくっちゃったよ」
八幡(胸…ゆきのんェ…)
112:
八幡「しかしエロい顔になるまでくすぐっておいて放置ってゆきのん鬼畜じゃないですかやだー」
結衣「エロい顔って、言うなー!」
八幡「事実は否定してはならない」
結衣「もっと他の言い方あるでしょ…」
八幡「メスの顔」
結衣「強いパンチ!」 バキッ
八幡「」
結衣「も、もうこの話はおしまい!」
113:
結衣「って、あー…下着ずれてるし…ゆきのんにあとで仕返ししちゃお」
八幡「おい…俺の前で、その…直すんじゃねえ」
結衣「あ、う、後ろ向いて!」
八幡「すまん…」
八幡「なんで俺が謝ってるんだよ」
結衣「もうこっち向いていいよ」
八幡「俺の前でビッチ行動に出たお前が悪いのになんで俺が謝ってるんだよ」
結衣「ビッチ行動じゃないから!」
八幡「これがもし逆で、俺が下着ずれたとか言って直そうとしたらお前がギャーギャー騒ぎ立てても悪いのは俺ってなるんだよな…なんて女尊男卑な世界」
結衣「そんなことあたしに嘆かれても…はあ。今日八幡の前で恥ずかしいとこめちゃくちゃ見られちゃったし…ホントにお嫁に行けないかも…」
八幡「醜態晒しまくってたな」
114:
結衣「…あたしをお嫁に貰ってくれる人いるかな?」
八幡「いつかはいるんじゃねーの」
結衣「立候補する?」
八幡「却下する」
結衣「なんでよ」
八幡「専業主夫になる俺としては金を稼げる女性が結婚相手に欲しいところだ」
結衣「まだその夢続いてるんだ」
八幡「夢じゃない、決まっている将来図だ」
結衣「じゃああたしがお金稼げる職に就いたらあたしをお嫁に貰ってくれるの?」
八幡「…そうやって男を惑わせる巧妙な手口は俺以外の男にやってくれ」
結衣「逃げた」
115:
雪乃「…今の彼と結衣さんのやりとりでだいたいわかったかしら」
いろは「わかりました。でもライバル自分から増やしていいんですか?」
雪乃「それであなたが自分の思いを諦める、そっちの方が嫌だからよ」
いろは「…雪ノ下先輩のことちょっと誤解してたかもしれませんねー」
雪乃「誤解されるような態度で人に接してきて来ていたからよ」
いろは「じゃあ、これから私も本気出しちゃいますよー!今までこんなことしなかったけど…先輩になら仕方ないですね、攻略難しいですし!」
雪乃「ええ、けれど今八幡は結衣さん攻略中ってことを念頭に置いておいて」
いろは「了解です、雪乃せーんぱい♪」
雪乃「…なら良かったわ、いろはさん」
116:
生徒会室から部室に移動中
雪乃「八幡」
八幡「…肩叩いたってことはそういうことか?」
結衣「?なにやってるのゆきのん?」
雪乃「…じー」
八幡(1点ってことか。多分さっきの結婚相手がどうとかの時に点数としてみなしたんだろうな)
八幡「はいはい」
結衣「え!?なに!?2人だけの暗号!?」
雪乃「違うわ」
八幡「違うな」
結衣「…じゃあさっきの肩叩いてたのはなにさー」
雪乃「彼が憎くて」
八幡「…なんか憎まれてたらしい」
結衣「そんなに重い話だったの!?」
117:
由比ヶ浜攻略部隊舞台裏
八幡「またかよ」
雪乃「私にも出番があってもいいじゃない」
八幡「贅沢な奴め…前スレでこんなコーナーなかったぞ」
結婚相手
雪乃「八幡」
八幡「なんだよ」
雪乃「私は将来、お金を稼げる女になれそうだとは思わないかしら」
八幡「あ?あー、なりそうだな」
雪乃「それで、あなたは結婚相手にお金を稼げる女が欲しいのよね」
八幡「…そうだな」
雪乃「ふふっ、立候補する?」
八幡「…」
雪乃「答えてくれないのは寂しいわ八幡」
八幡「なんて答えりゃいいんだよ」
雪乃「雪乃がお嫁に欲しい」
八幡「ぐ、直球で言いやがって」
雪乃「それで、答えは?」
八幡「…考える」
雪乃「いえい」
125:
部室
結衣「戻ってきたねー」
雪乃「ところであなた達、先程私とい…ろはさんが話していた時に何の会話をしていたの?」
八幡「聞いてたんじゃねーの?」
雪乃「…聞いてないわよ」
結衣「え?えーとね、結婚相手がどうのこうのって話」
雪乃「八幡には縁が無い話題ね」
八幡「うるせ」
結衣「でも結婚かあ…憧れるね、女性としては!」
八幡「結婚とは人生の墓場である」
雪乃「雰囲気ぶち壊すような言葉はやめてほしいのだけれど」
127:
結衣「でも、八幡だって専業主夫になるためには結婚しないとダメじゃん。墓場だなんて言ってるうちは結婚できないよ?」
八幡「確かに専業主夫には結婚が必要だ。しかし先人達から墓場と聞くし不安だらけなんだがな、専業主夫」
雪乃「結婚が墓場とは限らないじゃない」
八幡「それは結婚成功者の談だ。やれ嫁の飯がマズイだのやれ浮気されてるだの失敗者から見れば墓場なんだよ」
結衣「め、メシマズで悪いか!」
雪乃「開き直るのではなくて少しは改善の意志を見せてほしいわ結衣さん…」
128:
八幡「だが、まあ高校生の今結婚なんか考える必要ないだろ」
結衣「そうだけど…」
八幡「しかし専業主夫になるのを考えると墓場を迎え入れるしかない…俺の将来図が崩れてきそうでこわひ」
雪乃「考える必要ないと言うわりには結婚を考えてるじゃない…」
静「ああ…私もその歳からちゃんと考えるべきだったんだ…結婚を!」
結衣「うわああ!?いつの間に!?」
雪乃「入る時はノックをしてくださいとあれほど…」
129:
八幡「なんでいるんですか」
静「先程部室覗いたら誰もいなくてな。今日部活あるはずだからお前達がいないことに不安を覚えてだな…」
結衣「あー、生徒会室に行ってる時かー」
雪乃「それで様子を見にきたんですね。結衣さんの言う通り、少し生徒会室に出向いてました」
静「それならいい」
八幡「俺たちの安否確認できたしもう帰っていいんじゃないですかね」
静「…そうだな、お前達に少し依頼を…」
奉仕部「断る」
静「なんて一体感!感激だ!」
130:
静「…感激だ!じゃない!なぜだ!私の依頼くらい受けてくれてもいいだろう!?」
八幡「どうせさっき俺たちが結婚の話してたからその関連の相談に間違いない」
雪乃「しかし私たちは結婚は今は考える必要ないと判断した」
結衣「よってあたし達は結婚相談を受け付けませーん」
静「なんて出来た子達、なんて酷い生徒達…」
静「いいじゃないか!私なんか、私なんかなあ!親に結婚を催促される日々なんだぞ!わかるか、相手を探してる段階って親に報告する辛さが!」
八幡「ホント誰かもらってあげて、かわいそすぐる…もう俺がもらっちゃうよこんなかわいそうな人」
雪乃「え」
結衣「え」
静「本当か!?」
八幡「はちまんやっちまったぜこえにだしてたぜ」
131:
結衣「え、八幡?結婚はまだ考えてるんでしょ?今の言葉は冗談の類でしょ?」
八幡「あ、はい。冗談の類です」
静「うーむ、比企谷静…いや平塚八幡…?」
八幡「え?ちょっと先生?なんでもう結婚後の名前とか考えちゃってるんですか?」
静「どっちの方がいいと思う、雪ノ下」
八幡「ストップ、一旦落ち着けおまいら」
雪乃「雪ノ下八幡、比企谷雪乃も捨てがたいと思います」
八幡「おい悪ノリするな雪乃!結衣、この暴走教師止めろ!」
結衣「由比ヶ浜八幡、比企谷結衣もありだと思います!」
八幡「もう俺知らね」
いろは「すいませーん、生徒会室にハンカチ落ちてたんですけどこれに見覚えありますかー?」
静「そもそもお前達は比企谷に嫁ぎたいのか比企谷をもらい受けたいのかどっちなんだ」
雪乃「名前の語呂としては雪ノ下八幡も比企谷雪乃もありなので迷うわ…」
結衣「うーん、やっぱり…八幡にと、嫁ぎたい…かなあ///」
八幡「俺はそのハンカチ見覚えないんで結衣さんか雪乃さんのものなんじゃないですかね」
いろは「…どういう状況ですか」
132:
八幡「かくかくしかじか」
いろは「ふむふむ、わからん」
八幡「わかんねーならふむふむ言うな、紛らわしいわ」
〜説明中〜
いろは「そうですか…先輩は年下より年上の方が好みなんですね…」
八幡「そういう話をしてるんじゃない」
いろは「だって結婚願望が人一倍強いあの人に嫁にもらうとか言ったらこうなることくらいわかるじゃないですか。先輩の自業自得ですねえ」
八幡「こうなることがわかるわけないだろ…先生と生徒だぞ」
いろは「生徒を狙うほど追い込められてるんですよ」
八幡「いやもう、俺じゃなくて他の人誰かホントにもらってあげて」
133:
八幡「しかも結衣も雪乃も悪ノリするしな…ハンカチはもうお前が聞いてくれ。どうせこの依頼人も来ないし帰るわ」
いろは「あー、自分が蒔いた種をそのままにして帰るんですか?それはダメですよー」
八幡「だからと言って俺が止められることでもない。即ち帰宅」
いろは「うわさいてー…てか、結衣先輩と雪ノ…雪乃先輩のを悪ノリだと思ってるんですねこの人」
八幡「?」
いろは「ちなみに私は比企谷いろはがいいと思いまーす、私をお嫁にもらえるなんて幸せ者ですね、せーんぱい!」
八幡「切実に思う、帰りたいと」
134:
いろは「もう、可愛い後輩が結婚してあげてもいいって言ってるんですよ?」
八幡「それを葉山とかにやってみろよ、好感度かっさらえるぜ」
いろは「じゃあ先輩の好感度もかっさらえたんですか?」
八幡「……さあ」
いろは「くださいー、先輩の好感度くださいよー」
八幡「あいにくそんなので動揺するような初心な心は過去に置いてきてるんでな…好感度は変化しない」
いろは「…じゃあ、えい」
八幡「…なんで俺の上に座るんだよ」
135:
いろは「初心な心は過去に置いてきてるなら後輩が膝の上に乗ってるドキドキイベントも動揺することなく消化できるんですよね、せんぱいは?」
八幡「初心な心関係無しに降りろ…全くはしたない子に育てた覚えはないのにな」
いろは「そりゃ覚えはないはずですよ。私は先輩にこ・れ・か・ら育てられるんですから…色々と」
八幡「ちょっと一色さん、足が痺れちゃうんで降りてくださらない?」
いろは「話題逸らさないでくださいよー、それに私軽いから先輩にはへっちゃらですよね?」
八幡「え?いやかるいか
いろは「軽いから先輩にはへっちゃらですよね?」
八幡「軽いです。ですがせめて後ろ向いてくれませんかね…座るにしても俺の方向向いてどうすんだよ」
いろは「…」
八幡「ちょ、おい…なんで近づくんだ」
136:
いろは「いっつも先輩は私が行動を起こすとあざといって言って逃げちゃいますからね…今日こそは先輩のハートをガッチリ掴んじゃおうかと」
八幡「ちょ、お前本当に降りろ」
いろは「せ・ん・ぱ・い」
静「教師の前で不埒な行為に及ぼうだなんていい度胸だな?生徒会長よ」
いろは「あ、忘れてた」
雪乃「…///」
結衣「…///」
八幡「…なんで赤くなってんですかね」
雪乃「さっきまでの自分の言動が恥ずかしくて…忘れなさい…」
結衣「あたしも…忘れて…」
いろは「もー、いつも動じない先輩に私の魅力を伝えるチャンスだったのにー」
静「生徒会長が何を言ってるんだ」
いろは「教師なのに生徒と結婚後の名前について論じてた平塚先生が言うんですかー…」
138:
由比ヶ浜攻略部隊舞台裏
雪乃「このコーナーなら恥ずかしがることなく比企谷雪乃について話せるわ」
八幡「自重してください」
結婚相手2
雪乃「比企谷雪乃」
八幡「…」
雪乃「雪ノ下八幡」
八幡「…」
雪乃「迷うわね、八幡」
八幡「俺は結婚するだなんて一言も言ってないんだが」
雪乃「?しないの?」
八幡「いやいつかするかもしれんが」
雪乃「その相手が私でもおかしくはないわね。さあ、旦那の意見を聞きたいわ」
八幡「もうど直球過ぎて何も言えん」
雪乃「え…ど直球は嫌なのかしら」
八幡「ぶっちゃけストレートな好意をいきなり当てられても困るよな」
雪乃「ではツンデレ方面に変えるわ」
八幡「そういう話ではない!」
雪乃「べ、別にあなたが好きすぎるだけだからね!勘違いしないで素直に好意を受け取りなさいよね!」
八幡「ど直球じゃねえか!」
148:
帰り道
結衣「じゃああたしは寄るところがあるからここで」
雪乃「あまり遅くならないでね結衣さん」
結衣「あはは、ゆきのんあたしのお母さんみたい。大丈夫だよ、そんなに時間かからないし問題ないない」
雪乃「ならいいのだけれど」
結衣「うん、じゃあまたねゆきのん、八幡」
雪乃「さようなら」
八幡「死亡フラグっぽいのたてやがって…」
雪乃「?」
149:
八幡「じゃあ俺らも歩こうぜ」
雪乃「…少し寄り道をしましょう」
八幡「寄り道?なんでだよ」
雪乃「話したいことがあるからよ」
八幡「話したいこと?そんなの今ここで言えばいいじゃねーか」
雪乃「えっと…そう、結衣さんを攻略する云々の話よ。時間とるかもしれないから」
八幡「…?まあ別に構わんが」
150:
雪乃家
八幡「あの、寄り道だったんじゃないんですかねえ」
雪乃「寄り道するのはあなただけだったわね」
八幡「普通女子高生が男子高校生を自宅に招き入れるか…?しかも一人暮らしの家に」
雪乃「紅茶よ」
八幡「ああ、さんきゅ」
雪乃「じゃあ早攻略について話しましょう」
八幡「わかった」
151:
雪乃「…案は大体出揃った。その中で選ぶとしたら…」
八幡「この熱っぽい視線を結衣に送るってのはどうだ」
雪乃「それで彼女をでれさせることが出来るなら構わないわ」
八幡「どっちもデレてプラマイゼロのオチが見えるな」
雪乃「まだ点数3点ね。ちなみにこれは私の攻略時と比べてどうなのかしら」
八幡「…遅いほうじゃねーの?」
雪乃「ただでさえ攻略点は共同なのだからもっと稼げてないとおかしいわね」
八幡「じゃあどんどん案採用していこうぜ」
雪乃「ええ」
八幡「えっと…戸塚に結衣を被せて接する?バカめ、俺は大天使戸塚を他の人に被せるなんて真似をするかってんだ」
雪乃「少しでもいいからその溺愛っぷりを私達にも向けて欲しいものね…」
八幡「なんでだよ」
雪乃「…!…え、ええと。あなたには私達奉仕部に対しての愛が感じられないから」
152:
八幡「愛とは違うが親愛の情なら…まあ、なんだ。あるんじゃねーの」
雪乃「つまり私と結衣さんを少しは気にかけてくれてるということかしら」
八幡「…まあそれなりには」
雪乃「そう…ふふっ、それをあなたの口から聞けただけでも満足よ」
八幡「恥ずかしいので穴掘って顔埋めたい」
154:
八幡「ちなみに」
雪乃「?」
八幡「甘いことでも言って接すればすぐデレるんじゃねーの疑惑が由比ヶ浜結衣にあがってる」
雪乃「さすがに甘いこと言われた程度では結衣さんでも落ちないでしょう。というか、そんな女性はいないと思うけれど」
八幡「いや、二次元の世界では簡単に落ちる」
雪乃「私達は二次元じゃないから落ちないわね。けれど、やってみるのもアリだと思うわ」
八幡「甘いこと、ね。耳もとで囁きでもすればいいのか」
雪乃「!えっと、その耳もとで囁くのを結衣さんにやってみる前に私で試してみなさい」
八幡「は?なんで?」
雪乃「私だって女性だから…私がそれでデレるなら彼女もデレる可能性は高い。そういう算段の上での行動よ」
八幡「…別に構わんが文句言うなよ」
雪乃「言わないわ…」
155:
ヒッキーが雪乃の耳もとに顔を寄せてる構図
雪乃「ち、近い…」
八幡「おい照れるな、こっちまで小っ恥ずかしくなる」
雪乃「さ、さあ来なさい」
八幡「…いざ言うとなると甘い言葉なんてひとっつも思いつかねえ」
雪乃「なにかあるでしょう。思いついたのを私の耳もとで囁いて見るだけでいいのよ」
八幡「…」
雪乃「…では普段小町さんに言ってる言葉を囁いてみて」
八幡「は?小町?俺別にあいつに甘い言葉なんて言ってないが」
雪乃「あなたからすればそうなのかもしれないけれど、聞いてる側としてはかなり言ってると思うわ」
八幡「えーと小町に言ってる言葉…?世界一可愛いとか愛してるとか?」
雪乃「…想像以上に甘い言葉ね…」
雪乃「ではそれでお願い」
156:
八幡「…世界一可愛いぞ」ボソボソ
雪乃「」
雪乃「はっ」
八幡「…どうなんだ?これ結衣に通じるのか?」
雪乃「え、ええ。私の意識が一瞬飛ぶくらいだったから結衣さんにも通じるはずよ」
八幡「いや聞き過ごせない言葉が…なんだよ一瞬意識が飛んだって」
157:
八幡「んじゃいい時間だし帰るぞ」
雪乃「え、あ…そうね。送るわ」
八幡「いや送りはいい。じゃあな、明日今日出してた案実行するぞ」
雪乃「ええ。さようなら」
雪乃「ふう…」
雪乃「少し…惜しいことしてしまったわ。彼が耳もとで囁いてくれた時の言葉、録音などしてれば良かったと今更後悔ね」
雪乃「これを結衣さんにもやらせる…というのが不安だけれど、私がやってもらえたことを結衣さんにはさせないというのも理不尽で不平等だものね」
163:
八幡「帰ったぞ」
小町「あ、隊長お疲れ様です!」
八幡「」
小町「押忍!今日から私も攻略部隊隊員であります!」
八幡「」
小町「…ちょっとお兄ちゃん?どしたの、黙り込んで」
八幡「雪乃か…?」
小町「お、ご名答ー。でも本当に名前呼びしてるんだねー」
164:
八幡「で、いきなりなんだ」
小町「雪乃さんから今お兄ちゃんがやってること聞いてね。ずーいぶん楽しそうなことしてんじゃん!」
八幡「よりにもよってこいつに言ったのか雪乃は…」
小町「ちょっとちょっと、なんでそんなローテンションなんだいごみいちゃん」
八幡「ローテンションなだけでごみ呼ばわりかよ」
小町「のってこーぜー!」
八幡「あああテンション高すぎるお前」
小町「なんでさ、もしかしてお兄ちゃんと雪乃さんがやってる攻略を私に知られたからお兄ちゃんテンション低いの?」
八幡「はあ…」
小町「ふーん、まあ私は私で隊員として行動しちゃうよ、隊長さん♪」
165:
小町攻略その1
八幡「小町、風呂上がったぞ」
小町「湯上りお兄ちゃんいただき!」
八幡「…なんで写真とってるんだよ」
小町「水も滴るいい男ですねー風呂上がりお兄ちゃん」
八幡「いいからさっさと入れ」
小町「りょーかい!」
166:
由比ヶ浜宅
結衣「ん?小町ちゃんからメール?」
小町ちゃん
件名:湯上りお兄ちゃん♪
本文
どぞどぞ結衣さん!
結衣「これ…八幡?」
結衣「あ、パジャマだ…髪濡れてるように見えるし風呂上がりかな?む、だから湯上りお兄ちゃんってことかあ」
結衣「…目はあれだけど、八幡イケメンだよね」
結衣「うん…かっこいい///」
結衣「保存しちゃお、ありがと小町ちゃん!」
167:
小町攻略その2
八幡「専業主夫狙いだからな、仕方ないよね、そうだよね」
小町「なーにぐちぐち言ってんの」
八幡「専業主夫になるためなら飯作れるようにしなきゃならないよな、だからこんな面倒くさいけど耐えられる」
小町「ネガティヴ発言振り回しながらご飯作って楽しい?お兄ちゃん」
八幡「楽しくみえるか?」
小町「あー、はい。ごめんなさい。その代わりエプロンお兄ちゃんいただき」
八幡「おい、また写真とったな」
小町「ほらほら楽しみにしてるよお兄ちゃんのご飯」
八幡「はあ…まあ、あと20分くらいだから部屋で待っててるのもアリだぞ」
小町「いんや、頑張ってるお兄ちゃんを見てますよー」
168:
由比ヶ浜宅
結衣「あれ、また小町ちゃんからメールだ」
結衣「ふんふん…あ、八幡エプロンしてる」
結衣「え?もしかして八幡料理できる人なの?」
結衣「ちょ、ちょっとどんな料理作ったか見せてもらわないと」
20分後
結衣「あ、きた…あれ?八幡から?」
結衣「えっと…げ、なにこのイジワルメール!少なくともお前よりは飯作るの上手いってなんだし!」
結衣「しかも小町ちゃんが八幡のご飯写真送ろうとしたのばれてるんだ…」
結衣「小町ちゃんから謝罪メールきてるし…」
結衣「…専業主夫だからと言って夫ばかりにご飯作らせるのもおかしいよね、妻も作ったりして助け合いながら夫婦生活送って行かなきゃだよね…」
結衣「誰が夫になるかわからないけど…」
結衣「…今から料理の練習しよっかな」
169:
次の日、放課後
八幡「うす」
結衣「あ、きた」
雪乃「…では、彼にもクッキー食べさせてあげてちょうだい」
結衣「うん、昨日八幡が料理してるの知ったからあたしも作ってきたよ!」
八幡「なに入れて作ったクッキーだ」
結衣「ちゃんとレシピ見て作ったから材料とか間違ってない!安心して食べなさい!」
雪乃「ええ…お食べなさい」
八幡(雪乃さんが俺に無理やりにでも食わせようとする意志が見え隠れしてるのは気のせいだろうか)
八幡「…本当に大丈夫なんだろうな」
結衣「そこまで心配しなくても…」
八幡「すまん食うから。いただきます」
八幡「…」
結衣「どお?」
八幡「…ベタなことしやがって」
結衣「ベタ?」
八幡「このクッキー砂糖と塩間違ってるだろ」
結衣「え?…あ、本当だ」
八幡「今食うまでお前食べなかったのかよ…」
雪乃「料理やお菓子作りが出来ない子によくあるのが自分で味見をしないことね」
八幡「お前クッキー食べたなら砂糖と塩間違ってるの気づいてたろ」
雪乃「くっくっく」
八幡「なんて酷い悪役笑い」
雪乃「な、慣れてないのよこういう笑い方は」
170:
雪乃(では今日も元気に攻略しましょう)
八幡(…?あいつ目パチパチしまくってるがゴミでも入ったのか?)
雪乃(攻略!)
八幡(今度はめっちゃガン見してくるな…何がしたいんだか)
雪乃(アイコンタクトはまだ出来そうにないわ(´・ω・`))
雪乃「結衣さん、何を見ているの?」
結衣「ゆきのんからこうやって話しかけてくれるの珍しいねー、あたしはこれ見てたの!」
雪乃「砂糖と塩の見分け方…」
結衣「まだ検索した段階だけどね。同じミスは繰り返したくないもん」
雪乃「あなたの家庭では塩と砂糖は別々の容器などに入っていないとかしら」
結衣「ううん、今回作ってきたクッキーは全部自腹だよ。塩とか砂糖とかもその一部」
結衣「だから台所に持って行ってその場で袋開けて分量測って取ってた」
八幡(なんでクッキー作るのに塩買ったんですかねえ…)
171:
雪乃「結衣さんは美味しいクッキー作りたい一心だったのよね」
結衣「うん。…まあ負けたくないから作ったんだけどね。てへ」
雪乃「大丈夫よ、今度私も一緒に教えながら作りましょう。あなたが上手くなりたいと思っているなら奉仕部として、あなたの手助けを精一杯させてらうわ」
八幡(そう言いながらゆきのんはガハマさんの手をとるのであった)
八幡(文字だけじゃ状況わからんからな)
結衣「ゆきのん…そう言えばあたしが奉仕部に入るきっかけになったのもクッキー作りだったな…」
雪乃「そうね、まだ覚えてるわ。あの時みたいに今回も、手伝うから」
八幡(そしてゆきのんがガハマさんに顔を近づけーーー)
雪乃「頑張りましょう、結衣さん」
八幡(ゆきのん満面の笑み)
結衣「あ、うう、ありがとゆきのん///」
八幡(これには思わずガハマさんも照れる模様)
八幡(…あいつもあんな笑顔見せるんだな)
172:
雪乃(これは攻略とみていいのかしら)
八幡(またこっち見てきたよ…ああ、攻略判断か?まあデレたのガハマさんだけだし一点追加でいいか)
八幡(ワイ、右手を高々と掲げる)
雪乃(手を挙げた…ということは一点ね。それよりも…)
雪乃(目を向けただけで私の意図を汲み取ってくれタ━(゚∀゚)━!)
八幡(なんであんなに笑顔なんだあいつ…結衣デレさせることができて嬉しかったんだろうか)
結衣「あたしもゆきのんみたいにあんな可愛い笑顔できたらなあ…」
180:
八幡(じゃあ次は俺が攻略する番か…耳元で囁くだっけか)
八幡(…いつやればいいかわからん)
結衣「あ、雨だ」
雪乃「雨が降るのは久しぶりね」
結衣「あ、雨で思い出したけど部室にハンカチ落ちてるの見なかった?」
雪乃「奇遇ね、私もそれを聞こうと思って結衣さんの発言で思い出したわ」
結衣「ん?ゆきのんもハンカチ落としたの?」
雪乃「ええ、昨日は少し慌ただしかったから部室に忘れ物がないかどうかをチェックするのを忘れてしまって」
結衣「んーでも今部室見てもないよね。八幡なんか知らない?」
八幡「俺が知ってるわけないだろ」
雪乃「でしょうね」
八幡「…あ、いや。昨日一色がハンカチ落ちてるの見たって聞きに来たな」
雪乃「でしょうね」
八幡「なんと熱い手のひら返し」
181:
結衣「え?いつそれ聞いてたの?」
八幡「来た直後だ。お前ら平塚先生と話してたから聞いてなかったろ」
雪乃「言ってくれれば済んだ話じゃない」
八幡「お前らが熱く議論してるから水ささないようにしてやったんだ、感謝はよ」
結衣「あー!じゃあ生徒会室に行っていろはちゃんに聞いてみよー!」
雪乃「もしかしたら職員室にも預けられてるかもしれないわ結衣さん!」
結衣「じゃあ二手に別れよー!」
八幡「何でそんなに声荒げるのか知らねえけど一色はハンカチ一つしか持ってなかったし職員室は見た方がいいな」
結衣「あ、うん…じゃああたし生徒会室に行くね」
雪乃「で、では私は職員室の方に…」
八幡「適材適所だな。成績がいい雪乃が職員室行きゃ友好的にしてくれるだろ」
結衣「ふん、あたしだって先生達に友好的にしてもらえるもんね!」
八幡「お前が?」
結衣「温和な性格で絡みやすいって言われたよ」
八幡「…男の先生じゃないよな?」
雪乃「結衣さん、そろそろ行きましょう」
結衣「おっけーゆきのん」
182:
15分後
八幡「…ハンカチ落ちてるか聞きに行くだけで15分もかかるか?」
八幡「いや、聞きに行ったら無くて校内探してるってだけかもしれないな」
結衣「帰ってきたー…」
雪乃「…ごめんなさい結衣さん」
八幡「なんで由比ヶ浜さんはびしょ濡れなんですかねえ」
雪乃「少し…はしゃいじゃって」
八幡「はしゃいじゃってと言う割には雪乃は濡れてねえじゃん」
雪乃「えっと…」
183:
〜回想〜
雪乃「ハンカチは見つかったのかしら」
結衣「あったけどあたしのじゃなかったよ。だからゆきのんのかも、一応預からせてもらったよ」
雪乃「それは私のね。ありがとう結衣さん。けれど職員室には男の人が使ってそうな無地のハンカチしかなくて…事前にハンカチの柄を言い合っておけば良かったわ」
結衣「んー、あたしが落としたのは無地のじゃなかったから職員室にはなかったのかも」
184:
雪乃「私のだけ見つかった、というのも後味が悪いものね…あなたのも探しつつ部室に戻りましょう」
結衣「うん、ありがとゆきのん !」
雪乃「…」
結衣「ん?どうしたのゆきのん、立ち止まって」
雪乃「あそこの木の枝にハンカチらしきものが引っかかるように見えて…」
結衣「あ、本当だ。…あたしが落としたハンカチあんな感じの色だからもしかしたらあれかも!」
雪乃「そう、良かったわ」
結衣「でも屋外だから雨に濡れちゃうよね…」
雪乃「私がとってくるわ、結衣さんはここにいて」
結衣「ええ!?そこまでしてとらなくていいよ!雨が止んだらとるから大丈夫だよゆきのん」
雪乃「…ちなみに雨で制服が濡れたらどうなると思う?結衣さん」
結衣「下着とか透けちゃうよ、だから今はいいってばあ」
雪乃「…下着が透けた私を見たら八幡はどんな反応するかしら」
結衣「え……ど、どんな反応だろ…」
雪乃「無駄話が過ぎたわ。とってくるから待っててちょうだい」
結衣「ちょ、ちょちょーい!あたしがとるから、だ、大丈夫だよ!」
雪乃「先ほども言った通りあなたは私のハンカチを見つけてくれたのに私は何も出来ずじまいなのは嫌なのよ」
結衣「で、でも透ける!ゆきのん透ける!透けゆきのんは18禁だからまだ高2なあたしたちは透けちゃダメ!」
185:
雪乃「…えっと、それで」
八幡「…言えない理由なのか?まだ何も言ってないが」
結衣「…へくしゅっ」
雪乃「ご、ごめんなさい結衣さん、今はこのハンカチで濡れたところを拭いておいて。今タオルか何か持ってくるわ」
ガラッ
結衣「あうー…さみぃ」
八幡「結局なんでお前だけ濡れたんだよ」
結衣「あたしのハンカチ屋外にあったから取ろうとした時濡れたの…うー」
八幡「なんで屋外にあるんだか」
結衣「まあハンカチ取りに行く前に少し一悶着あったんだけど…」
八幡「一悶着ってなんだよ」
結衣「…18禁は18歳になってから!」
八幡「なんの話だよ」
186:
結衣「は…くちゅっ」
八幡「お前風邪引くんじゃないか?とりあえず濡れてるブレザー脱いどけよ」
結衣「…んなっ!?18禁だからダメって言ったばっかじゃん!」
八幡「ブレザー脱ぐのが18禁なのかよお前にとっては」
結衣「…だって絶対ブレザー脱いだら下着が透けてるの見えちゃうもん」
八幡「あ」
結衣「だからいいの、うぅ、体が震える…」
八幡「…なら俺の着ろよ」
結衣「い、いいいいいいいって、は、八幡のブレザーが濡れちゃうだけだし!」
八幡「別にそんなの気にしねえよ」
結衣「あ、あ…ああああ」
187:
結衣「あ、や、いい!」
八幡「別に跳ね除けることないだろ、ブレザー着るだけで」
結衣(八幡のブレザーだよ、八幡のブレザーだよ!?それをあたしが身につけるなんてしたら…)
結衣(八幡に包み込まれてるってことと同意義だよ!?)
八幡「いやもう渡すから早く着ろよ、後ろ向いててやるから」
結衣「で、でもでもぉ」
八幡「何で変に強情になってるんだよ」
188:
結衣「はあ、う」
八幡「口も回らない程震えてるし…無理やりにでも着せるぞ」
結衣「へ、へ!?」
八幡「おらブレザー脱げ、今なら顔逸らしながらやってやるから」
結衣「の、伸びる伸びる!」
八幡「じゃあブレザーから手を離せ」
雪乃(そうして彼は耳元で…)
八幡「…お前が風邪引くと困るんだよ」
結衣「」
雪乃(…なんか囁いた)
八幡「…?おい?…!気絶してるだと!?」
雪乃(彼女も耳元囁きでやられてしまった…顔真っ赤よ、結衣さん)
結衣「う」
八幡「って気絶するわけがねえかこんなので」
八幡「つーか雪乃も扉の前で立ってないで早く入ってこいよ、そしてこいつにブレザー着せろ」
雪乃「なぜばれたの」
189:
結衣「八幡のブレザーあったかい…」
八幡「お前のが濡れてるから暖かく感じるだけだろ」
雪乃(八幡のブレザー羽織ってる結衣さんが羨ましい…)
結衣「それにしても…耳元でいきなり囁くのは無しだよ…」
八幡「いや、無意識にやってた。最近やったから無駄に体に染み付いたのかも」
結衣「誰に!?」
雪乃「八幡!」
八幡「いで、いてっ!強く肩叩きすぎだろ!」
雪乃「…」
八幡「え?…ああ、肩叩きってそういうことか」
結衣「前からゆきのんが八幡の肩を叩くの気になってたけど肩こってるの?」
八幡「いや別に」
結衣「んー?じゃあなんで?」
雪乃「それより結衣さん…ごめんなさい。あなただけ雨に当てて」
結衣「もういいよ、ゆきのん。そんなに謝らないでよ」
八幡「で、結局結衣が濡れた理由は何だよ」
雪乃「ちょっと…エキサイトしすぎて」
結衣「えんじょいしすぎたね」
八幡「わけわかめ」
190:
由比ヶ浜攻略部隊舞台裏
雪乃「問題、濡れた私は何巻の表紙でしょう」
八幡「この世界には売ってないのでわかりません」
雨濡れゆきのん
雪乃「きゃーあめでせいふくがすけてしまったわ」
八幡「棒読み乙」
雪乃「寒い」
八幡「カイロを与えてやろう」
雪乃「人肌で暖めてほしい」
八幡「由比ヶ浜をそちらに送ろう」
雪乃「男の人の肌で暖めてほしい」
八幡「戸塚…っ、いや!戸塚は戸塚だ!男、女じゃなく戸塚だ!」
雪乃「比企谷八幡の肌で雪ノ下雪乃を暖めてほしい」
八幡「はっきり言われてもう逸らしようがないぜこんちくしょう」
雪乃「そして八幡が抱きしめて暖めている最中に私の胸が八幡の胸板にあたり八幡大興奮」
八幡「密着しないと当たらないだろ」
雪乃「じゃあ密着してあげるわ」
八幡「おい本当に密着する奴がいるか!」
雪乃「八幡の胸板かたいっ!はあっ///」
八幡「しかも興奮してるのお前の方じゃねえか!」
雪乃「はっ、下着をつけたままだから私のは固く感じているでしょう、今とるから待ってて」
八幡「離れろおおおおおおおお!」
195:
八幡「雨強くなってきたな」
雪乃「気温も下がってきたわね」
結衣「このまま台風になったりして」
雪乃「台風の予報は来てないから心配ないわ」
八幡「しかし本当に寒くなってきたな」
結衣「あ、ごめんね…ブレザー返すよ?」
八幡「濡れてるお前の方が寒いだろ、まだ着てろ」
結衣「う、うん…ありがと///」
雪乃「…優しいのね」
八幡「優しいとかどうとかよりこいつが風邪引いたらお前が気に病むだろ」
雪乃「確かに結衣さんが濡れたのは私がエンジョイしすぎたから…」
八幡(エンジョイしすぎの部分が気になるんだが)
結衣「へっくし」
雪乃「…結衣さん照れてたわ、1点ね。普段からそうやっていればいいと思うけれど」
八幡「へっ、俺はツンデレなんだよ」
雪乃「9割ツンね」
八幡「ツンデレも通じるようになってしまっているのか…材木座め」
雪乃「彼、最近自作小説持ってこなくなったわね」
196:
由比ヶ浜攻略点…6点
結衣「ねえねえ、少し雨弱まったみたい!」
雪乃「また強くなると帰宅が困難になるかもしれないから、今日はもう解散しましょうか」
八幡「うす」
雪乃「結衣さんは家に帰ったらすぐにシャワーを浴びてほしい…のだけれど、私が言うのはおこがましいことね」
結衣「もー、あたしも全く悪くないわけじゃないんだからもういいんだよゆきのん」
八幡「結衣もああ言ってるしもういいだろ、で、ブレザー返してくれ」
結衣「あ、うん…」
197:
下駄箱
八幡「…お前ら傘は?」
結衣「忘れてた☆」
雪乃「盗られてしまったわ」
八幡「1人は仕方がない理由だがもう1人はしらねえぞ」
結衣「だって…」
八幡「…言っておくが俺は傘を1つしか持ってない」
雪乃「…」
結衣「…」
八幡「…」
198:
帰り道
八幡「…狭い」
結衣「女の子2人と相合傘しておいてそのセリフなのー?」
八幡「狭いのは事実だろ、お前ら真ん中の俺に凄い寄ってくるし」
雪乃「濡れてしまうから真ん中に寄るしかないのよ」
結衣「だから狭いのは仕方ないね!」
八幡「…で、先どっちを家に送った方がいいんだ」
雪乃「…嘘みたいな優しさね。あなた本当に比企谷八幡?」
八幡「さすがにこの雨の中傘無いやつをほったらかして自宅帰る度胸はないからな」
雪乃「ではお言葉に甘えさせてもらおうかしら。先に結衣さんを帰した方がいいわ」
八幡「濡れてるしな」
結衣「ごめんね、迷惑かけて」
199:
由比ヶ浜宅前
結衣「ここでおっけーだよ、ありがと!」
雪乃「早くシャワーを浴びて、夜は身体を冷なさないように寝ること、結衣さん」
結衣「うん、大丈夫大丈夫。じゃあ、また…ね。ゆきのん、八幡」
八幡「じゃーな」
雪乃「ええ、さようなら結衣さん」
結衣「…うん、助かったよ八幡」
八幡「早く家入れ入れ」
結衣「もー…じゃ!」
200:
雪乃「正真正銘の相合傘ね」
八幡「結衣がいなくなった途端変なこと言い出すな、お前は…」
雪乃「結衣さん、風邪引かなければいいけれど…」
八幡「バカは風邪ひかないしノープロブレム」
201:
雪乃「ちなみに、今は6点ね」
八幡「6点?ああ、今日は3点もとったのか」
雪乃「今日はデレやすかったわ」
八幡「お前攻略した時もお前自身凄いちょろくなった日もあったがな」
雪乃「そうだったかしら…?

202:
雪ノ下宅マンション前
雪乃「送ってくれて助かったわ」
八幡「ああ。じゃあな」
雪乃「早いのね」
八幡「別にこれ以上雨の中わざわざ歩く意味もないしな。まっすぐ帰るわ」
雪乃「そう。ではさようなら、助かったわ」
八幡「そりゃ良かった」
204:
由比ヶ浜攻略部隊舞台裏
雪乃「出番よ!」
八幡「帰りたいです」
相合傘
八幡「雨が降っている」
雪乃「かさをとられてしまったわ」
八幡「そうか、じゃあな」
雪乃「ええ、相合傘ね」
八幡「いつの間に隣にッ!」
雪乃「もう少し八幡に寄らないと肩のあたりが濡れてしまうわね」
八幡「いや、まあまあ広い傘なんでそんなに寄らなくて結構です」
雪乃「雨が降って気温は低いのに八幡の体は暖かい…」
八幡「抱きつくな!歩きにくいわ!」
雪乃「じゃあどこに抱きつけばいいのかしら」
八幡「抱きつかない選択肢を増やせ」
雪乃「けち」
八幡「…歩きにくくなるから抱きつくなよ」
雪乃「…」
八幡「…」
雪乃「私今ノーブラなのだけれど」
八幡「」
雪乃「抱きつけば感触がリアルに届く!今なら抱き放題の雪ノ下雪乃を比企谷八幡に限りタダでご提供!」
八幡「やはり俺の青春ラブコメは間違っている!」
211:
次の日
八幡「うっす」
雪乃「遅かったわね」
八幡「平塚先生に『由比ヶ浜に渡すプリントだ』って渡されたんで遅れた」
雪乃「なら早届けに行きましょう」
八幡「これからあいつの家に行くってか?」
雪乃「だって…結衣さんが今日学校休んだ理由は知ってるでしょう?」
八幡「風邪」
雪乃「十中八九昨日の雨のせいね。その雨に濡れる原因は私が作ったもの。お見舞いなど結衣さんに償えるようなことをしないと自分自身で許せない」
八幡「その心意気や良しなんだが俺は別に行く必要なくね?」
雪乃「一緒に来てくれないの?先生からプリントを預かったのでしょう?」
八幡「預かったがそれは結衣が次に学校に来た時でいいだろ」
212:
雪乃「そのプリントの中に今日中に渡さなければいけないプリントはないのかしら。私のクラスでは今日貰ったのだけど」
八幡「そういや明日には提出するプリントがあるんだっけか…めんどくせ」
雪乃「なら届けてあげないと。だから平塚先生もあなたにプリントを預けたんだと思うわ」
八幡「仕方ないか」
雪乃「なら行きましょう。今日は部活は休みということで」
八幡「見舞い品とかはどーすんだよ」
雪乃「途中でお菓子か果物なんかを買って行きましょう」
コンコン
八幡「おい、人きたぞ」
雪乃「生憎だけど今日は依頼は無理ね。明日に回してもらいましょう」
八幡「今日は奉仕部はお休みでーす」
?「あ、依頼じゃないんだ。ちょっと奉仕部の2人に用があって」
八幡「だとさ」
雪乃「声からして葉山君ね…どうぞ」
213:
葉山「今日結衣のお見舞いに行く…のかな?2人は」
雪乃「その予定ね」
葉山「ならお見舞い品としてこれをついでに渡しておいて貰えないかな。俺は部活があってさ」
八幡「たかがクラスメイトの休みにお見舞い品なんか必要か?」
葉山「結衣には普段お世話になってるからね」
八幡「…よくわからんがまあ渡しておいてやるよ」
葉山「すまない、助かる。それじゃあ」
214:
八幡「繰り返すが休みのクラスメイトに見舞い品なんか必要か?」
雪乃「私がこれから結衣さんに見舞い品を買っていくのと同じことでしょう。では行きましょう」
八幡「ちなみに葉山の見舞い品ってのはお菓子と果物だぞ」
雪乃「…」
八幡「全く同じの持っていくのか?」
雪乃「ちょっと歩きながら考えましょう」
215:
雑貨店
雪乃「見舞い品、何がいいかしら」
八幡「雑貨店で見舞い品探すのかよ」
雪乃「彼と一緒のものだと結衣さんと嫌でしょう」
八幡「ぶっちゃけ見舞いに来たってだけでも喜びそうなバカだがな」
雪乃「見舞い品…見舞い品…」
八幡「俺も買ってった方がいいんだろうか」
八幡「と思ったがあいつが選ぶのを割り勘して買うってことでいいか」
雪乃「これはどうかしら…」
八幡「消しゴムとかじゃなくて女子高生が喜びそうな安いものでいいだろ」
雪乃「…なら実用性のあるものを貰えれば嬉しいはず。その手のものを探しましょう」
八幡「まあ女子高生が喜びそうなものとか俺知らないし実用性のあるものなら探すのも楽か」
216:
八幡「で」
雪乃「これなら喜んでくれるかしら」
八幡「…マジックハンドねえ」
雪乃「結衣さんは洗濯バサミとか使うと言っていたからそれに似たこれなら喜んでくれると思ったのよ」
八幡「なんでだろう、マジックハンドを持つ女子高生って像がバカみたいに見えてきた」
雪乃「私は少なくともあなたよりはバカじゃないと言い切れるからあなたにバカ呼ばわりされる筋合いはないわね」
八幡「頭のいいバカだっておるんやで」
雪乃「国語だけ妙に成績のいいお馬鹿さんなら私も知っているわ」
八幡「結衣にマジックハンドを渡して反応見れば自分がバカしたってわかるぞ」
雪乃「そういうあなたは何にしたの?」
八幡「ハンカチ」
雪乃「…!そちらの方が実用性はあるように思えてきたのはなぜかしら…」
八幡「間違いなくハンカチの方が実用性あるわ、マジックハンドなんていつ使うんだよ」
217:
由比ヶ浜宅前
雪乃「着いたわ」
八幡「もう意地はってないで早くマジックハンド袋に閉まってくれませんかね」
雪乃「まだ結衣さんの反応を見てないじゃない」
八幡「だったらせめてあいつの前までは閉まってくれませんかね」
雪乃「?」
八幡「不思議そうな顔してるがここに来るまでの道行く人々の反応を見てなかったのかお前は」
雪乃「?」
八幡「奇怪な目で見られてたぞ。目立つ女子高生がマジックハンド持って歩いてるなんてさらに目立つからな」
雪乃「私が目立つ?」
八幡「目を引くような容姿の女子高生がマジックハンドを手に持つという奇怪な行動をしてた。目立つに決まってるだろ」
雪乃「め、目を引くような容姿…///ごほん、私を攻略しないでちょうだい」
八幡「したつもりねえよ…」
218:
八幡「そもそも俺はお前が買ったものに半分金だしてそれを見舞い品にしようとしてたんだがな」
雪乃「それはダメね」
八幡「…まあいい、インターホン押すぞ」
雪乃「いえ、ここはマジックハンドの実用性を見せてあげるわ」
八幡「は?」
雪乃「ここからだとインターホンを押すのに一歩二歩は歩かないと届かない」
八幡「そうだが」
雪乃「でもマジックハンドを使えば」
ピンポーン
雪乃「届いたわ」
八幡「頼むからバカキャラに転生しないで雪ノ下さん」
230:
『ちょ、ちょっと待ってて!玄関にいてて2人とも!』
雪乃「?わかったわ」
八幡「女ってこういうの本当に長いよな」
雪乃「そもそも結衣さんは何をしてるのかしら」
八幡「それは女のお前の方がわかるんじゃねえの?」
雪乃「…客人を待たせるということは普段しないように心がけているからわからないわ。女性として間違っているのかしら」
八幡「お前はそういう人だもんな…まあ客人を待たせないって配慮は女性男性関係なくいい心がけだし間違ってはないだろ」
雪乃「では結衣さんは本当に何をしているのかしら」
八幡「普段自分の部屋とか散らかってたりするなら片付けとかだろ。あとは着替えとか」
雪乃「それくらいなら私は気にしないのに、結衣さんは真面目なのね」
八幡「お前だけだったら気にしないだろうけど俺がいるだろ」
雪乃「…えっと?」
231:
八幡「男がいるなら別だろってことだ。異性に自分の生活の一端見られるのは普通嫌だろ」
八幡「てか現に迷惑かけてるしプリントとハンカチお前に預けるから帰っていいすか」
雪乃「さすがに私が結衣さんの家の中にまで来なさいと言うのはお門違いだし、結衣さん次第ね」
八幡「あいつが『ヒッキーいれるのとかマジ無理!』って言ったら帰っていいんだな?」
雪乃「そんなことは彼女が言うはずないと思うけれど」
『ご、ごめんお待たせ!今玄関行くから待ってて!』
八幡「お ま た せ」
雪乃「なんでニヤニヤしてるのかしら」
232:
ガチャ
結衣「待たせちゃってごめんね…」
八幡「…お前家では制服で過ごすのか?」
結衣「咄嗟に着る服が思いつかなかっただけだし!普段はもっといい服着てるからね!」
八幡「あ、はい」
雪乃「ごめんなさい、急に押しかけてしまって。私達が来たことで風邪をひいているあなたに変に無理させてしまったわね」
結衣「う、ううん!来てくれただけで嬉しいよ!さ、ささ、どうぞ」
八幡「今お前以外に家の中誰かいるか?」
結衣「へ?いないよ?」
八幡「そうか、ではお大事に。あでゅー」
結衣「え、ちょ、ちょっと帰っちゃうの!?」
八幡「俺なりの配慮だが。俺が配慮なんか考えるなんて滅多にないんだからねっ」
雪乃「その裏声禁止よ」
八幡「すんません」
結衣「べ、別に…大丈夫だよ?あたしは…その…信頼してるというか…」
八幡「…」
結衣「…だ、黙らないでよぅ」
雪乃「というわけて許可を得たから入りましょう比企谷くん。では入らせてもらうわね結衣さん」
結衣「え?あ、うん!」
八幡「不機嫌なのかなんか知らねえけどマジックハンドで俺の手首挟むのやめてくれませんかね」
雪乃「またマジックハンドの実用性が発揮されてしまったわ」
八幡「こんなの実用性に入るわけないだろ」
233:
結衣「こっちだよ、あたしの部屋」
雪乃「おじゃまします」
八幡「おじゃまする」
結衣「じゃますんの!?」
八幡「うるせえ風邪ひいてるんだから寝ろ」
結衣「えー、熱は少し下がったしはしゃいでも大丈夫だよ?」
雪乃「今何度くらいあるのかしら」
結衣「さっき測ったら37.9℃だった」
雪乃「下がってそれだと高熱の部類だったみたいね。本当にごめんなさい…」
結衣「ゆきのんは気に病まないの。お見舞い来てくれたんだからそれでチャラだよ!」
雪乃「そう、お見舞いということでお見舞い品を持ってきたわ」
結衣「別に良かったのに…ありがと!」
雪乃「はい」
結衣「…ん?」
雪乃「はい」
結衣「これは?」
雪乃「マジックハンド」
結衣「うん」
雪乃「お見舞い品」
結衣「マジックハンド?」
雪乃「ええ、お見舞い品」
結衣「!?」
八幡「当然の反応だろ」
238:
結衣「」 カシャカシャ
八幡「無表情でマジックハンドカシャカシャしてるガハマさんを見て何も思わないのか!」
雪乃「…あなたのハンカチの反応を見てからよ」
八幡「俺も見舞い品持ってきたぞ」
結衣「?」
八幡「ハンカチ」
結衣「あ、可愛い柄…ありがと…」
八幡「熱あるなら汗出るだろうからそれで拭いとけ」
結衣「う、うん…でも背中はさすがに届かないから…」
八幡「さて、実用性もあるし喜んでもらえたんですが、そこんとこどうですかね雪ノ下さん」
雪乃「参りました」
八幡「じゃあタオル持って来てくれ」
雪乃「なぜそうなるかわからないけど…タオルはどこにあるかしら、結衣さん」
239:
雪乃「持って来たわ」
八幡「ほれ」
結衣「あ、ありがとう」
八幡「それで汗拭いた後横になっとけ、葉山からの見舞い品の果物でも切ってくる」
雪乃「確かりんごね。それは私にやらせてちょうだい」
八幡「いや、お前はあいつの汗拭くの手伝っとけ」
雪乃「そうね、わかったわ」
八幡「じゃ」
240:
雪乃「では、汗を拭くから服を脱いでもらえるかしら」
結衣「お願いいたしまーす」
雪乃「…肌が温かいわ。少し熱上がったのね」
結衣「え、本当?」
雪乃「ええ。彼が葉山くんから貰った果物切ってくれているからそれを少し口にしたら横になるといいわ」
結衣「え?隼人君?」
雪乃「私たちがあなたの見舞いに行こうとしたところに来て、ついでに渡してくれ、って」
結衣「まじ?今度お礼しないと…」
雪乃「背中はこれで大丈夫ね。前を向いて」
結衣「ま、前は自分でやるってば」
雪乃「いえ、任せなさい」
結衣「きゃあああっ!?そこ胸!掴んでる!」
雪乃「…どうしたらこんなになるのかしら」
241:
雪乃「で」
八幡「買ってきたハンカチ濡らしたからこれを額に当てておけ」
結衣「手際いいねえ、どして?」
八幡「小町が風邪引いた時に全力で看病した結果」
結衣「なるほど、大丈夫か小町ィィィィ!って叫びながら看病する姿が浮かんだよ」
八幡「なんだそのシスコン兄貴、そんな奴現実に置いておけねーな、二次元に帰ってもらおうか」
結衣「…」
八幡「そんな目で見るな」
雪乃「…ねえ、りんごはまだ残っているかしら」
八幡「ある。途中で断念したからな」
結衣「断念…ってうさぎ耳に見えそうで見えないそのりんごは?」
八幡「料理スキルは早急にはつかねえな」
雪乃「ふふん、私がお手本を持ってくるからここで待ってなさい」
八幡「すっげードヤ顔」
243:
結衣「ゆきのん料理好きなのかな?」
八幡「好きじゃなければ上手くなんないだろ」
結衣「うーん…じゃああたしも好きになる」
八幡「はいはい」
結衣「適当にあしらってくれるなー!」
八幡「叫ぶと熱が上がるぞ」
結衣「んー、そだ、体温計ない?そこらへんに」
八幡「そこらへん…ないが」
結衣「あり?あ、昼測った後下に持って行ってもらったんだった」
八幡「親にか。じゃあおでこ出せ」
結衣「………へ!?」
八幡「小町看病により人の温度を額に触るだけで数値化にできるようになった」
結衣「嘘つけ!」
244:
八幡「という冗談は置いておいて体温計は下のどこに置いてあるのか教えてくれ」
結衣「へ!?冗談!?冗談…」
八幡「いいから教えるでござる」
結衣「…ね、ねえ?動くの面倒くさいだろうし…」
八幡「なんだよ」
結衣「どぞ!」
八幡「…なぜ髪あげて額を俺に見せる」
結衣「わかるんでしょ?手で…べ、別に手じゃなくてもいいけど…」
八幡「…マジデスカ?」
結衣「へい!かもん!」
八幡「こいつやけくそになりやがった!」
245:
結衣「手を置くだけ!手を置くだけだから!」
八幡「先っちょだけ、先っちょだけみたいに言うな!手をとるな!」
結衣「ほい!」
八幡「…おい、普通に熱あるぞ」
結衣「あ、八幡の手つめたい…」
八幡「もうあいつ来るだろうし横になれ、マジで熱ある」
結衣「ん…」
246:
雪乃「どうかしら」
八幡「…形は綺麗だな」
結衣「うさぎさんうまいね…ありがとう!」
雪乃「食べたら少し寝るといいわ」
結衣「はーい」
八幡「今何時だ?」
雪乃「だいたい6時よ」
八幡「ふむ…」
雪乃「どうしたのかしら」
八幡「お前おかゆ作れるか?」
雪乃「材料があれば…」
八幡「おかゆの材料あるか?」
結衣「見てみないとわかんないかも」
雪乃「結衣さんのためにおかゆ作るのね」
結衣「なんか八幡が凄い優しい…」
八幡「普段から優しいだろ何言ってんだ」
雪乃「あなたが何言ってるのかしら」
247:
舞台裏
雪乃「題名略称(´・ω・`)」
八幡「由比ヶ浜攻略部隊って長いし」
風邪
雪乃「風邪ひいたわ」
八幡「そうか、お大事に」
雪乃「看病してくれると嬉しいのだけれど」
八幡「お前人の手借りなくても自分でなんとかする人間の設定のはずだが」
雪乃「今はその設定破棄するわ。あなたのおでこで私の体温測ってくれる?」
八幡「設定破棄がそんな簡単にできるかばかやろー」
雪乃「一回だけでいいから…」
八幡「…額だせ」
雪乃「はい」
ぴとっ
八幡「…おい、本当に熱あんのかよ」
雪乃「ちゅっ」
八幡「なあああいああおうあ!?」
雪乃「風邪を移す魔法よ☆」
八幡「だああああああああああ!」
253:
結衣「本当に行ってくれたよ」
雪乃「…風邪を引いてる最中の人には優しいのね」
結衣「な、なんかね…普段優しさなんて全然みれないから…」
雪乃「…ドキドキした?」
結衣「あああうううう…」
雪乃「…彼がこれを無自覚でやっているのか、狙ってやってるかが本人の性格上分からないのが悔やまれるわ」
結衣「どっちだろうねえ」
雪乃「顔が赤いわ、体温測っていないでしょうし今温度計持ってくるわ」
結衣「八幡がおでこで測ってくれたんだよね…あ、測ってはいないか…ただ熱いって言われただけだし」
雪乃「え」
254:
〜説明中〜
雪乃「…あなた私がいない間に随分大胆な行動に出たのね」
結衣「えーと…そうだ!前にゆきのんを八幡と攻略したって話したじゃん!」
雪乃「それがどうしたの?」
結衣「や、だからそのう…八幡、ゆきのん攻略してたしあたしも…ちょっと」
雪乃(今攻略真っ最中なんて言えない)
結衣「あの…ね、ゆきのんは…どうなのかなーって」
雪乃「どう?」
結衣「え、えっと…八幡を」
雪乃「…彼を?」
結衣「…好きなのかな?ゆきのん」
雪乃「…」
255:
雪乃「あなたの目にはそういう風に映ったのね」
結衣「えっ?」
雪乃「彼に気づかれてないといいのだけれど」
結衣「じゃあ…」
雪乃「ええ…あなたと同じだと思うわ」
結衣「…」
雪乃「あなたの口からも彼をどう思ってるのか聞きたいわ」
結衣「え、えー!?言うの?」
雪乃「私は言ったわ」
結衣「ゆきのん、あたしとあたしと同じだと思うしか言ってないもん!」
雪乃「比企谷八幡が好き」
結衣「あやあ」
256:
雪乃「さ、どうなの?」
結衣「あ、あたしも…好き」
雪乃「誰を?」
結衣「比企谷八幡!」
雪乃「わざわざ私の真似してフルネームで呼ばなくてもよかったのに…ふふっ、変なところで真面目ね」
結衣「つい…」
雪乃「まあ…あなたが彼を慕ってるのは気づいていたけど」
結衣「うそ!?あたしがゆきのんが八幡のこと好きなのかなーって思ってからまだそんなにたってないよ!」
雪乃「結衣さん、顔にすぐ出るもの」
結衣「…まじ?」
雪乃「ええ」
257:
雪乃「…ちなみに、結衣さん以外でも一色さんが彼をまた慕ってるわ」
結衣「もってもてだあ」
雪乃「そうね、学年1の美少女など言われてる私に恋させた人だもの」
結衣「美少女ってところをつつみ隠さず言っちゃうところがゆきのんだねえ」
雪乃「あなたも一色さんも相当な美少女じゃない」
結衣「ゆきのんと比べたらね…」
雪乃「遜色ないと思うけれど」
結衣「じゃあ…あたしと、ゆきのんと、いろはちゃんはライバル?」
雪乃「そうなるわ」
結衣「…負けても…勝っても恨みっこなしでいいよね。あたし、ゆきのんもいろはちゃんも好きだよ」
雪乃「…ありがとう。私もよ。だから禍根は残さないようにしましょう」
結衣「うん!」
八幡「おい、お前らいたなら返事しろよ…寂しくはないが虚しかったぞ」
結衣「いいいいい、ひ、は、八幡!?」
雪乃「い、いつ戻ってきたのかしら」
八幡「あ?今だよ。戻ったって言っても返事返ってこなかったから寂しかったじゃねーか」
結衣「やっぱり寂しかったんじゃん…」
258:
結衣「…今のあたしとゆきのんの会話聞いてた?」
八幡「いや聞いてないが…聞かれたらまずいことでも話してたのか?」
雪乃「そうね、あなたに聞かれたら確かにまずい話だったわ」
八幡「どうせロクでもない話でしょうね、へーへー」
雪乃「それはそうと食材は全て買えたのかしら」
八幡「ほれ」
結衣「ありがとう、お金は渡すよ」
八幡「病人から金とる趣味はない。それに安いやつを選んで買ってきた」
雪乃「…本当ね。安いやつだらけだわ」
八幡「あ、おいレシート見るな」
雪乃「自分で安いのばかり買ってきたと公表しているのだしいいじゃない」
259:
雪乃「じゃあ早作ってくるわ」
八幡「手伝いは必要か否か」
雪乃「否、ね。結衣さんを見ていてあげて」
八幡「さいですか」
雪乃「できたら呼ぶから扉は開けておくわ」
八幡「別に扉閉まってても多少は聞こえるから大丈夫だろ。扉から風が入ってきて風邪が悪化でもしたらたまらん」
雪乃「あなたがそういうのなら…」
260:
結衣「なんか今日ゆきのんに作ってもらってばっかだね…あとでお礼言わないと。あ、買い物もありがとね」
八幡「できるまで少し時間あるだろうし寝とけ。お前俺とあいつがここに来てから一睡もしてないだろ」
結衣「そういえばそうだったね」
八幡「寝ろ」
結衣「じゃあじゃあ、寝かせるためになにかやって!」
八幡「寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ寝ろ」
結衣「ひいいいいいいいい!?」
261:
おかゆ食べた後
結衣「おかゆ美味しかったー!」
雪乃「舌に合うようで良かったわ」
八幡「19時半だしそろそろ帰るぞ」
雪乃「そうね」
結衣「あ、2人ともわざわざありがとう!ちょっと送る!」
八幡「送らなくていいから寝ろ。プリントは置いておくぞ」
雪乃「そうね、安静が第一よ結衣さん」
結衣「でもあたしの気がすまないもん」
八幡「めんどくせーやつ」
雪乃「あなたも十分めんどくさい人よ」
結衣「自分もめんどくさい人じゃん」
八幡「バカ言え、俺ほど純朴でわかりやすいめんどくさくない人間などそうそういるか」
雪乃「そのスラスラと口から出てくる自分への褒め言葉は聞き飽きたわ」
八幡「厳しい世界だな」
262:
八幡「じゃあな」
雪乃「さよなら、お大事に」
結衣「うん、明日は行くよ!じゃね!」
八幡「さて、俺とお前は逆方面の帰り道だな」
雪乃「…そうね」
八幡「じゃあな」
雪乃「ええ、また明日」
268:
比企谷宅
小町「ふうー、さっぱり小町ちゃん!」
八幡「おう」
小町「妹がバスタオル1枚なのにその反応は女として傷つくであります、お兄ちゃん」
八幡「逆に過敏な反応したらしたでお前拒絶するだろ」
小町「過敏な反応?どんなの?」
八幡「こっ、小町か…お、おい…バスタオル1枚は…やめろ、恥ずかしいだろ!あ、トイレ行ってくるわ!」
小町「そんな反応例え恋人だとしてもする人いないでしょうに…」
八幡「おう小町か、胸育ってるか?」
小町「セクハラ親父じゃん」
八幡「小町が可愛すぎて俺の俺がヤバイ」
小町「小町も意味がわからなすぎてヤバイ」
八幡「とまあ、こんな反応されるよりいいだろって例だ」
小町「んー、でもまあお兄ちゃんなら許容してあげるよ?」
八幡「ブラコンめ…」
269:
小町「あ、そだ。もし雪乃さんと結衣さんがバスタオル1枚でいたらの反応もぷりーず」
八幡「断る」
小町「報酬つけるから!」
八幡「報酬以前にお前に得がないだろ、引け」
小町「それが得ならあるんだよね」
八幡「あんのかよ」
小町「…じゃあ報酬は前にお兄ちゃんに貸してあげたゲームの続編でどう?」
八幡「なんのゲームだよ」
小町「題名忘れちゃったけど、女の子達をデレさせて攻略してくゲームだったはずだよん」
八幡「あれ続編あったのか…それ貸してくれるならいいが」
小町「あれ…女の子達をデレさせて攻略?」
八幡「…なんだ小町」
小町「…もしかしてそのゲームがきっかけで当時結衣さん攻略するだなんて言ってたの?」
八幡「よし、まずは結衣からいこう」
小町「良い子のみんなや画面の前のみんなは、ゲームと現実を分けること!」
270:
八幡「…ぶっちゃけあいつがバスタオル1枚とか男子高校生殺しにかかってるようなもんだよな」
小町「健全な男子高校生はたまらん体してるもんね結衣さん」
八幡「…俺は妹となんて会話してるんだ」
小町「気にしたら負けだぞ☆」
八幡「雪乃のバスタオル1枚は…」
小町「リスタートはやいね…」
八幡「スレンダーな体してるし様になってそうだな」
小町「バスタオル1枚が様になる女性ねえ」
八幡「こんなもんでいいだろ、ゲームはよ」
小町「ぶっちゃけ物足りない感想だけど答えてくれただけよしとしましょか、ゲーム持ってくるから待っててねお兄ちゃん」
271:
小町「えーとあのゲームどこだっけなー」
小町「あ、これっぽい」
小町「はい」
八幡「サンクス、部屋戻るわ」
小町「はやっ!」
小町(…あのゲーム貸した小町の判断は正しかったんだねえ、あのゴミいちゃんが攻略なんかに踏み切ったわけだし)
小町(続編は確かちょっと過激な内容もあるけどさてさて、お兄ちゃんはそれをやってくれるかな?)
小町(さ、雪乃さんと結衣さんにバスタオル1枚の時の感想報告しよっと)
小町(ゲーム貸したんだしこれくらい許してくれるよねお兄ちゃん!)
八幡「おい小町、これモン◯ンじゃねえか」
小町「あ、間違えた」
八幡「狩猟ゲームと恋愛ゲーム間違えるか普通」
小町「適当に探したからね」
八幡「この野郎」
小町「許してほしいやんね!」
八幡「いいからとっとと持ってきてくれ」
小町「はいはい」
272:
八幡「続編あるとは知らなかったなこのゲーム」
八幡「時間も時間だし今日はどこまで進めて寝ることにするか…オールするか…」
ブーッ
八幡「メール?」
結衣:ばかやろー
雪乃:ばか
八幡「同じ部活の女から罵倒メールが来た」
八幡「(´・ω・`)」
273:
次の日
八幡(…結局オールしちまった)
結衣「あ、おはよ///…う?う?ん?」
八幡「…なんだよ」
結衣「寝不足なの?目つき悪いよ?」
八幡「アホか…たった一夜でできるわけが」
結衣「女の子は鏡を持ち歩いてる生物なんだよね」
八幡「…目つき悪っ!」
結衣「でしょ?」
八幡「…寝るわ」
結衣「あ、寝るならこれ貸したげる」
八幡「…」
結衣「じゃあ先教室行ってるよ?それとも…今日は一緒に行く…?」
八幡「…写真渡した意味はなんだ」
結衣「へ?あ、寝てる子の写真みたら八幡も眠くなるかなーって。まあそれ犬だけどね」
八幡「…お前は自分を犬だと思ってるのか?」
結衣「…え?」
結衣「ちょ、ちょっと貸して!」
八幡「うおっ」
274:
結衣「いっ!?」
八幡「つーか自分が寝てるところなんてどうやって撮ったんだよ、それになんでそれを持ち歩いてるんだよ、鏡で自分見ればいいじゃねえか」
結衣「ち、ちちちち違う!てか見た!?」
八幡「見た、じゃなくて見せられた、な」
結衣「…………………………」
結衣「こ、これはゆきのんが撮ったやつで…」
八幡「そうか、どおりで背景が教室で寝てる場所が椅子なわけだ」
結衣「…きょ、教室行くね!」
八幡「…なにしたいんだアイツ」
八幡「…さて、俺も教室行って寝るか」
275:
放課後
部室前、ヒッキーとゆきのん待機中
ガハマさん部室で倒れ込み中
雪乃「…なるほど、それで結衣さんは項垂れているのね」
八幡「寝顔見られたくらいどうってことないだろ普通、しかも写真だぞ写真」
雪乃「女性は普段見せてる顔以外を見せるのを嫌うわ」
八幡「そうなのか…?お前も?」
雪乃「ええ、優等生以外の私は学校で見せたくないわね」
八幡「そう聞くとさも裏がありそうな人間だなお前」
雪乃「私にだって使い分ける顔くらいあるわ」
八幡「例えば」
雪乃「…親の前かしら」
八幡「そうか」
雪乃「…あと気を許した人の前ね」
八幡「結衣か」
雪乃「…あなたも含めてよ」
結衣「あーーーーーーーーー!」
八幡「うるさいな…なんで叫んでるんだあいつ」
結衣「よりにもよってあの写真落とした!」
八幡「バカだろ」
雪乃「…」
八幡「…?なにむすっとしてるんだ」
雪乃「…別になんでもないわ」
276:
結衣「ぶ、部室かな?ここであって!」
八幡「ちょっくらマッ缶買ってくる」
雪乃「…そう、なら私は教室に忘れ物をしたから戻ることにするわ」
八幡「じゃあまた後で、もう結衣の観察はいいだろ?」
雪乃「ええ、これで終わりでいいわ」
八幡「うす」
八幡「どうせ教室だろ」
いろは「あれ?」
八幡「…なんでお前教室の前にいんの?」
いろは「廊下に写真落ちていたから拾ってみたら結衣先輩のだったので本人に届けに来ました、けどもう部活いっちゃったみたいですね」
八幡「拾ったのがお前でよかった」
いろは「?」
八幡「雪乃が言うには女性は普段見せてる顔とは違う顔をあまり見せたくないとか言ってたが知り合いの、しかも同性のお前なら結衣も気に病まないだろ、と」
いろは「せんぱいらしくない優しさですねー、どうしたんですか?明日死ぬんですか?」
八幡「フラグ建てるんじゃねえ」
いろは「ま、届けにいきましょうせんぱい!」
八幡「いや届ける役目は担ってやるからお前はお役御免で構わん」
いろは「ついでに奉仕部に遊びに行きますよ」
八幡「…じゃあは俺自販機行ってから行く」
いろは「一緒に行きましょうよー」
八幡「…はあ」
いろは「あ、今こいつ可愛いな結婚してえって思いましたね?」
八幡「お前の深読みはどうかしてるぜ」
いろは「思っただけで伝わる感情なんてないんですよ言葉にしてください言葉にせんぱいせんぱいせんぱい」
八幡「めんどくさい」
いろは「ぶー」
285:
八幡「本当についてくんのか」
いろは「金魚の糞みたいについていきますよー」
八幡「例えが汚ねえ!」
雪乃「あら…」
いろは「あ、ご無沙汰です雪ノ下先輩」
八幡「写真はこいつが持ってた、でもって部室に来るらしい」
雪乃「そう、ありがとう一色さん。由比ヶ浜さんも写真が見つかって安心するはずよ」
いろは「雪ノ下先輩は素直に礼を言ってくれるのに先輩ときたら」
八幡「礼を言って欲しいのか」
いろは「はい」
八幡「あざす一色後輩!」
いろは「…」
八幡「その期待してたのとかけ離れてる礼だったわ、って顔やめろ」
いろは「まあ先輩に私をキュンキュンさせる礼を言えるわけないですもんね…期待する方が間違いだったということです」
八幡「礼なんかで人をキュンキュンさせる必要がどこにある」
いろは「そろそろ先輩も女の子の落とし方くらい覚えてくださいよー、曲がりなりにも攻略部隊とか言って女の子をデレさせようとしてるんですから」
286:
雪乃「私も同意ね。本来なら由比ヶ浜さんの攻略はこの時点で終了してるはずなのよ」
いろは「ですね。それが出来てないのは先輩が女の子の落とし方を知らない虚しい男だからでーす」
八幡「罵倒されてる気がする」
いろは「ではサポートするので今日の結衣先輩の攻略は先輩が全て受け持ってくーださーいな!」
八幡「サポートったって具体的には何するんだよ」
いろは「ふーむ…雪ノ下先輩。今攻略点は何点なんですか?」
雪乃「6点ね」
八幡「そうだったっけか…最近点数言うことなかったのによく覚えてるな」
いろは「じゃああと4点、今日明日でとっちゃいましょう!」
八幡「無茶を仰る」
いろは「無茶を現実に変えるのがいろはちゃんのサポート!」
雪乃「私は手を出さない方がいいわね。傍観しているわ」
八幡「お前はサポートしないのかよ」
雪乃「こういうのは知識不足の足手まといが1人いるだけで進行スピードが遅くなるものよ。私も一色さんのサポートを見て学ばせてもらおうと思うわ」
八幡「さいですか」
287:
八幡「で?具体的には何すればいいんだよ」
いろは「せっかく写真があるわけですしこれ使いましょう」
八幡「何にだよ。それはあいつの写真だ。あいつが傷つくような真似はしたくないんだが」
雪乃「優しいのね」
いろは「傷つけさせるようなことはしないのでご安心!まず写真を見つけたのは先輩ということにして部室に持って行きましょうかねえ」
八幡「見つけたのはお前だろ」
いろは「見つけた手柄くらいあげますよ。それよりそこからどう結衣先輩を攻略しようか迷いますねか
八幡「意外と真面目だな…」
雪乃「恋愛面では頼りになる後輩ね」
八幡「…恋愛面ではないだろ」
288:
いろは「…じゃあこの写真を見て思うことを本人にそのままぶつけましょう!」
八幡「却下だ」
いろは「えー」
八幡「もし傷つけたらどうするんだ」
いろは「先輩が言葉を選んで傷つけないようにすればいいのでは?」
八幡「そんな言葉を巧みに使えるならそれこそ攻略部隊は終了してるな」
雪乃「そうね…確かにあなたは言葉を巧みに扱えないわね」
いろは「じゃあ写真を褒めて褒めて、最終的に貰う作戦も破綻ですねぇ…褒め方に問題がでそうですし」
八幡「そもそも貰ってどうする」
いろは「…額縁とかに飾る?」
八幡「飾ってどうする」
雪乃「観賞用ね。私の写真も欲しいなら観賞用としてあげるけれど」
八幡「いるか!」
289:
いろは「んー、仕方ないですねー。部室についてからは私が展開を引っ張る役目を担いましょう!」
雪乃「どんな展開にするつもりなのかしら」
いろは「まあゲームでもしやすくしようかなって思ってます」
雪乃「…なるほど」
いろは「ではこの写真を先輩が渡すところからスタートです。はい、写真をどうぞ」
八幡「…気は乗らないがわかった」
290:
部室
八幡「おい結衣」
結衣「あ、八幡!ごめんね、ちょっと部室から出るね!ゆきのんにも言っておいて!」
八幡「その必要はないな」
結衣「え…?ってかなんでかっこつけてるの?」
八幡「ほれ…って、あ?」
結衣「あ、写真見つけてくれたの…でもあたしが落とした写真は1枚だよ。朝…見せたやつ」
八幡「…そこで待て。Please wait」
結衣「ん?えいご?」
八幡「…」
結衣の寝顔写真
雪乃の寝顔写真
八幡「!?!!??!!?!?」
結衣「へいおどろきすぎだぜゆー」
八幡「煩わしい、少し黙ってなさい」
結衣「ひどい…」
八幡「…誰だ小町か!」
結衣「誰だ、から1秒たたずに小町ちゃんの名前出てきたね…」
291:
いろは「もー、何してるんですか先輩」
雪乃「…なんでポケットから2枚の写真が出てくるのかしら」
結衣「あ、ゆきのんといろはちゃん。やっHello」
いろは「無駄にネイティヴ!」
雪乃「そのもう一つの写真はなにかしら」
八幡「小町の悪戯だろう。結衣、写真だ」
結衣「あ、ありがとう…もう一つの写真はなんだったの?」
八幡「寝顔写真だ」
結衣「誰の??」
八幡「おい一色後輩」
いろは「一色後輩はお気に召さないので今後無しでお願いしますね、先輩」
八幡「…一色、展開を引っ張る役目を今果たす時が来た」
いろは「私としてももう1枚の写真がなんなのかきになるところですが…」
八幡「いいからやれ!」
295:
いろは「ではでは先輩方。生徒会長と遊びましょのコーナー始めましょう!」
八幡「よ、生徒会長」
結衣「何するの?」
いろは「依頼が来るまで私と奉仕部の3人でゲームをしようってコーナーです」
雪乃「…最近依頼来ないわね」
八幡「メールボックスもちょくちょく確認した方がいいんじゃね?」
雪乃「そうね…それであなたのポケットから出てきた2枚目の写真のことだけれど」
八幡「話をめちゃくちゃ強引に戻してきやがった!」
結衣「あたしも気になるー」
八幡「よるな!今は一色と遊ぼの時間だ!」
いろは「生徒会長と遊ぼ、です」
八幡「どうでもいいだろ!」
296:
いろは「まあ遊ぼって言ってもやるゲームは王様ゲームなんですけどねー」
八幡「わーわー!」
雪乃「…話の軌道修正に必死ね八幡」
結衣「なんかあそこまで逸らされると逆に気になるよね…」
八幡「ルールは?」
いろは「王様ゲームやるのに普通ルール聞きますかね…あ、そもそも先輩王様ゲーム自体やったことが…」
八幡「どうせお前のことだし特別ルールとかあるんだろ」
いろは「おや?よくおわかりで」
八幡「お前の扱いには慣れてる」
いろは「そこは扱いじゃなくてお前のことなら全てわかってるって言えないと…」
いろは(「女の子の攻略なんて夢のまた夢ですよ、先輩!」)
八幡「へいへい」
雪乃「…特別ルールとはどんなものかしら」
いろは「簡単な特別ルールですよー」
297:
いろは「ここにいる4人でゲームをやります。それで4人は王様ゲーム始める前に、紙に記入してもらいます」
いろは「記入する内容は特に指定しません。度を越したのは禁止ですけどねー」
いろは「そんでもって次にこのくじを引いてもらいまーす。赤いのが先端についてるくじが1つあるのでそれを引いた人が王様です」
いろは「王様になった人は、先ほど4人で書いた紙に記入してあるもののうち、1つを実行してもらいます」
いろは「ぐだぐだに続くのもあれなんで4、5回程度で終わらせる予定です!」
八幡「王様が罰を受けるゲームか」
雪乃「紙に記入されている内容によって罰かどうか変わるのね」
結衣「おー、やってみよ!」
八幡「…つっこみたいところが1つ」
いろは「?」
八幡「お前そのくじどこから出した」
いろは「…女性は秘密が多い方がミステリアスに見えますよね、先輩」
八幡「答える気ゼロかよ」
298:
いろは「じゃ、早やりましょっか」
いろは(「…先輩、あくまでもこれは結衣先輩を攻略するためのゲームですからね」)
八幡(「結衣が王様になるようにでも細工するのか」)
いろは(「まあそれもありですけど、先輩が王様になって結衣先輩にあれこれするのもいいと思いますよ?」)
八幡(「そっちは面倒くさいから結衣が王様になる方で」)
いろは(「そんなんだから先輩は…」)
八幡(「こういう性格なんだ。恨むなら俺の育った環境を恨め。俺は悪くない」)
いろは(「相変わらずですね、全くもう」)
299:
いろは「さー、書きましたー?」
いろは「ではこのカゴに入れてください」
八幡「どこからそのカゴを持っ((ry」
いろは「ではいきましょー、王様誰だ!」
八幡「…赤くないな」
雪乃「…外れよ」
いろは「私もですね」
結衣「あたしだー!」
八幡(どんな細工してるんだか…)
いろは「じゃあ紙を引いてもらいましょう!」
結衣「じゃあこれで!」
300:
『異性に10秒抱きつく』
結衣「…へ?」
八幡「…おい」
いろは「異性は1人しかいませんね、この場に!さあ10秒。ごー!」
八幡「お前か!あの紙入れたの!」
結衣「10秒だけ我慢してー!」
ぎゅっ
八幡「うおっ、っと…」
結衣「あ、あぇ…ごめん、勢い強すぎちゃった…」
八幡「…9.8.7」
結衣「うー、うぅー!」
八幡「…6.5.4.3」
八幡(向かい合って抱き合う形だがおかげでこいつの胸が当たってきて邪魔なことこの上ない)
八幡(そう、邪魔である。けっして最高、などといったやましい気持ちはない。ああ、ああ)
八幡「2.1.0」
いろは「終わっりましたねー!」
八幡「おいコラこの野郎」
雪乃「…でも1点よ。結衣さん、顔真っ赤にしてデレてるわ」
八幡「…そうか」
雪乃「累計、7点」
316:
いろは「では2回目いってみましょー」
八幡「その前に説教だいろはちゃん」
いろは「ああ、先輩が名前で呼んでくれた!嬉しいのでぶっ飛んだ内容を紙に記入しちゃいます!」
結衣「い、異性に対して…ってのありなんだよね、ね?」
雪乃「…度を過ぎないものであれば良いと思うけれど…私たち女性に対して異性はこの場に1人しかいないわ」
いろは「書きました?書きましたね?じゃあくじ引きGO!」
八幡「…くっくっく、いいぜ、そっちがその気なら俺はッ!」
いろは「キモいですやめてください」
八幡「(´・ω・`)」
317:
いろは「はいはい、今回は先輩ですね」
八幡「…」
雪乃「八幡にやらせる内容はどんなものかしら」
いろは「…えっとですねー、乙女チックな内容ですね」
いろは「膝枕だそうです」
八幡「男の俺が膝枕なんて絵面的にアウト、故に今回は飛ばす」
結衣「だ、誰が膝枕されるの?」
雪乃「…王様が決めればいいんじゃないかしら。紙には王様が誰にやる、とまでは指定されていないのだし」
結衣(膝枕書いたのゆきのんかあ)
いろは(膝枕書いたのは雪ノ下先輩ですか)
八幡「…リア充どもはこんな恥ずかしい思いしかしないゲームのどこに魅力を感じるんだか」
雪乃「さあ、誰?」
八幡「…誰にしようかな、天の神様の言う通り…」
結衣「うわぁ…」
いろは「さいてーですね、選び方」
八幡「…雪乃」
雪乃「…わかったわ」
結衣「うぅ」
いろは(結衣先輩攻略はどこにいったのでしょーか)
318:
八幡「しょうがない、小町専用のこの膝を今ここに解禁してやろうじゃねえの」
結衣「小町ちゃんに膝枕してあげてたんだ…」
雪乃「お、お邪魔します…」
八幡「おい…お前が照れてると俺がやりにくくなるからいつもみたいにクールでいろよ」
雪乃「そ、そうね。私は雪乃よ」
八幡「会話ができていない…だと」
結衣「いーな…」
八幡「…」
雪乃「…お、お願いが…あるのだけれど…」
八幡「なんだよ」
雪乃「頭を…撫でてもらえると…」
八幡「くっ、お前まさかリア充オーラに当てられてるんじゃないだろうな?王様ゲームに飲み込まれてないか?」
なでなで
雪乃「んっ…」
いろは「なんだかんだ言いながら撫でてあげるんですね…」
八幡「…男と女の髪ってなんでこうも違うんだろうな、同じ人間だってのに」
雪乃「…♪」
319:
いろは「さあ3回目ですよー」
雪乃「…書いたわ」
結衣「はやっ!?」
いろは「…王様は結衣先輩ですね」
結衣「ま、またあたしかー」
八幡「…」
いろは「さて、実行内容は、と…」
いろは「おお、異性のポケットを調べるだそうです」
いろは(本当はまさぐるって書いてあったんですけどね)
結衣「自分で書いたのが当たった!」
八幡「異性…は?」
結衣「ポケットの中のものが気になってたから…さ、大人しくしててね八幡」
八幡「おいセコイだろこれ!審判!」
雪乃「No problem」
八幡「発音いいなこんちくしょう!」
320:
結衣「まずは上のポケットから…」
結衣「…何これ?」
八幡「…飴」
結衣「ちょ、溶けてない!?これ!」
八幡「入れてたのすっかり忘れてた」
結衣「なにやってんの…」
結衣「じゃあ…次はこっちの…」
結衣「コーヒー!?」
八幡「それは買ったばかりのものだ」
雪乃「あなた本当に買いに行っていたのね…」
八幡「当たり前だろう」
結衣「八幡のポケット摩訶不思議…」
八幡「というかポケットの膨らみで気づいるもんだと思ってたが」
321:
結衣「じゃあ…ズボンのポケットを…」
八幡「…言っておくが俺じゃなくて小町だ」
結衣「…?あ、さっきの写真…あっ」
八幡「あっ、じゃねえよ…なんで写真がお前の手からするりと離れてくんだよ」
結衣「わかんない!」
雪乃「私が拾うわ…あら?」
いろは「何が写ってたんですかー?あや?」
八幡「…俺じゃないです、小町です」
結衣「なんだったのー?あたしその写真が気になってたから紙にこの内容で記入したんだよね」
雪乃「…私の写真よ」
結衣「え…」
雪乃「…あなたじゃないの?」
八幡「誓おう、俺じゃないと」
雪乃「…そう、残念ね」
八幡「…はあ?」
いろは「えーっと、ポケット調べはどうするんですか?」
結衣「え、あ、うん。もういいかな…」
いろは「じゃあつぎいきましょー」
328:
以下、ダイジェスト
・ポッキーゲーム
雪乃「…///」
結衣「…///」
いろは「同じ部員として、今思うことをどうぞ!」
八幡「あら^ 〜」
結衣「ご、ごめんねゆきのん…止めようと思ったらすでにゆきのんの口がそばにあったというか…」
雪乃「い、いえ…私も止めるタイミングを間違えてたから…」
八幡「綺麗だな」
いろは「なんか先輩狂ってません?」
・相手の好きなところをいう
雪乃「…好きなところ」
結衣「お、思いつかないだろうし…いいよ無理しなくても…」
雪乃「…いえ、逆に何言えばいいか困ってるところよ」
いろは「結衣先輩の好きなところありすぎて何言うべきか困ってるんですね」
雪乃「へ…はっ!ち、違うわ。そういうわけではなくて…」
結衣「あ、あたしもゆきのん大好きだよ!」
八幡「…8点」
・飲み物をもらう
いろは「ちょうど喉が渇いていたんですよー」
八幡「マッ缶がああああああ!」
結衣「いろはちゃん、自分で書いた内容が当たったんだね…」
雪乃「…飲みかけではないし、許容範囲ね」
八幡「仕方がない、マッ缶飲むか」
結衣「鞄から別のが出てきた!?」
八幡「常時マッ缶2個所持は当然だろ、持ってない奴は高校生を名乗れないまである」
雪乃「缶コーヒーを常に2個持つ高校生なんてあなたくらいよ…」
329:
・次回、王様にならなくなる
八幡「というわけだ、次の番、俺は王様にならない」
結衣「それズルい!」
八幡「次の番だけ休みにしただけ優しいだろ」
いろは「いかにも先輩が考えそうなずる賢い内容ですね…」
八幡「さて、次の内容はとんでもないの書いちゃうぞ☆」
雪乃「あなた、なんだかんだ言ってこの王様ゲーム楽しんでいるのね」
・お姫様抱っこ
八幡「いぎあるー」
結衣「な、ないよ」
八幡「大ありだアホ、なんで俺がお姫様抱っこする立場なんだよ」
結衣「だ、だって…紙には王様がお姫様抱っこしてもらう、って」
八幡「異性に、ってズル過ぎだろ、俺しか該当者いねえじゃん」
いろは「女の子が女の子をお姫様抱っこしても…」
結衣「だ、だからお姫様抱っこ…」
八幡「…俺が重いって言って落としても知らねえぞ」
結衣「落とすの…?」
八幡「…善処する」
・終わり
八幡「よっし、引けた」
雪乃「終わり?どういうことかしら」
八幡「文字通りの意味だ。王様ゲーム終了」
いろは「えー、まだ10回ちょっとしかやってませんよー」
八幡「疲れた。お姫様抱っこしたり膝枕したり抱きつかれたりとリア充オーラ満載のイベントは俺には重い」
いろは「全男子高校生が夢見るイベントじゃないですか」
八幡「そもそもこういうのは俺がやるべきじゃないだろ」
八幡(「結衣攻略のはずなのに俺が雪ノ下をおんぶしたりお前の飲みかけの水貰ったりとか全然違うのやってるじゃねえか」)
いろは(「あ…途中から私もすっかり結衣先輩攻略忘れてました…」)
330:
結衣「や、なんか…すごい王様ゲームだったねー…」
八幡「2度とごめんだ」
雪乃「…その割には結衣さんに抱きつかれたりした時の鼻の伸ばしようは見るに堪えないものがあったわ」
八幡「そもそも抱きつくとかおんぶとかお姫様抱っことか誰だよ書いたの…俺を除いて3人でやれよそんなの」
結衣「…その割にはゆきのんをおんぶしてた時の八幡の顔はスケベな顔だったし」
八幡「だからそれは異性に、とか指名した奴がわるいだろ」
いろは「先輩といちゃいちゃしたいがために異性に、って書いただけかもしれませんよ」
雪乃「一色さん…!?」
結衣「いろはちゃん!?」
八幡「…ないない。もういい時間だし帰るわ」
331:
帰り道
八幡「…」
八幡(ない。とは言い切れないかもしれない。もしかしたら、と思うかもしれない)
八幡(彼女らが…俺を。しかしこれもやはり男子高校生によくある思い込みじゃないだろうか。そう思う自分もいる)
八幡(…さっきの王様ゲームでも、異性を指名したのはただの遊びだったのかもしれないし、女同士では盛り上がりに欠けるから、といった理由で俺を選んだ可能性もなくはない)
八幡(…考えるだけ無駄だな、こういうのは。しかし意識すると結衣と雪乃を攻略するっていうのは変に感じるな…)
八幡(雪乃を攻略してた時はこんなこと考えなかったんだが…まあいい。一応この攻略も奉仕部での親交を深めてやろうという俺のご厚意から始まったイベントだ。やましい意味は何もない)
八幡(明日にでもとっとと…今8点だからあと2点だな。攻略点とって終わらせるか)
八幡(もう十分すぎるほど奉仕部の親交は深まったと言えるだろう)
332:
メール
八幡「明日で結衣攻略を終わらせようと思う」
雪乃「そう。あと2点だけれど、あなたが2点ともとっていいわ」
八幡「攻略手段は適当に考えておく」
雪乃「ええ。
彼女を攻略していた間、少し楽しかったわ、どうもありがとう」
八幡「なんかお前らしくない言葉だな」
雪乃「そうかしら」
333:
八幡「自分らしくないっていきなり言われても困るよな、悪い忘れてくれ」
雪乃「わかったわ。ではお休みなさい」
八幡「さて、ゲームでもして攻略手段でも学ぶか」
八幡「…そういや結衣は雪乃を攻略してたが自分が攻略されてることに気づいてるのか?」
344:
次の日、下駄箱にて
八幡「…」
結衣「あ、おはよ…?ど、どうしたの?」
八幡「…寝不足」
結衣「またぁ!?なにやったら連日寝不足なんてことになるの!?」
八幡「仕方ねえだろ…」
結衣「…大丈夫なの?」
八幡「大丈夫だ…問題ない」
結衣「寝なくていいの?」
345:
八幡「寝るための授業時間がそこにはある」
結衣「勉強するための時間だからね…」
八幡「そんなわけで寝不足につき今日の俺は危険な男だから近寄んなよ」
結衣「なにそれ」
八幡「いいから先行ってろ由比ヶ浜」
結衣「え」
346:
八幡「え、じゃなくて先行けっての。俺は後から音もなく教室入って寝る」
結衣「そ、そっちじゃなくて…由比ヶ浜って」
八幡「は…?あ、名字で呼んだことのこと言ってるのか?つい呼んじまったが」
結衣「うん…折角名前で呼びあってたのにいきなり名字呼びされてびっくりしたというか…前もあったし…」
八幡「ぶっちゃけどっちで呼んでも変わらんだろ…」
結衣「ダメ!結衣って呼んで!」
八幡「お、おう…あのここ下駄箱…大声だすなっての…」
結衣「はっ…///と、とにかく名前呼び厳守!わかった八幡!?」
347:
八幡「ここぞとばかりに俺の名前呼びやがって…わかったから先行け」
結衣「…今後由比ヶ浜呼びしたら拗ねるよ…」
八幡「…善処する」
結衣「うん!じゃあね!」
八幡「…朝から注目浴びてしまった」
雪乃「…朝から見せつけてくれるわね、『比企谷くん』」?
八幡「…聞いてた見てた?」
雪乃「聞いていたし見ていたわ」
348:
八幡「結衣があれだけ名前で呼べと大声で言ってりゃそら近くにいたなら聞いてるし見てるか…」
雪乃「そうね、今ので1点といったところかしら」
八幡「点入るんすか、じゃ、お先に」
雪乃「…八幡」
八幡「なんだよ、実は今俺は寝不足でしてね」
雪乃「聞いてたから知ってるわ」
八幡「そこから聞いてたのかよ…」
雪乃「その…私も結衣さんと同じことを言いたくて…」
八幡「同じこと?」
349:
雪乃「…あなたはちゃんと私を名前で呼ぶこと」
八幡「…うす」
雪乃「わかればいいわ。ではまた放課後に」
八幡「ああ…」
葉山「朝から見せつけてくれるね」
八幡「この流れでお前ってのは違くないですかね?」
葉山「はっはっは」
350:
八幡「なんだよまさかお前もあいつらと同じ用件か?」
葉山「…隼人って呼ぶかい?」
八幡「…遠慮する」
葉山「まあ、君がどう返事するかはわかってたけどね」
八幡「なんだよ本当に…つーか随分遅い登校だな」
葉山「ん?ああ、朝練があったからな」
八幡「あっそ」
葉山「そっけない返事だな…奉仕部は朝練とかないのか?」
351:
八幡「練習自体ねえよ…つーか朝集まったところでやることねえし」
葉山「そんなことはないんじゃないか?」
八幡「なんかあるのかよ」
葉山「…見回り、とか。迷ったりしてる人を救うのが奉仕部なんだろう?」
八幡「残念ながらうちの部長様は自分からは手を出すことをしないお方なんで」
葉山「そうか…」
八幡「…見回りでもしてほしい場所があんのか?」
葉山「…早朝の下駄箱かな」
八幡「なんでまたそんなところを」
葉山「今俺が下駄箱開ければわかると思う」
ガタッ
352:
葉山「…2通、か」
八幡「ケッ」
葉山「…まあつまり早朝の見回り、ってのはそういうことかな」
八幡「なにがそういうことだ…モテる男は辛いですね、へーへー」
葉山「モテる男が言う台詞じゃないな、それ…」
八幡「…話噛み合ってなくないか?」
葉山「いや、噛み合ってるよ。そうだな、もしそういう場面になったら君を手助けするのもいいかもしれないな」
八幡「あらやだ、この子電波よ!」
葉山「ははは…それじゃあお先に」
八幡「おう」
353:
八幡「で、次は誰が来るんだろうか」
八幡「…」
八幡「…」
八幡「…来ないの?」
354:
昼休み
八幡「ベストプレイスで食事なう」
いろは「そこに付き添う可愛い後輩いろはちゃん!」
八幡「なんでいるんですかね」
いろは「先輩を見つけたからですよー」
八幡「俺の時間を邪魔しやがって…」
いろは「邪魔どころか幸せな時間じゃないですかー」
八幡「はぁ…とっとと食って離れるからなここ」
いろは「ええ、大丈夫ですよ。私は結衣先輩と雪ノ下先輩ともうお昼すませてますし」
355:
八幡「あの2人と昼食ってたのか」
いろは「…ええ。ちょっと話し合いしてましてね」
八幡「へえ」
いろは「なんと、私サポートキャラクターに転生することになったんですよー」
八幡「なんの話したらそんなことになるんだよ…」
いろは「ですから私は手を引いてサポートキャラクターになったというわけです。乞うご期待ください、先輩を上手く導いてやりますよ」
八幡「俺のサポートキャラクターですか、へえ」
いろは「…全く興味のなさそうな返事ですねえ」
356:
八幡「だいたい適当な空返事してりゃそのうち誰からも話しかけられなくなるからな、お前も気をつけとけ。ちなみにソースは俺」
いろは「私はそんなことしませんけど先輩、既に私に適当な空返事してるじゃないですか…それに経験あるなら尚更空返事すべきではないかと」
八幡「だって話の意味がわかんねえんだもん」
いろは「はあ。まあそりゃ先輩に意味がわかられたら困りますし」
八幡「ならそんな話俺にすんなっての」
いろは「いえ、意味がわかられたら困るだけでわからないなら問題ないですよ」
八幡「…まあ確かに意味わからんが」
いろは「それでいいんです♪」
357:
放課後
八幡「うす」
八幡「…誰もいないのは珍しいな、いつもなら雪乃がそこに座ってるはずだが…」
八幡(しかし雪乃の鞄はこの部室にある。何か用でもあったのだろう)
八幡「本でも読むか」
358:
結衣「や、やややっはろー!」
雪乃「…緊張し過ぎよ」
八幡「遅かったな」
結衣「え、え?あ、うん。遅くなってごめんね…」
八幡「や、別に責めてない」
雪乃「…八幡」
八幡「なんでシリアス顏なんですかね?」
結衣「あー…シリアス話になるの…かな、これ」
雪乃「おそらく」
359:
八幡「…どんな話だよ」
結衣「……あのね、あのね」
八幡「…」
結衣「あ、あたし…はね。その」
結衣「あたしはわなたが、好きで…!?」
雪乃「…結衣さん」
結衣「か、噛んだ!やっちゃいけないのに噛んだよゆきのん!どうしよう!?」
八幡「Now Loading…」
雪乃「彼も待ってくれてるわ。もう一度よ」
結衣「あれ待ってんの!?」
360:
八幡「TAKE2」
結衣「…1回噛んでるとはいえあたしが言いたい内容はわかったよね…」
結衣「…あたしは比企谷八幡が大好き…です」
結衣「う、うー///だ、大好きだからね…」
八幡「…」
結衣「へ、へいゆきのん交代!」
雪乃「お、押さないで結衣さん」
361:
雪乃「あ…」
八幡「…」
雪乃「…私も結衣さんと同じことをあなたに言うわ」
雪乃「どうやら私はあなたが好き…みたいよ」
結衣「…」
雪乃「そ、その目は何かしら…」
結衣「上から目線な気がして…」
雪乃「ち、違うわ。私は決して上から目線で告白をしたのではなくていえこういう性格だから今のが上から目線ととれるのは仕方がないことだけれどこれは違うのよ、これはわ、私が八幡を…好き、だっ///」
結衣「ああ…照れてるんだ」
雪乃「…照れてなんかいないわ」
結衣「ほら、八幡待ってるよ…頑張ってゆきのん」
八幡「Now Loading…」
雪乃「…あれ、待ってるのかしら」
結衣「気にしちゃダメな気がする…」
362:
八幡「TAKE2.雪乃version」
雪乃「…わ、私はあなたのことが好き…よ」
雪乃「…ええ、本気で、よ」
雪乃「あ、だ…う///」
八幡「…」
結衣「うん…ね、八幡」
八幡「…」
結衣「突然でビックリだったでしょ、ごめんね…」
363:
結衣「あのね、告白した通りあたしとゆきのんは八幡が大好きでね、お互い譲り合う気はなくて…あ、八幡を物扱いしてるわけじゃないからね」
結衣「…で、今日告白してから…あたしとゆきのんは明日から八幡にアプローチしようかなって思って…」
結衣「八幡風に言うなら攻略、だね。あたしとゆきのんが八幡を攻略するの…」
結衣「…でも、八幡もこんなこといきなり言われて困ってるよね。だけどこれだけは…聞かせて」
結衣「もし八幡に他に好きな人がいるなら断ってくれていいし、恋愛は今する気がない、って状態なら断ってくれていいし…もしも、もしもあたし達2人のうちどちらかが好きな場合でも断ってくれていいよ」
結衣「…あたしとゆきのんは、八幡にアプローチしていい…かな?」
八幡「…」
結衣「…」
八幡「…ああ」
364:
結衣「本当!?」
八幡「…」
結衣「ゆ、ゆきのん!いいって!」
雪乃「」
結衣「ゆきのん!?」
八幡「…俺に告白し終えた後からずっとそうだったぞ」
結衣「緊張してたのゆきのんの方じゃん!ゆきのんしっかりして!アプローチ許可もらえたよ!」
八幡「…なあ」
結衣「え、え?」
八幡「俺と雪乃はお前を攻略してたんだけどお前は気づいてたか?」
結衣「う、うーん…ご想像にお任せします?」
八幡「なんだその答え…」
結衣「あ、おめでとうございます!結衣ちゃんは見事八幡君に攻略されました!」
365:
八幡「9点でまだしてないんだが」
結衣「前にゆきのん攻略してた時に八幡にあたしの攻略点あげたじゃん」
八幡「…あったな、そんなこと」
結衣「うん、だから攻略完了。そして今度はあたしとゆきのんが八幡を攻略する番だよ」
八幡「…そうか」
結衣「うん!」
366:
下校時刻、下駄箱にて
八幡「…なんだこの手紙」
八幡「まさかもうアプローチ開始したってか?」
『校庭で待ってるよ 葉山」
八幡「男かよぉ!?」
367:
校庭
八幡「…なんでお前ら2人いんの?」
いろは「先輩を待ってたんですよー」
葉山「俺はいろはに呼ばれてね」
葉山「しかし…凄いな君は」
八幡「…そうですかね」
いろは「あんな美人の同級生、しかも2人に告白されてるのに…先輩なんかあまり変わってませんね?」
八幡「いや内心驚きはしたがな…想像は少ししてたからな。ぶっちゃけ今日のは不意打ちすぎた」
葉山「それで、だ。昼休みにいろはがサポートキャラクターになったって言っていただろう?」
八幡「なんで知ってんの?まさかストーカーしてたの?」
368:
葉山「ストーカーは受け入れてくれるのかい?」
八幡「お前のストーカーなんているか…」
葉山「冗談だ。で、そのサポートキャラクターに俺も任命されたんだよ」
八幡「…誰に?」
いろは「きゃは☆」
八幡「お前かよ」
いろは「モテる男の意見は頼りになりますよ。例えば結衣先輩が先輩にアプローチしてもどんなアプローチされたか意味がわからなければ意味がないじゃないですかー」
いろは「先輩鈍感そうだからアプローチされたのか今のとか言いそうですし」
葉山「そんな時に俺といろはが説明する役目かな、サポートキャラクターは」
葉山「もちろんこれだけじゃないけどね。結衣と雪ノ下さんの恋を応援させてもらおうかなって」
八幡「別に一色はまだ許容範囲だが葉山、てめーはアウトだ」
葉山「厳しいね」
八幡「出てきた回数少ないくせにいきなり準レギュラー枠取りそうなのは許さない、絶対にだ」
葉山「まあまあ」
いろは「まあまあ」
八幡「それで誤魔化してるつもりか…?」
葉山「そうそう」
いろは「いぇいいぇい」
八幡「うぜえ…」
36

続き・詳細・画像をみる


【エロ注意】サークルでのエロ漫画が激しこ

【閲覧注意】 芹那が驚きの“おフェロ顔”を披露!!!

1年間ブルーベリーを毎日食べた結果wwwwwwwwwwwwwww

骨ボキッ!主人公「くっ!まだだ」←化け物かよ

【炎上】乃木坂46の新曲「ポピパッパパー」がスキャットマンに酷似していると批判殺到・・・・・・(動画あり)

ウォーリーではなくチューバッカを探す絵本『ウーキーをさがせ』

back 削除依頼&連絡先