提督「ふなっちー」back

提督「ふなっちー」


続き・詳細・画像をみる

1:
那智「貴様、これはどういうことだ」
提督「どうって、着ぐるみだ。今人気なんだぞ」
那智「そういうことを聞いているのではない!なぜこれを着ねばならんのだ!」
提督「だってせっかく買ったのに、この前の第二次SN作戦完了祝いで着れなかったんだ」
那智「それをなぜ私に着せる!」
提督「似合ってるからさ、ふなっちー」
那智「ふざけるな!貴様を上官扱いしていたのが馬鹿々々しい!脱がさせてもらう!」
提督「うーん、もったいないなぁ、あんなに似合ってたのに」
那智「うるさい!全く、緊急命令を悪用するな!」
提督「へーい」
------------------------------------------------------------------------------------------------------
?葉「見ちゃいました・・・!」
3:
那智「全く、昨晩はひどい目にあった」
???「あー!」
那智「ん?」
暁「ふなっちーだぁ!!」キラキラ
那智「」
暁「ふなっちー!ふなっちーなんでしょ!うわぁ、すごく会いたかったの!」キラキラ
那智「ま、待て暁、なぜそのことを知っているのだ!」
暁「え!じゃあ新聞にのっていたことはホントだったのね!うれしいなぁ!!鎮守府じゃゆるキャラなんてお目にかかれないもの!」
那智「」(白目)
4:
暁「あれやってあれ!なし・・・じゃなくって、那智汁ぶしゃーって!ね!ね!」キラキラ
那智「あ、暁!一人前のレディを目指すのではなかったのか!そんなにはしゃいでいてはレディには程遠いぞ!」
暁「あら?ふなっし・・・じゃなかった、ふなっちーはどの鎮守府でも名をはせる、レディの中のレディと聞いたわ!」キラキラ
那智「そ、そんな話どこで!?」
暁「だって提督が言っていたんだもの!間違いないわ!」キラキラ
那智「(あのド腐れニート野郎が・・・!)
5:
暁「あと、那智汁をかけてもらうとレディ度が上がるらしいの!」
那智「(あんの家畜豚提督め、純真な子どもをだましおって・・・!)
暁「だから、ね?おねがーい!」キラキラ
那智「………」
暁 キラキラキラ
那智「………」
暁 キラキラキラキラ
那智「(くっ、仕方あるまいっ!)な、那智汁、ぶしゃー///」
暁「きゃー!!!これで一人前のレディよー!!」
那智「ふーっ、これでやっと」
暁「みんなー!!ふなっちーはこっちよー!!」
那智「!!?」
6:
響「暁、それは本当かい?」
雷「ふなっちーがいるの!やったわ!」
電「年増……げふんげふん、あんまり無理はしないほうがいいのです」
那智「(勘弁してくれ…)
暁「ふっふーん!私はもう那智汁をかけてもらったわ!!これで一人前のレディよ!」
雷「あ!抜け駆けはずるいわ!ふなっちー!雷にもー!」
響「Спасибо、司令官が言うには強力な近代化改修にもなるらしい」
電「正直ちょっときついのです」
雷・響「わたしたちにも、那智汁を!」キラキラ
那智「」
7:
那智「(もう自棄だ)な、那智汁、ぶしゃー///」
響「Хорошо、これは信頼できる」キラキラ
雷「改良された私の魅力はどう?」キラキラ
電「ひくわぁ・・・」
那智「(これで子どもの相手は終わったはずだ、もう安心なはずだ)」
足柄「あっ、くふ、くふふ、ふ、ふなっち……あっははははは!ふなっちーじゃないの!くっくっく…」
那智「(死にたい………)」
9:
那智「……いまならまだ口を閉ざすだけで許してやろう、足柄」
足柄「なに?脅し?……それならお得意の那智汁で脅せばくふふっ」
ガッ
那智「青葉と提督の居場所を吐け……!」
足柄「くふふっ、あの二人なら提督室でいまごろにやついてるんじゃにかしら?」
那智「……一つ、約束してくれ」
足柄「なあに?那智姉さん」
那智「妙高姉さんには、黙っておいてくれ……」
足柄「あらそんなこと、お安い御用よ」
那智「恩に着る!……さあ、那智の戦、見ててもらおうか」ゴゴゴゴゴゴゴゴ
足柄「頑張ってねー」
足柄「(ま、もう遅いんだけどね♪)」
1

続き・詳細・画像をみる


上沼恵美子が吹石一恵を「美人ではない」と発言 ネットで論争勃発

レンゲやスプーンを皿にカァン!カァン!とぶつけながら飯食う奴の呼称

【野球】横浜次期監督に進藤達哉って言うほどあかんか?

上司とかでイエスマンしか求めていないやつ居るけど

めしの半田屋か・・・700円で足りるかな?

【画像】頭が抜けなくなったカラスを助けてやったら仲間を連れてお礼参りに来てワロタ・・・

back 削除依頼&連絡先