本で得た知識とインターネットで得た情報って何が違うんだ?back

本で得た知識とインターネットで得た情報って何が違うんだ?


続き・詳細・画像をみる


教えて
2:
出自がはっきりしてる
以上
3:
本の情報は作者が名前だして責任持って発表してるんちゃうか
5:
なんで本を読めって進めてくるの
本なんて早い話作者の言いたいことが書いてあるんでしょ
インターネットって様々な意見が書いてあるんじゃん
インターネットで様々な情報を得たいんだが
8:
>>5
そこに信憑性も責任もないでしょ
9:
>>8
本だってわからんぞ
12:
難しいなぁ
他人の意見を参考にするならネットは便利やけどその全てが自分の糧になるわけやないし、本は自分の人生の基本にするべき一つの道標というかなんと言うか
14:
色んな意見をすりあわせて
もっともらしい考えを導き出すしかないんやで
16:
本を出すには金かかるし自分の名前が知られて無いと手にも取られない
インターネットは誰でもできるし金がかからない。だからどんなアホが出鱈目書いてるか分かりゃせんと
一つの事象を調べるにしても複数の情報を見なあかんで
20:
自分で考えられない奴はどっちみちろくな事にならん
ネトウヨとかそれの最たるものだろ
変な知識ばっかり無批判に取り入れてもはやモンスター
21:
理由は大体出てるが
それを絶対視してネットの情報はすべてダメ!悪!ってって考えの盲目な老害も多い
22:
本は割と残るけど、インターネットは便利な反面、情報がこぼれやすい
まあ情報媒体に依存しないのが一番やけどな
23:
まあ本は一応検閲とか通って出版されてんちゃうの?
自主出版は知らん
31:
例えばブログをまとめた内容を本にしたら
ブログに書いてあったことはネッツの知識()だけど
それを本にしたらどうなるの
44:
>>31
べつに本でもネットでもどっちでもええねん。
時々で自分で出自の信頼性が判断できればそれだけよ。
ネット知識の最大の欠点は、履歴がはっきりわかる確証ができんかぎり
出自がしっかり出てても
本文を第三者がある日突然改変したら、わけワカメってことよ。
35:
ブログを本にしたとかいう雑談レベルの話ならどっちでもええよ
もっと大事な、例えば仕事で上司や得意先に○○を調べておいてって言われて
「○○の文献で調べました」って言うのと「インターネットのサイトで調べました」って言うのとで
どっちが印象がええかって話や
特に法律関係や医学関係なんかはそうやろな
要は信頼性がどこまで必要なケースかということや
41:
>>35
なるほど
例えばネットで調べました!って言って実は本で読んだとしても
上司はわからんのちゃう?
37:
ワイは本だろうとネットだろうと使えるのならきちっとブクマはするわ
40:
>>1は事件の犯人

ネットの情報
45:
本の文章とそのままネットで書くと誰にも読まれない内容になるから、ネットはおのずと本より内容を簡潔にする
簡潔にすると、重要でないにしても十分貴重な情報が削られる
取りこぼす
53:
本は出版という行為がある分敷居が高い のである程度いい加減な内容が少ない(正確とは言っていない)
ネットは敷居が低い分色んな情報や最新の情報が手に入る ただ便所の落書きも多い
57:
本→誰でも書けるわけじゃない
ネット→誰でも書き込める
61:
あと物理的に情報が残るってのもでかい
現代においても長い間データ保存するなら石板が最強やろ
72:
本を出すと著者以外にも出版社が関わってくる
そこに書いてある情報が偽りなら、クレームは著者だけやなくて出版社にまで来るんやで
つまり出版社が責任を持ってその情報を提供するから信頼出来るんやで
73:
ネットと本で得た情報の違いなんてあらへんやろwwwww
サイゼリヤはこうやって成功した!って本にcmをいままで
一度も流していない!て書いてあったらそれは事実だとして
インターネットにも同じこと書いてあるで
79:
>>73
インターネットの情報
→情報が早い、元手が不明、誰でも創作できる(wikiなどの)ため信頼性が低い、ソース元が企業とはっきりしているものもある、大学の卒論には産業省など公式のものしか使えない

→情報が遅いがその分はっきりしている、誰でも作れるわけではなく基準がある、製作にお金がかかるため責任が大きく信頼性が高い。
83:
>>73
一見同じ情報でも、校正を踏んだ数と方法の違いで
読み手の情報の信頼度は変わる
もちろん大手サイトだとネットと言えど校正してるけど
ニュース記事なんかはまともに校正する時間がないわな
78:
本(専門書)の場合は
精通した人が書き、同じく精通した読者が吟味することで
正確性と信憑性を確保できる
匿名サイトは
責任が生まれないし適当に書いたことが適当な読者に浸透してるから現状信憑性も正確性も確保できない
81:
検索エンジンがなかった時代自分たちは苦労して情報を
得ていたのに今は簡単に情報が手に入ってそれがおもしろくない
んちゃう?
91:
>>81
いつぞや、どこかの大学のレポートでゼミ内の学生が
ごっそり赤をくらってて、
調べたらwikiをソースにレポート作成してて
そのwikiの内容が間違ってたとかあったな。
これは最終編集人は存在することはわかっても、
大概はその人の素性がわからず
素性のわかる専門分野の文責者がいないので、こんなことになる。
82:
本でも出版年月次第で嘘だらけだったりするからなあ
戦争関連はとくにそう
86:
ネットの情報って元々は本から引用しただけじゃね
記憶媒体が紙から電子に変わっただけ
88:
>>86
これは間違いやで
98:
>>88
そうか?
wikiにある歴史関係なんか元は古文書とかやん
これってネットで得た知識だけど、本から引用してるだけじゃん
全部が全部とは言わないが、発信源は紙からってのは多いぞ
99:
>>98
つまりこの発言もどこかの本やら紙やらなんか?
これを鵜呑みにしてソースにしたらどうなるんや?
100:
老人「匿名性が高いネットの情報は鵜呑みにしてはいけない」←まだわかる
老人「本や新聞に書いてあるから絶対真実ンゴオオオオオオオオwwwwww」←は?
104:
>>100
それ老人関係なくね?
101:
本の場合は間違った情報を書いたら
その後の本の売上だったり本人の評判だったり、本人に何らかのペナルティーがあるんや
だから大体の著者は真偽を確認して本をつくっていくわけや
一方ネットは偽の情報を書いても責任が問われない
○○の名言で打線組んだ
みたいなスレがよくあるけど、その名言を本人が言ってなかった場合はペナルティーがあります とかルールがあったら打線スレなんて立たなくなるやろ?
106:
>>101
正確なタイトル忘れたけど、
「サラリーマンになれ!」みたいな本と
「絶対サラリーマンになるな!」みたいな本を同一人物が出せるんやで
ペナルティーなんて無いようなもんやんけ
114:
>>106
真反対のタイトルでも嘘が書いてなけりゃべつにね。
売り方次第やが、
下手打てば、その作者は信用が落ちていく危険はある
それでも引き合いがあれば、その人とその人が書く文章や本に
なんか秘密が隠されてんだろね
108:
>>101
すごくわかりやすい
122:
>>101
そんなペナルティない人たくさんいるぞ
126:
>>122
それだけ読み手が気にしてないって事よ
109:
111:
>>109
これやこれこれ
サンキューガッツ
112:
小説かてある程度認められな本にならへんやろ
ラノベなら誰でもトライ出来るやろうけどな
そりゃpcのが手っ取り早いけど一冊の本を読むってまた得る物が少し違うんちゃうか
117:
「フォルクスワーゲンはこのように成功した」って本もそこに書いて
あることは真実ってことかwwwww
120:
>>117
真実とは言い切れんで、ただ
フォルクスワーゲンの成功の裏にはこんなことがありました。
ということを言っとったら、もし嘘だった場合どうなるのかがネットと本では違うということやで
121:
>>117
真実なんつうもんは、本にもネットにもない
より信憑性が高いのはどちらかな?
というのも結局、出自から自分で判断するしかない
118:
何事も盲信したらあかんと思う
ネットは嘘や信憑性のない情報が溢れてるってのは事実やけど別に本の情報がすべて正しいとも限らんわけやからな
131:
専門書で嘘はあかん
小説なら面白ければそれでええわ娯楽やし
132:
>>131
経済学者とかどうやろ
69:
つまるところ、両方を上手く使い分けて情報媒体に依存せず、真偽を判断する力を持つのが一番
これで〆てよくないすか
引用元: ・本で得た知識とインターネットで得た情報って何が違うんだ?
-->
- Tweet
-
-
-
-
「雑学・ネタ」カテゴリの最新記事
「雑学・ネタ」の記事一覧
過去の人気記事ランダムPICK UP
おススメサイトの最新記事
コメント
1 不思議な
「どっちが正しい」とか「どっちが間違ってる」とかいう発言をした時点で底が知れるわ。
2 不思議な
どっちにしろ、鵜呑みにするやつはバカってことだろ
3 不思議な
本を"読んで"得た知識なのか本で"調べて"得た知識なのかによるが、後者なら手間暇かけた分記憶に残り易い
ただ楽に調べられて記憶に残らないネットが悪いと言うつもりは全くなくて、そこは用途に合わせて使い分ければいい
4 不思議な
何が違うかって問いに対しては、書き手のコストとリスクが違うってことになんのかな
コストとリスクを掛けて発信される情報は、ローコストノーリスクで発信される情報より信頼性が高いと思われる、みたいな
たまにコストを掛けて嘘つく奴もいるけどさ
Wikipediaなんかは本をソースにしてる事もあるけど、本になる時点でその本の著者が元情報を編集してて、さらにその本の情報を編集してWikipediaに書いてるわけだから、直感的には情報の質として劣化しやすい気がする
5 不思議な
別にどっちも同じようなもんだろ。むしろ『違う』ってやつがいるのが驚きだ。
ネット検索厨も書籍検索厨も、実体験厨から見ればドングリの背比べ、同じ穴のムジナだよ。
6 不思議な
ネットは結論しか書かれない場合が多いからな。
「本を読まないヤツはクソ」とか。
だからネットの情報を得る=与えられた結論を鵜呑みにするになる。
本の場合は冗長にできるから主論の根拠や考え方をもう少し噛み砕いて書かれている。だからそれを読み取ってもっともだと思えば受け入れればいいし、違うと思えば受け入れなければいい。少なくとも鵜呑みにはならない。
正しいからいい、間違ってるからダメ、という話では無く、情報の受け入れ方の問題。
7 不思議な
変わらん。
ネットの知識も元を辿れば本ってことはあるし
本の知識も元を辿ればネットってこともある、
重要なのは1つの物事を複数の角度から見ること
そういう側面ではネットは本より優れてる。
8 不思議な
この作者のこの本と、別のこの作者のこの本に記載されていることを元に
こうした検証をして、結果私はこう思いました
が望ましいと思う
9 不思議な
ネットで得る知識は大抵は割愛要約されているから、表面的な部分しかわからず、その根底が理解しにくい。
またネットは匿名性が高いがため、誤った情報や個人的な偏見を書いても責任が問われず、その情報は玉石混淆。
10 不思議な
このスレを全部読んで変わらんとか行ってる奴はもうヤバイと思う
11 不思議な
経験すればええねん
ま、経験しないのも経験やけどね
12 不思議な

続き・詳細・画像をみる


フィアット、来月に小型SUV「500X」を販売開始! お値段286万円から

【悲報】 福山雅治さん 結婚報道でアミューズの時価総額を41億円吹っ飛ばす

【悲報】彼氏がファンだったら絶対に嫌なもの3つ!

おっさん「給料日だから奮発しちゃうぞー」←これ・・・

日テレのアニメPが「たとえアニメの原作が売れたとしても2期制作には繋がらない理由」を明かす

正直飲み会嫌いな奴wwwwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先