乙坂有宇「えっと…君は…」 友利「この子はあなたの」 歩未「恋人、なのです…!」back

乙坂有宇「えっと…君は…」 友利「この子はあなたの」 歩未「恋人、なのです…!」


続き・詳細・画像をみる

1:
有宇「はぁっ!?」
歩未「…///」
有宇「ちょっと待って、僕は君とつき合ってるんじゃなかったの!?」
友利「はい。つき合っていましたが」
有宇「ま、まさか2人同時に付き合っていた!?そんなことがあっていいの!?」
友利「私は器の大きな人間なので」
有宇「それに甘えていたなんて僕は最低の屑野郎じゃないか!!」
歩未「有宇お兄ちゃんは『くずやろう』なんかじゃないよ!」
有宇「お、お兄ちゃんっ!!!???」
3:
有宇「僕は恋人に自分のことを『お兄ちゃん』と呼ばせていたのか!?」
友利「まぁそうですね」
有宇「最低の屑野郎の上に変態じゃないか!!」
歩未「うーん…お兄ちゃんをお兄ちゃんと呼ぶのは普通のことだと思うのですが…」
有宇「え?」
友利「あぁ…あなたたちはガチの兄妹なんです」
有宇「はぁぁぁっ!!!???」
4:
有宇「ちょっと待ってくれ、僕たちは…兄妹!?」
歩未「はい!有宇お兄ちゃんがお兄ちゃんで、あゆが妹なのです!」
有宇「良かった…じゃあさっきのは冗談だったんだね…」
友利「さっきのってなんすか?」
有宇「いや、だから…僕と歩未ちゃんが恋人同士だっていう…」
友利「? 本当のことですが」
歩未「妹でもあり、最愛の恋人でもあるのでござる!」エッヘン
有宇「待て待て待て待て」
5:
友利「もー歩未ちゃん、最愛の恋人はこのあたしっすよー」コツン
歩未「友利のお姉ちゃんでもそこは譲れません?!」キャッキャッ
有宇「おいおい…マジ、なのか…?」
友利「だから、マジもマジ。大マジです」
有宇「既に恋人がいるのに、さらに妹を恋人にって…僕は何を考えていたんだ…?」
友利「ナニのことじゃないですか?」
歩未「…ぽっ///」
有宇「うわぁぁぁぁぁ!!(見たところ)中学生の妹に手をかけるなんて、最低の屑野郎で変態の上に犯罪者じゃないかぁぁぁ!!!」
ガラララ
柚咲「あっ!乙坂さん、お久しぶりですっ!!」
6:
有宇「あれ?君は…さっきテレビに出ていた…」
柚咲「はいっ!西森柚咲、通称ゆさりんこと、黒羽柚咲です♪」
有宇「うぉぉぉ!本物のアイドルがお見舞いにきてくれるなんて!いったい僕とはどんな関係だったんだ!?」
友利「恋人です」
有宇「は?」
7:
友利「だから、彼女もあなたの恋人なんですって」
柚咲「ですです♡」
有宇「嘘だろ!?現役女子高生アイドルが僕の恋人ぉ!?しかも3人目のぉぉぉ!?」
柚咲「何をそんなに驚いているんですか?…あっ!そういえば記憶をなくしているんでしたよね…」シュン
有宇「あ…す、すまない…」
柚咲「…いいんです!また一から好きになってもらえるよう、頑張るだけですからっ!」ニコッ
有宇「!」ドキッ
有宇(さ、流石アイドル…ものすごく可愛い…僕は本当にこの人とも付き合っていたのだろうか…)
柚咲「ほら…これ、覚えていませんか?乙坂さんがデートのときよく着ていた服なんですよ?」バサッ
有宇「おお…!デートなんてしていたのか、僕たちは…!」
『西森柚咲 命』
有宇「って特攻服じゃないか!!」
8:
有宇「人気アイドルとのデートに特攻服ぅ!?」
柚咲「はい、お忍びデートです♡」
有宇「全く忍べてないだろ!!ものすごく存在をアピールしているじゃないか!!」
柚咲「やっぱり覚えてないんですね…ぐすっ」
友利「大丈夫…きっとまたこれを着て愉快な踊りを披露してくれますよ」ポンポン
有宇「それオタ芸だろ!!最低の屑野郎で変態で犯罪者の上にドルオタだったのか、僕はぁぁぁ!!!」
ガラララ
高城「おや、何だか賑やかですね」
9:
有宇「き、君は…?」
高城「私は高城です…乙坂さん、本当によく…戻ってきてくれました…うっ…」ホロリ
有宇「!」
有宇(涙を流してくれるなんて…きっとこの人と僕は、固い絆で結ばれた…)
友利「恋人です」
有宇「……」
有宇「は?」
友利「こいつもあなたの恋人なんです。4人目の」
11:
有宇「…男だぞ?」
友利「私もそう言ってやりましたよ」
友利「ですが、あなたに『愛に性別も血縁も関係あるかぁ!!』と一蹴されてしまいました。まぁ覚えてないでしょうけど」
有宇「関係大ありだぁ!!しかもどさくさに紛れて歩未ちゃんとの関係まで正当化しようとしているじゃないか僕は!!」
高城「いいんです友利さん…また一から好きになってもらうだけですからっ…!」
有宇「なるか!!」
高城「そんなぁ!ほら、私たちの思い出の品、牛タンカレーですよ!あーんして食べさせてあげたんですよ!?」
有宇「そんな気色悪いことするはずないだろ!!寄、る、な!!」グググ
高城「い、や、で、す…!!」グググ
有宇「信じない…!信じないぞ!最低の屑野郎で変態で犯罪者でドルオタの上にホモだったなんて!!」
ガラララ
隼翼「有宇!元気そうだな…!」
12:
有宇「あなたは…ってもう読めたぞ!!どうせ僕の恋人なんだろ!?」
隼翼「なにっ!?覚えているのか!?」
有宇「覚えてねーーーーよっ!!!!!」
隼翼「そうか…そうだよな…。お前だけに過酷な運命を背負わせてしまった…不甲斐ない兄を許してくれ…」
有宇「兄なのかよぉぉぉ!!性別も血縁も同時に飛び越えちゃってるじゃないかぁぁぁ!!!」
高城「お義兄さん、あまり興奮させないでください!」
隼翼「貴様に兄と呼ばれる筋合いはなーい!!!さっさと有宇から離れろ!!」
高城「いやです!もう絶対に離しません!!」
有宇「うわぁぁぁ!!野郎にサンドイッチなんてされたくなかったぁ!!!もうたくさんだぁぁぁ!!!」
友利「…とまぁ」
友利「こんな賑やかな日常の中にいたんですよ、あたしたちは…」
有宇「え…」
13:
有宇「まさか…全部嘘…?」
友利「あたしと恋人同士ってのは本当ですが」
歩未「あゆが有宇お兄ちゃんの妹だっていうのもね!」
隼翼「俺がお前の兄だというのも、本当だ」
柚咲「私も本物のアイドルですよ!」
高城「…私が牛タンカレーを食べさせてあげたというのも、本当なのですが」クイッ
有宇「そう…だったんですか…」
友利「ほら、敬語なんかやめてください。さっきまでみたいにフランクにいきましょう」
有宇「…友利さん」
友利「さん付けもなし。鳥肌立ちます」
有宇「…ふっ、ひどい言いようだな」
1

続き・詳細・画像をみる


【社会】33年間無戸籍だった女性が会見「過酷さ理解してほしい」

【画像】交通事故で足を無くした少女、バスケボールを足代わりに 将来の夢はパラリンピックで優勝

赤城山ヒルクライム会場でドローンが墜落炎上

【沖縄タイムス】辺野古抗議の動画投稿、米軍は問題視せず

【一騎当千】関羽(眠れないので玄徳を数える)

『赤髪の白雪姫』12話(1クール目最終回)感想 王城開放日!今週もいい最終回だった!

back 削除依頼&連絡先