やる夫ショートストーリーセレクション Ep161 ラーメンとチャーハンとクリスマスback

やる夫ショートストーリーセレクション Ep161 ラーメンとチャーハンとクリスマス


続き・詳細・画像をみる


┌───────────────────────┐
│その日に雪が降るのは、幾年かぶりの事だった― ....│
└───────────────────────┘
 。・*・。。。・*・。。。・*・。。。・*・。。。・*・。。。*。
 o ゚ o 。゚ o 。 。 o o ° o 。゚ o 。 。 o  o °
 _____o___o___ o ゚ o 。゚ o 。 。 o 。
o/ o   o   。   o  \゚ o 。 o  o  。  o
┗━゚━━━━━o━━━゚━━━┛ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄o ̄ ̄ ̄ ゚̄ ̄ ̄|o
|| 。| ̄o .| ̄||| ̄ ̄ ̄||| ̄o ̄ ̄o ̄o | o.// o ゚ o ゚ o  ゚ | 。
|| ̄ ̄| ̄o ゚.|||  o   .|||o. | ̄ ̄|。  ゚|// o 。 ゚    。    o |
|| ̄|o ゚̄_|_ _||| o|| 。|o. _|  ゚ |o ∧ ∧ ゚  。 ゚ ∧∧  o  .|o
||。 ̄|o _||| I o ゚ |||   ̄o  o 。|  (*゚ー゚)∇ o∇(゚ヮ゚*) o/|
||_o|三三|。_.|||.    o ||| o o 。 | ||( o つl====l⊆ 。_)|| 。.//|°
||o_|三三| o|||    。 ||| |[[[[[[[[[[| o| 。||  ̄ || || o ゚||。|| ̄||// o |
|| 。|| ||o   |||゚ 。 |||。 ゚/.―――ヽ└――――――――――――┘。
.o. ̄|| || ゚̄/ ̄ ̄ ̄ ̄\||. ̄ ゚̄ ̄.|| ゚ ̄。 ̄ ゚̄ ̄ ̄ ̄。 ̄ ゚ ̄ ̄ ̄ ゚̄ ̄
^~^^:  ~^^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..~^^^;^;~^~ ;^^..~^ ^;^;^~ ^;^~^. ^~ ^~^..~^ ^;^~^;.^~^^
.~^ ^:^: ^..:^..~^ ^^~ :^..~^ ^:^:^~^.~^.~ :^^~^ ^^~^.~^^.~^~^^ ^^~^.~^^.~^~.^ ^~^
雪は―
人に安らぎを下ろし、街に幸せを積み上げた。
6
頭を、預ける。
空を見上げ、満面の笑顔で少女が呟いた。
 。 o  ゜  . 。 ゚  o 。 。 
 ○  ゚ 。 ゜  o    o  o
      o       ○     。 . ゜  ゚
 o ゚ 。          o 。  。
    o   o  . ゜ ゜  ○
 。 /  , - '´ y - - ミ>、 L|.n|ミi  ○  o ゚  o
 /     / /` Y ヽ ヽ `?、!ミ| 。  
 /     / /  丶i、ヽ ヽヽヽヽ  ソ ゚  o 。
 ○i  // / i  l ;ヘトヽヽヽヽヽヽヽ ヽ、  o  o
. l /  l  l l  〉 ',  ', ハ ヽヽヽヽ iヽヽ。 . ゜  ゚
 o{   / ! l   l !  ハ. ',   と'l  !` ' , l l 、` o 。  。
 ゝ // l {   l ハ i-ゝ',  ! ヶニミ'、,i  ト、ヽ゜ ゜  ○
 。ソ  / レ'l  ヽ  Kヽyソ-ミト     ゝ-ノ:゙ !, i,"_   o  o 
  |  i ヽ リン {ソニリ          i´ヽ トi 。  。
  / ソi l 〉、.__↑  ,ゝ,ー'  ' __  ィ   i | ト, ゜  ○
 i ' レ/彡iヽ ト、   r ' ´  i   / i il  l i . ゜  ゚
 |,へ|  ""`>- 'ヽ    ゝ __ ノ ,イ ヽ  ヽ/ 〉 o 。  。
 レ'ヽ! , '´ヽ } ` t- , _  /, |  _ヽ ソ,./;`、
  }、 ヽ   l ヽ- _  / ,l ` ーァ ヽ ヽヽソ〉 . ゜  ゚
   {、 ヽ  }   i ヽ----- '´l ィ;ォ  ヽ }`ソ ゜  ○
   ! ヽ ヽ、i l , ' ス  ヽ 、  / / i .|   i レ'i o 。  。
   〉へ ヽ、 l i 'ー_-_- ‐→‐ニ} , -ム'   ! i ヽ 。 ゜  o  
  /三ア   ヽl l マ i  ゝ-’`/ァ'´ ヽ } l }
  〈`?'    i  ∨ ヽヽ/←ニ' /i   ヽイ  } i . ゜  ゚
   ヽ、__ ,,,l. 〈  ',´`´ ̄|r-ト、i _ ,イ´l|   | ヽ
奇蹟が降って来たね、と―
7
指が、絡まる。
俯いたままだけど、少し顔を上気させて彼女は囁いた。
 。 o  ゜  . 。 ゚  o 。. 。 ゚ 
 ○  ゚ 。 ゜  o    o  o   
      o       ○     。 . ゜  
´ |                    `ヽ   o 。  。   o 。 
l>  !     ヽ . ゜ ゜  . ゜ ゜  
<フ 〉  -‐―― ―‐- .     ',  ○  o  ○  o ゚  
__/ , '´ , -‐――‐- __ `ヽ、  } 。       
゜/ /  // / i \ \`'ヽ`ヽ / o  o ゜ o   o ゜ 
/ //   / / /l  \ \ヽ`ヾ、 /  ゜    ゜   
イ イ // // i!  ト \ヽ  ヽ  ヽ_  ,  o 。. 
7 || i__// |',ヽヽ\\ヽ ',   ヽ`ー‐‐'     o  
i  || |_,/´ ̄`ヽ ',ヘ ヘ \\_ ! i ',    。 . ゜  ゚○     。 .
.   l |          \ヽ乂,!、ハ‐ト | i  o 。  。   o
. l lヾ===、,ヽ  ` `´| Vi` | !   ト . ゜ ゜  o  . ゜ 
 l   |´ 、、、  ,r==、 j ?|  li ', ○  o ゚  o o  
.  i   !     、、、 '/ !/! l !   !| ! 。      
゜ l   !   , / ! .| | |   !' | o  o ゜ o  
 o ',.  l    ` ―  イ / ! ! ! !| ゜   ゜ 
', ',  ト、   . ィ ´/ /  ! ! ト,  | .|゚    o 。
ヘ     V ∨` ー, 7     ! /   ! ! i i  | !    o  
 ヘ Vヘゝ,_ /      ! /  l l !l l ! ! 。 . ゜  ゚○     。
、 ヘ ', ヘ `ヽ  l/  //!l |j | | |  o    o 。 
ヘ ヽ \\  `ヽ._  //   // !|/ ! ! ! ゜ ゜  ゜  
_', \ ヽ`ヽ<´`} !/   // !|'  | | | ○  o ゚  o o ゚  
. /\   \  \ト、`ト{_/ //  l.i ,.イ ! !。    ○
. ><\ \  ヽヽ|ヽi   // |.|/ | | | o  o ゜ o ゜ 
/    _`_\   ヽ  ∨:::!! // // ! ! ! ゜ ゜  
幸せの、絨毯みたいね、と―
8
そんな夢の塊を― 
             _  /し'i  /⌒i  _,,..、     ,..、
           ,r'⌒''"´  j / /i |  / ,..-、ヽ `ー、  / ア
       |___|   /  ,く(  { l | /´ l,、_ノ ヽ、  'l  / /
       |___|   / ,,   ,イ l| /  i' '´_,,、  ,  `ー',/  /
       |二ニニハ "  ./ // / l l|  _」  し''´ 」   /  /´
       |二ニニ=ハ  / / / / l  lレ′|  ,,.-''´        「  /
       |二二ニニハ   ."′/  ヽ レ、ゝ  | .|        `''"
       |ニニニニハ. l|i  ./ ハ ヽ、 ..l、_ノ
       |ニニニニ=ハ ll  ./ /  ヽ  {
       |二ニニニハ .      l / ヽ-'
      l|i. |二二二二ハ   .レ′
      ll  .|二二ニニニハ
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒    |二二二二ニハ  l|i ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
       ハニニ/三三ニニハ ll
      ハ二ニ<三三三ハ
      ___ム<>、ニV三三=ハ  ⌒⌒⌒⌒⌒⌒
      |  V二<三ニハ
     .<  |_______V二二二_》 
     < ゝ       ⌒⌒⌒⌒⌒⌒
     YYYY YY   YYYY
      YYYY
9
         丶   lヽ  、: .: .:. :.: .: .:. :. :. . . .: .: .: .: .: .: .: .:. :.
      ――‐- rぇ、    \,ノ ` 、__ノ丶 . :.: .:. :.: .: .: .:. :.: .. . . . :.: .: .: .: .: .:. :. :
    _  /...::::::::::::: -― ヾ<     \__ . :. :: .: :. .: .: . .. . . .: .:' .: .:. :., :;, :,: ;:;, , . . .
  〈\___|匸》厶:::::::::: イ / \ 、 \   "'' ;,; ,;, , ,   丶 .. :. :.: __: _.: .: .:. :. :., ;, :;, :,: ;, ;,, . .
   ー―仁アr一ァY / | l l /\ \\ \   ┌┐.┌i  ┌┐ __ ┌┐ | | [][]. ,;: ,; :;,: ,:; , . .
   ―=彡イヽニ イ l l | l |' _、ヽ ヽ ヽ ハ   |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐, :,: ;, ..
  く/ ̄ /  // / l l| |、l |ヽ c刈 | |l } } ||  |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄ ,; :;,. ,; ;, :;,: , .,. .
___   -?/ /  / / / | || | \l| `ニ"'' ヘ从ノ川   └┘..凵  └┘ | l ̄__l ̄ ̄.┘:;, ; ;, , ,., . ,. . ..
―‐___ -?  /  / / イ   | |ヘ 、      _ ゝイ乂    .: .: .. ;, :,;, ;, , └┘/ :.: .: .:. :. :. :.,; :, :;:; ,:;, ,. ..
 ̄ _ -?    / / /|  || \ゝ  ヽ--、_ イハ |   .::.:.. ..: ;:, ;,; ,;,    l .:.: .:.:. :. :.,; :;, ,;;, , .
 ̄ ___   -?   / / / | |l |\       ` ″ ハ }|    : .. ;:, ,:;; ,; ,  \_ :. :.:;:, ;:, :, ;, , .. . . .
 ̄ -―   ――< イ┌.| |l ト、        / | ノノ   : .: .., ;:, :; ,; ,,   \ :. :. . :;, :;,: , . ..
 ̄--?/...::::.:.:.    \| /.::| |ヽ\::::>  __/ l| |?|   : .: . .:;, , :;, ;,    / ̄ :. :. . .,; :,:; ,:; :;, ;, .. .
- ?/...:::::.:        \:::l l::::>ー 、l | l | | |人l    . :. :. :. .;:, ,; ,,'       _/ :.: .:丶 :;, :, :;, ,. .
 /...:::::::.:   ヽヘ  ∨イ|:lヾ\ | | | | |ヽ \    :. . : .; ;:, ;, ,;  /: .: ;:,: :;, :;, ,. ., . ,.. .
〈 ::::::::::::.:.:.         | \ ∨/ゞニイ | | | | | l ト \   :. .::; ,;;, ,;   \__ :. :. ; :,: ;:; ,. ..
 }:::::::::::.:.:...   | / ヘ\ |:| | | | | | l |   `\  , ;:, ;: ,:', ;,;  _/ .. . .: .,:;,; :;, :; :; ,. ., . .
'´::::::::::::::.:.:....        /∠  ` \|\j_ 乂\| | l | }  , ;,; ,;,;,; ,;'   / :.:. :. , :;,:; ,:; ,:;,. ..
::::::::::::::::::::::::::.:.:..... く/  く丁トヘ厶 :..\\\ jノ    , ,; ,, ;,; '  /\| :.: .: .:. :. .: .:,; :,: ;,:; ,:;, ., . ., .,
:::::::::::::::::::::::::::::    /      ::.ヽ| 〈{迄〉 ::.l ハヽヽ   , ;, ; '   / :.: .: .:. : .:. :. :. 丶. . . :.: .: ,; :; :;
::::::::::: _ -─┬―<::::          ::.∨ ヾテヘ ::|′| }|      l .: .:. :. :. :. :. :. .. .: :. :.: .:
/ ̄       |::::::::::::.ヽ::::.:.:.:...  ::| { l ヽ ヽ ノノノ 、    l ̄\/ :.: .:. : .: .:.〈、 :. :. :. :.:
  |::::::::::::::::..\:::.:.:... | | | l j :| \ \  /\  l .: .:. :. : .: .:. :. :.: . .. . :. :.: .:. :.
  ヘ:::::::::::::::::::..`ー-、 :::: _ノ| ノ / 〉 ヽ '.  /. \| .:. :. :. :. :.: .: .:
踏み潰して歩く女が1人――
10
険しい目。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 /  / /:::::::::|   /   /:::::::::::: / __厶/-==― /:::::::::::::::|::::::
./  / /:::::::::::|    /l /:::::::::_ -‐/ -‐/:::/    /:::::::::::  ::::|::::::
  / /:::::::::::|       /::l  /-‐_ -‐ / /::::/ /:::::::::::    ::::|:::::::
.   / /::::::::::: l  /イ /::::::::::    // :: / /:::::::::::  ::::|::::::
 / /::::::::   / _ -‐ /::/ /:::::::::::  / / /::::::::     ::::|::::::
. / /::::::::  _/ _ -‐ /::/ _/:::::::::_,,,.-一≦三/∠三三三≧=ー-::..,,_|_::::
  / /:::::_ -‐ /     /:::/_ 厶x≦≡‐ '' " ̄   ̄`'?ミ刎仞厂|::::::/
/,ー< -‐ /  /,,イ//''゙゙゙ /二二\    刈ア'′,:::::/
/.::  /  / ,;;/        / 〃⌒ヽ ヘ       /'´  /::::/
 .:  / /  7/          | ? ゞ' ノ |    /::::/
   / \___     \ヾ二´ /  _,.∠  /::::/
  ,,.. -―-ミ::::::::`"''ー- ..,,_ ̄__  ,,,..、<⌒,,. - /::::/  .:
 _,,..  <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ二三三三ジ "´  /::::/  .::
 `"''ー- ..,,_  ~"''  ::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;:          /::/ .::::  .:
   `   `"'' ::;;;;;;;;;;;;:: -‐''´   / /,.:::::: .:::
                       / //::::: .:::::
         /イ:::::::::  .:::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
歪に歪むその口元。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         /::::::::::::::::     /
          /::::::::::::  /
            /::::::::   イ
             /:::: _ ?:::::::l |
       ∠ ―    /|:::::::::l |
    ア      /::::::|:::::::::l!
_____,.-一'' /     /:::::::::::/::::::://
 ̄ ̄>'´       /|:::::::::::::/::::::://
 ̄       /::::l |::::::::::/::::::://  /
       ....:::::::::::::::l |:::::::/::::::://  /
       イ|:::::::::::::::::::::l |::::/::::::://  /
      ....::::::::|::|:::::::::::::::::::::: ∨::::::://  /
         イ ::::::::::::::|::|:::::::::::::::::::::::/::::::://  /
   ,. - ´  |:::::::::::::::::|::|::::::::::::::::::::/::::::://  /
  ,.、-‐'  |> 、::::::|::|:::::::::::::::::/::::::://  /
  _,.、-‐'  _ -?…?二   |::::::|::|:::::::::::::/::::::://  /
?<==ニ二三三三三三三三「  |:::::::|::|:::::::::/::::::://  /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
聖夜に似つかわしくないその相貌は、見るもの全てを萎縮させた。
----------------------------------------------------------------------------
11
服が、粉雪に塗れていない。
雪でさえ彼女を避けるのだ。誰が彼女を止められると言うのだろうか?
    _ _  __
                〆´    ,シ`{@}、
         / {l.: : : : : ,シ\
              / ___{l: : :,シ  ,  ∧
    /  /i:lS|~ 孑」  ト、
         /  "  l:l l |、-ト、  l !|
   /   i  "| ネ ! ゞハ、,ノ
  \ 、  / | |\|/ 〉"
  、__ \i.∨  !  l:ヽヽ_- '
 \;:≧^    |;;lヽヽ,,,/ /
  ≧ツ  i  !=;::´:;:;:;:;≧-―
 -≦ハ i  |  |;:;:;:;:;:;:;:;≦'‐-、
 ∠ ハ | l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ム-<  ,一へ
 !  ハ    | |;:;:;:;:;:;:;:;:;ムツ    ( ヽ
 /    l  Ν\;:;:ツ气 / ,/
  l i  ト ハ l|    i  ト |:::\''\ヽヽ _ェ-´、~< ´
  i ハ  l | ハ∨ ,/w| i l |:: :: :ヽ :: :: l-L_\ { ゝ
  ヽ ヽ l l    ∨ ツ !i     !: :: ::.: ヾ: ::ツ气 { ( ヽ
   ! `′  "ト | l:: :: :: :: :ト: ::.liヾ 」 {/
    , -‐‐!/!  / :: :: :: :: _ヽ:: :: ::厂""´
   ,-―` :: :: :: :| / / _ _,-―:: ヽ ヽ:: :: ::ヽ
光り輝くイルミネーションも、赤い服のおじいさんも、真っ赤なお鼻のトナカイさんも――
彼女の行進に道を空けた。
  ヽ:.. ゚ 。+ . : : : : :丶      _   --- ___ r〈{?k
  }:::〉  . : : : : o +   ´ ....::::::::::::::::::::::::::::弋ゞご少 : : : : .
  ノ'´ . : : : : x  / /::::::::::::::: ―― `?<\ : : : : . +
。 . : : : *'´     |   / /:::::::::::::::/ /  \::::::\ `'* : : : . ャ
. : : : +   - + -     / /::::::::::::/  / /      | \:::::ヽ ゚ 。 : : : .
、 o          | / /:::::::::::/  / /  / l    ヽ::::l  : : : . o
ノ)      クイッ   / /:::::::::::/ ′/ /、/ //  ,         ?     |  + : : : .
´      ― 、    /  l:::::::::::/l | ' 〃/ Х/ /  / / /    |ノ - + - : : : :
.      / _y  ノ^ヽ  / / |::::::::::|| | l /_/ / //l\ / / //l | | X : : : :
 /  〈__/ /`Y r==ぃ::::::ノ| | |'イ干ミメ〈 | / / / 〃l | |  ;  . : : : . °
  /´    (__/ /`ヽゞ==介くこ)〕 | |八 ′ノヾj/ / / /⌒| / /j   +'゙  x . : : : : 
/ ⌒ヽ ` て__// /イ|  ̄| | |  `ヾ    //=ミX厶イ / , ,.::´ 。 . . : : : 
 ゝ  / / 〈/ ノノ  /i| | |  〈 'ノノ / / /  〈:::{ . . : : : x
    >? 、 ヽ  /   /〈/ ハ| |  ,  ` / / / )′: : :
 /\    \ ∨ / / | ヽl|     `ヽ、  / イ// . . . : : : ャ
 ̄`ー‐┤   / ∧_ノ  / /  | |\   イ  _j___
 ̄\_/ / /___/_   / rく|__ \_ <___j/::::::::::::::::::::::\
 __〉  //:::::::::::::::::::\厶イ:::::::::::::::::::::7ィト:::::ヽ:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::\
´∠廴_ /:::::::::::::::::::::::::::::::\ \::::::::::::::://|:||:トヽ:::|\:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::ヽ
´〔_ |/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \ \::::::〈〈_ノ八Vノ:/  ヽ:::::::::::::\::::::::::::::::::::::::l
  ノハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ \/`ー1| |:「V    |::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::|
クリスマスの波が割られていく。
その姿はモーセの如く。
12
そして彼女は悠々と街を渡りきる。
耳障りなジングル・ベルも、地獄から響く聖歌も、全てが聞こえなくなった頃、
光り輝く街に振り返り―
   __   __  _  __
  /::ヽ.   「::::l /} /:::/ /´::::/  /´::::> ,.-.、_        __,,..、
    〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!  /:::::/ /:::::/    /::::::::j__
 ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/ /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉 __
  V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/ /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
  V:::レ::::::::r' .l:::::l  /:::;へ::::\   /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
.      ';:::::::::/  ;:::::└‐:::ァ ∨ 丶;::::>.  ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
.    ';::::〈    !::::;_:::::::/   `  レ'  `¨ /:::::::< ヽ;;/::::>
   ヽ::::〉    |::/  ̄      /::::;::::::::\ ヽ'
.          V    U              〈:::/ \/
                   , -‐r<ゞ乏彡>ー- 、
      /..::::::::::::::::≧三彳:::::::::..\\
   r―、   /.::   '´  ̄/   ̄  、:.\\
 、  | 「ヽヽ// / / ', ヽ  \::.ヽ '
  ':,:..、    レ'¨ニ7′ / //       l i  ' ヽ ヽ:::.Yl  , ,.:'´
 、 ':.、 ':,:.;.:、;..、 / ´//    ′ ' ,′ | | | l ヘ::| |  ,.:,:' ,.;.:':,:.;.:'
:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.くく./イ| i     |   l| | | | |  l:k<ニニ 7:.;.:':,:
':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;`ー'_/| |  l | !|? | | | |l  ドiくヽ,://― 、
:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:' /:/イ| | ! ⊥..| lハ |    j| ハ  |/ l| |l\〈/.:::::::::::..\
':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:./://| li |  ヽ. |_」.二ミー |ヽ `7才7ー | / | |l::://.:::::::::::::::::
:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:./:〈/.::L|| l、  l?弋_リメヽ|〃ィ斤テァ?′ / 小∨/.:::::::::::::::::::
  ',:.'::,:.;.':,:.;.:',-、,,:/.::::::::ヽ| ト  ヽ  ̄"´      ''`?′/   イ / |ヽイ!\、::::::::::::::
  ,;.:':,:'.;.:':,:li`|/.:::::::::::::::::| l \_\  j   / / |/l |l::::||:::::.ヾ::::::::::::
. '"´,.:':,:.;.:lー'!:::::::::::::::::::::::| l   \`  、__ ,.     ̄' |   | ハ:::::||:::::::::}〉::::::::
.     '"´,:':,:| |:::::::::::::::::::::::| l  |`::..、  `ニ ´  イ  |  |/.:::|::::::::::::::::::::::::::::::
.  ,.:'.::' :_l L:::::_:::::::::::::::| l  |::::.マ}>,, __ r介メ==|  l/.:::::|:::::::::::::::::::::::::::::
  ´  / '| /ヽiヽ::::::::::::|| |::::::.マ} {{_// |:| |:|\、_;' /.::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::
 r‐i  | | | |:::::::::::::|| |:::::::::.マ}`´ |:| |:|  ゙7  /.::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::
 | ! ' !  !  l::::::::::::|? ト、::::::::.マ廴_´ `  /  /.:::::::::::::人:::::::::::::::::::::::::::
 ! ,!      |:::::::::::| ||、  !へ::::::::.ヾ込辷辷7  /.::::::::::/.:::::`ト--- '´:::::::
 \    |::::::::::| l;:ト、  ヽ:::.\::::::::::>ーイ /ー― '::::::::::::::::.\_:::::::::::
    ;\  /:::::::::::|ノ::|:::.\ \::::: ̄/.::// ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}>、::
  l::〈 ̄ト‐√| ト::::::::/.::::ヘ::::::::`:::....\:://.::// ∧ヘヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::
  l::「\l / Y |:::::/.:::::::::.ヽ:::::::::::::::::::/厶イ//|| ||:::〉〉、:::::::::::::::::::::::/.::::::::::::
華麗に中指おっ立てた。
13
たった一日で、溜まりに溜まった不満が爆発した。
            し 7/:::::::;>;::_-=ニノ:_:::ヽ:/_:::::ヽ:‐-:::::::ー┐ ヽ   -┼丶 -┼丶
  -┼丶. l コニ   (_////-'::__;:::lヽニフヽニ:ハヽァ-r、:::ヽ:::ア l  f_フ ̄) f_フ ̄)
  f_フ ̄) l rナ /-:;∠!:;! `ー'′    ̄´ ヽー:ァ、:::ヽ、 .i J
           iァ:l`ー ´      ̄ ヽム〈 l  l ‐┼゙ l ‐┼゙
  l ‐┼゙  /       ├'                    ヾl l  l rナ  l rナ
  l rナ  /7_, l  /  /       l l ヽi J
     ! !  !  / /  ! l  l l ! ! l い.  -/┐l -/┐l
  -/┐l ヽ/  〉 l  ! .! /! ハ !   ! l ! l  ! | l  / 」  / 」
  / 」 (_ _ l  ! l|ヽ、 !i l l l l  l  l .!  l、 l! l  l l
   l ヽ!  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ l ! l l  ‐┼   ‐┼
  ‐┼   l -‐ rt、!    トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!  / /! l/   ヽ__  ヽ__
 ヽ__   l 、__ !ノ l. ヽ`卞. 〒‐k l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ あ    あ
 あ       ,、!ヽ l、   ヽ O、ゞ-‐'′  ゞ匕o/ //l/ ,l/ l   /    ./
.   /  /! .! ヽlヽ. ヽ.〉 zz ̄      /ィ´/l  l /7_,  /7_,  ,/
 /7_,    ! l l  \. ヽ、     '  , -=チ'´ l  /| ,l/::ヽ. [l [l .-v′
    _ ヽl l       l\_..>  ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l o o.   /
 l] l]   // : : ̄ヽ! |     l: :ヾ、、  (      /,.. く:l !::-‐::´::::::/::::|/:/ ̄`ヽ/
_ o o ./:;ノ: : : : : : : l  l l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l  l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>
::::::レ⌒ヽl/: : : : : : : : : l  l l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l  l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<
夜道に向かって女は1人、八つ当たりを始める。
 |::l'::/ |::|_ノ::〉  / | | |   | | |l    | |  |  | l  | ハ
. /√l トr-イ  |-ト、|| | l |l |  |  |  | |  |   | l
/:/ l |::|  | | \|`\ト、| | | | /; / | /l |  |   | |
:/  | |::l   l  |气f><ヽ|、\ , l  /// |./ ノ /   /  .ハ |  「浮かれている馬鹿どもは知らないのね?
  | |::| ヽ  |  ゙{ l! }`ヾミ ∨//厶-―<./   /   / | |   クリスマスは”狂い死にます!”っていう
  | |::| ト、 l  ヾー<  斗=ミ、_/ /}  /   |ノ  _ とある男の絶叫から始まっているのよ?
  | |::|    | \ " "       _( リノ ''// /ノ/   v´ / 
 | ヾ    |    `? /  /イ|        / / つまり悲劇がスタートなの。
  |  |\  、 /  ""∠ イ  L|  / / 浮かれている奴らは無学のお馬鹿さぁんなのね?」
    |  |  \  ‐ - /  | ィ  _  _/__/
. l ト、 \         <    |//  ノ )/ _ ,\
 | |::::::`::ー- >  _ イ | |: : : : : : / //__\(
.__∧    |::::::::/二二[]二.ヽ |  イ    |: : : : : : : 丿ノ 厂 \〉
――{ーヘ  |:://::::::/::ハ:::|\\ /. :| ト、: : : : : / 'ヽノ 八  ) <民明書房に書いてあったわぁ!
::::::::::.ヽ〉∧  |::\ヽ:/::イ  |::|__/:厶-―‐|    |::..\: :  |  〈/⌒  /
::::::::::::::..\ヘ ∨ `ー' |::|  ゞ--'´ 〉:::::::::::|    |::::::::..\: v  ヘ
14
あらん限りの嘲りと共に、放つ。
            / /         |  | | {::{   ノ::;ハ |:|
            /  /     | l  | ハ   | } ヾニィf′| |:|
  / '   | | !  j/イ  川  |:|   | |:| 
          / |  | | |/} _L.// |      |:|   | |:| 
     '  ||    / | /イ/ィ゙´〃 | /|:| | |:| 
   l|  ||ヽ    / 〃 / イ_ソ 彡'′ |    , l::|   | レ 
   | |     l ヽ \  {    ,  /| レ'   | 
   ||ヽ ト、 >≧         / / |    |  「なぁにが聖夜よ!
  |ヽ \ \ ヾヘ_ソ ,          // |  |   聖○士聖矢のパロディかっつーの!」
     |\|\ >| \    ィ         | | 
     |:| 八 { ヽ ∠ ィ´  | |l\ 
  _  |:| \ \\ _    | ハ \ 
  \: : : .ー- レ    | ` ー┬‐<            l  厶┴ 、 
 \: : : : : .` ー-| | / `  ァー--‐く -‐7 /.:::::::::::..\
―――‐ `ー- 、: : : : :| |./     / / /:「」:.ヽ′   /.::::::::::::::::::::
: : : : : : : : : : : : : : : : : :| |ヽ  / / /:/ 小/ /.:::::::::::::::::ィア
二二ニ=ー: : : : : : : : : :|  |__\/ ´ /:/ /:|/  '.:::::::::::::::ィア.:::
 ̄:: : : : : : : : : : : : : :/|     |:::::..\\ /:厶イ:/ /..::::::::::::::ィア.:::::::
目一杯の侮蔑を込めて、吐き捨てる―
    /.: : : : : : : : : : : : : : :ヽ:ヽ
      /:; -‐ l ̄ ̄ 「 ¨¨ ー- 、: : ヽ
       /:/.!      l   |ヽ: : :ヽ
              |/ | i {  .!  |   !  ! ヽ: :.|
          牙" ! ! | ,' | !l  ||l   ゙天!
              l  .?L」_|.  / 」L? ┬ / i  |   「ぬぁぁにがサンタクロースよ!
          ,イ   | __l  // ___レ! |  l  |ヽ、   ザンタクロスを知らないわけ無いわよねぇ?
            / i.   ヽゝ¨ノヽ/ '´ゝ¨ノ//l/|ハ. |  ,-―――
<;; ;; ;: ;: ;: :: ヽ| |  ̄「 、  イl   !/:|/|/:: :: :; :; :; ;;  ド○えもんまでパクるとは、
∠;; ;; ;; ;: ;: ;: :: :\!  l |\  ー==一 l:| ,'ー-、:: :: :: :; :; ;; ;;  恥をしれとしか言えないわぁ・・・」
.厶ィイ.Z:;;_;;_;: ;: ::/l  l |: : l> _   </   ': : : : : V:: :: :; :; :; ;;
  //   /ー:/: : l |l l: :i} l}: : rn┐: :/|  /: : : : : : :V_:: :; ;; r
    / //  /: : : :', lヽ!:{l {l: :/「´「ヽ: :.l ,': : : : : : : : :\ ヽ', ̄
 / /  { /: : : : : :ヽ: : :l} V l| |l ∨ /: : : : : : : : : : : :〉 ハ
 {  !  く: : : : : : : : :\:{l ヽ/| |ゝイ|/: : : : : : : : : : :/l ヽ |
15
くだらぬ風習に踊らされる人々の、愚かさを嘆き―
、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:   .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.: ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ  l:.//  トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:
 ヽ 、ヘ  ー'      ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
  ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.:// 「そもそもサンタクロース!?良く歓迎できるわねっ!
ヽ  ` ̄    ̄`   '′/' '' //:.://´:   そんな不法侵入者がもしウチに現れたら・・・
ヽ:\      l`?'イイl:.:./:.:.: 
\ ヽヽ      ', ,'.: | !:/:.:.:   薄気味の悪いプレゼントを置かれる前に!
:.:.. \``丶       / /:.: .!/:.:.:   私の靴下で窒息死させてやるわ!」
丶、:...ヽ、    ,. '´  , ':.:.: /:.:  /
  `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._     /.: :.:./:   //
   〈 、   丁:.:ア´  ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
      ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
     ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /
 , =/   /==' ' : l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
|レ  ∠ノ: : : : : :..:.:l : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : :
.イ  /l|.: : : : : : : : : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
V /=='': : : : : : : : : : :.l: :l:.: : : : : : :..:. : | l : : : : : : : : : : :
ィ| /=イ: l : : │ : : : : !: : :l :.l..:: : : : : : : : : | |  : : : : : : : : :
,イ! ト ヽ.:.:|: : : :|..: : : : :| : :ト.ヽ : : : : : : : : .∧!ヽ:ヽ. : : : : : :l : :
::| |::ヽ V : : :│  : : :l、 : :l \i : : : : : : :. l__lj__j ハ : : : /l 「本望でしょう?
::| |: ::j  ヽ: :.:l\_:_:j__ヽl..__ \  : : : :ィ リ Y: .ヘ : : ,
::|  / /\ゝ´ \: :l ー\   \ : :/    l :/|  /   ク ツ シ タ
::|  /: :.|  \! ゝ\   ヽ   ゝ/ ___,.ィ /:/ ! /   自分のフェティシズムに殉ずれるのだから?」
:: : 丁| : : :.ヽ.     _____`.,     ` ̄´ /  ..イイ
::.: : |│、  : :\ ´´  ̄ ´           //..: : :|
:: : : ゝ\:ゝ、. . :\             /  イ  ..: : : |
::ヽ: : : \\l `ー‐`        _    イ   .: : : : |
:: : \: : : \\            ̄    /│ : : : : : |
16
銀ちゃんばねええw
17
踊らぬ自分が弾かれる。そんな世界を嫌悪した―
  / /:::: |/  /ムナ-'゙´ / /::/ /::::.. :::|:::
 // /::: ム- ニ/7゙/:::::... // //::::.. _ __:::|:::
  ///_,ィニ/ー '/メ./二´二´ ̄/:::: ̄ `:ヾ、/.:/::/
  /─'  / ./彡/'´::::/,::-、ヽ  ::::::/.:/ /
  // ゙´ 弋、;;ノノ   ゙  .:/ /
  ,. -ーミ、`::ー-- 、ー'゙__ /ミ='..:/ /
 ー-、 ::::::::::::::::::::::ー=彡'゙  .::/ //.:. 
   :::::::::::::::::::  :/ //::: ::::
     // /:::: ::::
     / :::/: :::::   「トナカイ!貴様もだっ!
      ..:/:::::::   サンタに従った己の運命を呪うがいい!」
     .:/:::::: -ー' ´
     ....:::::::::/::: -ォ'´ :::::::::
   _,   '─ '゙...:´/:|::: :::::::::::::
 ー─ー _, ァ'  /  ....:::::/:::::::|::: ::::::::::::
 ─ '゙   ...:::::::/ハ::::::::/:: :::::::::::::
  ー   ...:::; ィ':::::::::::ハ::::/:: ::::::::::::::
   ..: ィ:::::::|:::::::::::::::∨:: :::::::::::::::
  ..::-ー' |:::::::::::|::::::::::::::/:: :::::::::::::::::
 , ィ' ´::::::::_/ー-i:::::!:::::::::::/:: ::::::::::::::::::
 ー'  ̄::::::: ̄ ̄:::::::|.  |::::|:::::::::/:: :::::::::::::::
             ゞ丕ン- _
       ,   ´/ / ̄ ヽ \ ` 、   「例え鼻の色が玉虫色に発光したとしても許しはしない。
         / / /  ′    '  ヽ ヽ \ __  君は悪くない、君のお父上を呪うがいいわぁ?」
        /イ ′ i |      | l i  K<\
  厶| | |   | |  | |  | \j:|、       _lニユ_
        //レノ | ',   !      !  /  /| / |l\丶        .|;;;;;;;;;;;;;;;;|
  // |:| | ヽ   \ \  /l ,厶イ 厂イ  ||i:| ヽ\   |;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |:|| ヘ \ L ⊥\ ヽ ′'´才 Tマリ   ,' |:|  \>      |;;;;;;;「Π |
  |:||   ヽ ヘl斗 ┬   ̄` //  / |\   |;;;;;;;| l l |
  |:|ヘ  ∨ー┴ '´  i  / / |ヽく          .|;;;;;;;| l l |
  |:| \   \        _,.  / ハ  | \      /.|;;;;;;;| l l/
、 / `   | \   \    ー ニ´     , ′| |    \   // .|;;;;;;;| l l|_
:.\/ \  l ` ー一  / | l         >' / /  K〇)-i::::::i
 \ ヾ\  |    | `   .,_  _ /| l   ,′  / //   L  /^、,k、,-、,‐、ノi
―-、 \_〉:.:>ヘ  l  〉'´::.::.::.:`:.|    l  /     /    / |  /ヽノ{  l  k i.|
:::::::::::\ //::.:ヽ    l、__/::.::.::∧::.::.ヘ、 / /  / _ -―:::: 〈_人|  ノ.ヽノヽノ `´ |
:::::::::::::://::.::.::.::.::.\  ∨::/>|::.::.:/  ',::.::.:/>//_∠ ―<::::::::::::::::::::::::::: ヽ、彳 ____」
:::> ' ∠::.::.::.::.::.::.::.::.::.:\ \\\/  !::.:/>/ヘ〉,::.::.::.::.::.::.:\\::::::::::::::::::::::  jN  了  人
::|┌―――- 、\::.::.::./::.:>、 \__ __└'/  {|::.::.l::.::.::.::.::.::ヽ ヽ:::::::::::::::::. ト、こYこYこYこYソヽ
|l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./::.:〈 ̄Lト \| ├/ ̄l_,.、 {|::.::.|l::.::.::.::.::.::.::丶...ー 、::::::  ト、ヽ ニ二二二二二
∧ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./::.::〔 \ | ィr乞ヘ.  ′ムヘ!::.:|l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:>\:: |:::.\_:.:.:.:.:.:.:::::::::::
 ヘ \::.::.::.::.::.::.::.:/::.::.::.:冫   〃 弋乏ゾヾ イ:.:.:.く::.::|l::.::.::.::.::.:/, -―? /  l::::.   .:.:.:.:.:.:.:.::::::::::
18
罵詈雑言は、電柱だけが聞いてくれた。
       ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 、 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |:l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ヾヽ  /::::::::::::::::::::::::○:::::::::::::::::::::::::::::::ノ
 \  ヽ:∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::○:::::::/ ′  <○×△□!
⌒ヽ!ヽ._j\:::::::::::::八:::::::::::::::::::::::::::::::::/   <△△□○!
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ:::::::::::::::::::::::::::イ::::::::::`ヽ、  <上上下下左右左右BA!」
::..::..::..::. /⌒:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::..::.::/Iニiニl:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::.r'´::::::li ○il::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
仆、::::ノ|i, o,i|゙~`l,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
.:.:.:.:.:l ゙i--i´ヘ ,ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
.:.:.:.:/ヽ_|_|,,_)ー´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ノ
.:.:.:.:(ヽ,___)ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}'´
.:.:.:.:.:iヽ__)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.:.:.:.:.:`ーー゙:::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
なんだか、とても楽しい気になって―
女は笑った。
      
   ,....'´::::::::{@}::ー、  \、. j、_人_,.ィ,__,ノi__,:'j、_'|
    イ:::/ ´ ~ ̄~ ` \  _) ̄        `て
  //::〃 i ,ハ  /ヽ、 ヘ  J  ゲーッハッハハ!!   {.
  |∞:i l lレ ノ_ ヽ,,  } !`lコ   )                    〔.
  〔人 }  ≦゚≧ミ:≦゚≧iVヽ  ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"⌒ヽr'~ ̄``
  |! i、⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ    
  _|  l ヽ、 |r┬|  ノi|     \、. j、_人_,.ィ,__,ノi__,:'j、_'|
 /:: ;;|  l   x>、`ニニイl |     _) ̄        `て
 ⌒⌒|  lくミヽ:: ::{ 薔 }::ノl lヽ     J  ゲーッハッハハ!!   {.
  |  l( ⌒ ):: :::V: ::/:::( ⌒ )    )                    〔.
         ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"⌒ヽr'~ ̄``
大声で、笑った。
19
そんな笑い、長く続くはずも無いが。
  ' /   / /         | :::i  ヾ く=_=_=z/:::| !:::::::::::::::::::::
     i/     , '  /  /  .:::|  ::::::! :::l ::::::::: Y ::::::::| ::::::::::::::::::::::
   / '  〃  .:::/ / :|   ::::|  :::::::: ! ::::::: ! ::::::::::::::::::::::
         .′ .:: ! / ::l!  .::::ハ' :::::イ  :::::i!  ::::::: | ::::::::ハ :::::::::::::::::::::
    /  /::::|!  ::|  ::l!  .:::::/ / :::/ |  ::::/ ! :: /ゞ :::::::: V::::::::::::::::::::
.    /  / :::::|!  ::|  ::i! :::::/ / ,. 'イ / :::/ ::j/ :::::::::\:::::::::::::::::::::::::::: \、. j、_人_,.ィ,__,ノi__,:'j、_'|
  / ./.:::::,.ィ! :::|  :::! ::::/ ´/杙iリ'-イ .::::r' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  _) ̄        `て
 '/ イ | :::::l  .::| ::イ l! Y´ / :/ :|  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: J  ゲーッハッ・・・     {.
   'ー '´ /ィリ ::ノ :::∧N \   ∠ -‐' ― | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: )     ┌───────┐
        / /j./ :::/     i     |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ´⌒ヽ'´  `│     .│
       '──'′     ノ      ,.ィ  |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    │・・・・・・はぁ .│
           ,へ ..__ /ノ,   ∧ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   │     .│
       // |  ` r―./  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   └───────┘
    / / :::::リ / .:::::∧ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       rr==/ ::::::::::/  ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     |:! :: / ::::::::人  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                / `/ ::::::::/ 八 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
最後のゲハーハッハは、自身のため息で上書かれる―
   zャォ-――‐-、‐- 、
    ,rゞZチ'´ ̄ ゙̄¨丶\ \
   //    ヽ ´゙\  ヽ
     /´   l ヽ   ヘ._ヽ
          /  l | l  |  l  ', 〈_/ト、 ',
       ┌,i| l |   l  |  l  |  l |l \ ',
        L」| ! 、 ',   | /_, ィ /; /|: : : :ヘ
        /|! 、_丶_ト、 、 /孑'_ ィ1イ /: : :',: : : :_:_',   「何やってんだか・・・」
  |lト、 \「t‐r‐;ト'゙  ハ _ノ/ /|: : : : :/:: :: :: ::
    丶 ト、 \ゝ┘、   イ|  l';: :/:: :: :: :: :: ::
        、_/: : ¨T ト,、  -‐ /!   l/::_;: -‐ 、::_::r: : :
zー…?¨´:: ::  ̄::才 i ト、〕≧tイーオl. | ̄: : : , -‐'´: : : : :
:: :: :: :: :: :: :: :: :: /: :ヘ l」: :弐/j'ト ̄」,|    ヽ: : : : : : : : : : : :
もう一度、深くため息をつく。
20
上京して、2年目の冬だった。
                ____  ____
  ,. -‐'ニ ̄   ̄>、:::::::.`ー┐、__
   / ‐' ̄    ヌ、  :.:.ヾ>、 \
    / /  / ,/    /  ,' タ、..... ヾタ、  \
  /  / / /    /! /   t〉:::::::::::::::::iス   ヽ、
    i. 〃.// / / ///  / /! / テ>、::::::::::::I>, ヽ、
    レ'′レ' ./_,ノ,ィー‐/―- /,.イ  ヾ!:::::::::::::::i_〕  i
  ∨/ .f弍''≒ァ-ノ- / _>::::::::ノ、     :.. !
    r-―'´ 込ン= '′  // 〔 r‐勹´∧! ヾヽ   l:. i|
  〉   /  :::>ヽノ / | '、ヾヽ l:. |
        ヽ、    _,.- " ,.-‐'´ヽ__,/ | i=='-'  l:.:.|
      { ` ー=ニ二-―' ̄〉:. ;:  / l  ! 「 .:. .  ヽ:.ヽ (・・・)
.      〉      . : :.:.:.:/ /  ,' /i| | |  .:.:. .
   |   . . .:.:..:.:./ / | l l | |  .:.:.:. .
   `ヽ、   . : : : . .:.:.:./ /   .| | i   ヽヽ、.:.:.:. . ,.-―
     ` ―- 、 ..:.:.:./ /  ,/| | i     ヽ_>:.:./
    ,|.:.:.:/ /  メ ヽ! i  / レ'
              / |.::/ ,〃 /宀ヽ.:.:. i  /    ____ _
            / /7'´ /´.:.:.:.:.:.:_〉-―く__  ,. =≠三ヲ
     ./ / / /.:.:.:.,.‐´ ̄.: :.:.:.:.: :.. `ヾ.三三く  ニ _
    _, -'ニ -'´,//.:.:.:.,ィ´ .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :. ヽ三三三 _ _
   ̄  -=' ''´ゝソブ  ..: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. : : . ヽ,三三三
           / ん/ .: : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : :. i、三三 ‐
         , / /Z/  ..: : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : .  i、三三三
       // <ソ/  ..: : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :.  i、三 三
夢を追ってこの街に出てきた。
けれど、夢は一向に叶う気配がしないし、それどころか1人の友達もできない。
都会で1人、暮らして覚えたことは、寂しい時の独り遊び位だ。
---------------------------------------------------------------------------------------
【寂しい時の独り遊び(例)】
      
   ,....'´::::::::{@}::ー、  \、. j、_人_,.ィ,__,ノi__,:'j、_'|
    イ:::/ ´ ~ ̄~ ` \  _) ̄        `て
  //::〃 i ,ハ  /ヽ、 ヘ  J  ゲーッハッハハ!!   {.
  |∞:i l lレ ノ_ ヽ,,  } !`lコ   )                    〔.
  〔人 }  ≦゚≧ミ:≦゚≧iVヽ  ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"⌒ヽr'~ ̄``
  |! i、⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ    
  _|  l ヽ、 |r┬|  ノi|     \、. j、_人_,.ィ,__,ノi__,:'j、_'|
 /:: ;;|  l   x>、`ニニイl |     _) ̄        `て
 ⌒⌒|  lくミヽ:: ::{ 薔 }::ノl lヽ     J  ゲーッハッハハ!!   {.
  |  l( ⌒ ):: :::V: ::/:::( ⌒ )    )                    〔.
         ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"⌒ヽr'~ ̄``
---------------------------------------------------------------------------------------
66
そんなもの、上手くなってどうなるものだろうか。
女は、もし2年前に戻れたら過去の自分に何と言おうか。
そんな事を考える。
    ∠こ二フヽ二フr<::.::.::.::.::.::.::.:く)`ヽ
     /ー'′   `?ヘヽ、::.::.::.::.::く)_\
    , ´             `ーヘ、::.::.:::\} ヽ
   /   , ′      L入::.::.:::__YZ `、
        , ′,  ,  ,  /    ;  |  l i l    >'´ィ介、`ヽハ
.     // ′/ / ,′    /   ,イ ,′ l ,′/::::/ 川ト、 ヽ::\
   /,' ,′.′.′/,'     /   / l ′ //  \:く  //!h::ヽ ノ:::ノ
          l ′i  l  i  l | /  ,イ / / /,′ ,′ヽ∨/ !| lヽ::r‐' !
  八 l  |  | ハ{  / / ノ/_/__/_  /    7′l:||!::| |
       ヽト、 、 ト二ヽ /レ'   ̄二ニ∠」_ノ / ,′ / ! ハ:::、 |
    ` `7ヽ弋なY      '^ぃf{ノ} 彳 / / /  /:/ ! l ::? (良い事なんて、何も無い。
      ,' ノ ハ ゞ ' ,     ̄´ /   イ ,′ /:::l ハ |::::∨  そう教えてあげるべきかしらね)
   /{ { ′ゝ 〈        _彡 / //  └く!| | |::.::」|
  、    /ハ ヽ、 \   _ __  ー― '´7 //  i  | l `了
  ヾミ≧x \/ /ンーヘ、` ニ`    '′// l  ハ  /// /
   `ヾミニ∨ '  `> 、 _  -‐ _ _ イ/:l     !  ,′∨厶∠
   ー==≠二7,′ /\ レ'了」斤く:::ノ/::::l    ,′/ ノ三彡'′
    _ 二..:.::::.:..;′ /ミ///7| l:ヽ\::.::.:j  / /彡仁三三
  ` ̄  _.:::  .::.     /ヽ{ く/ / //! |::::l |::.:/ ,' 厶-―v'⌒ ̄
ー===ニ三ミヽ、.:::.:.:.::i    ! |::..:::ヽ、/ /∧L二´ノ::/ / /::.::.::.::.: :: :. : . .
  ` ̄`〒ミゝ二| i   |/::.:::/⊥」 l L::;仆-ク  , ,.:'::.::.::.::.::.: :: :. .. . .
     l∠ニ三! !  リ::.:::/}   l_| ゙ー┘ / , '/::.::.::.::.::.::.: ::: :: :. : .
まあ、自分の事は自分が一番良く知っている。
自分に説得されたところで、その言葉を受け入れる自分では無い。
結局の所、自分はこの寂しさを味わう運命にあったのだろう―
女は勝手に考え、勝手に納得した。
//l::| |::\ l| | |             |         |   | \
/: |::| |::ト、∨| | || | |  | l  | l| |  j l | |::ト\
:/ |::| |::| |::|?| |人 |_j_| 斗  卜 ⊥」|_|   / ′ | |::| ヾ:l
  |::| |::| |::|八 、 | ̄ヽ_| l    |  厶八 厂/ /  | |::|__j::|
ニィ トごノ  \ヽ|〆 二、ヽ | /l イ 二 `ヾイ/  | トr―'
 |::| |::|  |〃 { 0}  \ /  | 0}  }ト、    | |::|
 |::| |::| ヽ    |ヾ      ヽ/  リ//  /||::|      ・ ・ ・
 レ′|::| | \ 、ヾ三 ̄   ̄三‐'//   / l、レ′    / (寂しさを・・・ 味わう!?)
__/  ヾ  |   \ \   |      / /  , \ //
-、\ |  |  ̄        ∠ イ    / /{__/∠
_\\l\l     | 、         -- 、  / |  / 厶≦三三
三≧ト __| | \  ´ ̄  /   , /∠二三三二
ニ二三三三l    | | `  、  イ /  /三三三三二ニ
三三三三三l  l   |::::::::::::> <:::::::|  /  /二三三三三三
ニ二三三三ニl  l/:::::://|::| |::ト\::\_/  厶 -―<三三三 <グー
ア´::/ ̄ ̄>ヘ l\:::: ヾ 二イ| ト ニノ:::: /  /::::::::::::/__\三二
::::: / /::::::::|\ l \::::::::::::|:| |:|::::::::::::/ / | ::::::::/::::::::::::::::::ヽ三
女の腹が悲鳴を上げる。
22
ここで女はようやく本来の目的を思い出す。
    _ _
       , .:':{@}:::..ヾ ヽ、
       ./ ´ ~ ̄~ ` ヾ::.ヽ\
     r.//, 'ハ ハiレ7〃ヾ::.、ヽ
     Ll ! { '´ ヽノ   ヽ l/| i:厶l
      /Vi 小●  ● ノ l 下、_〕
  j||l⊃ ⊂⊃   i !__ト   (そういえば、ご飯を食べに行ったんだったわぁ)
        lヘ   r‐-、    j/  ! !
            | /⌒l`ニ`, イァ/   ト..、
   | /  /{ 薔 }::::/:: ::ヽ. i;:::ヽ
     .| | l:: ::∨:::/::〈::央::> |`ヽ!
ただ、あんまりにスイーツでストロベリやがってメイプル!メイプル!なので、
ちょっと頭がハッテン!しちゃっただけなのだ。
---------------------------------------------------------------------------------------
【BIFORE】
   ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
     /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
   ldb| l k_ィヽレ仁リl│
      | ∧l  lK◯   ○ソイ
  ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|   「お腹が減ったわ?。
  l ヽ トゝ、ニ イト、ト、    ちょっといいものでも食べていきましょう!」
    |/≪T ,バ、(⌒)`Yラ、ゝ
  N≠{〈:::::::V~~}::}:::〉≧ <クリスマスだし、自分へのご褒美よ!
  ヾ≦ハ\:__;;:/:〈l:::|j≧
  /::::::::::::::::KXl:_:ト、
  ∠:::::::::::: l :::::KXl,ソ::::>
  |::::/l::+:::KXXヽノ
【AFTER】
    / /   |  |  | | | |  | | | 〈:::〈 |::::|
.    / / |   | l     |  | | |  | | | l\\____丿 ノ
   /  ′ |  | |     |  | | |  l l| |  ヽニニイ
.    ′l  | || |        / | ノ 厶|?/ 十| ┼- 、// |
 l l|    l    |  |||  / .|イ´ / / ― トL| //  l|
    | l | l |    |  |||  l ′ ノ/  //___l/l | l:::|   l|
    | | | | |    |  || >、 | | /    彡===キ≦ |:::|  '|
    | | | | |    |  |/ へ\ | l      |l|  |:::| / |
    | l∧  ||  |  |、/| l/   __    |||  \〉  | 「FUCK、YOU。
 ヽ  \||  |  | ヽ〈   彡'" ̄   l|| /|   |  ぶち殺すぞゴミめら」
 |::::|\|::l├ヘ、 、l  \ 〃       || ' |
 |::::|  レ\ | \\   ∧  ヽ       l |   | | /
 |::::| | |l | ` \ トヘ   _,. ‐    ノ八  | |./
 |::::| | | l|   |l| \   ? ´  ヽ| |′
  └┘  | |∧l  |||    ト            二|
      八 | ヽ ||l    | |> .  _  ´ //..::.:|
     \  \ |リ    | |  `T爪_//..::.::.::.:|
        \ | |  |>〔]‐< ::.::.::.::.:/
      ノ |       /イ/^l ト、\::.::./
---------------------------------------------------------------------------------------
23
そしてゲンナリする。
暴れながらも随分と歩いた。
ここから女の家までの道のりには、もうメシ屋は1つしかない。
        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l ヽ
    〈:{_/:/ |:|`ー' | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′  l
   // |:|∧ | `''" ̄`  lイ=ミメ、lノ ′| |
  /::/  |:| ヽ  '、    、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.  /::/ |::| \  ヽ  /  ゛''/ イ/ jノ
 /{:::{  レ′ |`   \   r=ー 、        ハ ノ }
、  /  ̄ /| |       ̄`ー'  / / イ
::::V      / |     |    ー ニ´- ' ノ  (よりにもよって・・・
―‐ 、 、   /  !  |   イ |    クリスマスにあの店に入るの!?)
::.::.::.:..\\′ / l | ___ \ , i´ l |
.::.::.::.::.::...\\/  |  |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l  |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  | |l
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l ?  l\.::.`ー'::|:| |:lV:/ |  l | l
.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l ||   | ヽ::.::.::.::|:| ト-く |  | | l
女が脳裏に浮かべたのは、家の隣のラーメン屋。
壁は黄色く、ガラスは茶色く―
こんな店、誰が入るのかと、常々思っていたあのラーメン屋しか無い。
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼\_
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼‐\_
工工工工工工工工工工工工工工工工工工\
]==================================[ ̄
| 千_,_   i  lヽ  i 士ノ  i  l__ノ  i  / |
| 十__ ||  つ l| (乂 ) l| (乂 ) |! ハ__ノ |
|____∠l|____||____,l !____||____,|
  |        ||        |  __|____ 
  |        ||        | l!ラメーンl 
  |--------||--------| ||チャハン| 
  |        ||        | |,|ギョザ| 
  |        ||        | ||_|| ̄l|] 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
少し悩む。
    _ _
       , .:':{@}:::..ヾ ヽ、
       ./ ´ ~ ̄~ ` ヾ::.ヽ\
     r.//, 'ハ ハiレ7〃ヾ::.、ヽ
     Ll ! { '´ ヽノ   ヽ l/| i:厶l
      /Vi 小●  ● ノ l 下、_〕
  j||l⊃ ⊂⊃   i !__ト    (引き返そうかしら・・・)
        lヘ   r‐-、    j/  ! !
            | /⌒l`ニ`, イァ/   ト..、
   | /  /{ 薔 }::::/:: ::ヽ. i;:::ヽ
     .| | l:: ::∨:::/::〈::央::> |`ヽ!
あんな店、入るだけで品位が下がる、そう思う。けれどー
24
         ┌─────────────────────────────┐
         │     ∧       .│
浮かれた街を思い出して―    │    <  >     *     │
         │  *  ∨       .│
         │ *   **≡  *       │
         │   ≡≡≡ *  ☆     │
         │   ≡≡*≡*         │
         │ *  ☆≡≡≡*≡  *   ☆  ....│
         │  ≡≡≡≡*≡≡≡   ☆ *  ......│
         │ ☆  ≡≡≡≡≡☆≡≡≡     ......│
  / /:::: |/  /ムナ-'゙´ / /::/ /::::.. :::|::: │  ≡≡***≡≡⊂⊃ ≡  ∧_∧  ∧∞∧  │
 // /::: ム- ニ/7゙/:::::... // //::::.. _ __:::|::: │☆ ≡≡≡*≡≡≡≡| | ≡ ( ´∀`) (・∀・ ) ..│
  ///_,ィニ/ー '/メ./二´二´ ̄/:::: ̄ `:ヾ、/.:/::/  │ ≡≡≡*≡*≡≡≡\⊃≡≡ ( つ⊂ ) │
  /─'  / ./彡/'´::::/,::-、ヽ  ::::::/.:/ /  │ ≡≡≡*≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ 人  Y  人  Y  .│
  // ゙´ 弋、;;ノノ   ゙  .:/ / │   |  |   し(_) し(_)  │
  ,. -ーミ、`::ー-- 、ー'゙__ /ミ='..:/ / └─────────────────────────────┘
 ー-、 ::::::::::::::::::::::ー=彡'゙  .::/ //.:.  ┌───────┐
   :::::::::::::::::::  :/ //::: :::: │     .│
     // /:::: :::: └───────┘
     / :::/: :::::  □
      ..:/:::::::
     .:/:::::: -ー' ´
     ....:::::::::/::: -ォ'´ :::::::::
   _,   '─ '゙...:´/:|::: :::::::::::::
 ー─ー _, ァ'  /  ....:::::/:::::::|::: ::::::::::::
 ─ '゙   ...:::::::/ハ::::::::/:: :::::::::::::
  ー   ...:::; ィ':::::::::::ハ::::/:: ::::::::::::::
   ..: ィ:::::::|:::::::::::::::∨:: :::::::::::::::
  ..::-ー' |:::::::::::|::::::::::::::/:: :::::::::::::::::
 , ィ' ´::::::::_/ー-i:::::!:::::::::::/:: ::::::::::::::::::
 ー'  ̄::::::: ̄ ̄:::::::|.  |::::|:::::::::/:: :::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|.  |::::|:::::/:: :::::::::::::::::::
女はヤケになったようにラーメン屋に向かった。
25
      ○
      ○
      ○
ラーメン屋は、予想以上に汚く、狭かった―
                |________________________
________|■回■回■回■回■回■回■回■回■回■回■回■回
∬∫| /) .|
V/. |(( ◎ ))|        ┏┳━━━┓
.||   | (/  .|        ┃┣━┓  ┃
人.   ̄ ̄ ̄.        ┃┃α┣━┫
゚ー゚)                 ┣╋━┛  ┃
 ̄ ̄|      (⌒`⌒) ┗┻━━━┛
 / /|     |__|
__|  ( ・皿・) <ラッシャーイ
σσσ  (つ  つ
======================    .|||                           |||
    |        |||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  |||
    |            l三三三l   ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ l三三三l
    |   ||        ||   ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄
入って1秒で、失敗だったと身体が竦む。
     ___r=y=ー=冖-ィrt=、
   /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
   /__f〆:::::::::::::::::_y=ー?冖?―-\    /
        / .{f7::::::::: イ厂 ;′      `\  / /
        /__{f|:::::/  l l |   ヽ ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\  | | |  ', i  ヽ∨ /   / //
      /   ̄7 |l|___}〉 ?|   | {  |   |     ∨ /  ..::/
.     /  //  |:| ̄  | || l  | | ト      | ? ;  ', Y /.::∠
    /  , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \ |ハ / | | |: l::.::.::.:/
  / |:| |  |:|', |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ::.:/ /
/  |:| |  |:| ヽ |   弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::.::.∠ -‐::.::. (カップラーメンの方が・・・
    |:| |  |:|  ト  ヽ  ̄  ゝ' /´ |::::/::イ::.:/.::.::.:: -― まだ贅沢だったかもしれないわね)
 /   |   | \ \   / /::.::.::.::.:/__  ー―
 \/  ∧   |\   ̄  ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _  ̄ ̄
___ \  / ∧    ト  \     ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄ r―一
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ  ∨>=> _ ∠::.::.:| |::.::.::.::.::.> __ ̄ ̄ ̄
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ. ∨::/∧:ト\く___| | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.::.::.::.
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄`` ̄
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ ヽ V  |:|::〈〈::.::.::.::.::.| / \::.::.::\ \
ラーメン屋に対して行う最悪の評価を、女はした。
ただ、ここで身体を竦ませた事が、彼女の日常が変わっていくスタートとなる。
26
 /||ミ
  / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||   || ガチャ
 |:::::::::::::::||   ||
 |:::::::::::::::||   ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \ <まだやってるかお?
 |:::::::::::::::|| (_人_)  |
 |:::::::::::::::||___  /
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/ ||
 |:::::::::::::::||   ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
  \ ::::||
 \||
道路に挟まれた位置にあるこのラーメン屋は、出入り口が2つある。
その向かい側から、一人の男が店に入ってきた。
入って早々、メニューすら見ず注文する。
    ____
   /      \
   /  ─    ―
  /    ( ●)  (●)'
  |         (__人__)  |   「おっちゃん、ラーメン1つ頼むお」
  \       ` ⌒´ /
  /  ー‐  '
 /\___/ヽ
  /'''''' '''''':::::::\
  . |(●), 、(●)、.:| +
 |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |  `-=ニ=- ' .:::::::| +    「あいよ!」
  \ `ニニ´  .:::::/  +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    | \/゙(__)\,|  i |
    >  ヽ. ハ  |   ||
店主が野太い声で、男の注文に答えた。
27
男しか来ない飯屋独特の、威勢のいいやり取りだった。
それに釣られ、女も、少し声を張りを上げて注文する。
   ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
     /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
   ldb| l k_ィヽレ仁リl│
      | ∧l  lK◯   ○ソイ
  ,l  (l  ぃ 、_ _ ,从|   「HEYマスター!私もラーメン1つ!」
  l ヽ トゝ、 __ イト、ト、
    |/≪T ,バ、:文:`Yラ_n
  N≠{〈:::::::〉:;i:::;ヘ:_;_{__)
  ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈≠≧
  /:::::::ハ:::KX::ヽ、
  ∠::::::::::::{ミk::〉Xト::::::>
  |:::::::::::`^^KXヽノ
    /\___/ヽ
  / -‐' 'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|    (マスター?)
 |  /,.ー-‐、i :::::|
 |  //⌒ヽヽ .::|
 |  ヽー-‐ノ :::::|    「あー・・・すまない、今の注文で麺きれちまったわ」
  \  ̄  ...::/
 /`ー‐--‐‐―´\
    _ -― ―- _
     _ -‐:::::::: ̄::::::::?― 、 ` 、
  /.:::::::}>{包}く]:::::::::::::::::::::::::.\ \
      /.::::: -宀冖冖宀ー- :::::::::::::.\ \
      /.:::::/           \:::::::::.ヽ ヽ
.      /:::/    、 \::::::::' l
    //      '  /      | l |  ヽ::::|    |l
 〈/      | | i |   | | l?|| | l_|::::|_ l|
  ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||
 |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l
 | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }?リ //.:::::::| |l| |
 、トヾ ヽヘ〈 { tヘ   、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l   「え?」
  \l\ヽ\ ヾ彡   ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ l|
  |  \ ヽ  ‘ _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
  |    ` >、  ヽニ´'´  イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
   ∧ 〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
  〔 ̄ヽ ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
 _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い、
 八__ト、   ̄ヽ|l |:::::| `{ム::::::/::|? |::|:::fア /.::::::::::::::::::::::::::::::::.\ヽ
  廴__人}   ?(|l:::ト、 `ヾイ::::|? |:::fア r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
  \ `? l 八:::::廴  ̄ l |l [ |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イlヘ
    `ヽ、? | |':::::|::::L>―<_lハl⌒l⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/l | |
   ー┘ ̄L | |::::::|::::`ー'ニ/ / ` <Y⌒く ̄ ̄`ー-、_/  | | |
   }{ ` |:::::::|::::::::}?ヘ { {  r  \ ヽ::::::::::::〈 ? | | |
  `ー-、」_ハ| ̄|::::::::{`(こ`ーヘ、 )    ヽノ.:::::::::::::.ヽ|   | l/
女は絶句する。
28
しかしそれは一瞬。
金縛りが解けた後は、マシンガンのように言い放った。
     ___r=y=ー=冖-ィrt=、
   /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
   /__f〆:::::::::::::::::_y=ー?冖?―-\    /
        / .{f7::::::::: イ厂 ;′      `\  / /
        /__{f|:::::/  l l |   ヽ ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\  | | |  ', i  ヽ∨ /   / //
      /   ̄7 |l|___}〉 ?|   | {  |   |     ∨ /  ..::/
.     /  //  |:| ̄  | || l  | | ト      | ? ;  ', Y /.::∠
    /  , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \ |ハ / | | |: l::.::.::.:/
  / |:| |  |:|', |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ::.:/ /
/  |:| |  |:| ヽ |   弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::.::.∠ -‐::.::.  「ちょっとどういうことよ!
    |:| |  |:|  ト  ヽ  ̄  ゝ' /´ |::::/::イ::.:/.::.::.:: -―  店に入ったのは私の方が
 /   |   | \ \   / /::.::.::.::.:/__  ー―  かったでしょ!?」
 \/  ∧   |\   ̄  ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _  ̄ ̄
___ \  / ∧    ト  \     ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄ r―一
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ  ∨>=> _ ∠::.::.:| |::.::.::.::.::.> __ ̄ ̄ ̄
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ. ∨::/∧:ト\く___| | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.::.::.::.
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄`` ̄
詰寄る女、
うろたえる店主。
 /\___/ヽ
  / ,,,,,,,ノiヽ,,,,,,:::i|li:\
  . |(●), 、(●)、.:|
 | ⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒ u.:::|    「うーんでも、あっちのお客さんの方がオーダー早かったからねぇ」
.   |.u  (^ー^>  。.:::::::|
  \ ゚ ⌒´ u .::::/
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
  /`ー──一'\
  ,r(●)(、_, )、(●)\
 .| '"トニニニ┤'` .::|
 |. | .:::|  .:::::|
 .| ヽ  .::::ノ .:::::::|    「でもご安心、チャーハンならまだ残ってるよ?」
  \  `ニニ´ ..::::::/
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    | \/゙(__)\,|  i |
    _rxvxvxvxャ―- 、
       ,ィf>^厂{爻}勹⌒^下ミ `ヽ、 :'
   ':rfフ::.::.::.:_`ー'^ー'::.::.::.::ノ レヽ>、ヽ
  _fヲ::.::.rxtタ^⌒^⌒^X≧z:::⌒:.:::.:::圦ハ :'
  ': /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
 {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l| :'
 `7/ // ll )レ |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
': /丁7 l| l l| ⌒ | |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|
 レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!
  /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j :'  「ラーメン屋にきてラーメンを食べないで帰る・・・
': //lハト、ヽ f--tミ ::::::::::: f‐‐ア彡 '/// l |! | |  それを人は”業”というのよ!
   /// 7∧ヽハ .゙==' :::::::::::::::ゝ=‐' //ハ /! j l | | :'
 〃 // ハ/小. 、.    /〈// l|| | ! | :'  貴方は私に罪を負わせる気!?」
 ″{ { ,' // |l ヽ、  -‐-‐    /// ハ | | | ト、 , =彡
 ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、  , イ // ,'l lル' l| | ∨∠/三
 :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
 ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三
29
空気を読まず、男の客が言った。
   ____
  /     \
   / ─    ─ \
 /   (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |    「ああ、コッチにもチャーハン頼むお?」
  \   ` ⌒´   ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /    ,⊆ニ_ヽ、  |
 /    / r─--⊃、  |
 | ヽ,.イ  `二ニニうヽ. |
  /\___/\
/ /   ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |
| ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
| ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\ `ニニ´  .:::/    「残念だけど、チャーハンもこのお客さんの分で終わりなんだ」
/`ー‐--‐‐―´´\
    .n:n  nn
     nf|||  | | |^!n
     f|.| | ∩ ∩|..| |.|
     |: ::  ! } {! ::: :|
    ヽ ,イ  ヽ  :イ
表情が一変する。
男の中から、餓えた獣が飛び出したのだ!
詰寄る、男。
     ____
   /⌒三 ⌒\   「ラーメン屋にきて炒飯を食わないことを、
 /( ○)三(○)\   人は”咎”と呼ぶお・・・
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |  |r┬-|   |    店長、オメーはやる夫をそこまで貶めるのかお?」
  \     `ー'´     /
怯える、店主。
    /\___/ヽ
  / -‐' 'ー-  \
  . |((●)),(、_,)、((●)):|
 | |||||||:/,.ー-‐、i|:|||||:|:::|   「君達大げさだよ!
 | |:|: ///⌒ヽヽヽ|:|::|    ・・・わかった、わかった」
 |  :|:|| |  | || | :::::|
  \  ||ヽー-‐ノ||..::/
 /`ー‐ ̄‐‐―´\
30
    +  +
 m n _∩   +  + ∩_ n m
 ⊂二⌒ __) + /\___/ヽ + ( _⌒二⊃
  \ \  /'''''' '''''':::::::\ / /
   \ \ |(●), 、(●)、.:| / /
  \ \.|  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| / /  「ラーメンも炒飯も、2人で半分づつ食べれば良い!
    \  |  ´トェェェイ` .:::::::|  /  そうだろ?これで解決だ!」
   \\ |,r-r-| .::::://
     \`ー `ニニ´‐―´/
    / ・ ・ /
返事も聞かずに店主はてきぱきと動く。
味に拘るような店では無い。
作り始めたら、できるのは数分だ。
  /\___/ヽ
   /'''''' '''''':::::::\
   . |(●), 、(●)、.:| +
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
 .   |  `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \ `ニニ´  .:::::/  +
   _、,,_,,...ii'   !;<'-、`;:、     ' '., ,' '、
  r'_  ヽ. ||`'- ..,__ ` )\ヽl ',     ) ヽ'
. i´ ヽ,,_ ', !! _,,`ニ'---`-',| ',      ':,  ':.,    ,
 ,'  '、ヽ;.!'‐''´    '、.',      ;_,,... -'----、'
.  ,'   ,iヽ!           ', ',            _,.-‐'´   .',
 / /-':i    .ノハ∞ |. ',            _,.-'´      |
  / ,'、`ー! o(´ー`o   |. ',  ,-'ニr'‐'         ,'
 ,' .,' ',. ', .O',,Oノ  |  ヽ  __,.r' .i.l´              ,:'
.  i    / ヽ. ',          ',   `"''―‐'l.i.l.|ヽ', ヽ    ,. '
 /  く.     ヽ.'.,     l        ヽ!_ '_ ,.-'-' .,_   _,. ‐'´
. ,'.  `:、  ','、        !'i‐―'''"´ ̄ ´.` `'‐---‐
大して待つ事無くラーメンと炒飯が1つずつ出来上がり、2人の前に差し出される。
31
//l::| |::\ l| | |             |         |   | \
/: |::| |::ト、∨| | || | |  | l  | l| |  j l | |::ト\
:/ |::| |::| |::|?| |人 |_j_| 斗  卜 ⊥」|_|   / ′ | |::| ヾ:l
  |::| |::| |::|八 、 | ̄ヽ_| l    |  厶八 厂/ /  | |::|__j::|
ニィ トごノ  \ヽ|〆 二、ヽ | /l イ 二 `ヾイ/  | トr―'
 |::| |::|  |〃 { 0}  \ /  | 0}  }ト、    | |::|
 |::| |::| ヽ    |ヾ      ヽ/  リ//  /||::|
 レ′|::| | \ 、ヾ三 ̄   ̄三‐'//   / l、レ′    / 「ちょっと・・・
__/  ヾ  |   \ \   |      / /  , \ // どうして容器が1つずつなのよ」
-、\ |  |  ̄        ∠ イ    / /{__/∠
_\\l\l     | 、         -- 、  / |  / 厶≦三三
三≧ト __| | \  ´ ̄  /   , /∠二三三二
ニ二三三三l    | | `  、  イ /  /三三三三二ニ
三三三三三l  l   |::::::::::::> <:::::::|  /  /二三三三三三
ニ二三三三ニl  l/:::::://|::| |::ト\::\_/  厶 -―<三三三
ア´::/ ̄ ̄>ヘ l\:::: ヾ 二イ| ト ニノ:::: /  /::::::::::::/__\三二
::::: / /::::::::|\ l \::::::::::::|:| |:|::::::::::::/ / | ::::::::/::::::::::::::::::ヽ三
   /\___/\
 / ⌒ ⌒ ::\
 | (●), 、 (●)、 ::|
 | ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|   「ほら、”一杯のかけそば”って話あるだろ?
 | トUU‐ァ'   .:::|   あれ一度やってみたくてさ!ほら、喰った喰った!」
 \ `ニニ´  .::/
 /`ー‐--‐‐一''´\
   ____
 /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |   「なんでやる夫達がそんなオメーの趣味に
 \:::::::::  ` ⌒´   ,/_ |   |   付き合わなきゃならねーんだお・・・
  ヽ        i 丿
  /(⌒)    / ̄ ̄´   とっとと容器をもう1つずつ出せお!」
 / /  /
、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:   .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.: ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ  l:.//  トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:
 ヽ 、ヘ  ー'      ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
  ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://
ヽ  ` ̄    ̄`   '′/' '' //:.://´: 「そうよ!!
ヽ:\      l`?'イイl:.:./:.:.:  悪ふざけしてないでさっさと出しなさぁい!?」
\ ヽヽ      ', ,'.: | !:/:.:.:
:.:.. \``丶       / /:.: .!/:.:.:
丶、:...ヽ、    ,. '´  , ':.:.: /:.:  /
  `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._     /.: :.:./:   //
   〈 、   丁:.:ア´  ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
      ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
     ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /
32
 /\___/ヽ
  /'''''' '''''':::::::\
  . |(●), 、(●)、.:| +
 |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |  `-=ニ=- ' .:::::::| +   「皿を洗うのがメンドクサイ」
  \ `ニニ´  .:::::/  +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、. 
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i 
    | \/゙(__)\,|  i |
    >  ヽ. ハ  |   ||
     ノ L____
  ⌒ \ / \
  / (○) (○)\
  /  (__人__)  \
      |     |::::::|  |  「ふざけんなお!とっとと皿もってくるお!」
  \       l;;;;;;l   /l!| !
   /  `ー'   \ |i
 /   ヽ !l ヽi
  (  丶- 、   しE |そ ドンッ!!
 `ー、_ノ       ? l、E ノ <
    レY^V^ヽl
  /\___/\
/ /   ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |
| ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
| ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\ `ニニ´  .:::/    「・・・閉店時間はもう過ぎているんだよ?
/`ー‐--‐‐―´´\    正直君たちに料理を出す時点で大サービスだ」
    .n:n  nn
     nf|||  | | |^!n
     f|.| | ∩ ∩|..| |.|
     |: ::  ! } {! ::: :| <毒男と独女を哀れんだんだよ?解る?この優しさ☆
    ヽ ,イ  ヽ  :イ
    /\___/ヽ
     /::::'''''' '''''':::\ +
    |:::(●), 、(●) | +
    |::  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::|     「それともなんだい?
    |::  `-=ニ=- ' .::::::|_ +    君たちはこれ以上私が妻と子とクリスマスを
    /_\:: `ニニ´  .:::/ `ー-、__   過ごすのを邪魔するのかい?
  ,. -‐'´.: : .:|!:.:ヽヽ、ニ__ ー ::|::...       ̄``ー-、
  _,. --r'´.:.:.:.::  ..:.:∧:.:.:.:  (__) ::::::::|:.:.:.:...  r   \  ・・・いいだろう。これ以上は私も譲らない。
 r‐'´ _:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l |!:.::  ハ ::: |;;;;:.:.:.:>....:.|:..    、 ヽ   平和的解決のために外に出たまえ」
:.:.:.:.::.´:.:.:.:.:.:.:.:\_____ヾ:.:.:.:.:.|  ∨ >:┴…'´ー‐-、|:.:.:.. \:  |:.:.: |、
:. /了:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:. ``ー-、L.. __〉.'"     \:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./:.:.:/: \
/__/:.:.:./:.:.:.:/-、:.:.:...    __  .:Y´:: _,.  =ミ:.:\_;;;;;V;;;/ヽ l
:.:.:.:.:.,.イ:.:.:.:.:.:ノ|! _}‐‐::.:.:.. ,r‐'´ ノ. . ::lr'´::"     :;;;|:.:.`ー'⌒ | |
:.:.:.:厶;;辷==' /⌒|::.:_;. -'´...:/  :.:l!:.:::          :;;;;;|:.:.:    ',     ∧
:.::イ:.:.:.:´ `ヾ|::  レ'ヽ:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:...  rぅ...:.;;;;;:∧:.:.:.  ヽ. |: \
:.:/:.:.:     :.:.|::/ /r─  ̄〉.:.:.:.:.:.:.人;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;/::∧:.:.:.:...... ヾ \
:.:.:.:.:.: :.:/: :/.:.:/__ノィ' ̄〉‐一'´___  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヾ、:/ :::\_::::::.: . l|  :ヽ
33
最後に、店主はしんみりと付け加える。
 /\___/ヽ
  /:::::::   \
 .|:::.  '''''' ''''''  |
  |::::.,(一), 、(一)|  「クリスマスとかしか、会えないんだよ・・・
 .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |   裁判所がそう言うんだ・・・」
  \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
 /   `一`ニニ´-,ー´
  ___
   /  \
 / 一' `ー\
  /  ( ○)  (○)\
  i     (__人__)  i
 ヽ、  |r┬-| /
   /  `ー'´  く
   i  丶 ヽ ヽ 
   r     ヽ、__) (_丿
   ヽ、___ ヽ ヽ 
  と_____ノ_ノ
            
毒男と独女に、それ以上モノが言えるはずもなく―
         ,...-‐:::::::::::::::::::::::::‐-.....、
         /::::-‐  ̄ ̄ ̄ ‐- 、:::::::ヽ
         //. u  l l ヽ::::::`、
        . //. l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ
         l l二二lメヽー‐l`、 7l / l  〇〇ヽ
         l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l u l/^` ヽ
         l l. l`ヽ-‐ u `、l r'⌒、`l l lヽ  ヽ
        . l 〉`lV`r'⌒、 !l!lll!! ゝ--' l ノl. l l ヽ
          l l`ヽヽゝ.-'      u ノ/.l ノノ. ヽ
         l l. ヽ\u -‐―‐-、 u.//  /::フ、 ヽ
         ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v lヽ.ヽ
         ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l 、、`、
         `、ニハУ::::::::::〈./::::::::::::__::::〈 >-‐ ' ヾ
           l`- .>::::::::::::::::::::::::::::l ヽ:::ヽ  l
         、二く. /::::/l:::::::::::::::::::::::l.  ヽ:::\∠\
        .   /L/::::/ l::::::::::::__,、::l  >::::::ゝ l ̄
          ∠:::            ̄〈:::〈lて π`Z  〈.  /::::::< ノl l
34
      ○
      ○
      ○
結局、2人で同じ皿をつつく事になる。
女の機嫌は最悪である。
今日一日、色々と不愉快なことはあった。
     ___r=y=ー=冖-ィrt=、
   /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
   /__f〆:::::::::::::::::_y=ー?冖?―-\    /
        / .{f7::::::::: イ厂 ;′      `\  / /
        /__{f|:::::/  l l |   ヽ ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\  | | |  ', i  ヽ∨ /   / //
      /   ̄7 |l|___}〉 ?|   | {  |   |     ∨ /  ..::/
.     /  //  |:| ̄  | || l  | | ト      | ? ;  ', Y /.::∠
    /  , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \ |ハ / | | |: l::.::.::.:/
  / |:| |  |:|', |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ::.:/ /
/  |:| |  |:| ヽ |   弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::.::.∠ -‐::.::.
    |:| |  |:|  ト  ヽ  ̄  ゝ' /´ |::::/::イ::.:/.::.::.:: -―
 /   |   | \ \   / /::.::.::.::.:/__  ー―
 \/  ∧   |\   ̄  ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _  ̄ ̄
___ \  / ∧    ト  \     ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄ r―一
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ  ∨>=> _ ∠::.::.:| |::.::.::.::.::.> __ ̄ ̄ ̄
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ. ∨::/∧:ト\く___| | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.::.::.::.
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄`` ̄
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ ヽ V  |:|::〈〈::.::.::.::.::.| / \::.::.::\ \
ただ、この状況はその中でも最たるものだ。
   ____
   /― ― \
  /(●)  (●) \
  /   (__人__)     \
      | ` ⌒´   |
     \     /
        /   \
      | ・ ・     )
.  | |        /  /
      |   |    /  / |
      | |    /  /  |
      (YYYヾ Y (YYYヽ |
   (___ノ-'-('___)_ノ
何が楽しくて、クリスマスに見ず知らずの他人とメシを食わなきゃならないのだ。
つくづく自分の運の無さに嫌気が刺す―
        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l ヽ
    〈:{_/:/ |:|`ー' | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′  l
   // |:|∧ | `''" ̄`  lイ=ミメ、lノ ′| |
  /::/  |:| ヽ  '、    、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.  /::/ |::| \  ヽ  /  ゛''/ イ/ jノ
 /{:::{  レ′ |`   \   r=ー 、        ハ ノ }
、  /  ̄ /| |       ̄`ー'  / / イ
::::V      / |     |    ー ニ´- ' ノ
―‐ 、 、   /  !  |   イ |
::.::.::.:..\\′ / l | ___ \ , i´ l |
.::.::.::.::.::...\\/  |  |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l  |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  | |l
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l ?  l\.::.`ー'::|:| |:lV:/ |  l | l
.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l ||   | ヽ::.::.::.::|:| ト-く |  | | l
女の表情は、知らず険を増す。
35
重いwwwww
36
その険を、男は意識したのかしないのか―
女の目を見ながら男は言った。
   ____
  /     \
   / ─    ─ \
 /   (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
  \   ` ⌒´   ,/    「やる夫だお」
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /    ,⊆ニ_ヽ、  |
 /    / r─--⊃、  |
 | ヽ,.イ  `二ニニうヽ. |
  , '〆.:.:.:.:.〆         ` 、
 /{f7.:.:.:.:〆   \
  / -∠.:.:.∠  / l        \ \
 ≪_ハハ.:V、\ | |  |  l   ヽ
 /ヾイ イハノ/ | |ヽ  |\  '    ! l ',
./ /://!l l:l∠  |庁゙ト、|、 ` , |!  ! l |l |
 ,'l::l/. !| l:l \ | 仆{!ンヽヾ  { | / K/ /
, ' |::|   l| |:|\ \ ` ̄¨`  レrテ/ ///
  l::l l| |:| l\ \     、`¨/ イレ´   「はぁ?」
  l/ l|    | 丶-       / /
  ハ    l、      ` ̄  ィ  /
 /ハ  l:\:>、    /l |/|
  / ∧   l:::/:.:7爪::.:丁 l | /
 ̄`ー_<:::ヽ ?::/ 小ヽ::| l  | /
::::::.ヽ⌒マ}:::::ト、?/::||::L::.ト、l //
:::::::::::::::::::::マ}::::ト、?:::l|::ヘ`ー| /'ヘ
:::::::::::::::::::::::::::マ}:::::|:| /::::::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::マ}::{ヘ薔ム}:::l/:::::::::::ヘ
     ____
   /  \
 /_ノ  ヽ、_ \
  /(●)三(●)) .\
  |  (__人__)  |    「名前。・・・やる夫だお」
  \ ヽ|r┬-| / /
  /   `ー'´   \
38
突然の自己紹介に、イラっとする。
、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:   .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.: ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ  l:.//  トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:
 ヽ 、ヘ  ー'      ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
  ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://
ヽ  ` ̄    ̄`   '′/' '' //:.://´:  「・・・なんで私があなたの名前なんて
ヽ:\      l`?'イイl:.:./:.:.:  聞かされなきゃならないのよ」
\ ヽヽ      ', ,'.: | !:/:.:.:
:.:.. \``丶       / /:.: .!/:.:.:
丶、:...ヽ、    ,. '´  , ':.:.: /:.:  /
  `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._     /.: :.:./:   //
   〈 、   丁:.:ア´  ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
      ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
     ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /
女は、美人だ。
ナンパには正直慣れているし、ウンザリしている。
当然、対処にも手馴れたものがある。今回もそう。
声をかけてくる男どもを、一度で蹴散らす強烈な視線を男に向けた。
   ___
 /   \
  /  _ノ '' 'ー \
 / (●)  (●)  \  「・・・名前も知らねー奴と一緒にメシを食うってのが、
 |    (__人__)   |   気持ち悪かっただけだお」
 \      ` ⌒´ /
でも男はその視線を気にも留めず、自分の思ったままの言葉を返す。
        ,ォェ、___
    ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
  /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
 〃::/   \ヽ、
.    ll::/ l  、 ヽY _
 ll::l} l |  l | l  lイニ}|
 ll;;l} l、 |  | l、 -l‐七/v'  lミ彳、
. _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
 /
 ヽ//{∧  \_. __'_, ,ィ′l  レ. l  (それもそうねぇ・・・)
. / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!  l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /  ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\
  /.:::::::::::::::ヽi\ ヽ  ̄l」 |/ |::.Y :::`'::::::::::/
       ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
            /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
        /!7ト、7′ 〃  l ヽ ヽ
 、 / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l  / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄  レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ __ ' ∠r1=彳  「水銀灯よ」
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 , 〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
39
男は額に手をやった。
        ____
       /    \
.   /  \
. / /) ノ '  ヽ、 \
 | / .イ '=・= =・= u|   「何がだお?」
    /,'才.ミ) (__人__) /
.  | ≧シ' ` ⌒´   \
 /\ ヽ    ヽ
             ____
    ,    ´ -―r〈?}Yー _
     / /:::::::::,. ヘ≧ラ:::::::::::::_,
         / /:::::,. :::´:::;. ,-―ベ" ̄ `
   /  /::::::/:::; イ  | \ \ \
              /  /:::/:::/ /    |   ヽ  ヽ     ヽ
    / |:/::::/  :′| |      ヘ    ハ 〃
  イ二 >r< i  |   , i |廴/:/  /
  <         \__'/ /|::| イ/| \\  \   ヽ  | ィハ ハ|::::/:::::=≠――
        //  / |::|ー'  |、ヽ \\  \ |l /,.イ/ / /::jノ:::::::::::::::::::::<二
  //  /   |::| i    ', >\"\二  ヽ|レゞ'イ/ イ|、:::::::::::::::::::::::::::二二ニ 「名前よ名前。
    /::::/  /   i!::! ヽ  ヽ >イ l!ノ,.`      7  / |::>:::::::::::::::::::::::::≧=--  あなたが始めたんでしょう?」
  \.__/::::/  /    /::/  \  \ ` ´        〉/ /:::::::::::::::::::::::::::::::<二
 \ヾ{  /    /::/i  |イ\ \ _,. ィ /イ i\::::::::::::::::::::ヾミ ̄ ̄
    / \<..._∠ イ∧ Vヘ.` ー一    ̄ ´/:::| | ト \ ̄ヽ\::\
ー===  ̄:::::::::::::::::ー―ヘ ∨7`;―::>r―‐:'::.:::| | |:::> `  、 \
‐'"~:::::::::,.   -―――ベYヘ.  ∨ /:::.://バ:ヾ\::.::| | l:::.:::.:\_\
:::::::::::::::/ ,. -―――-   ヾ;ヽ  ∨::.://::|::|ハ:::ヽ::〕 | ' /:::.:::.:::.:::./ |
::::::::::// .:::.:::.:::.:::.:::.:::.::..   Yへ ヽ:::辷┘| ヾーヘV/ /:::.:::.:::.:∠ イ /
::::/イノ ::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:ヽ ヽ \ ヽ7√i::|   \:ヾj∧:::.:::.:::.:::.:::.::l/
そう言いながら水銀灯はご満悦だ。
水銀灯なんていう独特な名前、世界に自分1人である。
スイギントウという言葉が名前と認識されず、名前をそのまま問い返される。
この瞬間が、なんなく水銀灯は好きだった。
男の反応は、薄い。
名前だけで一話題ありそうなものだが、男はあくまで自分の好きに喋る。
        ____
       /    \
.   /  \
. / /) ノ '  ヽ、 \
 | / .イ '(ー) (ー) u|   「どっかで聞いたことある名前だお・・・」
.  /,'才.ミ). (__人__)  /
.  | ≧シ' ` ⌒´   \
 /\ ヽ    ヽ
   ___
   /)/ノ ' ヽ、\
    / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__) \   「・・・おめえ、もしかしてモデルとかやってるかお?」
  .  | ≧シ'  ´ ⌒`  |
 . \ ヽ     /
40
水銀燈の偽者?
41
名前への反応は薄かったが―
水銀灯は、更にご満悦。
              ,.. -―_r,.-v‐_-_ァ、 __
               / r/:./.::/ァ´  、 , ` .
             ′ / L':./:.:/ァ l!  ヾ \
           /  / 「_ 水_フ /  / / ! l l  !
                   .′  /   〃/:.:|!` /j∠j/j /| l! ! │
      .′  .′ 「_jl><フイ/__' `く/_/jリ l
    _ _  _ _ _          /     / / ∧! |||| | l ' 、fijハ /x' / '′
  (_l j_  r_z_ヽ_   /  / .:: /l  |||| | |i! ::::::`   fiTイ
      ゝ| 〉‐、'ー‐'  ) . '′  .  ::::://   |j`Nヾi  ィ::: │
.         ゝヽ r‐-   イ/  / ::::./   .イ  |    r__、 /⌒i !  「へえ・・・良く知ってるわね」
    ` T`─  | _/__ ::::/   / |:  |   /ーl | !
.     / ! r-─ォ -‐:: :::::::: `ヽ-?' 三ミ|:: へr‐  ´  . イ |
   ( ノ _.j / / ::::::::::::::::/!::::ll \三fl三|:: ト_j  _ イi::り ,!
  f⌒Y'´  |/ /| :::::::::::::::::i ::::::|!   V lj三|:: /::| Y '⌒ヽ|,|/イ !
   ノ γ⌒ V  rイ:::::::::::::::::::::::::::::ハ   V/,!/ : :|: |/     ` ァ:|
  r-‐ァ     _ノ!∧::::::::::::::::::::::::::/:::lぅ 〃 /| : :::|: | _ _ /::! !
  | ヽ /  / j:::::::::::::::::::::::::::):::!ぅ ヽ ' | : :::|.丁  ト‐〈::: ! !
    ∧  \,_ノ _ノ|::::::::::::::__ ::/:::: トー 、) ヽ:::::|  /  /⌒ン
ラーメン屋にジャージで訪れる、この冴えない男に知られているなんて、
私の知名度もナカナカのものじゃないかしら。
そんなことを考えた。
  ___
  /  ヽ、_ \
  /(● ) (● ) \
 /:::⌒(__人__)⌒::::: \   「友達が、なんかの雑誌持って騒いでたお。
 |  l^l^lnー'´   |   オメーのファンみたいだったお」
 \ヽ   L   /
  ゝ  ノ
 /   /
男は淡々と述べた。それが返って真実味がある。
水銀灯は、知らず口元が、弛む。
. / /  /::/ /    ヽ      }  l |  i  l
|./  /: 1  L       ` ヽ  |        l    i  l  l
 /  /:/ .!  「 " ` ミ 、    \ i      /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !  ヾ l  /     / /  .i
./  , } ヽ i          l   .-- 、_./ /  l
ヽ {  / l \ヽ             j /_ ´   ヽ / / /
 /  l }ヽ `   ヽ〉    `ヽ  ー ´ / /
. i i l   _     ヽ   ソ  _. / /
.il  !. l ヽ        ソ`}ィ.、 '   /7 ´  /
.} / ト... \ト、  ⊥ヘリ  _ イ./   /
.ハ l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
リ{  .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ ! .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
、 l  l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i !
.l }   /   /   /  /  ヽ
42
そこでふと思いつく。
この冴えない男が、なんで私の事なんて知っているのか―と。
   ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
     /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
   ldb| l k_ィヽレ仁リl│
      | ∧l  lK◯   ○ソイ
  ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|   (私が表紙に乗ったのって、多分11月号のCin-Cimよねえ・・・)
  l ヽ トゝ、ニ イト、ト、
    |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ
  N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧
  ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|j≧
  /:::::::ハ:::KXl:_:ト、
  ∠::::::::::::{ミk::〉Xl,ソ::::>    ※Cin-Cim チンチン。女性向けファッション雑誌。
  |:::::::::::`^^KXヽノ
スポーツ刈りにジャージ姿。
冬だと言うのにサンダルをつっかけたスタイルのこの男。
ファッション雑誌を読むタイプには、少しも見えなかった。
   ____
        /  \
  /   ⌒ ⌒ \
 /   ( ●)  (●) \ ゾゾゾ
    |   、" ゙)(__人__)" .)|   
 \      。` ||||==(⌒)ー、
__/         ||||  \ 〉
| | /   , | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
| | /  /  ヽ回回回回レ 
| | | ⌒ ーnnn.ヽ___/ 
 ̄ \__、("二) └─┘ ̄l ̄ ̄
ピンとくるものがあって、そのまま口にする。
 _/:/l:.| /l |  l  l|  l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ l/_ヽト、l_ lヘ    | l |   ヽ
// j:| l l   ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l |  ̄ ̄ヾミ  レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ l ///   { =ミ //| | l
  「´ l\ ',  r - ._ / ,,,, /イ /レ'
 / | l \    !  ` 7  l/ //  「友達って彼女?」
ノ| l    !   '、   / / イ:| 
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  ! |_,  - ≧ 、 _ _, イ l | L!  /|
/ ! l | 〃 ̄ フ水ヘ\  | l l  / }
 ヽ l   | ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! | / / __ - '´
 ̄\ハ l  |、  ̄l:| l:ト-イl ! / l  l/ /// ∠
 Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
  } \! |:l l:|  ∨ /  \
43
男はしらばっくれた。  ように水銀灯には見えた。
    _____  ━┓
  / ―  \   ┏┛
 /ノ ( ●)  \  ・
. | ( ●)   ⌒) |
. |  (__ノ ̄  /     「友達は・・・友達だお?」
. |             /
 \_  ⊂ヽ∩\
 /´    (,_ \.\
.   | /  \_ノ
 〃///ヾ  i ll i ! l  i l |  l ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》 /| li !メ l  l ! i  | ',   ',
 〆i !:L〃 i ', | !  | l ト,   ! /  l  ! i }  !
// / |:|'" i 斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! ! l.  } |
/ i |:l ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l / /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ  レ'  レ' 7 メ .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ 「嘘仰い。
.  l l」  i  ヽゝ:::::::::::..  ゞ゚ノ//ノ |,イ  彼女なんでしょ?・・・あ、それとも元彼女?
 ! ト、    ! .:::::..´ソ"   l:」 ,-'´
 i |. 丶   、_ ,、_ ´    /',  ,   // あぁ・・・だからクリスマスにこんな所で1人ラーメンを
. ',  ト、  ゝ .  ‐/ フ_,, ィ ´ !,〃 ,..-'´:∠_ 食べているのね?わかったわぁ」
.  ', |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ  !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / ! !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::| /:::\:::::::::::::::::::::::::::
    , -? ―- 、
    /   l  \
   /  , : : :: ::::::ト::: : : !: :  ヽ
   /  / l  : : ::| ',:::l :|',: :l: . ',
     ,'. : ::l : :|'、: :: ::|'´,:.l|:! l: l: :  i
        l::: : :| : : ::| ヽ:: :! |:l|;= i:|: l: : |
 ,  l::: :: :i  . : : ::l i:::| 〃  l:|/!: ::l
  /{.    |:: :. :.', l. .: .::|, = l:'  、 '|' i:l :l
  !;:;:    l::: :. ::.、  ヽ: .:li        . -┐lイ/   「冬に別れる男と女―
 i:;:;:;:;  l:|::: :. ::.ト、: :.\ .::::  /  ̄ | イ   ”そんな、もう少しでクリスマスなのに!”
 、 |;:;:;:;:;. ';l: : :. ::| i:\.: .::ヽ  \_ ノ l|
 |;:';:;:;:;:;:;:;.,  ヽ: :. ::| :.ト、.: .:?::.\ー --- イl i  ,:'{  2人で読んだファッション雑誌も意味が
 丶:;:;:;:;:;:;:;:;:;.,.| . :| / ̄ ̄ 丶::.ヽVー、r'〉:.',ヽ\ /:;:;  無いものになったわ・・・
    \;:;:;:;:;:;:;:;:}. : :; :}. : : : : : . \r?'´ ̄¨丶ト、|/;:;:;: ィ
  _ _ ノ:;:;:;:;:;:;': .:/ l: : i:: :. : .l:.  | ̄l¨ヽ    ∨!:;:;:;:;:;:;:  そして男は1人寂しくクリスマスを迎える―
  \;:;:;:;:;:;:;:;:;/: :/ /|:: :.|::: :. :.l|:_ヽ. |  ハ_   _マ\;:;:;'  あぁ、哀れだわぁ!」
  丶:;:;:;:/: :/ /: {:: :.ヽ:. : イト、: . Vー' └1' _,‐〕/:;:;7
 <;:;:i: .:;' .イ. . ::.T:ー-イ|」ヽ〉:. . ∨`'´`〕' _, -};/
   l. ::| l:: ;. : :. ::i  : :.\  . :; -∨`'´}i┘  |、
歌うようにつらつらと、水銀灯が語る。
無論冗談である。
ただ、一片でも真実が含まれていたら、面白いとは思ったが。
44
男は無表情に水銀灯の一人芝居を見守っていたが、
   ____
        /  \ ゲフ
  /   ─ ─ \
 /   ( ―)  (―) \
    |   (__人__) |    「・・・」
 \ 。 | |  /=3
__/       ⌒   \  
| | / , | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ || 
| | /  /  ヽ回回回回レ   ヽ|| 
| | | ⌒ ーnnn.ヽ___/  .(⌒)
 ̄ \__、("二) └─┘ ̄l二二l
短く言った。
   ____
  /     \
   / ─    ─ \
 /   (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |   「おめぇに言われたかねえお」
  \   ` ⌒´   ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /    ,⊆ニ_ヽ、  |
 /    / r─--⊃、  |
 | ヽ,.イ  `二ニニうヽ. |
       ┏┓   ┏┓                      ┏┓┏┓
      ┏┛┃ ┏┛┗━━┓          、 ,.、       .┃┃┃┃
       ┏┛┏┛ ┗┓┏━┓┃┏━━━━━.∧i ヽ-‐'ヽ、━━┓ .┃┃┃┃
     ┏┛┓┃     ┃┃┏┛┃┗━, 、,━━r'/ ∞ } fニ、i V⌒'|/ ┃┃┃┃
     ┗┛┃┃     ┃┃┗━┛ ,.,;゙::::::::ヾ ,,/!.:: ::/j_ `ー'  j,:: ∞!  ,. , .┗┛
      ┃┃     ┃┃       フ:::::::::::::::::::ゞ':: :: !/ハ ヽ_, イ }}:\::レ´〃::`ヾ┏┓
      ┗┛     ┗┛  7::::::::::::::::::(:: :: :: :{l  薔 |}::ノヽ::ノ::::::::::::::::`ミ、┛
         /〃::::::::::;,〃´ゝ、_:: ::゙=∞=″:: :: ::{:::::::::::::::::::::;ゝ、
          '″:::::;,.'' // /:: ::.介:: :: l`ー'´ `゙ヾ゙\゙ヾ、ヽ
          / 〃:::;ゞ / // /:: :: :}{:: :: ::l l| i \ ヾ\
          ,レ' / /  /}:: :: ∧:: :: ::{ il l!  \
           ,.:-‐イ´:\/`Xヽ/ヽ
     .                ,. -───‐ァ'´.:::/:: :: :: :://  入:: :: \、_
     .          /.:: ::. ::.::: :: :::/.: ::/:: :: /:: / \/   \:: ::.\`:.、
        \::.:: :: ::, ‐'´.:: ://:: :: ×.:: ::/ /\  \:: 、:\::\
実に的確な返しであった。
45
たった一言で、水銀灯の心は砕けた。
とっくに認めていた事だが、今日の自分は敗者で除け者だ。
改めて人から指摘されると、笑い飛ばすことも億劫になる。
    , ´             `ーヘ、::.::.:::\} ヽ
   /   , ′      L入::.::.:::__YZ `、
        , ′,  ,  ,  /    ;  |  l i l    >'´ィ介、`ヽハ
.     // ′/ / ,′    /   ,イ ,′ l ,′/::::/ 川ト、 ヽ::\
   /,' ,′.′.′/,'     /   / l ′ //  \:く  //!h::ヽ ノ:::ノ
          l ′i  l  i  l | /  ,イ / / /,′ ,′ヽ∨/ !| lヽ::r‐' !
  八 l  |  | ハ{  / / ノ/_/__/_  /    7′l:||!::| |
       ヽト、 、 ト二ヽ /レ'   ̄二ニ∠」_ノ / ,′ / ! ハ:::、 |
    ` `7ヽ弋なY      '^ぃf{ノ} 彳 / / /  /:/ ! l ::?
      ,' ノ ハ ゞ ' ,     ̄´ /   イ ,′ /:::l ハ |::::∨ 「ハアーッ」
   /{ { ′ゝ 〈        _彡 / //  └く!| | |::.::」|
  、    /ハ ヽ、 \   _ __  ー― '´7 //  i  | l `了
  ヾミ≧x \/ /ンーヘ、` ニ`    '′// l  ハ  /// /
   `ヾミニ∨ '  `> 、 _  -‐ _ _ イ/:l     !  ,′∨厶∠
   ー==≠二7,′ /\ レ'了」斤く:::ノ/::::l    ,′/ ノ三彡'′
水銀灯は大きくため息をついた。
そこで、目の前の男に目をとめる。
     ____
   /⌒ ⌒\
 /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ モグモグ
  | 。`,⌒゚:j´    |
  \γ⌒/■)'   _ /
 ( ^ノ ̄    ヽ
同じく、敗者であるはずの男だった。
      , -=ヘニ/ {/::.::.:/::.::.::_:_;:r<ノ ` ̄´⌒ー'´ ヽ>-、_::_::ヽ`Y
       / 三三三 | 「7::.:/::.::;ィこィ′         、 \ ヽ `ーヘ7ト、\
        / 三三三三 | {::/::_;ィニノ /  ,        `、 ヽ   `、  |::l|:::lN
   _/三三三三三ニrrヘvr'7  l  |,  、 l|   、 `、  l ∨::l|:::||:|
 , -‐仁7三三三三ニ//,1「 ̄     | |  l| |    l lト、 l 、 | l|:::||:::l|:|
  {三三l三|三三三三ニ{〈// l }  ,  , |?| | | | ,    } | l  ト、 | |  l |ヾニニノ
  」三三',ニ|三三三三ニ∨/ //l ,′  l | ? l | | l    l l| |  ! | l l  l | ?l:::|
/ l三、ニヽ」三三三三∨〈_//| | l|    | |  | ?l | |    l/ l| |_厶モ十7| ,' l| |:::|
- ‐ヘ三\三三三三ニ/777 l| | l|  , l| | l| ハl | l    |ー彳,ィf禾ざ了 l/  l| |:::|
二7∧三ニヽ<三三三/ //| j l| l| l  l|ハ | |__」斗弋 | / 〃`‐=く_) 〃 l| ヽj 「私達って、つくづく負け組よね―」
// /ヽ三三\三三 凵〔 |lト l | |  |レヘイ ,ィ行テヽ\ j        〃 l  | |
// /三{\三三`三三三ヽ |?Nハ ヽ `ヽ <ヾ>'´  、  〃l  | l| |
┴‐r┐ \`丶三三三三三lノ| l |//\ \ヘ、 ゚゙"  ..:}       l| | /イ| 〃l
  / j三三二ニ二三三三三}〃 { |l| `ヽ//ヽ、   _, -┐   l| l  // }レ1/
  厂 ̄       /⌒!三三二厶 ハ l| |├ヘ:::> 、  └‐=´ / |l |// /7′
二>-―‐?介ヘ-‐'  、 ∨ハ l|   リ_l/::.::r1::>::rーr-‐'´   |l l///
´    /__}ノ   ヽ \ ヽ\ ヽヱフVーレ'7::.:{∨{    l |l `<
    {     ヽ  \  〉′ `ー┴ '´  `丶>ヘ、  丶ヽ   ̄`丶、
共感と、同情の言葉が欲しくなり、つい水銀灯は本音を零す。
46
だが男の反応は、ここでも想定外。
   ___
   / .u \
  /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\    /⌒)⌒)⌒)
| / / /  |r┬-|  | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |  /   ゝ :::::::::::/ 「え、なんでだお?」
|  ノ   | |  |   \ / ) /
ヽ /  └ー.┘ ヽ / /
想定外が予想外。
水銀灯が戸惑った。
        , '´,
      / /  , '    ハ
  , '  / / /  l |
. // / / ,' ,′l l|  l ! l   |
  /〃 // ' / /  l| l|  l l |   |
.  /// //、 /  '/ /!|l l! ハ l| { |
 // l |l| | 「トl| l !| l l|_厶⊥L!_|`l  l
  〃 |l |ll ,ィ永 l l |l |jム=ミ/〃ノ|| l
  { 川lV| {リ|  ソ  f℃ `X リ| |
    |l| ゙フ  {じ'   イ/ /l| |   「え、だってクリスマスに一緒に過ごす人がいないのよ?
  l||!ヽ  `iiT′/' ィ ′|   普通に考えても不幸でしょう?」
    ノハ  、__ _彡1/ ,′ l
     lヽ `  ̄ /,' / l
     ! ∧    〈〈 ,′  ハ
          // /ンー┬=≦三N  ,′|
.         // ∧  /j三三三| /l  l
        // /  ∨/l三三三/ , / l| |
      // /  /∠三三三l // l| |
     ____
   /  \
 /_ノ  ヽ、_ \
  /(●)三(●)) .\
  |  (__人__)  |    「んーだ、そんなことかお」
  \ ヽ|r┬-| / /
  /   `ー'´   \
男はあっさり吐き捨てた。
47
頬をヒクつかせながら、水銀灯が言う。
現実が見えないタイプかと、疑った。
      -‐r=y=y=y-、、
                 /__f〆..:::::::::::::{{f?}:::::...丶、
    /_f〆..::::::::::::::::::::::ゞ宀'::::::::::::::..\
     /_f〆..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
                / _{f7.::::::::fメ}ー'^ー'^ー'^ー'^ー'^ー'マ}:::::.ヽ
      / _{f7.:::::fメ厂        `マ}:::',
              / {f7.:::fメ厂 |  | |     | l     マ}ヘ
    / {{l:::::/ノ  i | ?| l|  |l |   l | |l  ハ
            /  {{l:::/ノ | | l  | | ||  |l |   | | l| l |lハ
   / {{|:/ノ l| ?| |l | | |l  ハ.?  | | 斗‐| |l |
          /  イ小、 |l 丁 T?l┼l l| / |? イ?? ; l | |
.          / , // |:||:トヽ lヘ |r=┼=ミヽ'j/ ノj >=fT7// ハl |、 「・・・強がんなくてもいいわよ。
        / / 〈〈. |:||:| 〉〉、ヽヾ弋ゞ'ノヾ  ''ゞ'シ // / | ∧ヽ あなただって、そう思うでしょう?」
 |i、  / / ゞ=イ|ト =〈ヽ \\" ̄   l!  イ / l |/| 〉〉
 l:i:i:.  / / 〈〈  /∧ヽ 〉〉 \_        ′ u // ′l ::|.//
.  ヘ:i:i.∨ / ' ゞ=イ/ l:l\厶 -イ   \   ____,.    // /  l |:l'/|
\ ヽ:i:i∨ /  // ノ:| ィ / ? トr ヽ ` ニ´  イ ,  / /∠゙イ|:
:i:i:i\_〉i/ /   /イ∠ イ | |  }レ' {  ヘ __, < / / / / ; | |:|.|:
i:i:i:i,'i:i:i/ /   // |<⌒ | | |_丿 |   ',::::::::::::::: 厶./ / / 厶| |:|.|:|
:i:i,'i:i:i:i' /   〈// ̄\ ゝヘノ⌒ヽ      V⌒ー┐::/ ///-/::::..\iヾi:
     ____
   /⌒  ー、\
 /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   「思わねーお」
  |  |r┬-/ '  |
  \     `ー'´     /
男は、困ったように笑った。
そして言う。
   , ―――― 、
  / _ノ ' ;、ヽ_ \
  /  ( ●)  (●) \
 /  (__人__) )    「やる夫は今年―いろいろ上手くいったお。
 |   / | | | | |ゝ  ノ ,.、,_ ,..._   楽しくて・・・ ためになる1年だったお。
 _ヽ、 、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
  '/ / \   ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\  クリスマスが1日寂しかった位で、
, '/  '、 ゞ __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ  不幸だなんて思わないお」
/  `' ーァ、 ;;:/  / ̄iヽ `々゛ 、  /
   | ヽ ;ノ 〈  ',ヽ `、 :i ノ    |
   l \  ヽ /, \l   ! / |
   ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
 ;  | \  /_ノi\l ',\ ヽ,  ! \
苦笑いするように口端だけで笑ったが、その笑みに苦味など一欠けらも含まれていない。
本心を喋っているように見えた。
48
思わず、拳を握る。
同じ境遇と思った相手に、否定されたのだ。
それがなんとも許せない。
水銀灯はやる夫を見据え、詰め入るように迫った。
      _,z=====z、
          /'´ _, -――- 、\
   // / / l    l \ハ
   lj_/l | l l! / / l ヽ|
  くノ! | | l \ ! l / イ  l|
   /l:'┘NT ,ヘX  ノ _メl /イ|   「・・・友達同士のパーティにすら呼ばれなかったのよ?
     // | ト ー┘  イ 'ノチ / |    クリスマスに1人で居続けるって事は、
  /   ! l、  _' ` / / l, ィ   大切に思ってくれている人がいないって事じゃないの?」
   // :! l|\ ` ´  イ' / / /
  / /  __l V {><}__/「Y/ /
    / //   \|ー‐ 八 ー/r:| / ̄ヽ
  /! //  、 {j???{j〈 ヽ |ト、
 // l  : :/  : :}: {j┌{こ}┐{jト、└ソノ卜、
  /ハ l: : / . : / {jL/ ヽ」 (_Y´ ̄」: :.',
   __{〆..:::::::::〆   ` 、
 /_{f7.::::::::::〆                \
 / __{f7.:::::::〆  /       \ \
 厶イ7:r-、く | |    |  ヽ  \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | | |、        | ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ | \ ',  |  | '.
/ /://ll |:「´  |{ 丁ヾト、| ヽ |! |  |l |
  |::| l| |:|  |ヽ弋f==,ミメ、 ' ?  /ハ     || |
/|::| || |:|ヽ  | 、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::| || |:| \  ヽ  ̄¨` l/rテミ|/ / / }ノ
  |::| l| |:| l \ \     、ヾ' / イl/
  l|    |   ` -\ J  ′/  ノ   「世界に1人だけなのよ?
   |l  |\     r‐ァ  / /    それは寂しいことじゃないの?
  ハ  ト、  、 U   ̄  イ      不幸なんじゃあないの?」
  / ハ     l::.\ >_,、  /  |
    / ∧  l:::::/.::7爪  丁 |
―-  _∠::::ヽ ∨:::/ 小ヽ |l |
―‐ 、 ` マ}__ ト、 ∨/:||:lL)〉ハ  |
::::::::::..\「` マ}___\  ∨:||:「く/  | |
::::::::::::::::::::::::::::..マ}___\ ∨| ヘ`ー|  ∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}__ \l|  ヽ:::::l /:::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}  ゙r?、>|/-、:::::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ/ヽ| | 厶、ノ`}:::ヘ
水銀灯の、心の奥。
寂しさと、人恋しさと、誰にも必要とされていないのじゃないかという思いと―
それらが一塊となった、不満と不安が、男にぶつけられた。
49
男は、チャーハンかっこみながらそれを受けた。
    。
   。 O    ____ー、
   ゚  。 \ヽ / u ゛  u  \ ゚
   - ・。 /;゚ ⌒ ⌒ @\。
   ,  ゚ 0 ─/ { U (●) (●) .\ / 。   ,'´ ̄ ̄`',
   ゚ ,,、,r-'⌒l u//(__人__) 、 ) 。゚ | o    ,! ハ ハ !
  。 ゚ r-'⌒`ー-'´ヾ,. ir- r 、//u  / 。 ・゚ l フ ム l
  ヾヽ、_,,,、-、/ミ,ヽヽ/ ノ_, -イ-、\  ∠  ハ ッ j
   ー = ^?、 ̄r'´ ̄`''jヽ、  〃ヾ ゚ 。 ヽ フ  /
 jヽjvi、人ノl__  / / ヽ´{ミ,_   ̄`'''-ヽヾ   ` ̄ ̄
 )  ハ   7    / / `'='´l  ̄i'-、_,,ン ノ 。
 )  フ   て / /  !。 l l - ニ
 7  ッ  (  __ヽ、__l ___ .!。 l__l__,-=-,___
  )   !!    ( ,       l l
  ^⌒~^⌒^~⌒^      ヽ=ノ
軽くかっこんで、飲み下し、ご丁寧にゲップまでしてくれてから、口を開く。
   ____
        /  \ ゲフ
  /   ─ ─ \
 /   ( ―)  (―) \
    |   (__人__) |    「・・・」
 \ 。 | |  /=3
__/       ⌒   \  
| | / , | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ || 
| | /  /  ヽ回回回回レ   ヽ|| 
| | | ⌒ ーnnn.ヽ___/  .(⌒)
 ̄ \__、("二) └─┘ ̄l二二l
  ___
 /⌒  ⌒\
  /( ●) (●) \
/::::::⌒(__人__)⌒:::::ヽ
|  |r┬ | (ヽ |    「・・・極端なヤツだお」
\γ⌒=/⌒ヽ_(⌒ |/
/ ( ^=/  / ヽ ノ\
| / ,(⌒ヽ/ \
ヽ_ノ ー '
笑いながら、それだけ答えた。
50
     ___r=y=ー=冖-ィrt=、
   /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
   /__f〆:::::::::::::::::_y=ー?冖?―-\    /
        / .{f7::::::::: イ厂 ;′      `\  / /
        /__{f|:::::/  l l |   ヽ ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\  | | |  ', i  ヽ∨ /   / //
      /   ̄7 |l|___}〉 ?|   | {  |   |     ∨ /  ..::/
.     /  //  |:| ̄  | || l  | | ト      | ? ;  ', Y /.::∠
    /  , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \ |ハ / | | |: l::.::.::.:/
  / |:| |  |:|', |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ::.:/ /
/  |:| |  |:| ヽ |   弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::.::.∠ -‐::.::. 「何が極端なのよ!」
    |:| |  |:|  ト  ヽ  ̄  ゝ' /´ |::::/::イ::.:/.::.::.:: -―
 /   |   | \ \   / /::.::.::.::.:/__  ー―
 \/  ∧   |\   ̄  ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _  ̄ ̄
___ \  / ∧    ト  \     ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄ r―一
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ  ∨>=> _ ∠::.::.:| |::.::.::.::.::.> __ ̄ ̄ ̄
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ. ∨::/∧:ト\く___| | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.::.::.::.
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄`` ̄
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ ヽ V  |:|::〈〈::.::.::.::.::.| / \::.::.::\ \
水銀灯の声が荒ぐ。
       。 ゚。
           ((,.)´)´)´))
             |~U~゚ ̄.|゚o
  ____        .「ニ| u    | O
  /⌒ ⌒\    , っΞl!.    |   「全部だお」
 /( ●)  (●)\ /   i L| ____ .|
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\/ ノ . ̄''──┘
  |  |r┬-|       |  /
  \    ` ー'´     //
 / __    /
 (___)  /
硫酸かけてもたじろぎそうにない蛙の面が、平然と答えた。
  ___
  /  ヽ、_ \   「たまたま、1人だったのかもしれない。
  /(● ) (● ) \
 /:::⌒(__人__)⌒::::: \         大切な人の1人に数えられているけれど、
 |  l^l^lnー'´   |    もっと大切な人が居ただけかもしれない。
 \ヽ   L   /
  ゝ  ノ     クリスマスに1人がイコール不幸って・・・極端だお」
 /   /
   ___
   /)/ノ ' ヽ、\   「例えクリスマスに1人だったとしても、
    / .イ '(●)  .(●)\  やる夫は今年は上手くいってたお。楽しかったお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__) \   いい一年だったお。
  .  | ≧シ'  ´ ⌒`  |  
 . \ ヽ     /      やる夫は自分の事を、少しも不幸だと思わないお」
   ____
        /  \
  /   ⌒ ⌒ \
 /   ( ●)  (●) \
    |   、" ゙)(__人__)" .)|
 \      。`/■ヽ  /  「つーかお前雑誌モデルだお?
__/       .(__(⌒)、 \   成功してんじゃないのかお?
| | /   ,     \ `ヽヽ    上手くいってんじゃ、ないのかお?」
| | /  /        \_,ノ 
| | | ⌒ ーnnn.  ) 
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
男の言葉は、最後は疑問で締めくくられていた。
俺はこんなに幸せなのに、なんでお前、不幸なの? と―
51
        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l ヽ
    〈:{_/:/ |:|`ー' | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′  l
   // |:|∧ | `''" ̄`  lイ=ミメ、lノ ′| |
  /::/  |:| ヽ  '、    、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.  /::/ |::| \  ヽ  /  ゛''/ イ/ jノ
 /{:::{  レ′ |`   \   r=ー 、        ハ ノ }
、  /  ̄ /| |       ̄`ー'  / / イ  「・・・私は、役者よ!
::::V      / |     |    ー ニ´- ' ノ  モデルとして成功したって、嬉しくはないの!」
―‐ 、 、   /  !  |   イ |
::.::.::.:..\\′ / l | ___ \ , i´ l |
.::.::.::.::.::...\\/  |  |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l  |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  | |l
誰にも見せぬ、水銀灯の本音がまた零れる。
子供のころから演技が好きだった。
それをやっていれば楽しかったし、満足だった。
だからそれを職業とするために、上京したー
    _r:ァ┴┴┴:'<>v‐ァ、
    (>''":::::::::::::::::::::::::::::::`::<L\
          c/:::::::::::::__::_:::::_::::::::::::\:::::ヽL_ヽ
        /'::::rァー^ー^ー^ヽへ、:::::::::::\::::::V┐、
     /{:/  | l! `ーヘ>、::::::::ヽ:::::V┐',
      ,' /  /|  ||  | | |  | `L>、::::ヽ:::::V! !
  l l ! | ! | | | | ||  ||  | || (>、:::ヽ:::}). !
        | l! |  |l  | |l| ! || ! | |_ |  |  `L_;::イ勹\!
        || |!|  ||  | |!| | |lイ「 レ1 /| l| {>||<}\\
    || ', 、 l|ヽ. l! |lリ´」斗ヤ刋 /! | |  〈\\ ヽ \
  ヽ ヽヘ {>ヽ{リ ´ `辷'ソ //l! ,'. /  | 《. \\ ヽ `ヽ、
    ヾ<ヽヘ';)  ノ' ,'./ / || 》\ \\ ヽ `ヽ、
       |:! |lハ〈    _    // / ,  | l《 》 《  》 ヽ `ヽ、
    |:! ! |l ヽ、 ´ー   //'´| /  | | 《   》 《  ヽ  \
        〃 | /! |/ ||`iヽ-//'⌒| / /⌒''⌒ヽ.  《  ヽ  ヽ
  /〈 ノ' | | || | |://:::::::::l'′/::::::::::::::::::::ヽ  i     ヽ      ヽ
          //l:| | |ヽ V /'´ハ、:::/ /::::::::::::::::::::::::::::ヽ l.   ヽ   )
     {/ リ   ! ト、_// / 〉//{::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  | ヽ
   〈  L_,し'´./ // /:::::::::::::::/::::::::::::::::〈 |  ヽ
   /⌒_^_^ヽn_r7::::::::::::/::::::::::/::::::::::::〉 l |!  ヽ
    !  〔:::::::::::〕 〈::::::::/:::::::::::::/::::::::::::/  | | ! |  ヽ
ただ、売れたのはモデルとしてであり、演技での収入はゼロに近い。
水銀灯の思い描いていた未来と、現状は違った。
52

続き・詳細・画像をみる


【衝撃】ハゲマッチョの海兵隊員が性転換した結果wwwwwwwwww

彼氏が私の趣味を気持ち悪いって言うから振ったら何故かキレられた

バーベキューで魚介類持参してくる奴wwwwwwwwwwwwwwww

アグネスの家ってどこが豪邸なの?(※画像あり)

最近の小学生のファッションやべえ

余命わずか!「めちゃイケ」救済はアレを“強行採決”するしかない

back 削除依頼&連絡先