伊織「亜美の理想の人」back

伊織「亜美の理想の人」


続き・詳細・画像をみる

1:
美希「ハーニーィ?!!」
P「ああもう!!仕事なんだから放してくれよ!!」
亜美「ミキミキもよくやるよね?」
真「ほんとだね、いや、僕らも好きだけどさ…」
響「あそこまではできないぞ…」
2:
伊織「あんたらのセンスってほんとわかんないわ」
響「そういう伊織だってこないだプロデューサーに…」
伊織「わーわーわーわー!!」
真「でも実際結婚するならプロデューサーみたいな人だよね?」
3:
響「うん!!優しいし真面目だし仕事できるし!!」
伊織「顔もまぁ及第点よね」
真「亜美もそう思うだろ?」
亜美「え?」
4:
伊織「あら?亜美にはまだ早かったかしら?」
亜美「いや、兄ちゃんは遊び相手っていうか…」
真「なら亜美はどんな人がタイプなんだい?」
響「315プロで例えるならどんな…」
亜美「真美」
5:
伊織「は?」
真「え?」
響「へ?」
亜美「だから真美だって」
真「いやいやいやいやいや」
伊織「亜美?今私たち『結婚するなら誰?』って話してるのよ?」
亜美「ん?そうだよ?だから真美だって」
7:
響「いやいや真美って…」
亜美「だって結婚って1番好きな人とするんでしょ?だから真美」
真「いやそれはそうなんだけど…」
響「結婚ってのは一番好きな人と『家族になるために』するんだぞ?亜美と真美はもう家族じゃないか」
10:
亜美「真美が他の人と結婚したり亜美が他の人と結婚したらそれぞれ別の家族になっちゃうよ?」
響「うぐっ!?」
伊織「あっ、子供!!子供はどうすんのよ!?」
響「そうだ!!子供!!女同士ならチューしても子供できないぞ!!」
11:
伊織「この際マジで言ってんのか誤魔化してるのかはおいとくけど、亜美?子供は欲しくないの?」
亜美「ひびきん何言ってるの?赤ちゃんはね、仲良くしてたらコウノトリさんが運んできてくれるんだよ?」
伊織「…」
響「え?そうなの?伊織?」
真「いや、赤ちゃんってキャベツ畑から貰ってくるんじゃないっけ?」
伊織「もうあんたら黙ってなさい…」
12:
亜美「それに今はあいぴーえすさいぼーってのがあるんでしょ?だから女同士でも赤ちゃんできるって千早お姉ちゃんとお姫ちんが言ってたよ?」
伊織「あの2人は何を考えてんのよ!?」
響「春香とやよいが心配だぞ…」
真「いや、響も当事者だと思うよ…」
13:
伊織「大体何で真美なのよ?せめて真でしょ?」
真「せめてってなんだよ!?」
亜美「逆になんでいおりんたちは真美じゃないの?」
響「こんなにわからない逆にもないぞ…」
14:
亜美「だって真美だよ?真美!!可愛いし優しいし…天使って言葉は真美のためにある言葉だよ…」
伊織「遠い目しながら何言ってんの?」
亜美「昨日なんてやよいっちとどっちが天使かって千早お姉ちゃんと大喧嘩しちゃったよ」
真「ほんとに何やってんの?」
響「仲がいいのか悪いのかわかんないぞ…」
15:
亜美「だってね!?だってね!?一昨日兄ちゃんがケーキ買ってきてくれたっしょ?」
伊織「あー、あのゴージャスセレブプリンの店のケーキね?」
亜美「あれね、亜美が『チョコのやつがいいなー』って思ってたらね、真美がチョコのやつ取っちゃたの…」
17:
真「え?でもあの時って結局…」
亜美「うん、落ち込んでたらね、真美が『はい亜美、これでしょ?』って言ってね、亜美にね、くれたの♪えへへへへ♪」
響「重症だぞ…」
18:
亜美「そもそもみんなだって真美と結婚したいって思うっしょ?」
伊織「思わないから聞いてんのよ…」
亜美「えー!?なんで!?なんで!?なんでー!?」
亜美「みんなそーぞーりょくが足んないよー!!真美をお嫁さんにしたら真美が家で待っててくれるんだよ!?」
響「そりゃそうだろうけど…」
真「それを言われてもなぁ…」
19:
亜美「ふぅ、やれやれだねみんな」
伊織「なんか腹立つわね」
亜美「ここはピヨちゃん直伝の亜美の妄想力でなんとかするしかありませんなぁ」
響「もうピヨ子と貴音と千早を亜美から引き剥がすしかないんじゃないか?」
真「否めないね…」
20:
亜美「でもね、まこちん。ちょっと目を閉じて考えてみてよ」
真「ん?」
亜美「あなたは真美とデュオを組みました…」
真「うん…」
響「なんだ?この感じ…」
21:
亜美「ですがお世辞にも売れてるとは言い難い、そんな時期が2年程続きました…」
真「うん…」
伊織「なんで急に敬語になるのよ…」
亜美「そんなある日、まこちんにはゆきぴょんと組んでデビューする話が来ます…」
真「はい…」
響「なんかありそうな話だぞ…」
23:
亜美「結果は大成功、そこで兄ちゃんが言います『このままこっちで活動するか?』ってね…」
真「うっ…でも、そんなことしたら真美が…!!」
伊織「…真もちょっと入っちゃってない?」
25:
亜美「そう、ゆきぴょんと組めばまこちんは確実に売れるけど、真美を見捨てることになる…」
真「そんなことしないよ!!僕は真美と一緒に頑張るんだ!!」
響「真?妄想だぞ?」
亜美「まこちんならそういうだろうね…でもね、次の日から真美は来なくなっちゃうの…」
真「…まさかっ!?」
26:
亜美「そう真美は昨日の兄ちゃんとの会話を聞いちゃったんだ…」
真「嘘!?嘘だろ!?どうして…」
亜美「優しいまこちんは絶対自分を選んでくれる、でもそんなまこちんだからこそ…優しくて大好きなまこちんだからこそ…真美は足を引っ張りたくなかったんだよ…」
真「違う!!違うよ真美!!僕は…僕は…」
27:
亜美「真美のもとに行って話し合うまこちん、でも真美はずっと笑顔なの…なんとか作った笑顔で『まこちんには真美よりゆきぴょんとの方がイケイケだよー』ってね…震える声で言ってるんだ…」
真「真美!!違うよ!!違うんだって!!」
亜美「そうこうしてるうちに、真美の我慢は限界になっちゃって…笑顔に一筋の涙が…」
真「!?」
28:
亜美「『あれ…?おかしいな…?悲しくなんか…ない…はずなの…に…』」
真「もういい!!もういいから!!」
亜美「『えへへ、やっぱ…真美ダメだね…最後まで…演技できなかった…』」
真「ダメなんかじゃない!!真美は…真美は…」
亜美「『まこちん…真美…悔しいよぉ…』」
真「真美ーーー!!」
30:
亜美「っとまぁこんな感じで」
真「真美…真美…真美…」
響「これ妄想って言うか洗脳じゃないか?」
伊織「真、しっかりしなさい!!」
31:
亜美「そんなら次はひびきんだね!!」
響「いや、自分やるなんて一言も…」
亜美「ひびきんにはパターン8534でいこうかな」
伊織「どんだけ妄想してんのよあんた!?」
32:
亜美「ひびきんと真美はね、事務所にナイショでつきあってるの…」
響「その前提がもうおかしいぞ…」
亜美「ナイショって言っても女の子同士だからね、特に怪しまれることなく日々を過ごします…」
響「うん…」
伊織「だからなんでちょいちょい敬語になんのよ…」
33:
亜美「そんなある日ね、ひびきんが兄ちゃんに告白されるの…」
響「う、うん…」
伊織「急展開ね…」
亜美「最初はね真美と付き合ってるからひびきんも断るんだよ…でもね、付き合ってるのはナイショだから理由を聞かれても答えられないの…」
響「…」
34:
亜美「そうするとね、兄ちゃんはね、はっきりした理由が聞けないから諦めきれないって言うんだ…」
響「そ、そうかもな…」
亜美「だからね、ずっと兄ちゃんからのアプローチは続くの、その状況にひびきんもまんざらじゃない感じになっていくんだ…」
響「うむむ…」
35:
亜美「真美はそれを全部見てたんだ、でもね『最後は自分のところに戻ってきてくれる…』『今まで付き合ってきた絆を信じる…』って言って別れようとはしなかったんだ…」
響「真美…」
伊織「響?わかってる?妄想よ?これ」
36:
亜美「そんなある日、2人は喧嘩しちゃったの…きっかけは些細なこと、今までだってさんざんしてきたし、明日になれば笑顔で仲直りできるような話だった…でも、今回は違った…」
響「ど、どうし…」
亜美「ひびきんが『プロデューサーなら…』って言っちゃったんだ…」
響「あ…」
37:
亜美「そう、その時のひびきんもそんな顔してたよ…でも口から出た言葉は戻らないんだ…」
響「ち、違うぞ!?真美?真美?」
亜美「真美はね、それまで怒ってたけどその言葉を聞いた瞬間…寂しそうな笑顔になってたんだ…」
響「違うんだ!!真美!!つい…つい言っちゃただけで…」
38:
亜美「『そう…だよね…へへ…いつかは来るって思ってたけど…そっか…今か…へへ』」
響「真美!!自分の話を聞いてくれ!!」
亜美「そうして走り去る真美…」
響「待ってくれ!!真美!!くそっ!!追いかけるぞ!!」
39:
亜美「そう、ひびきんは追いかけるんだ、でも中々見つからない…」
響「どこだ!?真美ー!?どこにいるんだー!?」
亜美「ひびきんは走り回ってようやく給湯室で真美を見つけるんだ…」
響「真美!?良かった!!やっと見つけ…」
亜美「そう…包丁を握って…手首から血を流した真美をね…」
響「真美ーーー!?」
41:
亜美「『あ…れ?…ひび…き…ん?』」
響「真美!?真美!?どうして…こんな!?」
亜美「『えへへ…ひびきんに…ふられたら…なん…か…どうでも…よくなっ…ちゃっ…て…へへ…』」
響「自分、真美をふってなんか…」
42:
亜美「『ひびきんは…悪く…ないよ…真美が…ひびきんの…いない世界に…耐えられなかった…から…』」
響「もう喋っちゃダメだ!!待ってろ、今病院に…」
亜美「『えへへ…でも…これで…ひびきんは…真…美の…こと…忘…れ…ない…で…』」
響「何を言って…おい、真美!?真美!?」
亜美「『…』」
響「真美ーーーー!?」
44:
亜美「っとまあこんな感じで…」
響「真美は!?真美は無事なの!?」
伊織「だから妄想だって言ってんでしょうが!?」
亜美「これで2人には真美の魅力が伝わったかな?」
45:
伊織「なんで二つともバッドエンドなのよ!?」
亜美「真美が不幸になる姿を見るとゾクゾクするんだー♪そんでね、亜美が幸せにしてあげたくなるの♪」
響「歪みすぎだぞ…」
真「…でもわからなくもないかも…」
46:
伊織「真美の魅力はもう十分よ…でもこの件を真美には言ってあるの?」
亜美「は?いおりん何言ってるの?言うわけないじゃん!!恥ずかしいのに…」
真「さっきまで妄想を垂れ流してたことの方がよっぽど恥ずかしいよ…」
亜美「でもね、亜美の気持ちはちゃんと真美に伝わってるよ♪」
響「何を根拠にそんな…」
47:
亜美「こないだね、真美のライブにお忍びで行ったらね、真美と目があったの!!二階席だったのにだよ!?二階席にいる亜美を見つけるなんて愛がないと無理っしょー♪」
真「いや…それは気のせいじゃ…」
亜美「あとね?昼寝する時あるっしょー?そん時にね、亜美は右手を下にして横向きに寝るんだけど、真美は逆なの!!」
伊織「それがどうしたのよ?」
48:
亜美「いおりんは鈍いなぁ…そんなの亜美と向かい合って眠りたいって意味に決まってんじゃん♪」
伊織「えぇ…利き腕が違うからだけな気がするけど…」
亜美「他にもね、真美が1人でテレビに出る時には亜美に秘密のサイン送ってくれるしー♪」
響「え?そんなの決めてあるのか?」
亜美「え?決めてないよ?でも亜美にはわかるの、『あ、これ亜美に向けてのサインだなー』って」
伊織真響 ゾクッ
49:
亜美「いおりんたちにもわかるやつで言うと、3日前の音楽ステーションで投げキッスしてたのと、今日のハイハイハイでウィンクしてたのがそうだよ♪」
伊織「いや、わかんないわよ…」
真「これって妄想と現実の区別がつかなくなってるんじゃ…」ヒソヒソ
響「妄想とかじゃなくてストーカーだぞ…これ以上喋らせたらダメだ、話を変えよう…」ヒソヒソ
51:
真「あ、音楽ステーションと言えばジュピターも出てたよね?」
亜美「あー…」
伊織「ど、どうしたのよ…」
響「いきなりテンションが変わったぞ…」
亜美「あのジュピターの…トイレみたいな名前のやつ…」ボソボソ
響「トイレみたいなって…翔太のことか?」
52:
亜美「そう…あいつ…馴れ馴れしく真美に喋りかけてた…」ボソボソ
伊織「いや、番組なんだからそんなこともあるでしょ?」
真(心なしか亜美の目から光が消えてるような…)
亜美「真美は嫌がってたのに…」
真「そ、そんな風には見えなかったけどなぁ…」
53:
亜美「亜美にはわかるの!!」ドンッ
伊織響真「「「ひぃぃ!?」」」
亜美「あ、ごめんごめん。でも…あいつは許さない…」
伊織「ちょっとヤバいんじゃないの?」ヒソヒソ
真「そうだね、誰か大人に相談した方が…」ヒソヒソ
54:
響「亜美?この話誰かに相談したりしてないのか?」
亜美「実は亜美もちょっと不安になった時期があってね…」
真「誰かに相談したの?」
亜美「うん」
伊織「誰に相談したの?」
55:
亜美「ピヨちゃん!!肝心の内容はなんかよくわかんなかったけど『亜美真美わっほい!!』って言ってたよ!!」
響「人選ミス!!」
伊織「あの鳥ぃぃぃ!!」
真「せめて律子なら…」
56:
亜美「ふんふふんふーん♪あぁ、早く真美帰ってこないかなー♪」
伊織「思ったよりヤバいわね…」ヒソヒソ
真「これで『女同士は結婚できない』って知ったらどうなるんだろう…」ヒソヒソ
響「2人の場合『姉妹は結婚できない』も追加だぞ…」ヒソヒソ
58:
伊織「でもいつか知るわよ?」ヒソヒソ
真「そうだよね、誰かが言わないと…」ヒソヒソ
響「えぇ…自分嫌だぞ?真が言えよ」ヒソヒソ
真「僕だって嫌だよ…伊織なら大丈夫だろ?」ヒソヒソ
伊織「なんで一番年下にそんな重い仕事させるのよ…」ヒソヒソ
真「じゃあ3人で一緒に言おう?ね?」ヒソヒソ
59:
亜美「ねーねー、3人ともこそこそしてどうしたのー?はっ!?まさか3人とも真美のことが好きになっちゃったの!?ダメだよ!!真美は亜美のなの!!」
伊織「いや、違うんだけど…」
真「実は…」
響「…ってことなんだぞ…」
亜美「…」
60:
伊織「あのね、亜美?落ち着い…」
亜美「知ってるよ?」
伊織響真「「「!?」」」
響「え?」
真「知ってたの?」
亜美「当たり前じゃん、3人とも亜美をバカにしすぎじゃない?」
伊織「赤ちゃんの作り方知らないくせにそこは知ってるのね…」
61:
亜美「だから亜美たちはアメリカに行くんだー♪そこで結婚するの♪」
響「…なんかもう真美さえ納得するんならそれでいい気がしてきたぞ…」
真「そうだね…」
伊織「真美にその気がないのが一番の問題なんだけどね…」
62:
ガチャッ
真美「ただいまー」
真「あっ…」
響「帰ってきたぞ…」
亜美「真美?♪」ダキッ
63:
真美「うわぁ、もう!!亜美、危ないっしょー?」
伊織「亜美が真美に抱きつくなんて見慣れた光景だけどあれを聞いたあとだと全然違うわね…」
亜美「ねーねー真美ー、あのゲームしようよー」
64:
真美「えー?亜美が考えたあのゲーム?」
亜美「そう、乳首探しっこゲーム」
真美「もー、一回だけだよ?」
真「これ真美もまんざらじゃないんじゃない?」
亜美真美 キャッキャッキャッキャッ
65:
小鳥「真『これ真美もまんざらじゃないんじゃない?』…っと」
小鳥「ふう新作亜美真美本、もうちょっとね、さぁ冬コミに間に合…」
P ジ-
亜美 ジ-
真美 ジ-
66:
小鳥「…」
P「…」
亜美「…」
真美「…」
小鳥「すいませんでしたぁぁぁぁぁぁあ!!」
67:
響「それでピヨ子は律子に説教されてんのか…」
真「まぁ今回はえらくぶっとんだ内容でしたね…」
亜美「ほんとだよ!!」プンスコ
真美「真美たちをモデルにするなんて!!」プンスコ
6

続き・詳細・画像をみる


女「告白は罰ゲームでしたw」←うまく返せ

Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch村をどもらずに発音する天気予報のおにいちゃん

親から遺伝されるもの一覧wwww(※画像あり)

父親のAVを盗み見てオナニーしすぎた4歳男児のチ◯コが壊死

【急募】 一番好きなゴジラ

韓国籍のキム容疑者、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で警察官を蹴り逮捕

back 削除依頼&連絡先