佐久間まゆ「記憶喪失のまゆと、一緒に…♪」back

佐久間まゆ「記憶喪失のまゆと、一緒に…♪」


続き・詳細・画像をみる

1:
佐久間まゆ「記憶喪失のプロデューサーさん…♪」
後日談になります
先にお読みいただいた方がよりわかりやすいかも知れません
あと多分、よりえっちぃ方向にいってるので注意
2:
「はい」
「以上が、あの日に起こった出来事です」
「…今日も、『お話』では記憶は戻らなかったようですね」
「それじゃあ、また」
「状況再現、ですね」
「あの日」
「まゆのスカートを真下から覗き込んで」
「思い切り、パンツを見ちゃったプロデューサーさんと」
「そのプロデューサーさんのお顔に」
「ぺたんと、ぎゅうっと、座り込んじゃった、まゆの」
「状況を、再現、…ですね♪」
3:
「うふふ…ッ、そんなに急がなくても」
「記憶も、まゆも、逃げたりしませんから」
「ケガをしないように、ゆっくりと、ソファに横になってください」
「さ、…お顔のうえ、失礼しますね」
「はい」
「今日のまゆは、こんなパンツを履いていました」
「フリルをあしらった、オシャレで、可愛くて、…ぴっちりしたの」
「ふふ、あの日と違うパンツじゃ『再現』にならないですかね…?」
「うふッ…そうですよね、『やってみないとわからない』ですよね」
「それじゃ、今日も始めましょうか」
「よい、しょっと」
4:
「はい」
「今日もまた、まゆのスカートの中には」
「プロデューサーさん、ただ1人」
「あの日の記憶を取り戻さんと、必死にもがく」
「プロデューサーさん、ただ1人」
「まゆの、大好きな、大好きな…」
「プロデューサーさん、ただ1人」
「いま、何が見えますか?」
「『薄い緑に染まってる』…?」
「そうですねえ」
「今日のパンツは、そんな色、でした♪」
5:
「重たくは、ないですか?」
「いつも履いてるのと違いますから」
「体重の掛け方が、どうにも」
「…お鼻に、違和感が?」
「あ、そっか」
「お花模様の細かい刺繍が入ってましたね」
「履いている内側には当然そんなのは無いので」
「気付きませんでしたねえ…」
「まあ、想定された外の使い方ですから」
「仕方ないといえばそうですよね」
「履いたまま、お顔に跨って押し付ける、なんて使い方は」
「…うふッ♪」
6:
「それにしても」
「このままでは、いけませんね」
「お鼻の違和感が邪魔をしちゃって」
「『記憶を取り戻す』のが、妨げられちゃうかも」
「だいじょうぶです」
「こんなこともあるかなと思って」
「ちゃあんと、『替えのパンツ』も用意してあるんです」
「プロデューサーさんは、何も心配しなくていいんです」
「ただ、集中してくれるだけでいいんです」
「まゆの、パンツに」
7:
「カバンは、ここに」
「この中に、ほら、替えのパンツが」
「こんなのでしたら、だいじょうぶですよね」
「…っと」
「こうやって広げても、見えませんよね」
「まゆのスカートでお顔が包まれたままですもんね」
「…うふふ」
8:
「それじゃあ、こっちのに履き替えますね」
「座ったままでの履き替えは…ダメですね」
「ほら、そんな顔したってダメですよぅ」
「刺繍の段差が引っ掛かって」
「お顔に傷を付けちゃ、いけませんから」
「そういうのは、別なのを履いてるときにしてあげますから」
9:
「よいしょ、っと」
「それじゃあ、まずは脱がないと」
「でも、困りましたね」
「プロデューサーさんが真下に居ると」
「まゆの大事な部分が、見えちゃうかも知れませんね」
「…遠くて、暗くて、良く見えない?」
「うふッ、なあんだ」
「それなら安心ですね」
10:
「あッ」
「ごめんなさい」
「プロデューサーさんのお顔が、真下にあるんでした」
「いつも通りにパンツを脱いじゃったら」
「お顔のうえに、落ちちゃいましたね」
「…うふふ」
「すぐに拾いますね」
「よいしょ」
11:
「…ねえ、プロデューサーさん」
「いま、パンツを拾おうと」
「まゆが、無防備にしゃがみこんだとき」
「何か、見えました?」
「お顔に近付いた、何かが、見えちゃいました?」
「…『パンツが目隠しになって見えなかった』?」
「あら、そうでしたか」
「残念だった、のですかね?」
「…うふふふふッ♪」
12:
「さ、新しいのを履きますね」
「お鼻を刺激しちゃうような、お邪魔な刺繍のないもの」
「綿素材の、柔らかくて、ふわふわなの」
「色は…何色でしたっけ」
「ド忘れしちゃいました」
「プロデューサーさん」
「教えていただけませんか?」
「…うふ、そうでした」
「まゆはいま、無地の、薄いピンクのを履いたんでした」
「うふふふふ♪」
13:
「それじゃあ、引き続き」
「再現の再開、ですねえ」
「はい」
「ぺたんと、ぎゅうっと、むにゅっと」
「もうお鼻は、違和感ないですね」
「念のため、ちょっと前後に動いてみますね」
「どうです、お鼻はチクチクします?」
「うふ、良かったです」
14:
「押し付け具合は、どうですか」
「あの日のまゆは、ただただ、力が抜けちゃって」
「思い切り、ぎゅうって、しちゃいましたね」
「それくらいの方が、再現になりますか?」
「呼吸もできないくらい、密着させて」
「動きを許さないほどに、お顔を挟み込んで」
「それでも、お鼻と両眼は解放して」
「ぎゅっと、ぎゅうっと」
15:
「いま、なにが見えますか」
「視界いっぱいに、ピンク色の、まゆの、パンツ?」
「いま、どんなニオイがしますか」
「まゆの、ニオイだけ?」
「いま、どんな感触に包まれてますか」
「やわやわで、ぽかぽかで、ふにふにで、…ぐちゃぐちゃで」
「いま、何をかんがえていますか」
「まゆのことだけ…?」
「…ふふ」
「うふふふふふッ」
16:
「ねえ、プロデューサーさん」
「あの日から、変わりましたよね」
「今までは、こんな状況でも」
「グッと眼を閉じて、必死に堪える」
「そんな毅然としたプロデューサーさんでしたのに」
「いまは、こんなに」
「まゆを求めてくれて」
「こんなに」
「もちろん、どんなプロデューサーさんでも」
「まゆは、大好きですが♪」
17:
「求めてるのは、『記憶』?」
「…」
「…うふッ、そうでしたね」
「そういうお話、でしたね」
「記憶を戻すために、仕方なく」
「毎晩のように、まゆが語って」
「それでもダメだから、再現する」
「そういうこと、でしたよね」
18:
「記憶が戻ったら」
「毅然なプロデューサーさんに戻っちゃったら」
「こんなこと、できませんものね」
「お顔を跨いでスカートの中を見せつけながら」
「そのままお顔にぺたんと座り込むなんて」
「そして、それを望んで、なおも頼み込むなんて」
「アイドルに向き合うプロデューサーとして、許されないですからね」
19:
「でも」
「記憶なんて、あってもなくても」
「まゆは、プロデューサーさんの味方で」
「いつだって、なんだって、してあげる」
「どんな服だって着ます」
「どんなパンツだって履きます」
「どんな場合でも、お顔に跨ってあげます」
「それは、ホントに、ホントなんですよ?」
20:
「そんなまゆの気持ちは、思い出して欲しいなあ」
「なんて、ちょっと思っちゃいますね」
「…まあ、プロデューサーさんが言うなら、仕方ないですね」
「だいじょうぶ」
「まゆは、どんなときでも」
「プロデューサーさんを否定なんてしませんから」
「あなたが『記憶喪失』と言えば、それが『真実』だから」
21:
「そうですよね」
「もし、記憶が戻っても座ってあげます、なんて」
「何度も何度も言ってたら」
「それはただの恥ずかしい女ですよね」
「そんなのは、願い下げですよね」
22:
「それに」
「記憶のためにとまゆに喋らせて」
「ところどころの単語にニヤニヤしてることや」
「再現してくれと最初に頼んできた、あの思い詰めた表情も」
「まゆが頷いたときの安堵した表情も」
「お顔を跨いだまゆの、スカートの中を覗き込む表情も」
「ぜんぶ、ぜんぶ、紛れも無い『プロデューサーさん』ですものね」
「ふふッ」
「なんて、ちょっとイジワル言ってみました」
「うふふふふふッ」
23:
「さて、それじゃあ」
「今日はこのくらいにしておきますか」
「また今日も、記憶は『戻らなかった』ですね」
「残念ですね、…うふ♪」
「また明日も、そのまた明日も」
「続けなくちゃ、いけませんね」
24:
「ところで、プロデューサーさん」
「あの日から、だいぶ経ってますね」
「つまりは、何度も再現を試みたってことです」
「ちょっとだけ、訊いてもいいですか?」
「そんな、警戒しないでくださいよぅ」
「軽い質問ですから」
25:
「『パ・ン・ツ』」
「…いま、パンツって単語を聴いて」
「何を思い出しました?」
「今まゆが履いてる、ピンクのパンツ?」
「それともその前に履き替えた、フリルと刺繍のパンツ?」
「昨日に履いてた、リボンをあしらった可愛いパンツ?」
「空色と白の縞々?」
「いろんなパンツを思い出したと思います」
26:
「…例えば、ゆるゆると過ごす日常で」
「『当たり前』と化すものがいっぱいで」
「そうなっちゃうと、その『当たり前』より前のものは」
「いつか、思い出せなくなっちゃうんです」
「だから、プロデューサーさん」
「いま、思い出したパンツは」
「みんな、まゆが、履いてましたか?」
27:
「…まゆは、もう思い出せないんです」
「あの日の、強い刺激で」
「まゆには、何があったか、細かく思い出せないんです」
「でも、それとはまた別で」
「こうして再現に勤しむ日々を過ごしたことで」
「その前の日々も、もう…」
28:
「はじめてプロデューサーさんに出会って」
「それまで、『良いな』と想ってた人が、思い出せなくなりました」
「この事務所でお世話になって」
「読モ時代の生活が、記憶から霞んできちゃいました」
「そうして、今」
「もう、この『再現』をしていなかった日々が、考えられないんです」
「もう、これ無しの毎日なんて、耐えられないんです」
29:
「…もちろん、プロデューサーさんには」
「何も失って欲しくありません」
「それが、どんな記憶であろうとも」
「でも」
「もし、プロデューサーさんも」
「まゆと同じように」
「まゆがプロデューサーさんを思い出すように」
「まゆを真っ先に思い出してくれるなら」
30:
「パンツと聴いて」
「それを履いたまゆが浮かんじゃうような」
「揺れるカーテンを見て」
「まゆのスカートの中を思い出すような」
「そのまゆの声を聴いて」
「跨った感触やニオイまで、思い出してくれるような」
「そんなことに、なってくれていたら…」
31:
「まゆは、もう『そう』なんです」
「お仕事のときだって」
「スカートの中に、プロデューサーさんのお顔があるようで」
「そう思っちゃって、おヘソの下あたりが、むずむずしちゃうんです」
「あ、衣装を汚しちゃったり」
「スケジュールを狂わせたりはしてませんよ?」
「でも、その想像は、その感覚は、…もう『当たり前』なんです」
32:
「プロデューサーさんがどうかは、わかりませんし」
「まゆにとって、喜ばしいものかはわかりません」
「でも」
「もし、プロデューサーさんも」
「まゆを想って、そんな風になってくれたら、なんて」
「そんなことを、考えちゃいました」
33:
「…まゆは、そばに居ます」
「ずっと、あなたのそばに居ます」
「あなたの居なかった日々が、もう思い出せないから」
「そして、その分だけ、これから」
「思い出をつくっていきたいから」
「あなたと一緒に」
34:
「だから、プロデューサーさん」
「もっと、もっと、あなた色に染めてもらうために」
「一緒に居て、くださいね?」
「記憶喪失のまゆと、一緒に…♪」
3

続き・詳細・画像をみる


【画像】日本一金持ちなユニクロ社長、柳井正家の玄関wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

口裂け幼女「ねぇねぇ、あたしきれい?」おじさん「うわぁかわいい^^」

お前ら親に感謝してる?

日本のヘソって岐阜とか長野とかグンマーなんだけど、名古屋県が勝手に主張して祭り

【切ない】二股かけられ振られた子と付き合ってたがクリスマスに真実を知った

【衝撃】実写版「あの花」のPVきたぞー(^O^)ノ

back 削除依頼&連絡先