【モバマス】島村卯月「……ふわ」back

【モバマス】島村卯月「……ふわ」


続き・詳細・画像をみる


未央「ん? しまむー、眠いの?」
卯月「あっ、すみません。ちょっと昨日、夜更かししちゃって」
未央「えー? ダメだよしまむー、わたし達はアイドルなんだからー、ね、しぶりん?」
凛「うん……そう、だね……」
未央「……しぶりん?」
凛「……ごめん、ちょっと、眠い」
未央「しぶりんも!?」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434116670
2: 以下、
卯月「あっ……ごめんなさい、凛ちゃん。私が長電話に付き合わせちゃって……」
凛「べつに……卯月と話すの、楽しいし……」
卯月「り、凛ちゃん……」
未央「……いちゃいちゃしやがってー」
卯月「未央ちゃん?」
未央「もー……なんなのさ、二人とも。私だけ除け者にしちゃってさー。未央ちゃんは悲しいですよ」
卯月「えっと、その、それはですね……」
未央「ふーんだ、どうせしまむーもしぶりんも私のこと嫌いなんだー」
卯月(どうしよう……面倒くさい感じになっちゃってる……)
凛「そんなことないよ、未央……。私、未央のこと、好きだよ。いつも、ありがと……」
未央「えっ……こ、こちらこそ」
3: 以下、
未央(……あのさ、しまむー)
卯月(なんですか、未央ちゃん)
未央(これ、しぶりん、眠たくて本音がポロポロしちゃってる?)
卯月(みたいです)
未央(……割と扱いに困るんだけど!)
卯月(私に言われても……)
未央(うー……でも、これでもしプロデューサーが来たりしたら、マズくない?)
卯月(……確かに)
4: 以下、
ガチャ
P「おはようございまーす、っと」
未央「なんてタイミングで来るの!?」
P「えっ……し、仕事だからだけど……」
未央「そういう意味じゃなくて……もう! ごめん! 八つ当たりみたいな感じだから流して!」
P「お、おう……なんか、悪いな」
未央「プロデューサーは悪くないよ! 謝らないで!」
P「わ、わかった……」
5: 以下、
P(……卯月、卯月)
卯月(……なんですか、プロデューサーさん)
P(なんか、未央、面倒くさくない?)
卯月(……今、そういうノリみたいです)
P(そうか……そうだ、凛は? いつもなら凛がこういうのはどうにかしないか?)
卯月(それが……見てもらえると早いかと)
P(……? わかった)
6: 以下、
未央「……プロデューサー、しまむー。二人で何ひそひそしてるの?」
P「いや、何でもないぞ? それより未央、今、凛は――」
未央「あっ……しぶりん? しぶりんなら、その……」
凛「ふわ……あ、プロデューサー。おはよ」
P「……おはよう、凛」
凛「うん……」ウトウト
P「……」
凛「……」ウトウト
7: 以下、
P(……未央、これ、どういうことだ?)
未央(……一言で言えば、しぶりんが夜更かししてねむねむモード、ってところかな)
P(そうか……あと、未央、さっきのノリはやめたんだな)
未央(このしぶりんを前にああいうノリは、ね……正直、ちょっと残ってて恥ずかしいけど)
P(……さっきの未央もあれはあれで珍しくてかわいかったぞ!)
未央(なんで今そういうこと言うの!? うれしいけど!)
卯月(……未央ちゃん、プロデューサーさん。いちゃいちゃしてるところ悪いんですけど、私や凛ちゃんのことを忘れないで下さいね?)
未央(い、いちゃいちゃしてなんか……ない、もんっ☆)
卯月(……それで、プロデューサーさん、凛ちゃん、どうしましょうか)
未央(スルーされた!?)
P(そうだな……俺に策がある)
卯月(本当ですか!?)
P(ああ。だから少し信じて任せてくれ)
卯月(わかりました)
8: 以下、
P「凛」
凛「……あ、何? プロデューサー」
P「今日のパンツのいr「おっと蚊だー」ブフォッ……み、未央、いきなり何を」
未央「プロデューサーが何をしてるの!? 今、何を聞こうとした?」
P「今日のパンツのい「それ以上言わないでいいから!」……なんだ、未央。俺は未央の質問に答えただけだぞ?」
未央「今のは質問じゃないんだけど……」
P「わかってる。でも、俺は真面目だぞ?」
未央「どう真面目なの……?」
P「だって、凛だぞ? いくら眠いからって俺のボケを見逃すとは思えない」
未央「言われてみれば確かに……しぶりん、結構なツッコミ属性持ちだもんね」
P「お前もだけどな」
未央「……私、本来はボケのはずなんだけどなぁ」
9: 以下、
卯月「……そうだ! 私、思いつきました!」
P「なんだ卯月」
未央「なになに、しまむー? しまむーならふつ――まともなこと言ってくれそうだから期待してるゾ☆」
卯月「プロデューサーさんが聞いちゃダメなら、私が聞けばいいんです!」
未央「あっダメなやつだった」
P「……それもそうだな。女の子同士なら何も問題ない。よし、卯月、行け!」
卯月「はい! 島村卯月、頑張ります!」
未央「……それで、プロデューサー、本音は?」
P「ぶっちゃけ凛の赤面さえ見れたら何でもいいし卯月が『パンツ』って言ってるだけで興奮するからむしろ良い」
未央「やっぱりプロデューサー変態だね」
P「褒めるな」
未央「褒めてないよ?」
10: 以下、
卯月「凛ちゃん凛ちゃん」
凛「……なに、卯月」
P(おっ、見ろ未央。卯月が凛に突撃してるぞ)
未央(うん……しまむー、本当に言うのかな)
卯月「今日のパンツの色はなんですか?」
未央(とか言ってる内に言ったよこの子! しかも何のためらいもなく!)
P(……恥じらいがないから減点、と言いたいところだが、卯月のあの笑顔から躊躇なく放たれる「パンツ」もこれはこれで興奮するな)
未央(黙っててくれない?)
凛「……蒼、かな」キリッ
未央(言ったあああああああああ!? というか、なんでドヤ顔? なんでそこだけキリッとしてるの!?)
P(凛の今日のパンツは青、と……いや、凛のことだから『蒼』かもしれないな)
未央(どうでもいいよ……)
11: 以下、
卯月「それじゃあブラジャーは?」
未央(しまむー!?)
P(卯月、グッジョブ!)
凛「ふっ……蒼、かな」キリリッ
未央(さっきと同じだよ! いや、割りと当然だけど! わかってたけど!)
P(いや、未央……よく見てみろ、あの凛の顔を)
未央(え……?)
P(さっきよりドヤ度が高い! なんか『ふっ』とか言ってたしな!)
未央(どうでもいいよ!?)
12: 以下、
卯月「へぇ、そうなんですか……」
凛「うん、そうなの……」
卯月「……」
凛「……ふわ」
卯月「……あ、凛ちゃん。私、ちょっとお茶入れてくるね」
凛「うん……いつもありがと、卯月」
卯月「はい、どういたしまして」
13: 以下、
卯月「……未央ちゃん、プロデューサーさん。ダメだったんですけれど、どうしますか?」
P「もうこれでいいんじゃないか? 眠凛はデレ凛っぽいし、今のうちにいちゃいちゃしとこう」
未央「でも、眠い時の記憶も残ってるかもしれないよ?」
P「……下手なことができないじゃないか!?」
未央「そうだよ! だから私も今のしぶりんに何もしてないんだよ!」
卯月「覚えてなかったら色々するみたいな言葉ですね……」
未央「そうは言うけど、しまむーだって今の状態のしぶりんが後で何も覚えてないんだったら」
卯月「……色々しますね」
未央「でしょー?」
14: 以下、
P「……お前ら、俺が言うのもなんだが、アイドルなんだからさぁ……」
卯月「でも、今の凛ちゃん、すっごくかわいいんですよ? いえ、凛ちゃんはいつもかわいいんですけど」
未央「うんうん、しぶりんはかわいいからねー……さすが三代目シンデレラガール」
P「シンデレラガール関係ないだろ……というか、未央はむしろ『覚えている』方がからかいがいがあるとか言って色々しそうだが」
未央「今からかってもあの調子だし、後で怒られるだけじゃん」
P「今からかってもあの調子、ってことは、覚えていなくても同じじゃないのか?」
未央「全然違うよ! 覚えていないんだったら私、今のしぶりんをめちゃくちゃ愛でるもん! 『からかう』じゃなくて『愛でる』。これは重要な違いですよ、プロデューサーくん?」
P「……確かに」
未央(あっ……納得するんだ)
15: 以下、
卯月「でも、どうしましょう。今の凛ちゃんはかわいいんですけど……正直、あそこまで素直になられると私の方も恥ずかしいです」
P「そう言われてもなあ。今の凛をどうしたらいいか……あ」
未央「? どうしたの?」
卯月「どうしたんですか?」
P「なあ、凛って、というか、NGって、今日、仕事ないよな?」
未央「うん、今日はレッスンだけのはずだけど……」
P「じゃあ、凛、もう眠らせちゃえばいいんじゃないか?」
卯月・未央「「あ」」
16: 以下、
――
凛「……スゥ……スゥ」
P「凛、寝てるな」
未央「うん。割りと駄々こねてたけどね」
P「凛は真面目だからな……こんな体調でレッスンに行かせたら、俺がトレーナーさんに怒られるっての」
未央「でも……」チラ
卯月「……スゥ……スゥ」
未央「まさか、しまむーも寝るとはね」
P「卯月も眠かったんだから仕方ないだろ。NGは今までずっと努力してきたからな。俺が知ってる。だから、今日くらいは休んでいいだろ。そもそも、今日のレッスンは自由参加だったしな」
17: 以下、
未央「……ううん」
P「未央?」
未央「私、レッスンに行ってくるよ。二人が居なくても、個人練ならできるからね」
P「……そうか。未央、お前はやっぱり真面目だな」
未央「知らなかったの? 未央ちゃんはこの事務所で三十番目くらいに真面目なんですよー?」
P「リアルな数字だな」
未央「でしょ?」
P「ああ、ツッコミにくい」
未央「あはは、ごめんね」
P「いいよ。そのつもりで言ったんだろ」
未央「もちろん。じゃ、プロデューサー、行ってくるね」
P「いってらっしゃい」
18: 以下、
――
卯月「……ん」
卯月(ここは……事務所?)
P「起きたか、卯月」
卯月「わっ」
P「? どうした」
卯月「いえ、その……」
卯月(うっかり寝ちゃったけれど、そういえば、私、プロデューサーさんに寝顔、見られちゃった……?)
19: 以下、
卯月「ぷ、プロデューサーさん」
P「なんだ」
卯月「私の寝顔、見ましたか?」
P「見たよ」
卯月「……その、変な顔、してませんでしたか?」
P「かわいかったぞ」
卯月「えっ……あ、ありがとう、ございます」
P(写真を撮ったとか言ったらどんな反応を……いや、さすがに趣味が悪いな)
20: 以下、
卯月「……そういえば、未央ちゃんは?」
P「レッスンだ」
卯月「レッスン……レッスン!」ガバッ
P「どうした、いきなり立ち上がって」
卯月「ど、どうしましょう……私、レッスン、休んじゃいました!」
P「大丈夫だ、落ち着け、卯月。よく思いだせ。そもそも凛があんな状態だった時点でまともにレッスンができるとは思えない。それでとりあえず眠らせようということになった。覚えているか?」
卯月「あ……そ、そうでしたね、すみません」
P「まあ、凛があんな状態になった原因は卯月の長電話らしいが」
卯月「……それは、本当にすみません」
21: 以下、
P「べつにいい。でも、次からは気を付けてくれ。長電話はいいが時間を選んで、な」
卯月「はい……」
P「なんなら俺が付き合う。そうしたら時間もわかるしな」
卯月「えっ――本当ですか!?」
P「……本当だが、なんだ、その反応。そこまで嫌か?」
卯月「い、嫌なんて、そんな、滅相もないです」アセアセ
P「そうか? まあ、それならいいが」
卯月「はい。むしろ……」
P「むしろ?」
卯月「……なんでもないです」
P「……そうか」
卯月「……」
P「……」
22: 以下、
凛「……スゥ……スゥ……」
P「……凛、寝てるな」
卯月「はい、ぐっすりですね」
P「……卯月、お前ら二人、何時くらいまで電話してたんだ?」
卯月「えっと……確か、十二時を回るか回らないか辺りまでだったような」
P「そうか……なら、やっぱり卯月の電話だけが原因じゃないな。凛も疲労が蓄積していたんだろう」
卯月「凛ちゃんが?」
P「ああ。ちょっとスケジュールを詰め過ぎたな……俺のミスだ」
卯月「そ、そんなことは」
23: 以下、
P「いや……って否定すると、卯月は『私のせいだ』なんて言いそうだな。だから本音を言っておくよ。俺のミスであることはもちろんだが、卯月にも原因があるし、凛にも原因があると俺は思っている。ただの責任逃れだが、本心ではそう思ってる。あとはトレーナーさんやちひろさんのミスでもあるな。他にも……」
卯月「ぷ、プロデューサーさん……」
P「すまん、引いたか? だが、これが俺の本心だ。凛がこうなっているのは俺のせいってだけじゃないし――もちろん、卯月のせいだけでもない」
卯月「あ……」
卯月(もしかして、それを言うために……?)
P「ってことで、誰も悪くないじゃなくて誰もが悪い。これでこの話は終わりだ。ほじくり返したのは俺だがな」
卯月「……はい、わかりました」
24: 以下、
P「よし。……それにしても、凛の寝顔、かわいいな」
卯月「そうですね、とってもかわいいです」
P「もちろん、いつもかわいいが」
卯月「はい、いつもかわいいですけど」
P「……これで起きてさっきまでのことぜんぶ忘れていてくれたらなぁ」
卯月「どうでしょう……凛ちゃんなら、どっちでもありえそうです」
P「ただ、覚えていたら顔を赤くして恥ずかしがりそうだな」
卯月「そうですね……なんだか、こっちが恥ずかしくなっちゃいそうです」
P「そういう凛も見たいけどな」
卯月「それは凛ちゃんがかわいそうな気もしますけど……」
25: 以下、
P「おいおい卯月、素直になれよ。本当は凛の恥ずかしがる姿を見たいんだろ?」
卯月「そ、そんなことは……」
P「ぐへへへへ、自分の身体に正直になれよ?」
卯月「ぷ、プロデューサーさん……」
P「ぐへへへへ、なんだ」
卯月「あの……凛ちゃんが」ユビサシ
P「ん?」チラッ
凛「……プロデューサー、何、してるの?」
P「……り、凛、起きたのか。いや、これはだな……そ、そう、ちょっと卯月をからかってだな……」
26: 以下、
凛「……『自分の身体に正直になれ』とか、そんな台詞を言って? ……からかうにしても、さすがに趣味が悪すぎるよ」
P「うっ……い、いや、そういう意味じゃなくてだな」
凛「じゃあ、どういう意味?」
P「そ、それは……」
凛「……」ジトー
P「うぐ……そ、そんな目で見ないでくれ、凛」
27: 以下、
凛「……プロデューサー、私たち、この後、何か予定あったっけ」
P「べ、べつにないが」
凛「そう。……そういえば、未央は?」
P「れ、レッスンだ」
凛「そっか……じゃあ、卯月。私たちも行こうか」
卯月「えっ……身体は大丈夫なんですか?」
凛「大丈夫も何も、眠かっただけだし……もう大丈夫だよ。本当に」
卯月「それならいいんですけど……」
P「……凛、本当に大丈夫か? もしも――」
凛「変態プロデューサーは黙ってて」
P「ぅ……」
凛「……じゃ、卯月、行こうか」スタスタ
卯月「り、凛ちゃん!? ……あ、じゃあ、その、プロデューサーさん、行ってきますね」
P「……うん、行ってらっしゃい」
28: 以下、
――
卯月「凛ちゃーん! どうしたんですか、いきな、り……」
凛「……なんでもないよ。ただ、早く行きたかっただけ。行こう、卯月」
卯月「……」ポケー
凛「……卯月?」
卯月「あっ……はい」
卯月(……凛ちゃん、顔、赤かった)
卯月(もしかして……ということは、さっきまでのこと、ぜんぶ……)
卯月「……ふふっ」
凛「……卯月、どうしていきなり笑うの」
卯月「なんでもありません♪ ただ、凛ちゃんってやっぱりかわいいな、って思って」
凛「……バカなこと言ってないで、早く行くよ」
卯月「はーい♪」
おわりん
29: 以下、
おつりん
33: 以下、
おつ、可愛かった
34: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【画像あり】 グーグル撮影車、トマト祭り参加者に襲われる

妹「彼氏くるから家にいないで」

現実世界を舞台にリアルな人間を声で操作してプレイするFPS

SEALDsって珍走団なの?

【悲報】 まいんちゃん、17歳になるwwwwwwww(※画像あり)

JK「はぁ ほんと辛い、自分の顔もう限界」

back 削除依頼&連絡先