【SS】インコ、網戸、それから猫back

【SS】インコ、網戸、それから猫


続き・詳細・画像をみる


ふむ。いいね。
20: 以下、

インコが主人公とか俺得
21: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:45:06.33 ID:9XUzSbFIo
 ある夕べ、モモは網戸から空を見上げていた。
 そのはるかな高みでは何羽もの鳥が行き交い、遠く鳴き声を響かせていた。
「どうしたの?」
 いつの間にか網戸の向こうにいた猫にモモは答えた。
「別に」
 猫はふーん、と言ってその場でごろりと横になった。
「もううちには来なくていいんじゃないの?」
「面白そうなものがあると来ちゃうんだよね」
「……ぼくのこと?」
「そういうこと」
 複雑な気分でモモは彼女を見つめた。
22: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:45:33.00 ID:9XUzSbFIo
「ぼくなんか面白いかな」
「面白いよ?」
「ろくに飛べないのに?」
「え、そうなの?」
 猫は片目を開けてこちらに向けた
「うん。体、あんまり強くないから」
 惨めな気分でモモは自分の足元を見下ろした。
 血色の悪い脚がそこにある。
 それから小柄な体。
「ご主人様もよく言うんだ。モモちゃんはもうちょっと丈夫だったらよかったのにねって」
23: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:46:14.18 ID:9XUzSbFIo
 猫は相変わらず片目片耳だけで話を聞いていた。
 が、体を半回転させて腹ばいになると、前足に顎を乗せて微笑んだ。
「それくらい問題ないんじゃない?」
「それくらいって……」
 ぼくは本気で落ち込んでいるのに。
 ますます気分を暗くするモモに猫は言った。
「あんたがどんだけ虚弱だろうと、猫を面白がらせるのには十分だよ。わたしはあんたを見てると狩りたくて狩りたくて仕方がないよ」
「そんなの何の慰めにもならないよ!」
 モモは跳びあがって怒った。猫のおもちゃとしての価値なんてどうでもいい!
 それでも猫はひるまなかった。
「それならさ、あんたはわたしよりはかわいいんだ。それははっきりしたじゃない? 誇ってもいいんじゃないかなあ」
24: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:46:44.85 ID:9XUzSbFIo
 モモは言葉を失った。
 静かになったので鳥たちの声がよく聞こえた。
「……カラスが飛んでるねえ」
 モモはようやくそれだけをつぶやいた。
「そうだね」
 猫は静かにうなずいた。
「ぼく、カラスも嫌いなんだ。大きくて黒いから怖い。夜に似てるよね」
「ふうん」
「夕方になって空を飛んでるのを見るとこっちに来たらどうしようって思っちゃう」
「ならわたしが追い払ったげるよ」
25: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:47:11.68 ID:9XUzSbFIo
 驚いて視線を下ろすと、猫が立ち上がったところだった。
 ふわあと大きなあくびを一つ。彼女はこちらに背を向けた。
「まあカラスはあんたなんか相手にしないだろうし、あとわたしの気が向いた時だけね」
 ありがとうは言わなかった。
 本当にびっくりしたのと、言う前に猫はもういなくなってしまったからだ。
26: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:47:38.57 ID:9XUzSbFIo
 ところでモモはなんだか変だなあとは思っていた。
 違和感があって、それが何なのか今まではわかっていなかったのだけれど、ある日ふいに気づいた。
「猫さん、太った?」
「いきなりごあいさつね」
 猫はあまり気を悪くした様子もなく答えた。
 そのお腹周りはなんとなく大きくなっているように見える。
「食べ過ぎはよくないよ」
「食べないともたないの」
 モモはよくわからずに首を傾げた。
「どういうこと?」
27: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:48:08.91 ID:9XUzSbFIo
 しばらくもったいぶった後、猫は得意げに口を開いた。
「わたしね、ママになるの」
「ママ?」
 ますますモモは首を傾げた。
「知らないの? お母さんのことよ」
「それは知ってる。でもなんだかぴんとこなくて」
 よいしょ、と止まり木の上で片足立ちを右から左へ換えた。
28: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:48:40.59 ID:9XUzSbFIo
「それよりママになるって大変じゃないの?」
 モモの言葉に猫はにやりと笑った。
「楽勝よ。食事場所はしっかり押さえてあるんだから」
「でもごはんだけじゃないんでしょ、子供たちの世話って」
「それは……そうね。いろいろ教えなきゃいけないかも」
 猫は宙を見上げて考え込んだ。
「食べ物のとり方やトイレの仕方、細いところの歩き方。他にも何かあったかな。あんたどう思う?」
「分からないよそんなこと」
「あんたはママにどんなことを教わったの?」
 モモは黙った。
29: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:49:07.56 ID:9XUzSbFIo
「ん? なにか変なこと聞いた?」
 モモは首を振った。
「ううん。今思い出そうとしてみたんだけど、何も浮かばなくて」
「忘れちゃったの?」
「うん、多分」
「薄情ね」
「そうだね」
 モモは素直にうなずいた。一生懸命世話してくれたはずの母親のことを忘れるなんて確かに薄情に違いない。
30: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:49:39.53 ID:9XUzSbFIo
「ぼくね、体だけじゃなくて頭も弱いみたいなんだ」
「うん?」
「ぼくの仲間は人の言葉をしゃべることができる。でもぼくはできない」
 モモは口の中でぐちゅぐちゅとつぶやいてみた。
 それは変な風に絡まって、意味のある言葉にはなってくれなかった。
「覚えることができないんだよ。記憶力がないんだ」
「それでママのことも覚えてない?」
「多分そう」
 モモは止まり木から床へと下りた。
 少し高かったのでちょっとだけつまづいた。
31: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:50:26.31 ID:9XUzSbFIo
 小鳥のおもちゃをくちばしの先でいじりながらモモは言った。
「でもそれで苦労したことはないよ。案外うまくやっていける。猫さんとの会話にも困らないし心配しないで」
「別に心配してないよ」
 猫が呆れたように言った。
「あんた全然不幸そうには見えないもの」
「だって全然不幸じゃないし」
 モモは顔を上げて胸を張った。そのことについては自信があった。
 猫が小さく笑った。
32: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:51:07.86 ID:9XUzSbFIo
「なら慰める必要もないんだね。それは安心した」
「ちょっとは慰めてよ」
「どっちよ」
「あ、でも同情はしないで」
「なおさらどっちよ」
 猫はもう一度笑うと、網戸の前から立ち去った。
 その数日後に子猫が生まれたらしい。
 あの猫はママになったのだった。
33: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:51:52.62 ID:9XUzSbFIo
 子供の世話は忙しかったようだ。
 モモが網戸の前にいても半月ほどは姿を現さなかった。
「疲れた……」
 網戸の前で猫がびろんと伸びていた。
 モモはそれを見ながらお腹の毛が柔らかそうだなあと考えていた。
「子育て大変?」
「代わってよ」
「やだ」
 だいたいのところはすぐに分かった。すごく苦労しているらしい。
34: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:53:16.73 ID:9XUzSbFIo
「……でもかわいいんだあ」
 ぐちぐちと苦労話を続けた後、猫が顔をほころばせた。
「甘えてくるところなんかたまらないよお」
 とても幸せそうで、自分と話しているときとは全然違う顔をするんだなあとモモは思った。
 自分のママも同じ顔をしていたのかなあとも思った。
「子供たちが大きくなったら連れてくるよ」
「別にいいよ」
「大丈夫だよかわいいよ。六匹並んだらきっともっとかわいいよ」
「怖いよ」
 猫の親ばか話は延々と続いた。
35: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:53:43.82 ID:9XUzSbFIo
 一か月も経つと子猫はさらに元気らしい。
「生意気に狩りの真似事なんかしちゃってさ」
 猫はすごく楽しそうだ。
「この前は上の子がバッタを捕まえたの」
「かわいそうに……」
「あんたバッタの肩もつの?」
「バッタさんにも家族がいたかもなのに……」
「水差さないでよもう」
 猫は前足で何かを払うようにしてからふう、と息をついた。
「なんだかさびしいなあ」
36: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:54:26.81 ID:9XUzSbFIo
「え?」
 モモが声を上げると、猫はどこか遠くを見ながらつぶやいた。
「だっていつかはあの子たちともお別れだもの」
 モモはなんだ気が早いなあとしか思わなかった。
 猫の成長度なんか知らないけれど、多分まだまだ独り立ちは先のはずだ。
「そうじゃないの」
 でも猫は言った。
「今が幸せだとお別れのこともどうしても考えちゃんだよね」
 そういうものだろうか。
37: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:55:13.72 ID:9XUzSbFIo
 こちらに背を向けて猫は寝そべった。
 見えなくなった顔が、どんな表情を浮かべているかはもちろんわからなかったけれど。
 まあでも言えることはあった。
「お別れしてもその子たちは君のことを忘れないだろうね」
 猫の耳がピクリと動いた。
「そうかな」
「うん。君の子たちはきっとぼくよりは頭いいだろうし」
「そりゃね」
「それに、こんなにお別れを惜しまれるくらい好かれてる子たちが、好いてくれていた親のことを忘れるなんてきっとできないよ」
38: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:55:40.99 ID:9XUzSbFIo
 猫は背を向けたまま黙っていた。
 ただ尻尾だけが時折ゆるりと揺れた。
「帰る」
「うん」
 見送る後ろ姿は寂しそうでもあり、満足そうでもあった。
 と。
「あんたはどう?」
 猫がこちらを振り向いた。
「あんたはわたしを忘れない?」
「え?」
39: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:56:19.43 ID:9XUzSbFIo
 どういう意味かは分からなかった。
 多分だけれど、猫自身もきっとわかってはいなかったのだとモモは思う。
 ただ、少し考えてから答えた。
「がんばる」
「そう。ありがと」
 あ、と思った時には、猫は向かいの家の陰に消えていた。
40: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:56:53.02 ID:9XUzSbFIo
 その日以来、猫は姿を見せなくなった。
41: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 16:57:24.74 ID:9XUzSbFIo
つづく
42: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 18:40:53.20 ID:9XUzSbFIo
 モモは網戸の外をのぞいた。
 今日も猫は来ていない。
 どんなに尾羽を梳いてみても、どんなに翼を整えてみても、猫はやって来なかった。
 ずっと網戸の前にいるモモを、飼い主たちは心配した。
 猫を待っているのだとは、忙しい彼らは気づきもしなかった。
43: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 18:41:30.62 ID:9XUzSbFIo
 ある日、飼い主たちが話をしているのが漏れ聞こえた。
 ある家に餌をねだりにきていた猫が、誤って出された玉ねぎ入りの食事を口にして、中毒症状を起こしたそうだ。
 動物病院に連れていかれたそうだけれど、その後のことは分からないらしい。
 野良に餌やるのってこういうこともあるからよくないのよねえ、と飼い主は言った。
 モモは話の半分も分からなかった。
 ただ、かわいそうな猫がいたんだなあとだけ理解した。
44: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 18:42:04.88 ID:9XUzSbFIo
 モモは網戸の前にいた。
 晴れの日も雨の日もそこにいた。
 羽づくろいをしながら待っていた。
 待ち疲れてうとうとしているときも、物音がすればはっと顔を上げた。
 草が風に揺れているだけだった。
45: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 18:43:18.35 ID:9XUzSbFIo
 あれからどれくらい時間がたっただろう。
 モモにはとうにわからなくなっていた。
 ただ、網戸の季節になると、やっぱりその前まで行って座り込んだ。
「モモちゃん今日も日向ぼっこ?」
 飼い主が笑った。
 そうだったかもしれない。そうじゃなかったかもしれない。
 よくわからない。
46: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 18:43:44.82 ID:9XUzSbFIo
 モモは待っていた。
 もう羽づくろいをするよりもうとうとしていることの方が多くなったけれど、それでもじっと待っていた。
「……?」
 ふと顔を上げると黒い影がそびえたっていた。
 とても懐かしい感じがしたが、それは彼女ではなかった。
(彼女って誰だっけ……)
 黒い影はカァと鳴いて、こちらに近寄ってきたが、何かに気づいたように飛び去った。
47: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 18:44:26.58 ID:9XUzSbFIo
「俺が先に狙ってたんだからな」
 カラスの代わりに目の前に立った猫はそう言うと、網戸をがしゃんがしゃんと叩き始めた。
 しばらくしてびくともしないことにイライラし始めた頃、彼は怪訝そうに声を上げた。
「お前、怖くないのか?」
 モモはぼんやりと見上げていた。
「うん……怖くない。なんでかな、とても懐かしい気がしたから」
48: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 18:44:52.98 ID:9XUzSbFIo
 モモは記憶を探った。
 でも目当てのものは見つからなくて、モモはうつむいた。
「思い出せないや……ぼく、記憶力ないから」
 猫はさらにイライラしたようだった。
「お前の事情なんざどうでもいいんだよ。俺は腹が減ってるんだ。さっさとここを開けろよ」
 モモは必死に考えた。頭の中をひっくり返して、ようやく一つ見つけ出した。
「ママ……」
「は? ママ?」
 猫が手をとめた。
49: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 18:45:20.22 ID:9XUzSbFIo
「お前、その年でママなんて言ってるのかよ」
 猫は笑った。
 だがモモは静かに答えた。
「なんでかな、網戸が揺れる音を聞いているとママのことを思い出すんだ。優しいママなんだ」
 猫の笑い声がやんだ。
「やさしい? はあ? やさしい?」
 憎むような声で言う猫に、モモは不思議に思って訊ねた。
「君のママは優しくなかったの?」
50: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 18:45:51.11 ID:9XUzSbFIo
「あのクソババアは俺たちを置いて出ていった。ママなんて呼び方はふさわしくない」
 猫は心底怒っているようだった。
「俺たちをかわいがるだけかわいがって、飽きたらぽいだ。信じらんねえ」
「でもかわいがられたことは覚えてるんだね」
 モモは小さく微笑んだ。
「好きだったから、忘れられない」
「うるさい!」
 猫は力一杯網戸をたたいた。
 薄いその隔てが危うく揺れた。
 それでもモモは怖がらなかった。
51: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 18:46:18.63 ID:9XUzSbFIo
「彼女は子供と別れて忘れられることを恐れていた」
 モモは続けた。
「でもそれだけ強く記憶に残してくれているのなら安心するんじゃないかな」
「……どういう意味だよ」
 猫がうつむいてうめいた。
 はたとモモは気づいた。
 自分は何か大事なことを言った気がするけれど、それがいったい何なのかわからなかったのだ。
「ごめん、わからない」
52: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 18:46:46.82 ID:9XUzSbFIo
「ごめん」
 モモはうつむいて繰り返した。
「ごめん……」
 何か、とても大切なことを失ってしまっていたことにようやく気付いたのだ。
 そしてそれはもう、絶対手元には戻ってこないことも理解した。
「ごめん……」
 なんだか猛烈に悔しかった。
53: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 18:47:34.84 ID:9XUzSbFIo
「泣くなよ……」
 すっかり勢いをなくして猫が言った。
「泣かないよ」
 モモはそう言って顔を上げた。そして猫を見てはっとした。
 彼女は言った。自分がカラスを追い払ってやると。
「そっか」
 モモは胸が満たされていくのを感じた。
「そっかあ……」
 彼女はこういう形で約束を守ったのだ。
54: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 18:48:01.70 ID:9XUzSbFIo
 モモは嬉しくて仕方なくなったので、背中に首を回して顔をうずめた。
 日に当たった羽毛は、少し薄くなってしまった今でも十分温かかった。
「おい」
 急に丸まったモモを見て、猫は困惑したようだった。
「おい、寝るのか」
「ううん、少しだけ思い出にひたるだけ」
「……なら俺は帰るぞ」
「待って。そこにいて」
 猫はもっと困った様子だったが、断ったり勝手にいなくなったりすることもなかった。
55: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 18:49:07.18 ID:9XUzSbFIo
 日の光がオレンジがかってきたころに、飼い主はインコが網戸の前で丸まっているのを見つけた。
 網戸の向こうには猫がいたが、インコを狙っているようではなかった。
 おそらく雄と思われるその猫は、にゃあと一声鳴いてそれからゆっくりと去っていった。
 残されたインコは、寂しそうではあったが決して不幸そうには見えなかった。
 当たり前だった。
 網戸を挟んで、彼と彼女は確かに満たされていたのだから。
56: ◆i2.pJBgDO. 2015/08/14(金) 18:49:37.52 ID:9XUzSbFIo
おわりサンクス
57: 以下、
よかった。ありがとう。
58: 以下、

切ないけど良いね
忘れてしまっても、忘れられてはいなかったんだな
59: 以下、
こんなssもありか
素晴らしかった
マルカン 止まり木タワー
マルカン マルカン
Amazonで詳しく見る
関連記事
- 男「……暑いな」 戦女神「暑いですね」
- 男「東進講師ランキング戦?」
- 女「彼氏出来た」男「へー」
- 男「雨、止まないな」狐娘「うむ」
- 同僚女「信用したいって云うたら嫌いになる?」
- 男「…ただいま」女「おかえりなさい」
- 女「痴漢するの楽しすぎwwwwww」
- 竜「ふう……」 ドラゴン「あれ?お前歩き?飛行通学じゃなかった?」
- 【悲報】日本人、ついに絶滅
- ゴキブリ「ニンゲンはかくも恐ろしい」
- 男「僕っ娘はいいよな」女幼馴染「まったくね」
- 男「ムラムラするな」ちんこ「ですね」
- 女「布団が吹っ飛んだ」男「はいはい面白い」
- ナレーター「エリートの朝は早い」
- 女騎士「くっ、犯せ!」敵兵「安価>>5」
Amazonの新着おすすめ
ダブル美少女の心を読んでラブ奴隷に落とした件
DVD付き 進撃の巨人(14)限定版 (講談社キャラクターズA)
大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS
提督初心者に告ぐ! 闘うお嬢さんたちアンソロジー 何これ!?
THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 「シャイニーフェスタ」アニメBlu-ray同梱版
ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル official illustration book
ゲームセンターCX 有野の挑戦 in 武道館 [DVD]
おすすめサイトの最新記事
オリジナルSS コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
-
- 【モバマスSS】ちひろ「イメージビデオ、ですか?」
| トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
とある科学の超電磁砲S Blu-ray BOX (初回限定生産)Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Box ?【完全生産限定版】【Amazon.co.jp限定】やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第3巻(初回限定版)[Blu-ray]
最新記事
- 【SS】インコ、網戸、それから猫
- 【モバマスSS】ちひろ「イメージビデオ、ですか?」
- 貴音「今宵の月も美しく……おや」??「ミ…ミ…ミン……ミ…ミ…ミン」
- スイッチ『見ろボッスン、風間飛鳥だ』ボッスン「誰だよそれ?」
- P(おめでとう……ペルーサ)
- 一ノ瀬志希「科学ノ発展ニ犠牲ハツキモノデース」
- P「ジュピターのライブに行くことにした」
- 千早「美希、私、美希に安眠の秘訣を教えてほしい」
- 「ちゅ?するの?」八幡「やめて」
- 春香「アマミちゃん?」
- モバP「先輩! なにしてんすか!」 心「え゛」
- 穂乃果「TENGA……?」
- 未央「事務所にゴリラがいる」
- イリヤ「あ?、クロってばずっるーい!美遊は私のカキタレなのにーっ!」
- 【ミリマスSS】P「エミリーが貴音をじっと見ている」
週間人気SSランキング
【全ランキングを表示】
カテゴリー
禁書目録SS
Fate SS
アイドルマスターSS
艦これSS
俺ガイルSS
エヴァンゲリオンSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
ポケモンSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
モンスターハンタークロス (【数量限定特典】「3DSオリジナルテーマ(2種)ダウンロード番号」 同梱)Fate/EXTRA CCC セイバー・ブライドソードアート・オンライン ゲームディレクターズエディションランス03 リーザス陥落【Amazon.co.jpオリジナル特典付き】デジモンアドベンチャー02 15th Anniversary Blu-ray BOX ジョグレスエディション(完全初回生産限定版)機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [Blu-ray]Angel Beats! -1st beat- 【予約特典:未公開シングル「Million Star」+ Amazon.co.jp限定特典】amiibo ガール(スプラトゥーンシリーズ)性交祭 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
新刊ピックアップ
フィギュア
ゲーム
アニメ
最近のオススメSS
清麿「強くてニューゲームか…」ヌァァァァァァ!!
一夏「ドゥフッw拙者織斑一夏でござるwwww」ギャプッwwwコポォwwww
佐天「またレイプされた…」初春「佐天さんも大変ですね」黒髪美少女のレベル0が性的過ぎてヤバイ
佐天「すごいテニスが出来る能力かぁ」間違いなく攻撃的な能力だなぁ
浜面「女の子になれる能力かぁ」アイテムで性別逆転して……
オーキド「ここに3人の女性がおるじゃろ?」 レッド「は?」僕はナツメちゃん!!
【※ネタバレ注意】エレン「同期にホモとレズしか居ない……」確かに
ボーボボ「黒の騎士団入団希望のボーボボでぇす!!」ゼロ「ほう?」死ねやぁ!!!!!
桐乃「そうです!私はブラコンの変態ヤローです!」きゃわわ!!!!!!!
岡部「紅莉栖をひたすら愛で続けたらどうなるか」うわぁぁああぁ!!(AA略
クリリン「やっぱりオレも、サイヤ人の子供欲しいな・・・」スレタイのインパクトェ……
ゆうしゃ「くらえー!まおー!!」魔王「くはははは!!」ゆうしゃちゃん!!!!
俺「グヘヘヘ……」 女騎士「早くこの手錠を外せ!」お○んぽなんかには絶対負けない!
鍛冶師「今日中に仕上げるぞ」弟子「はい」雰囲気が良いSS
「ついに地球はウリ達の物ニダー」ニダニダ
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
モバイルゾーン
新着コメント!

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


【悲報】TBS社会部、釣りツイートに釣られる

【画像あり】最近出たナッパのフィギュアが完全にチんコでワロタwwwwwwwww

長渕剛オールナイトライブの観客退場スケジュールが壮大すぎる

「遊戯王」の罠カード「奈落の落とし穴」に衝撃の事実が判明!

電話「…社です」ワイ「お世話になってます(難聴)」

死亡ひき逃げ事故起こした後家で飲んでから出頭ww

back 削除依頼&連絡先