アフリカ大陸冒険してきたので写真貼ってくよーback

アフリカ大陸冒険してきたので写真貼ってくよー


続き・詳細・画像をみる

1:
渡航期間は昨年5月から今年1月までの9か月間
全く書き溜めてないのでのんびりやります
今回辿ったルート
3:
すごすぎわろたw
5:
最初から全部貼ってくのは疲れるから
安価で写真貼ってく国決めるね
>>10
行ったくに
モロッコ(西サハラ)、モーリタニア、セネガル、ガンビア
マリ、ブルキナファソ、ニジェール、ベナン、トーゴ、ガーナ
コートジボワール、ガボン、コンゴ共和国、カメルーン、チャド
エジプト、スーダン、エチオピア、ケニア、ウガンダ、ルワンダ
ブルンジ、タンザニア、マラウイ、ザンビア、ジンバブエ、ボツワナ
南アフリカ
8:
危険は無いんか?
10:
いや、帰ってくるなよ
13:
再安価
>>13
15:
ごめんもう一回
>>18
16:
すごいな
アフリカを長旅なんておもしろいわ
17:
マラウイみたい
18:
ベナン
21:
エボラ地域ある?
26:
>>21
ないよ
エボラ感染国への渡航はもちろん避けた
西アフリカはエボラから逃げながらの旅となった
28:
ベナン共和国
首都のコトヌーの様子
ベナンは西アフリカ西岸部、俗にいう奴隷海岸沿いに位置する小さな国
国土面積は日本の約三分の一
近年経済発展目覚ましく、都市部は非常に栄えてる
34:
>>28
あれ、全く知らん国やけさぞ汚い首都なんかと思いよったら
以外と都会でワロタ
31:
一人?
33:
>>31
ひとり
35:
ほんとに大冒険しててワロスwwwwwwwwww
36:
何歳?学生?
44:
>>36
20代前半です
学生ではない
37:
一番思い出に残ったのはどこ?
41:
>>37
一番といわれると難しいが
マリ、コンゴ、ルワンダ、ブルキナファソあたりだろうか
38:
いくら金貯めて行ったの?何人外人食った?
41:
>>38
資金はおおよそ100万いかないぐらいかな
大陸に入る前はユーラシア大陸を横断していたので
アフリカだけでいくらかかったはこまかくわかんない
39:
ベナンは申し訳ないんだがあんま写真撮ってないので軽くいく
首都コトヌーの元気な子供たち
43:
なんか意外と服がオシャレだな…
45:
スーパーで売ってるモーリタニア産のタコはうまい
47:
ひとり僕の死を願ってる子もいるけど
みんな純粋でかわいい
都市部に住んでてもまだカメラは物珍しいご様子
49:
>>47
ワラタ
52:
>>47
喧嘩売られてるぞ・・・ww
民族音楽を聴ききながら見るスレ
54:
>>47
左手の角材が武器に見えてくるwww
55:
>>47
ベナンてゾマホンの国?
58:
>>55
そうそう!
ベナンでは首都コトヌーにある日本人学校を訪れる
おそらく日本人が知ってるベナン人といえばゾマホンぐらいだと思うが
そのゾマホンが出資して創設した学校
現在約60人の生徒が無償で日本語を学んでる
60:
>>58
すげえなんだこれwwww
56:
ベナンはニジェールという国から入国しお隣のトーゴへ抜けた
ビザの関係であまり長く入れなかったのでコトヌーのみの滞在となりました
ダウンタウンの様子
この国の治安は種変国に比べれば極めて良好
夜間は注意が必要だが、昼間なら問題なく出歩ける
57:
すごいな
資金はバイトで?
61:
>>57
はい
59:
「え、これアフリカ? すごいじゃん! 大都会じゃねーか!」
って感じの街あったら見たい
南アフリカはけっこうありそうね
61:
>>59
南アはやばい
もう一見したら完全にヨーロッパ
62:
コピーのお金を払います わろた
64:
>>62
コピー代だけは実費らしいよ!
所ジョージが送ったスクールバス
現在この学校は日本人の女性教師の方がほとんど一人で切り盛りしてらっしゃる
女性一人でほんとに頭が下がる
66:
突然だがクイズ!
これは何屋さんでしょうか
67:
>>66
えー、ガソリンスタンド?
70:
>>67
正解!
近年の急激なインフラ向上でだいたいどこに行ってもガソリンスタンドはちゃんとあるけど
都市部から外れると未だにこんな風景が見られる
72:
ここら辺の地域はフランスの植民地だった国が多く
パスタをよく食べる
日本人の感覚だと茹ですぎだけどまぁ食える
西アフリカは意外と米がとれるので飯はそんなに悪くない
73:
炭水化物が山盛り
74:
ベナン終わりです
もっとたくさん写真撮っておけばよかったね…

>>76
75:
スーダン
76:
モロッコ!
77:
スーダン
80:
モロッコは言わずもがなの観光大国
町並み、人、食文化、宗教、自然すべてが魅力的な見どころの多い国
シャウエンの町
84:
>>80
なんだこれすげえ
81:
青に塗ってんのこれ
すげーな
83:
楽しそう
85:
モロッコはアフリカ旅のスタート地点となる国だった
ここで今後の旅程を計画したり、だらだらしたりだらだらしたり
してるうちに結局1か月近くの滞在となった
思い入れの深い国の一つ
シャウエンは1930年代に移住していたユダヤ人により青く塗られた町
青はユダヤ教徒にとって神聖な色らしい
虫よけの効果もあるとかないとか
86:
よくスーダンを陸路する気になったなぁ。今は落ち着いてるの?
91:
>>86
北スーダンは今落ち着いてるよ
チャド、南スーダンとの国境付近は近づくべきではないけど
そのほかはおおむね情勢良好
ビザも簡単に取れる
87:
現在ではムスリムが居住している
猫もムスリム のはず
いつまでも居たい本当に美しい町だが
大麻の国内有数の産地という側面もある
そっち方面の勧誘がうるさいのが唯一の欠点
88:
>>87
ぬこかわいい
イスラム圏ってこともあってアラビアンな感じね
89:
モロッコといえばクスクス!
うまいけど毎日食ってると飽きる!
90:
モロッコ飯はうまそう
92:
シャウエン最後ー
93:
モロッコといえば砂漠にイメージ強いけどアトラス山脈を隔てて
沿岸部は結構緑豊か
山岳地帯では冬場スキーもできる
94:
パンとハエさん
104:
>>94
ハエでかくね?
96:
>>94
汚いけど元がおいしそう
99:
モロッコキリないのでフェズで終わる
迷宮の町フェズ
ほんとに迷路なんだこれが
ちょっと遊びが心で裏路地入るとまじで出られなくなる
101:
>>99
イイねーこんな路地
迷いこみたくなる
102:
囚われのロバさん
ぼくは地球上の動物の中でロバが一番好きです
世界中どこに行っても憂鬱な顔で下向いて、叩かれても蹴られても
文句ひとつ言わず人間様のために働いてる姿には心打たれる
フェズの中は市場とお土産屋さんがひしめいていて
町歩きがとても有意義
103:
モロッコはアラブ圏の中でもおすすめ度の高い国
観光資源が豊富ですごく町の雰囲気がいい
日本から往復10万ぐらいで逝けると思うので
時間とお金があれば是非
105:
モロッコの南にある西サハラという地域
名前の通り国土は全土砂漠
国連未承認国家だが住んでる人もモロッコ系のアラブ人、ベルベル人が多く
通貨もモロッコディハラム
世界地図だと白くなってる地域だね
数年前までパーミッションが必要だったようだけど今は特に何もなく普通にいける
ちょっと検問でとらぶって写真データ奪われてしまったので写真これだけ
123:
>>105
何で検閲されたのって聞いてもいい?
128:
>>123
検問所の写真撮ったから
106:
次の国行くね
>>108
107:
モーリタニア
108:
スーダン
109:
モーリタニア
111:
スーダンいくよー
正確には北スーダンに行きました
南スーダンは現在戦国時代なので行けません
エジプトのアスワンからの入国
バスでひたすらサハラ砂漠を突っ切り所要24時間ハルツームに向かう
112:
>>111
なんかすごい交通不便て聞いたんだけどマジ?
114:
>>112
スーダンはかなりましだよ
だいたいどこにでもローカルバス通ってるし
道もちゃんとしてる
何よりも砂漠だから山岳部と違い交通インフラが敷きやすい
不定期らしいが鉄道もある
途中の村
チャイニーズ!って言いながらこっちよって来る子供たち
スーダンはまだ完全にブラックアフリカではなくアラブ人よりの顔つきが多い
124:
>>111
24時間バス辛くね?
128:
>>124
慣れた
40時間超えてからが本番
113:
白い服きてるのは宗教?
115:
>>113
そうだよ!
スーダン人は全体の70%以上がムスリム
そのほかはアニミズム信仰だったりだよ
首都ハルツーム最大のショッピングモール
116:
subwayのパクリ店
s u b d a y
117:
>>116
まんまじゃねぇかwwwwwwww
118:
子供子供子供
スーダンの出生率は5.1
そりゃぞろぞろでてくるわな
119:
スーダンは世界失敗国家ランキングで毎年3位以内に入賞する猛者だが
昨年は5位と少し巻き返した
地方のバス停の様子
120:
なにソマリア避けてんねん
行けや
122:
東洋人ってことで差別や侮蔑されたりした?
126:
>>120
エチオピアでソマリア北部に位置するソマリランドのビザを取得したが
直前に国境情勢が悪化して行けなかった
>>122
しょちゅうだったよ
石投げられたりトマトぶつけられたりもあった
歴史的にずっと差別され続けてきたアフリカ人も
立場が変われば他人種を差別するのは皮肉なものだよね
まぁ国によって比率は違っても一部の人間だけどね
127:
>>126
さすがアフリカ土人やな
日本人は名誉白人様やぞ
もちろんやり返したんだよな?
132:
>>127
誤解のないように言っておくが
アフリカの人々が土人だなんて本当にとんでもない
経済的には貧しくたって彼らはそれぞれの地域で知恵を持ってたくましく生きている
村のモスク
なんて村だったか失念したがとても雰囲気がよかったので数日滞在した
177:
>>132
ここの3枚目、シリアスサム3に全く同じとこあったわ
121:
しかしスーダン人自体は非常に親しみやすい国民性
温厚でホスピタリティにあふれ、なんというか空気の読める人が多い
東洋人だからと言って差別的な対応をされることもない
30近く訪れてきた他のアフリカ諸国の中でも抜きんでて「人柄の良い」国だと感じる
人柄なんて比べるものではないけどね
129:
チャド?ナイジェリア国境近くに行ってるけど
まだボコ・ハラムが全力でウホウホしてた時期だろうに、危なくなかったの?
133:
>>129
本当はカメルーンからのチャド行きはあきらめかけてたんだが
現地民の力添えもありなるべくナイジェリア側には近づかないルートを確保できた
スーダン終わり!
どうしてもムスリム国だと遠慮してカメラあんまり出せないんだ
嫌がる人もいるからね

>>135
136:
>>133
そうなのか。とはいえ中々危険なエリアを選んだなぁ
135:
ガンビア
137:
ガンビアok!
ガンビアはアフリカ大陸で一番国土面積の小さな国
セネガルに国土を囲まれ、西アフリカでは珍しく英語の通じる国
首都のバンジュールの中心地
過去に訪れたすべての国の中でもっとも首都がしょぼい国のひとつ
だがそれだけのどかだということなのかも
139:
この看板ど真ん中に飾ってんの?
独裁者かな?
145:
>>139
ガンビアは共和政だよ
このすぐ近くに大統領の家もあるよ
警備員立ってる以外は普通の一軒家っぽくて一般人かよ!って感じだけど
141:
ガンビアは西アフリカ随一の治安の良さを誇るのんびりした国
この時期はちょうどラマダンだったので観光客はあまり見られなかったが
オンシーズンには欧米人のバカンス地として人気のある国
日本でいうグアムとかサイパン的な位置づけなのかも
教会
車は他の国で敗廃車になったものが今でも現役で走ってる
142:
バックミラーの意味…
144:
かなり閑散とした街並み
人口は約180万
干し魚うまい
146:
バンジュールでは特にすることもなかったので宿の近くにあったワニ園
に行ってみる
全然動かん…
149:
ワニ近くね?
152:
>>149
思った。日本じゃあり得ない光景
147:
すぐにクーデターとか起きそうな国だな
150:
>>147
去年行ったとこですでに今年2都市でクーデターがあった
ここらへんの情勢はコロコロ変わるからこわい
フェリーに乗ってみる
おばちゃん器用に頭にのせるなぁ
148:
ガンビアの子供たち
151:
おそらくお隣のセネガルに輸送するものなんだろう
船いっぱいに荷物積んでる
沈みそう…
夕焼けを眺めながらガンビア川を渡る
ここから目指すのは内陸に位置するマリという国
152:
>>151
これ川なんか!波までたってるぞ
153:
このままマリいくね
ガンビアからセネガルを経てマリの首都バマコまでの道のりはローカルバスを乗り継ぎ
丸3日の道のり
ガンビアーセネガル間国境付近
内陸になるにつれ赤土が目立つようになる
154:
サヴァンナか?テロリストが潜んでそう
155:
一番危険な出来事は?
160:
>>155
たぶんコンゴ警察との戦い
156:
マリ共和国は西アフリカ内陸部に位置する国
13世紀から繁栄したマリ王国の黄金都市トンブクトゥやジェンネの泥モスクが有名
世界最貧国で未だ北部では紛争が絶えないが南部は渡航可能
向かうのは南部に位置する首都バマコ
セネガルーマリ国境
158:
バスはおんぼろなので進みが遅い、
途中車両後方のどこからか火花が散ってたけど大丈夫なのか…
アフリカでは個人個人がたくさん荷物を持ち込むため
出発が基本2時間前後遅れる
157:
9ヶ月もいて犯罪とか巻き込まれんかった?
160:
>>157
カツアゲとかひったくりとか小さな犯罪にはあったけど
致命傷になるような犯罪には合ってないよ
セネガルーマリ国境から少しずつ首都バマコへ近づいていく
夜を超え朝になる
悪路による激しい揺れと隣のおばちゃんがなぜか俺の足もとに置いた大量の芋のせいで体育座りを強いられろくに眠れなかった
159:
マリってこないだ北部を過激派に占領された国だよな
怖?
161:
マリの赤土は美しい
162:
バマコに着く間近、途中でバスを降り村に寄って行く
すいませんお邪魔します
子供たちは食事中
同じ釜の飯を食うとはまさにこのことか
163:
どの国でも子どもたちとってるね
いいね
164:
これはフフという
芋類を臼でつぶして湯で練り上げたもので
西、中央部アフリカの主食として食べられている
かかってるソースは何だかわからん草をすりつぶして作ったスープらしい
何も言わずに笑いながら食えと言ってくれた、やさしい
165:
お母さんパワフル
子供たちも逞しく育ちそう
166:
168:
村人が「この村にはバオバブの木があるんだ!」と自慢げに言うもんだから
連れててもらう
倒れてんじゃねーかwwwww
せっかくなのでヨネスケ並みの図々しさでいろんな家庭を回っていく
169:
子供の写真を撮ってくれとお母さんが家から出てきた
かわいい
170:
村の人がバイクでバマコまで送ってくれることに
子供たちとお別れ
171:
村の離れに診療所があったので寄ってみる
おばちゃんドクターが快く迎えてくれる
マラリアの予防薬もしっかりおいてある
マリではマラリアに感染すると致命的な症状に陥る熱帯性マラリアにかかる可能性が
高く、未だに子供の死亡率が高い
この村は首都に近いだけまだ恵まれてるのかもしれない
172:
首都バマコに到着
上から見下ろすと緑の多い町
こんなに空気のいい首都も珍しい
173:
さすがに人口密度が高い
なんかカダフィが建てたホテルらしい
ちなみにマリは旧カダフィ政権と結びつきが強く、マリ人はみなカダフィ大好き
174:
マリの食事
あまいおかゆみたいなのと鶏肉スープ
175:
マリ行ったのか
治安大丈夫だったか?
無事に帰ってきて何よりです
俺もアフリカへ旅行に行ったことがあるがモロッコから南アフリカまで行くのにすごい苦労したよ
特に苦労したのはATMだった
176:
>>175
北部サハラ地帯に近づかなければ大丈夫です
西から縦断したの?
DRCとアンゴラのビザよく取れたね
179:
>>176
ああ指紋認証だっけ
あそこは大使館に色々やってもらったおかげで申請出来たわ
ただ外国じゃまず時間通りに進まないことが多くて苦労した
10日以内にとか言われても余裕で10日超えるしな
あと飯のまずいことまずいこと
めちゃくちゃ脂っこいポテトと肉と砂利の入った根菜ばっか
正直もう行きたくないな…インドもだいぶ酷かったが
184:
>>179
僕はガーナのアクラでアンゴラビザの取得に挑みましたが
居住証と本国からの推薦状を要求され積みました
指紋認証なんてあるのか
いままでビザ取りで要求されたことないな
186:
>>184
俺が行ったのは2011年だから情勢が変ってるのかもね
あの頃はマリ、ニジェール域辺りがレッドゾーンでガーナを超えるつもりだったんだけどガーナもレッドゾーンに変わってて緊迫してた
190:
>>186
西アフリカは数日単位で情勢やビザ申請書類がコロコロ変わるから
3年前だとかなり状況が違ってくるよね
しかし凄いなぁ
西から陸路で喜望峰までたどり着くのは尋常じゃない
尊敬しますわ先輩
191:
>>190
ヒッチハイクが基本やね
チップ多めに出すのが大事
以南はバスとかも多く走ってたから良かったけど
ただ、今の時期にアフリカの旅行は大したものだと思う本当に
194:
>>190
チップ多めに出すのはほんと大事ですよね
一度コンゴでヒッチハイクしたトラックの運転手と金銭で揉めて
ジャングルに置き去りにされたことがありました
変なとこでけちるとほんと命に関わる
198:
>>194
それは凄いね…
スレ汚し済まない
静かにROMってるよ
183:
めっちゃ見てます!!!
178:
W杯決勝ドイツ×アルゼンチンを観戦するバマコ市民
テレビに釘ずけ
180:
バマコで3日の休養の後、バスに乗り込み首都から西へ10時間ほどに位置するジェンネ村へ向かう
途中の車窓
181:
凄いな
182:
何日間の旅行?
1年は越えてそうだけど
188:
>>182
アフリカは9か月
全部合わせると1年3か月ぐらいだよ
185:
いろいろすっ飛ばしてジェンネ村到着
この村には泥でつくられた美しいモスクがある
思わず息をのむ
192:
丁度バザールをやってた
にぎわってる
安定のこどもたち元気
193:
コミュニケーションはどうしてたの
非英語圏の小さな村でも英語通じたりするの?
それともマルチリンガルの人?
195:
>>193
英語はあまり信用できないからフランス語とアラビア語が結構使ったな
っても国境とかで買える翻訳本とかを見ながらだけど
でも不思議なもので一ヶ月もすると随分喋れるようになるアラビア語は簡単には読めはしないけどw
196:
どこの国でも男の子より女の子の方がいい服着せてもらったりしてるのをよく見かける
豊かではなくとも女の子にはなるべくいい服を買ってあげようというのは
万国共通の母親の気持ちなのかもしれない
197:
200:
201:
ジェンネの夕日
202:
トカゲのサイズがひとまわりでかい
203:
こういう泥造りの家はマリ、ニジェール、ブルキナファソあたりで見られる
住むとなると大変そう
206:
>>203
確かに自分も喋りたかったしもう少しレスしようかなw
こういう家で住むって日本じゃ考えられないよね
後虫が凄くない?特に砂漠の多い場所
210:
>>206
ハエと蚊の量は尋常じゃないぐらいですよね
蚊帳持ってないと多分死ぬ
さらに1時間ほど歩くとようやく村に到着!
のはずだったが誰もいない…
子供たちを発見!
目指していたテリという村まで案内してもらう
204:
ジェンネ村からモプティという町を経由しバンディアガラへ向かう
207:
バンディアガラはドゴン族の村へ行くための拠点になる街
ここでバイクタクシーをつかまえ村の入り口まで連れて行ってもらう
入り口って言ってたのに…
3時間近く歩いても一向に村に着かない
途中ですれ違った少女に道を聞く
やはり「もうすぐだよ」という意のジェスチャーをする
「もうすぐ」の感覚があまりにも違いすぎる
209:
>>207
もうすぐの感覚の違い凄いわかるわ
2?3キロかと思いきや10キロくらいなんだよな
211:
子供たちに連れられること15分ほど
目の前にテリ村が姿を現す
思わず「おーすげぇ!!」と叫んでしまった
テリは崖の中腹に連なる村
現在は崖から降り崖下の平地で生活しているが
中腹の家々が未だきれいに残されている
212:
泥モスクと子供たち
213:
自称宿のお宅に1000フラン(約200円)で屋上に泊まらせてもらう
215:
村の青年の案内で村を見学
216:
>>215
Sugeeeeeee!!!
217:
家の壁には何かの文字や絵が描かれているものも
遺跡みたい
218:
>>217
いい所だな
219:
たいしたもんだわ
220:
下へ降りる
ドゴン族といってもなにか特別な民族衣装を着てるでもなく見た目普通だった
仮面をかぶるのは祭りのときだけみたい
収穫の手伝いをする子供たち
221:
なんかいる…
222:
楽しみ。高校3年の年の高認生だけど北アメリカ横断しようと思ってる。
225:
>>222
がんばって楽しんできてね
223:
テリ村で迎える朝
起きるとすでに村の女性と子供たちはせっせと水汲みをしている
ちなみに西アフリカ地域の水の売り方
400mlで日本円にして5?10円ぐらい
224:
これで終わりにします
数か国しか貼れなかったけど
疲れたのでもう寝ます
またもし気が向いたらスレ立てます
226:
またスレ立お願いします。
期待してる人がいるの忘れないでね。
227:
>>1
面白かったー!乙
228:
ありがとうなアフリカは綺麗な石や鉱物などがありそうだし是非行ってみたいな(笑)
229:
>>228
あまり無責任なことは言えないが、
その気になれば誰でも行けるとは思う
紛争地、テロ集団の活動地域を絶対に避け、しっかり安全対策をして情報をこれでもかってぐらい
集めていれば、大抵の地域は乗り越えられると思う
23

続き・詳細・画像をみる


犬と鹿、フェンス越しできゃっきゃうふふの並走ランデブー

【ケツ穴】なんだよこの漫画www【注意】

脳死は人間の死と言えますか

ビーズでブルース作ったやでー

高校野球で見た時に「こいつは将来すごい選手になるやろなあ」と思った選手

台湾に日本企業が建てるマンションが凄い件wwwww

back 削除依頼&連絡先