幼馴染「偽物なんかじゃない!」back

幼馴染「偽物なんかじゃない!」


続き・詳細・画像をみる

1:
男「俺の名前は男。性別はもちろん♂。体力抜群、知力最高、ただいま一押しのナイスガイさ」
友「っていう夢を見たのか」
男「う、うるさい。夢くらい見てもいいだろ」
友「夢見るのもいいけど進路決めねぇとな」
男「まだ一年の冬じゃんか」
友「二年には職場体験、進学のための準備。三年はもう受験と就活に追われる日々だぞ」
男「はぁ・・・・なんのための高校生活なんだかねぇ」
2:
女「おはよう、二人とも。っていうどうしたの悟りを開いたみたいな顔して」
男「いや、なに・・・学生生活なんて灰色だったなぁって」
女「まだあと二年あるじゃない・・・というかウチのクラスに転校生が来るの知らないの?」
友「転校生ぇ?認められないわぁ!どうせ男なんだろ、もしくはもっさい女」
男「この時期に転校生か、あ、でも俺らって二年、三年もクラス替え無いんだよな」
女「うちの学科は特殊だからね。コロコロ変わるよりもその方が仲良くなれるしね」
友「はぁ・・・絶世の美少女とかが転校してくるんだったら良かったのになぁ」
男「絶世の美少女って・・・んな宝くじに当たるような期待なんてしてもしゃーねーよー」
男「ていうかうちにもわりと可愛い子はいるしな」
3:
友「うーん、委員長に茶髪ちゃんにギャルちゃんくらいか?」
女「ほらほら、ここに可愛い子がいるよ♪」
友「あー可愛い可愛い、動物みたいで」
女「シャー!!!」
キーンコーンカーン
4:
先生「では転校生を紹介する」
友「な・・・んだと」
ガヤガヤ
幼馴染「今日からこのクラスに転入します幼馴染といいます。よろしくお願いしますっ」
パチパチ
友「おいおい!男っ!俺たちの高校生活はまだ終わっちゃいなかったぜ!!へへっ」
5:
男「な・・・ば、バカな・・・んなことあるわけ・・・」
6:
友「目の前の女神が目に入らんのか!!そんなことがあるんだよ!」
男(バカな・・・彼女は・・・間違いなく今は日本にはいないはずなのに)
ーーーー
7:
俺と幼馴染は
昔、同じ学区内に住んでおり幼稚園の頃からの幼馴染みだった。小学校でもずっと一緒で、よく遊んでいた。幼馴染は元気で明るい性格とは裏腹に体は病弱であまり激しい運動などできなかった。小学校に、上がってからも頻繁に学校を休むようになって
中学に上がる前に海外の大きな病院に入院することになったらしく、それ以後は連絡がとれなくなってしまっていた・・・
二度と会えないのかと
それが辛くて最初は立ち直ることができなかったが・・・周りの支えもあり
幼馴染がいない環境を受け入れられるようになっていった
8:
ガヤガヤ
男「そしてこれか」
男「うーん・・・」
友「ちくしょー・・・みんな群がってるなぁ」
男(再会・・・)
男(なんだろう・・・込み上げてくるドキドキというか)
男(この落ち着かない感じ・・・)
男(一杯聞きたいことだってあるし、話したい)
男(よう!幼馴染!・・・いやあいつは俺のこと忘れてるかもしれないな)
男(久しぶりだな、忘れたろ?俺だよ。・・・うーんなんか違うな、気取りすぎかなぁ)
ーーーーー
ーー
9:
幼馴染「へぇ?そうなんだー」
ガヤガヤ
友「下校時間になってもすげぇ人気。まぁ俺の知る限り最高の女の子だしな」
男「まぁまぁ、今すぐ関わることなんてないんじゃないか?ほら、転校生もそんなに相手できないだろうしさ」
友「先を越されたのは痛手だが、相手のこともかんがえないとな」
男(そうだな・・・慌てることはない。同じ学校で同じクラス。いくらでも機会はあるさ・・・)
10:
自宅
男「でも話してぇぇぇぇ」
男「ぐぅぅぅ、どうしよどうしよ、なんだこの高揚感!!全然収まらないよ!!」
男「はぁ・・・一度座禅でも組むか」
男(けど・・・病気が治ったのならなんですぐにでも日本に帰ってこなかったのかな)
男(最近治ったばかりとか?いや・・・あんなに成長してたし、とてもベッドで寝たきりだとは・・・)
男(あああああ、いかん考えたら余計に悶々してきたじゃないかぁぁぁぁ!!)
11:
翌日
友「よう!男・・・ってうわぁぁゾンビ!!」
男「やめろ・・ゾの付く言葉はやめろ」
友「どうしたんだよ・・・寝不足か」
男「まぁね・・・死にそう」
友「ああ、パッと見ゾンビにしか見えない」
男「だからゾの付く言葉はやめろっての」
???「・・・」コソコソ
12:
ーーーーー
委員長「男2くんーおはよーございますー」
男2「ああ」
後輩「男2さんおはようございまーす!!今日も気だるそうですねー」
男2「ほっとけ」
ギャル「男2ーやっほー」ダキッ
後輩「なっ!ギャル先輩ずるい!」
委員長「あ、あなたたち!男2くんから離れなさい!」
男2「だーっ!もうほっといてくれっての!!」
友「ぐぬぬぬ、男2め、なんであいつはあんなにモテるんだ」
13:
男(ふむぅ・・・幼馴染と何か話すきっかけでもあれば・・・)
友「顔だって普通くらいだし、むしろ俺の方がイケメンじゃないか?」
男(話すきっかけかぁ・・・何か委員会とかそういうのがあれば)
友「聞けよ人の話」
男「あ、ああ!イケメンがなんだって!?」
友「俺と男2、俺の方がイケメンだろ?」
男「男2??なんでまたやつの話を??」
友「アレだよ」
男「ん?」
キャッキャッ
14:
男「あーあ、恒例のことじゃないか。というよりもすごいなぁ、あんなに女の子の取り巻き作って、軽い小説の主人公だな」
友「なんであいつはあんなハーレムを作れてるんだよ!!無気力というかいつも気だるそうにしてやがるのに」
友「なのになんでぇ!?女の子集まるのぉ!?」
男「彼女たちに聞けば万事解決だな」
友「顔赤らめて恥ずかしがる仕草し出したら俺は奴を葬るぜ」
15:
男「返り討ちに合いそう」
友「なんでだよ!あんな中肉中背のやつに、総合格闘技舐めんなよ」
男「ほらなんか、こう主人公補正のような」
友「ホントにそんなものでなんとかされたら、俺人生卒業するわ」
男「格闘技をそんなことに使うなって言いたいんだよ」
友「わかってるよー。ていうかお前もジム通いつづけることができたらな・・・」
男「仕方ないって、母ちゃんのためさ。それに俺は俺で鈍らないようにしてるしな」
友「今度本気で喧嘩しようぜ」
男「喧嘩ってそういう風にやるもんじゃねぇだろ」
友「いいんだよ、気が向いたときにやるのが。それにお前とは試合ってのより喧嘩って方がしっくりくる」
男「ははは」
16:
ーーーー
キーンコーンカーン
男「喧嘩かぁ・・・ずいぶんとしてないしなぁ」
男「体は鈍ってないとは思うけど、ぶたれるのはいやざんす・・・」
なぁ、いいだろ?付き合えよ
いやぁ・・・私はそういうことは・・・
男「ん?なんだなんだ」
17:
不良「なぁ、付き合えよ。この辺じゃ結構顔利くしさ」
幼馴染「そ、そういうわけでは・・・というよりも、暴力とかは好きじゃ・・・ないかなぁというか」
不良「別にそんな喧嘩なんてしてねぇよ、この辺じゃ俺に喧嘩売ってくるやついねぇしさ」
男(はぁ・・・泣けてくる、いきなりあんなのに絡まれるとは、ポンコツなのは相変わらずなのか・・・)
男(ってそんなこと考えてる場合じゃなくて!)
18:
グィ
幼馴染「いっ・・・」
不良「なぁ、良いじゃねぇかよ」
幼馴染「い、たいですよー先輩?、昨日少し話しただけじゃないですかー」
男「なにしてるのー」
不良「ぁあ?誰だお前」
幼馴染「!!!」
男「あ、こんなとこにいたのかよ幼馴染。探したんだぞ、今日はデートの約束じゃんか」
不良「あ?なんの話してるんだ?」
19:
男「先輩勘弁してくださいよ。そいつ俺の幼馴染みでね中学の時から付き合ってるんですよ」(ええええええええええええ!!!なに言ってるの俺ぇええええ!!!死ぬの!?ねぇ、爆発するの!?)
不良「んなこと聞いてねぇぞ」
幼馴染「あ、ははは、ごめんなさい。転校してきたばかりだから、そんなこと言っても信じてもらえないかなって」
男「幼馴染、ちゃんと説明しないとだめだろ」
幼馴染「あはは、ごめんね」
不良「ちっ」
ーーーーー
20:
男「・・・・・」
幼馴染「・・・・・」
男(・・・・・・・・空気が重すぎて胃が破裂しそおおおお)
男(どうしよ!どうしよ!成行であんなこと言ったけど・・・確実にドン引かれてるよな)
男(ああ・・・・幼馴染との再会がこんな最悪な形で終わるなんて・・)
男(・・・・嫌われたら・・・山に引きこもろう・・・)
21:
幼馴染「・・・」じーっ
男「あ、ははは・・・えっとその、すみません、幼馴染・・・さん」
男「俺のせいでその・・・」
幼馴染「へぇ・・・再会なのに、ずいぶんと他人行儀だねぇ」
男「い、いえ!そんな!滅相もござぃましぇん!!」
幼馴染「はぁ・・・もう、普通に喋ってよ、男くん」
22:
男「あ、ああ」(ああああ!!!幼馴染に男くんって言われたぁぁぁ!もう俺死んでもいいかも!今日から神様信じちゃう!)
男「えっと・・・久しぶりだよね」
幼馴染「4年振り・・・かな?」
男「そ、そうだよな。というか、海外とか・・・病気とか」
23:
幼馴染「そうだよねー、男く○には黙って行っちゃったもんね」
男「いや・・・俺にいちいち話すってわけにもさ、いかないんじゃないかな、あ、はははは」
男「けど・・・元気になってくれて良かったよ」
幼馴染「男くん・・・」
幼馴染「ふふっ?ん、今じゃ、普通にスポーツ
だってできちゃうぞー」
男「ほうほう」
24:
幼馴染との再会はこんな感じでほのぼの?
としたものだったけど・・・
翌日とんでもないことになっていた
ーーーー
翌日
男「はひぃぃ、遅刻するぅー」
ガヤガヤ
ヒソヒソ
男「え・・・なんだ?」
あいつが?
ほんとかよ
25:
男(な、なんだなんだ・・・俺が何をしたっていうんだ??)
友「男・・・お前だけは俺の親友だと思っていたのに」
男「ひぃぃぃ、な、なんだ・・・友か。ど、どうしたんだよ阿修羅のような形相で」
友「貴様・・・俺にまで内緒で・・・あんな可愛い幼馴染さんと幼馴染みで、あまつさえ付き合ってるなんて・・・」
友「ひぐぅぎぃぎぃぃぃい、ぐぬぅぅぅ」
男「もちつけ!じゃないや、落ち着け!声になってないぞ!」
男「ちょ、ちょっと待ってくれ!誰からそんなこと聞いたんだよ!!」
26:
友「学校中全員知ってっぞ!ゴルァ!!」
男(あれぇ?ど、どういうことだ!?いや・・・確かに昨日幼馴染を助けるためにそんなようなこと言ったけど)
男(どっから漏れた!?不良!?目撃者!?昨日の晩飯なんだっけ!?)
友「おめぇ!ほんとに付き合ってるのか!!」
男「・・・あ、ああ!つ、付き合ってるぞ」
友「!!」
27:
友「な、・・・そ、それならなんで俺に言わないんだよ!」
友「そういうことなら、話してくれればクラスでだって話せたじゃないか!!」
男「いや、ほらさ、あんまバレたくないじゃんか」
男「みんなヤイヤイ言うしさ」
友「まぁそうだな。ったく、そうかぁ幼馴染みなのかぁ。羨ましいぞ」
男「ははは、まぁな」
28:
幼馴染「あ、男くん!」
タッタッタッ
男「わ、幼馴染・・・ぃぃぃいいいい!?!?」
グィ
ダッダッダ
友「・・・・」
友「リア充め」
29:
屋上
幼馴染「なぜだか、朝登校したら、なんとびっくり」
幼馴染「私が男くんの彼女さんということになってるじゃないですか」
男「は・・・はい・・・そ、そのようですね」小声
幼馴染「なに?聞こえない」
男「ひぃぃ・・・」
幼馴染「そんな立派な体格してるのに、そんな小声で」
男(こ、怖いよぅ・・・俺の幼馴染たんはどこへやら)
幼馴染「とまぁ・・・からかうのはここまでにして」
男「からかってただけかよ!!」
幼馴染「さてと、この状況をどうしたものか」
男「やっぱり、昨日のあれが原因かな」
幼馴染「あの先輩あたりかなぁ・・・」
30:
男「はぁ・・・いくらなんでも周りにぶちまけなくてもいいのになぁ」
幼馴染「ちょっとイラつくし、シメとく?」
男「なにサラッと言ってるの・・・」
幼馴染「うそうそ♪でもまぁ、周りから結構男の子とか言い寄ってくる子多かったし」
幼馴染「さすがに、ここまで多いとちょっとなぁって思ってたところだったんだよね」
男「そうなのか?」
幼馴染「昨日だけでもあの先輩以外にも5人近くに告白されたんだよね」
幼馴染「他にもほとんどの男の子から連絡先交換しよって言ってきたし」
男「ま、まじかよ」
31:
幼馴染「ちょっと困ってたからさ、これで少しはなくなるかな?」
男「どうだろうな?相手が俺だしな」
幼馴染「??なんで??男くんが相手じゃだめなの??」
男「だって、俺なんて大して目立つようなやつでもないよ?イケメンってわけじゃないし」(むしろ普通でも下のほうだと)
幼馴染「それはみんな見る目がないんだよ。顔で選ぶ人なんてだめだよ」
男「中々手厳しいな」クスッ
32:
幼馴染「このまま、続ける?」
男「え?なにが??」
幼馴染「恋人」
男「え!?」
幼馴染「のフリ♪」
男「あ、ああ。そ、そうだな」
男「けど、幼馴染はいいのか」
幼馴染「私?」
男「転校してきて、恋人がいましたーってなると、結構周りも騒ぎ立てるだろうし」
幼馴染「良いよ全然。むしろ言い寄ってくる人がいなくなって、気が楽かな?」
33:
男「気が楽って」
幼馴染「それの知らない相手じゃないしね♪」
男(なんだろうな・・・信用されてるのか、利用されてるのか)
男(幼馴染って・・・こんな子だったっけ・・・)
幼馴染「これから仮初めだけど、よろしくね」
男「おう・・・よろしくな」
ガシッ
40:
男「はぁ・・・・」
友「リア充がため息か」
男「いや・・・それは・・・そうなんだけど、なんていうか」
友「なんだよ、歯切れ悪いな」
男(確かに幼馴染と関わることができるのは嬉しい)
男(はっきりいって心がぴょんぴょんする)
男(だけど・・・なんだか釈然としない)
友「なんだよ、素直に喜べないってのなら俺が寝取るぞ」
男「そうなったら、葬式あげてやるよ」
41:
幼馴染「やっほーダーリン♪」
男「おぉっ!お、幼馴染」
幼馴染「お昼なんだからさ、一緒に食べよっ」
男「ああ、と言いたいけど」
友「・・・・・」
幼馴染「えっと、男くんの友達かな?私は幼馴染、よろしくねっ」
友「存じ上げておりますですぅー。俺友っていいますー。呼びずらかったらブラザーって呼んでくださいー」
幼馴染「あはははは」
42:
屋上
ガチャ
幼馴染「んーーっ、良い天気っ、あらまぁ先客だね」
友「ん?ああ、あのラノベの主人公か」
男(誰なのか分かる自分が嫌になってくるわ・・・)
男2「~~」
ギャル・後輩・委員長「~~~」
幼馴染「すごいねぇ、三人の子に言い寄られるなんて」
男「あいつ中学のときは五人くらいから言い寄られてたな」
幼馴染「ほぇぇー」
43:
友「顔も中、中肉中背、特別成績も良い訳じゃない。なのになんでかねぇ」
男「拳握りしめながら言うなよ」
男「三人にしかわからない魅力があるんだよ。俺だってあいつと関わったことあまりないし」
幼馴染「そうだねぇ、関わらないとその人の本質はわからないもの」
友「幼馴染さんは可愛い上に理解も良さそうっす!」
幼馴染「私はただのおバカだよー」
友「いつもならあいつをにらみの殺してるが今日は学園最強美少女幼馴染さんが一緒だから不思議と怒りが沸いてこない」
男「拳握りしめてたのはどこいったし」
幼馴染「そこまで言われると照れちゃうよ~、可愛い子は他にもいっぱいいるよー」
男(けど・・・確かにこの辺じゃ滅多に見ないくらい幼馴染って可愛くなったな)
44:
幼馴染「ん?」
男「あ、いや、なんでもない」
幼馴染「なになにー?私の顔に何か付いてたー??」
男「いやいや、なんでもないよ」
幼馴染「むぅ、じゃあなーにぃ?なんでじっと見てたのー?」
幼馴染「見とれてた・・・とか?」
男「っ・・・!」
友「男、しばき倒せばいい?」
男「や、違う!これはそういうのじゃないから!!」
友「そういうの?・・・どういうの・・・かなぁ」
男「もちつけ!じゃなくて落ち着くんだ!」
46:
ーーーー
翌日
ちゅんちゅん
タッタッタッ
男「ふぅ・・・よし、体は鈍ってないな」
男「感覚忘れない間にトレーニングはしとかないとな」
幼馴染「ん?あれは・・・」
男「んーっ・・・いい朝だな」
幼馴染「トレーニングは相変わらずだね」
男「おおっ!幼馴染、いつからそこにいたんだ」
幼馴染「さっき来たばっかだよ」
幼馴染「体はまだ鍛えてるんだね」
男「鍛えるというより、鈍らないよう維持してるって感じだね」
幼馴染「昔さ、学校で威張りん坊がいたの覚えてる?」
47:
男「ああ、小学校のころだろ?なんか周りからもこいつだけは怒らせたくないって感じで」
男「みんないい顔してたよな」
幼馴染「なんか嫌な感じだったよねー、男くんがその子と大喧嘩してさ」
幼馴染「喧嘩で今まで負けたことないって感じのこと言ってたけど、男くんの背負い投げ見事に決まって一発だったよね」
男「畳の上じゃないから結構危なかったんだよなぁ」
幼馴染「しかも男くんはそれまで手を一切出してないのに、向こうが殴ったり蹴ったりしてきたけど、受け流すみたいにスルーしてたよね」
男「小学生は辺りどころによっちゃ下手すりゃ致命傷になるから殴ったり、蹴ったりはするなって先生から言われてたなぁ」
50:
幼馴染「それから、男くん周りから避けられるようになっちゃったもんね」
男「今思い出しても、でしゃばらなければ良かったと思うよ」
男「おかげで小学校時代は幼馴染しか友達がいなかったよ」
幼馴染「中学上がる前には私も海外暮らしになっちゃったからねぇ」
男「俺あのときすげぇ落ち込んだんだぞ」
男「このまま帰ってこなかったらどうしようって」
幼馴染「あはは、ごめんごめん、でもちゃんと帰ってこれたよ?」
男「突然だったし、ほんとびっくりだったよ」
幼馴染「まさか、男くんがこの高校にいるなんて思わなかったんだもん」
男「地元から少し距離あるくらいだったからな、それに今は一人暮らしだし」
51:
幼馴染「私も一人暮らしなんだよー」
男「大丈夫なのかぁ?ちゃんと料理とかつくれるのか?」
幼馴染「これでも女の子だもん、毎日自炊だよー」
男「ほう大した自信だな」
幼馴染「今度作ってあげようか?」
男「な、なんだと!!ほんとですか!?」
53:
幼馴染「ガールフレンド(仮)だしねぇ~」
男「ゲームか、なんかかよ」
幼馴染「でもガールフレンドってよく考えたら、女友達ってことだよね」
男「ああ、そうだなぁ」
幼馴染「えー・・・なんかそれは普通でつまんない」
男「つまらんって・・・じゃあ恋人(仮)??」
幼馴染「表記が格好よくないよー」
男「ラバー(仮)?」
幼馴染「輪ゴムかなんかですか」
54:
男「Loveの方だよ。ゴムって・・・」
幼馴染「・・・・」
男「・・・・」
幼馴染「・・・いやらしい」
男「まだ何も言ってないじゃないかー!!」
幼馴染「でも、私見てそっぽ向いたー」
男「いや、そうじゃなくて・・・というか幼馴染が先に変なこと言ったからこんな空気に」
幼馴染「幼馴染ちゃんはそんなこと考えてないもん!」
男「うそつけ!!」
幼馴染「・・・経験ないから、実物だって見たことないもん・・・」ブツブツ
男「な、なんだと!うちに一杯あるぅ!?」
幼馴染「そんなこと言ってないやい!」
55:
幼馴染「それに露骨な下ネタは好きじゃないですー」
男「気を付けますぅー」
幼馴染「あーあ・・男くんはそういうこと言わないと思ってたのにな」
男「いや・・・露骨なのは言わないけど、男だしこの年になれば興味くらいは湧くよ」
幼馴染「男の子はみんなオオカミだねぇ」
57:
ーーーーー
学校
ガヤガヤ
幼馴染さーん、あいつと付き合ってるってほんとうなのー!?
幼馴染「うん?さぁー?どうかなぁ」
なにー?その含みある言い方ー
幼馴染「それはご想像におまかせします♪」
男「しかし、目立つな」
男(あいつが元気で学校に通う姿なんて想像できなかったな)
男「・・・・」
幼馴染「?」
男「ん?」
幼馴染「♪~」フリフリ
男「あはは・・・」フリフリ
58:
おい!幼馴染さんが俺に笑顔で手を振ってくれたぜ!
いや、明らかに今のおめぇにじゃねぇだろ
男(やめろ幼馴染、本気で勘違いするだろ・・・・・嬉しいけど)
ーーーーー
幼馴染「ふふーん♪」
パシャ
幼馴染「うい?」
・・・・・
幼馴染「あれ、気のせいかな。なんかシャッター音が聞こえた気がしたんだけどー?」
・・・・・・
幼馴染(人の気配はするんだけどね・・・まぁほっといても害はなさそうかな)
???「・・・・」
59:
帰り
友「男ー、たまには一緒に帰ろうぜ」
男「いいぜ、どっか寄ってくか?」
友「カラオケとかどうよ?」
男「いいね。けどレパートリー増えてないんだよなぁ」
友「そんなの気にしないって、それにほら、あの辺ヤンキー連中が割とタムロするから妹が困ってるって言ってたんだよ」
男「あー・・・そうだったな。そいつも兼ねて行くかね。でも喧嘩はしないからな」
友「負けるもんな」
男「おうよ。痛いのは嫌ザンス」
60:
カラオケ
友妹「いらっしゃいませー」
友「よう」
友妹「なんだ兄ちゃんか」
友「なんだとはなんだ、男も一緒だぞ」
男「やっほー妹ちゃん」
友妹「やっほー男さん。二人揃ってくるなんて珍しいよねー」
友「最近来てなかったし、またヤンキーがタムロし出すんじゃねぇかなと思って来たんだよ」
友妹「んー、たまに来るっちゃ来るけど。兄ちゃんたちに痛め付けられてタムロするってことはなくなったねー」
男「痛め付けられたのはこっちもそうなんだけどね」
61:
友妹「いやぁあのときはどうなることかと」
友「俺らいなかったら間違いなくやばかったろ」
男「けどあの人数のヤンキー相手に態度変えない妹ちゃんも相当だけど」
友妹「拍車がかかると止められないタチなんですよ。ていうかあんなのヤンキーじゃなくてただのDQNですよ」
友「ヤンキーって意外と常識あるやつはあるしな。やることが大事なだけで」
友妹「というか立ち話も良いけど、部屋案内するよー」
男「よろしくねー」
62:
友「ん?隣の部屋女子か」
友妹「そうね、二人組なんだけど一人すごい可愛い子でさ。おっぱいもすごかったね」
男「妹ちゃん・・・女の子がそう言うのはどうかと思うぜ・・・」
友「なにぃ!?巨乳で可愛い子だと!?・・・・・・あれ、でもどこかで見覚えありそうなスペック」
男(たぶん・・・間違いなく、十中八九どころか十中十であいつのような・・・)
ガチャ
幼馴染「あら、男く○に友くん、どったの?こんなところで」
友「巨乳の姉ちゃんだーやっほー抱きつかせてー」
幼馴染「えい」ベシッ
友「い・・・痛ぇ!!」
男「やっぱりそうか・・・」
63:
幼馴染「やっぱりかって・・・噂でもしてた??」
男「そんなとこだね。というかここのバイトが友の妹ちゃんなのよ。それのよしみでね」
幼馴染「妹ちゃんってあの可愛い子かな」
友「元ヤンだけどね」
幼馴染「そうなの!?!?」
男「俺もぶっ飛ばされたことあるくらい、あの子強いよ」
幼馴染「ほぇー・・・人は見かけによらないってこっちゃね」
男「というかごめんな、今友達と楽しんでたとこだったんじゃないか?」
幼馴染「大丈夫大丈夫ー。むしろ二人も来る?」
男「いや、それはわる・・・」友「是非とも!!」
64:
ボックス
幼馴染「お待たせー」
幼友「もう・・・おそいよー」
幼馴染「えへへ、ごめんごめん」
友「おっ邪魔しまーす」
男「お、お邪魔してすみません・・・」
幼友「あら、幼ちゃんの友達ー?」
幼馴染「うんっ、同じ学校の友達だよ」
幼友「ボーイフレンドだねー」
友「おいおい、もう一人の子他校の子だし、すげぇ美人」ヒソヒソ
男「お前はモチベ上がるかもしれんがこっちはガチガチに緊張してきたんだよ」ヒソヒソ
65:
友「女子に対する免疫つけるいい機会じゃねぇか。大体お前幼馴染さんと付き合ってるじゃねぇか」
男「いや・・・まぁ」(そうだった、そういうことになっていたんだったな)
幼友「初めましてー、幼馴染の友達の幼友ですー」
友「よろしくお願いねー」
68:
幼友「ごめんねぇ、幼馴染が強引に誘ったりして」
幼馴染「違うよー、二人に無理矢理・・・・うへへ、おい一緒に良いことしようぜ、げへへへ」
幼馴染「って感じにね」
友「うへへ、良いことしちゃおうぜ」
男「そんなこと言ってないよおーー!」
幼友「あはははどうせ幼馴染の妄想妄想ー」
男「というか二人はどういう経緯で・・・友達に?」
幼馴染「うーん・・・話せば長くなるけど、幼馴染みかな?」
友「ほう、女の子同士の?」
男(俺とは別の友達だった子かな)
幼友「そんな感じだよね~、もう随分長い付き合いだしね」
友「お二人は元々この辺に住んでて幼馴染みさんだけ遠くへ行って、また戻ってきたってことかな」
幼馴染「大体そんな感じだよー」
71:
~~
男「はぁ・・・女の子とカラオケなんていつぶりだろうか、まだ緊張してやがる」
男(我ながらチキンハートすぎて泣けてくる・・・)
男「ん?」
幼馴染「すみません・・・友達と遊びに来てるので・・・」
モブ1「いいじゃんいいじゃん、こっちで遊んだ方が楽しいって」
モブ2「可愛い上におっぱいも大きいよねー」
幼馴染「あ、ははは」(きもっ)
男(あの野郎・・・俺の密かな楽しみを下劣な口説き文句なんぞで汚しやがって)
72:
幼馴染「あの・・・本当に友達待たせてるんで」
モブ1「待ってってば」
モブ2「せめて連絡先だけでも交換しようよー」
幼馴染「ルームにケータイ忘れてきちゃって」
モブ1「んじゃ、連絡先おしえっから連絡してよー」
モブ2「それかそっちの部屋に乗り込んじゃう?」
幼馴染「いや、それは出来れば・・・」(もう・・ほんといい加減にしてくれないかな)
男「ヨウ、幼ぁ、ナニヤッテンダヨー」(なんで片言になってんだ俺・・・)
幼馴染「うん?」
モブ1「あ?誰だお前は・・・」(か、顔怖っ!)
モブ2「なんか用かよ?」(ていうか・・・ガタイもいいぞこいつ・・・)
73:
幼馴染「あぁん♪ダーリン、この人たちがしつこくてぇ~」ダキッ
男「お、oh、ソウカ~。コイツラナンパシテタノカー」(近い近い近いよ幼馴染さん。あと当たってます)
男「ヒトノオンナニ、ナニサシテクレンネン」
モブ1「な、なんだよ、彼氏持ちかよ、だったらそう言えっての」
モブ2「ったく行こうぜ」
トボトボ
幼馴染「・・・・50点かな」
男「なにがぁ!?」
幼馴染「だってなんか男くんわざとらしかったし、何よりひどい片言演技が・・・」
幼馴染「・・・・・・・ないわー」
男「助けに入ったのにひでぇ評価!!」
幼馴染「なに言ってるのさ!だから50点なの」
男「な、なにがよ」
74:
幼馴染「ちゃんと助けてくれたことがですー」
男「それだけで50点も?」
幼馴染「ううん、90点はあったよ」
男「片言で40も減点!?」
幼馴染「だって・・・あまりにも酷かったから・・・」
男「いや・・・緊張してて・・・」
幼馴染「もう・・・」
幼馴染「さっと対応しようと思えばできる癖に前はすごいかっこよかったのに」
76:
男「前のは学校内だし・・知ってる顔だったからさ」
幼馴染「もう大きな体が台無しだぞっ」バンバン
男「といっても180ちょい過ぎくらいだよ?」
幼馴染「また伸びたんじゃないかな」
男「どうだろう?幼馴染は160あるくらいだっけ?」
幼馴染「それくらいかなぁ、あんまり高くもないし低くもないって感じなのがコンプレックスなんだよね」
男「学園一の美貌持ってるんだからそれ以上望んだらバチ当たるぞ」クスッ
幼馴染「学園一か・・・うーん・・・」
男「うん?どうかした??」
77:
幼馴染「男くんはさ、彼女が学園で一番可愛い子がいい?」
男「俺!?いや・・・俺は」
幼馴染「・・・」
男(なんでこんな真剣な顔で聞いてくるんだ・・・俺はただの男避けだろ・・・?)
男「まぁ、彼女が可愛いって言われると嬉しいって言えば・・・それが本音かな」
幼馴染「そっか」
幼馴染「まぁまぁ、男く○には確かに可愛い彼女が似合うかもね!ほら何て言うか男らしいから」
幼馴染「この人に守ってもらいたいって言ってくれるような可愛い女の子が合うかもしれない」ニヤッ
男「かもしれない!?なんでかも!?」
幼馴染「もしかしたら、北○晶さんみたいな鬼嫁さんとも相性合う可能性もあるしさ」
男「恐妻家はやだよぅぅ」
幼馴染「まぁ、男くん気が小さいもんね、図太い女の子とかが引っ張ってくれるよ、あははははっ」
男(相性・・・か)
78:
休日
ちゅんちゅん
男「うーん・・・うーん」
男「う・・・最近寝付きと寝起きが酷いな」
男「寝る前にホットミルク飲んでるのになぁ・・・」
ピンポーン
男「はいはい、こんな朝から誰だろ」
ガチャ
幼馴染「おはおはー」
男「幼馴染??どうしたんだ?」
幼馴染「どうかした??じゃないよー、彼女が遊びに来たんだよー?」
男「いや、フリだろフリ」
幼馴染「もぅ、なーに?幼馴染みが遊びに来るの嫌?」
男「とんでもない。むしろどんどん遊びに来てほしいです」
幼馴染「ふふふっ、素直が一番っ♪」
82:
幼馴染「へぇ、一応自炊はしてるんだねー」
男「見よう見まねだけどな」
幼馴染「ちゃんとご飯食べてる?」
男「食べてはいるけど、なんだか物足りなくてな」
男「お腹は一杯になるけど」
幼馴染「それでも物足りないの??」
男「うむ。食後にお茶飲んだりしてごまかしてるけど」
幼馴染「そかそか、うーん・・・・」
84:
幼馴染「よっしゃ、じゃあ僭越ながらこの幼馴染ちゃんが男くんの食事を作ってあげましょう
う」
男「まじか、助かるっちゃ助かるけど・・・いいのか?」
幼馴染「なにが?」
男「いや・・・本物の恋人とかならまだしも、俺たちは偽物カップルだし」
幼馴染「幼馴染み同士だし、大丈夫大丈夫ー」
男「軽すぎるだろ!」
幼馴染「大体男くん以外に作る相手もいないしさー。実験台になってよ♪」
男「俺以外にいない・・・」ドキッ
男「ってちょっと待って、最後の発言が意味深です」
幼馴染「ほらほら、可愛い幼馴染ちゃんの手料理が食べられるんだから、お腹下しても文句いわないでね♪」
男「自分で可愛いゆっちゃったよ、ていうか腹下すようなもん作る気なんかい!!」
86:
ーーーー
男「と言ったけどなんだかんだで美味しかった」
幼馴染「いくらなんでもそんなもの作らないよ」
幼馴染「相当食材が傷んでない限り大丈夫だからね」
男「ていうか・・・料理も作れるようになったんだな」
幼馴染「見直した?」
男「ああ勿論」(惚れ直したかな・・・)
幼馴染「ふふん♪私だって退院してから頑張ったもんね」
男「なぁ、聞きたかったんだけどさ」
幼馴染「うん?何々?」
男「退院後はどうしてたんだ?」
幼馴染「うーん・・・普通だったかな?」
幼馴染「手術の成功率そのものは10%にも満たないって言われてたからさ」
男「そ、そんな危険な手術だったのかよ!」
88:
幼馴染「持ち前の運のよさでなんやかんやで今生きてるよー」
男「なんやかんやで済ませねぇだろ!本当に大丈夫なのか!?」
幼馴染「大丈夫だよー。もうほんとに平気なんだってば」
男「そんな生きるか死ぬかの瀬戸際だったのに」
幼馴染「うーん、死を覚悟するじゃないけどさ。もし死んじゃったらっていうことは考えちゃったかな」
男「幼馴染・・・」
幼馴染「死んじゃったらコース料理とかたべられないんだろうなぁって」
男「そんなときに食いもんのこと考えてたのかよ!」
89:
幼馴染「だってー、小さい頃から病気がちでご飯だってお腹一杯食べられた試しがなかったんだもん」
男「そうだけどさ・・・いいよ、いくらでも俺が旨いもん食わせてやるよ」
幼馴染「太っ腹だね!男くんダイスキー」
男「わぁーうれしいなー」(感情籠ってねぇー・・・)
幼馴染「そうだなぁ・・・牛丼食べてみたいかな?」
男「そんなんでいいのか?牛丼なんて安いぞ?」
幼馴染「ほらほら駅前とかでさなんかビルの下に小さくまとまってるみたいにあるじゃん」
幼馴染「ああいうとこ行ってみたいなって」
90:
男「安上がりな女になってしまいますぜ」
幼馴染「いいよー、安上がりってことは男の子にとってはラッキーじゃないか」
男「可愛い上に安上がりって、最高ですね」
幼馴染「経済事情に優しい女なのよ」
男「って話逸らされたけど、成功率が低いのにも関わらず、なんでそんな危険な賭けをしたんだよ」
91:
幼馴染「そりゃなにもしないで死ぬくらいなら、どうぜ命掛けなんだから、やれることはやっておきたいって」
幼馴染「それに・・・死ねない理由もあったしね」
男「理由??」
幼馴染「それは秘密」
男「ぐぬぬ、幼馴染みの俺にも秘密か」
幼馴染「女のたしなみよ」
94:
デート中
男「あそこにレストランがあって、あそこが美容院だな」
幼馴染「ほぇー・・・色々変わっちゃったねー」
男「まぁな、幼馴染がいたときはもっと田舎っぽかったもんな」
幼馴染「駅前なんて喫茶店と商店街だけだったよねー」
幼馴染「あとさ、図書館よくいったよねー!」
男「そうそう、外れに物静かそうに建ってたよな。今はあの辺も住宅が多いんだよ」
幼馴染「へぇー。いいなぁ!時間があるときに一緒にいこうよー!」
男「いいぜ、他に誰か呼んだりもする?」
幼馴染「むぅ・・・全く。女の子が一緒に行こうって言ってるときは二人っきりで行きたいって言ってるんだぞ」
男「二人っきりで!?いや、いいけど・・・」
幼馴染「んんーん?なになに、幼馴染ちゃん相手にドキドキしちゃってるの?」
男「ば、バカ言うないー。お、俺が幼馴染ごときに心を乱すなど」
幼馴染「男くんって誤魔化すときは決まって難しい言葉を使いたがるよねー」
男「あひぃっ!!」
95:
ガヤガヤ
男(ていうか今気づいたけど幼馴染って目立つな)
男(あの見た目だから仕方ないけど)
幼馴染「へへへっ、なんかほんとに恋人同士でデートしてるみたいだねっ」
男「あ、ああそうだな!」(うぅ・・・偽物なんだけどな・・・)
幼馴染「ほらほら、あそこでたい焼き売ってるよー!」
男「ほぅ、まかせとけ買ってきちゃる」
幼馴染「わぁーい」
トコトコ
店員「へいへいへいへい・・・へいらっしゃっい!」
男「やかましいな、たい焼きふたつ」
96:
男「ほほっ、なかなか美味しそうだな・・・ん?」
幼馴染「あの・・・彼氏待ってるんで」
いいじゃんか、彼氏より俺らと遊ぼうぜ
幼馴染「いや・・・そういうのほんとにいいんで・・・」
グダグダ言ってないでこいよ
幼馴染「ちょっ・・・いたっ・・・!」
男「ちっ・・・なんで断ってるのに絡んでくるかなぁ・・」トコトコ
バキィ
ボコッ
ぐわぁぁ!!な、なんだてめぇ!!
うぎゃぁぁああ
97:
男2「ったく・・・嫌がる女の子を無理矢理連れてくか?大丈夫?」
幼馴染「へっ?あ、はい、大丈夫です」
男2「ま、気を付けなよ。この辺たまに変な不良とかいるからさ」
幼馴染「あ、はい・・・ありがとうございます」
男2「んじゃあね」
トコトコ
男「・・・・」
男「なんだこれ」
幼馴染「ほんとになんだこれよ」
男「っ!!!い、いたのか」
98:
幼馴染「どういうわけだか、男くんじゃなくて、通りすがりの人に助けられたじゃん」
男「いや!た、助けには行こうとしたよ!な、なんていうか・・そのあれだよ」
幼馴染「あれってなによ」
男「・・・・間が悪い?」
幼馴染「間で済ましますか」
男「し、しょうがないぞ!今のはほんとにどうしようもないっす!」
幼馴染「まぁ・・・男くんがすごい形相でこっちに向かってくる姿は見えたけど」
男「見えてたんかい!」
幼馴染「なんだか・・・絶妙なタイミングだったよね、さっきの人」
男「間違いないな」
99:
ーーーーー
友「なに?デートしてただと」
男「やめろ!露骨に足踏み踏みするのやめろよ」
友「うるさい。お前は幼馴染さんに踏み踏みしてもらったんだろ」
男「んなわけあるか!ていうかそこじゃねぇよ大事なところは!」
友「一番重要だろ、ていうかラノベの主人公に助けられたのがどうしたんだよ」
男「いや、どうしたってわけじゃないが。そういうことがあったんだって報告を」
友「そんな報告いらんわ!!自慢か!!コノヤロウ」
男「自慢じゃないわ!!自慢できるような状態じゃ・・・」
友「なんだよ、恋人同士のくせして自慢できる状態じゃないだと」
男(あぶねぇ・・'本当のこと話すところだったわ)
男「いや・・・まぁ・・・そうなんだけどさ・・・」(偽物ってのは近い距離にいるが一番遠いんだぞ・・・お前よりも)
友「ったく、まぁラノベ主人公のことだ、どうせ女のことなんてまともに相手にしないだろうし、そもそも幼馴染さんも気にしてないんだろ?」
男「本人はそう言ってるんだけどな」
104:
ーーーーー
幼馴染「るんるんるーん♪」
幼馴染「ん?」
男2くーん
どこいったのー
男2「ったく勘弁してくれよ」
幼馴染「あ、男2くん、この前はありがとうね」
男2「ん?あんたこの前の?」
幼馴染「幼馴染です。転校してまだ日が浅いんだけどね」
幼馴染「なんで女の子から隠れてるの??」
男2「いや・・・隠れてるってわけじゃないけど」
男2「なんていうか・・・」
105:
あーいたー!!
また違う女の子といるー!!
男2「ったく!!勘弁してくれよ!!」グイッ
幼馴染「へ?わっ、ちょ、ちょっと!!」
タッタッタ
ーーーー
男2「はぁはぁ、ここまで来れば大丈夫か」
幼馴染「はぁはぁ」(な、なんで私まで・・??)
男2「ってごめん、反射的に一緒に逃げて」
幼馴染「別にいいけど・・・ちょっとビックリしたかな」
109:
男2「そういえば・・・あんたは転校してきたばかりなんだっけ」
幼馴染「あ、うん、そうだよー」
男2「周りが色々と噂してたね、可愛い子が転校してきたって」
幼馴染「まぁ・・・男の子ってみんなその話題ばっかだよねー」
男2「ほんとのことだから仕方ないんじゃないか?」
幼馴染「ほぅ、褒められてるってことでいいのかな?」
男2「どうとでも受け取ってくれていいさ」
幼馴染「ほいほいー」(ふーん・・・さりげなく褒めるか)
男2「というか・・・まずかったかな?」
幼馴染「んー?なにがー?」
112:
男2「たしか、誰かと付き合ってるとかなんとか」
幼馴染「あら、よく知ってるね。それも噂?」
男2「まぁな」
幼馴染「けどそういう噂を気にしなさそうだよね、男2くんって」
男2「そうか?」
幼馴染「女の子たちが迫ってきても気にしてなさそうだったし」
男2「あれは・・・なんというか、周りが」
113:
幼馴染「まぁさ・・・男2くんがどう思うかは勝手だけどさ」
男2「??」
幼馴染「あんまり、女の子に思わせぶる行動はしない方がいいんじゃない?」
男2「思わせぶるって・・・そんなことしたことないんだけど」
幼馴染「それは男2くんの主観なんじゃない?彼女たちからみたら多分そうじゃないと思うよ」
男2「んなこと言われても・・・」
幼馴染「まぁまぁ、相手の立場にも立ってみようよ。そうすればわかるよ。じゃね」
トコトコ
男2「・・・・」
男2「なんで俺は説教されたんだ??」
114:
幼馴染「はぁ・・・会って間もないなんか偉そうなこと言っちゃったけど」
幼馴染「恋愛は自由だし・・・彼女たちが良いなら良いんだけどさ」
男「恋愛がなんだって?」
幼馴染「え、聞き耳立てるとか引くわー」
男「普通のトーンで喋ってたっすよー」
幼馴染「冗談だから」
男「で?恋愛がどうしたんだよ」
幼馴染「恋愛は自由だねってことを考えてたの」
男「自由ねぇ」(偽物は自由すぎるけどな・・・)
幼馴染「男くんの恋愛観はどんなのかなぁー?」
男「お、俺か!?」
115:
幼馴染「優柔不断そうだしねー」ジトー
男「う、うるさいな」
男「俺は・・・」
男「・・・・たった一人、その子を好きでいられれば」
男「それでいいよ」
幼馴染「・・・・」
男「な、なんじゃらほい」
幼馴染「ふふーん・・・なるほど。そうかそうか」ニヤニヤ
男「な、なんですかい!?」
幼馴染「うん♪やっぱり男くんは男くんだね」
幼馴染「その気持ち、絶対に届くよ♪」
男「幼馴染に言われるとそこはかとない不安を感じずにはいられない」
幼馴染「なんだとー!!」
ワイワイ
116:
ーーーー
幼馴染「え、紹介?」
友「お願いしやっす!幼友さんを俺にくださ・・・じゃなくて紹介してください!」
幼馴染「いや、そんな、土下座なんてしないで、顔あげてよ」
友(ふひひ、今顔を上げれば幼馴染さんの純白の肌着が・・・)
男「そのまま、顔埋めてようか」ゴリゴリ
幼馴染「あら、パンツがねらいだったの?」
友「紹介してほしいのは本音です・・」
119:
幼馴染「紹介って言われてもなぁ」
友「も、もしかして・・・か、彼氏がいるとか」
幼馴染「彼氏?」
幼馴染「・・・・」
幼馴染「まぁ、ついてきてよ。そうすればわかるから」
男「だってさ?」
友「ここで引くほど俺はチキンライスじゃないぜ」
男「くだらねぇこと言ってないで行くぞ」
トコトコ
ーーーーー
122:
ーーーー
トコトコ
幼馴染「うーんと、この辺りだったかな」
友「何があるの??」
男「駅前だな」
幼友「♪ー」
男「なんで隠れるんだ??」
幼馴染「まぁまぁ、いいからいいから」
幼友「!」
???「~~」
123:
男「幼友ちゃんに謎の男が声をかけてるぞ」
友「な、なんか親しげなんですが・・・」
幼馴染「バレないようにあとをつけよう」
男「普通に会いに行けば良くないか?」
幼馴染「黙ってついてくる」
友「ふえぇ」
124:
ゲームセンター
幼友「~~♪」
???「~♪」
男「ゲーセンに入ったな」
友「な、何を」
幼馴染「さぁ?デートじゃないかな?」
友「デートぉぉ!?!?じ、じゃああの野郎は・・・」
男「声がでけぇよ。だーってろ」
幼馴染「よし、入るよ」
トコトコ
127:
幼友「~~~」
あの野郎「~~~」
友「ぐぬぅ…楽しそうにしておる」
友「幼馴染さん!!どういうことなんすか」
男「うおりゃあああ!!!」バコンッ!!!
ピピッ
282kg
幼馴染「すごっ!!パンチ力282kgだってさ!!」
男「初めてやったからわからんけどすごいのかこれ」
幼馴染「私殴られたら粉々になるね」
男「そんなことせんわ!!幼馴染もやってみ」
幼馴染「へへん♪きっと300kgとか出しちゃうよ」
友「何やってんですか」
128:
カラオケ
友「個室に入っていきました」
幼馴染「これはつけられないね」
男「隣で待機だな。妹ちゃんとりあえずフリーで」
妹「あいよー。何やってんですか??」
男「一人の男の恋路が踏み踏みされてにじられるの観察」
友「張っ倒すぞ」
129:
ちゃららー
幼馴染「えんだああああああいやああああ」
男「なんちゅう歌のチョイスだ…」
男「しかし、上手いな。もっとやれやれー」
幼馴染「♪」V
友「さすが学園のアイドル。歌も踊りも完璧でエンターテイナーにも長けてるとは」
男「ていうか、お前は幼友さんを見てなくていいのか」
友「俺も楽しみたい」
男「そっちをどうにかしてからな。幼馴染ーデュエットしようよー」
幼馴染「いいよ~♪ラブソング?ラブソングだよね?ラブソングでしょ?」
友「弾け飛べ、リア充どもめ」
130:
公園
幼友「今日は楽しかったね」
あの野郎「そうだな」
男「なんか初々しいカップルみたいな雰囲気になってんぞ」
幼馴染「だねぇ。色々と危ないね」
友「ぐうぅぅぐぐぐ」
男「おい暴走するな、相手はしかもかなりのイケメンだぞ。お前に勝ち目なんて最初から」
友「舐めんな!!俺にだって意地がある!!略奪じゃ!!!」
幼馴染「略奪愛は長続きしないよ?」
友「それでも俺は行く!!」トコトコ
男「おいバカッ」
幼馴染「あらら、あわてなくてもいいのになぁ」
男「?どういう意味???」
132:
幼友「~~~」
あの野郎「~~~」
友「~~!!」
男「うわぁ…ほんとに絡みに行ってるよ」
幼馴染「流石に止めに行こうか」
――――――
友「えっと…つまり…お二人は兄妹と?」
イケメン「はじめまして、幼友の兄です」
幼友「もう…幼馴染が普通に話せば問題なかったんだけどねぇ」
幼馴染「面白くてそのまま黙ってました」うへっ
男「てへっじゃないんだな」
幼馴染「うふっ♪」
133:
友「けど…アレっすよね…お二人すごく仲良い兄妹っすよね」
イケメン「あははは、まぁね」
幼友「兄さんは色々と私の面倒もみてくれるから、それについつい甘えちゃって」
イケメン「俺が面倒見れるのも幼友が社会人になるまでだけどね」
幼友「そうだねぇ、私がどこかで旦那さんを捕まえてきたら別かな?」
男「まだ高校生だけどね」
幼馴染「まずは彼氏を作るところからはじめなきゃ♪」
幼友「簡単には見つからないかなぁ…」
134:
イケメン「ははは、そうだねぇ、こいつに良い奴が見つかればいいけどね」
幼友「兄さんも良い彼女さん作ってねっ」
イケメン「はいはい」
友「……」
135:
―――――――
友「付け入る隙がありませんっす」
幼馴染「うーん…まぁ二人は小さいころから仲良いみたいだしね」
幼馴染「私も最初はお互いブラコン、シスコンなんじゃないかなって」
男「いや、デートしてる時点で十分そうだと思うぞ」
友「しかもイケメンだから…あんな兄貴を身近で見てたら、俺なんかアウトオブ眼中じゃないっすかああ!!!」
男「けど、別にイケメンが好みって決まったわけじゃないだろ?」
幼馴染「ちなみに私はイケメン大好物です♪」
友「なのになぜ男と!?」
男「そうだったんすか!?!?」
幼馴染「もちろん!内面を磨くことに熱意を燃やす男子ほどカッコイイものはない!」
男・友(イケメンって…性格のことか)
136:
幼馴染「だからさ、友くん。私の友達だからもう少し私の言うことも信用してほしいな」
男「兄妹の件黙ってたけどな」
幼馴染「お黙り」
幼馴染「ま、好みはともかくとして、そんな見た目だけで判断するような子じゃないし」
友「そうだよな。幼馴染さんが言うんだ間違いない」
友「俺頑張りやっす!」
幼馴染「ふむふむ。見事漢になってみせろ」
友「うっす!!」
男(完全に幼馴染の手のひらですわ・・・)
137:
男「あんな調子の良いこと言って大丈夫なのかぁ?」
幼馴染「大丈夫大丈夫、友くんだったらちゃんと幼友っちと向き合おうとしてくれると思うよ?」
男「不安だ・・・欲望任せに彼女を傷つけないか」
幼馴染「それは男く○に当てはまることなんじゃないー?」
男「ははは、俺にはそんな相手いないじゃないか」
幼馴染「私は??」
男「嘘の恋人じゃないか」
幼馴染「嘘が本当になるかもしれないよ?」
男「そ、それは・・・」
138:
男「俺にだってぷ、プライドがある!」
幼馴染「なんで、急にプライド??」
男「同情で付き合ってもらうほど落ちぶれちゃいない」
男「己の力で勝ち取ってこそ、恋ってのは燃えるのさ」
幼馴染「ふーん・・・相手から歩み寄ってあげようかなー?って感じでも、俺がお前を落とすって感じでもガンガン行くんだ?ふーん・・・」
男「ぁ・・・はい、うん・・そうです」
幼馴染「プライドねぇ・・・きっとポークビッツ並みのプライドっぽそう」
男「酷すぎる・・・それはいくらなんでも言い過ぎだろ」
幼馴染「アルトバイエルになれるのか!?シャウエッセンに化けるのか!?」
男「なんでソーセージに例えるんだよ、男のプライド=象徴とでも言いたいのか!?」
幼馴染「・・・・・」
幼馴染「ごめん・・ちょっと本気で引いた」
男「ごめんなさい、かなり調子に乗ってました。完全に失言です」
139:
男「と、とにかく・・・なんだ、その」
幼馴染「なにさ」
男「もし・・・仮に好きなやつがいたら」
男「そいつと面と向かってちゃんと戦えるよう」
男「己を磨いてから・・・・決戦に挑むのだ」
幼馴染「好きな人いるの・・・?」
男「う、そ、それは・・・」
幼馴染「・・・・」
男「ま、まだ保留だ」
幼馴染「あれれ・・・」
男「けど、心を乱す奴はいる」
男「ちゃんとそいつとは向き合っていきたいし、どんな形でも好きになれば、想いだって伝えるさ」
幼馴染「・・・・絶対?」
男「ああ!勿論だ」
141:
ーーーーー
男自宅
ピンポーン
幼馴染「うーんどうしたんだろ?まだ寝てるのかな」
ピンポーン
幼馴染「もうー・・・こういうときにおじ様とおば様がいないのがなぁ」
幼馴染「あ、親もと離れて一人暮らしだっけ男くん」
幼馴染「まいったなぁ・・・合鍵なんてないし、窓からヤッホーなんてリアルでやるわけにもいかないし」
幼馴染「lineで起こしてやる」ピピッ
ピロン
幼馴染「はやっ!起きてるんならちゃんと出てきてよ」ピッ
風邪引いた
死にそう
幼馴染「あれ、馬鹿はなんとかって言うけど」
ピロン
今馬鹿とか思ったろ、ほんとにちょっとしんどいから休むよ
幼馴染「むぅ・・・大丈夫かな」
142:
学校
幼馴染(男くん大丈夫かな・・・私も休んで看病すれば良かったかな)
幼馴染さんおはよー
今日は彼氏は一緒じゃないのー?
幼馴染「あはは、実は旦那が風邪引ちゃってさー」
旦那って
夫婦みたいー
幼馴染「あははは」
友「よう!!ってあれ?男は??」
幼馴染「友くんおはよー。旦那様は体調を崩しております」
友「なんだあのやろう。頑丈なのが取り柄なのに情けないやつめ」
幼馴染「ま、こういう日もあるよねー」
143:
ーーーーー
幼馴染「風邪って何が効くのかなぁ、ねぎとか?うどんとか消化の良いものよく食べるとは聞くけど」
男2「ごめん、そういうことは考えてないんだ」
委員長「なんで??泊まりに行ったりもしたし、なにが不満なの?」
男2「不満という訳じゃ・・・とにかく俺は誰かと付き合うわけじゃ」
委員長「でも・・・まわりであなたのことを気にかけてる人だって多くいるし、クラス中の女子があなたにアプローチしてる噂も」
男2「そんなことされたことないって!さすがにその噂は誇張しすぎだろ」
144:
委員長「そんなことないわよ!現に最近転校してきた幼馴染さん!?あの人だってあなたに気があるって噂も」
男2「俺あの人に説教されたんだけど・・・」
幼馴染「あのー、私が何かしました??」
委員長「幼馴染さん!?い、いつから聞いてたの?」
幼馴染「凄い剣幕で駄々漏れだったよ」
145:
委員長「そんなことないわよ!現に最近転校してきた幼馴染さん!?あの人だってあなたに気があるって噂も」
男2「俺あの人に説教されたんだけど・・・」
幼馴染「あのー、私が何かしました??」
委員長「幼馴染さん!?い、いつから聞いてたの?」
幼馴染「凄い剣幕で駄々漏れだったよ」
委員長「それは失礼・・・」
男2「な?委員長、考えすぎだって。それに俺は別に誰かと付き合いたくて助けたりとかしてるわけじゃないからさ」
男2「ただ・・なんていうか、ほっとけないというか、助けたいからそうしてるんだよ」
委員長「だから・・・あなたのことを好きになったのよ・・」
幼馴染(????なにこれ???)
147:
男2「そんなこと言われても・・・俺は別に好意を向けられたくてやったわけじゃ」
委員長「だからじゃない。下心がないから・・誠実だから」
幼馴染(けど、それって裏を返せば気にも留めてないってことじゃ)
男2「とにかくさ・・・そういうのはいいんだよ。俺は気ままにやってる方が良いんだよ」
委員長「けど!」
幼馴染「あの・・・」
男2「ん?なに?」
委員長「なにか?」
幼馴染「いや・・・お二人の世界に割り込むのは大変恐縮なのですが」
男2「別に二人の世界とかじゃ」
委員長「悪いと思うならどこかへいってくれる?」
148:
幼馴染「あははは・・・すぐに失礼しますぅ」(いたくているわけじゃないんだけど)
幼馴染「男2くんも断る理由を曖昧に濁すのはどうかと思うよ?」
男2「は?」
幼馴染「いや、断るならキッパリ断らなきゃだめだってことを・・・」
委員長「あなたね、自分が相手にされてないからって何勝手な」
幼馴染「迷惑なら迷惑。好きじゃないなら好きじゃない。曖昧に濁されても、期待しちゃうのよ」
男2「そんな風に言ったら相手も傷つくだろ」
幼馴染「そういうのが思い上がりなんだってば、わからないかな!?」
149:
幼馴染「傷つくだの、傷つけられるだのさ、そんなのあって当たり前なんだってば」
男2「だったらあんたはどうなんだよ?いろんなやつに告白されてどうしてんだよ?そういう風に思われるってことは思わせ振りをしてんじゃねぇのか?」
幼馴染「いや・・・たった一日そこら話しただけで告白されても困るし・・・それに私は好きじゃないからって断ってるよ」
委員長「モテる自慢でもしたいの?」
幼馴染「ちょっと黙っててくれる?論点そこじゃないんだけど」
委員長「はぁあ!?あなたね!!」
男2「委員長!!」
委員長「うっ・・・」
男2「確かにあんたはそうしてるけど、俺はあんたじゃないし押し付けられても困るんだけど」
幼馴染「そうね、だから忠告ってことにしておいて頂戴。どうするかはあなた次第だし」
男2「そいつはどうも」
150:
ーーーーー
幼馴染「はぁ・・・つかれた」(なんか、むかついたとかそんなんじゃなくて)
幼馴染「ただ、ただ疲れた」
パシャ
幼馴染「っ!!!」
幼馴染「そこだ!」
ひぃ!!
タッタッタ
幼馴染「待たんかコラァァ!!必殺ローファースロー!!」ブンッ
バキィ
ひぇぇ!!
ドサッ
幼馴染「よいっしょっと、最近こそこそしてたのはこやつか」
151:
保健室
オタク「んんん・・・」
幼馴染「気がついたかな?」
オタク「あ、ひぃ!?お、お、幼馴染さんん」
幼馴染「私は化け物かなにかかな」
オタク「あ、えっと、すみません」
幼馴染「なんでこそこそ写真なんか?」
オタク「その・・・・転校してきたのを見て・・・その」
幼馴染「ん?なに??」
オタク「え、えっと・・・・」
幼馴染「男だろ!うじうじするな!!ハキハキ喋らんか!」
オタク「わひぃぃ!その、ひ、一目惚れして!ずっとあとつけてたんす」
オタク「けど、なんていうか、どちらかといえばアイドルのような存在で」
オタク「せめて、し、写真だけどもと・・」
152:
幼馴染「それで、あんなこそこそと撮ってたのね?」
オタク「はい・・・・ほんとにすみません。もし嫌でしたら、全部データ消します」
幼馴染「全く・・・お馬鹿だな。言ってくれればいくらでも撮らしてあげるのに」
オタク「え?」
幼馴染「写真くらいなら、好きなだけ撮っていいよ。むしろ歓迎よ」
オタク「え、引かないんですか!?気持ち悪くないんですか?」
幼馴染「え?なんで??なんで気持ち悪がるの??」
オタク「いや・・・だって俺のやってたこと、盗撮っすよ?」
幼馴染「じゃあ今度からはちゃんとした撮影だね」
153:
幼馴染「まぁ、君の好意に答えてはあげられないけど写真撮りたいっていうのなら、喜んで」
オタク「あ、ありがとうございます!!じゃ、じゃあ早」
幼馴染「はいはいー。こんな感じにポーズとかとったり?それとも、自然な感じ??」
オタク「両方ほしいっす」
ーーーーーー
154:
下校時間
幼馴染「今日はいろんなことがありすぎて疲れたよ・・・」
幼馴染「って・・・あれ靴箱に靴入ってない・・・?」
幼馴染「オタクくーん・・・」
オタク「な、なんでいるのわかったんすか!」
幼馴染「じーっ」
オタク「靴なんて隠してないっすよ!」
幼馴染「冗談冗談。ちょっとこういうノリをしたかっただけ」
オタク「靴がみつからないみつからないんすか!?」
幼馴染「そうなのよ」(ようやく嫌がらせがでてきたか)
158:
幼馴染「むぅ・・・ないなぁ」
オタク「幼馴染さん、もう先生に報告しましょうよ」
幼馴染「はぁ・・・仕方ない今日はランニングシューズで帰るかなぁ」
オタク「自分のを貸してあげたいっすけど・・・汚いですし」
幼馴染「じゃあすぐにでも綺麗にするんだっ 」
159:
ーーーーー
オタク「じゃあ俺こっちなんで・・・」
幼馴染「おう、じゃあまた明日学校でね」
オタク「幼馴染さん・・・」
幼馴染「うん?」
オタク「その・・・俺なんか相手にされないんじゃないかと思って・・・ほら、俺見た目がその・・・」
幼馴染「不細工?」
オタク「うぐぅぅっ!」
幼馴染「うーん・・・けど見た目で人付き合いとかするつもりなんかないし」
幼馴染「私が絡みたいから絡んでるだけだよ?」
オタク「お、幼馴染さん・・・」
幼馴染「じゃ、また明日ね♪」
タッタッタ
160:
ピンポーン
男「んん・・・誰だろ、幼馴染だといいな」
ガチャ
幼馴染「やっはろーん」
男「お願い叶いました」
幼馴染「なんの話??」
男「いや、こっちの話。熱も下がってきたけど、大丈夫か?移らないともいえないし」
幼馴染「大丈夫大丈夫、意外と丈夫だしねー」
男「いや、元病弱だろ」
幼馴染「今は健康体だもん」
男「まぁ・・・たしかにスクスクと育ってますよね」
幼馴染「具体的にどこを指してるの?」
161:
男「言ったら怒るじゃないですか」
幼馴染「怒らないよー、お粥に塩じゃなくて砂糖を混ぜるだけ♪」
男「ごめんなさい。熱が出てちょっと思考が変になってるだけです」
幼馴染「ふむ、しょーがないから普通のお粥にしてあげよう」
ーーーーー
164:
男「はふはふ、中々おいしいです」
幼馴染「そーだろそーだろ。もっと誉めてもいいんだぞ。幼馴染ちゃんはね誉めると伸びる子なんだ」
男「前にも飯つくってもらったけど料理に関しては言うことないな」
幼馴染「この程度の女子力、天才幼馴染にかかれば容易いものよ」
男「わー、すごーい」
幼馴染「ていうかさ、男くんも料理してたんでしょ?そんなに違いなんてあるかな?」
男「うーん・・・俺が作ると炒めものとかに偏るんだよ」
165:
幼馴染「それは良くないね、味付けも濃くなっちゃうし」
男「確かに濃いかなぁ」
幼馴染「じゃあ、私の味付け物足りないんじゃない??」
男「そんなことないぜ、ちゃんとした味付けだし、それでいてバランスも良いし。はっきりいって料理では勝てん」
幼馴染「そ、そこまで言われると本気で照れるからやめて」
男「なんだよ、いつもは俺のことからかうくせに」
幼馴染「もうーいいの!この話はおしまい。はいチュンチュン」
男「強引に終わらせやがったなこやつ」
幼馴染「はよはよ、たべなさい」
男「あいよ」
幼馴染「ふむふむ・・・えへへへ、美味しいかぁ」
167:
ーーーーー
9時だおー
男「もうこんな時間か、幼馴染ーもう帰ったほうが良くないか?」
幼馴染「んー?今何時ー?」
男「いーま9時らんららん♪」
幼馴染「クジラの時計かい。そかそか、一人で帰るのも怖いし、泊まってこうかなー」
男「は?今なんと?」
幼馴染「え?お泊まりでもしようかなって。男くんまだ復調したわけじゃないし」
幼馴染「一応付きっきりで看病できる人いたほうが良いでしょ?」
男「そこまでしなくても・・・ていうか、いいのかよ」
幼馴染「なにがー??」
168:
男「恋人って言っても偽物だし、しかも男の家、二人っきり。すなわちこれdanger!」
幼馴染「大丈夫大丈夫弱ってる男くんを叩き落とすようなことしないやい」
男「お前、俺が平常ならそんなことしようとしてたのか」
幼馴染「貞操の危機を感じたら♪」
男「いくら幼馴染みが相手でも付き合ってない子にそんなことせん!」
幼馴染「ほんとにー??」
169:
男「あ、当たり前だ!見損なうなよ小娘」
幼馴染「ほう?怖いだけだろ?小僧」
男「ぐぬぬぬ」
幼馴染「んー・・・じゃあさ」
ピタッ
男「お、おい!!お、幼馴染!?!?」
幼馴染「こんな風にベッタリくっついても・・・しないの?」
男「な、なにをだよ」
幼馴染「ナニをだよ」
男「お、幼馴染・・・平常時ならともかく、俺今一応風で熱も上がってるんだが」
幼馴染「ごめんごめん♪ついつい」
170:
男部屋
幼馴染「安心して、ちゃんと看病はするから」
男「ふぅ・・・ちょっと横になったらまた、熱っぽく感じるな」
幼馴染「今日はもう休まないとね」
男「みたいだな・・・」
男「・・・」
幼馴染「ゆっくりお休み」
男「ほんとはさ・・・・」
幼馴染「うん?何?」
173:
男「ちょっと幼馴染に甘えようとしてたかもしれない」
幼馴染「ふふふ、いいんじゃない?別に・・・♪」
幼馴染「いつかとは逆の立場だね?」
男「今でもガキだけど、ガキの頃はよく俺がこうしてたっけ」
幼馴染「そうだねー、あのときはほんとに体弱かったからね」
男「今でも信じられないな・・・一緒にいて、今までと変わらない感じで接してたからさ」
男「時々忘れそうになるんだ」
男「幼馴染が病気だったことも」
幼馴染「・・・・今は元気だよ・・・?」
174:
ピタ・・・
幼馴染「ん・・・うん?」
男「なぁ幼馴染。ほんとにもう・・・大丈夫なんだよな?」
男「無理とか・・・してないよな?」
幼馴染「・・・・ふふふ、大丈夫だよ・・・」
幼馴染「ねぇ、どうしてそんなに心配してくれるの?」
幼馴染「ただの幼馴染・・・じゃないの?」
男「それは・・・」
幼馴染「・・・・」
男「俺にとって・・・特別だから」
幼馴染「特別・・・?」
男「今までいろんなやつと友達になってきて、仲良くなったけど」
男「やっぱりお前だけは・・・特別なんだ」
幼馴染「どんな風に・・・?」
男「ごめん・・・まだ・・・言えない」
175:
幼馴染「今じゃ・・・ダメなの?」
男「ダメと言うか・・・俺自身に問題があるんだ」
男「まだまだ、足りないんだ」
男「俺にまだ、足りないんだよ」
幼馴染「・・・・」
幼馴染「そっか、足りないなら仕方ないかな?」
幼馴染「じゃあ、その足りないピースを見つけてはめ込むんだ♪」
男「俺はパズルか」クスッ
幼馴染「簡単そうなパズルだね、四ピースくらいの」
男「ひでぇよ」
176:
―――――
ちゅんちゅん
男「ん…、寝ちまってたか」
幼馴染「ん…ぅん…」
キュゥッ
男「ずっと手を握っててくれたのか。ありがと…」
幼馴染「ぅん…じゃぁ…カツ丼ん…おごってぇ」
男「小学生みたいな寝言言ってやがる」
幼馴染「んへへぇ…特盛りぃ…」
男「よっこいっしょ、ほらちゃんと寝るんだ」
ゴソゴソ
177:
――――――
オタク「…」ソワソワ
見て…またあの気持ち悪い奴キョどってるよ
気持ち悪っ
オタク(はぁ…やっぱ調子に乗りすぎた…)
幼馴染「おっはよー!!オタクくーん」
オタク「あ、お、お、おはようごあいまう!!」
幼馴染「キョどるなきょどるな、ドンと胸張りなさい」
男「おい!!どういうことだ!!俺の知らん間に交流増えてるし!!」
幼馴染「あー、オタクくんのこと?彼は私のファンなのだよ」
オタク「ひっ…ど、どもっす」
男「あ、どうも、男っす」
男「じゃなくて!!」
178:
男「お、幼馴染から誘ったのか!?」
幼馴染「んー??私はただオタクくんを発見して声かけただけよ」
オタク「あ、あの・・・俺迷惑でしたら・・消えますんで・・・」
男「あ、いや!そうじゃないんだ!!こいつポンコツだから、誰も彼も関係なく交遊持つもんで」
幼馴染「ポンコツじゃねぇぞこら、頭だって学年上位だぞ」
男「それに幼馴染にしちゃ珍しいタイプだったからさ!少しびっくりしただけなんだ」
オタク「そ、そうなんす」
男「ま、これから仲良くやろうぜ、確か隣のクラスだよな」
オタク「は、はい。誰もクラスには知り合いとか・・いないっすけど・・」
男(ね、ネガティブだなオイ・・・・)
179:
教室
男「はろー!」
友「よう!くそガキ!風邪は治ったか?」
男「うるせーくそガキ!移すぞごらぁ」
委員長「おはようございます。朝から元気なのは結構だけど、あまりハメを外さないようにね」
男「ういっす」(なんか怖いな)
委員長「おはよう、幼馴染さん」
幼馴染「お、おはよぅ・・・ございます・・・」
ササッ
男(なんで俺の後ろに隠れるんだ、幼馴染よ。可愛いから良いけど)
委員長「あなたもあまり目立ちすぎないようにね」
ツカツカ
180:
男「・・・・お前委員長と何かあったろ」
幼馴染「な、なんのことかな」
男「惚けるんじゃないの」
幼馴染「うぅ・・・ないと言えば嘘だけど・・・でも、あまり関わったわけじゃないよ? 」
男「委員長があんな冷たい態度とるなんてよっぽどだぞ」
友「まぁまぁ、その話は昼にでもしようぜ」
ーーーーー
184:
お昼
男「男2に反論した?」
友「あの主人公に喧嘩売ったのか、中々のヒロインだな」
幼馴染「いや、そんな大層なものじゃないよ?なんていうかハッキリしない態度は良くないよ?って」
男「まぁ、年中女が周りにいるやつだしな。本人はそのつもりなくても寄ってきちゃうらしいよ」
友「女以外のうちのクラスの女子もあいつに惚れてるだのなんだの言ってるらしいぞ」
男「それは誇張しすぎだろ」
幼馴染「委員長さんが似たような話してたよ」
幼馴染「けどわかんないな」
幼馴染「助けられただけで好きになるとかって、本当にあるのかな?」
男「確かにな、フィクションとかだとあるけど、現実でそんなポンポンあるものかどうか」
185:
友「実は特殊能力をもってるとかな」
男「惚れさせる能力とかか?」
幼馴染「案外暗示とかそういう類いかもよ?」
男「現実味が余計になくなってるぞ」
幼馴染「じゃあ、天性の魅力?」
友「あいつにそんなのあるか?」
男「いや、男子から見るのと女子から見るのとでは全然違うからな」
幼馴染「ちなみに私に言わせてみるとアウトオブ眼中です」
男「面食いの幼馴染が言うからには間違いなく、顔ではないな」
友「幼馴染さん面食いなんすか・・・」
幼馴染「嘘だから。そういう意味合いじゃなくて単純に相性として合わないかなって思ったからよ」
男(それでも男女共に仲良くなりやすい性格の幼馴染があまり好まないのは異常だな)
188:
ーーーー
男2「ふぅ・・・今日は一人で落ち着けそうだな」
男「こんにちは」
男2「どうやら、今日もつかれる一日みたいだな」
男2「あんた、確か男?だっけ?」
男「改めて話すのはお互い初めてかな」
男2「まぁ、女子にまとわりつかれるよりはいいかな」
男「そいつはどうも。モテる男は辛いねぇ」
男2「望んでねぇのにな」
189:
男「そう言うなよ、望んでも寄ってこない男だっているんだしさ」
男2「俺はその方が羨ましいね。静かに過ごせるし」
男「退屈と静かは全く別物だがな」
男2「あんたは知らないだけだよ、まわりに騒がれるのがどれ程迷惑か」
男「だったら直接言ってやればいい」
男2「言ったら泣かれたり、傷つかれるし、それは困るし、そんなことはしたくない」
男「いい顔でいたいそれでいて騒がれるのを避けたいか」(いいご身分だな)
194:
男2「どうとでも受け止めてくれ」
男「まぁ、ここは一つハッキリ示せばいいさ。周りの顔伺うのもいいけど、相手に合わせて付き合う気もないんだろ?」
男2「それができれば苦労しないっての」
男「わかってないな?もっと簡単に考えればいいんだよ」
男「難しく考えるから余計にややこしくなる。うまくかわす方法を探すんじゃなくて、うまく受け止めればいいんだよ」
男2「受け止める?どうやって?」
男「方法はいくらでもある。まずは対象の子をよく観察するんだよ。あとはあんたの仕事だ」
男2「随分と投げやりだな」
男「投げやりかどうかはやってみてから言ってくれよ。外野はあくまであんたに方法を教えるだけ、実行の有無はあんたさ」
195:
男2「簡単に言ってくれるな。まずはあんたで示してくれよ」
男「いいよ♪あんたが自分と同じ状況を俺にも作ってくれるんならな☆」
男2(こいつ・・・)
男「俺も同じ状況になればちゃんとやるさ、ま、俺はあんたみたいに賑やかな状況になるようなタイプじゃないみたいでね」
男「人にどうこう言うつもりもないから、俺が言ったことも忘れてくれて結構だよ。やるかやらないかはあんた次第だからさ」
男2「皮肉なら笑えないな」
男「ははは、そりゃそうだ。笑わすために言った訳じゃないからな」
男2(物言いが気に食わないな・・・)
男「悪かったよ、けどからかってるつもりはないよ。うまく立ち回るのは難しいけど、今のままだと確実に後々もっと厄介なことになりそうだなって」
男2「わかってるみたいな物言いだな?」
196:
男「いや、単なる勘だ」
男2「いい加減だなオイ」
男「いい加減な男なものでね。それにあんたみたいに世渡り上手なわけじゃないしさ」
男「本音と建前が下手だからかもしれんな」
男2「今まで本音で話してたのかよ?」
男「もちろん!回りくどいのは嫌いだし」
男2「わかったよ、あんたの言いたいことはわかった。俺も別に好かれたくないわけじゃないし、女子に言い寄られるのも全部嫌な訳じゃない」
男2「ただ、恋人になりたいと思うような女子はいない」
男「だったらハッキリ言ってやれよ。相手が何をいってこようとも好きでもないのに付き合うよりはハッキリ振ったほうがダメージは少なくて済むと思うけどな」
男2「どうかな?」
197:
ーーーー
男「はぁ・・・・いかんな、俺も説教っぽいこと言ってたな」
男「幼馴染のことどーとか言えんなこりゃ」
男「・・・・」
男(無気力で何事に対してもつまらなさそうにしている)
男(人に絡まれれば厄介事のような態度を振るう・・・か)
男「あんな生き方して、楽しいのかなぁ・・・・」
200:
男「ん?よう」
オタク「あひっ!お、男さん・・・」
男「同級生なんだから呼び捨てでいいよ・・・。俺もオタクって呼ぶしさ」
オタク「う、うす・・・」
男「あのさ、幼馴染の写真撮ってるんだよな?」
オタク「あ、す、す、すみません!も、もう撮らないんでどうか・・」
男「いや・・・その、い、良く撮れてるやつとかある?」
オタク「よ、良く撮れてるやつ・・・?」
男「あ、ははは、もしあるんならさ、や、焼き回ししてもらおっかなって」
男「あ、ははは」
オタク「い、いいっすよ・・・それくらい」
男「まじか!今なんか参考になるのとかあるん??」
オタク「えっと・・・カメラあるからこれに・・・・」
201:
下駄箱
幼馴染「うわぁ・・・・」
幼馴染(嫌がらせもここまでくると清々しいね・・・)
女「あ、幼っち。って・・ナニコレ」
幼馴染「遅めの洗礼かな?」
女「はぁ・・・・この手の嫌がらせはするやつって大体ブスばっかなんだよね」
幼馴染「どこからどこまでの範囲かはわからないけどねー」
女「あ、でも幼っちよりブスなら女子全員だわ」
幼馴染「あたしゃ、そこまでの評価されてるのーー?」
女「幼っちも見てる限りじゃホントバッサリ斬るからねー。逆にここまで僻まれるような類いでもないと思うけど」
幼馴染「万人受けってわけにもいかないもんだね。直接被害を受けてるわけじゃないし」
幼馴染「こんなこともあろうかと、予備の運動靴で凌ぐかな」ゴソゴソ
203:
男「幼馴染ー」
オタク「あ、また・・・っすか?」
幼馴染「まぁまぁ、こういうことも学校の醍醐味だよ」
女「あら、珍しい組み合わせね?オタクくんと男くんなんて」
男「色々な♪」(あの件は内密に・・・)
オタク(了解っす)
男「で?またってのは?」
オタク「幼馴染さんの靴がなくなってるんですよ」
204:
男「いじめか・・・誰にやられた?」
オタク「いや、なまえまでは」
205:
男「いじめか・・・誰にやられた?」
オタク「いや、名前までは」
幼馴染「やっ、そんな大したことないよ!!ちょっとイタズラされただけだし!それに私は気にしちゃいな・・・くはないけど・・・」
幼馴染「ちょっとめんどくさいって思っただけだし!」
女「幼っちもこう言ってるし、あたしからも先生に報告するからさ。大丈夫だよっ」
男「そ、そっか」
ーーーーーー
206:
友宅
友「ほう、俺の幼たんをいじめてる不届者がいるのか」
男「俺の幼馴染みだ。ぶちコロスぞ」
友妹「心当たりとかないんですか??」
男「聞いた限りだと、周りの女子の嫌がらせだって」
友「自分が劣っているって認めてるようなもんだよな」
友妹「確かに幼馴染さんこの辺の女の子じゃ比べられないくらい美人だけど・・・むしろ逆にめずらしがって、いじめとかの対象になるかなぁ」
男「そうなの??」
友妹「美人が転校してきても、よほどの・・・例えば逆にいやがらせを受けたとか、性格悪かったとか、あとは男関係ですね」
友「どれも当てはまらねぇだろ?」
男「いや、ひとつある」
友「なんだよそれ」
男「委員長だよ」
友「委員長??」
207:
友宅
友「ほう、俺の幼たんをいじめてる不届者がいるのか」
男「俺の幼馴染みだ。ぶちコロスぞ」
友妹「心当たりとかないんですか??」
男「聞いた限りだと、周りの女子の嫌がらせだって」
友「自分が劣っているって認めてるようなもんだよな」
友妹「確かに幼馴染さんこの辺の女の子じゃ比べられないくらい美人だけど・・・むしろ逆にめずらしがって、いじめとかの対象になるかなぁ」
男「そうなの??」
友妹「美人が転校してきても、よほどの・・・例えば逆にいやがらせを受けたとか、性格悪かったとか、あとは男関係ですね」
友「どれも当てはまらねぇだろ?」
男「いや、ひとつある」
友「なんだよそれ」
男「委員長だよ」
友「委員長??」
209:
男「男2関係で委員長と揉めてる様子だったな」
友「けどあれって幼馴染さんが煮えきらない態度の主人公に切り込んだわけだろ?どちらかと言えば委員長に味方してるはずじゃ」
男「まぁな、けど見方を変えれば余計な世話だと言われてしまうし、現に二人から快く思われてないみたいだな」
友妹「その男2さんってそんなにモテるんですか?」
男「うちのクラスの女子のほとんどが奴に惚れてるらしいよ」
友妹「うーん・・・聞く限りだとそんなにモテるとも思えなさそうなんですけど」
友「俺たち男から言わせてみればさっぱりさ」
210:
男「昔からよく天性の魅力を持った人間はいるって言うじゃないか?それと同じなのかもな

友妹「うーん・・・それは違うんじゃないんかな?」
友「うん?」
友妹「天性の魅力って多分男女共に引き寄せるものだと思うんですよ」
友妹「だから女子だけから好意的に思われる。かといってイケメンというわけでもない」
友妹「男子といるところを全くみたことがないところを考えると少なくとも男性を惹き付ける。男気ってのがないんじゃないんでしょうか?」
男(男を惹き付ける魅力か・・・確かに一理あるな)
友「男は女以上に強いものに惹かれると言うしな」
友妹「男らしさというか、少なくともそれが欠けているという点ではおそらく魅力ではないと」
友「万人受けするってだけじゃなくて、単に局所的なものでも魅力じゃないのか?」
友妹「それ、多分魅力じゃなくて何かしらの行動をしてるか、極論女子に見る目がないなのどちらかだよ?多分」
211:
ーーーー
自宅
男「魅力ねぇ・・・」
男「・・・・」
男「どうかな、最近筋肉落ちてきたかな・・・」
男「また追い込みしなきゃな・・・」
幼馴染「鏡の前で筋肉云々言うナルシストだったんだ」
男「うわぁあっ!!いたのか!というかどうやって入ってきた!?」
幼馴染「男くんが風邪で休んだとき、合鍵渡してくれたじゃん」
男「あ、そうだったな。それでも上がるなら連絡くれても」
幼馴染「サプライズ的な?」
男「他にどんなサプライズを?」
幼馴染「ご飯作ってきたから、一緒に食べましょうー」
男「やったねー!」
212:
男「ご馳走さまでした」
幼馴染「お粗末様ー」
男「よし、洗い物はやっておくから、幼馴染は・・」
幼馴染「お風呂掃除してくるね」
男「え、風呂入ってくのか」
幼馴染「・・・嫌だった?」
男「断る理由はない、むしろ断りたくない」
幼馴染「回りくどいなハッキリ言えチキンめ」
男「一緒にいてほしいです。けど、衛生的まずくないか?」
男「年頃の男女なわけだし」
幼馴染「ふふふ、食べ頃の女子高生は制服着て歩いてるだけでも犯罪級のエロさだもんね・・・♪」
男「茶化すなよ」
幼馴染「冗談だよ。洗い物手伝ったら帰るからさ。と言っても目の前だけどね」
男「なぁ、幼馴染」
幼馴染「うん?」
213:
男「嫌がらせ受けてるんだよな?心当たりとかないのか?」
幼馴染「ストレートに聞くね」
男「悪い・・・けど、うーん・・・うまく話題振れる自身ないし」
男「それに気になったから」
幼馴染「気にしてくれてるんだ?」
男「ダメなのか?」
幼馴染「質問で返すなおバカめ」ペチッ
男「・・・・」
幼馴染「・・・どうしたのさ?深刻な顔して。そんな気にするようなことじゃないよ?」
男「お前がいじめに遭ってるのにほっとけるか」
幼馴染「そんな深刻に考えるようなほどじゃないよ。ちょっといやがらせを受けたってだけ」
幼馴染「この程度で済んでるならそのうち飽きられるよ」
幼馴染「大丈夫だから、ね?」
214:
男「・・・そっか幼馴染が言うならそうなんだろうな」
幼馴染「そうそう。大丈夫だから」
幼馴染「これは恋人の役割としての質問??」
男「っ!!そ、そういうわけじゃないやい!」
幼馴染「照れるなよー照れるなよー。なんか今の彼氏と彼女って感じだったじゃんかー」
幼馴染「恋人同士っぽくって良かったよー♪」
男(っぽい・・・か)
216:
ーーーー
幼馴染「え?委員長が休み?代わりに委員長代理を?」
先生「すまんな、転校してきてもやっと馴染んできたところに急に仕事を押し付けるような形になって」
幼馴染「大丈夫ですよーようは委員会に出ればいいんですよね?」
先生「他にやってくれる女子もいなくてな・・・男子は男2に任せてあるから、彼に聞いてみてくれないか」
幼馴染「わかりました」(うわぁ・・・ドンピシャ)
217:
男2「ん?なんだ?委員長の代わりがあんたか」
幼馴染「というわけでして、とりあえず、委員長が戻ってくるまでなのでよろしくねー」
男2「また面倒が増えそうだな、委員長にベッタリされるよりはマシだが」
幼馴染「ごめんなさいねー、面倒な事で」
男2「全くだな、俺に迷惑かけるようなことは勘弁な」
幼馴染「はいはいー」(あー・・・なんか大分慣れてきたかも、こいつの対処法)
ーーーーー
218:
委員会
えーでは
クラスでのー・・・
幼馴染(うーん、転校してきてちょっと経ってるけど、さっぱりピーマンだわ)
それでこの案件なんですが
男2「はぁ・・・」ペラ・・・
幼馴染(だるそうに資料に目を通すか・・・)
だるいな・・・ヒソヒソ
早く終わってくれねぇかな
ヒソヒソ
幼馴染(なるほど・・・彼だけでなく、やる気のある人がほとんどいないのね・・・)
219:
それでは
意見交換に移りますが
何かありますか?
男2(特にねぇよ、さっさと終わらせろ)
幼馴染「はいはーい」
ザワザワ
男2(おい、冗談だろ?)
誰あの子?
ていうかこの辺じゃみないレベルの可愛さじゃね?
代理らしいぜ
はい、どうぞ幼馴染さん
幼馴染「あのー・・・委員会っていつもこんな感じなんですか?」
ザワザワ
220:
質問の意図が理解できないのですが・・・
幼馴染「あー、なんていうなか・・・自分本意な空気だなぁって」
ザワザワザワザワ
男2「すみません、ちょっと初めてなもので、色々彼女も興奮気味みたいで」
幼馴染「私は落ち着いてるけどね」
幼馴染さん、委員会に関係のないことなら発言さらましても・・・
幼馴染「いや、中身の話しても、この空気じゃ進まないと思うんだけど」
男2「あのな・・・!」
幼馴染「みんなもちゃんと話に参加しません?仮にも委員長として来てるんだからさ」
ザワザワ
なにあいつ?
代理で来てるだけなのにウザくない?
バンッ!!
幼馴染「き・こ・え・ま・せ・ん!!言いたいことあるならハッキリ言ってくんない?ウザいんだけど」
221:
はぁ!?
勝手にごちゃごちゃ言ってきてるそっちじゃん!
幼馴染「文句があるなら、ちゃんと参加してからにしてくれませんかねぇ?」
幼馴染「こんなグダグダな委員会で今までよくやってこられましたね?」
代理できてるやつに言われても・・・
大体あんた委員長じゃないじゃん
幼馴染「ええ、私はただの代理ですね。だけど委員長のみなさんはただ椅子に座って愚痴りあいしてるだけじゃないですか」
幼馴染「そんな人たちに文句言われても説得力なんてありませんよ?」
あぁああ!?
ふざけんじゃねぇぞ!
お、落ち着いてください
男2(マジかよ・・・おい)
ガヤガヤ
222:
ーーーーー
男2「盛大にやってくれたな」
幼馴染「ごめんなさい、ちょっと・・・大分調子に乗ってました」
男2「はぁ・・・また厄介事増えたよ。面倒は勘弁してくれってあれだけ言ったのに」
幼馴染「まぁまぁ、あの委員会の雰囲気にちょっとイラっと来てしまって」
幼馴染「だって自分達のことでもあるのに、どうでも良さそうにしてたんだよ?イラッと来るでしょ?」
225:
男2「押し付けるようなこと言うなよ、たかが委員会だろ」
幼馴染「たかがねぇ・・・。選ばれて来てる以上は最低限ちゃんと取り組む姿勢を見せるべきなんじゃない?」
幼馴染「それでいざ、クラスのことや報告事項があって、聞いてませんでしたとか、わかりませんなんてもってのほかだし」
幼馴染「あの投げやりな態度が一番ムカついただけだから」
幼馴染(まぁ、私情を持ち込んだ私にも非はあるから、反論できないけどね)
男2「はぁ・・・めんどくせーことになるけど、あんた一人にどーこうさせるわけにもいかねぇし」
幼馴染「別にいいよ?責任は私にあるし」
男2「いいよ、しょーがねぇから俺も責任とるしかねぇだろ 」
幼馴染(うーん・・・どっちかと言えば関わってこなくてもいいんだけどね)
226:
ーーーーー
男宅
男「盛大にやっちまったらしいな」
幼馴染「な、なんのことでしょうか・・・旦那様・・」
男「とぼけるんじゃないの。大体は聞いたぞ。代理で行っただけなのにそこまですることなかったろ?」
幼馴染「むぅ・・・そうなんだけど・・・」
男「学校でまた敵を作っちまったな」
幼馴染「男くんだってあの場にいたら多分暴走してたよー」
男「俺は小心者だからできないよーだ」
幼馴染「自慢できることじゃないやいー」ペチッ
男「とりあえず、飛び火が行く前に委員長には謝らないとな」
幼馴染「それだよね、明日お見舞いに行くからそのときにでもと・・・」
男「俺も一緒に行くよ、お前一人じゃ心配だしね♪」
幼馴染「子供か私は」
男「ははは!」
227:
翌日
ガヤガヤ
男「すごい視線だな」
幼馴染「そこまで噂されるようなことしたかなぁ」
男「そもそも、俺ら付き合ってるって設定だしな」
幼馴染「あ、たまに忘れそうになるね」
男「那由多の彼方へ吹っ飛んでたろ」
昨日幼馴染ってやつが・・・
ガヤガヤ
頭おかしいんじゃないのー?
見た目は良くても中身がおかしいとか?
ガヤガヤ
228:
教室
ガヤガヤ
幼馴染さん、昨日委員会でやらかしたんだってー?
幼馴染「いやー、そんなつもりはないんだけどねー」
いいんじゃない?
だって元々やる気ないみたいな雰囲気出てるしさ
それくらいの気概があったほうがクラスの人間としてはありがたいけどね
幼馴染(あら、結構好評価で意外ね)
男(ま、自分達は楽できるしな、そういうやつが委員長になってくれればあとは色々やってくれるってことなんだろうな)
友「幼馴染さん何したの?周りが結構色々言ってるらしいが」
先生「幼馴染、ちょっといいか?」
幼馴染「あ、はい」
229:
おさ先生「委員会でのこと聞いたぞ」
幼馴染「申し訳ございません」
先生「まぁ・・・ああいう場だしな、選ばれた人間もやる気のあるやつなんてほとんどいないし」
先生「気持ちはわからんでもないが、少々やりすぎだ」
幼馴染「・・・すみません」
先生「担当教師は絶賛してたのは周りには内緒にしといてくれ」
幼馴染「え?そうなんですか?」
先生「注意しても反応すらしなかったらしいからな。同じ生徒という立場のやつに言われれば嫌でも反応するから」
先生「しかも相手が女子ともなればな」
230:
幼馴染「いや、まぁ・・・やりすぎたことは反省してます。言いたいことぶちまけたんでかなり言葉使いも乱暴だったし・・・」
男2「止められなかった俺の責任です。彼女にも非はありますが、俺の責任でもあります」
幼馴染(え、どっから生えてきた?)
先生「ん?男2か。まぁあれだけの勢いがあったわけだし止められなくても無理はないだろ」
男2「けどそれで済まされるような問題でもないでしょ?現に以降の委員会活動にも影響があるわけですし」
先生「そこまで考えてるならなぜもっと必死に止めなかった?」
男2「は?」
231:
先生「次の委員会のことまで念頭に置くくらいの余裕がありながら、なぜもっとちゃんと止めなかったんだ?」
男2「そ、それは・・」
幼馴染「あ、あの・・・先生?責任は私にあるわけですし、彼には何も・・・」
男2「いえ、俺の責任です。すみませんでした」
先生「別に私は謝罪の言葉を聞きたい訳じゃない。理由を聞いているんだ」
男2「・・・」
幼馴染「ま、まぁ!!ここは私が以後気を付けるってことでどうか一つ手を打ちましょう!本当にすみませんでした!!」
先生「・・・・そういうことにしておこうか」
232:
男2「・・・」
どうしたのー?男2くん
元気だしてよー
男2くんの責任じゃないんでしょー?だったら気にすることないじゃない
ガヤガヤ
幼馴染(すごいな、あっという間に女子の人だかりが出来てる)
大体幼馴染さんが悪いんでしょー?
なんで男2くんが責任に感じるのさ
男2「それでも、俺が止められなかったことが悪い、なにもあいつだけの責任じゃないさ」
責任感強いねー
男2くんが落ち込んでるのになんであの人ヘラヘラしてるの?
幼馴染(ごめんなさい、こういう性格なんです)
233:
屋上
男「やっぱりここか」
幼馴染「や、教室にいても空気悪くしちゃうしねー」
男「ったく、女子もひでぇもんだな、朝は絶賛してたくせに、男2が責任感じてだかなんだか知らねぇけど」
男「落ち込んでるところみたら、掌返しだな」
幼馴染「好きなものの味方をするのが人間だからねー」
男「お、そいつは真理だな」
幼馴染「男くんもだから私の味方なんでしょー??」ジトー
男「あん?俺はお前が間違ったこと言ってないから味方をしてんだぞ」
234:
幼馴染「ほほうー」
男「とまぁ、それだけと言ったら嘘になるな」
幼馴染「正直者め」
男「それだけだったら格好ついたんだろうけど、いかんせん」
男「主人公みたいに格好いい役所は無理だな」クスッ
235:
幼馴染「言わなきゃ良かったのに、おバカさんだなー」
男「うるちゃい」
友「格好ついたら男じゃないもんな。あと夫婦漫才なんざ男には100年早いわ」
男「だまらっしゃい!」
女「欲望に忠実なのがこの二人だし。格好ついたら逆に不安になるわ」
幼馴染「あら、二人とも」
男「もの好きがまた二人増えたな」
友「美人の味方は俺の専売特許」
女「数少ないハーレム除外要員よ」
236:
幼馴染「えー、なんか嫌だなぁ、そんな肩書きの二人が味方って」
友「そんなぁー!つれないなぁー!」
女「えー、いいじゃんかー」
男「嫌そうな台詞を吐いてるのに顔はニヤついてますよ、幼馴染さん」
幼馴染「新手のツンデレよ」
男「毒デレってほうがしっくりくるような」
幼馴染「女の子つかまえて毒ゆーなよ」
239:
女「なるほどねぇ…そんなことが」
友「見た目は女神、中身は猪」
幼馴染「女の子に向かってイノシシっスか」
女「いくら美少女でも一筋縄じゃいかないと嫌われるか…世知辛いわね」
男「カツ丼で揺らいじゃうくらいチョロいけどね」
幼馴染「…」イラッ
男「ご、ごめんなさい…言い過ぎました」
友「俺的にはアリッっすけどね」
女「あんたにはご執心中の幼友さんがいるでしょ…」
240:
―――――
ヒソヒソ
男(しかし露骨だな…)
幼馴染「ふーんふんふん♪」
見てよ
自分が悪いって気がないの?
顔が良いからって調子に乗ってるんじゃないの?
グチャァ…
男「ひっでぇな…こりゃ」
幼馴染「あれまぁ…もう靴の原型がないね、こりゃ」
男「いくらなんでもやりすぎだろ…」
幼馴染「大丈夫大丈夫スペアはあるから。運動靴のほうが動きやすいしね♪」
男「だけど…」
幼馴染「いいの、いいの。こんなことくらいで大事にするわけにもいかないよ~」
男「…」
241:
委員長宅前
幼馴染「うぅ…緊張する」(今日最大の鬼門だなぁ…)
男「どうする?俺も一緒に上がろうか?」
幼馴染「そんなのいいよー、私が一人でなんとかする」
幼馴染「そこの木陰で見てなさい」
男「あいよー」
幼馴染「…」ドキドキ
ピンポーン
幼馴染「…」ドキドキ
「はい、どちら様ですか?」
242:
幼馴染「すぅ…」
幼馴染「同じクラスの幼馴染みです。委員長さんのお見舞いと、委員会に代理で出席させていただきましたので
その報告に参りました」
「はーい、わかりました」
幼馴染「ふぅぅぃ…」
電柱
男(なんとかうまくいったな)
ガチャ
委員長「……どうぞ、上がって」
幼馴染「あ、どうも」
243:
委員長部屋
幼馴染「…」(部屋まで上げてもらったけど大丈夫かな)
委員長「お待たせ、お茶だけど」
幼馴染「あ、ごめんなさい。気を使わせてしまって…」
委員長「それで?委員会に代わりに出席してくれたみたいね」
幼馴染「あ、う、うん。まぁ代理で出たというか…なんというか」
委員長「報告とは?」
幼馴染「あ、あの・・・なんて言いますか…」
委員長「ハッキリ言いなさい」
幼馴染「…」
幼馴染「ごめんなさい」
244:
幼馴染「代理で出たのにも関わらず・・・勝手なことして」
幼馴染「本当にごめんなさい」
委員長「・・・」
委員長「あなたとは色々とあったのに・・・それでも頭を下げるのね」
幼馴染「私の責任でしたことだから、個人間でのトラブルがあっても、謝るのが筋だと思うから・・・」
委員長「・・・はぁ・・全く、変なところで律儀ね」
245:
委員長「あなたのしたことに対して怒ってなんかいないわよ」
幼馴染「へ?」
委員長「むしろ私は男2くんと色々とあったのかと思ってたから」
幼馴染「色々と言われるとまぁ、トラブルに巻き込んだという意味では・・・」
委員長「まぁ、それはこの際置いておくわ」
委員長「それで、委員会の連中どうだった?」
幼馴染「どう、とは・・?」
委員長「どういう反応だったの?」
幼馴染「いや・・・・そりゃまぁ、罵声に怒号にブーイングのオンパレードかな」
246:
委員長「そう・・ふふふ」
幼馴染「い、委員長??」
委員長「ごめんなさいね、私が同じことをやっても彼ら反応すらしなかったから」
委員長「まぁ、あなたほどきつくは言ってなかったけど」
幼馴染「うぅ・・・」
委員長「けど、あの無反応の気だるい連中が罵声に怒号ね、見てみたかったわ」
幼馴染(え、もしかして楽しんでる??)
幼馴染「で、でも!私勝手なことして、これから委員長にとってやりづらい環境にしちゃったんだよ??」
委員長「やりづらい?むしろ逆よ、私に対しても反応するようになっただろうし、好都合よ」
幼馴染「好都合???」
委員長「委員会で話を聞かせられるきっかけになったのだからね」
247:
幼馴染「でも、聞いてくれるかなぁ・・・一方的に罵声浴びせられそう」
委員長「先生もいるし、そんなことはないと思うわよ、それにそうなったらまたあなたを呼ぼうかな」
幼馴染「火に油注いじゃうよ」
委員長「ったく情けないわね。それであれだけのこと委員会でよく言えたわね」
幼馴染「あれは・・・なんというか、もうなんか取りついてたとしか、言い表せない状態だったというか」
幼馴染「でも・・あのやる気のない感じを露骨に出すのは気に入らなかった。任された以上、最低でも取り組む姿勢は見せるべきだと思う」
委員長「全くその通りよ。確かに嫌で選ばれたにしろ、与えられたことに取り組めない人間が能動的に何かをやることなんてできないもの」
委員長「これからやりたくないことなんていくらでもやらされるというのに」
248:
委員長「学校はそういう訓練の場だという自覚がない人間が多すぎる」
委員長「遊ぶのも結構、楽しむのも良いことよ。学生だもの私だってそういう気持ちはあるわ」
委員長「けど、すべてがすべて自分の都合のいいことばかりじゃないわよ」
委員長「集団生活というのがどういうものかちゃんと向き合うべきよ」
幼馴染「・・・」
委員長「ん?どうかした??」
幼馴染「いや、委員長ってみたままの人だなぁって」
委員長「嫌みかしら?」
幼馴染「普通の人だったらそう言うかもね。でも私は良い意味で言ったつもり」
幼馴染「ちゃんとメリハリつけてるのは流石委員長って感じで」
委員長「そりゃ私だって人並みに楽しみたいわよ」
幼馴染「そりゃそうだよね、あはは、ごめんごめん」
委員長「私はあなたを誤解してたわ。マイペースに周りを巻き込むってイメージだったけど」
委員長「本質は私と変わらないのかなって」
幼馴染「いや、イメージ通りで割りと合ってたりする・・・かなー・・」
249:
委員長「お節介焼きなところはそのままかもね」
幼馴染「なにをー!!」
ーーーーー
男「まだかな・・・大丈夫か??連絡入れようかな」
男「いや、それじゃ俺も着いてきたことがバレるな」
男「実際バレてもいいけど、幼馴染が一人で来れない根性なしみたいに思われるのは癪だしな」
幼馴染「なにぶつぶついってるのー??」
男「おおっ!!!幼馴染!!大丈夫か!?戦争してきたのか!?罵声に怒号の浴びせあいか!?」
幼馴染「そんなことしてないよー。委員長とはただお話してただけだよ」
男「対話という名の殴り合い?」
幼馴染「私は武闘家か」
幼馴染「そうじゃなくて、ちゃんとしたお話だよ。むしろ少し仲良くなったくらいだよ?」
男「仲良くなった??委員長と??あんなにビビってたのにか?」
250:
幼馴染「もうそんなこともありませんー。この件はもう大丈夫だからっ!男くんは心配することナッシング」
男「昭和のババァか!」
幼馴染「可愛い幼馴染みに向かってババァだとコラァ」
男「ツッコミしただけじゃないかー」
ギャーギャー
253:
翌日
学校にて
幼馴染「役員選挙・・・ですか?」
先生「そうだ。お前のことを学園長に報告したら、それほどの上昇志向に単独で切り込むだけの度胸があるなら、生徒会役員に立候補してみないかということだ」
幼馴染「私なんか無理ですよー!!だってあれで反感買って人望なんて皆無ですよ!?」
先生「きっかけなら、私が作ってやる。あとどれだけの票を集められるかはお前次第ということだ」
幼馴染「相当難しいですよー?」
先生「挑戦してみることも社会に出ていくのに必要な経験だ。決して悪い話ではないと思うぞ」
幼馴染「むぅ・・・」
ーーーーーーー
258:
授業中
えーでは
ここの問題を
幼馴染「…」
ソワソワ
男「何やってんだあの娘は」
友「幼馴染さん何してんの?」
男「俺が知るか」(新手のヨガかなんかか?)
幼馴染(むぅ…生徒会かぁ…そこまでのことをしようと思ってなかったんだけどなぁ)
幼馴染(性格だけで生徒会に推薦されるのもなんか違う気がするし…)
幼馴染「うぅーー」
259:
―――――
男「どうしたんだよ?授業中ずっと上の空だったろ」
幼馴染「そう見えてたよねぇ…」
男「なんだよ、真剣な悩みか?」
幼馴染「悩みってほどのことじゃないんだけどねぇ」
男「委員会の件か?」
幼馴染「そんな感じかなー」
男「委員会は委員長に許してもらえたんじゃないのか?」
幼馴染「それはそれなんだけど、他にもね」
男(他に悩みとなると…男2絡み・・・か?)
260:
ーーーー
幼友「幼馴染の?」
男「何か悩みとかそういうこと聞いたことないかな」
幼友「私はないけどなぁ・・・・同じ学校の男くんの方がよくわかるんじゃないかな?」
男「俺も観察はしてるけど、悩みまでは」
幼友「いっそのこと本人に直接とか?」
男「そうしてみたけど返事が生返事なんだ」
幼友「あらまぁ」
幼友「あーでも・・・最近lineでも返事が雑になってるかな」
男「まじか」
261:
ーーーーー
ピロリン
幼馴染「ん?誰からだろ」
男2です
明日下校時間に
体育館裏で待ってます
幼馴染「男2くん??しかも体育館裏??なんのこっちゃ??」
幼馴染「何か用があるならそのまま学校で普通に話しましょう・・・っと」
ピロリン
幼馴染「返事が早っ」
人には聞かれたくない内容なので
お願いします
幼馴染「聞かれたくない内容?なんだろ」
262:
自宅
ピロリン
男「ん?幼馴染からか?」
明日一緒に帰ろ
男「ん?なんだどうしたし。わざわざそんなこと言うためにlineを?」
なんだかわからないけど
男2君から呼び出された
男「!!!なんだと!?!?」
体育館裏で待ってますって
こないだの委員会のことまだ根に持ってるのかな
男「それはちがうと思うぞ・・・呼び出しって・・・けど、あれだけ険悪なのになんで急に呼び出しなんか?」
不安だから
男くんをいざってときに召喚できるようにしておきたい!
男「俺は魔石かなんかか」
263:
幼馴染「おっ、返事きたきた」
俺はどの辺で舞ってればいいんだ?
幼馴染「舞うな、うーん」
幼馴染(話が聞かれるのはさすがに男2く○に悪いし・・・)
幼馴染「私たちが見える辺りで待機しててもらえるかな」
わかった
体育館裏なら第2校舎の二階から見えるしそっちからは気づかれない
幼馴染「そんな便利な場所があるのか」
264:
わかった
期待してるぞ
男くんよ
男「してるがよい」
ピッ
男「はぁ・・・呼び出しか」
男(なんなんだろうか・・・まさかと思うが告白ってのはないだろう)
男(男2自身特定の誰かを好きになってるってこともないだろうし)
男(幼馴染自身も嫌ってるとまではいかなくても、あまり好きという印象を持っていない)
男(けど、片やクラス女子を虜にしてる男、片や転校してきた美少女)
男(引き合わないわけがない)
男(・・・・これは)
265:
ーーーー
翌日
幼馴染「よし、いってくるよ」
男「おう!何かあったらすぐにアクションしてくれよ」
幼馴染「なにー?二階から飛び降りてでも、駆けつけちゃう?」
男「着地失敗しなけりゃな♪」
幼馴染「大丈夫大丈夫、ただの話し合いだから」
幼馴染「男くんが心配してるようなことにはならないよ♪」
トコトコ
男「おうよ」
男「そうだともさ」
男「大丈夫だよな、幼馴染・・・」
268:
幼馴染「・・・」キョロキョロ
男「こっちは配置についたが・・・」
男(・・・やっぱりあいつ可愛いな。遠目から見てもわかるくらい美人だし)
男「というかさっきからなにクルクル回ってるんだ?」(頭おかしい子に思われるぞ・・
)
幼馴染「おそいなぁ・・・」
ツカツカ
269:
上級生1「初めましてね、幼馴染さん」
上級生2「あなた男くんと付き合ってるって噂よね?」
幼馴染「???えっと・・・どちら様でしょうか」
上級生1「質問に答えなさい」
幼馴染「えっと・・・はい」(え、もしかして呼び出した相手ってこの人たち?)
上級生2「それなのに男2く○に呼び出されてノコノコ来ちゃうなんてねぇ」
270:
幼馴染「でも、私話があるなら普通にしましょうって言いましたし・・・」
上級生2「そうね、けどあなたは来たと」
幼馴染「・・・」(何をどうしたいのか全くわからないのだけど)
上級生1「このこと、彼氏くんが知ったらなんていうでしょうねぇ」
幼馴染「脅しのつもりですか?」
上級生2「はぁ?」
幼馴染「そもそも、何をどうしたいのか全く話が見えてこないんですけど?」
上級生1「態度の悪い後輩ねぇ、目上に対するものとは思えないのだけど」
幼馴染「先輩だったんですか、てっきり程度の悪さといい同級生だと思ってました。すみません」
上級生2「あんたねぇ!!」
男「ほう、なにやら言い争ってるな、女同士の修羅場か」(さしずめ男2のおっかけってところか)
271:
男2「おいおい、後輩相手に二人で責め立てるなんて随分な先輩ですね」
幼馴染「ん?」
上級生1「あら、男2くん。何しにきたのかしら?」
男2「どうもあんたたちがこいつを呼び出もんで」
上級生2「どいつが喋ったんだか・・・・」
幼馴染「???」(この人たちは何?男2くんのおっかけなの??それで私を呼び出してなんの関係があるの??)
上級生1「それにあなた、彼女と随分と仲が良いみたいね?彼女には彼氏がいるのよ?」
男2「そんなじゃないっすよ、何かと絡むことがあっただけっスよ」
幼馴染「そうですね」
上級生2「そんなの信用できるわけないでしょ?二人で口裏合わせればいいだけの話だし」
男2「生憎俺はこいつの連絡先すら知らないんでね。何があるか知らないっすけど言いたいことがあるなら直接言え」
上級生1「・・・っ!」
ツカツカ
ーーーーー
272:
男2「悪いなあんたにまで迷惑かけて」
幼馴染「あ、まぁ、そういうこともあるよ」
男2「ったく・・・めんどくせぇな、直接言えば良いだけの話を間接者を巻き込んでなんの意味があるんだか」
幼馴染「よーするに、あの先輩たちは男2くんが好きで、それで私があなたに好意を持ってると勘違いしてると?」
男2「だろうな、全くはた迷惑な話だよ」
幼馴染「それは言い過ぎなんじゃない?やり方はアレかもしれないけど、人の好意にとやかく言うことはできないと思うのだけど」
男2「あんただってわかるだろ?色んな連中に好意を向けられてうんざりするような話なんて」
幼馴染「私はあなたみたいにうやむやにするのは嫌だからバッサリ斬ってます」
男2「そーかそーか、すごいですねー。俺には真似できませんよ」
男(あ、いたいた!ていうか雰囲気悪いそうだな・・・)
273:
バシッ!!
男2「っ・・・!?」
幼馴染「・・・」
男(お、幼馴染が・・・殴った?)
男2「な、なにすん・・・」
ガシッ
幼馴染「甘えたこと言ってんじゃねぇぞ・・・!」
幼馴染「本気で向き合う覚悟もねぇのにうやむやにしてんじゃねぇよ・・・!」
幼馴染「相手には本気でお前に好意を持ってる奴だっているんだぞ」
幼馴染「それに本気で向き合えないなら、期待を持たせるようなことをすんな」
幼馴染「ぐたぐだ、愚痴を吐き続けるのは心の中だけでやってろ。口に出して言うな、聞きたくもないのに聞かされてるこっちは反吐が出るんだよ」
274:
幼馴染「・・・・」
男2「・・・・」
幼馴染「失礼、助けてくれたことには感謝します。けど」
幼馴染「今言ったことを撤回するつもりはないので。そのことをよく考えてみてください」
幼馴染「あなたのことを本気で想ってる人の気持ちを踏みにじるようなことをしないでくださいね。自分で同じ境地に達すれば、自ずと彼女たちの気持ちが嫌でも思い知らされるとおもうので」
幼馴染「失礼します・・・」
ツカツカ
男2「・・・・」
男「あ、お、幼・・・」
幼馴染「さっさと来る!!」
男「あ、!は、はいぃ!!」
275:
男「・・・」
幼馴染「・・・・」
男(・・・・気まずい)
幼馴染「・・・」チラッ
男「??」
幼馴染「・・・・・・・ご、ごめんね・・・」
男「へ?」
幼馴染「だ、だから!・・・男く○に当たり散らして・・・ごめんね・・・」
276:
男「・・・・」
幼馴染「・・・・うぅぅ」
男「幼馴染、もう一回今のトーンで言ってくれる?死ぬほど可愛かったから録音する」
幼馴染「うがぁぁーーー!!こっちは真面目に超恥ずかしかったけど言ったのにぃーー!!」
男「けど、よくあれだけタンカ切ったな」
幼馴染「気に入らなかった、それだけだよー・・・」
278:
男「まぁな、俺もあそこまで卑屈的にならなくてもいいんじゃねぇかと思ったよ」
幼馴染「でしょー?あの人に好意を持ってる人には悪いけどさ、私は魅力的には感じないかなー」
男(言ってた言葉は悪かったけど間違ってはいなかったしな)
男「けど今日は幼馴染の別の顔が見れて面白かったかなぁー?」
幼馴染「やめてよぅ・・・普段は大人しくてか弱い女の子なんだぞー」
男「か弱い子が「甘えたこと言ってんじゃねぇぞ」とか言わないだろ」
幼馴染「むぅ・・・」
男(ちょっと拗ねとるな、言い過ぎたかな)
幼馴染「男くんも、物腰柔らかくて、包容力のあるおっとりとした女の子が良いんだ・・」
男「そこまで言ってないじゃないか・・・悪かったよ」
幼馴染「むぅ・・・・」
男「機嫌直してよ、幼ちゃんー」
幼馴染「・・・」
幼馴染「じゃあ、頭撫でて」
男「え?」
279:
幼馴染「機嫌・・・・直したくないの・・・?」
男「そりゃ・・ニコニコしてる幼馴染の方が・・・」
幼馴染「じゃあ、頭撫でる!そしてさっきみたいに幼ちゃんって呼ぶ!曲りなりにも恋人だろ!ヘタレめ!」
男「ヘ、ヘタレじゃないわ!!」(恋人って・・・偽物じゃないか・・)
男「よ、よし、ほら・・・こっちおいで」
幼馴染「ん・・・」チョコチョコ
男「よし・・・機嫌直してください幼ちゃん」
ナデナデ
幼馴染「んっ・・・・」
幼馴染「ふぁ・・・・ん♪」
男(こうすると、小動物みたいでちっこいな・・俺の身長が幼馴染と比べて高いだけなんだが・・・)
280:
男「っていうかこんな現場見られたらまた学校で色々言われるんじゃないか?」
幼馴染「むー・・・男くんは嫌なの?」
男「そんなことあるわけないだろ、ただ・・・」
男「・・・・」
幼馴染「私のイジメのこと?」
男「・・・いや、あれはイジメじゃねぇ、嫌がらせだ」
幼馴染「ふふふ、イジメとは言わないんだね」
男「お前がイジメられてるなんて口にしたくない」
男(俺自身認めたくないからなんだけどな・・・)
幼馴染「ありがと、気を使ってくれて♪大丈夫だよ、どんなことがあっても、男くんさえ味方で居てくれれば、私は何されても平気だよ?」
男「何されてもは俺が嫌だ、周りに合わせろとは言わないけどさ、予防線は張っといてくれ」
男「何かされてからじゃ遅いから。俺もできる限りのことはしたいし」
281:
幼馴染「えへへ、なにさー、これじゃまるで本当に恋人同士のやりとりじゃんか」
男「そ、それは・・・うっ・・」
男「・・・・純粋に心配なんだよ」
幼馴染「うん、わかってるよ」
幼馴染「ありがとっ」
男「・・・・・」
その日はお互い家につくまで話すことはなかった
自分のヘタレさにもウンザリしそうだったが、何よりも幼馴染への嫌がらせをなくせない、自分の無力さを思い知らされていた
異端者はいつの時代も疎まれる。そんな人々の空気に嫌気がさしていた・・・
282:
一人を除いては・・・・
ギャル「男2くーん一緒にお昼食べようよー」
男2「悪い今日は別の用があるんだ」
ギャル「えーそんなこといわないでさー、なんならあたしがおごっちゃうよー?」
男2「悪いけど、本当に無理なんだよ。じゃあな」
トコトコ
ギャル「え?ちょっと!」
ーーーーーー
283:
ーーーー
友「あん?ラノベの主人公が?」
女「最近ハーレムやってないみたいでさ、何かと一人でいるみたいなんだー」
友「単純に女子が離れていってるだけじゃないのかー?」
女「それが、彼自身からハッキリ断ってるみたいなんだってさ」
男「へぇ・・・」
女「おかげでクラスの女子はどんよりしてるってわけだけど」
友「ピリピリしてる感じだもんな、けど委員長はやけに生き生きしてるような・・・」
女「もしかして、男2くん、委員長と?」
男「あんまり噂したらまた委員長に睨まれそう」
委員長「誰が睨むのかしら?」
284:
男「い、い、委員長!?!?」
幼馴染「陰口なんて男くんらしくないよー」ジトー
男「ちゃうわい!友と女さんに注意しただけだぞー」
友「ていうか珍しいよな、委員長から俺らのとこにくるなんて」
委員長「あまり歓迎されていないのかしら」
幼馴染「珍しがってるだけだよ、委員長」
幼馴染「私が誘ったんだよ」
女「そういえば二人最近仲良いわよね」
委員長「まぁ色々とね・・・」
男「そろそろあいつも戻ってくるころだけどな」
オタク「お、遅れてすみません・・・・」
幼馴染「おっ、オタクくんやっほっほーん」
285:
下校時間
幼馴染「委員長ー、委員会終わったら一緒に帰ろー?幼友も誘ってカラオケいこうよー」
委員長「いいけど、時間かかると思うし無理に待たせるのも悪いわ」
幼馴染「気にしなくていいよー、男くんとポーカーやってるからさー」
男「また渋いチョイスだな」
委員長「いいのかしら・・・」
男「気にしないでよ、幼馴染もこう言ってるからさ」
委員長「そう、わかったわ。終わったらすぐに連絡するから」
286:
委員会
それではここの担当は・・・
男2「それは俺がやります」
委員長「!?」
そ、そうですか
では男2く○にお願いします
男2「わかりました」
委員長「・・・・」
ーーーーー
委員長「珍しいわね・・あなたが自分から何かをしようとするなんて」
男2「そんなことない。やりたいことは今までやってきたつもりだよ」
委員長「やりたいこと・・・?」
男2「そうさ。やりたいことができるようになってきたから。ただそれだけだよ」
委員長「・・・・」
287:
カラオケ
幼友「へぇ・・・その男2くんって人と委員長はいい感じなの??」
委員長「そういうわけじゃないわよ・・・以前まで私の一方通行だったわ」
委員長「今ではあきらめてるし」
女「えーでもさ、諦めきれないって感じじゃない??」
委員長「否定は・・・できないわね・・・」
委員長「けど私は相手になんかされてないみたい」
幼友「その男2くんって人、そんなにモテるの??」
女「ウチのクラスの女子が群がるくらいね。見た目は普通よりちょい上くらいよ?」
幼友「ふーん・・・わかんないなぁ」
幼馴染「あのー・・・私歌ってるのそっちのけで話盛り上がるのやめてくれませんかねぇ・・・一人で悲しいです」
288:
女「けど、男2く○にあれだけズバズバ言ってるのは幼馴染さんだけよね」
幼馴染「みんなも言えばいいのに」
女「あたしは興味がない」
委員長「私はとくにないですし」
幼友「けど、幼がそこまで本気になる人がどんな人か見てみたいなぁ」
幼馴染「本気って・・・そんなんじゃないよー・・・」
幼友「もしかしたらそれは好意だったりとか」
女「え?まじで!?」
委員長「ほぅ」
幼馴染「いやっ、それはないからっ」
289:
ーーーーー
男「よぅ」
母「なんだー、あんたか」
男「なんだとはなんだよ、久々に見舞いにきたんだからさ」
母「あんたの顔より孫の顔の方がみたいわよ」
男「無茶言うなよ。まだ17だぞ」
母「幼馴染ちゃんが帰ってきたんじゃないのー?」
男「どこ情報だよそれ」
母「お袋の知恵袋なめんなよ」
男「うまいこと言ったつもりか」
290:
男「大体なんで幼馴染なんだよ」
母「あんたのこと貰ってくれる子なんてあの子以外いないでしょ」
男「滅茶苦茶言いやがるなこの母親」
母「まぁ、あの子も苦労したけど、病気も治って万々歳だねぇ」
男「まぁな」
母「どっかのイケメンな金持ち引っかけて幸せに暮らしてほしいものね」
男「そ、そういうこと言っちゃうかな」
母「ウチのゴクツブシじゃ、釣り合いが取れないし」
男「ゴクツブシ・・・・」
母「かわいい子の幸せを願って何が悪いのさ」
母「ゴフッ!ごほっ、ごほっ!!」
男「おいおい、調子に乗って無茶するからだよ」
男「もう寝てろって」
291:
母「母は強し」
男「今にも死にそうな顔してなにいってんだよ。ちゃんと寝てろ」
母「あんたが思ってるほど柔じゃないわよ」
母「あんなに病弱だった、幼馴染ちゃんが元気になっだんだ。私にだってワンチャンあるさ」
男「そう思うんなら、ちゃんと寝て、体を休めろって」
男「幼馴染だってそうやって治したのかもしれないだろ?」
母「ただ寝てるだけじゃダメさ、活力溢れてないと、どんだけ治そうとしても本当の意味じゃ良くならないわよ」
男「母ちゃん」
母「あんたにも言えることよ」
292:
母「そんなしょぼくれた顔してんじゃないわよ」
母「自分の想ってることがあるならぶちまけなさい」
母「男なら本気でぶつかれ!」
男「母ちゃん・・・」
母「自分の芯を通せない男が男なんか名乗るんじゃないわよ?あんたは曲りなりにもあたしが惚れた男の息子なんだから」
男「かっこつけるなよ」(格好いいじゃねぇかよ・・・)
母「だから、どっしり構えてればいいんだよ。あんたの想ってることは間違っちゃいないんだから」
母「ごふっ!ごほっごほっ!ぅっ」
男「おい!母ちゃん!大丈夫か!?」
293:
ーーーーー
男「ったく・・俺が慰められるなんてな」
男「情けねぇ」
トコトコ
友「よう」
男「友か、なんだ?どうかしたか?」
友「いや、お前の様子がおかしかったからな。もしかして幼馴染さんに振られたんじゃないかと思ってな」
男「喧嘩売ってんのかコラ」
友「・・・・」
友「だったら?」
男「・・・」
友「この前の言ったしな・・・・・喧嘩しようぜ」
男「・・・・ああ」
294:
ーーーーー
男「はぁ・・・はぁ」
友「いってぇ・・・くっそ、結構本気でやってきたなコノヤロウ・・・」
男「お前が・・・やるっつったんだろうが」
友「・・・はは、ちげぇねぇ」
男「はぁ・・・・はぁはぁーっ・・」
友「お袋さん・・・・どうなんだよ」
男「・・・なんだよ、そのことかよ」
友「もう長くないんだろ?」
男「ああ、本人もわかってるよ」
友「大丈夫なのか・・・?」
男「母ちゃんはそんな弱くねぇよ、けど、死ぬことが怖くないはずねぇ・・」
友「ちげぇよ・・・お前だよ」
男「俺?」
296:
友「お袋さんがあんな状態で尚且幼馴染さん絡みでもさ」
男「確かにな・・・」
友「どうするつもりだよ?」
男「俺がどうしていくわけじゃないさ母ちゃんのことは医者に任せるしかないし、幼馴染も子供じゃない。二人を支えることしか俺にはできない」
男「結局どうにかしていくのは自分次第なんだよ」
友「そりゃあ・・・そうなんだけどさ」
男「だから俺自身のモチベーションや心身は俺がなんとかしなきゃならん」
男「そのへんは分かってるよ。心配すんな」
友「心配じゃねぇよ。慰めだ」
男「そいつはどうも」
ははははは
297:
ーーーーー
オタク「・・・」(ちょっとイメージチェンジしてみたけど変に思われてないかなぁ)
あれ・・・だれ?
うちにあんな人いたっけ?
ね、ねぇ?もしかして
オタクくん?
オタク「あ、や、その・・・」
そのキョドりかたオタクくんだよねー?
どうしたの髪型変えたりしてさー
へぇ、悪くないじゃん
そっちの方が似合ってるよー
オタク「あ、ありがと・・・」
オタク(髪型変えただけなのに・・・こんなに反応変わるなんて)
298:
オタク「・・・」トコトコ
女「よっ!オタクくん?だよね?」
オタク「あ、幼馴染さんの友達の・・・」
女「女だよー。よろしくね。ていうか髪型変わったねー。そっちの方が好青年って感じでいいじゃんー!!」
オタク「そ、そうっすか・・?」
女「あとは自信としゃべり方が身に付けば完璧だね。まぁそのへんは自然とマスターするよ」
オタク「そ、そうかな・・・」
女「男の子なんだからさ、下ばっか見ないで真っ直ぐ前見なきゃ」
オタク「けど・・・恥ずかしいというか・・」
女「乙女か!!ほら、ほらこっち向く!」
グイッ
オタク「っ!」
女「うん。いい顔してんじゃん。これから話すときはちゃんと目を見てね」
オタク「う、うっす・・・」
301:
昼休み
ガヤガヤ
女「ほら見てよーオタクくんイメージ変わったでしょ?」
友「たしかに前まで髪の毛隠れてて暗いやつって感じだったからな」
オタク「そ、そうなんすか・・・」
友「話すようになる前ってことだよ」
委員長「もう少し優しい言い方してあげなさいよ」
幼馴染(ん?あれれ、男くんは??)
トコトコ
女「幼っちー?どこいくのー??」
幼馴染「ちょっと失礼・・・」
トコトコ
303:
中庭ベンチ
男「はぁ・・・なんか食欲出ねぇな・・・」
男「最近体調も良くねぇし・・・なんか変なもんでも食っちまったかな」
幼馴染「拾い食いでもしたのー??」ジトー
男「お、幼馴染か。いや、なんか調子悪くてな」
幼馴染「大丈夫?また熱とかない?」
男「熱はないかな。気だるいというかなんというかなぁ」
幼馴染「シャッキリできない?」
男「朝の鍛練は欠かさずやってるんだけどな」
幼馴染「んー・・・じゃあたまにはだらけるだけだらけてみるとか?」
男「だらけるか・・・そういえば最近色々あって、緊張しぱなしたったかな」
幼馴染「体がちょっと休みたいって悲鳴をあげてるのかもね」
306:
男「けど、だらけるととことんだらけるから・・・出来る限りしっかりしていたいんだよな」
幼馴染「たまには息抜きも必要だよっ」
幼馴染「体にその兆候が顕著に出てるなら尚更」
男「幼馴染がそこまて言うなら少し手を抜いてみようかな」
幼馴染「そーだそーだ、ホラホラおいで♪」ポンポン
男「なんで膝をポンポンさせてるんだ」
幼馴染「ベンチで女の子が膝をポンポンさせてたら・・・あれしかないでしょ?」
男「アルプス一万尺?」
幼馴染「あれ両手で合わせて、お互いの手を合わせ合うだけじゃん。膝なんてつかっちょらんわい!」
男「ちょっとふざけただけだい」
幼馴染「おふざけとかなしで・・・・・ほら・・・おいで?」
男「・・・・」ポリポリ
307:
幼馴染「ふふふ、どーして目を逸らすのー?」
男「さ、察してくれよ・・・」
幼馴染「膝枕・・・嫌?」
男「そんなわけあるか・・・いいのか?こんなことして」
幼馴染「私たち恋人同士なんだよ?していても不思議に思われないよ。ちょっと騒ぎになるくらいかな」
男(偽物なのに・・・いいのかよ?噂されたら他のやつと付き合うチャンスだってなくなるのに)
男「なぁ・・・幼馴染」
幼馴染「うん?なにかな??」
トコトコ
男2「ん?あれは・・・男
と幼馴染?」
308:
幼馴染「ふふふ、どーして目を逸らすのー?」
男「さ、察してくれよ・・・」
幼馴染「膝枕・・・嫌?」
男「そんなわけあるか・・・いいのか?こんなことして」
幼馴染「私たち恋人同士なんだよ?していても不思議に思われないよ。ちょっと騒ぎになるくらいかな」
男(偽物なのに・・・いいのかよ?噂されたら他のやつと付き合うチャンスだってなくなるのに)
男「なぁ・・・幼馴染」
幼馴染「うん?なにかな??」
トコトコ
男2「ん?あれは・・・男
と幼馴染?」
309:
男「お前はこの関係どう思ってるんだ?」
幼馴染「どう・・って?」
男「偽物の恋人同士の関係だよ」
幼馴染「んー・・・・私は別に悪いとは思わないよ?当事者同士がお互い理解しあって節度をもってしてるなら」
男「理解・・・か」
幼馴染「あ、でも男の子はやっぱりドキドキしちゃう?本当の恋人みたいで」
男「幼馴染」
幼馴染「ごめん、冗談だってば。でも悪い関係とは思わないよ?」
幼馴染「まぁ言い方はあれにしろ。お互いの関係性は付き合いたての恋人同士って感じだと思う」
312:
男「どっちかっつうと兄妹みたいな関係じゃないか?」
幼馴染「私が妹なのー?」
男「えー、だって幼馴染だし、ちっこいし」
幼馴染「男くんがでっかいだけだよぉー。ちっこくもでかくもない中途半端な身長なのがさ・・・」
男「美人でスタイル良いんだから、さらに身長も欲したらバチが当たるぞ」
幼馴染「天罰が下るのかな」
男「そこまでは言ってないけど・・・欲に目が眩むと大変なことになっちまう」
幼馴染「ふふふ、高望みはしないよー。ほしいものは手に入れちゃうからね♪」
男「幼馴染さんの手にはいるものって割りと手短にありそうなもんだもんねー」
幼馴染「チョロイ子みたいにゆわないでよー」
男「チョロインめ」
幼馴染「むっ、ちょっとイラッてきたかも」
男2「二人は・・・偽物の恋人同士・・・?どういうことだ?」
313:
幼馴染「でもさ・・・真面目な話しちゃうけど」
男「なんだ?」
幼馴染「ホントに欲しいものってさ、中々手に入らないか・・・手に入らないかのどちらかだよね」
男「・・・・」
男「けど」
幼馴染「?」
男「お前は今こうしてここにいるじゃないか。こうやって元気になって学校生活を送る。これはお前が望んでいたことじゃないのか?」
幼馴染「・・・うん」
男「だったら手にはいったじゃないか。幼馴染の望みはちゃんと叶ったじゃないか」
幼馴染「・・・・」
幼馴染「そうだね」ニコッ
そういう幼馴染の顔は笑顔でいたけど、内心はどうだったのか・・・わからない表情だった
316:
ーーーーー
お願い幼馴染さん!
幼馴染「いや・・・お願いって言われても・・私彼氏いるんだけど」
代わりでいいからさ!
じゃないと成立しないし!
それに向こうは滅多にセッテイングできない附属高校なのよー!
幼馴染「うぅん・・・他の女の子とかじゃ、だめ?女っちとか」
女さんは今日は部活だし、あの子来ちゃうとあたしらも地がでちゃうし
幼馴染(頼ってくれるというか・・・そういうのは良いんだけど・・合コンって言うのがネックだなぁ)
幼馴染「わかった。私はただの数合わせってことでいいんだよね?」
ありがとうー!!助かるわ!
幼馴染「はいはい、じゃ、放課後またね」
317:
ーーーー
男「合コン!?なんでまた?」
幼馴染「二人が言うにはね、数合わせでしかも男の子受けしそうな子を連れてきたいみたいよ」
男「それで幼馴染か。けどほとんど話したことのない連中だろ?そんなやつらの言うこと聞く必要ないと思うけどなぁ」
幼馴染「女っちの友達みたいだったしさ、まぁやり方は小賢しいけど合コン成功させたいみたいだし」
男「なるほどねぇ・・・お人好しだな」
幼馴染「ほんとね、自分でも良いように利用されてそうだと思うよ」
男「けど、いつもならきっぱり断るだろうと思ったんだが渋ってるのは珍しいな」
幼馴染「まぁまぁ、幼馴染ちゃんにも色々悩みがあるんだよ」
321:
男「悩みか・・・・」
幼馴染「んー・・・」
男「ん?」
ポンポン
幼馴染「どうしたの?そんな不安そうな顔して」
男「合コンで幼馴染がやらかさないか心配するのは当然だ」
幼馴染「なにもやらかさないよっ」デシッ
男「あんまりはしゃぐなよ」クスッ
幼馴染「大丈夫だよっ。男くんのところに帰ってくるから」
男「ほう、それは今日の晩御飯を期待してもいいということかな?」
幼馴染「食材調達は任せます。調理は私がね♪」
男「よっしゃよっしゃ、たくさん買っておくよ」
幼馴染「冷蔵庫開けたらびっくりドンキー♪」
322:
カラオケ
遅れてごめんねー
待たせちゃって
待ってましたー
みんなかわいいねー
(最後に入ってきた子レベル高いなぁ)
(連絡先だけでも交換してやる)
幼馴染(ほうほう・・・がり勉くんをイメージしてたけど、普通な感じ・・・)
イケメン「・・・」
幼馴染(あらら、イケメンさんもいたんだ)
323:
イケメンさんは
どんな人がタイプなんですかー?
教えてくださいー
イケメン「あははは・・タイプと言われても」
幼馴染さんかわいいよねー
俺実は一人暮らししてて、実家が会社を経営してて・・・
幼馴染(思った以上に露骨に二分されたなぁ・・・)
幼馴染(こういうのが嫌だから断ろうかとも考えたんだけど・・・我慢するかな・・・)
ーーーーー
ガチャ
幼馴染「はぁ・・疲れちゃうな」
イケメン「まさか、幼馴染ちゃんが相手だとは思ってなかったよ」
幼馴染「イケメンさんも大変ですね、というかお二人とは?」
324:
イケメン「二人は俺の後輩でね。もう一人がどうしてもいけなくなったから、その代打で指名されて・・・」
幼馴染「うわー・・・なんかデジャブ」
イケメン「まさか妹の友達が相手だとは思ってもいなかったよ」
幼馴染「バレたら幼友に怒られちゃいますー?」
イケメン「怒られはしないけど・・・幼馴染には手を出さないでねーって念を押されてるよ・・・」
幼馴染「あははは」
イケメン「そもそも、女の子を口説いたこともないのに・・」
幼馴染「イケメンさんの場合は寄ってきちゃいますからねー。なにもしなくても困らないんじゃないですかー?」ジトー
イケメン「そんなことないよ。本当にちゃんとお付き合いしてくれるような人は今までいたことないんだ」
幼馴染「それは意外ですね・・・」
325:
あ、ああの・・すみません
すみませんじゃなくてさー
少しくらい良いじゃん
店員さんでしょー?客の要望に答えてよー
あ、あの・・一緒にカラオケをするというような業務は行っていませんので・・・
良いじゃん、客が注文してんだよ?
友妹「」
326:
あ、ああの・・すみません
すみませんじゃなくてさー
少しくらい良いじゃん
店員さんでしょー?客の要望に答えてよー
あ、あの・・一緒にカラオケをするというような業務は行っていませんので・・・
良いじゃん、客が注文してんだよ?
友妹「あの、そういったことは業務内容に含まれておりませんので、どうかご理解お願い致します」
あ、友妹さん・・
いやそんなの知らないから
客のオーダーに応えるのが店員でしょ?
友妹「ええ勿論です。ですが常識の範囲内でならできますよ」ニコリ
327:
常識の云々とかいいから
注文に応えろっていってんの
マニュアル通りにやってますってのはバカのすることなんだよ
友妹「申し訳ございません、何分まだ未熟なものでして、ただいまこういう場で教養をつけさせていただいおります」
だったら俺たちが教えてやるよ
だから部屋に来てよ
友妹「いえいえ、すでに色々と学ばせていただきましたよ?こういう非常識なことを平気でする人もいるのだということを」
あぁ!?
どういう口聞いてんだ!!!
ガシッ
友妹「!!」
イケメン「その辺にしたほうが賢明だと思いますよ?客はあなた方だけではないですし」
ぁあ!?なんだてめぇは!?
イケメン「ここに楽しみに来ている客だよ」
329:
イケメン「あと、客が君たちだけだと思ったら大間違いだ」
んだと!
ゴルァ!!
幼馴染「てぃ」
バキッ
ぐほぉ!
イケメン「っ」
バキィ!
ぐぼぁぁ
ドサッ
イケメン「さてと、邪魔だから帰ってもらうか」
ーーーーー
330:
ーーーーーー
友妹「ありがとうございました!幼馴染さん」
幼馴染「いやぁ・・・お礼ならイケメンさんに言ってあげてよ」
イケメン「あんなに物事ハッキリ言える人なんて久しぶりに見たよ」
友妹「うっ・・すみません。わざわざ助けていただいて・・・ありがとうございました」
イケメン「いえいえ、楽しむために来たいからね」
友妹「は、はいっ!!ありがとうございます!」
友妹「・・・・」
友妹「イケメンさん・・・か」
331:
ーーーーーー
帰り道
幼馴染「結局、うまいことまとまらずに解散になったなぁ」
幼馴染「合コンなんてはじめてだったけどあんなグダグダで終わるものなのかな」
幼馴染「ん?」
委員長「」トコトコ
幼馴染「いいんちょ・・・っ!!」
委員長「~~」
男2「~~」
幼馴染「男2??なんであの人が委員長と??」
幼馴染(委員長の想いが通じたのかな?)
幼馴染「なんにせよちょっと気になるかな・・」
332:
ーーーーー
男宅
男「で?どうだったんだよ?」
幼馴染「なにが?」
男「合コンだよ。他に何があるだよ」
幼馴染「うーん・・・ハッキリ言うとね、つまんなかった」
男「あらら・・・好みの男がいなかったとか?」
幼馴染「それもあるね。けど驚いたのはイケメンさんがいたことかな」
男「ほう?幼友さんのお兄さんの?けどまたどうして?」
幼馴染「後輩に誘われて断れなかったんだってさ」
幼馴染「それでさカラオケで合コンをしてたらさ変な客が友妹ちゃんに絡んでてさ」
男「あの子もよく絡まれるなぁ」
幼馴染「バイトの後輩ちゃん助けるためにタンカ切ってたらさ、友妹ちゃんにつかみかかってきてね、それをイケメンさんが止めたってことなのよ」
男「うわーフラグだー」
333:
幼馴染「イケメンさん格好いいしねー、中身もイケメンさんだし」
男「ずいぶんと褒めるんだな」
幼馴染「んー?もしかして焼きもち?」
男「ははっ、まさか」
幼馴染「そんなに強がらなくてもー」
男「まぁ・・・イケメンさん相手じゃ勝ち目がないしな」
幼馴染「あきらめちゃうんだー?」
男「お互いが惹かれあってるならな。俺のつけいる隙がないだろうし」
幼馴染「ふーん・・・そっか」
男「ん?どうした??」
幼馴染「別にー、なんでもない」
男「言ったろ?お互いが惹かれあってるならって。幼馴染はイケメンさんのこと好きなのか?」
幼馴染「好きだよ」
男「だろ?だから惹かれあってないなら・・・・・・え?」
334:
幼馴染「だから好きだよ?」
男「え・・・あ、そうなんだ」
幼馴染「幼友のお兄さんとしてね♪」
男「・・・・」
幼馴染「あ・・・・怒った?」
男 「・・・・いや」
男「悪い風呂入ってくる」
幼馴染「あ、男くん」
幼馴染(ぅぅ・・・ちょっとからかいすぎたなぁ・・・)
幼馴染(男くん結構イラついてたよね今の)
335:
男部屋
男「ふぃー・・・・」
男(ちょっと大人気なかったかな・・・)
男「幼馴染もあんなこと言わなくてもいいのに・・・」
男(けど・・・俺たちは偽物の恋人だから、幼馴染が他の誰かを好きになっても文句は言えないんだよな)
男「・・・・・」
男(だからかもな・・・)
コンコン
337:
幼馴染「男くん?今大丈夫?」
男「ああ、どうぞ」
ガチャ
幼馴染「・・・お邪魔します」
男「どうした?」
幼馴染「あ、うん、その・・さっきはごめんね・・・」
男「あ、ああ、まぁ、俺も大人気なかったし・・・あんま気にするなよ」
幼馴染「私もちょっと調子に乗ってて・・・」
幼馴染「あんまり気分の良いものじゃないよね」
男「・・・・」
幼馴染「・・・・」
男「お、幼馴染」
幼馴染「うんっ!?なにかな??」
男「あ、いや・・・えっと」
幼馴染「・・・・」
338:
男「そ、そうだ、用はそれだけだったのか?」
幼馴染「え、あ、う、うん・・・そうだけど・・・」
男「・・・・そかそか、じゃあそろそろ」
幼馴染「・・・う、うん、ごめんね。」
トコトコ
男「お、幼!!」
ガシッ
幼馴染「ふぇ・・・!?」
339:
幼馴染「お、男くん・・・?」
男「え、えっと、夜も遅いし・・・今日は・・・泊まっていったほうが・・・いいんじゃないかな」
幼馴染「え?」
男「ほらほら、家が目の前って言っても何があるかわからなしさ!」
男「それに・・・」
幼馴染「それに・・・?」
男「お前に・・・何かあったら・・・嫌だし・・・」
男「・・・・・」
幼馴染「・・・・・」
幼馴染「・・・いい・・・の?」
342:
男「な、なにしおらしなってんだよ。ガキの頃なんかしょっちゅう泊まってたろ」
幼馴染「子供の頃と今とじゃ全然違うよ」
男「ま、まぁそうなんだけどさ」
幼馴染「それに・・・・ちょっといじわるしちゃったし・・・」
男「いいよ、そんなの」
幼馴染「ありがと、じゃあお風呂借りていいかな?」
男「おう」
ーーーーーー
幼馴染「えへへへ・・・」
346:
ーーーーー
男「完全に勢いで泊めちまったな」
男(偽物だとわかってても・・・・やっぱり意識しちゃうよな)
男(俺だって・・・出来ることならあいつの本物に・・・)
コンコン
幼馴染「男くぅん・・・」
男「わざとやってるだろ」
幼馴染「あはは・・・なんでわかったし」
男「幼馴染見てればわかるわい」
幼馴染「じゃあ、なんでやってきたかもわかるかな?」
男「それは・・」
男(ぐぬぬ、あえて答えられないような言い返しをしてきたな)
幼馴染「一緒にさ・・・・寝ちゃダメ?」
男「・・・・・・・」
347:
ーーーーー
男「・・・・」
幼馴染「・・・・」
男「なぁ・・・・いいのか?」
幼馴染「ん?なにが・・・?」
男「だって・・俺たちはさ、校内で付き合ってるってだけで・・・・」
幼馴染「うんうん」
男「実際には・・・付き合ってないんだぞ?」
幼馴染「そうだねぇ」
男「恋人でもないやつのベッドで・・・二人で寝るなんて」
幼馴染「昔はよくしてたのに」
男「昔って・・・小学校の時じゃんか・・・」
幼馴染「それが何か問題?」
348:
男「お前は良いのかよ・・・それで」
幼馴染「ねぇ?」
男「うん?」
幼馴染「本物の境界線ってさ、どこで決めるものなのかな」
男「境界線・・・?」
幼馴染「本物なのか偽物なのかって・・・簡単に区切っちゃうけど」
幼馴染「それってどこからどこまでが境界線なの?」
男「そりゃ・・・偽物だって断言してれば・・・」
幼馴染「けど、私たちがそうしたのって・・・周りからの押し付けだよね?」
男「俺がそうしたのが原因だよ」
幼馴染「経緯はどうであっても、結果がみんな先行しちゃうから、そうなっちゃうんだよね」
349:
男(・・・・)
幼馴染「それを差し引いてもあのとき男くんが助けてくれなきゃ今の私はないしさ」
幼馴染「男く○には感謝してるよ」
男「そんなのいいって、俺が幼馴染みの男だったから上手いこと流れたって感じだしな。そうじゃなかったら幼馴染と会話すらできてないほど気まずくなってたろうし」
幼馴染「そうなの??」
350:
男「俺とお前に面識がなかったらきっと、今の関係も成り立ってなかったんじゃないかな」
男(いつ崩れてもおかしくないほど、脆い関係だしな・・・)
幼馴染「どうかな・・・たしかに否定はできないけど」
幼馴染「助けてくれたことに対する感謝はしたと思う」
男「そんな大袈裟なものでもないけどね」
幼馴染「そんなこと・・・ないよ」スッ
男「幼馴染・・?」
幼馴染「どういう形にしろ・・・ね?」
男「っ・・・」
男「やめろ」
幼馴染「え・・・?」
351:
男「俺はそんなもの望まない 。感謝されるつもりでたすけるなんてことしない。仮に思っていても、助けた本人に絶対に求めない」
男「それが俺の流儀だ。幼馴染が知り合いでもそうでなくても。俺はそんなもの望みたくない」
幼馴染「・・・」
男(だって・・そんなことで、気持ちを伝えたり、相手の気持ちを尊重できなかったりするなんて、嫌じゃないか・・・・)
男(そんなんじゃ・・・無理矢理付き合おうとしてた奴よりも性質悪いだろ)
男「いや、流儀なんて良いものじゃないな。ただの俺の意地だな」
幼馴染「ううん。それを大事にしてほしい」
男「幼馴染?」
353:
幼馴染「そういう何かゆずれないものがあるって・・・良いことだと思うから」
幼馴染「男くんのその気持ち。大事にしてほしい」
男「幼馴染・・・」
幼馴染「ごめんね、男くんが恩を着せようと助けたわけじゃないって」
幼馴染「私もわかってたけどね。でも何かしてあげたいって思ってさ」
幼馴染「身の回りのお世話とかそういうことしか思い浮かばなくて」
男「飯作ってくれたり、起こしに来てくれたり、十分すぎるくらいしてくれてるじゃないか」
男「俺が助けたことと、もう釣り合いが合わないよ」
幼馴染「どうかなぁ」
幼馴染(そうだね・・・きっとそれを言い訳にして・・・)
354:
幼馴染「・・・っ」キュッ
男「お、幼・・!」
幼馴染「男くん・・・これは恩とかそういうことじゃなくて・・・」
幼馴染「私がそうしたくて・・してることだから」
幼馴染「だから・・・・男くんは気にしないで欲しい・・・」
男「幼・・」
幼馴染「私のわがままだから・・・・」
男「・・・・・」
キュッ
357:
ーーーーー
委員会
ではそのようにまとめます
委員長「わかりました」
男2「仕事が増えたな」
委員長「そうね・・けどその分私が」
男2「あとはフォローするから、委員長はメインを進めてくれ」
委員長「え、ええ・・・」
男2「よし、サクッと終わらせてしまおう」
トコトコ
委員長「・・・・・」
358:
職員室
幼馴染「はい、それじゃあよろしくお願いします」
先生「ああ、わかった。けどいいのか?生徒会選挙に出なくて」
幼馴染「あはは・・・まぁ私じゃ引っ掻き回しそうですし、第一内申点稼ぐだけで入るのもどうかと思って」
先生「清掃活動のボランティアの参加申請しにきておいて、今さらそんな風に思うわけないだろ」
幼馴染「清掃活動はしたいなぁって思ったから申請しただけですよー」
先生「成績も優秀で地域の活動にも参加するのに・・私から言わせてみれば勿体ない」
幼馴染「やりたいことを積極的にやろうかなって、そう思っただけです。そんな誉められるような生徒じゃないですよ」
先生「そこまで言うなら私からはなにも言えないな。わかった、しっかりやれよ」
幼馴染「はいっ」
362:
学校裏の坂道
男「はっはっはっ・・・」
タッタッタ
男(体力はなんとか戻せてきたな・・・あとは身体の動きをどうにかしないとな)
よう
こんなとこでなにしてんだよ?
男(転校したての幼馴染にしつこく付きまとってたやつか・・・)
こいつが例の転校生の彼氏ってやつか??
なんかあんま強そうにもみえねぇけどな
それで鍛えてるつもりなのか?あんまり筋肉ついてるように見えねぇな
男(落ちた分を取り戻そうとしてるんだけどな・・・)
男「なんですか先輩。今更俺になにか用でもありますか?」
別にー
なんかちょっとムカついたからさ
363:
幼馴染って女もずいぶん周りに敵作ってるみたいだしなぁ?
男「そうなんですか」(勝手に周りが目の敵にしてるってのが原因だけどな)
男(しかも今は嫌がらせ自体減ってきてるし)
俺と付き合ってりゃ
そんなこともねぇのに
馬鹿な女だよな
男「負け惜しみ・・・ですか?」
あ?
男「自分の校内の評価を棚にあげて・・・自分と付き合えば今のように敵なんていなくなるなんて・・・・そんな根拠どこにあるだよ?」
男「校内じゃ避けられてるような人間が言っても説得力がありませんよ」
367:
すげぇなこいつ
タメ口きいてんじゃん
なめられすぎだろww
うるせぇよ
調子のらねぇほうがいいんじゃねぇか?
男「別に女の前だから見栄張ってたわけじゃないんすけどねぇ?」(思いっきり虚勢だったけどな)
こいつ内心はビビッてんじゃねぇの?
ちげぇねwwww
男「どうっすかねぇ」(それで消えてくれるなら儲けもんだ)
ビビッてんなら都合いいじゃん
とりあえず土下座して詫びろや
あと彼女まわそうぜ
こいつの目の前でぐちゃぐちゃにしてやったほうが良いじゃん
やめろっての最初に俺がヤるから
男「やめてくださいよーそんなことしたら笑い話じゃすまいっすよー」(やめろっての・・・・ムカつくだろうが)
368:
もう笑い話じゃすまねぇんだよ
こっちは恥かかされてる上にてめぇみてぇなガキに好き勝手やらされてるんじゃ面白くねぇんだよ
男「知らないっすよ、あんまり無茶なことしたらみんな面白くないじゃないですか」
別に周りなんて知らねぇって
俺らが楽しみたいだけだし
そういうことだから、あの女呼べよ
男(どこの世紀末だよ・・・こんなアウトローまだいるのかよ)
男「生憎今日は別の用事で一緒に過ごすわけじゃないんですよ。別の日にして・・」
バキィ!!
男「っ!」
てめぇのことなんか聞いてねぇよ
黙って呼べや
369:
男「すみません、呼んだら俺が怒られますしー」
なにヘラヘラしてんのこいつ?
ビビりすぎて反撃できないんじゃね?
情けねぇー、こんなクソに付き合う女ってどんなやつなんだよww
男(だからやめろっての・・・・)
バキィ!!
ぐほぁっ!!
な、なんだてめぇ!?
372:
男2「多対一は好きじゃないんでね」
なんだこいつ
なにこんなひょろっちぃやつにやられてんだよ
男(わー、みんな大好き男2さんじゃないですかー)
男(ていうか・・なんでこんなとこに?)
ヤロゥー!!
バキィ!!
ボコボコ
ーーーーーー
373:
男(・・・見た限り喧嘩慣れしてるわけでもない、なにかやってるような動きでもないのに)
男(ノーダメで一撃で相手を沈めるとは)
男2「ふぅ・・大したことねぇな」
男(ほんとに主人公補正でもはいってんじゃないのかこいつ)
男2「こんなとこでなにしてんの?」
男「ちょっとね。それよりあんたこそ何してたんだ?」
男2「同じくちょっとね」
男(同じく返しかい・・・)
男「それよりもあんた委員会なんじゃないのか?」
男2「仕事は終わらせたよ、委員長も先に帰したしね」
男「へぇ・・自分から一手に引き受けたのか」
男2「委員長を遅くまで残すわけにもいかないしな」
男(気遣いまで考えるようになったか・・・)
男「まぁ、けと委員長は一緒に帰りたがったんじゃないか?」
374:
男2「家は逆方向だしな」
男2「仕事を終わらせないといけないし、かといって彼女を遅くまで残すわけにもいかない」
男2「俺が送っていくのも考えたが委員長に余計な気を使わせるのも気が引けたしね」
男「確かにな・・・」
男2「あんたの方こそ、幼馴染のこといいのか?」
男「?」
男2「これだけいろんなやつに絡まれて、嫌がらせだって受けてんだろ?まぁ多少心当たりあるから、そういうやつらは切ってるけど」
男「そうだな、少なくともお前さんが心配する必要はないよ」
375:
男2「やけに冷たいな?付き合ってんだろ?」
男「あまり過保護すぎると幼馴染に怒られるからね」
男2「偽りだから・・・じゃないのか?」
男「っ・・!」
男2「あんた・・周囲に偽って幼馴染と付き合ってるって言ってるんだよな?」
男2「偽物の恋人同士」
男「誰から聞いたデマカセかは知らないが、偽物の恋人って・・・漫画の読みすぎだろ?現実でそんなものが成り立つわけ・・・」
男2「お互い面識があったなら成立しうる可能性だってあるだろ?」
男(どこまで知ってるんだこいつ・・・?)
378:
男2「あんた以前俺に言ったよな?曖昧な態度は取るなって」
男2「その挙げ句が偽物とは・・・呆れるね」
男「なんの証拠があって偽物だと言い切ってるのか知らんが、勝手な憶測を並べ立てないでくれるか?」
男2「中庭で話してるのを聞いたんだよ」
男「他に誰か聞いたという第三者はいるのか?」
男2「詭弁にしか聞こえないぞ」
男「証拠がない言い分ほど効力のないものはないけどな」
男2「子供の言い訳だな」
男「どっちにも言えることだろ?」
男「仮にそうだとしても・・・無関係のお前にとやかくいえるようなことか?」
男2「見てみぬ振りをしろと?」
379:
男2「それに無関係なのに関わってきたのはお前らも同じことだろ?」
男「だが単に意見を言っただけだな。まぁ幼馴染は別だけど」
男2「あれだけ文句も言われたんだ、俺もそれなり言わせてもらわないと気が済まない」
男「だったらどうするんだ?」
男2「幼馴染にやめさせる」
男「はぁ?」
男2「こんな関係を続けてるほうがよっぽどどうかしてるだろ?それともこの関係に浸ってるのか?」
男(正論だな・・・だがそれを許容するかどうかは幼馴染次第だぞ)
男「幼馴染に説教でもかますつもりか?」
男2「事と次第によってはな」
男(でしゃばり過ぎだろ・・・)
男「だったら俺に言えばすむ話だろ」
男2「俺がさんざん絡まれたのは幼馴染だからな。お前に絡むのも筋違いだろ」
男(筋の通し方がちげぇだろ・・・)
380:
男2「お前は単に優越感に浸って、自慢したいだけにしか思ってないんじゃないか?」
男「・・・」
男2「だから、幼馴染に対しても軽い態度を示す・・・違うか?」
男(何を言っても聞いちゃくれないだろうな)
男(だったら・・・)
男「だったらなんだ?それが悪だとでも言うのか?」
男2「少なくとも善ではない。お前のやってることは幼馴染に対してエゴをぶつけてるだけだろ!」
382:
男「そのエゴを容認してるのだから、そこになんの問題があるんだよ」
男2「本気で言ってるのか?」
男「そうでもなければ言わないだろ?」
男2「・・・・」
男「だからもう関わってくるなよ・・」
男2「わかった。あんたがそういうならこっちにも考えがある」
男「考え?」
男2「覚えておけ」
トコトコ
男(うーん・・・ああ言えば奴の性格上絡んでこなくなるだろうと逆手にとったんだが・・)
男(かえって裏目に出るとは・・・・)
男(まさかあいつ・・・・本当に幼馴染の影響で変わった・・・のか?)
383:
ーーーーーーー
ボランティア当日
幼馴染「んーーっいい天気っ!」
幼友「ほんとだねぇ。こんなに晴れたなら友くんも来てくれればよかったのに」
友妹「だめだめ、バカ兄はこういうの面倒臭がって絶対こないですから」
女「妹からもこう言われるって・・・あの子大丈夫なのかねぇ」
委員長「それでは各自担当エリアへの案内を行いますのでー・・・」
イケメン(俺も一般参加のほうが良かったんじゃないかな・・・)
男2「おはようございます」
イケメン「あ、おはようございます」
384:
ーーーーー
学校
男「そうですか・・・幼馴染が」
先生「ああ、そう言っていたな。私も勧めたんだが本人にその意思がなかったようだ」
男「わかりました。あと例の件なんですが」
先生「うむ・・・対策を打ったのが良かったのか一応効果はあったな。まぁそれでなくても時間経過で減りつつあったようだしな」
男「ありがとうございます」
先生「ふむ・・・そこまで心配してやることもないだろ?幼馴染も子供ではないのだし」
男「いや、こういう問題以外は下手に首突っ込んではいませんよ」
男「むしろ・・・徐々に俺が幼馴染離れしなきゃダメなんですよ」
先生「お前たちは校内では付き合ってるって噂だったが・・・」
男「あー・・話すと長くなっちゃうんですが・・」
先生「話さんでいい。当面の問題は片付いたからあとはお前の件だな」
男「俺の?」
先生「スポーツ推薦枠のことだよ」
男「・・・・」
385:
職員室前
友「あー・・・補習終わったぁー」トコトコ
友「幼友ちゃんに誘われてたけど補習なんて言えないもんなぁ」 トコトコ
俺はもう総合格闘はやめたんです
友「ん?今の声は男?」
386:
先生「怪我今は大丈夫なのだろ?部はなくなってしまったが・・・一年の時の実績を内申に加えれば」
男「進学するとしたら自力で行こうと思ってます」
先生「嫌気がさしたのか?」
男「そうじゃないですよ。友からも誘われたんですけどやめたんです。確かに今も身体作り直してますけど」
男「全盛の頃と比べるとどうも動かないというか。自分自身心あらずって感じで今道場に戻っても逆に迷惑かけそうで」
先生「幼馴染と再会したことでそれがより顕著になったか?」
男「幼馴染は原因じゃないですよ」
男「自分をちょっと、違う視点から見ようかなって」
387:
男「幼馴染が病気を克服出来たように、俺も何かやってみようと思ったんです。自力で何かしてみようって」
先生「そうか・・・」
友「・・・」(総合格闘じゃダメなのか・・・男)
男「それに道場通ってたら母ちゃんに顔見せにいかなくなりそうですし」
先生「マザコンか」
男「筋金入りですかね?母ちゃんには頭上がらないんですよ」
先生「わかった。確かにここ最近成績も上がってきてるし、友共々補習組の常連が減って清々してると担任は言ってるしな」
男「さすがに補習なんて嫌だし・・・」
389:
公園エリア
幼馴染「ふぅー中々大変だねぇー」
女「幼っちに付き合ってあげてんだから、ジュースでも奢ってもらわないも割りにあわないわ」
幼馴染「二本までならいいよー」
幼友「そっかぁ・・・友妹ちゃんが友くんの」
友妹「イケメンさんの妹さんが幼友さんだったのにはなんか納得しました」
幼友「友く○にこんな美人さんの妹さんがいるなんて」
友妹「幼友さんに言われると私なんてナメクジですよ・・・」
女「それは卑下しすぎだろっ、目の前にいる最強と比較しちゃうと」
幼馴染「うい?」
友妹「幼馴染さんはもう別次元ですよ」
幼友「今までにもかなりの男の子が告白してるもんねぇ」
幼馴染「よくいうよ。みんなそれぞれ何気に男の子に言い寄られてるくせに」
390:
友妹「ヤンキー時代に姉御って言われてただけっす」
幼友「小学生や中学生からは好かれるほうかなぁ・・・?」
女「全くない私はどうすればいいのよ」
幼馴染「言わないだけで全くないわけないでしょ」
女「あったら攻付き合って大人の階段上ってますー!!」
友妹「え、もしかして処・・・」
幼友「妹ちゃん淑女としてそれ以上は・・・」
女「悪いかー!大体妹ちゃんや幼友っちもじゃないの?」
妹「私はまだ高校成り立てですし・・・ヤンキー上がりですし」
幼友「女子校だからあまり男の子と接点がなかったからかな・・・?」
女「ふふん、幼っちは当然あるのよね!?」
幼馴染「へ?私??」
391:
友妹「そういえば男さんとお付き合いしてるんですよね」
女「男く○に毎日教われてるんー??それとも幼っちの方から??」ニヤニヤ
幼友「あまり詮索するのも・・・ねぇ?」
幼馴染「あー・・いや、その。ま、まだだけど・・」
一同「え?」
幼馴染「え、いやまだだけど・・・え?何かおかしなこと言った??」
女「い、一度も?チューも?胸触らせるとかも?」
幼馴染「ないよ・・・」
友妹「えっと・・・付き合ってどれくらいなんですか?」
幼馴染「うーん・・・一月いくかいかないかくらいかな・・・」
幼友「でも男くんとは長い付き合いなんだよね」
幼馴染「ま、まぁ・・・そだね」
393:
女「幼っちが厳しすぎるとか??」
幼馴染「いや、そんなこと・・・ない思う・・・けど」
友妹「アプローチはかけてるんですか??」
幼馴染「うぅん・・・少しは」
幼友「ということは男くんと関係は発展しようとしてるんだ?」
幼馴染「いや、わ、私のことよりもみんなのことの方が」
わいわいガヤガヤ
男2「・・・・」
394:
お昼
それでは本日は終了します
女「ふぅー終わったぁー。このあと打ち上げしようよー」
友妹「いいですねー!」
幼友「疲れちゃったしファミレスでお昼がてらに休憩でもしようか」
幼馴染「あー、ごめん!今日はちょっと男くんと約束してて」
女・友妹「デート?」ニヤッ
幼馴染「うーん。そんな感じかな?」
女「帰りには大人の階段上るためにホテルに」
幼馴染「いかないから」
幼馴染「大体男くんと私にも自分達のペースがあるから。二人の関係はそっと見守っててくださいー」
友妹「たしかにちょっと下世話でしたしね」
幼友「じゃあねー、男く○によろしくね」
幼馴染「はいはーい」フリフリ
395:
幼馴染「っと、こっちは終わったよ」ピピッ
ピロリン
「わかったー、今向かってるよー」
幼馴染「はいはいっと」
幼馴染「ふぅ・・・二人の関係・・・か」
幼馴染「男くんはどう思ってるのかな・・・」
幼馴染(一緒にいたらやっぱり意識しちゃうし・・・それに私がここに戻ってきたのも・・・)
男2「よう」
396:
幼馴染「・・・・なにか用ですか?」
男2「随分な挨拶だな。あんたには色々突っ掛かられたのは俺なんだがな」
幼馴染「それなのに自分から絡んでくるなんて、ドMなの?」
男2「どうかな、あんたも割りきってるとはいえそんな関係でいるなんて」
幼馴染「・・・なにそれ?」(っ!!どういうこと!?なんでこの人が知ってるの!?)
男2「惚けるなよ、周りは付き合ってるって思ってるけどあんたたちの行動自体不自然だろ」
397:
幼馴染「不自然って・・・具体的にどう不自然だったのかしら?」
男2「身内同士の会話なのになんで遠慮する必要があるんだよ?」
男2「さっきの会話聞いてる限りじゃあんた、恥ずかしがって隠すというよりも後ろめたさがあってのように見えたんだがな」
幼馴染「どうかな?けどそれって君の主観でしかないよね?」
男2「それと・・・さっきの発言」
幼馴染「発言?」
男2「付き合ってるなら、わざわざ相手の気持ちを気にするような言い方はしないだろ?」
幼馴染「付き合ってるからこそ、相手のことを気遣うのはむしろ自然なことだと思うのだけど?」
男2「気遣う・・・とは言い得て妙だな」
398:
幼馴染「どうとでもとってもらって良いけれど、私と男くんとのことにあなたに入り込む余地はないと思うのだけど?」
男2「あんたは不安じゃないのかよ?」
幼馴染「不安・・・?」
男2「男との関係がどうであっても、あんた自身はどういう心境なのか」
男2「不安に思うことがないわけないだろ?」
幼馴染「人って生きていく上で不安というものは憑き物だと思う」
幼馴染「でも、それで相手を信用しなくなるほど私は疑い深くないし、男くんも不安定じゃない」
男2「なぜ言いきれる?」
幼馴染「付き合いが長いから?」
男2「幼馴染み・・・か」
399:
幼馴染「それを差し引いても、信用はあるかな」
男2「説得力に欠けるな」
幼馴染「私たち身内のことだし、外野から見ればそう見えるのかもね」
幼馴染「けど、これだけは言える。あなたよりは男くんの方が私にとって魅力的」
幼馴染「これは私にとって不動のもので一番信じられることのひとつよ」
幼馴染「それとあと約束があるから」トコトコ
男2「けど、あんたもあいつのすべてを知ってるわけじゃないよな」
男2「その腹まで探るなければはあんた自身が抱える迷いは消えないと思うぜ」
幼馴染「・・・・」トコトコ
402:
幼馴染「はぁ・・・・」
パサッ
男「だーれだ?」
幼馴染「んー・・・私の王子様?」
男「残念野獣様でした」
幼馴染「あらあら、じゃあ私はその獣さんに襲われちゃうのかな?」
男「野獣は思いの外紳士なんだぞ?知らなかったのか?」
幼馴染「臆病者の間違いかな?」
男「真理を突きつけないでくれ・・・」
幼馴染「チキンハートの男くんはいつものことー」
男「う・・・俺そんなにチキンかな・・・」
幼馴染「そういうかんけいではね」
403:
男「女の子との付き合いがないんだから勘弁してくれよ・・・」
幼馴染「だから私がリードしてあげてるんじゃんか」
男「それについては何も言えません・・・」
幼馴染「・・・私といるの嫌?」
男「それはない」
幼馴染「そこは断言するだ?」
男「それは絶対にない、というか・・・俺の方がお前といたいって思ってるし」
幼馴染「そう・・・なの?」
男「うっ・・・」
幼馴染「・・・・」
男「上目使いで詰め寄るのは反則だ・・」
幼馴染「あ、ご、ごめんごめん・・・」
404:
幼馴染「・・・」
男「・・・」
男(今日は妙にしおらしいな。会話に詰まっちまうじゃないか・・)
幼馴染「ちょっとは意識してくれた?」
男「へ?な、なにがだい?」
幼馴染「ちょっとは動揺したかなーって」
男「これからデートでもっと凄いことするのにこ、この程度で狼狽えるなんて・・・」
幼馴染「凄いことしちゃうの?」
男「そ、そうだ」
幼馴染「例えばー?」
男「て、手を握っちゃうとか・・・」
幼馴染「・・・」
405:
商店街
幼馴染「ったく・・・手を繋ぎたいならそうやって言ってくれればいいのに」
男「は、恥ずかしいじゃないか。男の俺から言うのも」
幼馴染「男も女も関係ありませんー。気持ちは言葉にして伝えないと相手に伝わりませんー」
幼馴染(私も繋ぎたかったし・・結果オーライかな?)
男「人間中々それができないんだよなぁ」
幼馴染「ほんと人間ってコミュニケーション手段をたくさん持っててさ、その代表が言葉なのにそれをしようとしないってのもねぇ」
男「日本人は特に本音と建て前を使い分けるからな」
幼馴染「世知辛いよねぇ。せめてお互い信頼し合える間柄はさ、そういうことを伝えあっていきたいよね」
男「・・そうだな」
幼馴染「あ、あれ昔の駄菓子屋だよね!まだあるんだー」
ガヤガヤ
406:
駅前
ガヤガヤ
幼馴染「へぇ・・・駅付近になるとこんなに栄えてるんだね」
男「とはいっても駅付近だけで少し離れるともう田舎っぽさが出てくるんだよ」
幼馴染「違和感が半端ないね。なんだか無理矢理都会に見せたいって頑張ってる感じが否めないね」
男「無理しなくても良いのにな。地元のよさを出していけば、無理に都会化なんてしなくても人は来るのにさ」
幼馴染「むしろ出ていく人の方が多そうだもんね」
407:
チラッ
チラッ
幼馴染「ほぇ・・・お洒落なお店も並んでるねぇ」
男「・・・」
幼馴染「ん?どしたの??」
男「いやなんでもないよ」
男(どこいっても幼馴染は見られるな・・・どいつもこいつも狙ってるのは男っぽいが・・・)
幼馴染「あ、みてみてー。少し前に流行ったパンケーキがまだメインで出てるお店もあるよー」
男(早々に駅前から離れたほうがいいかもな)
トコトコ
409:
都心の外れ
幼馴染「この辺まで来ると田舎だねぇ」
男「駅前が集中しすぎてるからな。けど俺はこの雰囲気の方が好きだよ」
幼馴染「えへへ、私も」
幼馴染「こうやって、二人っきりでのんびり歩くのって良いね~」
男「へへへ、そうだな」
幼馴染「なんかさ、夫婦が寄り添って歩いて・・・おじいちゃんおばあちゃんになっても二人で歩ける感じで」
幼馴染「若いカップルで歩いても自然な感じでいられるもんね」
男「ああ。そういうのいいよな」
男「騒がしいところとかロマンチックな夜景の見える高層ビルとかも良いけどさ」
男「こういうところいくつでも来ることができる」
410:
幼馴染「えへへ・・・・」
男「・・・・」
幼馴染「男くんも・・・好きな女の子とこういうところでデートしたい?」
男「そ、そりゃあ・・・まぁな」
幼馴染「そかそか」
男「幼馴染も同じだろ?」
幼馴染「私は・・・・」
幼馴染「・・・・・・・・・・・・・・・もういいかな」
男「え?」
411:
幼馴染「今は・・・もういいかなっ」
男「そうなのか?」
幼馴染「うんっ。なんだかモヤモヤしちゃいそうだしさ」
男「モヤモヤって・・・」
幼馴染「なんだろうね・・・うまく言えないや」
男「・・・・なぁ幼馴染」
幼馴染「さてとっ!おうちに帰ろっ」
タッタッタ
男「幼馴染っ!?」
タッタッタ
412:
学園
幼馴染「・・・はぁ」
女「どうしたのよー溜め息なんてアイドルのすることじゃないわよ」
幼馴染「だったらアイドルやめるよー」
女「ほんとにどうしたの?」
幼馴染「ううん、なんでもないんだけど・・」
女「けど?」
幼馴染「うーん・・・」
幼馴染「うーーーーー」
女「にゃーー?」
幼馴染「懐かしいネタだね・・ってそうじゃなくてさ」
幼馴染「女ちゃんって気になる人とかいる??」
女「え、何急に」
幼馴染「いる??」
413:
女「気になるっていうか・・・友達としてほっておけない異性とかならいるけど、恋愛がどーとかって人はいないかなぁ」
幼馴染「そうなの??」
女「周りの子はさ、彼氏とかでかっこいい人だったり頭がいい人だったりスポーツ万能な人だったり色々言ってるけど私から見るとどうもそれが魅力的に感じないんだよね」
幼馴染「それは私もわかるよ」
女「私の見る目がないとか言われたらそれまでなんだけど」
女「ほんとに誰か気になる人とかって多分自分と対照的な人なんじゃないかな」
幼馴染「対照的・・・?」
女「そもそも異性って時点で対照的な存在なわけだからさ、自分とは違う・・・もっと別の何かを持ってる人とか」
幼馴染「へぇ・・・そこまで考えたことなかったなぁ」
414:
女「幼っちと男くんなんて良い例じゃない。二人とも全くタイプ違うし」
幼馴染「私と男くんが??」
女「学園のアイドルと体格の良さで野獣とよばれ損してる男くん」
幼馴染「野獣はチキンハートだけどねー♪」
女「あらら、男くんチキンなんだ?」
幼馴染「私としてはそこら辺も野獣で良いのになぁ」
女「男く○に襲われたいの??」
幼馴染「襲われたいというか・・・・積極的に来ても良いと思うんだよね」
女「それが男く○に対する不満かな?」
幼馴染「不満じゃないよー」
女「男は彼だけじゃないよー?」
幼馴染「え、浮気??」
415:
女「幼っちなら同時に20人くらいと付き合っても釣り合い取れるんじゃない?」
幼馴染「いやいや、複数人と付き合えるほど器用じゃないし、好きな人以外と関係持つなんてやだよ・・・」
女「まぁそれは私も嫌かな・ ・・ごめん言い過ぎたね」
女「だからこそ男くんと幼っちはバランス取れてるのかもねー」
幼馴染「バランスかぁ」
417:
ーーーーーー
幼馴染「私は別にバランスで男くんと一緒にいるわけじゃないけどなぁ・・」
幼馴染「釣り合い・・か」
幼馴染(確かになんでこの人と?って感じるカップルもいるといえばいるけど)
幼馴染(でも、そんな人たちばかりじゃないし、美男美女カップルもいるといえばいるしその逆もあるし)
幼馴染「そもそも・・・私自身が男くんのことをよく知ってたら・・・」
幼馴染(・・・・・'#)
420:
委員長「幼馴染さん」
幼馴染(・・・気にしても仕方ない!どんな風に言われても、自分を貫き通そう)
幼馴染(それに私は・・・・)
委員長「幼馴染さん!」
幼馴染「わっ・・・びっくりしたぁ」
委員長「さっきから呼んでいたのだけど」
幼馴染「ちょっと考え事してて・・ごめんね」
委員長「いえ・・・それと今度の日曜日空いてるかしら?」
幼馴染「空いてるけどどしたの??」
委員長「バーベキューでもしようとギャルさんから誘われてね、あなたを含めあと何人か誘いたいのだけど」
幼馴染「いいよーじゃあ私の知り合いから片っ端に・・・」
委員長「それと・・・男くんも誘ってほしいの」
幼馴染「え?」
421:
委員長「あ、深い意味はないのよ。あなたとお付き合いしてるそうだし、どうせなら二人で来た方が男くんも余計な心配をしなくてもいいでしょうし」
幼馴染「そういうことか、大丈夫だと思うけど私も誘おうとしてたし丁度いいや」
委員長「よろしくお願いするわ」
トコトコ
幼馴染「けど・・・わざわざ誘うように言うなんて珍しいなぁ」
423:
ーーーーー
友「せぁ!!はぁ!」
友妹「うらぁぁあ!!」
ま、まいった
友妹つえぇよ・・
お前ほんとに女かよ
友妹「あんたら普通に失礼だな・・・」
友「最近バイトバイトで忙しそうだったのに急にどうした?」
友妹「別になんでもないよ、オラァァァアア!!」バキィィ
ひぃいい!!
友(絶対なんかあっただろ妹よ・・・)
ガラガラ
男「たのもー」
友「!!」
424:
友「どうしたんだよ!道場に顔出すなんて」
男「例の件だよ。あと道場破りの気分になってみたかっただけだよ」
友「ああ、そっちのことか」
友妹「二人して何の話ー??」
男「秘密ってことで」
友妹「えーーー教えてよぉ、男兄ぃ~」
友「きもいぞ」
友妹「ちょっとこっち来いクソ兄。野生の力思い知らせてやる」
男「色仕掛けしてもだめだよ、友との秘密なんだ」
友妹「むー・・・まぁ男さんが言うなら」
426:
男「それで例の件頼めそうか?」
友「俺は良いけど・・・道場でやるのはダメなのか?」
男「それ一時は考えたけどやっぱいちどやめて迷惑かけてるしな」
男「戻ったら戻ったで幼馴染そっちのけになりそうで怖いし」
友「そうか・・・たしかにそうなるのは避けたいな」
男「友には付き合わせて悪いな・・・すまん」
友「全くだな、今度焼き肉奢れよ」
男「それで済むなら安いもんだ」
友「それで幼馴染さんの方はどうなんだよ?」
男「幼馴染?」
友「・・・・・最近噂で聞いたんだけどな、男2がやたらと幼馴染さんに近づいてるらしい」
427:
男「そうか・・」
友「大丈夫なのか?」
男「なにが?」
友「幼馴染さんもああは言ってたけど男2に靡かない可能性だって0じゃないんだ」
友「下手すりゃこのまま・・・・」
男「はははは、仮にそうなっても俺からどうこういうことなんて出来ないよ」
男「それに・・・このまま黙って良いようにされるつもりもない。野獣には野獣のやり方で迎え撃つ」
友「ほほぉ・・・えらく強気に出たな?それに野獣ねぇ、パッと見そういうわけでもないのに、周りが華奢な男が多すぎるからそう言われるよな」
男「お前だってそうじゃないか?昔のあだ名がコングだもんな」
友「やめろよ・・・女子に言われたのは結構凹んだだぞ・・・」
男「それなのに・・・幼友さんとはねぇ
友「ま、まぁ・・・俺の誘いに応じてくれるところは単なる付き合いも含めてってのもあると思う」
431:
男「付き合いでそんなことあるかね?」
友「そういうことにしてくれ」
男「あいよ」
コソコソ
友妹(ふーん・・・まぁ、二人とも早く手を打っておかないも痛い目みるかもしれないから)
友妹(早いとこ本気出しなよ、ダブル兄)
ーーーーー
432:
ーーーーー
帰り道
男「今日は久々に動いたからちょっと疲れたなぁ・・・・・ん?」
幼馴染「よっ」
男「なんでうちの前で待ってたんだよ。連絡してくれれば合流したのに」
幼馴染「いやいや、今日は話があっただけだから気にしないでっ」
男「ったく・・・ほらほら上がった上がった」
幼馴染「へへへっ」
ガチャ
433:
男「バーベキュー??」
幼馴染「そ、委員長と他に何人かが幹事をやってるらしいよ」
男「幼馴染はわかるが、あまり関わりが少ない俺まで呼ばれて大丈夫なのか?」
幼馴染「まぁ、委員長のご指名だし」
男「委員長の??」
幼馴染「そそ、けど私が誘う予定だったんだけどもねー」
男(男2じゃなくて、なんで俺なんだ?)
434:
幼馴染「それでどうするー??予定とかあるなら断るけど」
男「お前は行ってこいよ。せっかく誘われてるんだし」
幼馴染「男くんは行かないの・・・?」
男「うーん・・」
男(まぁ・・・人手の関係もあるし、飯も食えるしな)
男「そうだな、せっかくだし俺も参加するよ」
幼馴染「そうこなくっちゃ♪」
幼馴染「あとは友く○に幼友と友妹ちゃんにイケメンさんも誘っちゃおうかな」
男(オプションみたいだなぁ・・・俺って)
436:
幼馴染「かたちはどうであれ男くんとバーベキュー♪」
男「そういえばガキの頃は全然幼馴染とアウトドア的なことできなかったもんな」
幼馴染「そそー!だから結構楽しみなんだよー」
男「そいつは良かった」
男(幼馴染が楽しんでくれればそれでいいかな?)
幼馴染「ねぇねぇ、夏休みとかさ、海に行って泳いだりバーベキューやったりしようね」
男「今から夏休みの話するのかい、気が早すぎるぞ」
幼馴染「良いじゃんー。だって男くんと行きたいんだもん」
男「うぐぐ」(お、俺と・・・意識してしまうだろこの小悪魔め)
437:
男「海と言えば水着だな」
幼馴染「ほぅ・・・女の子を前に水着の話をしますか」
男「泳ぐんだろ?」
幼馴染「泳いじゃうよ」
男「泳ぐのなら服は脱いじゃうよな?」
幼馴染「脱いじゃうね」
男「なら水着だな」
幼馴染「さっぱりパー子よ」
幼馴染「そんなに見たいのー?水着」
男「違う!俺は水着姿の幼馴染が・・・」
幼馴染「・・ほぅ」
男「お前・・・誘導尋問上手いな」
幼馴染「だまらっしゃい、勝手に自爆しておいて」
438:
男「まぁ水着とかもいいけどさ、あんま無理するなよ」
幼馴染「まだ心配してるの?」
男「いくら治ったからって・・・無理は禁物だろ?慎重くらいがちょうどいいさ」
幼馴染「男くんは慎重すぎるけどねー」
男「ほっとけ」
幼馴染「ふふふんっ・・・でも」
幼馴染「ありがと・・・」ギュッ
男「・・・当然だろ」(だってお前は俺にとって・・・)
ーーーーー
439:
バーベキュー当日
サラサラ
ガヤガヤ
それでは各自準備をして・・・
そういうのいいからー
はやくやろーぜー
男「川と山か、中々良いところじゃないか」
友「あの橋からダイブするやつとか絶対出てきそうだな・・・」
イケメン「俺までお呼ばれして良かったのかな」
男「気にしないでくださいよ」
友「けど気に入らんのはクジで決まった分担だな」
男(案の定、幼馴染、友妹ちゃん、幼友ちゃんは男2と同じ。ほぼハーレム状態なのは相変わらずか)
友「・・・やりきれねぇよ、くそっ」
イケメン「あはは・・けど他の分担の女性まで彼に付き添うような形になってるのはスゴイ人気だね」
440:
女「おいこら、私は蚊帳の外か」
男「うちの貴重な紅一点だもんな」
友「小学生かと思ったわ」
女「シャー!!!」
イケメン「まぁまぁ」
ーーーーー
男2くーん
ねぇねぇこれやってー
男2「わかったからちょっと待てって」
友妹「なんであーまで寄ってくるですかねぇ」サクサク
幼友「さぁねぇ・・・」(兄さんや友くんのほうが格好いいと思うけどなぁ)
友妹「分担したのにこの有り様っすからね。もう私たちも兄ちゃんたちのところに合流しません?」
442:
幼馴染「ふぅ・・・こんな感じかな」
男2「俺も手伝うよ」
幼馴染「それよりもあっちのほうやってもらえない?」
ワイワイキャイキャイ
男2「大丈夫だ、向こうはある程度落ち着かせてきた。こっちの手伝いをしたほうがいいだろ?」
幼馴染「じゃあ、そっちをお願いします」
友妹「幼馴染さん大丈夫なんですか??」
幼友「確かに少し他の女の子に対する接し方と違うね」(明らかに好意的な態度ね・・・)
446:
ワイワイガヤガヤ
ジュージュー
友「はふっ中々うまいなー」
女「どんどん焼いてこうかー」
友妹「お願いしまーす」
ワイワイ
男「よいしょっよいしょっ。予備の水も持ってかないとあっという間になくなるな」
委員長「私も手伝うわ男くん」
男「委員長?いやぁ、女の子に持たせるのも」
委員長「これくらいの重さなら私でも持てるわよ。そるとも女子だから力が弱いとでも?」
男「そんなこと言わないけどさ。じゃあ手伝ってもらおうかな」
委員長「ええ。じゃあこっちを持つわね」
447:
男「けど、珍しいな委員長から俺に声かけるなんて」
委員長「そうかしら?わりと話しかけてるけど?とくにここ最近は」
男「幼馴染も一緒にいるから、自然に感じてたのかもな」
委員長「・・・・」
委員長「ねぇ、男くん」
男「うん?なんすか?委員長」
幼馴染「えっと男くんは・・と」
トコトコ
448:
幼馴染み(あれ・・・男くんと委員長?)
委員長「好きな人とかいないの?」
男「へ?」
幼馴染(!!)
男「な、なに?急に」
委員長「少し気になったものだから」
男「好きな人も何も・・・俺は幼馴染と付き合ってるわけだし」
委員長「けれど他に好きな人ができることだってないとは言えないでしょ?」
男「そいつは・・・その人個人次第じゃないか?俺はそこまで器用じゃないし・・・」
委員長「人間関係においてはドライと親密とを使い分けてるようにも見受けられるのだけど?」
男「気のせいじゃないか?そこまで露骨かなぁ俺」
450:
委員長「もう本当のことを話したら?二人は恋人ではないのでしょ?」
男「それは考えすぎだって、大体幼馴染が俺とそんな関係を続けるのになんのメリットがあるんだよ?」
委員長「男子避けという意味ではあなたほど適任者もいないのでは?」
男「そうだとしても、本当に好きな人ができた場合はどう言い訳するんだ?」
委員長「だからこそ、その関係をやめるべきなんじゃないかと思うのよ」
男「やめるもなにも・・・そんな関係もないしなぁ」
男「委員長、考えすぎだよ。あいつは俺にとって大切な存在だし大切な幼馴染みなんだ」
委員長「それを彼女に言ったことはある?」
男「っ!」
委員長「ちゃんと彼女に伝えたことはあるの?」
男「それは・・・・」
451:
男2「委員長やめろよ」
委員長「っ!男2くん」
男「・・・」(タイミング良いな・・・主人公)
男2「男の言ってることが本当だったら、どうするつもりなんだ?」
委員長「そ、それは・・・」
男2「謝って済まされる問題じゃなくなるぞ。他人のプラベートな部分に土足で踏み込もうとしてるんだからな」
男「あのな、それは・・・」委員長「ごめんなさい、少し踏み込み過ぎたわ。失礼します」トコトコ
男「お、おい!委員長!?」
452:
男2「あんたも平気で嘘つくのやめたほうがいいんじゃないか?」
男「土足で踏み込んでるのはお前のほうだがな」
男2「それが間違ってるからだ。どんな形にしろそんなごっこ遊びの馴れ合いにまともな感情なんか生まれない」
男「放っておくほうが利口だと思うけど」
男2「俺は間違いを正そうとしてるだけだ。例えどんな謂れを受けようともな」
男「謂れが怖くてやってんだったらぶん殴ってるよ。お前もそれ相応の覚悟をしてやるんだろ」
男2「あんたに覚悟をどうこう言われる覚えはないな。女一人受け止められない臆病者が何を偉そうに」
男「万年面倒くさがりで達観していた高二病が今度は熱血漢気取りか?」
男「自分の理想や考えを語るのは別に構わない。けどそいつを他人に享受させようとするのはただのエゴイストだぞ」
454:
男2「自分達の関係を棚にあげてよく言うな」
男「なんでそこまで俺たちに絡んでくるんだ?幼馴染が以前絡んできたにしても、単に俺たちの関係に突っかかるにしても、動機が曖昧すぎる 」
男「なんでそこまで絡む?言ってみろ」
男2「それをお前に言う必要は・・・」
男「ないなんて言い分が通用すると思うなよ」
男2「・・・・」
男(ここまで言えば、さすがに引くだろ・・・。逆にこれで
引かなければただの異常者かもしくは・・・)
男2「幼馴染に間違わせるわけにはいかないだろ」
男「・・・」(やはりこいつの狙いは幼馴染か)
男「幼馴染に気があるのか?」
455:
男2「だったらなんだ?」
男「他人の女に手を出すにまで成り下がったのか?」
男2「気持ち悪い関係にずるずると巻き込んだお前に言われたくないね」
男「だから言ってるだろ?あいつが望んでるんだって、まだわかんないかな?お前がいくらモテようがハーレムを作ろうがあいつは靡かない。媚びない。」
男「俺のものだからな」
男2「確かに今はな。だが・・・いつか後悔する日が来るぞ。覚悟しておけ」
トコトコ
458:
男(とは言っても・・・幼馴染が靡かないなんて100%ありえないとは言えない)
男(虚勢でなんとか誤魔化したが、確実に取られないと誰に言えるんだよ・・・。バカか俺は)
男(けど・・・幼馴染があいつに惹かれるのを黙ってみてるような情けない人間になるつもりはない)
男(なんとかして、感覚を早く取り戻さないとな・・・)
男「俺は簡単にやられるような雑魚キャラじゃないぞ」
トコトコ
コソコソ
幼馴染「・・・」(男くん・・)
459:
ーーーーー
サラサラ
友「よいっしょっと・・・これで片付けは終わったな」
男「だな、あとは・・・」
女「ご苦労様、お二人さん」
男「お、女さん!?な、なんで水着に!?!?」
女「だって川があるって聞いてたからさー」
友「俺たちは今日来て知ったんだぞ」
女「女子はみんな持ってきてるんじゃない?」
幼友「水着なんてあまり着ないけど・・・恥ずかしいなぁ」
友妹(むー・・・幼友さん胸大きいなぁ・・・)
460:
男「こりゃ随分と目の肥やしに・・・」
ドドドドドッ
三人とも可愛いね!!
俺らと遊ばない!?
ねぇねぇ!!
友「てめぇらは引っ込んでろ」
男「ま、まぁまぁ」
イケメン「こっちのほうは流れも弱いし、浅瀬だから水浴びくらいはできるよー」
女「はいはーい」
男「・・・」キョロキョロ
友妹「ん?男さん?どうかしました??」
男「あ、いや・・・なんでもないよっ」
友妹「幼馴染さんなら後から来ると思いますよー」ニヤニヤ
461:
男「年上をからかわないの」
友妹「はいはいー」トコトコ
男「全く・・・・・」
男「それにしても幼馴染遅いな・・」
ーーーーーー
463:
幼馴染「はぁ・・・みんな楽しそうだなぁ」
男2「あんたは遊ばなくていいのか?」
幼馴染「生憎、水着を買い忘れてね」
男2「残念だったなそりゃ」
幼馴染「残念だったね、私の水着姿を見れなくて」
男2「なんで俺がそんなことを?」
幼馴染「さぁ?けど私の直感がそう告げるから、てっきりそうだと思ったのだけど」
男2「アテにならない直感だな」
幼馴染「あなたこそ遊んでこなくて良いの?ご自慢のハーレムが待ってるわよ」
男2「そういう言い方は気に入らないな。別に好きで出来たハーレムじゃないし」
幼馴染「はぁ・・・・なにも変わってないのね。ハッキリ言ってあげれば?」
男2「拒絶はしてないが、意思表示はしてる。だからこうしてあんたの近くに俺から寄ってるんじゃないか」
幼馴染「私に寄ることが意思表示なの?」
464:
男2「そうだな」
幼馴染「・・・・」
男2「幼馴染こそ、男に意思表示しなくていいのか?」
幼馴染「どういう意味かしら?」(名前で呼び捨てですか・・・)
男2「男はかなり焦ってるみたいだぞ」
幼馴染「焦る?なんのために??」
男2「あんただって本当はわかってるんだろ?男がこっち側の人間になりかけてることを」
幼馴染「っ・・・!」
男2「男にも人を惹き付けるものがある。最近委員長も男に近づいてるしな」
幼馴染「委員長・・・が?」
465:
男2「元々、友妹、女も近くにいる。幼友も怪しいものだな」
幼馴染「彼とあなたを一色単にしないで!!男くんは!!」
男2「なんで言い切れるんだよ?あんただけをあいつが見続けるなんて誰に言えるんだ?」
男2「そこまであんたは自信を持ってるのか?もしそう思ってるのなら・・・・それは大きな間違いだ」
466:
男2「男なら大丈夫、私だけしか見ていない。そんな幻想にすがってるのは本当はあんたの方なんじゃないか?」
幼馴染「・・・・」
男2「自分の殻にだけこもってないで周りをよく見回してみろよ?自分にとって相性の良い奴なんてたくさんいると思うぞ?」
男2「一筋でいくのも結構だ。だけど世界を知ることも大切だ。それをよく考えてからでも良いんじゃないか?」
幼馴染「・・・・」
男2「もっと自分の視野を広げろよ。あんたは可能性の塊みたいな人なんだからさ」
幼馴染「・・・・・・・」
ーーーーーーー
471:
ーーーーーー
男「幼馴染ー?幼馴染ー?」
幼馴染「ふぇ?男くん?」
男「大丈夫か?ボーッとしてたから」
幼馴染「あ、ううん!なんでもないぞっ。いつもの元気な幼馴染ちゃんだぞ」
男「そうかい」(無理してるように見えるけどな・・・)
男(あまり聞きすぎるのもかえって良くなさそうだな。少し様子を見るか)
幼馴染「あははは、ごめんねぇ、水着持ってきてなくてさ」
男「気にするなって、むしろ他の男に幼馴染の肌を見せずに済む」
幼馴染「うわー・・・ちょっと引くわー」
男「幼馴染の肌は俺のものじゃぐっへへへへ」
幼馴染「ひぃぃ」
473:
幼馴染「わっ!とととっ」
男「幼!!」ドサッ
幼馴染「きゃっ・・・」
男「大丈夫か?」
幼馴染「う、うん。ありがと・・・」
男「・・・・」
幼馴染「・・・・」
男(幼・・・簡単にやられるほど俺は落ちぶれちゃいない。せめてお前の頭の片隅に残るくらいの印象はつける)
男(お前の隣にいるのは俺じゃないかもしれないけど・・足掻くだけ足掻いてみるよ)
幼馴染(また・・・・あのときと同じ顔してる・・・)
幼馴染(私の知らないところで・・・どうして歩いていっちゃうの?君の隣で歩きたいよ・・・)
幼馴染「男くん・・・」
男「幼・・・」
474:
女「あのー・・・イチャイチャ最中失礼なのですが」
男・幼馴染「!?」
女「もうすぐ帰るよー」
男「あ、ああ、わかったよ!準備しなきゃな」
幼馴染「そ、そだねっ。あ、はははは」
女「あ、いや、そんな慌てなくていいからっ。二人はゆっくりしてて」
そろそろ帰りますよー
男・幼馴染・女「・・・・・」
女(あー・・・ほんとごめん)
475:
ーーーーーー
友「ぁぁああああ!!終わらねぇ!!テスト範囲広すぎんだろおおお」
女「我慢しなさいよ・・・あたしだって必死なのよ」
友「ていうか・・・男のやつ最近妙に一人でいることが多いよな」
女「そ、そうね・・」
委員長「じゃあこれをお願いできるかしら」
幼馴染「はいはいー」
男2「手伝ってもらって悪いな」
幼馴染「いえいえー」
友「幼馴染さんは委員長と絡んでるから、男2との接触も多いし」
478:
男「ありがとな、というかこないだはついてなかったな」
オタク「補習でバーベキューにいけなかったっすからね・・」
男「まぁ、でも幼馴染は水着になってなかったし、そんな大したイベントでもなかったよ」
オタク「そうなんですか・・?」
男「まじだ、まじ。また海とか行くときは俺らの身内だけで行こうぜ」
オタク「う、うっす。ぜひ誘ってください」
男「ああ、約束だ」
女「こんなところにいたのね」
480:
オタク「あ、お、女さん」
女「さん付け禁止。同級生なんだから普通に呼んでよ」
男「どうしたの?」
女「どうしたのー?じゃなくて幼っちが男2くんと最近よく絡んでるじゃないの」
男「うん?そうなのか?」
女「あのねぇ・・・あんたの彼女でしょうが、幼っちまでハーレム入りしちゃったらどうすんのさ」
男「幼馴染が嫌がってないなら俺がとやかく言えないじゃんか。束縛男とか思われたくないし」
女「危機感くらいは持つべきでしょー。幼っちだって、本当は俺の幼に手を出すなーとか言われたいのかもよ」
男「そこまで頭お花畑じゃないだろ・・・」
481:
女「そこまではいかないにしてもさ・・・構ってあげるくらいしてあげても」
男「そこら辺はわかってるよ。あまり干渉しすぎるのはかえってお互いの関係を悪くするしさ」
男「けど譲らないときは退かないよ。そこんところはわかってる」
女「女ってのはみんな構ってちゃんなのよ。口にしなくても、好きな男の子には見てほしいって願望を誰でも持ってるんだからね」
男「肝に命じておきますとも♪」
女(心配だけど・・・二人の問題にあまり首を突っ込みすぎるのも良くないわね)
482:
ーーーーー
委員長「幼馴染さんちょっといい?」
幼馴染「うん?なにー?」
委員長「今度男2くんと他に数人で勉強会でもしようかと思うのだけど、あなたも来てほしいの」
幼馴染「勉強会・・・」
委員長「あ、なんなら男くんも一緒・・・」
幼馴染「いいよ、私一人で」
委員長「え?そう?でも大丈夫なの?」
幼馴染「大丈夫もなにも単なる勉強会でしょ?心配する要素がないじゃない」
委員長「まぁ・・・確かにそうね・・・」
483:
幼馴染「それでいつするのー?」
委員長「明後日の放課後、図書館で」
幼馴染「はいはいー、現地集合ってことにしとく」
委員長「ええ。少しだけ委員会があるから先に行っててくれると助かるわ」
幼馴染「んじゃそういうことにしとこうかー」
487:
下校時間
男「オタクー一緒に帰ろーぜ」
オタク「あ、男さん。幼馴染さんと帰らなくていいんすか?」
男「今日はまぁ・・・約束があるみたいでね。フラれちまったよ」
オタク「そうですか・・」
男「うまいラーメン屋があんだけどさそこよってこうぜ」
オタク「いいっすね」
友「なんだ?男まみれの面子でラーメン食いにいくのか?」
男「おお、お前も行くか」
友「たまには悪くないだろ?」
オタク「ラーメンの味はどんなやつなんすか?」
男「それが・・・」
ヴーンヴーン
男「電話?はいもしもし」
488:
ーーーーー
図書館
幼馴染「今日は男くんを振っちゃったなぁ」
幼馴染(ちょっといじわるしちゃったかな・・・)
幼馴染「いやいや、これくらいしないとあの子ははっぷん」
489:
ーーーーー
図書館
幼馴染「今日は男くんを振っちゃったなぁ」
幼馴染(ちょっといじわるしちゃったかな・・・)
幼馴染「男くんは待っててって言ってたから、発奮かけるお膳立てのつもりなんだけど」
幼馴染「男くんはそうやって受け取ってくれてるか心配・・・」
幼馴染「男くーん、幼馴染はあなたのお迎えを待ってますよー」
幼馴染「なーんてね・・・ん?」
タッタッタ
男「はぁはぁ!」
490:
幼馴染(男くん・・・?というかすごい青ざめた顔してたけど・・・なにかあったのかな)
委員長「幼馴染さーん」
幼馴染「・・・・」
委員長「幼馴染さん?」
幼馴染「あ、委員長。みんなも来たんだ」
それでさー
男2くーん
男2「・・・?」(幼馴染の様子が変だな)
49

続き・詳細・画像をみる


ブスがモテたくて努力したが、方向を間違えた結果wwwwwwwww

スマホの保護フィルム店員に貼ってもらってる奴wwwww

元旦那が再婚してたの知ってたら絶対に息子を渡さなかった。騙されて他の女に息子を盗られた気分

少年6人が男子生徒をフルボッコ、母に肋骨骨折、姉に全治2週間の怪我を負わせる

近所のガキ「エアガンバキューン」ワイの車「」

ハイブリッド車、終焉危機? PHEV、欧州を席巻の予兆

back 削除依頼&連絡先