加蓮「カラオケ行こうよっ!」凛、奈緒「え…」back

加蓮「カラオケ行こうよっ!」凛、奈緒「え…」


続き・詳細・画像をみる

1:
加蓮「うん!今度の日曜日とかどう?」
奈緒「え、えーっとわ…悪い!その日は予定が…ゴメンなっ」
加蓮「そっか…凛は?」
凛「わ………私もお店の手伝いがあるからその日は無理かも、ゴメンね」
加蓮「えぇっ?……二人ともダメなんだ…そっかぁ」
奈緒「あ、そ…そういえば!Pさんが日曜日はヒマみたいな事聞いたなぁ、なっ?凛」
凛「え?そんなの聞いて………あ、うん聞いた確かに」
加蓮「そうなの?…うーんでもPさん一緒に行ってくれるかな…」
2:
奈緒「大丈夫だって!いけるいける!諦めんなよ」
加蓮「………よ、よしっ…わ…私Pさん誘ってくるね……うぅ緊張するなぁ」
奈緒「行ってらっしゃーい………ふぅ、なんとか誤魔化せた」
凛「大丈夫かなプロデューサー」
奈緒「大丈夫だよPさんなら…多分」
3:
モバP(以下P表記)「幸子、この前出た番組の評判凄くいいぞ」
幸子「本当ですか?嬉し………ふふーん当たり前ですよっ!まぁカワイイボクが出るからには視聴率40%は確実ですからね」
P「頼もしいな?」
加蓮「あのっ、Pさん!」
P「ん?やぁ、加蓮お疲れ様…何かあったのかい?」
加蓮「う、うん…えっとね……Pさんって今度の日曜日何か予定ある?」
P「日曜日?…………いや、確かその日は特に予定はないな」
4:
加蓮「そ、それじゃあ…私とね…あの……デート」
P「ん?デート?」
加蓮「じゃなくって!……あの、カラオケ行ってくれないかな…って」
P「カラオケかぁ…そういえば最近ご無沙汰だなぁ………よしっ!行こうか」
加蓮「えっ、え…?いいの?」
P「あぁ、でもキチンと変装はすること…いいね?」
加蓮「うん!ありがとうPさん」
5:
幸子「日曜日ですかー…確かその日は……ああっ!これは偶然ですねぇー、その日はボクもオフじゃないですかぁー、せっかくだしカラオケでも行きたい気分ですねー、でもなぁー」チラッチラッ
P「幸子も一緒に行くかい?」
幸子「ふふーん!仕方ないですね?このカワイイボクが一緒に行ってあげますよ」
加蓮「よろしくね幸子ちゃん」
幸子「はいっ、よろしくお願いします」
6:
当日
幸子「ふふーん!どうですかカワイイボクの罪すぎる歌唱力は」
P「いやぁ良かったよ!あのスピッツの名曲、空も飛べるはずをここまで自分のものにしてもいたとは……」
加蓮「スゴく素敵だったよ!幸子ちゃん」
幸子「ま、まぁ…カワイイ僕なら当然ですよっ、ふふーん!…………えへへ」
P「よし…それなら次は加蓮かな 」
加蓮「うぅっ、幸子ちゃんの後だからハードル高いなぁ…」
P「気にせず歌いたいのを歌っていいんだぞ」
8:
加蓮「それなら……えいっ」
『蛍火』
P「おおっ、いきなり来るか」
幸子「ふふーん!まぁお手並み拝見ですねっ」
数分後
加蓮「…………ふぅ、えへへ…どうかな?」
P「っう……ひぐっえぐっ……よがた…良かっだよぉ」
9:
幸子「……グスッ……こ、こんなの………反則です…ひぐっ……でも泣い…グスッ…てる僕も……カワイイ…っぅぅ」
加蓮「も、もー大げさだよ……ほら次、Pさんの番だよ」
P「…グスッ……いやっ、すまん……ちょっと…涙が……止まらなくて」
加蓮「えーっ、じゃあ幸子ちゃん」
幸子「……うぅぅ…グス…ッ…ぼ、僕も……しばらくは…グスッ…無理です」
加蓮「そっか、じゃあ次も私が歌っちゃうね……じゃあ次は……これだっ」
『薄荷』
P「…グスッ……え?…あの…加蓮」
10:
幸子「加蓮さん!?」
数分後
加蓮「…………ふぅ、えへへ…どうかな?」
P「……っう……くしょ…ちくしょ……グスッ神様のバカヤロ……返せよ……加蓮の時間を……頼むよぉ」
幸子「……グスッ…なんでこんなに……酷いですよぉ……あんまり…ぅぅ…グスッ…で」
加蓮「私はPさんに選んでもらって幸せだなぁ…って気持ちで歌ってみたんだ」
P「……うぐ…うぅっ…ひっ…グスッ……そうかぁ…頑張ろうな、加蓮…頑張ろうなぁ」
幸子「………そ、そういう…グスッ……気持ちとか…心情とか…っう…ひぐっ、聞く…と余計に……うう」
12:
加蓮「えへへ……じゃあ次はPさんが……大丈夫?」
P「い、……いや……無理……グスッ……ゴメン……」
幸子「…グスッ…ひぐっ…かっ……カワイイ…ボクも………涙には……グスッ」
加蓮「えー?それじゃあまた私かぁ……うーん……それじゃあこれにしよ」
『魔法の人』
P「…グスッ……おっ……?聞いたことない曲だな…奥華子?」
加蓮「うん……私ね、Pさん出会えて幸せだよ…今までモノクロだった世界から連れ出してくれた大切な人…そんなPさんに感謝の気持ちと、それと……い、色んな気持ちを込めて歌います……聴いてください」
14:
P「……グスッ…えっ…なに…その……いい話」
数分後
加蓮「…ふぅ…は、恥ずかしいな……どうだった?」
P「いぃぃっ……スゴく…グスッ…ひぐっ……でも何でこんなに……涙が……とまら…グスッ……幸子?」
幸子「…………グスッ……パパ……ママ……ひぐっ…グスッ」
P「な……泣きすぎで幼児化してる!?」
加蓮「よーしじゃあ次はね?」
15:
P「ま、待て加蓮!?」
『star・』
加蓮「輝?く♪星にな?れ?♪」
P「グスッ……精一杯輝く星って……そういう……ひぐっ…か、加蓮…」
幸子「……グスッ…パパぁ……ママぁ……加蓮さぁん……」
16:
次の日
幸子「おはようございます…………」
P「…………おはよ………幸子」
幸子「プロデューサーさん…………あの後記憶ありますか?」
P「いや……ない…なんか気付いたら自室で寝てた」
奈緒「おはようございまー……す、二人ともどうしたんだ?凄い顔だぞ」
凛「おはようプロデューサー、奈緒?プロデューサーは加蓮と……」
奈緒「あっ、そうか!……じゃあ幸子も同じ理由か」
17:
P「どういうこと、すか…」
奈緒「いやさ、加蓮とカラオケ行くと絶対に今のPさん達みたいになっちゃうから…」
凛「天然で泣かせてくるから…加蓮はズルいよね」
P「なるほど………はぁ…」
幸子「じゃあ……カワイイボクは………レッスンに行ってきます……」
P「おお………頑張れよ……」
加蓮「おっはよー!!」ツヤツヤ
P「か、加蓮……おはよう」
18:
加蓮「いや?♪昨日はすっごい楽しかったね!二人とも」ツヤツヤ
幸子「そ……そうですね」
P「た……楽しかったな……」
加蓮「うんうんっ!あ…凛と奈緒もおはよう、昨日二人も来ればよかったのに?凄く盛り上がったんだからね」 ツヤツヤ
凛「お、おはよ加蓮…そうなんだ…残念だね」
奈緒「お、おはよう加蓮……いやぁ、それは残念だったな」
加蓮「ほんとだよ?、今度は皆一緒に行きたいね」
19:
ちひろ「おはようございます……あら?プロデューサーさんと幸子ちゃん、大丈夫ですか?目が…あと顔色も」
P「おはようございます…ちひろさん……ははは……なに…大したことないですよ」
ちひろ「そうですか…あっ、そういえば、今度の土曜日ってプロデューサーさんオフの日でしたよね?」
P「土曜日ですか?……えぇ確かに……あれ?ちひろさんその紙は…」
ちひろ「はい♪実はこの前、オープンしたカラオケ屋さんの招待券なんですよ、期限が土曜日までなんですけど…良かったらプロデューサーさんどうぞ」
P「か、カラオケ……いやぁ…土曜日はどうだったかなぁ」
ちひろ「あれ?でもこの前、オフは何もすることがないから困りますよ?はっはっはーって」
20:
P「いや…それは…その時の話で」
ちひろ「ちょうど五枚ありますし、ここに居る皆さんで行ってきたらどうですか?」
P「え…いやそれは」
加蓮「行きたい!!ちょうど皆で行きたいね?って話してたもんね、いいよね?ねっ」
奈緒「そ、それは……」
加蓮「だめ…?」
奈緒「わ…わかりました」
21:
凛「腹くくるしかないね……ねっ、プロデューサーと幸子?」
P、幸子「!!?」
奈緒「おいおい…なにをこっそり逃げようとしてたんだよ」
凛「私たち五人仲良しだよね……?」
幸子「ぷ、プロデューサーさぁん」
P「いや…凛…それはその…」
加蓮「Pさん……一生のお願い、カラオケ連れて行って…ね?」
P「……わ、わかりました………」
2

続き・詳細・画像をみる


私が暑いからとクーラーを入れたら、外の人に余計な暑い風を送ってしまうからよそさまに申し訳無い

ドラクエ11のサムネイルが流出か? サブタイトルは「過ぎ去りし時を求めて」

【俺ガイル】由比ヶ浜結衣はまた恋をする

【画像】笑顔が似合うGカップでウエスト59センチボディーの娘(22)がソフマップwwwwwwwww

アイドルオタクの石油王ヤバすぎワロタwwww

マイケル・ジャクソンはジャー・ジャー・ビンクス役を熱望していた?

back 削除依頼&連絡先