真姫「絵を描くわ」back

真姫「絵を描くわ」


続き・詳細・画像をみる

1:
真姫「絵描くのが趣味よ」
真姫「最近ね」
真姫「絵を描くことは、楽しいわ」
真姫「とても楽しいことだわ」
真姫「その絵を見た人はどうなのかしら」
真姫「どんな感情なのかしら」
真姫「うん」
彼女は、早行動に出た
5:
穂乃果「?」
穂乃果「どうしたの、真姫ちゃん」
真姫「あのね、この絵を、見て欲しいんだけど」
彼女が見せたのは、お花畑
色とりどりの花が咲き乱れる、綺麗なお花畑だが、
しかしそこには、格差がある
右半分は、鮮やかで明るくて、楽しげで、ピンと背を張った花たち
左半分には、鈍く暗く、どこか淋しげで俯いた花たち
穂乃果「うーん…悲しい感じだなぁ。なんでこのお花さんは淋しそうなんだろう。暗い色のお花さんだって、私、好きだよ」
真姫「悲しい感じ、ね。ありがとう」
彼女は、他の人の感想を一刻も早く求めたい
と、ばかりに、「穂乃果」に対し素っ気ない態度をり
去って行く
穂乃果「むぅ…折角答えて上げたのにぃ…」
6:
海未「絵、ですか」
真姫「どう思う?」
真姫「どんな感情を抱く?」
海未「美しい」
海未「ですかね」
「海未」は瞬時に答える
「海未」はその絵を見た瞬間にそう感じたのだ
海未「なんというか、言葉で表すのは難しいですね。見た瞬間の感情を言ったまでです」
「海未」の言葉には、一つの虚もない
真姫「美しい、ね。ありがとう」
海未「いえ」
彼女は早々に去る
7:
希「絵?どれどれ?」
絵里「私も見るわ」
絵里・希「ふむ」
希「えりち、どんな感じ?」
絵里「多分あなたと一緒よ、希」
絵里・希「愛しさ」
絵里「やっぱりね、そういう顔だったもの」
希「なんやろ、俯いた花たちに元気をあげたいというか、抱きしめてあげたいというか」
絵里「愛おしいのよね、この花たち」
真姫「ほぅ…、ありがとう」
彼女は去る
こういう意見もあるのかと、少し面白みを感じていた
8:
凛「悲しいにゃー…」
真姫「なるほど」
花陽「うん、悲しいね」
真姫「なるほど」
にこ「美しいじゃない…」
真姫「なるほど」
ことり「助けてあげたいなぁ…」
真姫「なるほど」
真姫「なるほど…」
9:
彼女は想像した
この絵の中の世界は、悲しく、美しく、愛おしさに溢れている
…なんと風情があることか
とんでもなく綺麗な景色だ
そこに楽しいという感情があったなら、何故かそこまで美しくなくなると
彼女はそう感じた
私の世界は
楽しく、悲しく、美しく、愛おしい
全てが揃っている
故に、求めてしまう
何か一つ、欠落した方がいいんじゃないか
その欠落するものは、皆に聞こう
皆は何て言うだろうか
10:
穂乃果「また?」
穂乃果「この世界から、一つ感情が無くなるなら?」
穂乃果「無くなるとすれば、悲しみかな」
穂乃果「悲しいのは、辛いんだよ」
真姫「ありがとう」
真姫「ちょっといいかしら、海未」
彼女は全員に聞いた
全員が、悲しみと言った
11:
ならば欠落させてしまおう
彼女はそう思った
そして早行動に移った
真姫「必要なのは…」
彼女は作り始めた
それは、悲しいという感情を無くす薬
誰も成し遂げたことがない
やろうとしないだけだろうか
真姫「…よし、できたわ」
しかし彼女は作り上げた
執念と、その知性の賜物
真姫「これを全世界に…いやまずは自分からよ」
彼女は、実験台に自分を選んだ
13:
数日後
花陽「あ!危ない!!!」
キィィィー‼︎
ドン!
花陽「あ…あ…猫ちゃんが…轢かれた…」
花陽「うぅ…」シクシク
真姫「花陽、なんで泣いてるのよ。動物なんていつか死ぬわ。それがたまたま、花陽の目の前で起きただけじゃない。なんで泣いてるの?」
花陽「真姫…ちゃん?本気で、言ってるの?」シクシク
真姫「え?え?」オロオロ
真姫(ああ、そうだった)
彼女は、気づいた
ああ今自分には、悲しみの感情が無いのだと
そして思った
悲しみのあることが、なんと不便だろうと
目の前で、悲しいと思うことが起こるたび、眼から涙を流し、その場で立ち止まり…
煩わしいことだと
悲しみの無い世界を
みんなに見せてあげたいと
21:
真姫「野良猫って、どこにいるのかしら」
彼女は今
猫を探している
真姫「…あっちの方もいってみましょう」
真姫「見つけた!」
真姫「マタタビでおびよせて…はいゲット!」
呆気なく捕らえられた猫は、これから自分の身に起こることなど知る由もない
それ故に、彼女に対して、ゴロゴロと甘えの音を出している
人間に慣れているのだろう
真姫「よーし、学校に行きましょう」
猫をカバンにしまい
学校へ向かう
早朝での出来事だった
22:
キーンコーン…
凛「にゃぁぁぁぁぁお昼だにゃぁぁぁあ!!!」
花陽「凛ちゃん、お腹空いてたんだね」
真姫「ふふ、食いしんぼうさんね」
可愛らしい会話だ
一見、何の変哲もないこの会話だが
彼女は感じ取っていた
真姫(花陽、私を軽蔑してる)
真姫(悲しみを持った人間に、昨日の出来事はよっぽどか)
そしてすぐに考えついた
真姫(花陽にも、薬を)
凛「おっ弁当♪」
花陽「今日はおにぎり!美味しそう?」
凛「かよちんいっつもオニギリでしょ!ふふふ」
真姫(おにぎりか。作った薬は凄く小さいから食べても違和感が無いけれど、入れるのが困難ね)
真姫(タイミングを見計らって…)
凛「ねーかよちーん、見て見て!」
花陽「なになに??」
真姫(今!)ササッ
真姫(…気づかれてないわね)
安堵
そして
花陽「次はこのおにぎり?!いただきまーす」
パクッ
真姫「ふふ」
凛「どうかしたにゃ真姫ちゃん」
真姫「いえ」
真姫「凛は可愛いなって」
27:
海未「はい、ストレッチをしてください」
1-2-3....
海未「これで終わりです。お疲れ様でした」
海未「気をつけて帰ってくださいね」
凛「真姫ちゃんかよちん帰るにゃー!」
真姫「ええ、行きましょ」
花陽「待ってよ?!」
彼女達は、帰路に着く
凛「いやー疲れたにゃ」
真姫「最近、ハードよね」
花陽「上手くなるためだもん!がんばろ!」
凛「かよちんは偉いにゃ?!」
真姫「あ、そうそう偉いといえば、この間ね…」
普遍的な会話をしながら歩いていく
そして、赤信号の横断歩道で立ち止まる
28:
彼女は徐に、鞄から猫を出した
真姫「じゃーん!!!!猫ちゃん!!」
凛「…えぇ!?マジック!?ずっとカバンに入ってたの!?ええ!?」
花陽「授業中、音なんてしなかったよ!?」
真姫「ふふん、カバンは防音加工してあるの」
凛「触らせて!」
猫「にゃ?ん♪」
凛「わぁ?かわいい…//」
真姫「凛、猫ちゃん、貸して?」
凛「はい、どーぞ!」
真姫「…」
彼女は、ソフトボールを投げるピッチャーのようなフォームをとった
猫はなにも知らない
真姫「えいっ」
ポイッ
ドン
凛「え」
29:
真姫「ふぅー…」
真姫「あ、じいや、ちょっといいかしら?」
執事「なんでしょう?お嬢様」
真姫「猫、轢いてくれない?
執事「…え?」
執事「あの…もう一度おっしゃっていただければ…」
真姫「だから、猫を轢いてよって」
執事「…お嬢様、今晩は早く寝てください。疲れているのですよ。何やら、研究のようなものもしていましたし…」
真姫「はぁ…」
彼女は、箪笥から何かを取り出してきた
真姫「これ、飲んで」
執事「お嬢様?それはなんでしょう?」
真姫「飲んで!!!」ガン!!!
急かすように机を叩く
執事「!はい…」
ゴクリ
真姫(…即効性のテストよ)
真姫「じいや、いいかしら」
執事「はい、では詳細をお聞かせください…なぜ、断っていたのか不思議ですな…」
真姫(早い…)
真姫「えっとね…じいやはここで待機していて…それで私が…」
前夜の出来事だった
30:
凛「う、うそ…なんで?猫ちゃんが…あ、あ、真姫ちゃんも、なんで?どうして?」
凛「うぅ…」ポロポロ
凛「うううぅ…」シクシク
真姫「花陽、見て」
真姫「あなたは昨日、あんな風だったのよ」
真姫「どう?どう思う?」
花陽「…凛ちゃんが、なんで泣いてるのか」
花陽「悲しんでるのか、わからない」
花陽「私はこれを見て泣いてたの?」
花陽「馬鹿、みたい」
真姫「そうよね、うんそうよ」
真姫「悲しむなんて、馬鹿のすることよ」
彼女は気づいていなかった
気づく術もなかった
あの薬を飲んだことによって、確かに彼女から悲しみが消えた
が、もう一つ、大切なものが消えていたのだ
それは思いやる心
凛「真姫ちゃん…どうして…かよちんもどうして…」シクシク
凛「2人は何も感じないの!?真姫ちゃんは何で投げたの!?分からないよ!!!」
凛「うぇぇ…」シクシク
真姫「…いつまで泣いてるのよ…」
真姫「行きましょう、花陽」
つまるところ、愛情だった
3

続き・詳細・画像をみる


【執着】夫が友人を心配し夕食に誘ったりしてたらうちに入り浸るようになった

プリキュア・カワいろパレット「ラグーンサファイア」7/18発売!SD青・紫キュアたちかわいい!

腐女子がお前らに警告 「男子のみなさんは自分の身の程を知りましょう」

【ドラマ】フジテレビ EXILE・AKIRA主演ドラマ「HEAT」 視聴率3.9%! まゆゆの書店ガールを上回る大爆死 川口春奈超えの可能性も

【画像】原作見たら「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」の生徒会長がヤバい人だった

【迷惑】左足壊死ニキ、バス停に布団を敷き熟睡!!

back 削除依頼&連絡先