セイバー「……凛に魔術で少女にされてしまった」back

セイバー「……凛に魔術で少女にされてしまった」


続き・詳細・画像をみる

1:
士郎の部屋
士郎「お、お前ら喧嘩はよせって」
セイバー「……」
凛「怒らないでよ。悪気はなかったんだから。私としたことが、宝石の種類を間違えるなんてね」
士郎「だってよ」
セイバー「今、敵が来たらどうするつもりなんですか……私もあなたも幼い少女になってしまって」
凛「可愛いわよ……?」ニコ
セイバー「ええ、凛も可愛いですねッ」ニコ
士郎「あ、あとはごゆっくり」
セイバー「シロウ!」
凛「とにかく他の連中に悟られるわけにはいかないから。今日一日はこの家で大人しくしていましょう」
セイバー「……これでは、マスターを守れない」
凛「アーチャーをつけてるから安心しなさいよ」
4:
セイバー「……はあ」
士郎「じゃあ、学校行ってくるよ」
凛「アーチャー」
アーチャー「仕方がない。主人のヘマの尻拭いくらいはしてやろう」
凛「言ってくれるわね……」
アーチャー「見たところ、効力は一日程度か……。それまで、互いに仲良くこの家で待っているがいい」
ナデナデ
凛「ちょっとッ、頭撫でるんじゃない!」
士郎「お利口さんにするんだぞ、セイバー」
ナデナデ
セイバー「し、シロウ!? あなたまで侮辱する気ですか!?」
士郎「……なんか可愛いなあ」
アーチャー「ロリコン」ボソッ
士郎「おい、今何か言ったか」
アーチャー「いや」
凛「あんたも、私を抱きかかえるのやめなさいよ!」
ポコポコ
アーチャー「痛いじゃないか凛」
5:
士郎「あ、これ小遣い入ってるから。失くすなよ、セイバー……」
じゃら
セイバー「心得た」
士郎「……その体で言うと違和感しかないな」
凛「それより、時間大丈夫なわけ?」
士郎「やばいな……行くぞアーチャー」
アーチャー「ああ」
凛「仲良くね」
アーチャー「君のような子どもの心を苛む訳にはいかないのでね……今日は大人しくしておこう」
凛「くううッ……」
セイバー「いってらっしゃいシロウ」
士郎「あ、冷蔵庫にプリンとドーナツ入ってるからお腹が空いたら食えよ!」
タタタタッ
7:
セイバー「……」
凛「……」
トタトタ
セイバー「凛」
凛「なによ、やる気」
セイバー「いえ、もう怒ってなどいません」
凛「?」
セイバー「プリンとドーナッツどちらがいいですか?」
凛「……ああ」ガク
凛(食べ物で怒りが鎮まったのね。ちょろい奴ねホントに)
セイバー「凛?」
凛「どちらも食べなさいよ。私はいいから」
セイバー「ええ?!」
凛「ちょ、掴みかかるなバカ」
セイバー「いいんですか本当に?!」
凛「ええ」
セイバー「凛、私はあなたを誤解していたようです」
8:
凛「あなたね、私が小学生まで戻ったからって中身は変わらないのよ? 隙を狙って闇討ちみたいなことしちゃうかもしれないじゃない」
セイバー「凛はそんなことしませんよ」
セイバーは冷蔵庫に手を伸ばし扉を開ける。
セイバー「プリンと」
凛「あ」
セイバー「ドーナッツが……冷蔵庫の上に」
凛「……高いわね。こうして見ると」
セイバー「椅子が必要ですね」
ガタガタ
セイバー「よいしょッ……」
グラッ
凛「セイバー!」
バッ
セイバー「!?」
ガタタッ
ドベシャッ
凛「ぐえ……」
10:
セイバー「り、凛?! 私を庇って……下敷きに」
凛「う……」
セイバー「上手く重心が取れないですね……子どもの頭と言うのは重いものなのですね」
凛「そうね……」
セイバー「少し体を動かして慣れさせないと」
凛「いいから、早くどきなさいよ……」
セイバー「あ、すいません」
ガバッ
凛「……酷い目にあったわ。よいしょッ」
グシャ
凛「ん?」
セイバー「ひッ」
凛「何、私何踏んだの……あ」
セイバー「……ど……な……つ」
凛「ご、ごめん」
凛(なにこの小さい子をいじめた時と同じ罪悪感……見かけに騙されちゃだめ)
セイバー「……うッ」ポロポロ
凛「なんでこれしきのことで泣くのよ?!」
セイバー「わ、わかりません……感情が上手くコントロールできなくて……」
凛「理性まで退化しちゃったのかしら……」
11:
セイバー「ティ、ティッシュを……」
凛「ああ、はいはいッ……どこよ」
セイバー「はッ……切らしてるんでした」
凛「ええッ……しょうがないわね。ほら、ハンカチ使いなさい」
ゴソゴソ
セイバー「あびがどうございまず……」
凛「だらしないわねえ、騎士王様が……」
セイバー「元はと言えばあなだが……ズッ」
凛「はいはい、悪かった悪かったです」
セイバー「誠意が全く感じられません……」
凛「土下座でもしましょうか?」
セイバー「そこまでしなくてもかまいません。あ、ハンカチありがとうございます」
スッ
凛「……」
ペシャ
ポト
セイバー「ああ?!」
12:
凛「涙と鼻水つきなんだから、せめて洗って返すくらいしてちょうだい」
セイバー「わ、私は洗濯などの家事一切はできませんが」
凛「そんな胸張って言わなくても……なんだか、容姿が変わって中身が伴ったって感じよね」
セイバー「それは、私が幼いと?」
凛「だってそうじゃない。食べ物一つでぎゃーぎゃーと」
セイバー「凛こそ、口の悪さが容姿に伴ったと思います……」
凛「へー……言ってくれるじゃないの」
ぐにッ
セイバー「ほっへらをつねないでくらはいッ」
ぐにッ
凛「ちょっと、脇腹つままないでッ……ッひイ……ッあはッ」
13:
セイバー「手をはらひなさい、凛」
凛「セイバーッ……ッふふッ……あなたが先にはなッ……」
ピンポーン!
セイバー「はッ……何者」
凛「宅配か勧誘じゃないの」
セイバー「先ほど、シロウが誰か来たらコレを見るようにとメモ書きを……」
ガサガサ
凛「何々……」
『二人とも、知らない人が来たら玄関に出ないように。by士郎』
セイバー「……」
凛「バカにしてるとしか」
セイバー「行きましょう、凛。玄関へ」
凛「ええ」
トタタタ
14:
ピンポーン!
「誰かおらぬのか」
ガララ
セイバー「はい、なんでしょうか」
凛「今、家の者が出払っていて対応できる人間がいないんですけど」
ギル「ほお。これは世を楽しますための余興か? セイバー」
セイバー「な!?」
凛「あんた……なんでここにッ」
ギル「世が気づかぬとでも思ったか? 雑種共の愚行を間近で見物に来てやったのだ」
セイバー「くッ……凛、離れて! 家の中に避難してください!」
凛「何言ってるのよッ……あなた一人に戦わせたら、後で衛宮君にどやされるっての!」
ギル「くくくッ」
15:
ギル「っははは! 全く、なんなんだその姿は! 戦うだと? ほざけ!」
ブワッ
セイバー「か、体が……」
凛「動かない……」
ギル「お前たちのようなガキが触れてよい体ではない。もう少し、色香を増したら相手をしてやらんこともないが」
ガサガサ
ギル「……くくッ。今はこれでもしゃぶっておけ!」
ちゅぽッ
ちゅぽッ
セイバー「うんん!?」
凛「んん!?」
ギル「見物料だ……取っておくがよい」
セイバー「ま、まて! 」ペロペロリ
凛「セイバー、あんたは何大人しく舐めてるのよ……」
17:
セイバー「……なんだったんでしょうか、一体」ペロペロ
凛「さあね……」ペロペロ
セイバー「凛のは何味だったんですか」
凛「いちご。セイバーは」
セイバー「メロンです」
パリン
セイバー「あ、割れてしまいました……」シュン
凛「……なに、馴染んでんのよ……おバカ」
セイバー「あ、そう言えばプリンを出したままでした」
タタタッ
凛「……」ペロペロ
セイバー「ああ!?」
凛「どうしたの」
セイバー「すっかりぬるくなっています……」
凛「……」
19:
セイバー「あむ……」モグ
凛「美味しそうに食べるわねえ」
セイバー「ぬるくなってもプリンはプリンですからね」モキュ
凛「セイバー、口の端にプリンついてるわよ」
セイバー「……え、どこですか」ゴックン
凛「……ここ」
セイバー「ここですか?」
凛「こっちよ」
セイバー「こっち?」
凛「もお」
フキフキ
セイバー「ありがとうございます」
凛「世話が焼けるわね」
20:
セイバー「あの、凛」
凛「なに」
セイバー「さっき、見物料って言ってましたよね。つまり……」
凛「……」
セイバー「……」
凛「セイバー! 家じゅうのカーテン閉めるわよ!」
セイバー「ええ、凛!」
ダダダダッ
21:
シャアアア―
凛「これで全部ね」
セイバー「見られていたかと思うと身の毛がよだつと言うものですね」
凛「そうね……ふふ」
セイバー「どうしたのです、凛」
凛「いえ、昔同じようなことをしたことがあったなと思って」
セイバー「……」
凛「まさか、この年になってまたするとは……ねえ、少しわくわくしない?」
セイバー「しませんよ」
凛「もお、情緒ないわね」
パシンッ
セイバー「あいたッ」
23:
セイバー「あの、凛、さっきから気安いというか気軽過ぎませんか……」
凛「そう? 私、けっこう図々しいから」
セイバー「まあ、構いませんが……」
凛「それより、あの成金にばれたってことは他の連中も来る可能性が高い。セイバー、今の魔力量でエクスカリバーは?」
セイバー「残念ですが無理ですね……リトル・エクスカリバーなるものなら」
凛「もうそれエクスカリバーじゃないじゃないの」
セイバー「……それが精一杯なんです」
凛「とは言っても私も、宝石を爆発させるくらしかできないわ」
ぷるるる
凛・セイバー「……」びくッ
凛「今度は電話か……」
セイバー「……で、出ます」
凛「あなた、電話対応できるの?」
セイバー「……できます。したことはありませんが」
凛「バトンタッチ」
パシン
セイバー「お願いします」
24:
ガチャ
凛「もしもし、衛宮ですが」
ギル『雑種、なぜカーテンを閉めた』
凛「……」
ガチャン
セイバー「凛、間違い電話だったのですか?」
凛「ええ」
25:
ピンポーン!
凛「……はあ」
セイバー「今度は誰でしょうか」
凛「出なくていいわ。予想できるから」
ピンポーン!
ピンポーン!
ピンポーン!
セイバー「……押しすぎではないでしょうか」
凛「ホントにね……」
セイバー「……あ、鳴りやみましたね」
凛「飽きたんでしょ」
セイバー「?」
だんだん!
セイバー「ッひい?! だ、誰かが窓を」
凛「こうなったら、裏口から逃げましょう」
セイバー「し、しかしシロウは出るなと」
凛「どこにいたって同じよ。むしろ、逃げ場の少ないここの方が危ないわ」
26:
ガチャ
凛「誰もいないわね、行くわよセイバー」
セイバー「ええ」
タタタタッ
凛「ふうッ」
セイバー「追手はいないようです」キョロ
凛(なんだかんだで私の後ろを守ってる所、衛宮君とよく似てる……)
凛「少し、遠出しましょうか」
セイバー「え、り、凛。あまり危険な行為は」
凛「木を隠すなら森の中って言うでしょ」
セイバー「しかし……」
凛「いいからいいから」
ぐいッ
セイバー「凛……ッわ、手を引っ張らないでくださいッ」
29:
タタタタッ
凛「まずは服よ。いつまでも、衛宮君のお古のTシャツと短パンは嫌」
セイバー「で、ですがシロウからもらったお小遣いでは到底」
凛「カードで払うから大丈夫。セイバーは、白ワンピで」
セイバー「は、はあ」
凛「私は黒ワンピっと。そこに行きつけのインポート物売ってる所あるから、あなたにぴったりのがあるはず」
セイバー「凛、もしや楽しんでいませんか……」
凛「そんなことないわ」
ウイーン
「いっらしゃいませー」
凛「ほら、こっちよセイバー」
セイバー「凛、待って」
30:
凛「ほら、これなんかどう?」
セイバー「凛によくお似合いですよ」
凛「やーね、白は似合わないわ」
セイバー「私も白は……」
凛「セイバーは似合うから」
綺礼「確かに、凛には白は似合わないな」
凛「だよね、分かってるってええ!?」
セイバー「言峰綺礼!? なぜ、ここに!!」
綺礼「黒のワンピースにするつもりだったのだろうが、それでは葬式のようで忌み嫌われるぞ」
凛「余計なお世話よ!」
セイバー「つけて来ていたのですか」
綺礼「最近は物騒だからな。小さな女の子が二人、どこに行くのかと思ってね」
31:
凛「女の子の尻を追いかけるなんて、下卑た男のやることよ」
綺礼「尻の青い子どもに言われた所で、何の感情も沸かんよ。それより、他の客に迷惑だぞ、静かにしないか」
凛「道理を説かれるなんてね」
綺礼「……懐かしいな。時臣氏が生きていればさぞ」
凛「うるさい! 黙りなさい!」
セイバー「用があるのではないのですか」
綺礼「これをギルガメッシュから預かってきた」
ガサガサ
凛「……」
セイバー「……うまい棒」
綺礼「用は済んだ、では」
カツカツ
32:
公園
セイバー「……全くこんなもので懐柔できると思っているのでしょうか」もしゃしゃ
凛「少なくともあなたはね……」
セイバー「ふう……」けぷ
凛「なんだか男どもが優しいような気がする……」
セイバー「え?」
凛「ううん」
セイバー「……」うとうと
凛「どうしたの?」
セイバー「小腹を満たせたせいか……眠気が」
凛「……お子ちゃまね」
セイバー「なにをお……」
凛「いつも気を張ってるんだから、今日くらい休みなさい」
セイバー「いやそれは……」ウト
凛「……」
33:
夕方
士郎「ただいまー」
ガタガタ
士郎「よお、良い子にしてたか」
凛「まあね」
士郎「まだちっこいまんまか。セイバーは寝てるのか」
凛「静かにしてよ」
士郎「はいはい」
アーチャー「なんだ凛、姉ぶりよって」
凛「ぶってないわ」
セイバー「……くー」
士郎「遠坂の膝の上で寝れるなんて、セイバーは幸せ者だな」
凛「ホントに、ふだんなら絶対やらないんだけど」
セイバー「うんん……」
ボフン!!
凛「あ……」
セイバー「……うん?」
3

続き・詳細・画像をみる


【世界遺産】外務省幹部「決まらなかったら日韓関係に影響したが、結果オーライだ」

担任が「落書きに心当たりはないか」とクラス全員に問いかけた。机に落書きした事があったので手を挙げたけど、これが大きな間違いだった。

チャリガキ「意味不明な動きするやで〜」車「」

【動画】クラスの目立たない男子が女子たちの悪ノリに我慢できなくなった結果・・・

今回転寿司なんだが、結構食ったのに金が無い事に気づいた

幼女「ここがお化け屋敷かぁ」 男「入場無料だよぉー」

back 削除依頼&連絡先