美希「は、ハニーと社長がホモセ○クスしてるの……!」back

美希「は、ハニーと社長がホモセ○クスしてるの……!」


続き・詳細・画像をみる

1:
美希「なんで開いたの?」
5:
美希「ねぇ貴音、聞いてる?」
貴音「……」
美希「聞いてるの?」
貴音「はい…………聞いております」
美希「じゃあ答えて。なんで開いたの」
貴音「それは……」
美希「ミキ、言ったよね?」
美希「事務所でハニーと社長がホモセックスしてるから、開けちゃダメだよ。って」
6:
貴音「……」
美希「なのになんで開いたの」
貴音「…………」
美希「ホモセックス見たかったの」
貴音「違います」
美希「じゃあ」
貴音「……あの」
美希「貴音がさ、『はて、なにを言っているのですか?』なんて聞き返すもんだから」
美希「ミキ、言ったよね」
美希「今事務所の中でハニーと社長が濃厚ホモセックスの真っ最中だから、開けちゃダメなの」
美希「って」
貴音「…………はい」
7:
美希「ミキ、二度も言ったんだよ?」
貴音「……」
美希「なんで?」
貴音「……」
美希「……」
貴音「…………」
美希「あのさ」
貴音「その」
美希「……なに?」
貴音「…………新しい戯れの類かと、思いまして」
美希「……ふぅん」
貴音「……」
美希「ミキがそんな汚い嘘を面白半分につくと思ってたの」
貴音「そ、それは」
美希「ミキ、ちゃんと真剣に止めたよ?」
貴音「……」
貴音「…………真、申し訳……ありませんでした」
8:
美希「……どうだった?」
貴音「……はい?」
美希「…………ハニーと社長の」
貴音「どう……と言われましても……」
美希「ソッチョクに答えてほしいの」
貴音「…………」
貴音「高木順二朗が受けだとは思いませんでした」
9:
美希「あぁ……」
貴音「……」
美希「それはミキ的にも驚いたの」
貴音「はい……」
美希「っていうか、受けとか分かるんだね」
貴音「……」
美希「……」
貴音「とっぷしぃくれっとです」
美希「うん」
10:
美希「まぁとりあえず貴音はもういいや」
貴音「はい……」スッ
美希「足を崩していいとは言ってないよ?」
貴音「っ……」
美希「じゃあ次」
美希「響」
響「……」
11:
美希「なんで開いたの」
響「……」
美希「響、なんでひら」
響「ごめん……」
美希「……ミキ、謝ってほしいなんて、言ってないよ?」
響「……」
美希「なんで開いたのか答えてほしいだけなの」
美希「ミキと貴音があんなに止めたのに」
響「ほ、ほんとにごめんっ……ごめんなさい」
12:
美希「ホモセックス見たかったの」
響「ち、違うぞ! そんなわけないだろ!?」
美希「ふぅん……」
響「……ぁ、う」
美希「言ったよね」
美希「ヨツンヴァインになった社長をハニーが後ろからガンガン攻めてるから、今は開けちゃダメ」
美希「って」
響「ぅ、うっ……」
13:
響「ぅうう……ぅ」ポロポロ
美希「泣くことないの。別にミキは怒ってるわけじゃないんだよ?」
響「っ、ぅ……だっ、て」
美希「はぁ……よしよし」ナデナデ
響「ぅう……みきぃ」
美希「足崩していいとは言ってないの」
響「……」グスッ
15:
美希「で?」
響「…………ぇ?」
美希「どうだったの」
響「っ……」ビクッ
美希「見たんでしょ? ハニーとしゃ」
響「み、見てないっほとんど何も見てないぞ自分!」
美希「……」
響「……」
美希「……うそつき」
響「ひっ……」
美希「響、少なくとも5秒は立ち尽くしてたって思うな」
響「ぁ、ぃや……」
美希「ガン見してたって思うな」
響「ぅ、うぅう……」
19:
美希「どうだったの。いろんな汁まみれになった二人が互いの肉体を激しく求め合う様子は」
響「うぎゃああああ!! もうやめてくれぇ!」
美希「ハニーのぶっといのが社長のお尻の穴に何度も」
響「頼む! 自分が悪かったさぁ! 二人を信じられなくてごめんよぉ!! だからっだからもうっ」
響「ぅぁああぁあああああああっ」ビェエエエ
美希「ガチ泣きなの」
22:
貴音「よしよし、怖かったのですね。分かります、ですがもう大丈夫。大丈夫ですよ……」ナデナデ
響「ぅう……たがねぇ」グスグス
美希「ミキも別に泣かせるつもりはなかったの。ごめんね響」
響「ぅ、ひぐっ……自分が、悪かったんだ……ミキは、ちゃんと、とめ、てっ」グスッ
貴音「……」ナデナデ
美希「で、どうだったの」
響「ひぃっ!?」
貴音「美希!!」
23:
美希「なぁに貴音」
貴音「もうよいでしょう。充分ではありませんか」
美希「なにが?」
貴音「……わたくしも、響も、……もう充分に苦しみました。罰は充分すぎるほど受けたのではありませんか?」
美希「……わかったの」
響「ほっ……」
美希「足崩していいよ」
響「ぅん……ぃだだだだっ」
貴音「しびれてしまいましたか。響、そっと、ゆっくり足を」
美希「でどうだったの」
貴音「美希ぃいい!!!!」
26:
貴音「やめなさい! いくらわたくし達に非があると言えど、深刻な心的外傷を負いかねない光景を……目の当たりにしたばかりなのです! それを何度も思い出させるような真似はっ」
美希「うーん……でもまだちゃんと響の感想を聞いてないの」
貴音「見て分かるではありませんか! 痛いほどに!」
美希「そうかな?」
貴音「そうです。ご覧なさい、あのいつも元気で太陽のような響が、まるで小動物のように小さく縮こまって……」
美希「響」
響「な、なに……?」
美希「ごめんね?」
響「ぅ、うん……」
美希「荒縄で縛ってロウソクとムチは確かにショッキングだったよね」
響「ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛」ガクガクガク
貴音「星井美希ぃいいいいいい!!!!」
27:
貴音「ならば!! ならば聞きます!!」
美希「? なぁに?」
貴音「貴方はどうだったのですか!! しょっきんぐな彼を目撃して!! 社長のあつぅい!いくいくいきすぎぃ!との嬌声を聞いて!」
美希「うん」
美希「ぶっちゃけ」
美希「興奮したの」
貴音「」
29:
美希「めちゃくちゃ興奮したの」
貴音「……」
美希「かつてないほど、キュンッとしてはぁん……って感じ」
貴音「やめなさい」
美希「なにを?」
貴音「……」
美希「……ありえないくらい勃ってたの」
貴音「やめなさい」
響「たって……? なにがだ?」
貴音「響、あなたはもういいのです。さぁあちらへ」
美希「胸の先っぽと、おまたの」
貴音「おやめなさい!!!!!」
響「美希は……」
美希「?」
響「美希は、アレを見て興奮したのか……?」
美希「そうだよ?」
響「…………ヘンタイだぞ」ボソッ
美希「!!」
30:
美希「響、今なんて」
響「とんでもないヘンタイだぞ!!」ガタンッ
美希「響っ」
響「自分、美希がこんなヘンタイだとは思わなかったぞ! このっ……」
貴音「響……」
響「ヘンタイアイドル!!」
美希「っ!!」
響「ヘンタイプロデューサーにヘンタイ社長! こんなヘンタイ事務所だなんて知らなかったさ!!」
美希「響!!」
響「っ……な、なんだ」
美希「今のもっかいお願い。ミキのこと罵るところからね」
響「ぅわぁあああああああああああ!!」ダッ
貴音「響!!」
32:
美希「待って!」
響「……」
美希「ミキ……ミキね」
美希「もしかしたら、響の言う通り、ヘンタイなのかもしれない。好きな人とおっさんの絡みに……むせかえるような臭いと野太いあえぎ声が事務所内に充満してるのを感じて興奮するヘンタイアイドルなの」
響「…………」
美希「けど……」
美希「一緒に、アイドルやりたい」
美希「響と」
響「!」
美希「貴音と」
貴音「……美希」
美希「…………ヘンタイなミキじゃ、だめ……?」
響「み、美希……」
美希「一緒に、トップアイドル目指したいの! ハニーと、社長と! 律子、さんと! 竜宮小町と! みんなと一緒に頑張って!」
美希「ヘンタイじゃ……だめなのかな……」
響「そっ……」
34:
響「そんなことないぞ!!」
美希「響……」
響「ヘンタイだって……美希は美希だ。自分の大切な仲間さー」
響「自分、どうかしてたぞ」
響「ヘンタイかどうかなんて、自分達の絆には関係ないじゃないか」
美希「……ほんとに? 一緒に、この事務所でアイドル続けてくれるの?」
響「もちろんさー! こんなことぐらいでやめたりしないぞ」
響「自分、完璧だからなっ」
美希「響っ!」ガバッ
響「うわっ」サッ
ズサーッ
美希「……いたいの」
響「ごめん……つい」
36:
美希「とにかく、仲直りもしたし、早事務所に戻るの」
響「だ、だいじょうぶかな……」
美希「さすがにもう終わってるの。二人もそこまで糸色イ侖じゃないって思うな」
貴音「……そういう問題でしょうか」
37:
……
カツンカツンカツン
美希「あっ」
雪歩「あ」
貴音「どうしたのです。萩原雪歩。事務所の扉前で固まって」
響「そこにいられたら入れないぞー」
雪歩「いっ……今はだめですぅ!」
美希「? なんで?」
雪歩「そ、それは……」
響「あ、分かったぞ! 自分達のいない間に、みんなでおいしいものでも食べてるんだな! そうはいかないぞ! 自分達も仲間に入れろぉ!」ガシッ
雪歩「ひぃい! やめてください違うんですぅ!!」
雪歩「中では、この中ではっ」
雪歩「社長と会長とプロデューサーと黒井社長とジュピターが大舌レ交パーティーを開催中なんですぅ!!!」
貴音「」
美希「さすがにそれはないの」
響「そうだぞ。嘘つくならもっとうまい嘘をだなぁ」
ガチャッ
うぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!
END
3

続き・詳細・画像をみる


カンニング竹山 情報番組の芸人枠に疑問「俺たちいるのかな?」

時々俺の帰りを玄関先で待っていてくれたトラネコがいた。

【野球】2000本安打も視野 ロッテ福浦が語る「衰え」との付き合い方

上司がまだ仕事してるのに先に黙って昼休憩入る部下ってどう思う?

アコギな特典商法で興収1位、「ラブライブ!」上映館のおぞましい光景とは?

現地観戦で贔屓が負けた日の過ごし方を教えるスレ

back 削除依頼&連絡先