P(さて、どこにタッチするべきか……)back

P(さて、どこにタッチするべきか……)


続き・詳細・画像をみる


 事務所
P(ふぅ。思ったより、打ち合わせが長引いたな)
P(でも、おかげで次の仕事のイメージは膨らんだぞ!)
P(よし! それじゃあこれから企画書をまとめて――)
??「あの……すみません。そろそろ、離してもらえませんか?」
??「よいではありませんか。もう少し、このまま……」
P(ん? 応接室の方から、誰かの話声が聞こえるぞ?)
??「私、お手洗いに行きたいんですけど……」
??「ああ……。この心地よさは、まさしく天国の感触……」
P(何だろう? とにかく、行ってみるとするか)
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428842280
2: 以下、
 ガチャ
P「ただいまー……って」
千早「あ……プロデューサー」
貴音「おや、プロデューサー。お疲れ様です」
P「あのさ……貴音」
貴音「はい、何でしょう?」
P「貴音はどうして、千早を羽交い締めにしてるんだ?」
貴音「ええ。これは――」
P「はっ!? もしかして、プロレスごっこ!? 二人にそんな趣味が――」
千早「ち、違います!」
P「違うのか? じゃあこの体勢は、一体全体何なんだ?」
貴音「千早の、演技の予行練習ですよ」
3: 以下、
P「演技の練習?」
千早「次の主演ドラマに、恋人の死に直面して錯乱する場面があるんです」
P「ふむ……。そりゃ、なかなか難しそうなシーンだな」
貴音「パニックになって狂乱する千早は、側にいた友人に取り押さえられるのですが」
千早「今ひとつ、状況のイメージがつかめなかったんです。それで……」
P「なるほどね。貴音に頼んで、練習に付き合ってもらってたってわけか」
千早「はい。でも……」
P「でも?」
千早「練習が終わっても、四条さんが離してくれなくて」
貴音「申し訳ありません。ですが、プロデューサー」
P「おう?」
貴音「千早の体はとても抱き心地が良いので、離したくないのです」
P「ああなるほどね。わかるわかる」
千早「プ、プロデューサー!?」
4: 以下、
千早「べ、別に……」
P「適度に弾力がありそうだしさ。密着したら、いかにもリラックスできそうだ!」
千早「そ、そんなことは……ないと思いますけど」
貴音「さすが、お目が高いですね。と、いうわけで」クルン
P「ん?」
千早「え?」
P(何だ? 貴音が千早ごと、俺のほうに向き直ったぞ?)
貴音「私一人で独占するのは、少々もったいないと思っておりました。そこで」
P「まさか、俺にも触らせてくれるのか!?」
千早「え、ええっ!?」
P「本当にいいのか、貴音?」
貴音「ええ、お裾分けです。どうぞ、思う存分愛でてください」
P「おお……! ありがとう! ありがとう貴音!」
千早「ちょ、ちょっと!?」
5: 以下、
千早「四条さん!? プロデューサーも、何を言ってるんですか!?」ジタバタ
貴音「ふふ。どんなに暴れても、千早の力では逃げられませんよ?」
千早「だ、だって、こんなの! プロデューサー!」ジタバタ
P「まぁせっかくの機会だし、軽く触らせてもらおうかな」
千早「ま、待ってください! こ、心の準備が! 心の準備を!」ジタバタ
P(うーん……軽い冗談のつもりなんだけどなぁ)
P(千早、予想以上に取り乱してるぞ)
P(これはあまり変な場所を触ると、今後に多大な影響が出そうだな)
P(さて、どこにタッチするべきか……)
P(よし、決めたぞ! 俺が触るのは、ここだ!)
タッチしてください
>>7
7: 以下、
お腹 肋骨とお腹の柔らかさの差を堪能したい
10: 以下、
P「たあっ!」モミュ
千早「きゃ、きゃあっ!?」
貴音「あ」
P「ふむ……思っていたとおりだ」モミュモミュ
千早「あ、あ、ああっ!」
P「これは素晴らしい感触だ……!」モミュモミュ
千早「あは、あははははっ!」
P「勇気を出して、一歩を踏み出してよかった!」モミュモミュ
千早「い、いやっ! やめてくださいっ!」
P「感動ものだ! 千早の肋骨だ!」モミュモミュ
千早「く、くすぐったい! くすぐったいぃ!」
P「そして、次はお腹だ!」モミュモミュ
千早「ちょ、そこダメっ! きゃはははははっ!」
11: 以下、
P「すごいよ……何という、まろやかさ……」モミュモミュ
千早「プロデュゥサーっはははは!」
P「実際に触ってみろよ! この柔らかさだぞ!」モミュモミュ
千早「あっ!? プロデューサーだめっ!」
P「適度な弾力! 手に吸い付くような、きめ細かくて柔らかな弾力」モミュモミュ
千早「わ、私、お手洗いに! あはははははっ! ひいっ!」
P「ああ、まるで天国にいるようだ……」モミュモミュ
千早「ちょ、力が抜けて! やはっはははは!」
P「もう、俺感激! プロデューサー感激!」
千早「が、我慢が、やはっ! やはははははっ!?」
12: 以下、
P「こんな気持ち良い感触、他にあるか!?」モミュモミュ
千早「く、くすぐったい! 本当に、本当にダメェ!」
P「いや、ない!」モミュモミュ
千早「い、いやっ! も、もれちゃうあはははは!」
P「さあ、正直に言おう! みんなだって、触りたいだろ!?」モミュモミュ
千早「ダメぇ! プロデューサー!」
P「ちーちゃんの身体に、触りたいんだろ!」モミュモミュ
千早「やめてぇ! 本当にやめてあっははははは!」
P「俺は触れるんだよ! なぜなら、同じ次元に存在してるからな!」モミュモミュ
千早「ひーっ! ひーっ! ひひひひひひ、やめてえ!」
P「ああ……俺は幸せ者だ!」モミュモミュ
千早「もれるぅ! やだぁーっははははは!」
13: 以下、
P「千早の肋骨とお腹、マジ最高だああああああああああ!」モミュモミュ
千早「もれちゃうううううう!」シャアアアアアア
P「うえっへっへっへっへっへっ! へーっへっへっへっへ!」モミュモミュ
千早「あ……ああ」シャアアアアアアア
P「うぇへへへ……はっ!?」モミュモミュ
千早「…………」シャアアアアアアア
P「あ……」
貴音「しまった……。止めるべきが、思わず見とれてしまいました……」
14: 以下、
P(ま、まずい! そういえば、お手洗いに行きたいって言ってたっけか!?)
千早「プロデューサー……!」ゴゴゴゴゴ
P「うわっ、すまない! 心からすまない! 謹んですまない!」
千早「やめてって、言ったじゃないですか……!」ゴゴゴゴゴ
P「ち、違うんだ! 俺だけのせいじゃない!」
P「これは、みんなの総意なんだ! 他次元の俺達が、俺に干渉を!」
千早「そんな意味の分からない言い訳を……!」
P「俺はただ、操られただけなんだ! だから! だから!」
千早「プロデューサーの……」
P「ま、待ってくれ千早! 俺の話を――」
千早「プロデューサーの……馬鹿ぁぁぁぁぁ!」ドゴォォォォ
P「ぐおおああああっ!?」キーン
15: 以下、
千早「あっ……!」
貴音「おお……」
P「の、のおおおおおお……」
貴音「千早の爪先が、プロデューサーの股間にめり込みましたね……」
P「あ、あああああ……」
千早「し、しまった! プロデューサーごめんなさい! 大丈夫ですか!?」
P「ダ、ダメみたい……はううぅあ、あうあうあう……はうっ」ガクッ
千早「プ、プロデューサー!? プロデューサーーーッ!?」
貴音「……まこと、見事な蹴りでしたよ……千早」ハラハラ
千早「し、四条さん! 感動してないで、早く私を離してぇ!」ジタバタ
16: 以下、
P(10分後、目を覚ました俺は)
P(千早に土下座して謝り、どうにか許しを得ることができた)
P(海よりも深い千早の慈愛の心に、感謝しなければ……)
P(うーん、少しばかり調子に乗り過ぎてしまったな……)
P(反省して、次のタッチに繋げていくとしよう!)
バッドコミュニケーション……
おしまい
17: 以下、
以上になります。
ありがとうございました。
21: 以下、
人生にやり直しは効かない
良い教訓になったね
22: 以下、
土下座したときには拭き取られてたんですかね・・・?
23: 以下、

続き・詳細・画像をみる


二期が一期より面白いアニメって存在すんの?

【野球】選手間投票で一票だけ入ってそうな選手

【閲覧注意】鈴木砂羽のヤバい時代の写真が発掘される

女騎士「くっ、殺せ!」オーク「そんな女性にオススメなのがコレ!」

「ご飯に合わない」給食の牛乳取りやめへ 新潟県三条市

めちゃイケ運動会に出たアイドルがほとんど解散してしまってる件

【画像】超美少女の大食いYouTuberに一目惚れしたんだが

めちゃイケ運動会に出たアイドルがほとんど解散してしまってる件

北海道釧路市の街並みwwwwwwwwwwww

お前ら「死ぬ時の痛みが怖いのであって死自体は特に怖れてはいない」←これ

【悲報】織田信成、カイジになる

【速報】箱根山が噴火!噴火警戒レベル3に引き上げで入山規制

back 過去ログ 削除依頼&連絡先