花京院「アヴドゥルさんが僕のチェリーを盗ったんです」back

花京院「アヴドゥルさんが僕のチェリーを盗ったんです」


続き・詳細・画像をみる

1:
アヴドゥル「私はそんな事していない」
花京院「じゃあ誰が僕のチェリーを盗んだんですか」
ジョセフ「まあまあ落ち着かんか」
アヴドゥル「ジョースターさんも言ってやってくださいよ!私は泥棒なんてしない!」
花京院「どうですかねぇ」
アヴドゥル「貴様ッ!」
承太郎「やれやれだぜ」
ポルナレフ「」
4:
アヴドゥル「だいたいお前はチェリーを買いすぎなんだ!もっと緊張感を持てッ!!!」
花京院「何を好き好んで食べようが僕の勝手ですよ」
ジョセフ「何を喧嘩しとるんじゃ」
花京院「アヴドゥルさんがそんな人だとは思いませんでしたよ」
アヴドゥル「大体なんでこういうことが起こるといつも私なんだ!おかしいだろ!!!」
花京院「そういう顔してるんですよ」
承太郎「やれやれだぜ」
ポルナレフ「あ・・・」
7:
ポルナレフ「(どうしよう・・・花京院のチェリーを勝手に食っちまったのは俺なんだ)」
ポルナレフ「(でもこの空気・・・言い出せねぇぜ・・・)」
花京院「ジョースターさんはどっちの味方なんですか?」
ジョセフ「どっちのって・・・」
アヴドゥル「ジョースターさんッ!!!!」
ジョセフ「困ったのぉ・・・」
承太郎「おいポルナレフ」
ポルナレフ「な、なんだよ承太郎」
承太郎「顔色が悪いぜ。何かあったのか?」
ポルナレフ「何でもねぇさ・・・」
承太郎「やれやれだぜ」
8:
花京院「ジョースターさん!!!」
アヴドゥル「ジョースターさん!!!」
ジョセフ「うーむ・・・・」
花京院「ジョジョはどう思うんだい?」
アヴドゥル「そうだ君はどっちの味方なんだ」
承太郎「やれやれだぜ」
花京院「おいジョジョ質問に答えてくれよ」
承太郎「やれやれすぎるぜ」
ポルナレフ「・・・・」
11:
承太郎「ハッキリ言ってどうでもいいぜ」
アヴドゥル「どうでもいい!?ふざけてるのか!!!」
花京院「僕らチームだろ?どうでもいいとはどういう了見だい?」
承太郎「うっおとしいぜお前らッ!!!」
ポルナレフ「(まずい・・・承太郎までプッツンしはじめやがった)」
ポルナレフ「(それにこの流れじゃ次は俺が問いただされる番だ・・・)」
ジョセフ「おいポルナレフ今日はやけに無口じゃのぉ」
花京院「怪しいな」
ポルナレフ「(ヤバい・・・!ここはクールに決めるんだ)」
ポルナレフ「呆れてんだよコッチは」
ポルナレフ「チェリー1つでガタガタ言ってちゃDIOになんか勝てねぇぜ」
14:
ジョセフ「ポルナレフの言う通りじゃ。こんな事で足止め食らってちゃいつまでたってもエジプトにつかんぞ」
承太郎「やれやれだぜ」
花京院「じゃあ僕らを置いて先に行けばいいじゃないですか」
アヴドゥル「これだけは私も一歩も譲れませんよジョースターさん」
ジョセフ「はぁ・・・」
花京院「仮にアヴドゥルさんが犯人じゃなかったとしても僕は真犯人が見つかるまでここを動かない」
ポルナレフ「(なんてこった・・・)」
20:
承太郎「やれやれだぜと言っているんだぜ」
花京院「好きなだけ呆れていればいいさ」
アヴドゥル「クッソ――――――――!!!!
ポルナレフ「お、おい花京院お前本当に盗まれたのか?実は自分で食っちまったんじゃ」
花京院「あなたは僕の事を痴呆障だと言いたいんですか?」
ポルナレフ「そそそ、そうじゃねぇよ!落ち着いてくれよ」
アヴドゥル「落ち着きがないのはポルナレフの方じゃないのか」
ポルナレフ「(やべぇ・・・・・)」
花京院「チェリー返せえええええええ――――!!!」
ポルナレフ「お、おれは知らねえよ!!!」
31:
ポルナレフ「(どうすればいいんだ・・・)」
承太郎「俺だぜ」
一同「――――!?」
ポルナレフ「(承太郎の奴何を・・・・!?)」
承太郎「実は俺こそが真のやれやれだぜ野郎だったんだぜ」
花京院「ジョジョ・・・見損なったよ・・・」
アヴドゥル「なぜもっとはやく言わなかったんだ!!!」
ジョセフ「なんと恥さらしな孫なんじゃ・・・」
花京院「ポルナレフも何か言ってやれよ」
ポルナレフ「いや俺は・・・・・」
承太郎「やれやれだぜと言ってくれてもいいんだぜ」
ポルナレフ「(承太郎はなぜ俺をかばったんだ・・・)」
35:
花京院「このクソジョジョ―――――!!!!!!」ドンッ
アヴドゥル「私達の心をもてあそんで楽しいか!」ドンッドンッ
ジョセフ「恥を知れ!恥を!!!」ドンッ
承太郎「やれやれだぜ」
ポルナレフ「(やめてくれ・・・・)」
承太郎「・・・・・」
ポルナレフ「(そんな顔でコッチを見ないでくれ・・・・)」
花京院「ポルナレフも来いよ」
41:
花京院「お前もジョジョを踏みつけろよ」
ポルナレフ「(何だと・・・・・)」
承太郎「一思いに右でやってくれ・・・」
ポルナレフ「いや・・・俺は・・・」
アヴドゥル「どうしたポルナレフ?今日は元気がないな」
ポルナレフ「(俺には出来ねぇ・・・でも白状する度胸もねぇ・・・)」
花京院「挙動不審だなポルナレフ」
承太郎「やれやれだぜ」
ポルナレフ「・・・・・・」
45:
承太郎「痛いぜ」
アヴドゥル「立てなくなるまで痛め付けてやる!!!」ドンッ
ジョジョ「これは教育じゃ!教育!」ドンッ
花京院「ポルナレフ君はジョジョを許すのか?」
ポルナレフ「それは・・・」
花京院「まさか泥棒の肩を持つ気じゃないだろうなぁ?」
ポルナレフ「あ、当たり前だ!泥棒は悪いことだぜ・・・」
ポルナレフ「でもこれはやりすぎじゃねぇか・・・?」
花京院「罪を犯した者には罰がくだされる・・・それが社会だ!」
承太郎「そこはやめてほしいぜ」
ポルナレフ「承太郎・・・」
46:
花京院「さあ踏めよ」
アヴドゥル「殺す気で行け!!!」
ジョセフ「やっちまえ!!!」
承太郎「やれやれだぜ野郎の俺に制裁を」
ポルナレフ「俺には・・・・・」
花京院「さあ」
ポルナレフ「俺には・・・・・」
承太郎「」
ポルナレフ「俺には出来ねえ!!!!!!」
48:
花京院「なんだと」
ポルナレフ「それは俺が犯人だからだ!!!」
一同「――――――!?」
承太郎「やれやれだぜ」
花京院「それは本当かい?」
ポルナレフ「本当さ・・・すまねぇ承太郎!!!」
承太郎「」
アヴドゥル「ポルナレフ・・・・」
ジョセフ「・・・・・・・・」
ポルナレフ「一思いにやってくれ!!!」
花京院「ポルナレフ・・・」
花京院「お誕生日おめでとう」
50:
ポルナレフ「えっ」
承太郎「おめでとう」パチパチ
ジョセフ「いや?めでたいのぉ」パチパチ
アヴドゥル「おめでとう」パチパチ
ポルナレフ「これはいったい・・・」
花京院「僕が企画したんだ。君がチェリーをかってにつまみ食いする事は最初からわかっていたさ」
ポルナレフ「つまり・・・」
承太郎「ドッキリだぜ」
52:
アヴドゥル「長旅で疲れているだろうからパーっとドデカイドッキリを仕掛けようとな」
ジョセフ「逆に疲れとるんじゃないのか?」
一同「あははははっははは(´∀` )」
ポルナレフ「心臓止まるかと思ったぜ」ポロポロ
花京院「おいおい泣くほどかい?」
ポルナレフ「違うねこれは嬉し涙ってやつだぜ」ポロポロ
花京院「さあホテルへ行こうちゃんとケーキやプレゼントも用意してある」
ポルナレフ「ありがてぇ・・・ありがてぇ・・・」
58:
花京院「でも驚いたよジョジョが突然アドリブ入れるから」
ポルナレフ「じゃあ、あのリンチはアドリブだったのか」
承太郎「やれやれだぜ」
その時の承太郎の顔は今まで一番ハンサムだった
花京院「それではポルナレフに乾杯!」
その日はポルナレフにとって最高の1日となった
妹を失った悲しみもとっくに消えていた
そのころDIOはうっかり日照りの中外に出てしまいチリになっていた
第三部―――完―――
60:
乙乙
感動したわ
62:
( ;∀;)イイハナシダナー
6

続き・詳細・画像をみる


【困惑】僕27歳無職、アルバイトの面接に行くも工場長に説教される

【困惑】僕27歳無職、アルバイトの面接に行くも工場長に説教される

1927年に開催された物理学の学会のメンツが宇宙解明レベルにヤバ過ぎ

真姫「にこちゃんっ…責任取るからっ、中に…っ!」パンパン   にこ「……」カクンカクン

ジョン・レノンはUFOを目撃し、宇宙人と接触していた?

「工学部」って最強だよな 民間就職最強だし公務員にも簡単になれちゃう

back 削除依頼&連絡先