やる夫が独裁君主になるようです 第四十七話 (やる夫が独裁君主になる前です2 第二十一話)back

やる夫が独裁君主になるようです 第四十七話 (やる夫が独裁君主になる前です2 第二十一話)


続き・詳細・画像をみる


     ___
   /   \
        / ヘニヾ゙リン\
  / =▲▼--▼▲\ 有駱遊撃者領來
  |   /(__人__)ヽ  |  其人善使八十八斤大刀 力擧八百斤 號爲駱千斤云
  \ `⌒┃  /
 /´` | ヽ ・/,´´ ̄、~ヽ、       宣祖実録より
  /~ ヽ,,,  /"´`゙゙ヽ / " ̄ヽヽ;; ト、
 ( ヽ` :::::::::::: Y::::::: :ノ/r }ヽ、
 { :::)  ヽ  ,,,,,|,, i{ ::::::: ヽ、
 i、ノ  )ヽ:::::::::::::人:::::  丿 \ ノ ( )
 / ):::: /;; """  i ゙゙゙゙::/ / | |
 |  | """" !゙゙゙゙ \  /::::::::::: /
   【駱尚志】
      ∫ι________/丁了
    丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
     ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
    .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
   ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
  ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城 ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
   ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
    /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
    三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
  ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
   │ /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,  /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,, ..│ミミ?
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ    彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ    |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ   .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ
   ┏━━━━━━━━━━━━┓
    明(みん、1368年 - 1644年)
   ┗━━━━━━━━━━━━┛
284
   , -;‐;‐;-;、
   / __ ‐-‐___ ',  明王朝は一三六八年から一六四四年まで
         |  -` ̄- | 三世紀近く続いたが、
    ,|_(二)ー(二)_.|_
   { |´  、,}  `| } 歴史的に これぞという程の大事件のない
       `! / 小.ヽ  |'  比較的 平板な時代である。
   |  、、 '  |
   ノ{\ 、___, /ハ\
  / { ヽ >ーく  / |  \
  ,ハ ヽ ∨ヾフ'∨、__,| ,ハ
   / ヽ く´ ヽハ,/  ヽ   /  |
  【京都大学名誉教授 宮崎市定】
   , -;‐;‐;-;、
   / __ ‐-‐___ ',
         |  ノ` ̄ ヽ | 但しそれは決して
    ,|_(二)ー(二)_.|_ 歴史的に重要でないという意味ではない。
   { |´  、,}  `| }
       `! / 小.ヽ  |' ただ見世物にするに 適しないのである。
   |  、、 '  |
   ノ{\ 、___, /ハ\
  / { ヽ >ーく  / |  \
  ,ハ ヽ ∨ヾフ'∨、__,| ,ハ
   / ヽ く´ ヽハ,/  ヽ   /  |
  【京都大学名誉教授 宮崎市定】
287
真実ではあるだろうけど、歴史を見世物扱いww
285
     ┌────────────┐
     │で、何でそんなに地味    .│
     │      │
     │だったのかというと・・・    │
     └────────────┘
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.;:.: -‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐- 、.,:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l いいか、我が子孫よ。
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:./`゛                   ´"',.:.:.:.:.:.l
  .l:.:.:.:.:.:.:.:i              (、              i.:.:.:.:.:l    いくら中国は富強だからって
  l:.ハ:.:.:.l  _/  `ヽ、_      l:.:.:.:.:.l   一時の戦功を求めて
   l f ',:.:.:l .,..rー― = ニ 、       ,   ―= -- 、 l:.:/ヽ! 外国に攻め入るようなマネすんなよ!
   .l l ',:.:l、ハ         ヽ /       、l/`i .ト、
  '、 ' ゝl i  ノ===〈.   //l / /  ` ‐- 、_
   ヽ l .l \___../ ヽ、____./イlレ /   `
  / ヽ i.      / ,/
      /    、i   r, 、 i、  ,i_ -、   //
 ,, ''  ヘ  i `ー-`=' - ‐''!  /´ ┌─────────────────┐
,, ''   lヽ. l , ――‐ 、.l  ./l.    │建国者である洪武帝が残した   .│
    l \.    H  H  / .l. │                │
    l  ヽ. l l       l ! /   l. │「外国とは なるべく関わるな」という     .│
    l  ヽ  ',ヽ.___.ノ/ /    .l      │                │
    l  /\` -----' /\ l.. │遺言のせいだと思われる。   │
    l   / \ニニ/    \  l.. └─────────────────┘
    レ´             ヽ|
    初代【洪武帝】
286
   |::::i:::::::/::::/j:::::::::::ノ:::::::j::::::::::::::::::ヽ:::::::.:i
   |::,/¨`ー: : : : : : ´ーイ ̄ ̄ ̄\::::.::::::i
     rく|::: ::: ::: :/: ノ: :: :: ::  :  :  i:::::::::::i だいたい外国を 攻めたって
    .. / トト-、: ::: /::/: : / : :: : :   : i::::::::,| 補給は ままならねーし、手に入る土地は貧しいし
   | t,.|-,―ミ、: :i: :i: : ノ /:  :  : :  . j:::::::/ 蛮族は命令聞かねーし、ろくな事ねーよ。
      /! |f ヽ、i゙i,;、::Y:: :/ / _,;; - /.:::::/
   ¨ヽ ti !、 ゛´ :;;メ、_f ヽナ ニ  ̄ 、  /:::::,/  韃靼は別として、向こうから攻撃してこない限り
       i ,i i .`--,r   / !i  くーr三テ、 i,/::::/  こっちから外国を攻めてはならんぞ!
       i .i i       /  、 ヽ ヾ-- ´/テ7イ
   l ,i i     ir'    `ー ----、イ / i、
   i !i     、`_、,        /. / i  i、
  .     i   i、  入__     / /    | r'/ i
  i . | ヽ _, ヽ / ,∠´/ ヽ_Y /
  /  ヽ_        , イ /  )'
   ¨ ー- イ彡 .    /  ¨  ,ィ
   初代【洪武帝】
288
       ''';;';'';';''';;'';;;,.
       ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
       ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;   ┌───────────────┐
         vymyvwymyvymyvy、.      │ところが、そんな   ...│
      mVvvMvyvmVvvmvyvmVvv、.  │      ...│
    rっ━  /⌒ヽ(゚v゚)/⌒ヽ (゚v゚)/⌒ヽ(゚v゚) /^ヽ    │対外問題に消極的な明朝に  .│
    ||  (゚щ゚::: )/⌒ヽ゚щ゚ ) ( ゚щ゚ ) ( ゚щ゚).     │      ...│
    |/⌒ヽ | ___( ゚щ゚ )/⌒ヽ __ /⌒ヽ.    │日本軍が攻めてくるという。  .│
   ( ゚щ゚:::)/-三-\ (::: ゚щ゚::)/-三-\ (:::゚щ゚ :).. └───────────────┘
   ___/:(◎:=◎)::\___/:(◎=:◎)::::___)
 /:::::::::::::::::\:: トェェェイ :::/:::::::::::::::::\::::トェェイ::::/::::::::::::::::\
  /─三三─::::::\`ー'´/:::─三三─:::\`ー' /:::::─三三─\
 /:::(○)三(○)::::::::\/:::::::(○)三(○):::::\/:::::::(○)三(○):::\
 |::::::トェェェェェェェェイ)::::::::::::||:::::::::(トェェェェェェェェイ):::::::||::::::::(トェェェェェェェェイ::::::::|
 \::\ェェェェェ/::::::::/-\:::::\ェェェェェ/:::::/\:::::::\ェェェェェ/:::/
  ヽ::::::::::::::∪:::::::::イ    \::::::::::∪:::::::::/ ヽ::::::::::∪:::::::::::::イ
 |:::::::::::::::::::::::::::::::\    /:::::::::::::::::::::::::\ /:::::::::::::::::::::::::::::|
 |_)=|三三三三>  |_)=|三三三三> |_)=|三三三三>
289
    ┌────────────────┐
    │で、明朝政府は     .│
    │      .│
    │どのようにして 日本軍との戦いを ....│
    │      .│
    │決意したのだろうか!?   │
    └────────────────┘
     ∫ι________/丁了
    丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ
     ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
            ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
   ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
  ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城 ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
   ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
    /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
    三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
  ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
   │ /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,  /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,, ..│ミミ?
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 彳/三三三三三三彳/.|ミ    彳/三三三三三三彳/ |ミ
.  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ    |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ   .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ
290
        ┌─────────────┐
        │時系列で 追ってみると・・・    │
        厂    ○全州    │        │
  ノ      │まず、4月13日に     │
      _..‐′      │        │
   ゙コ      │日本軍が釜山に襲来    │
    ,/                    └─────────────┘
  _ノ      晋州                 r''´
  、     ○      __ノ
  >                   ノ`゙'ー一◎釜山
 │    ___,,.  r'' /''"'、  ┃
  廴    / __ ^''ー^''ー   ゝ ノ ┗┓
 /y       厂`'┐★〔 ノ        ο〔 ノ      ┃
 '} ___        r‐'´_ }?、   ´左水営        /'"'、
  _ノ''"ノ Γ  人_丿 │ __丿         │ ノ
  ゝ..r‐’ │ r'′          ゝノ 対馬
   ̄            /.亅
          〔_ノ ┃
              ┗┓     _
                ┗ __            _/""
               〔 ノ壱岐       /
                        ┗┓       /
  ___....- 、           ┃ ___ノ ̄
  _-―"´  │          〔◎名護屋
  /′ 済州島 _,/′       」' ゙̄冖'''´
  `'-r―-ー‐"´        レ'´ゝ、   _n__
           ハ_ ''、 `ヽ
291
  ┌──────────────────┐
  │それをソウルの朝鮮宮廷が知ったのは  │
  │         .│
  │4月17日である。    .....│
  └──────────────────┘
    }〉┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰〈{
  .ヘへへハ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃ハへへヘ.
  @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@  <えらいことニダ!
   五ヾヾヾ ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ シシシ五 <えらいことニダ!
   \三三ヾ.「 ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄|フ三三 /
 ({. . . . . . . \三三lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|三三/. . . . . . . })
  /巫巫巫巫巫巫巫|===========================.|巫巫巫巫巫巫巫\
/////////|    ┏─━─━─┓       |\\\\\\\\\
@@@@@@@@@|      | 城  漢  |       |@@@@@@@@@
 ヾ!⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ |    ┗─━─━─┛       | ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥jジ
 |.ニニニニニニニニニニニ |        ,. -──- 、         | ニニニニニニニニニニニ.|
 |            |      i   i      |            |
 |   ,. -- 、     |      |   |      |     ,. -- 、  |
 |.    i     i  |      |   |      | i  i.     |
 ≧ii≦ | | ,≧ii≦       |   |       ≧ii≦  | |   ≧ii≦
 ⌒il⌒ | | '⌒il⌒       |   |       ⌒il⌒  | |   ⌒il⌒
 iコ─┘  └─‐.iコ‐───┘      └───‐.iコ.─┘  └──iコ
 ∩∧,_∧
 ミ<`Д´;> えらいこっちゃ.  ┌────────────────┐
  ミ⊃ ⊃ 天朝に     │で、朝鮮宮廷は             │
   (⌒ __)っ お知らせするニダ .│      .│
  し'              │一報を 明朝に知らせるため    .│
                     │      .│
                     │急いで遼東に 使者を出すのだった ....│
                     └────────────────┘
292
┌───────────────┐
│そして、                   │ ※ちなみに5月3日、漢城陥落
│      ...│
│日本軍襲来の報は       ...│                    /   |\
│      ...│             /   i  `ー--,
│5月10日、北京に届くのである ...│              /   r-´ r'´
└───────────────┘......瀋陽            r‐、___ノ      i´ ,‐ヽ、 /
           ○    .★コッパゲ/            `レ'  `
    北京  ノヽ,    i´     r‐^i
          ◎5/10,,,,r'´ / _        _ノ´     { ヽ
                (_  ̄´  `ゝ i´                  丿 .}
                    }   く 漢城4/17   。 / .r´
          `´ ̄_つ  `~ヽ△  ヽ         ,、 ノ i
               r'´   く i         〉`'´  /
       /   }     釜山4/13 °    i´    〉
       \     i´ _r△  r--‐‐'´ ̄    ,ゥ´レ'
                  `i  `‐'´ ο  i二,ィ---‐‐‐'●大坂
                   南京 \  o r'●ヽ、i´ ̄ ̄} ヽ‐'
          ◎ <               博多i´ `´ ̄´
                  _丿   レ、丿
      `ヽ,
      寧波○ノ
       ノ
293
    ┌─────────────────┐
    │しかし、それを聞いた   ...│
    │       .│
    │北京中央政府の反応は 鈍かった .│
    └─────────────────┘
     ∫ι________/丁了
    丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ 倭賊が朝鮮に攻めてきたそうアル!>>
     ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
            ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
   ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ << え?本当に!?
  ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城 ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
   ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
    /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
    三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
  ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
   │ /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,  /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,, ..│ミミ?
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 彳/三三三三三三彳/.|ミ    彳/三三三三三三彳/ |ミ
.  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ    |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ   .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ
   ┌──────────────────────┐
   │というのも、事前に朝鮮から                  │
   │        │
   │「しっかり日本対策やってるから大丈夫です」と │
   │        │
   │聞かされてた からである       │
   └──────────────────────┘
|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||||
i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!!i!!  ∧,,__∧ ・・・・・・ !i!i!|||ii| ||| ||
i|||i|!| ||!・・・・ ∧,,∧ (`ハ´;..) ∧_,,_∧ !i!i!|||ii| |||
!i||.. /(;`ハ) ( _ (; )
 ・・・・ ∧,,∧'⌒ )  ̄ ̄ ̄ ̄ ∧_,,∧/⌒/ | こっちもボバイ相手に 手間取ってるし
  ./(;`ハ´)/  (; )ィ 倭賊のことは 朝鮮にまかせとけば大丈夫アル、たぶん。
 | i′  ./   /⌒ / |.l .|
 | l∪./   ../ / | |」/||  ┌─────────────────┐
 | `/   ...ι ゝ | |||.      │それに、実はこのころ           .│
 、 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/__.」/||.        │       .│
      ||  │明朝内部でも 反乱がおきていて       .│
                 │       .│
                 │そっちの対応に 追われてたのだった .....│
                 └─────────────────┘
294
 ┌──────────┐
 │いわゆる、  │
 │    ..│
 │ボバイの乱である  .│
 └──────────┘
     _______
  _         | 寧夏城炎上中 |
 `))         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ジ
    ( )          ∧    ジ ャ
  ( )    <⌒>  (⌒ ⌒) ャ |
 ウーウー.( .人     /⌒\ \( ,, ⌒)// | ン
  人/  ヽ ______]皿皿[-∧( ⌒ ,, ,, )  ン
 ( ( )( )  )三三三∧_/\_|,,|「|,,,! ( ,, )  !!!
 __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「(   )
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「|ガシャーン |「| | * + ※陝西で旧軍兵士が待遇の悪さから反乱
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|?田 田 |「|[[ *  それにモンゴル系の降将【ボバイ】が加わった
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ ++*:
 λワー  ∧  λワー λワー
  λワー | | λワー λワー
295
 ┌───────────────────┐
 │のち 万暦朝鮮役に参加する   .│
 │       ......│
 │【李如松】【麻貴】【董一元】なども     │
 │       ......│
 │この鎮圧のために 駆り出されていた    ..│
 └───────────────────┘
           '―-''' 、           イ
          ┌─────┐     ヘ.... 【女真族】 │
          │ モンゴル │   \      /
          └─────┘                ヘ、 /
        ..‐''´\/
        ┏━━━━━┓  __/
      ━┓            ┏━┛北京◎ .r'´ ∨  \ 【朝鮮】
        ┗┓  ┏━━━┛        ┌ ┘    \
        \┗━┛  ×←寧夏でボバイの乱,--_
      `、   |               r‐"
              丿 陝 西  !   _/
            (     |         __r‐"`ー、
|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||||
i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!!i!!  ∧,,__∧ ・・・・・・ !i!i!|||ii| ||| ||
i|||i|!| ||!・・・・ ∧,,∧ (`ハ´;..) ∧_,,_∧ !i!i!|||ii| |||
!i||.. /(;`ハ) ( _ (; ) ・・・・・ !i!||i
 ・・・・ ∧,,∧'⌒ )  ̄ ̄ ̄ ̄ ∧_,,∧/⌒/ | ┌─────────────┐
  ./(;`ハ´)/  (; )ィ・・・・・・ │だから明朝としては        .│
 | i′  ./   /⌒ / |.l .|  │        │
 | l∪./   ../ / | |」/||    │これ以上の軍事負担は      .│
 | `/   ...ι ゝ | |||.       │        │
 、 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/__.」/||.         │さけたかったのだ          │
      ||   └─────────────┘
296
     ●
     ●
     ●
  ┌──────────────┐
  │ところが、それからまもなく・・・   .│
  └──────────────┘
     ●
     ●
     ●
   ┌──────────────────┐
   │朝鮮の王京が 一ヶ月ともたずに         .│
   │         .│
   │陥落したとの続報が 来てしまうのである │
   └──────────────────┘
     ∫ι________/丁了
    丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ
     ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ   国王逃亡!ソウル陥落!>>
            ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
   ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
  ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城 ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
   ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
    /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
    三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
  ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
   │ /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,  /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,, ..│ミミ?
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 彳/三三三三三三彳/.|ミ    彳/三三三三三三彳/ |ミ
.  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ    |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ   .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ
  ___    ___            ___
 / - 、 -、\    / - 、 -、\    / - 、 -、\
   /   , -| o | ゚ |-ヽ   /   , -| o | ゚ |-ヽ   /   , -| o | ゚ |-ヽいくらなんでも早すぎるだろ!
. i  /  `- ●-′ |   . i  /  `- ●-′ |     i  /  `- ●-′ |
    |  i 三 | 三 |   |  i 三 | 三 |          |  i 三 | 三 | やっぱり朝鮮は
.    | |. ゝ'゚  ≦ 三 ゚。 .    | |. ゝ'゚  ≦ 三 ゚。 .   | |. ゝ'゚  ≦ 倭軍を手引き
  ヽヽ 。≧  三 ==- ヽヽ 。≧  三 ==- ヽヽ 。≧  三 してんじゃね?
  ━ -ァ,  ≧=- 。  ━ -ァ,  ≧=- 。  ━ -ァ,  ≧=- 。
    /  イレ,、  >三  /  イレ,、  >三  /  イレ,、  >三
   ≦`Vヾ  ヾ ≧   ≦`Vヾ  ヾ ≧   ≦`Vヾ  ヾ ≧
   。゚ /。・イハ 、、 `ミ 。   。゚ /。・イハ 、、 `ミ 。  。゚ /。・イハ 、、 `ミ 。
297
   ┌─────────────────┐
   │同時に、遼東の地方官から  ....│
   │       .│
   │防衛を強化したいとの 要請もきた。 ....│
   └─────────────────┘
┌───────────────────────────────────┐
│  ,  ────- 、         │
│   /  /⌒ ヽ ⌒ヽ\ 倭賊が近づいてる様子!      │
│  / U , -|/ ・|・ \| 、 ヽ        .│
│  / /    ` ─ ●ー ′ ヽヽ すぐに兵と兵糧と軍需品を手配して  ....│
│ l    / ── |  ─ | 戦時体制にしたいと思う   ...│
│ | / ── |  ─ |        .│
│ | l  ── |  ─   l それと倭寇と戦ったことのある南兵を、 ...│
│  l  | / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   /  遼東に送ってほしい!!         .│
│ ヽ ヽ  (_____ノ /        .....│
│   >━━━━━ O━━─( _ ) あと、海防のための戦艦も頼む  ..│
│  / /  ヽ /         .│
│  薊遼総督【蹇達(けんたつ)】       .....│
└───────────────────────────────────┘
298
 ┌───────────────────┐
 │どうやら日本軍が       │
 │       ......│
 │中国本土にまで 来る恐れがあるという。 .│
 └───────────────────┘
    ┌──────────────────┐
    │こうなると、さすがに中央政府も        .│
    │         .│
    │この【蹇達】の要請を 認めるのだが・・・  │
    └──────────────────┘
 倭賊の侵入を防ぐために、この提案は当然アル!
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
じゃあ今すぐ   ∧_∧  駱尚志ら南兵を・・・
 ̄ ̄ヽ( ̄ ̄ ∧∧  n (`ハ´;,,) ∧_∧  ̄ノノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /( `ハ) (m)v )_ ( )
  ∧∧'⌒  ) ̄ ̄ ̄ ̄  ∧_∧/⌒ 遼東に行かせるアルよ!
  ./( `ハ´) /  (  )   ̄ノノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | i′  ./   /⌒ / |.l .|
 | l∪./   ../ / | |」/||
 | `/   ...ι ゝ | |||
  、 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/__.」/||
      ||
299
  ┌──────────────┐
  │問題となったのは       .│
  │     .....│
  │朝鮮をどの程度まで 助けるか、 ..│
  │     .....│
  │についてだった。   ......│
  └──────────────┘
|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||||
i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!!i!!  ∧,,__∧ ・・・・・・ !i!i!|||ii| ||| ||
i|||i|!| ||!・・・・ ∧,,∧ (`ハ´;..) ∧_,,_∧ !i!i!|||ii| |||
!i||.. /(;`ハ) ( _ (; ) ・・・・・ !i!||i
 ・・・・ ∧,,∧'⌒ )  ̄ ̄ ̄ ̄ ∧_,,∧/⌒/ |
  ./(;`ハ´)/  (; )ィ・・・・・・
 | i′  ./   /⌒ / |.l .| ┌─────────────┐
 | l∪./   ../ / | |」/||  │はたして、             │
 | `/   ...ι ゝ | |||.      │        │
 、 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/__.」/||.        │外国である朝鮮にまで  .│
      ||  │        │
                 │軍を送るべきや 否や。    │
                 └─────────────┘
300
    ┌───────────────┐
    │援兵について、中央政府の  .│
    │                     .│
    │圧倒的多数は 否定的であった ....│
    └───────────────┘
        _____    _____      _____
. /     /⌒\/⌒ヽ  . /     /⌒\/⌒ヽ .    /     /⌒\/⌒ヽ
 / , ?|  ・|・ |、\         / , ?|  ・|・ |、\    / , ?|  ・|・ |、\ とにかく
 /  /  ` ー ●ー ′ヽヽ      /  /  ` ー ●ー ′ヽヽ    /  /  ` ー ●ー ′ヽヽ 国境を
  / /  二二 |  二  ̄ノ    / /  二二 |  二  ̄ノ  / /  二二 |  二  ̄ノ 固めるべし!
  l  /  /⌒\ ── |  ─ /     l  /  /⌒\ ── |  ─ / l  /  /⌒\ ── |  ─ /
  |  | /  ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄  |  | /  ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ |  | /  ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄
  l  | |    / /⌒ヽ l  | |    / /⌒ヽ l  | |    / /⌒ヽ
 l | ヽ /⌒ヽ⌒ヽ  |/ヽ__ ノ  l | ヽ /⌒ヽ⌒ヽ  |/ヽ__ ノ l | ヽ /⌒ヽ⌒ヽ  |/ヽ__ ノ
  ヽヽ  `ー───┴─7  /   ヽヽ  `ー───┴─7  /  ヽヽ  `ー───┴─7  /
  >━━━━━O━━ /  >━━━━━O━━ /   >━━━━━O━━
301
   ___
  /  - 、- 、\
 /   , -|/ ・|∠ !-ヽ 建国以来、わが明朝は外国には関わらない方針でしょ。
  i   / `- ●-′ i.
  |  i   三   | 三 ) 朝鮮には「声援」を送るだけにして
  ! |   / ̄ ̄ ̄/ ̄  遼東防衛に集中すべきだよ
 ヽ ヽ ヽ(二二)_
  l━━━o━?○
 大多数の官僚のみなさん
        _____
 . /     /⌒\/⌒ヽ
  / , ?|  ・|・ |、\ それに、もしかしたら
 /  /  ` ー ●ー ′ヽヽ 朝鮮は 中国を裏切って倭賊に協力してるかもしれない
  / /  二二 |  二  ̄ノ
  l  /  /⌒\ ── |  ─ / 軍の派遣は 慎重にしないとね
  |  | /  ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄
  l  | |    / /⌒ヽ
 l | ヽ /⌒ヽ⌒ヽ  |/ヽ__ ノ
  ヽヽ  `ー───┴─7  /
   >━━━━━O━━ /
  大多数の官僚のみなさん
302
  ┌──────────────────┐
  │だが、そんな中で ただひとり     │
  │         .│
  │朝鮮への援兵を 強硬に主張したのが    .│
  │         .│
  │兵部尚書の【石星(せきせい)】だった    .│
  └──────────────────┘
        _,,.-z
      _  i'":::::::: ゙̄''‐-、_
      >:ヽ:'":::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ,
       /::::::;;;;:::;;;;::::::::::::::::::::::::::::::_;;i 、ノ゙''‐''"
       7,;::::::i!!!Y!!!!:::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:/::|、 u !;::i、::i::;::::::::::_ノ. みんなっ甘すぎるっ・・・・
       /ムY、、ヽ、   y"Vヾ'',,-,:7
       |゙'ヽ、,,!  /,.-‐''"~ }∠、            チャハル
       |、 o ).   o  ノ.|::;;;::) いま遼東は ただでさえ土蛮の進入に
       |゙〒‐" u  ゙==" |:i/  悩まされているのだ!
       | ヽヽ  _,,,-'工]/-‐、
       | |コココ工!┴ '"  | |''":/ そこへきて倭奴に朝鮮を取られようものなら・・・
       | |,, -‐-,-――--! |:::/_,,,
             !.!工エココココエ工ソノ:::7::::::!/"''V⌒
       」ヽ、 ‐≡‐ v. ,.イ:::://:::::::::::::::::::::
     ,r''" ̄ヽ:::!ヽ、,,_,,.::'"  !/!/:.i:::::::::::::::::::::::
     / L -‐''" !N  ト、  /: :i:::::::::::::::::::::::
    . / .:::!   ... :::|: \/: : : i::::::::::::::::::::::::
      / ... :::! ......::::::::::|: :/ ヽ : : /:::::::::::::::::::::::::
     / .. :::::::! ..:::::::::::::::::::::::|/! ノヽ /:::::::::::::::::::::::::::
      兵部尚書(軍務大臣)【石星】
  _____
  / ? 、?、 \
  /  , -| /・|・\|- 、ヽ
  /  / U ` ?●- ′ ヽi. ・・・・ ・・・・
  | / 二  | 二   |
  | |  ─  |__ ─ !
  ヽ ヽ   __) /
  \ ヽ  _) /
 l━━6━━━━┥
 | / \ |
303
    __
    /    ゙'⌒\
    /  f゙'1 ヾ、  遼東は間違いなく
    | ルリメ ,ゝト、l 北虜と南倭の挟み撃ちをうけるっ!
    l ノ||゙6ラ 6ラリリ
    |. ゞ||    7 |   これでは防衛など不可能・・・!
    |. |ヾヨヨヨヨヲl
   ノ_./| |\ , イ___
   ̄≡ |リ\` "リリ ≡ ̄
  ≡≡≡|:::::×::::|≡≡≡
         【海西女真】
        '´ ̄ゝ              【野人女真】
  ┌────┐           /    │
  │ チャハル .│           /     .│
  │ 土蛮.......│           /      .│ :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;              __j
  └────┘ ....'´ ̄ゝ /     │::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;         ..lllllllll
                  /  .│ /      .│:;:;:;;:;:【マンジュ国】;:;:;:;;:;:;:;::;:;              llllllllll
           /   │  /   │:;:;:;;:;:;.;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;へ_ _ _____ __           |llllllllllll
                /   \_/ ●  │:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  \___    ゙llllllllllll
              /  llllllllll'、 遼陽 │:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;___/            鴨緑江 _lllllllllllll
            / _jllllllllllllllllllllllll   │:;::;:;:;__/     llllllllllllllllllll
 万里の長城 ./    jlllllllllllllllllllllllllllllll!  【明朝遼東】 │/     __jllllllllllllllllllllllllllll
..∽∽∽∽∽∽ _lllllllllllllllllllllllllllllllllllll「                /       ;jllllllllllllllllllllllllllllll
   ●lllllllllllllllllllllllllllllllllllll广              /        【李氏朝鮮】  ._jlllllllllllllllllllllllllllllllllllll
◎北京 lllllll 山海関llllllllllllllllll厂  .llllllllllllllllllllllllll     _jlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
  lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll    __lllllllllllllllllllllllllllllllllllllョ      llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
304
. ,': : : : : :/:./ i: / ̄ヽ、 ∨∧: : :iヽ: ヽ: : i: : i
.  ,': : : : : :/:./ /:/==x、_ ハ ∨∧/:.:i \:ヽ:.i: : i
. ,': : : : : /:./  彡´  ヾ、ハ} .〉 {レヽ≠=x {ヾ i i: i 朝鮮を失えば、遼東がもたないのだっ・・・!
.  ,': : : : :./イi 、  O ` /´ :// .e  / .i: : / i:/
. ,': : : :.:/-i: :i ヽ______ノ  { ヽ==イ .i: / そして京師の裏庭である遼東を失えば、
..〈: : : :,/ i i: :i    ゝ-┐ i:/   北京がもたないっ・・・!
. ∨:./i i⌒: i し             /  .i
 i:/: :i ヽ_i:.i u   , /´  i 外国といっても・・・朝鮮だけは・・・別だっ!!
 i: |: : ヽ_i:i /‐--- __ __ ___ イ .i
.  i: :i: : : : : : :.i / ̄ ̄ ー-==--- i i 中国の安全保障上、朝鮮は
  i: : i: : : : : : :.i /r------、_:::_ zzz::::::::i ..i   絶対に失っては ならないのだ・・・!!
 i: : : i: : : : : : : i  i  ヽ ヽ:i .i
./: : : :.i: : : : : : : i  \---- ニニニニニニコ i
: : : : : :i: : : : : : :.:iヽ  ` ̄   /
   兵部尚書【石星】
308
この立地の面倒さが朝鮮半島の特色だよなあ
305
  _____
  / ? 、?、 \
  /  , -| /・|・\|- 、ヽ そうはいってもさぁ・・・
  /  / U ` ?●- ′ ヽi. まだ朝鮮から 援兵要請もないんでしょ。
  | / 二  | 二   |
  | |  ─  |__ ─ !  こっちの独断で 軍を送るのもなあ・・・
  ヽ ヽ   __) /
  \ ヽ  _) /
 l━━6━━━━┥
 | / \ |
  _   , -─- 、
  / ニ `′二_`ヽ.\
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ 要請なら、すでにあるっ!
 / / , l f'``"" | ト l l |
 ! | 〃 , |    l | l |、 | |.| 先日、北京に居る朝鮮の官僚を
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  | 呼び寄せて聞いてみたら・・・
. | /l''==a= , =a==''|r、!
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ
.  トl.|   _ ヽ _   l'イ|
 l l.ト、.‘'''" ̄ ̄`'''’,イ l |
-‐'''l ! l.\   ̄  / | l |`:ー-
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
306
┌──────────────────────────────────┐
│      _        ..│
│   ,. -''"~ ̄`ー'″   \        .│
│   /  _ - ⌒` '⌒ 丶ヽ       ....│
│   / ./   ,-、,.-、ヽ \   |        .│
│  /          i⌒'⌒ヽ\ \ ヽ 報告によると    ....│
│ ,' /    /  /, | ||| ヽ \ 倭賊によって朝鮮の王京は落ち    .│
│  ,'/    /  ///    ト、l |、ヽ    )      ...│
│ ,! / /7ノ‐- 、  >'ヽVヽ ,| 貴国国王は逃れたそうだが・・・ ...│
│ |   ノ_,イ 、=='='_==、   /_===ォ |||       .│
│    .| .イエ| |  `ー┸’-'  〈┸’‐'".| l` 上国の援軍は必要かね!?  │
│  |, ヾ_V   \  |//          .│
│  :|  | |:ハ.   (" __ > | /       ...│
│ | i | i |`、ヾニニニニ,ニニフ/′   ∧_∧       │
│  / ト!| l |ヽ    ̄ ̄ ̄ ̄ /   <゚Д゚ ii> エッ      │
│  ,/| i | | ! | | \  ̄ ̄  /              ( )    .....│
│´    |ハハ|  |ハ!|.   丶. / |"'''‐- ...__   し--J    ...│
│ | \  ` - イ,ル'   【申点】    .│
│  |   \ / |        ...│
│              │
│               ∧_∧    ...│
│   必要ニダ!欲しいニダ! ⊂ヽつ      │
│  お願いしますニダ!お願いしますニダ!  .)    ....│
│       ⊂ノ( __フ つ      .│
│        (_/    ...│
└──────────────────────────────────┘
  _   , -─- 、
  / ニ `′二_`ヽ.\
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト l l | そう涙ながらに 請うていたっ・・・!
 ! | 〃 , |    l | l |、 | |.|
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  | たしかに、わが大明は
. | /l''==a= , =a==''|r、! 外国には関わらない方針だが・・・
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ
.  トl.|   _ ヽ _   l'イ| 今回のようなケースなら、高皇帝も
 l l.ト、.‘'''" ̄ ̄`'''’,イ l |  必ずや朝鮮に援軍を送れと お命じになったろう
-‐'''l ! l.\   ̄  / | l |`:ー-
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \ /  |':::::::::::::::    ※高皇帝=初代・洪武帝
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::
307
  ┌───────────────┐
  │で、【石星】のいうことも     │
  │      ...│
  │もっともだ ということになり・・・  .│
  └───────────────┘
   ____   ____   ____
 /   \   /   \   /   \
 /  ノ -、 -ヽ ヽ  /  ノ -、 -ヽ ヽ  /  ノ -、 -ヽ ヽ
  /  , -|/‘|< |-、 |... /  , -|/‘|< |-、 |... /  , -|/‘|< |-、 | じゃあ、朝鮮にも若干の
 ○/  ` - ●-′ |.    ○/  ` - ●-′ |.    ○/  ` - ●-′ |
.  | | 三 | 三 /.... | | 三 | 三 /.... | | 三 | 三 / 兵を送るか・・・
  |  |  /⌒\_|/^/     |  |  /⌒\_|/^/     |  |  /⌒\_|/^/
  |  |━━━(t)━━、      |  |━━━(t)━━、      |  |━━━(t)━━、
  | /__ ヽ |_|      | /__ ヽ |_|      | /__ ヽ |_|
.  i  l ヽ___/ノ j_).      i  l ヽ___/ノ j_).      i  l ヽ___/ノ j_)
 ヽ  ` ── ′/.        ヽ  ` ── ′/.        ヽ  ` ── ′/
 ⊂二⊃⊂二⊃.        ⊂二⊃⊂二⊃.        ⊂二⊃⊂二⊃
309
 ┌────────────────┐
 │国境を固めるため   ....│
 │      .│
 │【駱尚志】ら 南兵3千を     .│
 │      .│
 │鴨緑江北岸に 派遣する他に・・・ ......│
 └────────────────┘
    ____
  / \
   / ヘニヾ゙リン \
 /=▲▼--▼▲=\ ←かつて倭寇と戦った老将
 |   /(__人__)ヽ  | この当時は北京周辺に駐屯してた
 \ `⌒┃  /
  /´`"´``Y´´・""j⌒ ヽ       ∧        ∧
 {;;ノ´i、,. . ..|,, 、 、 ノヾ ;; ト    /\|i |    /\|i |
 / ;/i  __,人 _ _;;, ,/ヽ ヾ )      /_南__州.. /_南__州
 ( .."ヽi、 ;;_ |^.. ;; ,i ,i` ノ;ノ.. (・ハ・ ?.   (・ハ・ ?
  ヽ iノヾ; 人__::": ヽ/"/.        (   ◯ .   (   ◯
  ト \,ii== ===i!、/ /        | | ? .   | | ?
  ,iヽ/  i i  \ノi、.         (_(_?   (_(_?
  | ,! !.  |
  【駱尚志】
      : : : : : : : ┏┛                    ::::::::::::::   :::::::::::::::::亅
      寛奠堡   : : : : ┏┛                    ::::::::::::::   ::::::::::::::::::│
鳳凰城   ○     ┏━┛                   :::::::::::        ::::::::::_,-―′
○        ┏━━┛←鴨緑江          ::::::::    ::::::::::/
      ┏━┛                ::::: :::○_/
   ┏━┛          ::::::::::::::::::_..-''"
 ┏┛○義州            ::::::::::::::::::::::::::>
 ┃      寧遠               :::::完興:::::::::::____/゙
ー?_       定州      ○         :::::::::::○::__/
 \    ○      :::::::::::::/
    レ'´ ー 、_ ___ ○              ::::::::::::(
    了                ::::::::::::::::│
    │                ::::::::::::::广
     /  平壌              ::::::::::::::|_
            丿  ○           :::::::::::○`ーー 、
  丿   :::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::  ::::ヘ、
310
 ┌──────────────────┐
 │【査大受】率いる遼東の騎兵3千を  .│
 │         .│
 │国王護衛のため、                  │
 │         .│
 │朝鮮に派遣することに したのだった。  │
 └──────────────────┘
    ∧      ∧
    |__|             |__|
      ||             ||
   北 ||          北 || 平壌にいる国王を確保するアル
    (`ハ´)')  ∧_   (`ハ´,,)')  ∧_
   |  つ| / ・_)      |  つ| / ・_)
        γ⌒!"(,, ノ"!´ / γ⌒!"(,, ノ"!´ /.
  彡  、_|___ヽ_)_,l   ノ 彡  、_|___ヽ_)_,l   ノ
   〉 ,〉〈 〉 〉〈         〉 ,〉〈 〉 〉〈
    (__/ヽ_)   (_/ヽ_)  (__/ヽ_)   (_/ヽ_)
   副総兵【査大受】率いる3千騎
311
     ┌──────────────┐
     │また、軍資銀として     │
     │     .....│
     │朝鮮に2万両を下賜するよう ....│
      r―-、__r―-、  │     .....│
   |―‐z__,r:、__).       │決めている    ..│
    | | /  /___r-、.   └──────────────┘
.  >―-、__ノr―‐┴'
  ,. -‐'''" ̄ ̄`―〇ニニニヽ..
../    \   `〇
|              ヽ  <<必要なら 朝鮮はこの銀つかって
| 皇賜銀2万両  |  中国側の兵糧を買ってもよいぞ
ヽ    /
 \_______/
  ※ちなみに、かつて【譚綸】は
          北兵1人あたりの維持費を 月に1両半と見積もってた
312
 ┌─────────────────┐
 │とはいえ 明朝は独裁君主制だから    ..│
 │       .│
 │皇帝の決済を 仰がねばならない       │
 └─────────────────┘
    ,  -──- 、
 / , -‐、  , ‐ 、 ヽ.
 / /   ∨  `ヽ ヽ
 / _,.l  ・ ,! ・   /‐、 ヽ
  l  / ニ、`ー‐‐'◯ー‐' 二ヽ | 皇帝陛下に
  l l-─  l  ‐、-l! お届けしてね
 l l ヾ''ー‐ 、__ |_ _,,...ィ'´ l
 ヽヽ  ヽ     )/  /
 ヽヽ `''ー── '   /
 ヽ______, -‐''''⌒ヽ
 /  ̄、フー─‐@─‐ヽ(  )ノ
 |   ヽヽ~ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ヽ  ┌─────────────┐
 ヽ ( ) |   ヽ     │さっそく 取つぎの宦官を通して │
 |`ー┬'l ̄ヽ___|___ヽ.      │        │
 | ヽ、`ー---- '´/ |   │上奏したところ・・・  ...│
           └─────────────┘
   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
          |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;:_:;:_:;:_;:_;|
  |______|_____|
  | 三| _     _  |三 !
  | 三|  三シ ヾ三  |三 | わかったで おじゃる
  | 三′  .._  _,,..  i三 |
  ト、ニ| <でiンヽ  ;'i"ィでiン |三.|
  ', iヽ!  、 ‐' /  !、 ーシ |シ,イ
   i,ヽリ ,' :  !.  |f ノ
   ヾ! i ,、 ,..、ヽ lノ
   |   _ _  イ l
       l  ,ィチ‐-‐ヽ i /、
           ゙i、  ゝ、二フ′ ノ/'"\
            | \ ー一 / /  _,ン'゙\
     ,ィ|、  \  /_,、-'" _,.-''´ `丶、__
   _, イ  | ヽ_ 二=''" _,. -''´ """""´´  ``ー
    [取つぎの宦官]
313
 ┌───────────────────────┐
 │すぐに、「急いで属国を救うべし」との勅命が下った    │
 └───────────────────────┘
┌─────────────────────────────┐
│ ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ       .│
│ イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ∵     .....│
│      /´          `\         .│
│ ゝ/ _________ヽ         .│
│ /    |  ヘ、    ノ⌒ |      │
│ | |  /  ̄`ヽ /  ̄`ヽl      │
│ l    |  l  lj | lj    l やかに、そのようにせよ。 ....│
│ ヽ |_|        |  |         │
│ /⌒` ヽ      l    ノ、      .│
│ | )    ` ー─ ´ っー ´ l        .│
│ ヽ__ /⌒\____つ ノ       │
│      \ ( ______ ノ /      ....│
│  >ー───、─ ´         │
│        / \ / \/ \         .│
│   l  l   |/\         │
│    ├─┤    |、 【万暦帝 (引きこもり中)】     .│
└─────────────────────────────┘
314
   ┌──────────────────┐
   │こうして明朝は とりあえず          .│
   │         .│
   │朝鮮を 助けることに決めたのだが・・・ ....│
   └──────────────────┘
     ∫ι________/丁了
    丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ
     ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
            ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
   ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
  ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城 ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
   ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
    /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
    三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
  ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
   │ /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,  /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,, ..│ミミ?
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 彳/三三三三三三彳/.|ミ    彳/三三三三三三彳/ |ミ
.  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ    |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ   .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ
  ┌───────────────────┐
  │まだこの時点では、日本との全面戦争を    .│
  │       ......│
  │決意したわけではない    ....│
  └───────────────────┘
        ┌───────────────┐
        │朝鮮に送る兵も、わずか3千だし   │
    ∧      ∧.  │            │
    |__|             |__|.. │その目的も「国王の護衛」である .│
      ||             ||    └───────────────┘
   北 ||          北 ||
    (`ハ´)')  ∧_   (`ハ´,,)')  ∧_
   |  つ| / ・_)      |  つ| / ・_)
        γ⌒!"(,, ノ"!´ / γ⌒!"(,, ノ"!´ /.
  彡  、_|___ヽ_)_,l   ノ 彡  、_|___ヽ_)_,l   ノ
   〉 ,〉〈 〉 〉〈         〉 ,〉〈 〉 〉〈 ←しかも、タイミングが合わず
    (__/ヽ_)   (_/ヽ_)  (__/ヽ_)   (_/ヽ_)  結局このとき 朝鮮には行かずじまい
    【査大受】の3千騎'
315
        ┌──────────────────┐
        │まあ、状況が よく わからんのに     │
        │         .│
  /: : : : : : : : 、: : : >i: : : : : : : : : : :.ヽ │いきなり外国に大軍を 送るわけにも    .│
   /: : : : : : : : : :.ii:i',:.:/i:i|: : : : : : : : : : : :.:ヽ.  │         .│
   /: : : : : : : : : : : : ii:i:i',´i:i:i|: : : : : : : : : : : : : ハ.... │いかないだろう    ....│
   i: : : : : : : : : :/ :.:.i゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙ i: : :l: : :l: : l: : : : : :ハ  └──────────────────┘
      i: : : : : :.:i: :.:/: : /       i: : i: : :i: : i: : : : : :ハヽ
.  {: : : : ,: :イ: ノ: :./  i: :.i∨:i、: i: : : : : :.ハ
  i: : :.:./: イ:///‐‐-‐´ヽ 〉  ヽ|-‐:ゝ\: : :l: :l: l
    レ´: //イ ≠= == x }イ ./__==≠, 〉:.:.i: :i 何でもいいから
  /: :./´-i: i  ゝ、.(:::゚) ヾ  /´{::゚) ノ }ハ:/i:/ 倭賊の目的や組織を 調べろ
  i: :´:i i__i: i     `¨¨´.    ',`¨¨¨´ .i l i 日本へ スパイを送れ!
.  i: : :.i ヽi:.i   ヽ_ .i /
  i: : :ヽ _l:ii   /  .iイ  それから、朝鮮に使者を送り
  }: : : : : :.:i  -‐ r‐ ´    i:.i.   現地の様子や
    }: |: : : : : i __________________   .i: i.    王が本物かどうかを確認せよ!
  ,': :|: : : : : i     ´  `   i:.:.i
 ,': : |: : : : : i.ヽ  ー――  イ: : i  ┌────────────┐
  ,': : :.|: : : : : i :::::>    /: : : : i  │【石星】は                │
    ,': : _/i: : : : :.:i  :::>     ∠i: : : : : :.i  │       ..│
. /x ´ニ i: : : : : :iヽ_  :::> _ <´:: i: : : : : :.i     │てあたりしだいに     .│
 ∠三三ニi: : : : : :.i//>、          ,i: : : : : :.i≧x.      │       ..│
   兵部尚書【石星】             │情報を 集めるのだった .│
           └────────────┘
316
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 ┌─────────────┐
 │もっとも、おかげで その後 │
 │        │
 │朝鮮国王のところには・・・ ....│
 └─────────────┘
      寛奠堡   : : : : ┏┛                 │
鳳凰城   ○     ┏━┛                    _,-―′
○        ┏━━┛         /
 ○九連城 ┛          _/
   ┏━┛               _..-''"
 ┏┛○義州            __ノ             >
 ┃   寧辺 ノ   /              ____/゙
ー?_     定州     ○/ _,,.―′        __/
 \    ○      __ノ     _/       /
    レ'´ ー 、_ ___,,..-''"○ ___ l′          (
    了   (             │
    │ |    _/     广
     / 平壌 l冖 ̄              |_
            丿   ○_丿   亅        `ーー 、
  丿 / ̄    ゙̄'''--、_丿 丿        ヘ、
  'ヘ..- 、 l          j′      ゙ゝ
          r‐‐' ̄ ′   丿     ヽ、
317
  ┌────────────────────┐
  │入れ替わり立ち代り 北京から 遼東から    │
  │                      │
  │使者が やって来るハメになった。     │
  └────────────────────┘
 ("⌒) ,,∧,
 ノγ" ̄)?(Y
 γ"'| lニニ参ニl どうしてこうなったか
   Lノ♯`ハ´) 説明してほしいアル!
   くニヲ””””)7
  し'〉三Жニ|      ___∩
  /_|_|_ゝ               ⊂」__│⊃
  /_/ |_|   それはニダ・・・  <`∀´ >
 中央からの使者          ⊂| ̄ ̄  \
                   」_| 宣祖 |  \
                | |__|
                |_____|
                (_)(_)
 ("⌒) ,,∧,
 ノγ" ̄)?(Y
 γ"'| lニニ参ニl どうして あっさり王京を失ったのか
   Lノ♯`ハ´) 説明してほしいアル!
   くニヲ””””)7
  し'〉三Жニ|      ___∩
  /_|_|_ゝ               ⊂」__│⊃
  /_/ |_|   それはニダ・・・  <`∀´;> ( まだ疑われてるニカ… )
 遼東からの使者          ⊂| ̄ ̄  \
                   」_| 宣祖 |  \
                | |__|
                |_____|
                (_)(_)
 ("⌒) ,,∧,
 ノγ" ̄)?(Y
 γ"'| lニニ参ニl どうしてこうなったか
   Lノ♯`ハ´) 説明してほしいアル!
   くニヲ””””)7
  し'〉三Жニ|      ___∩
  /_|_|_ゝ               ⊂」__│⊃
  /_/ |_|   それはニダ・・・  <T∀T > ( もういいかげんにして欲しいニダ! )
 中央からの使者          ⊂| ̄ ̄  \
                   」_| 宣祖 |  \
                | |__|
                |_____|
                (_)(_)
   ┌───────────────────┐
   │で、使者たちは この王が本物かどうか、  ...│
   │       ......│
   │朝鮮が裏切ってないか等を 確認するため .│
   │       ......│
   │カマかけた質問を くり返すもんだから・・・    │
   └───────────────────┘
318
 ┌────────────────┐
 │しまいに【宣祖】は ノイローゼに .│
 │      .│
 │なりかけるのだった    │
 └────────────────┘
   ∩___
  ⊂「__ 」⊃ おかしいニダ ありえないニダ!
        < TДT>
  /  ̄ ̄|  200年間 事大の誠を尽くしてきたのに
 /  | 宣祖 |_」 天使がここまで冷たいなんて 絶対ヘンニダ
 |__| |
  |_____|
    (_)(_)
   ∩___
  ⊂「__ 」⊃ きっと天朝にはもう
        < TДT>   倭奴の手がまわってるニダ!
  /  ̄ ̄|
 /  | 宣祖 |_」 北京の官僚は
 |__| |.  すでに倭奴に 買収されてるニダ!!
  |_____|
    (_)(_)
           _ _____
          ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
      いえ、主上、    /::, -─、::::,─‐--、::::::::::ヽ
      絶対にそんなこと .   |::/  Y       \:::::::l
       ありませんって。 |/ _,,ノ ヽ、 u.  |:::::|
          l( ο ):::::::( ο )   |:::::|
      とにかく        .(⌒          ⌒  〈::::::l
      天朝を信じて   l (__人 ___ )    @)
      こちらの誠意を    .| | r┬─‐|   |
      お見せ続けましょう | ` ⌒  ´    |
         .   丶 u.     /
           ヽ    ノ、
          / 【李恒福(リコウフク)】 \
   ∩___
  ⊂「__ 」⊃
        < TДT> ・・・わかったニダ
  /  ̄ ̄|
 /  | 宣祖 |_」
 |__| |.
  |_____|
    (_)(_)
319
        ┌───────────────┐
        │さいわい、朝鮮側が            │
        │      ...│
  ∧∧                   │丁重に対応したおかげで  ......│
  / 黄\ できれば物証がほしいアル.        │      ...│
 (  `ハ´)                 │やがて疑いも 晴れるのだった ......│
 ( ~__))__~) 倭賊からの                  └───────────────┘
 | | | 手紙か何か持ってないアルか?
 (__)_)
           _ _____
          ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
          /,-‐.、::::,─‐----、:::::::::ヽ
    ! も・・持ってます       .   |/  Y      \:::::::l
         | \:::::::::::/    .|::::::|
     これこそ倭賊が上国 入犯をたくらみ  l(ο )::::::(ο  )    |::::::|
    わが朝鮮がそれに抵抗したので .(⌒         ⌒  〈::::::l
    攻撃を受けた証拠ニダ        .l(__人 ___ )    @)
          | | r┬─‐|   |
          |  ` ⌒  ´ u.  |
         .   丶      /
           ヽ    ノ、
         / 【李恒福】 \
       /⌒ソ/⌒ヽ、
   . /  //  ..\  ._,
  /  //  .`ヽ,.._,ィ''´ `'ー- 、  /i
   /  //     \,.  _..ノ .|
 .  /  // ■■■■■■■■■■■■  ⌒´  |  ┌──────────────┐
  /  // ■■■■■■■■■■■■      |... │【李恒福】は 明朝の使者に │
   /  //          |      │     .....│
  . /  // 予が明国に出兵するときに          |. │例の秀吉からの返書を  .│
 /  // .       |  │     .....│
   /  //   朝鮮も軍を率いて参加すれば       .|.      │(一部隠して)見せるのである    .│
   ./  //                  |       └──────────────┘
 /  //    ■■■■■■■■■■■■    |
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、         |
 .ヾニジ \  ._,.イ⌒ヽ      |
   `ヽ,.._,ィ''´   `'ー- 、  . |
        .\,.  _., 、 . .リ
         ⌒´  \._,ノ
320
  ∧∧
  / 黄\ ! なるほど、朝鮮は犠牲になったのだ
 (  ゚パ ) 上国のかわりに倭奴の犠牲になったのだ!
 ( ~__))__~)
 | | |
 (__)_)
  ∧∧
  / 黄\ ・・・なのに かえって裏切りの悪名を受けるとは
 (  TハT) なんと 気の毒なことアル
 ( ~__))__~)
 | | | さっそく北京に 朝鮮の忠義を
 (__)_)  報告するから安心するアルヨ
           _ _____
         ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
          /::, -─、::::,─‐--、::::::::::ヽ
         .   |::/  Y       \:::::::l ( 良かった・・・漢城を出るとき
     ぜひ お願いしますニダ! .|/ ⌒  ⌒    |:::::|  念のため あの無礼な倭書を
         l( ≡ ) ( ≡ )   |:::::|  持ってきて
          .(⌒          ⌒  〈::::::l  本当に良かった!)
             i//(__人 ___)/// .@)
          | | r┬─‐|   |
          |  ` ー ' ´      |
         .   丶     / ←もちろん無断で
           ヽ       ノ、 日本に使者を送ったことは
         / 【李恒福】    .\ バックレる
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
321
  ┌────────────────────┐
  │しかしながら、     ..│
  │       ....│
  │こんな調子で いちいち北京を経由してたら .....│
  │       ....│
  │あまりに時間が かかりすぎる。   .│
  └────────────────────┘
                /   |\
          /   i  `ー--,
          /   r-´ r'´
         瀋陽            r‐、___ノ      i´ ,‐ヽ、 /
          ○    .★コッパゲ/            `レ'  `
   北京  ノヽ,    i´     r‐^i
         ◎  _,,,,r'´ / _        _ノ´     { ヽ
              (_  ̄´  `ゝ i´                  丿 .}
                  }   く 漢城    。 / .r´
        `´ ̄_つ  `~ヽ△  ヽ         ,、 ノ i
             r'´   く i         〉`'´  /
     /   }     釜山     °    i´    〉
     \     i´ _r△  r--‐‐'´ ̄    ,ゥ´レ'
                 `i  `‐'´ ο  i二,ィ---‐‐‐'●大坂
                  南京 \  o r'●ヽ、i´ ̄ ̄} ヽ‐'
        ◎ <               博多i´ `´ ̄´ ┌──────────┐
                 _丿   レ、丿      │「兵は拙を尊ぶ」 ....│
    `ヽ,           │    ..│
                │のである。     .│
                └──────────┘
322
      ┌──────────────┐
      │で、遼東総兵【楊紹勳】が  │
      │     .....│
  ('⌒)        │軍を率いて 国境近くの   │
 γ'|l ̄  `ヽ   │     .....│
  !=| |=[総]=!\ (⌒`).     │九連城に向かったところ・・・  │
  ノ"ノノ `ハ´)く,-'"~〉∨| └──────────────┘
 ンへ二介二ノ^  ,-へ_/
 く_>'ヘへ^/―メ‐'" `ヽミ とりあえず国境を固めつつ
 (_ィ)、―`=ロ==|(   情報をさぐるアルヨ
 (ヽ'ヽ,/ |__ゝ
 くニノ リ/ L_|
 (_ん?!、_リ_ソ
 ,,/";;〈《;;;`く___ゝ.
 〈「'"〈 ;;''"ヘ;(__)
 遼東総兵【楊紹勳】
   ∧∧  ∧∧  ∧∧   ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧
 /明 \ /明 \  /明 \  /明 \ / 明\  / 明\ / 明\  / 明\
 (`ハ´ ) (`ハ´ ) (`ハ´ ) (`ハ´ )  ( `ハ´) ( `ハ´) ( `ハ´) .( `ハ´)
 (つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩
 | j  | j  | j   | j   | j   | j  | j.  | j
 し'⌒U .し'⌒U  し'⌒U ..し'⌒U  .し'⌒U  .し'⌒U .し'⌒U  し'⌒U
  ザッザッザッザッザッザッザッザ  ザッザッザッザッザッザッザッザ
323
      ┌────────────────┐
      │はたして朝鮮から、   ..│
      │      .│
      : : : : : : : ┏┛.... │平壌がヤバいので助けて欲しい、    │
      寛奠堡   : : : : ┏┛.. │      .│
鳳凰城   ○     ┏━┛  │との援軍要請があった   ..│
○        ┏━━┛∩∧,_∧... └────────────────┘
 ●九連城 ┛      ミ<TДT>
   ┏━┛          ミ⊃ ⊃ お助けください【楊】大人
 ┏┛○義州          (⌒ __)っ
 ┃                し' ノ   /
ー?_     定州       / _,,.―′        __/
 \    ○      __ノ     _/       /
    レ'´ ー 、_ ___,,..-''"   ___ l′          (
    了   (             │
    │ |    _/     广
     / 平壌 l冖 ̄              |_
            丿   ■_丿   亅        `ーー 、
  丿 / ̄    ゙̄'''--、_丿 丿        ヘ、
324
      ┌────────────────┐
      │この状況では、とても    │
      │      .│
  ('⌒)        │北京の許可を取ってるヒマはない。 ....│
 γ'|l ̄  `ヽ   └────────────────┘
  !=| |=[総]=!\ (⌒`)
  ノ"ノノ `ハ´)く,-'"~〉∨| 「属国を救うべし」との勅命も出てることだし、
 ンへ二介二ノ^  ,-へ_/  時間が無いから こちらの判断で
 く_>'ヘへ^/―メ‐'" `ヽミ  やらしてもらうアル
 (_ィ)、―`=ロ==|(
 (ヽ'ヽ,/ |__ゝ    ┌──────────────┐
 くニノ リ/ L_|              │【楊紹勳】は 独自の判断で ....│
 (_ん?!、_リ_ソ           │     .....│
 ,,/";;〈《;;;`く___ゝ.             │朝鮮に援軍を送るのだった ...│
 〈「'"〈 ;;''"ヘ;(__)             └──────────────┘
 遼東総兵【楊紹勳】
   ∧∧    ∧∧   ∧∧  ;;;;⌒);;⌒)
  /北 \   /北 \  /北 \. );;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
    ∧,,∧(`ハ´  )      ∧,,∧(`ハ´  )  ∧,,∧(`ハ´  ). ≡ ;;;⌒')⌒);;;;⌒);;⌒)
  ε=━┓Oニ)< >     ε=━┓Oニ)< >    ε=━┓Oニ)< >  ;;;⌒')⌒);;;;⌒);;⌒)
    /  ノ lミl_, (ヾゝ   ./  ノ lミl_, (ヾゝ ./  ノ lミl_, (ヾゝ.       ;;;;⌒);;⌒)
  (o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒)(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒.(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~.彡;;;;⌒);;⌒)
    ノ    ヽ| | ̄ノl ノ ノ    ヽ| | ̄ノl ノ  ノ    ヽ| | ̄ノl ノ. ;;;;⌒);;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
  / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ ./ /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ / /~ヽ ノ'''''''~ヽ _..;;;;⌒);;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
  ヽニフ|_| (_/ ヽノ ヽニフ|_| (_/ ヽノヽニフ|_| (_/ ≡;;; ;;;⌒')⌒)
     (_ヽ       (_ヽ      (_ヽ ≡  ;;;⌒')⌒)
      ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
    先発隊【郭夢徴】【史儒】ら1千騎
325
    ┌────────────────┐
    │つまり このとき明朝も   │
    │      .│
    │緊急事態のため      .│
    │      .│
    │命令系統がバラバラだったのだ │
    └────────────────┘
     ∫ι________/丁了
    丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ 【楊紹勳】が勝手に朝鮮に軍を送ったようです >>
     ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
            ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
   ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ << ナンダッテー
  ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城 ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
   ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
    /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
    三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
  ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
   │ /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,  /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,, ..│ミミ?
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 彳/三三三三三三彳/.|ミ    彳/三三三三三三彳/ |ミ
.  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ    |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ   .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ
326
   ┌───────────────┐
   │というわけで6月14日、      │
   │      ...│
   │【宣祖】のもとに届いた情報も ....│
   │      ...│
   │じつは出所が 別だったりする │
   └───────────────┘
 ┃ ┃┃ ┃ ┃┃ ┃ ┃┃ ┃ ┃┃
 ┣━   ┣━   ┣━   ┣━
 ┃  ┃  | ┃  ┃
   \  |  /
    ヽ  ∧_∧ /
     <丶`∀´>つ 主上!皇極が軍資銀を ウリナラに下賜してくださるニダ?
 三ニ=―  (":::⌒ (つ ノ ―=ニ三     ↑
   (⌒::::.⌒:.  } ,(⌒) .::⌒ヾ     これは北京の決定
  (::.; (::::.⌒:.. し' 三" :.:⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ "/  ̄ ̄ ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┃ ┃┃ ┃ ┃┃ ┃ ┃┃ ┃ ┃┃
 ┣━   ┣━   ┣━   ┣━
 ┃  ┃  | ┃  ┃
   \  |  /
    ヽ  ∧_∧ /主上!遼東では、【楊紹勳】総兵が国境に向け出陣なされ
     <丶`∀´>つ 明後日には、先発隊がウリナラに来るニダァ!
 三ニ=―  (":::⌒ (つ ノ ―=ニ三   ↑
   (⌒::::.⌒:.  } ,(⌒) .::⌒ヾ    これは遼東地方官の独断
  (::.; (::::.⌒:.. し' 三" :.:⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ "/  ̄ ̄ ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
327
   ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ
   ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||
   ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||
   弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ
   弋ェェt┼┬┌── 陽 遼  ─┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
    il_,└───────┘ ,  i!
    | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
   || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄!┌───────────────────┐
   l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄│まあともかく、明朝では    ...│
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄|│       ......│
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄....│朝鮮側の要請の遅れにもかかわらず  │
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : │       ......│
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : │意外とすばやく 朝鮮に援軍を送ったのだ ...│
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : └───────────────────┘
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._ ~""''' ‐- ...,,__    _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'
   ∧∧  ∧∧  ∧∧   ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧
 /北 \ /北 \  /北 \  /北 \ / 北\  / 北\ / 北\  / 北\
 (`ハ´ ) (`ハ´ ) (`ハ´ ) (`ハ´ )  ( `ハ´) ( `ハ´) ( `ハ´) .( `ハ´)
 (つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩-
 | j  | j  | j   | j   | j   | j  | j.  | j
 し'⌒U .し'⌒U  し'⌒U ..し'⌒U  .し'⌒U  .し'⌒U .し'⌒U  し'⌒U
  ザッザッザッザッザッザッザッザ  ザッザッザッザッザッザッザッザ
328
  ┌─────────────┐
  │ところが、残念なことに・・・    │
  └─────────────┘
   ├″ ├″ i ├″ ├″
      |  /
   \  ∧∧ 主上?!倭賊が大同江を渡り、平壌に迫りましたニダ?
     c<T∀T> ,;:⌒ヽ
  ニ=― (⌒:.:.';  }-、c) .::':⌒ヽ ―=ニ
   (⌒:: (⌒: `ー'ν .:::) ::)
 ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┃ ┃┃ ┃ ┃┃ ┃ ┃┃ ┃ ┃┃
 ┣━   ┣━   ┣━   ┣━
 ┃  ┃  | ┃  ┃
   \  |  /
    ヽ  ∧_∧ /
     < T∀T>つ 【伊斗尋】【金命元】は、守りきれぬと判断し
 三ニ=―  (":::⌒ (つ ノ  軍民ともに逃げるよう命じたニダ?!
   (⌒::::.⌒:.  } ,(⌒) .::⌒ヾ
  (::.; (::::.⌒:.. し' 三" :.:⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ "/  ̄ ̄ ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
329
   ┌─────────────────┐
   │ほんのわずかの差で 間に合わず .│
   │       .│
   │平壌は 陥落してしまうのである    │
   └─────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ,/ ゛゛゛゛゛'''.?=!,,__..i!n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_nn_n_n_n_n_n_n_nn_n_nn_n_i! .!,,?' ゛ ̄ ̄"ヽ、
 .i  i i: : : : i: : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i!/l  i l::
 i  i i: : : : i: : : i!: : :    _________     i! l  i  .l::
  .i  i i: : : : i: : : i!: :: :   l/'´"  ^`゛`ヽ    i! l  .i  .l::
  i .i i: : : : .i: : : i!: : :   .:''´    ^,  .i! l  .i  l::
 i  i i: : : : .i: : : i!: : :    ,'    ',  i! l  .i . l::
  .i .i .i: : : : .i:: : .i!: : :    ,'  |゙ ̄ ̄ ̄'゙|  ',  i! l  .i  .l::
 .i  i .i: : : : .i: : : i!: : :.    彡仝  .|γ´.⌒ `,.| |    i!  l  .i  .l:::
 i .i  i: : : : .i: : : i!: : :  彡γ´ ̄ ̄`ヽ    |.| l ̄l .|  i! .l i  .l::::
  .i  i i: : : : . i: : : i!: : :  彡| 「ニ金ニ| ....|.| l_l  |  ∧ ∧  ∧ ∧  ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧
 .i  i .i: : : : ∧伊∧.     ∠くノ TДT>. ..|.| , -.くlili`Д´>く; `Д´> く; `Д´>くlili`Д´> く; `Д´>
    < TДT>  く~((二つ)ニ)             / つ_つ / つ_つ  / つ_つ / つ_つ / つ_つ
     ( ).         ̄ヒ´V`Y        .人  Y  人  Y  人  Y  人  Y  人  Y
     | | |          ∠二ハ二ゝ          .し'(_) し'(_) し'(_) し'(_) し'(_)
     〈_フ__フ.        /_!_!_|
   文官【伊斗尋】.      |_|_|
        武官【金命元】.
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
330
結局中国は広すぎるw
331
            : : : : : : : : : : : : : : _../'''⌒゙'、  \
                : : : : : : : : : : : : : : 〕       \__  _丿
                : :: : : : : : : : : : ┏┛   `'―ー-′
      : : : : : : : : : ┏┛
      : : : : : : : ┏┛  ┌─────────────────┐
      寛奠堡   : : : : ┏┛   │そのため、     ....│
鳳凰城   ○     ┏━┛     │       .│
○        ┏━━┛         │せっかく朝鮮入りした明軍も  ...│
      ┏━┛               │       .│
   ┏↑┛                   │いったん 引き上げてしまうのだった .....│
 ┏┛●義州            __ノ  └─────────────────┘
 ┃ ↑   寧辺 ノ   /              ____/゙
ー?_   ↑定州     ○/ _,,.―′        __/
 \    ○      __ノ     _/       /
    レ'´ ー 、_ ___,,..-''"○ ___ l′          (
    了   (             │
    │ |    _/     广
     / 平壌 l冖 ̄              |_
            丿   ■_丿   亅        `ーー 、
  丿 / ̄    ゙̄'''--、_丿 丿        ヘ、
   .,,,,,,,,、
   ,llllllll、     ,,,lllili、    .,,,,,,,,、 朝鮮は
  ,,lli,,,,  .,,llllllllllly           ,llllllll!    ,llllllll、 兵糧の準備もしてないようだし
..,,,lllllllllliii,l,lllllllllllll"  ,,llliiil,,,_、llllllllllllll、  ,,lli,,,,  .,,llllllllllly 遼東にもどるわ
llllllll!゙゙゙llllllllllllllllllllllli,,,iiiiiiiili,,,l,!、 ,,,illlllllllllllll,lllllllllllll|、 _,,,,_,_ 、、 ..,,,lllllllllliii,l,lllllllllllll"
`゚゙″.,lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllls .ll!!!!l゙’,゙llllllllllllllllllillll,iillllllllllilj「‐ llllllll!゙゙゙llllllllllllllllllllllli,,,iiiiiiiili,,,l,!、
  ,,,llllllllll!lllllllll!llllllllllllllllll゙° !lllllllllillllllllllllllilllllllllllllllll‐ `゚゙″.,lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllls
  .,llllll゙||llll゙`゚~゙゚”,,llllll|lllll′ .,lllll!lllllll!llllll!lll!llllllllllllllll°  ,,,llllllllll!lllllllll!llllllllllllllllll゙°
 .,lllll°゙゙lllllllllk llllll".]lll|. llllll"|lllll,, _,_ .,,llllホlllll|  .,llllll゙||llll゙`゚~゙゚”,,llllll|lllll′
..,lllll"  `'゙゙゙!lllllllケ .,llll‐  ,,lllll″ ゙゙lllllllll・,,,lllll°llllレ .,lllll°゙゙lllllllllk llllll".]lll|.
`゙゙″  ```  -'゙l″?、、.lllll″  .゙゚”lllllll゙′.,lllll′ ..,lllll"  `'゙゙゙!lllllllケ .,llll‐
  ,,_   `    ‘.゙″ ''"' `゙゙″  ```  -'゙l″?
      ∩___
    ⊂「__ 」⊃
      <;T∀T> アイゴー
    /  ̄ ̄| せめてあと一週間早かったら
  /  | 宣祖 |_」 間に合ったのに・・・
  |__| |
   |_____|
  (_)(_)
332
    ┌──────────────┐
    │でも、明軍は引き上げたが ....│
    │     .....│
    │代わって軍資金が来た。 .....│
    └──────────────┘
       ┌───────────────┐
       │6月24日、【郭夢徴】が      .│
       │      ...│
    | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄||....│銀2万両を下賜するため  ...│
   || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄.│      ...│
   l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄|.....│【宣祖】のところに やってくる      .│
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄.└───────────────┘
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._ ~""''' ‐- ...,,__    _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'
      r―-、__r―-、
   |―‐z__,r:、__). 彡仝
    | | /  /___r-、 彡γ´ ̄ ̄`ヽ    ___∩
.  >―-、__ノr―‐┴' 彡| 「ニ参ニ|             ⊂」__│⊃
  ,. -‐'''" ̄ ̄`―〇ニニニヽ.. ∠くノ `ハ´)             <`∀´ >
../    \   `〇. く~((二つ)ニ)      ⊂| ̄ ̄  \
|              ヽ .        ̄ヒ´V`Y                  」_| 宣祖 |  \
| 皇賜銀2万両  |.        ∠二ハ二ゝ                  | |__|
ヽ    /     /_!_!_|..               |_____|
 \_______/   |_|_|    (_)(_)
                【郭夢徴】
333
        ┌─────────────────┐
        │【宣祖】は この銀の一部を   .│
        │       .│
 ~゙''   .,.'  iヽ./\/ i ゙'、''"_,,、 ''".         │いままで従ってくれた臣下に与え、 │
 ~゙ ''  -,'  !II !!.II !!.IIi.   ゙"~ - '' "~.      │       .│
.- ------!   〉====〈  i----- --.    │残りを 手柄を挙げた者への      .│
 ,.  ''、  .rY三・三Y'i.  ,'~.,"''  、、    │       .│
 ''" ,、 ''",,.゙ 、.!i!: i| ! :i!i , ."゙' 、゙ '   │報奨金用に とっておくのだった  │
  ,. ''" //゙レ!:.-=- ;!J".\゙ヽ, ゙' 、.        └─────────────────┘
  / /_r'7')=-=(i-、_゙、\ .ヽ
  /. rrn ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ        r―-、__r―-、
   |.!.!.イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ∵               |―‐z__,r:、__).
  .i! r K, |..\|/  \.        | | /  /___r-、
  i 〉ーく ト / _____|              >―-、__ノr―‐┴'′
  |i i ゙i |......| //__ ___ |       ,. -‐'''" ̄ ̄`―〇ニニニヽ
    || | ,リ..  | / / \/ ||                /    \   `〇
  !! ''"  |6---| ・  || ・ ||     |     ヽ
  ..    | \_/ ) __/ |   ∩ この皇恩は、ウリナラある限り |
    | ___ |     ⊂| ̄ ̄|⊃   けっして忘れませんニダ・・・ /
    \ \_ノ ノ        <TДT >(⌒,).  \_______/
      \____/   と入__とノ`、」
334
_____________________
_/_/_/_/_/_/_/_/_/.,:;./_/_/_∧
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ .ヘ
_/_/_/_/,.;::./_/_/_/_/_/,.:;,./_/.γヽヘ.
_/_/_/_/_/_/_/;::::.,/_/_/_/_/  ゝlノ ヘ
'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''|,..: ,;: |
____  ゙;;: ____ |   _,. -i |
ニニニニニil  / ̄ ̄ ̄ ̄/l liニニニニニニil. |  |´ | ,..| !
_||_| l| l二二二二二l/. l l|_||_| l|. |  |-''!´ | !
 ̄|| ̄| l|  | | |l     | ||    l l| ̄|| ̄| l|, |  |_,..レ''  |"''iv,,.
ニニニニニil  | | |l___| ||    liニニニニニニil|      | ~"、,┌──────────────┐
 ̄ ̄ ̄ .   | | |    0| ||;:;,.    ̄ ̄ ̄ ̄ |   ;:;:, .   |.  │もっとも、手柄といっても   .│
,.:;    | | |l ̄ ̄ | ||  ゙゙      |  , _,. - '´,,.,,... │     .....│
____,,wiiv| |_|l___| |l_______|_,,-'´        │朝鮮宮廷は   ....│
,,  | | ,,    ,,| | ,,           │     .....│
  ,, ''';"  ゙;^"" ""''´''          │明軍を頼る他に 手段が無い │
wv、,.,..,.ill,..w''"  ゙'' vw,,'wii,,.       └──────────────┘
 . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 . . .... ..___∩: :: :: ::: :::::: :::::::::::: :_∩_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_∩_:::::::::::::::
   ⊂「__ 」⊃: : :::: :: ::::::::::::⊂「 」⊃_:::::::::::::::::::_::::⊂「 」⊃_:::::::::::::
    /彡ミ゛ヽ;>ー、 . ::: : :: ::::/彡ミ゛ヽ;>ー、 ..:     /彡ミ゛ヽ;>ー、
   / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: :::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i .:::::::  / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i .
    / :::/;;:   ヽ ヽ ::l  . :. :./ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::::...../ :::/;;:   ヽ ヽ ::l
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ  ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ.  ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ
335
    ┌────────────────┐
    │だから 必死になって          ..│
    │      .│
 彡仝.        │明朝文武官に       .│
 彡γ´ ̄ ̄`ヽ.  │      .│
  彡| 「ニ副ニ|  │平壌奪回を お願いするのだった ..│
 ∠くノ `ハ´)    └────────────────┘
    く~((二つ)ニ) 上国と貴国は 唇亡歯寒の関係アル
  ̄ヒ´V`Y
 ∠二ハ二ゝ.          ∧_∧ ∧_∧
    /_!_!_|          <`Д´; >... <`Д´; > 進軍していただきたいニダ
  |_|_|     ⊂  ⊂). ⊂  ⊂)
 【祖承訓】.          (__..(__ ̄).....(__..(__ ̄)
   ∧γ7
    ||=|(
 ("⌒) ,,∧, 州.人ゝ
 ノγ" ̄)?(Y . ┃.
 γ"'| lニニ参ニl  ┃ 兵糧があるなら いつでも進軍するアルヨ
   Lノノミ`ハ´) ┃
   くニヲ””””)7つ   ∧_∧ ∧_∧
  し'〉三Жニ|. ┃.          <`Д´; >... <`Д´; > 平壌を取り戻して欲しいニダ
   /_|_|_ゝ .┃    ⊂  ⊂). ⊂  ⊂)
   /_/ |_|  8         (__..(__ ̄).....(__..(__ ̄)
  【郭夢徴】
336
     / ̄ ̄\
      / ヽ、   \ お願いでございます!
        (>)(< )    | 老爺のお力を持ちまして、小邦をお救いください!
      |  | u.  |
  .        l __`___ U  |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          }__} U .|        ヽ
             {         ./  /    ヽ
     /`ヽ____/  / ̄ ̄フ\ ノ
   / /    ./  /  / / /
    / /   /  /  / / ∠_,-
     / /        /  /  (__/ ∠__,- 丶
  ⊂二⊂ノ      .⊂二_ノ   (________ヽ
      請援使【李?馨】
      ┌────────────────┐
      │そして、遼東に渡った   .│
      │      .│
   ____.     │請援使の 要請も効いたのだろう ......│
.        /´ /⌒ヽ ⌒ヽ`\.  └────────────────┘
    /   , -|  >|< |?、 ヽ
    / /   `ー ●ー ′  ヽ ヽ
  l / .二    |    二 ヽ l よし!【査大受】とは別に
 /⌒ヽ| l l  ─ | ─  | | |
 〉、__ノl |  \      |      ノ   l なるべく手持ちの兵を
 |  ヽヽ ヽ、  |    /   /`ヽ 送る様にしてあげるよ
 ヽ ヽ     ̄ ̄ ̄ ̄  /  l.
 ヽ  \ _______ /⌒ヽ  ノ  ┌────────────────┐
.    〉 `ー──◯──‐ヽ_ノイ..      │遼東の地方官は   ....│
 l /   \    |....    │      .│
  遼東巡撫【カク杰】    │またも中央の裁可なしに 独断で ...│
                       │      .│
 *   + 巛 ヽ       │朝鮮に軍を送ってくれたのだった .....│
   〒 !             └────────────────┘
   + 。  |  |
 *   +  / / + 。  + + 巛 ヽ *
   ∧北∧ / /      〒 !
  (`ハ´ / / +  ./ 》〉 。   +   。  |  |*
  ,-  f | | ∧北∧  *   +  / / 賊を打ち破り
   / ュヘ | * ヽ ヽ `ハ´)_ 。 ∧北∧ / / 手柄を立てるチャンスアル!
  〈_} ) |   ヽ _ヽ  (`ハ´ / / +
   / ! +  。 .| ({__〉 + ,-  f
.   / ,ヘ  |  | |  / ュヘ | *
 ガタン ||| j / |  | |||  ||| .| ,ヘ \ || ||| 〈_} ) | ン
―――――――――――――――――――――――――――
337
 ┌───────────────┐
 │だが、残念なことに              │
 │            │
 │明軍の指揮官は                │
 │            │
 │敵の情報を 知らなさすぎた。 .│
 └───────────────┘
 彡仝
 彡γ´ ̄ ̄`ヽ.
  彡| 「ニ副ニ| ふむ、それで倭賊の様子は?
 ∠くノ `ハ´)
    く~((二つ)ニ)
  ̄ヒ´V`Y..         ∧_∧
 ∠二ハ二ゝ.     <∀´ゝ〉> 長剣だけの1千?2千程度ニダ!
    /_!_!_|    / y(⌒と)
  |_|_|           し( ヾ  〉
 【祖承訓】
 *   + 巛 ヽ
   〒 ! よしっ それなら勝てるアル!
   + 。  |  |
 *   +  / / + 。  + + 巛 ヽ *
   ∧_∧ / /      〒 !
  (`ハ´ / / +  ./ 》〉 。   +   。  |  |* 出撃して
  ,-  f | | ∧_∧  *   +  / /  殲滅してやるアル!
   / ュヘ | * ヽ ヽ `ハ´)_ 。 ∧_∧ / /
  〈_} ) |   ヽ _ヽ  (`ハ´ / / +
   / ! +  。 .| ({__〉 + ,-  f
.   / ,ヘ  |  | |  / ュヘ | *
 ガタン ||| j / |  | |||  ||| .| ,ヘ \ || ||| 〈_} ) | ン
―――――――――――――――――――――――――――
338
  ┌──────────────────┐
  │彼らは えーかげんな情報を信じて   │
  │         .│
  │わずか3千騎で 日本軍のたてこもる ....│
  │         .│
  │平壌城に攻め込んでしまうのだ  .│
  └──────────────────┘
   ∧∧    ∧∧   ∧∧  ;;;;⌒);;⌒)
  /北 \   /北 \  /北 \. 賊が逃げる前に
    ∧,,∧(`ハ´  )      ∧,,∧(`ハ´  )  ∧,,∧(`ハ´  ). .皆殺しにするアルよ!
  ε=━┓Oニ)< >     ε=━┓Oニ)< >    ε=━┓Oニ)< >  ;;;⌒')⌒);;;;⌒);;⌒)
    /  ノ lミl_, (ヾゝ   ./  ノ lミl_, (ヾゝ ./  ノ lミl_, (ヾゝ.       ;;;;⌒);;⌒)
  (o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒)(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒.(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~.彡;;;;⌒);;⌒)
    ノ    ヽ| | ̄ノl ノ ノ    ヽ| | ̄ノl ノ  ノ    ヽ| | ̄ノl ノ. ;;;;⌒);;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
  / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ ./ /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ / /~ヽ ノ'''''''~ヽ _..;;;;⌒);;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
  ヽニフ|_| (_/ ヽノ ヽニフ|_| (_/ ヽノヽニフ|_| (_/ ≡;;; ;;;⌒')⌒)
     (_ヽ       (_ヽ      (_ヽ ≡  ;;;⌒')⌒)
      ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
339
   \          /
   \  \ 丶       /  /   /
       \  \ 丶  ┌──────────┐..../           /
  ヽ  \  \ 丶. │そして、結果は・・・ .│../        /       /
   ヽ    \  \ 丶   └──────────┘      /       /
   ヽ  \  \ ヽ  i.   .|  /     /  /  /
    ヽ    \  \ ヽ i |  / /  /    /
    ヽ  \            /
      \   /!  ,,.rァ
       / l゙ ,,、r'´ /    ---‐‐‐
    ‐‐‐‐---     | l_,.r''´ /
       | ,.、r'!  /     -----‐‐‐‐‐
 ー――――――――       ,,l  ,,r'’  l  /
____________     ./  .l゙ l ./     -----------
   二二二  / ./!  l!  l゙/       _,,.rァ === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  r'´  ./ .|  |                   r''´! ./゙ /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐  |   ./  |  |   /| .| ,l / ./ ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
      | ./   |  |            |  | |/./ . /
    ---‐‐‐‐‐    レ'     | /    .| ./ ./ ./ ‐‐‐‐---
              |./           l/  / ./
    /  /       ;'_/
     /  /    /          \
   /  /  /          丶    \     \
     /  / /  /        | i,    丶  \ \
   /  /    /  /      |  i,  丶  \ \
    /  /    /  /     | i,  丶  \ \
      /    /  /   |  i,  丶  \ \
    /        /  /  |  i,   丶  \
340
        ┌───────────────┐
        │明軍は 日本軍によって          .│
        │            │
      : : : : : : : : : ┏┛.      │あっさり撃退され                │
      : : : : : : : ┏┛.        │            │
      寛奠堡   : : : : ┏┛.          │高級指揮官さえ 戦死し・・・  ..│
鳳凰城   ○     ┏━┛   └───────────────┘
○        ┏━━┛   ヘ北)      . |ヘ(北)∧ ∧_
 ●九連城 ┛         /|( ゚パ)゙i|ヘ(,o)∧ ∧_.     ./|( ゚パ)゙i| ・_) 倭賊ってあんなに強いアルか!
   ┏↑┛             ,r'√|_(⊃ /|( ゚パ)゙i| ・_)  ̄|ヘ(,o)∧ ∧__Ю/| 北∧. ∧_
 ┏┛●義州        ;;⌒`)⌒`) (,(^( ∪~,r'√|_(⊃ Ю/|   /|( ゚パ)゙i| ・_) ) /( ゚パ)゙i| ・_)
 ┃ ↑.       ;;⌒`)⌒`)| ) | )(,(^( ∪~  ̄ ) ,r'√| (⊃ Ю /|  || |,r'√ _(⊃ Ю/|
ー?_   ↑        /. ``) ~'⌒`)⌒`) | )~ || ||.  (,(^( ∪~  ̄ )   ~ ~' (,(^( ∪~  ̄ )
 \   ↑  __ノ... ;;⌒`)⌒`) ~' ⌒`) ;;⌒`)⌒`)  | ) | ) || ´||  `)⌒`)| ) | ) || ´||
    レ'´ ー 、_ ___,.↑ "   ___ l′  ;;⌒`)⌒`) ⌒`)⌒`)  ⌒`)⌒`) ;;⌒`)⌒`)~ ~'
    了 ↑  (             │
    │ ↑  |    _/     广    ┌────────────┐
     / 平壌 l冖 ̄              |_.       │遼東に逃げ帰るハメに ......│
            丿   ■_丿   亅        `ーー 、   │      │
  丿 / ̄    ゙̄'''--、_丿 丿        ヘ、      │なってしまうのだ          .│
                        └────────────┘
341
   ┌──────────────────┐
   │そして、地方官が勝手に軍を  ......│
   │         .│
   │朝鮮に送ったあげく 敗れたことは・・・ ......│
   └──────────────────┘
     ∫ι________/丁了
    丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ  朝鮮救援に行った【祖承訓】敗北! >>
     ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ   【戴朝弁】【史儒】は戦死! >>
            ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
   ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
  ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城 ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
   ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
    /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
    三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
  ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
   │ /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,  /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,, ..│ミミ?
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 彳/三三三三三三彳/.|ミ    彳/三三三三三三彳/ |ミ
.  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ    |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ   .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ
   ┌────────────────┐
   │明朝中央政府を 大いに驚かせた    │
   └────────────────┘
  ___    ___            ___
 / - 、 -、\    / - 、 -、\    / - 、 -、\
   /   , -| o | ゚ |-ヽ   /   , -| o | ゚ |-ヽ   /   , -| o | ゚ |-ヽ 何やってんだ!
. i  /  `- ●-′ |   . i  /  `- ●-′ |     i  /  `- ●-′ |
    |  i 三 | 三 |   |  i 三 | 三 |          |  i 三 | 三 | でも倭賊はそんなに
.    | |. ゝ'゚  ≦ 三 ゚。 .    | |. ゝ'゚  ≦ 三 ゚。 .   | |. ゝ'゚  ≦ 三 ゚。 強いのかよ!
  ヽヽ 。≧  三 ==- ヽヽ 。≧  三 ==- ヽヽ 。≧  三 ==-
  ━ -ァ,  ≧=- 。  ━ -ァ,  ≧=- 。  ━ -ァ,  ≧=- 。
    /  イレ,、  >三  /  イレ,、  >三  /  イレ,、  >三
   ≦`Vヾ  ヾ ≧   ≦`Vヾ  ヾ ≧   ≦`Vヾ  ヾ ≧
   。゚ /。・イハ 、、 `ミ 。   。゚ /。・イハ 、、 `ミ 。  。゚ /。・イハ 、、 `ミ 。
342
  ┌──────────────────┐
  │当然ながら、遼東に    ....│
  │         .│
  │追加で兵を送ろうという話になったが・・・ ...│
  └──────────────────┘
 敗戦の処罰はするとしても、いまは倭賊対策を優先させるアル
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
地方軍だけでは    ∧_∧  侵略を 防げそうにないアル
 ̄ ̄ヽ( ̄ ̄ ∧∧  n (`ハ´;,,) ∧_∧ ̄ノノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /( `ハ) (m)v )_ ( )
  ∧∧'⌒  ) ̄ ̄ ̄ ̄  ∧_∧/⌒ 増援を 送るアル・・・
  ./( `ハ´) /  (  )   ̄ノノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | i′  ./   /⌒ / |.l .|
 | l∪./   ../ / | |」/||
 | `/   ...ι ゝ | |||
  、 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/__.」/||
      ||
  ┌──────────────────┐
  │またしても問題となったのは、  .│
  │         .│
  │朝鮮にまで 軍を送るか どうかである    │
  └──────────────────┘
|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||||
i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!!i!!  ∧,,__∧ ・・・・・・ !i!i!|||ii| ||| ||
i|||i|!| ||!・・・・ ∧,,∧ (`ハ´;..) ∧_,,_∧ !i!i!|||ii| |||
!i||.. /(;`ハ) ( _ (; )
 ・・・・ ∧,,∧'⌒ )  ̄ ̄ ̄ ̄ ∧_,,∧/⌒/ |
  ./(;`ハ´)/  (; )ィ  |
 | i′  ./   /⌒ / |.l .|
 | l∪./   ../ / | |」/||
 | `/   ...ι ゝ | |||
 、 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/__.」/||
      ||
343
    ┌────────────────────┐
    │援兵について、中央政府の圧倒的多数は ...│
    │       ....│
    │やっぱり否定的であった    .....│
    └────────────────────┘
        _____    _____      _____
. /     /⌒\/⌒ヽ  . /     /⌒\/⌒ヽ .    /     /⌒\/⌒ヽ
 / , ?|  ・|・ |、\         / , ?|  ・|・ |、\    / , ?|  ・|・ |、\ とにかく
 /  /  ` ー ●ー ′ヽヽ      /  /  ` ー ●ー ′ヽヽ    /  /  ` ー ●ー ′ヽヽ 国境を
  / /  二二 |  二  ̄ノ    / /  二二 |  二  ̄ノ  / /  二二 |  二  ̄ノ 固めるべし!
  l  /  /⌒\ ── |  ─ /     l  /  /⌒\ ── |  ─ / l  /  /⌒\ ── |  ─ /
  |  | /  ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄  |  | /  ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ |  | /  ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄
  l  | |    / /⌒ヽ l  | |    / /⌒ヽ l  | |    / /⌒ヽ
 l | ヽ /⌒ヽ⌒ヽ  |/ヽ__ ノ  l | ヽ /⌒ヽ⌒ヽ  |/ヽ__ ノ l | ヽ /⌒ヽ⌒ヽ  |/ヽ__ ノ
  ヽヽ  `ー───┴─7  /   ヽヽ  `ー───┴─7  /  ヽヽ  `ー───┴─7  /
  >━━━━━O━━ /  >━━━━━O━━ /   >━━━━━O━━
   ___
  /  - 、- 、\ だいたい こっちも朝鮮に土地勘ないじゃん
 /   , -|/ ・|∠ !-ヽ あくまで地の利を活かして
  i   / `- ●-′ i. 遼東防衛に集中すべきだよ
  |  i   三   | 三 )
  ! |   / ̄ ̄ ̄/ ̄ 朝鮮には「声援」を送るだけにしとこうよ
 ヽ ヽ ヽ(二二)_
  l━━━o━?○
 大多数の官僚のみなさん
        _____
 . /     /⌒\/⌒ヽ
  / , ?|  ・|・ |、\ それに、遼東に賊をひきつければ
 /  /  ` ー ●ー ′ヽヽ 賊の補給線を 伸ばすことができる。
  / /  二二 |  二  ̄ノ
  l  /  /⌒\ ── |  ─ / 逆に わが軍が 朝鮮に行けば
  |  | /  ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄  こっちの補給線がのびちゃうよ!
  l  | |    / /⌒ヽ
 l | ヽ /⌒ヽ⌒ヽ  |/ヽ__ ノ あくまで国境を固めるべし
  ヽヽ  `ー───┴─7  /
   >━━━━━O━━ /
  大多数の官僚のみなさん
344
  ┌──────────────────┐
  │だが、またしても               │
  │         .│
  │朝鮮への援兵を 強硬に主張したのが    .│
  │         .│
  │兵部尚書【石星】だった         .│
  └──────────────────┘
        _,,.-z
      _  i'":::::::: ゙̄''‐-、_
      >:ヽ:'":::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ,
       /::::::;;;;:::;;;;::::::::::::::::::::::::::::::_;;i 、ノ゙''‐''"
       7,;::::::i!!!Y!!!!:::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:/::|、 u !;::i、::i::;::::::::::_ノ. だから みんな甘すぎるって!
       /ムY、、ヽ、   y"Vヾ'',,-,:7
       |゙'ヽ、,,!  /,.-‐''"~ }∠、 朝鮮を失えば・・・・
       |、 o ).   o  ノ.|::;;;::)
       |゙〒‐" u  ゙==" |:i/  倭賊は海路を使って
       | ヽヽ  _,,,-'工]/-‐、 どこからでも
       | |コココ工!┴ '"  | |''":/ 中国に侵入できるように なるんだよ!
       | |,, -‐-,-――--! |:::/_,,,
             !.!工エココココエ工ソノ:::7::::::!/"''V⌒
       」ヽ、 ‐≡‐ v. ,.イ:::://:::::::::::::::::::::
     ,r''" ̄ヽ:::!ヽ、,,_,,.::'"  !/!/:.i:::::::::::::::::::::::
     / L -‐''" !N  ト、  /: :i:::::::::::::::::::::::
    . / .:::!   ... :::|: \/: : : i::::::::::::::::::::::::
      / ... :::! ......::::::::::|: :/ ヽ : : /:::::::::::::::::::::::::
     / .. :::::::! ..:::::::::::::::::::::::|/! ノヽ /:::::::::::::::::::::::::::
      兵部尚書(軍務大臣)【石星】
  _____
  / ? 、?、 \
  /  , -| /・|・\|- 、ヽ
  /  / U ` ?●- ′ ヽi. ・・・・ ・・・・
  | / 二  | 二   |
  | |  ─  |__ ─ !
  ヽ ヽ   __) /
  \ ヽ  _) /
 l━━6━━━━┥
 | / \ |
345
  _   , -─- 、
  / ニ `′二_`ヽ.\
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ なぜ今まで 倭寇の被害が
 / / , l f'``"" | ト l l |  江南に集中してたのか・・・
 ! | 〃 , |    l | l |、 | |.|
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  | それは、朝鮮が壁となって
. | /l''==a= , =a==''|r、! 防いでいたから だろうがっ!
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ
.  トl.|   _ ヽ _   l'イ|
 l l.ト、.‘'''" ̄ ̄`'''’,イ l |
-‐'''l ! l.\   ̄  / | l |`:ー-
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
  北京  ノヽ,    i´     r‐^i
        ◎  _,,,,r'´ / _        _ノ´     { ヽ
              (_  ̄´  `ゝ i´                  丿 .}
                  }   く \     。 / .r´
        `´ ̄_つ  `~ヽ    ヽ         ,、 ノ i
             r'´   く i         〉`'´  /
     /   }    |      °    i´    〉
        \        i´ _r‐' r--‐‐'´ ̄◎京都 ´レ'
              `i  `‐'´ ο  i二,ィ---‐‐‐'フ / ̄
              南京 \ ⇔  r'●ヽ、i´ ̄ ̄} ヽ‐'
        ◎ < ⇔  ⇔ ⇔ ⇔ 博多i´ `´ ̄´
                _丿⇔ ⇔ ⇔      レ、丿
                  `ヽ,⇔ ⇔
    寧波●ノ⇔ ⇔
     ノ
    r'´
   丿
346
. ,': : : : : :/:./ i: / ̄ヽ、 ∨∧: : :iヽ: ヽ: : i: : i
.  ,': : : : : :/:./ /:/==x、_ ハ ∨∧/:.:i \:ヽ:.i: : i
. ,': : : : : /:./  彡´  ヾ、ハ} .〉 {レヽ≠=x {ヾ i i: i だが 倭奴が朝鮮を手に入れたら・・・!
.  ,': : : : :./イi 、  O ` /´ :// .e  / .i: : / i:/
. ,': : : :.:/-i: :i ヽ______ノ  { ヽ==イ .i: / 賊は 中国沿岸の
..〈: : : :,/ i i: :i    ゝ-┐ i:/  どこへでも進入できるようになるっ・・・!
. ∨:./i i⌒: i し             /  .i
 i:/: :i ヽ_i:.i u   , /´  i そうなれば長い沿岸すべてを 守りきることなど不可能っ!!
 i: |: : ヽ_i:i /‐--- __ __ ___ イ .i
.  i: :i: : : : : : :.i / ̄ ̄ ー-==--- i i 中国の安全保障上、
  i: : i: : : : : : :.i /r------、_:::_ zzz::::::::i ..i  朝鮮は寸土たりとも 失っては ならないのだ・・・
 i: : : i: : : : : : : i  i  ヽ ヽ:i .i
./: : : :.i: : : : : : : i  \---- ニニニニニニコ i 朝鮮に軍を送るのは、朝鮮のためじゃない。
: : : : : :i: : : : : : :.:iヽ  ` ̄   /  中国本土 防衛のためだっ・・・・!!
   兵部尚書【石星】
  北京  ノヽ,    i´     r‐^i
        ◎  _,,,,r'´ / _        _ノ´     { ヽ
              (_ ⇔ ⇔ ⇔ `ゝ i´                  丿 .}
                  } ⇔ ⇔ ⇔.く \     。 / .r´
        `´ ̄_つ ⇔ ⇔ ヽ    ヽ         ,、 ノ i
             r'´ ⇔ ⇔ ⇔.く i         〉`'´  /
     / ⇔ ⇔ ⇔ . }    |      °    i´    〉
        \ ⇔ ⇔ ⇔ ..i´ _r‐' r--‐‐'´ ̄◎京都 ´レ'
              `i ⇔ ⇔ ⇔ .`‐'´ ο  i二,ィ---‐‐‐'フ / ̄
              南京 \ ⇔  r'●ヽ、i´ ̄ ̄} ヽ‐'
        ◎ < ⇔  ⇔ ⇔ ⇔ 博多i´ `´ ̄´
                _丿⇔ ⇔ ⇔      レ、丿
                  `ヽ,⇔ ⇔
    寧波●ノ⇔ ⇔
     ノ
    r'´
   丿
347
 ┌──────────────┐
 │中国の安全保障のためには ....│
 │     .....│
 │朝鮮半島を失ってはならない。 ...│
 └──────────────┘
          丿  |\
         /        |  `‐-〆
         ,、  .ノ   r`´ ノ
  r-‐‐-、            ,-‐'  ̄  レ^‐-、丿
 ノ `,          ,,,r‐-,  }    r‐^,
. r‐'´       ,'  _ノ / /`ヽ  r‐´   { }
ノ   ,'          `-, `´ / `┏━━┓          /  /
   ,'  , ' ' `‐´`_つ  `'‐-、.....┃朝鮮┃ .,、 ノ   |
  '、_ , -、__ , ‐ '  ノ  く.. ┗━━┛ .丿`´   {
     く  丿  _|     ,-‐-‐'      ┏━━┓
  ┏━━┓    .ヽ   '-‐'´~ο ニ二 -‐‐、  r-‐^..┃日本┃
  ,-‐-、 ┃中国┃  .,‐-、_ ヽ  o  r'´ヽ ィ二コ ヽノ.... ┗━━┛
-‐'´.. ┗━━┛ .,, ' `‐)        }  .}
          `‐´  `-‐´  <       `‐´
             )   。° ┌───────────────┐
            ノ          │のちに日清戦争・朝鮮戦争が    │
                 r'´   o.    │      ...│
             丿  ο   │起こったとを考えても        .│
               ノ´, っ  °        │      ...│
     ,、  , - '  / /  。。 °            │納得のいく理屈である。   │
 ̄〉 r---‐' ´  `~´  { 丿              └───────────────┘
  `‐`    `´
348
  ┌───────────────┐
  │で、やっぱり【石星】の意見が    .│
  │      ...│
  │もっともだ ということになり・・・  .│
  └───────────────┘
   ____   ____   ____
 /   \   /   \   /   \
 /  ノ -、 -ヽ ヽ  /  ノ -、 -ヽ ヽ  /  ノ -、 -ヽ ヽ
  /  , -|/‘|< |-、 |... /  , -|/‘|< |-、 |... /  , -|/‘|< |-、 | ( ・・・まあ、何かあれば
 ○/  ` - ●-′ |.    ○/  ` - ●-′ |.    ○/  ` - ●-′ | ヤツに全責任を
.  | | 三 | 三 /.... | | 三 | 三 /.... | | 三 | 三 / 取らせればいいか )
  |  |  /⌒\_|/^/     |  |  /⌒\_|/^/     |  |  /⌒\_|/^/
  |  |━━━(t)━━、      |  |━━━(t)━━、      |  |━━━(t)━━、
  | /__ ヽ |_|      | /__ ヽ |_|      | /__ ヽ |_|
.  i  l ヽ___/ノ j_).      i  l ヽ___/ノ j_).      i  l ヽ___/ノ j_)
 ヽ  ` ── ′/.        ヽ  ` ── ′/.        ヽ  ` ── ′/
 ⊂二⊃⊂二⊃.        ⊂二⊃⊂二⊃.        ⊂二⊃⊂二⊃
349
軍人からしたら当然の発想ではあるんだが、問題は日本がそこまでやれる体力があるかどうかって問題もありそう
350
   ┌──────────────────┐
   │明朝としては、朝鮮に大軍を送ってでも ..│
   │         .│
   │日本軍を一兵残らず                   │
   │         .│
   │朝鮮から 追い出す方針になったのだった....│
   └──────────────────┘
                 J\_,,.. -‐' ̄し--‐'フ      J\_,,.. -‐' ̄し--‐'フ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(
            /::::::::大::::::::::明:::::::::::::>    /:::::::::大::::::::::明::::::::::::::>
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             /:::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::/     /:::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::/
   /し-、;;;;'^‐-;,_/ ̄      /し-、;;;;'^‐-;,_/ ̄
           /                  /
      ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
  (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨
  (|    ┃ (|    ┃ (|    ┃ (|    ┃ (|    ┃ (|    ┃
      ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
 (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨
 (|    ┃ (|    ┃ (|    ┃ (|    ┃ (|    ┃ (|    ┃
   ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
 (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨
 (|    ┃ (|    ┃ (|    ┃ (|    ┃ (|    ┃ (|    ┃
    ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
  (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨
 (|    ┃ (|    ┃ (|    ┃ (|    ┃ (|    ┃ (|    ┃
351
     ●
     ●
     ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  . ∧ ∧ ⌒`).ドし'⌒^ミ `)⌒`)ォ  .  ∧ ∧ ⌒`).ドし'⌒^ミ `)⌒`)ォ
(´⌒(´ (`ハ´)つ  ド  ∧ ∧⌒`)  (´⌒(´ (`ハ´)つ  ド  ∧ ∧⌒`)
(´⌒(´( つ/] / ォと(`ハ´) 突撃アル―!!(´⌒(´( つ/] / ォと(`ハ´) 突撃――!!
―― ( |  (⌒)`)― ォ ヽ[|⊂[] )`)――― ―― ( |  (⌒)`)― ォ ヽ[|⊂[] )`)―――
 .人し'⌒^ミ 人人ォ (⌒) |          .人し'⌒^ミ 人人ォ (⌒) |
     (´⌒(´⌒`)⌒`) ┌─────────────┐..
  (´⌒(´よっしゃぁ!`)⌒`)...│そして、      .│.)⌒`)
     (´⌒(´∧ ∧⌒`)`)`)⌒`.│        │ )`)⌒`)
    (´⌒(´(`ハ´)つ `)`)  │この決定のおかげで・・・    .│ )`)
   (´⌒(´⌒  (´⌒( つ |〕 /⌒`)⌒`) └─────────────┘.`)⌒`)
 一番乗りモラタアル!! ( |  (⌒)`)⌒`)  一番乗りモラタアル!! ( |  (⌒)`)⌒`)
  . ∧ ∧ ⌒`).ドし'⌒^ミ `)⌒`)ォ  .  ∧ ∧ ⌒`).ドし'⌒^ミ `)⌒`)ォ
(´⌒(´ (`ハ´)つ  ド  ∧ ∧⌒`)  (´⌒(´ (`ハ´)つ  ド  ∧ ∧⌒`)
(´⌒(´( つ/] / ォと(`ハ´) 突撃――! !(´⌒(´( つ/] / ォと(`ハ´) 突撃アル―!!
―― ( |  (⌒)`)― ォ ヽ[|⊂[] )`)――― ―― ( |  (⌒)`)― ォ ヽ[|⊂[] )`)―――
 .人し'⌒^ミ 人人ォ (⌒) |          .人し'⌒^ミ 人人ォ (⌒) |
 人 人  人 人 人し´人   人 人  人 人 人し´人
352
  ┌────────────────┐
  │一時は                    .....│
  │      .│
  │滅亡必至と思われた朝鮮が・・・ ....│
  └────────────────┘
┌────────────────────────────────┐
│:::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ...│
│ . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      .│
│ . . .... ..___∩: :: :: ::: :::::: :::::::::::: :_∩_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_∩_:::::::::::::::::::  .│
│   ⊂「__ 」⊃オワタ…: ::::::::::::⊂「 」⊃オワタ… ⊂「 」⊃オワタ… ......│
│    /彡ミ゛ヽ;>ー、 . ::: : :: ::::/彡ミ゛ヽ;>ー、 ..:     /彡ミ゛ヽ;>ー、 . ...│
│   / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: :::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i .:::::::  / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i .    .│
│    / :::/;;:   ヽ ヽ ::l  . :. :./ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::::...../ :::/;;:   ヽ ヽ ::l ......│
│ ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ  ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ.  ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ......│
└────────────────────────────────┘
                     befor
      ↓
      after
        ┏┓                ┏┓   巛 ヽ.                 ┏┓      ┏┳┓
┏━━━┛┃┏┓        ┏━┛┗━┓  ┏┓ + 〒ー|    ┏┓    ┏┓┏━━┛┗┓┏┓┃┃┃
┗━┓┏━╋┛┗━┳┳┳╋━┓┏━╋━┛┗┳━|  |┳━┛┗┳━┛┗╋━┓  ┏┻┛┗┫┃┃
    ┃┃  ┗┓┏┓┃┃┃┣┓┃┃┏╋┓  +┻ +/ /┻┓  ┏┻┓  ┏┛  ┃┃┃┏━┓┃┃┃
    ┃┃    ┃┃┗╋┻┛┃┃┃┃┃┣┛ ∧_∧/ / .┏┛┃┃┏┛┃┃┏━┛┃┣╋━┛┣╋┫
    ┗/´》〉  ┗┛  ┗━━┻┛┗┛┗┻━<`∀´_/ /  ┗━┻┛┗━┻┛┗━━┻┛┗巛 ヽ┻┻┛
 * | 〒  /⌒ヽ | 〒 ||| ,.へ´_|_ヽ  ,-r、,r/」  f |||  ∧ ∧,.へ,  〒 ! /⌒ヽ 〒 !
     |  |  < `∀´>  | 人l ァ'``∀´>/_ュヘ〈|7 | *   <゚∀゚ `ァ ノ +   |  | ( 个  ) |  |
 +  |  { | .|   { .(__)、 ○〈_}ノ :   | +  O    /:-一;:、 / /. |  | ./ /*
 ヽ ヽ | .|.ヽ ヽ (___)  、 〈  く/ ヽ__,」 +   ) ミ;;★:;:;:;ミ/ /   |  |/ /
  ヽ  ヽ,, ´∀`) ヽ  ヽ`∀´ >__ノ ヽ__) / ,ヘ   | __,, '´ ̄`ヽ__ <・ω・´/ / <・∀・ / /
 ,.へ ■ヽ ヽ  ー、 ヽ  ー、  / / |.  | ★((ハヾヽ,.べ, ミ三彡 f ,-  f+
 l ァ'^▽^> i  ,rュ ', i  rュ ',┌──────────────┐ ..|  / ュヘ |
 ヽ  ○.| /{_〉,.へ∧ ∧{_..│一転して    ....│ ..| 〈_} ) |
 |  、 〈 |  〈 l ァ';・∀・>. │     .....│ ....! |||  / ! |||
||| l__ノ ヽ__)|   ,ヘ. ヽ ヽ  ○ヽ..│奇跡の復活を果たすことが    │......|  / ,ヘ  | ガタタタン!!!!
                  │     .....│
                  │できたのである。   ....│
                  └──────────────┘
353
         _  _
  , -─ゝ `ヽr'´    `>   ┌───────────────┐
  ∠  -─- ミ   二 ´ ̄ >.     │だから朝鮮では              │
 , '  ニ-‐ r─ ミ  -‐ 、\.        │      ...│
 / / | r;ニV三、 ヽ ヽ.  l  \.    │【石星】を最大の功績者として │
.  l /   :|  |    l  | ヾ`.        │      ...│
 │    /    l |  :|. トi  |.   │平壌に肖像画を掲げ   │
 │  / / ,1 L_ :!│l ト、ヾ |.      │      ...│
.  ! !  / / レ'  `ヽ  ゝ!´ヽ! \ 、|..         │深く感謝するのであった      │
.  | | ノヾ、二raニ  ('ra二フ"レ′         └───────────────┘
    |  _,、イ|          `ー-; :|
 |  ヾニ|:|        - /  |
 | | |  | ヽー----------‐ァ :|
    | |  |  | ` ー-------‐´  ト
.  | l/ヽ. ヽ  ー一  / |   ∧∧   ∧∧   ∧∧
 _レ':::;;;;;;;;ト、 l.\           ,.イ , l.  <,, >      <,, >      <,, >
 ̄:::::::::::;;;;;;;;;;| ヽ. l l ヽ、..__.// |ル^::ー- ⊂  ヾ      ⊂  ヾ      ⊂  ヾ
:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|.  \!         , ' :|;;;;;::::::::::... .( ,,)? .   .( ,,)? .   .( ,,)?
::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  \ / :|;;;;;;;;;:::::::
   / ̄ ̄\
    /  _ノ \
    | ( ─)(─) ほんと、ウリナラが滅びなかったのは
    |  (__人__). rm、 【石】尚書のおかげだろ
    |  ` ⌒´ノr川 || 常識的にだ考えて。
    |     } .ゝ ノ'
    ヽ     } .| ||
   ヽ  ノ _| ||
  /  ⌒'' ̄_  .ノノ
  | ,─ ィ ̄ ̄
    |    i
 【柳成龍(リュウセイリュウ)】
354
     ●
     ●
     ●
   ┌─────────────┐
   │しかし、残念なことに・・・ .│
   └─────────────┘
     ●
     ●
     ●
355
    __
          /´  `ヽ ,r'"⌒`' 、
          /   ヾ¥r  \
      /  ヾf r        ヽ  ┌────────────┐
      /       f゙゙゙''''"""1  ヽ  │【石星】は 数年後        │
  /     |:::u:::::::::::::::|  ヽ │      │
 l   ,イ l| .ト、:::lj":::::::::::l  |l  ヽ │罪を得て投獄され         .│
  |    ノ:/ノl l:::::ヽ::::::::::::::::::| .|:|      ヽ │      │
 |  f´r=",、レ::::::::::ヽ::::|j:::::::::l|:::|. r、     l.  │獄死して しまうのである │
  | /|  |?  ヾ_、.._:::::l::::::::::::,r'''"レ'「´l |.. └────────────┘
 | lに| .|:? ``ヾ::::::::::::;r,====ッ  l
  |  | し| |::::::ミ、◎ :::::::::/´  ,、リ ノ
. / ヽ、| |::::::: `ヾ=‐='"::u::/◎  _..ノ:/_. -'´
/  /| |:::::: |j |j:::::ヒ≡三= /
  /:::| |:::::___ U  u  ::::::`''ッ l          ,. -‐──────‐‐- 、
/:::::::||  .| f⊥⊥T‐r、__ r'::/ u /    /    ヽ
::::::::::::| |  ト、`┴'┴±±r干,コ'ェn /    /      |
:::::::::::| |  |:ヽ _  ̄`'┴'‐'リ     |  ,人 __ __  |
::::::::::|  |  |:::::ヽ u ≡三≡ u /        ヽ     }  ( Y )  |
:::::::::|ヽ |  |:::::::ヽ u  _.、 ‐ヘ            ヽ  ノ  (○)(○ )     |
:::::::::|  ヽ|  N :::::::\_.. ‐''´ /::::::::::::\   /  く \ /~  /
:::::::::|  ヽ |  :::://  /::::::::::::::::::::::\.      |  \. \__/ ←連座させられて失脚
            |     |ヽ、二⌒)
356
    ●
    ●
    ●
   ┌──────────┐
   │だが それでも・・・ ...│
   └──────────┘
    ●
    ●
    ●
357
ィニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
||┌────────────────────┐.||
||..|爻乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂爻| .||
||..|爻イ只二二二二二二二二二二二二二二二二只ト爻| .||
||..|爻イ.|           ,. ----- 、__         |ト爻| .||  ┌───────────────┐
||..|爻イ.|    /  -=´、 ....|ト爻| .||  │だが それでも朝鮮では  ......│
||..|爻イ.|            /   ,ィ\l ヾv ..|ト爻| .||  │      ...│
||..|爻イ.|   |   /  .|    |       |ト爻| .||  │【石星】の肖像画をかかげ続け    .│
||..|爻イ.|   | ルナメ、 ,.ゝt、 |  |ト爻| .||  │      ...│
||..|爻イ.|   | ノ||゙せラ  せラリリ   |ト爻| .||  │祀ることを 止めないのであった    │
||..|爻イ.|   |. |ヒリ    , 7 |      |ト爻| .||  └───────────────┘
||..|爻イ.|   |. ゞl ヽ三三 ヲ l        |ト爻| .||
||..|爻イ.|   |  |ヽ ≡ /          |ト爻| .||
||..|爻イ.|           _ノ/| | \ /|_      |ト爻| .||
||..|爻イ.| _.. -‐ '' "´≡≡ | |. `| | `" '' ‐- ._ |ト爻| .||
||..|爻イ.| l ≡≡≡ ≡≡≡ Nリヽ/ リリ≡≡≡≡≡l..|ト爻| .||
||..|爻イ.|| ≡l ≡≡≡≡≡ |\ <>/|≡≡≡≡ l ≡||ト爻| .||
||..|爻イ廿二二二二二二二二二二二二二二二二廿ト爻| .||
||..|爻乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂爻| .||
||└────────────────────┘ ||
ヽニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニノ
      ∧∧   ∧∧   ∧∧
     <,, >      <,, >      <,, > ナムナム
     ⊂  ヾ      ⊂  ヾ      ⊂  ヾ
     .( ,,)? .   .( ,,)? .   .( ,,)?
358
   -'´ ̄ ̄ ̄ ゙ '- 、
    .r´'   ヽ
   .( ,nヾ、_、_、__、-   l でも【石星】って、天朝では罪人だろ!?
     π  ⌒ ⌒  r  !
   (|  二゚   ゚二 F-、j 祀り続けていいのかねぇ
    .!  ∩ .i ∂!
    i  ,.-'´ ̄`'‐、 .!- '
      .(二ヽ、_    _,ノ二二)
  /  Y '|| (_ヮョヮ_〉>   ヽ \ ← 前線をドサ周りしてたから
   ,´  i  || >',〉llll〈/< 〓〓.l ', 当時の事情をよく知らない
  朝鮮国王に即位した【光海君】
  / ̄ ̄\
 / \  ヘ. \
    |  (●)(●) | あのとき、【石】尚書が
    |     |  │ 万論を排し、
    | __`___ u | 援兵を主張してくれたからこそ
    |   ./__ヽ .|
 ヽ        / ウリナラは亡国を免れたのです!
. ヽ       /
.       /   く
    |    |
    |     |
  【李徳馨】
  _____
 /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
  |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
  |::::::::/ \:三::/i:::| 【石】尚書なかりせば、
  |:::::::〉( ●)::( ●).| 今のウリナラは無かったでしょう
  .(@ ::::::⌒(__人__)⌒)
    | u   |i|!i|!| | その功を忘れてはなりません!
 \   `⌒´ ,/
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
 | \/゙(__)\,|  i |
 >  ヽ. ハ  |   ||
  【李恒福】
359
   ___
  / ̄   ̄\
   /   ヽ. ・・・そうか
  / ─、_____ ヽ
  ゞ|    (,-‐、| それなら
  〉 ─- -─ 6 } よしとするか。
   {    ト、_ノ
   ヽ ー‐━──' l
 l.TTT l  ゝ、_ ̄____ノ二二)、
 | ∩く \ ,◇、/\  \
 ゝ、_ノ ゝ \ ∠ -‐七 i !
  朝鮮国王【光海君】
                     ,.-'´  ノ
                    ノ ノ⌒'' - ''´
                    (  (
                    ii ii
                    || .||   ┌───────────┐
                    || .||   │当時の朝鮮の人士は、   │
                    || .||   │    │
                    || .||   │決して恩知らずでは    │
                    || .||   │    │
                    || .||   │なかったのである .....│
                    || .||   └───────────┘
                    || .||
                  _,,.. --||-||-- ..,,_
              (`''─------─''´)
    /`''─------─''´',
             {   }
                  ヽ..,,,_  _,,,..ノ
             ノ__ノ ̄ ̄ヽ__ヽ
360
本日は以上です
ありがとうございました
次回は未定です
362
乙乙
冒頭の宣祖実録の文が漢文として違和感を感じる……これが地域差なのか
364

うーんこの足並みの揃わなさよ
365
皮肉なことだが明朝が戦争ばかりしていた軍事国家だったら、国土の防衛しやすかったんだろうなぁ。
>>333
とっておいたとあるけど、もしかしたら銀が流通できず、使えなかったのかも。
20世紀に入っても、朝鮮の地方だと貧しすぎて銅貨しか使えず、
銀貨で支払おうとした日本軍が食料を購入できなかったとかあったらしいし。
372
>>365
そうだよ。朝鮮は自給自足が基本で流通が未発達であったため、銀を食料に変えられなかった。
そして朝鮮は食糧現物支給を要請した。
結果、輸送力も不足して明鮮軍は補給に失敗。大軍の維持や運用に支障が出た。
381
乙乙! そりゃまあここまでやってくれた上に獄死したなんてなったら、祀る以外にやれん罠。
>>365
防衛戦争は毎年やってんだけど、外国遠征はやっぱり勝手が違うんだろうね
369
当時は恩知らずじゃなかったんだなぁ
それはさておき、何の罪で獄死するに至ったんだろう?
379

続き・詳細・画像をみる


年上イケメン上司「休みの日2人で会いたい。」 私「最近忙しくて。」→結果wwwww

【追記済】職場の先輩から上司を略奪デキ婚のコトメ結婚式に行きたくない

真姫「できたわにこちゃん、感度が3000倍になる薬よ」

サミー『パチスロ北斗の拳強敵』のティザーサイトやスペックが判明!!販売台数は65000台の模様

どうして生物は自分の種を残そうとするの?

【悲報】 中国、50世帯でTV、エアコン、扇風機が同時爆発 原因は不安定な電圧

【世相】消えゆく「HB」鉛筆 学校の主流は「2B」に トップ交代の理由

【放送事故】 指原莉乃さん 水着から異物がはみ出す放送事故が発生wwwwwwwwwwwwwww

FF7のクラウドって大剣を背中に背負ってるけどどうやって貼っつけてんの?

【速報】アイマス、スマホでリズムゲーを出す

韓国、レ●プなどの性的暴力事件は1日平均73.6件にのぼる ←こんな国に未だに行く奴wwwwwww

【悲報】マガジン、急激に気持ち悪くなる

back 過去ログ 削除依頼&連絡先