「伊織のグルメ」back

「伊織のグルメ」


続き・詳細・画像をみる

1:
お盆に乗っているのは大きなどんぶり、それと長方形の平皿。
あとは冷水の入ったコップだ。
丼の中には黄色に染められたうどん。
平皿の方には、私の顔ほどもあるのでは無いか、と思うくらい大きな野菜のかき揚げが鎮座している。
茹でたてのうどんからは湯気が立ち上るが、香りはない。
そう、このうどんにはつゆが無いのだ。
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428411503
4:
私がどんぶりとにらめっこをしていると、だんだん店内が混み始めてきた。
時刻は正午を過ぎた所。
周辺の会社員などが昼食を摂りに来たのだろう。
背広やワイシャツ姿の男性が多い。
というよりも大半である。
さて、スーパーアイドルである私、水瀬伊織ちゃんが、何故そんな会社員達に紛れて食事を摂っているのか。
時間は昨日まで遡る――――――。
5:
伊織「で、話って何よ?」
仕事が終わり事務所に戻って、100%オレンジジュースで疲れを癒していた時だった。
プロデューサーが話があると言って、私を呼びつけたのである。
仕事終わりのこの一杯がたまらなく幸せな私にとって、至福の一時を邪魔されこの上なく不機嫌だった。
しかしそれを意に介さずプロデューサーは口を動かす。
どうやら私に冠番組の話が来ているというのだ。
6:
まぁ、スーパーアイドルであるこの私なのだから、冠番組の一つや二つ、話が来ても当然だろう。
むしろ遅いくらいだ。
だがここで疑問が生まれる。
――――どんな番組なのだろうか?
その疑問をプロデューサーにぶつけてみた。
個人的には、歌ったり踊ったりは当然として、もっと私のプリティーでエレガントな部分を視聴者に見せたい。
しかしプロデューサーからの返事はそのどれとも違うものだった。
伊織「グルメ番組ぃ!?」
7:
そう、アイドルであるこの私にグルメ番組の話が来たというのだ。
確かにそこらのアイドルよりも舌が肥えている自信はある。
年末の格付け番組でも不正解は出したことが無い程だ。
伊織「ま、まぁこの伊織ちゃんだったらどんな高級なものでも完璧にレポーt……え? 違う?」
プロデューサーが言うには、このスーパーアイドル伊織ちゃんに、あろう事かファーストフードやら何やらのレポートをさせようという魂胆らしい。
伊織「な、なんなのよその企画!」
プロデューサーが言うにはこうだ。
アイドル界きってのお嬢様である私が、庶民の食べ物を食べた時にどんな反応をするのかを放送し、新たな一面をファンの皆に届ける。
という事らしい。
8:
なんとなればもう企画は通っているらしく、来月には撮りが始まるらしい。
あまりいい気分にはなれないがこれも仕事である。
やるとなれば全力で臨みたい。
という訳で、少しはそういった物に慣れておこうと思い、事務所近くのうどん屋さんに脚を運んだのだった。
伊織「なるほど、先にオーダーを済ませてから席に座るのね。カフェなんかと同じじゃない」
メニューはカウンターの上に掲げられているのでそれを見ればいいだろう。
何だ、全く未知の世界という訳ではないと思った矢先だった。
伊織「ここは素うどんしか置いてないの……?」
9:
掲示されているメニューには、うどんに欠かせない天ぷらやその他の具材が一切載っていない。
一体どうなっているのか……。
かけうどん、ざるうどん、乗っていて卵や刻みネギだ。
カレーうどんもあったが、汁が飛び跳ねて服が汚れてしまうのは避けたいので除外。
とりあえず突っ立っていても仕方がないので、わかりやすく卵の乗っている物を注文しよう。
レジの置いてある所へ行こうとしたら、厨房の中から調理をするおばさまから呼び止められた。
おばさま「ちょっとお嬢ちゃん、先にうどんを注文してもらえるかい」
伊織「あ、すみません……。私、初めてなものでよく分かってなくて……」
10:
最初からこうしていれば良かった。
目の前に店員がいるのだから、システムを聞けばいいのだ。
おばさま「そうなのかい、じゃあおばちゃんが教えてあげるから。ほら、どのうどんにするんだい?」
伊織「えぇっと、釜玉うどん、っていうのを一ついただけるかしら」
おばさま「はいよ、釜玉だね。卵はかき混ぜるかい?」
伊織「(良く分からないけど)お願いします」
11:
私が注文するとおばさまは茹で上がったうどんをそのままどんぶりに放り込んだ。
冷水で締めないのかと思ったが、そういうものなのだろう。
続いて丼の中に生卵が入れられる。
オレンジがかった黄身が菜箸でかき混ぜられてうどんに絡まっていく。
真っ白だったうどんがあっという間に黄色に染められてしまった。
おばさま「はい、釜玉お待ち。席の醤油回しかけてから食べてね、それとどんぶり熱くなってるから、横のお盆に使ってちょうだいね」
伊織「あ、ありがとうございます」
おばさま「天ぷらとかはそっちのお皿に自由に取ってってちょうだい」
12:
よく見るとうどんを頼む場所の並びに、天ぷら類が置かれていた。
なるほど、最初にうどんを受け取り、好きな天ぷらをその後別個に取って、最後にレジで支払うシステムだったのか。
伊織「ご親切にありがとうございます?」
おばさまに礼を述べ、平皿をお盆に乗せて天ぷらの前までやってきた。
しかしこうやって沢山の天ぷらを目前にすると、それだけで油で胸焼けを起こしそうになる。
伊織「海老……は何だか小さいわね……。かしわ天って確か鶏肉よね?」
他にもさつまいも、かぼちゃ、ちくわに卵等定番をひと揃えしましたというラインナップである。
伊織「おナスは旬じゃないし……ん?」
13:
店員「かきあげ揚げたてでーす、どうぞー」
男性の店員が、今上がったばかりのかき揚げを目の前でトレーに数個置いた。
伊織「いいじゃない、かき揚げ。これにしましょう」
備え付けのトングでかき揚げを掴み平皿に乗せる。
それだけで皿がいっぱいになってしまったので、他の天ぷらは特に取らずにレジへ。
会計係の店員が、合計額を計算してレジに表示された。
店員「釜玉とかき揚げで513円になります」
随分と安い。
ここまで安いと味のほうが心配になってくるが、まぁ物は試しである。
14:
伊織「これでお願いします」
店員「550円お預かりしましたので37円のお返しです」
伊織「どうも」
お釣りを受け取って、お盆を持って空いている席へ。
席の真正面に水とお茶の機械が置いてあったので水を選択した。
15:
そして時間は冒頭へ――――――。
いつまでもどんぶりとにらめっこしていても仕方がない、おばさまの言っていたように醤油をうどんにさっと一回し垂らす。
黄色だったうどんに赤黒いシミが広がっていった。
割り箸を一膳箸立てから取って、軽くかき混ぜると卵と醤油が混ざって全体が赤茶けた色へと変わっていく。
黄色一色よりよっぽど良い。
伊織「いただきます」
混ぜ終わり箸で数本のうどんを掴むと、熱で卵が所々固まってきているのが分かった。
窓から差し込む光が卵の絡んだうどんに当たり、きらきらと光って見える。
初めて食べる物――――お世辞にも見た目がいいとは思えないが――――だが、意を決して口に運んでみる。
16:
伊織「これ、美味しいのかしら……? あむっ……ん???! なかなかいけてるじゃない!」
まるで味の想像がつかなかったのだが、食べてみると意外にもコシのあるうどんに、濃厚な卵と醤油が一体となって広がってくる。
しかし、味としては卵と醤油しかない筈なのだが、その中に昆布出汁のような風味が感じられた。
伊織「おつゆもかかってないのに、こんなにお出汁の風味があるなんて……どうなってるのかしら?」
ふと醤油に目をやると、出汁醤油と書かれていた。
伊織「なるほど、このお醤油がその理由なのね」
もう一口うどんを啜ってみる。
17:
伊織「はむっ……ん?♪ ずずっ……んっく……はぁっ」
先ほどと同じく、コシと卵と出汁が三位一体となって駆け巡る。
味が残っている間に、揚げたてのかき揚げを箸で掴んでひとかじり。
大きすぎてかじると言うよりは頬張ると言った方が正しいかもしれない。
伊織「あ?むっ……んぐんぐ……んっ! さっくさくじゃない!」
噛むたびにサクサクと口の中で小気味良い音が鳴り響き、さつまいもの甘さが直後に突き抜けてくる。
揚げたてなのでベチャッとしておらず、歯ごたえはかなり良い。
しかし所々優しくふんわりとした食感も残っている。
18:
伊織「王道のサクフワね。でもちょっと大きすぎないかしら……?」
うどんそのものも結構な量があるので、こんなに大きなかき揚げを食べきれるか不安になってきた。
残すのも悪いし、それに想像以上に美味しいのでできれば食べきりたいが果たして。
お水を一口飲んで、口の中をさっぱりさせ再びうどんへ。
伊織「んむっ……ずぞっ……はむっ……んぐ……んっく」
夢中で箸を動かして1/3くらいまで減らした所で、どんぶりの底に醤油と卵が混じって溜まっていることに気づく。
うどんとかき揚げを交互に口に運び、かき揚げを二口分だけ残してうどんを全て食べきった。
19:
伊織「にひひっ。この残った卵醤油に浸けて……あむっ……はむっ……ん?! いいじゃない、いいじゃない!」
サクフワだったかき揚げがしっとりと、しかし野菜の甘さの中に卵の濃厚な味わいと出汁醤油のしょっぱさが交じり合っている。
お腹はほぼ膨れているのに口を動かすことがやめられない。
サクサク、ふわふわ、しっとり。
3つの食感が同時に襲ってくる幸せな感覚に包まれる。
かき揚げの最後の一口を卵醤油に浸し、口に運ぶ。
伊織「はむっ……あむっ……はぐっ……んぐんぐ……ぷはぁ?」
20:
先ほどの心配を他所に無事完食。
残った水を飲んで一息着く。
ぐるりと店内を一瞥すると、入ってきた時が嘘のような混雑度になっていた。
長居をするのも悪いので、早々に立ち去ろう。
食べ終わった人がお盆を返却口に返しているのが見えたので、私もそれに倣って返却口へ。
伊織「ごちそうさまでした」
21:
返却口の所にいた店員さんに声をかけ退店。
初めてこういう所に来たが、なかなか悪くない。
どころかとても美味しく感じた。
胃袋に新たな歴史が刻まれたような気持ちになる。
あまりいい気分では無かったが、こんな風に新たな出会いが出来るのならば新番組もきっと楽しめるのでは無いだろうか。
いや、きっと楽しめる。
それはそうと、今度はやよいを連れてまた食べに来よう。
リーズナブルなのできっとやよいも喜んでくれるだろう。
おわり
23:
終わりです。
釜玉うどんを初めて食べたので書きました。
少しでもお腹が空かせられたら幸いです。
それではお目汚し失礼しました。
2

続き・詳細・画像をみる


く、くしざ…!されてない…

2万で買えるUSJの年間パスwwwwww

刃牙「親父ィ……お小遣い増やしてくんね!?」

バイク乗ってたらクルマが追い越しやがったのでムカついて蹴飛ばしてやったわwww(※gif画像)

【悲報】エロゲ業界、もはやボロボロ

【悲報】「とんねるず」非常事態・・・・・・

back 削除依頼&連絡先