コナンドイル「小遣い稼ぎにキモオタ向けのラノベでも書くか」back

コナンドイル「小遣い稼ぎにキモオタ向けのラノベでも書くか」


続き・詳細・画像をみる

1:
コナンドイル「苦労して書いた歴史小説がちっとも売れへん・・・」
ドイル「なんでや・・・壮大な世界観に重厚な人間描写、時代考証も完璧やのに・・・英国文学史に残る傑作やんけ・・・」
ドイル「あかん・・・金がない・・・どないしよ」
ドイル「しゃーない、とりあえず、もっと大衆的で金になるもん書くか・・・」
ドイル「売れる小説ゆーたら、そらキモオタ向けのラノベやろな。ほんまはそんなもん書くのはワイのプライドが許さんのやが・・・」
ドイル「クールイケメン天才の完璧超人を主人公にして俺TUEEEEやらしてっと・・・」
ドイル「主人公の引き立て役に間抜けな刑事と、お人よしの友人キャラを配置してマンセーマンセーっと・・・」
ドイル「・・・さすがにやりすぎやろか・・・書いてて死にたくなったで・・・」
ドイル「まあええか。アホな中学生くらいにはこんなもんでちょうどええやろ。」
ドイル「主人公の名前は・・・シャーロックホームズな。小遣い稼ぎになったら儲けもんや。」
読者「ホームズかっけー!すげー!超おもしれーーー!!!」
出版社「コナンドイル先生!もっと続き書いてください!」
ドイル「なんやと・・・」
3:
ドイル「中坊向けに書いたラノベでおっさんどもがよろこんどるで・・・ほんま大衆はアホやな・・・」
出版社「先生、うちの雑誌にホームズの小説書いてくれませんか?」
ドイル(マジか・・・いつもは出版社に土下座して原稿買ってもらっとるのに、向こうからお願いなんて初めてやで・・・)
出版社「うちのストランドマガジンで短編連載を6話くらいどうでしょうか。原稿料は35ポンドで。」
※35ポンドは現在の価値でおよそ80万円
ドイル「短編6話で35ポンドね・・・」
ドイル(足下見すぎちゃうか・・・相場なら100ポンドくらいやろ・・・けど所詮ラノベやしなあ)
出版社「いえ、1話につき35ポンドです。」
ドイル「ファッ!?」
出版社「ではそういうことで、傑作をお待ちしております!」
ドイル「ワイの傑作はもう何度も送っとるのに毎回没にしとったやんけ・・・せやのにあんな落書きが35ポンドか・・・」
7:
ドイル「さて、ラノベの月刊連載が始まったわけやが・・・どないしょ・・・」
ドイル「ま、とりあえず美少女やな。豚は美少女キャラだしときゃブヒブヒ喜ぶやろ・・・。」
読者「ぶひいいいいーーーアイリーンたん萌え???」
ドイル「けどクールなホームズは恋愛になんて興味ないねっと・・・」
読者「きゃああああーーーホームズ様素敵ーーー!」
ドイル「天才ホームズは某国の国王様にも頼りにされて、秘密結社と戦ったりもしちゃうよっと・・・」
読者「うおおおーーーかっけーーー!」
ドイル「ホームズはチョイ悪だからアヘンもコカインもキメちゃうよっと・・・」
読者「そこにしびれる憧れるうっ!!!」
8:
ドイル「ホームズは落し物の帽子から持ち主を推理します・・・」
信者「ごくり・・・」
ドイル「この帽子はとても大きい・・・」
信者「おう・・・」
ドイル「つまり持ち主は頭が大きい・・・つまり・・・」
信者「つまり・・・?」
ドイル「持ち主はとても頭がいい人なんだよ!」
信者「うおおおおおお!!!すげええええええ!!!」
13:
信者「ホームズ最高!ホームズマンセー!」
ドイル「よくこんな低俗なラノベで喜べるなあいつら・・・読者がいつの間にか信者になっとるし・・・」
ドイル「まあラノベが売れたおかげで生活に余裕ができたわ。これで心置きなく本命の歴史小説が書けるで。」
出版社「せんせー!今月のホームズはー?」
ドイル「ほれ、今回のは特別力いれた傑作やで。」
出版社「ありがとうございます??!」
ドイル(ほんまは酒飲みながら適当に書き散らかした駄文やがな・・・まあアホはこれで喜ぶんやからええがな)
15:
出版社「ホームズのおかげで我がストランドマガジンの部数は爆裂的に上がりました。実に喜ばしいことです!」
ドイル(むしろ嘆かわしいわ。)
出版社「で、ドイル先生。来月からのことなんですが。」
ドイル「おう、ホームズは今月で終わりやもんな。次回作の構想もあるで。」
出版社「本当ですか!ぜひ見せてください!」
ドイル「これはワイが長年構想を練っていたとっておきの歴史小説でな、
17世紀フランスでフォンテーヌブローの勅令に端を発する
カルヴァン派への残酷な弾圧と彼らの亡命について深く切り込んで・・・」
出版社「……」
ドイル「……その一生を重厚に描くこの小説は必ずや
我がイングランド国民たちに真の誇りと愛国心を啓蒙すること必然で・・・」
出版社「あの、先生」
ドイル「ん、なんや?」
出版社「そんなもんよりホームズの続編お願いします。」
16:
ドイル「・・・ホームズはもうええやろ。それより、この歴史小説の方がホームズの100倍は面白いがな」
出版社「その歴史小説よりホームズの方が1000倍売れますって!」
ドイル「あかん、あかん!ホームズはもう終わりや!
ワイはあんなキモオタに媚びたラノベやなくて本物の文学を書きたいんや!」
出版社「でも英国中の読者はホームズを求めてるんですよ!見てください、このファンレターの山を!」
ドイル「そのファンってのが気に入らんのや、見てみいや、この手紙・・・
ドイル「『ぼくはどいるせんせーのおはなしがだいすきです。
緋色の研究も四つの署名もシャーロックホームズの冒険も、せんせーの本は全部持ってます』・・・」
出版社「いいファンですねえ。嬉しいでしょう先生。」
ドイル「どこがやねん!このクソガキはワイの著作がホームズもの3冊で全部と思っとるやんけ!
ワイの歴史小説「マイカ・クラーク」も「白衣の騎士団」も読んでないどころか存在すら知らんやんけ!」
出版社「すみません、私も知りませんでした。」
ドイル「殺すぞ!!!」
17:
ドイル「どや、これがワイ渾身の歴史大河ロマン文学や!」
読者「うん・・・まあ・・・」
読者「そこそこ面白い・・・かな・・・」
読者「で、ホームズの続編は?」
ドイル「・・・どいつもこいつもホームズホームズか・・・」
出版社「ほら?世間はやっぱりホームズを求めてるんですよ?。」
読者「ホームズ読みたい!ホームズ読みたい!」
18:
出版社「ね?先生?歴史小説よりホームズ書いてくださいよ?ホームズ?」
ドイル「あかんてゆーとるやろ。ラノベ書いてたら本業の歴史小説書く暇がなくなるんや。」
出版社「そこをなんとか!お願いしますよ!何でもしますから!」
ドイル(ほんましつこいわこいつ・・・こうなったら無理難題吹っかけて追い払ったろ)
ドイル「じゃあ、原稿料1000ポンドよこせや。そしたらまた1年ホームズ連載したる。」
※1000ポンドは現在の価値で約2500万円。
出版社「1000ポンド・・・?」
ドイル「払えんか?ならお断・・・」
出版社「払いましゅ?????!!!」
ドイル「!!!??」
20:
ホームズってどのくらい当時売れたの?
歴史的記録持つ作家って死んでから結果出したのも多いし
23:
>>20
ホームズ効果で連載雑誌の売上が月間3万部→30万部になったとか
23:
ドイル「ホンマに1000ポンド振り込んできおった・・・」
ドイル「冗談で言ったのに、これでまた1年ラノベ書かんとあかんのか・・・」
ドイル「けど、ぶっちゃけもうトリックのネタがないわ・・・どないしよ・・・」
ドイル「しゃーない、トリックなしで適当に書くか・・・」
ドイル「まあミステリがいつの間にかファンタジーになるんはラノベじゃよくあることや」
ドイル「あとは回想とかでお茶を濁して・・・で、お約束のさすホム!」
信者「ふああああ???ホームズしゅごい??さすほむーーー!!!」
ドイル「ほんまこの国の文学は終わっとるな・・・」
26:
ドイル「さて、2度目の連載も来月で最後や。」
ドイル「今度こそ、この煽情的で低俗なジュブナイルともおさらば出来る。」
ドイル「けどストランドマガジンはどうせまた続き書けと言って来るやろ。」
ドイル「平民どももホームズ3期を当然のように全裸待機しとる。」
ドイル「このままでは永遠に便所の落書きを書き続ける羽目になり、
我が人生の本道である歴史文学の追及が手につかなくなる・・・」
ドイル「・・・・・・そこでこのDoyleは考える・・・」
ドイル「続きを書きたくないのなら、書けなくしてしまえばいいのだ、と・・・」
ドイル「ホームズ殺すわ。」
29:
ドイル「さて、ワイの作家としてのプライドと引き換えに
大きな富をもたらしてくれたホームズ君、今までありがとう。」
ドイル「君にはこの世から退場してもらうことが決定しました。」
ドイル「で、最後の事件やが、まあチート主人公を殺すためにはチート悪役を出さんとな。」
ドイル「『犯罪界のナポレオン』・・・なんと、ロンドンで発生した犯罪の半分はこの男が黒幕だったのだ・・・」
ドイル「暗黒街の帝王・・・その名はモリアーティ・・・・・・」
ドイル「ホームズ並に書いてて恥ずかしくなるな・・・なんやこの厨二全開なキャラ設定は・・・」
ドイル「まあええ、これで最後やし。 で、二人はライヘンバッハの滝に落ちて死にましたっと・・・」
39:
ドイル「天才犯罪者のくせにやってることはただの脳筋とか、
設定だけでその頭脳を一度も披露してないとか、最強の敵が最終話でいきなり登場とか・・・」
ドイル「厨房の黒歴史ノート並に突っ込みどころだらけになったが、もうどーでもええわ。」
ドイル「これでホームズものはめでたく終了。ワイはもうキモオタに粘着されることなく平穏が戻ってくるんや。」
ドイル「ほい、これが『最後の事件』な」
信者「うぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああくぁwせdrftgyふじこ!!!!??」
45:
キモオタA「あーん!ホム様が死んだ! ホムさまよいしょ本&ホムさまF.Cつくろー!って思ってたのに…
くすん…美形薄命だ… ・゚・(ノД`)・゚・うっうっう…ひどいよお…ふえーん!!
この間「今、時代はホームズだ!」の葉書きを出してまだ2週間じゃないですか!
どーして、どーして!?あれで終わり!?嘘でしょ!?
信じられないよおっあんなモリアーティごときに殺られるなんてっ!! デュパンと差がありすぎるわっ!!生き還りますよね?ね?ね?
……泣いてやるぅ・゚・(ノД`)・゚・ 私はあのおそろしく鋭い彼が(たとえド変人でもさ!ヘン!)大好きだったんですよっ!!
ホムさまあっ!死んじゃ嫌だああああああっ!!
先生のカバッ!!え?ん・゚・(ノД`)・゚・
キモオタB「愚かなアーサー・コナン・ドイルよ。
お前は、われわれが偉大なる英雄シャーロックのご加護により、平和と安寧を享受する 大英帝国ロンドン市民であり、
お前の血を欲しがっているベイカー・ストリート・イレギュラーズであることを 理解できていない。
ドイル、人類史上最高の頭脳、イングランドの守護神たるシャーロック・ホームズを抹殺するというお前の大罪は、
お前自身の苦痛と死によってしか贖うことはかなわぬ。
このナイフは本日これより、お前が世界中のどこにいようとも虐殺をもたらすだろう。
アーサー・コナン・ドイルの悪夢を今始めよう。」
48:
キモオタC「この『最後の事件』に関しては俺も動く。抗議デモだよ。
具体的には普段はいがみ合ってる各シャーロキアンサークルと連絡を取り合い、短期の新チームを発足した
自分でも驚いたが、豪華なメンバーが集まった
ロンドン最大のシャーロキアンサークルのリーダー、幹部3人
サークルではないがパスティーシュ作家最大派閥のNo2、No3
界隈では有名な、連載開始以来1日もファンレターを送らなかった日がないという勇者
犯罪者のフレが200人いる人望の持ち主
仕事辞めてホームズ研究家に転向した奴
他に挙げたらきりが無いが、そうそうたるメンバーで総勢30人を超えた
ロンドンでは皇帝、四天王、10傑(俺含む)、3本柱などの超一流だ
なによりも強いのは、全員コナン・ドイルの自宅を取り囲んでデモをぶっ通しで何日も可能だ。
リアル予定が・・・なんて奴は一人もいない
はっきり言って、俺らが声を掛ければイギリス中のホームズファンは半数以上が動くだろう
四天王の連中はアメリカ、フランスにも顔が利く。奴らの中にも海を渡って俺達に合流する奴はいるだろう
協力して全員でドイル邸取り囲んでホームズ復活のストライキしたらさすがに黙ってられないだろう。」
キモオタD「世界が壊れてしまったので死にます。さようなら」
51:
ドイル「たかが小説のキャラ一人殺しただけで誹謗中傷の嵐や・・・」
ドイル「キモオタから逃げたくてホームズ殺したのに逆に粘着が100倍になったわ・・・」
ドイル「ストランドマガジンは雑誌の売り上げが10分の1に激減したとかで発狂しとるし・・・」
ドイル「抗議と復活要望の手紙で毎日ポストがあふれかえっとる・・・」
ドイル「『貴様に与えられた選択は二つ、ホームズの生か、貴様の死だ』・・・こんな怪文書ばっかりや・・・」
ドイル「こないだなんかワイの家の前でホームズの葬式やりおったバカがいたし・・・」
ドイル「あかん・・・このままイギリスにおったらキチガイに殺される・・・スイスに移住するで・・・」
58:
ドイル「おっしゃ、この新天地でワイはラノベ稼業とはおさらばや。
これからは真の文学を書いて歴史に名を残すで!」
10年後
ドイル「売れへん・・・」
ドイル「なんでどいつもこいつもワイの歴史小説の面白さがわからんのや!!」
ドイル「世間じゃ、大衆に媚びへつらった中身スッカスカの娯楽小説ばっかりもてはやされとる・・・」
ドイル「低能ゆとりだらけの20世紀じゃ本物は評価されへんのか・・・・・・」
59:
書評「最近の英国文芸界は実に嘆かわしい。
刹那的な享楽に耽る大衆とそれに迎合する商業主義一辺倒の出版社ばかりで・・・」
ドイル「おっ、この評論家はなかなか分っとるやんけ。」
書評「町から情緒あるガス燈の光が消え、けばけばしく下品な電灯に取って代わられたように、
人々の心から感性という名の火が消えようとしている・・・」
ドイル「せやせや」
書評「そもそも、最近の若い作家は本物の文学を知らず、くだらぬ娯楽小説しか読んだことがない」
ドイル「その通りや!ほんま最近の若いもんは!」
書評「ところが愚かな大衆はこの手の連中が書き散らかしたカートゥーンまがいのペーパーバックを有難がり、挙って褒めちぎる。」
ドイル「全く同感!」
書評「最近の若手作家諸君、諸君らにはせめて1冊でも本物の小説というものに触れてから執筆活動を行ってもらいたいものだ。」
ドイル「うむ!」
書評「そう、たとえば・・・」
ドイル「たとえば・・・?」
書評「コナン・ドイル氏のシャーロックホームズ譚のような本物の小説に!」
ドイル「なんでやねん!」
61:
出版社「先生、ホームズの単行本にまた増刷がかかりました!いまや翻訳されて世界中に輸出されていますよ!」
ドイル「ああ・・・ワイの黒歴史ノートが世界中に拡散されていくんか・・・」
出版社「10年経ってもホームズ人気は衰えず、もはや伝説的な存在です。」
出版社「推理小説マニアにとってドイル先生はもはや神です!」
ドイル「やめろ・・・お前らキモオタの旗印にワイを担ぎ出すのはやめろ・・・」
出版社「ま、それはそうと、次回作のことなんですが。」
ドイル「おう、今度のはボーア戦争についてのノンフィクションでな、
これの凄いところはワイ自身が実際に戦地へ行った経験をもとに南アフリカの戦闘の真実を描き・・・」
出版社「そんなことよりホームズだ!」
68:
ドイル「何億回言ったら分かるねん!ホームズは死んだんじゃ!」
出版社「復活させてくださいよ!ホームズ!ほーむじゅ!ほーむじゅ!」
ドイル「40歳超えてまた黒歴史ノート公開なんてやれるか!絶対書かんからな!」
信者「ホームズたんの活躍読みたい???!ホームズ生き返って???!」
出版社「ほらほら?世界中のファンもこう言ってますよ???ね?ね?てんて?」
ドイル「お前らはいつまであんな糞ラノベに貼りついとるねん!
このワイがもっと本気出した名作を書いたるっていっとるやんけ!」
出版社「はっきり言って先生が本気で書いたものはつまらないんですよ。」
ドイル「くぁwせdfrtgyふじこl」
78:
ドイル「とにかく、ワイはもう金輪際ホームズは書かん!キモオタ相手の商売からは足を洗ったんや!」
出版社B「まあまあドイルサンそう言わずにー。話だけでも聞いてくだサーイ。」
ドイル「なんやお前は」
出版社B「アメリカのコリアーズ社デース。ホームズの原稿依頼に来ましたー。」
ドイル「わざわざ海を渡ってご苦労なやっちゃな。けどワイはもうホームズ書かへんから。」
出版社B「ワタシタチお金持ちのアメリカ人デース!ライミーなんかよりずっといい条件だしマース。」
ドイル「金の問題やない、ワイの文学士としての誇りが・・・」
出版社B「4000ドル出しマース。」
※4000ドルは現在の価値で約3000万円
ドイル「・・・は?」
出版社B「ホームズの短編1本につき4000ドル出しマース。」
ドイル「( Д )゚ ゚
89:
ドイル「・・・書きます」
出版社A「え?」
出版社B「オウ・・・」
ドイル「ホームズ復活します!」
全世界「ほむほむきたあああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!」
97:
信者A「ぎゃあああああああああああああああ!!!!うれぴいいいいいいいいいいいいいい!!!!」
信者B「ふにゃあああああああ!!!!復活くりゅ????!!!!らめえええええいっちゃうううう!!!」
信者C「ああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!
ほーむずしゃま???????????うれしすぎりゅううう??にんしんかくじちゅ???
(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!)
信者D「ホームズ!ホームズ!ホームズ!ホームズぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!ホームズホームズホームズぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!シャーロック・ホームズたんの髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
回想のホームズたんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
復活決まって良かったねホームズたん!あぁあああああ!かわいい!ホームズたん!かわいい!あっああぁああ!
ミュージカルも公開されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!演劇なんて現実じゃない!!!!あ…小説もよく考えたら…
ホームズち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!ベイカーストリートぁああああ!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵のホームズちゃんが僕を見てる??
表紙絵のホームズちゃんが僕を見てるぞ!ホームズちゃんが僕を見てるぞ!挿絵のホームズちゃんが僕を見てるぞ!!?
ホームズちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!?
いやっほぉおおおおおおお!!!僕にはホームズちゃんがいる!!やったよワトスン!!ひとりでできるもん!!!?
あ、映画のホームズちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!?
あっあんああっああんあマイクロフト様ぁあ!!ワトスン!!ハドソンさぁああああああ!!!レストレードぁあああ!!?
ううっうぅうう!!俺の想いよホームズへ届け!!ベイカー街のホームズへ届け!
108:
ドイル「あと1年だけや・・・これでホームズは今度こそ最後や・・・」
ドイル「ワイには世界一の作家になって英国文学史に名を刻むという大望があるんや・・・寄り道はこれっきりや・・・」
?????????????????????????????????????????????????
 結局、アーサー・コナン・ドイルはこの後20年以上ホームズシリーズを書き続けることになる。
 そして、100年後の現在、彼は見事文学史にその名を残している・・・・。
 「 シ ャ ー ロ ッ ク ホ ー ム ズ の 生 み の 親 」 と し て
 
おわり
122:
くー疲れました。これにて終了です。
SSの内容は大体真実です。
一応フォローしとくと、実際にはコナンドイルの書いた歴史小説の方も結構人気だった。
ホームズの方が常識外れの売れ方したから霞んでしまっただけ。
鳥山明のドラゴンボールが売れすぎてアラレちゃんの功績が霞んでしまったようなもんです。
13

続き・詳細・画像をみる


【画像】 ヤマアラシを丸呑みした蛇、死亡

【悲報】キンコン西野さんライブのチケット1枚も売れず「お前らのせいだよ!俺に恥をかかせるな!」

妹「お兄ちゃん…女さんと付き合ってるのかぁ…」 2

イタズラ半分で友人の首に自転車のロックをかけた結果wwwww

[衝撃]カップルの繋いだ手にアロンアルファぶっかけるの楽しすぎワロタwwwww

P「雪歩を嫁にしたいんですよ」 小鳥「ピヨッ!?」

back 削除依頼&連絡先