それでも誰かと一緒がいいの。一度捨てられた犬が再び愛を与えられた時。保護犬ビフォア・アフターback

それでも誰かと一緒がいいの。一度捨てられた犬が再び愛を与えられた時。保護犬ビフォア・アフター


続き・詳細・画像をみる

1. ジギー
 骨と皮ばかりでガリガリに痩せて怯えていたジギーは、勇ましい犬に変わった。飼い主は彼の品種もよく知らないが、確実に彼を愛している。
●2. ヴィンセントとアンジェロ
 この2匹はとても仲がいい。発見された当時は一緒だったが、後にカナダのトロント市内で別々に引き取られることになった。なのでたまに会って遊ぶこともあるという。
●3. スポーキー
 たった1日でここまで変わるのだ。この写真は引き取られる前と後の1日間を撮影したものだ。スポーキーはウェストバージニアの田舎で発見され、今では元気でやっている。
●4. ルーシー
 引き取られたとき栄養失調で、ほかの病気もたくさん抱えていた。新しい飼い主との生活に慣れるのにしばらくかかったが、今は健康になり幸せそうだ。飼い主はルーシーが徐々に元気になっていくプロセスを収めたアルバムを投稿している。
●5. ウォーカー
 ニューヨークシティで発見された。引き取られる以前は過酷な生活をしていたようだ。病気も抱えていたが、良くなると、すぐに新しい家に慣れた。飼い主の家にもともといた犬ブルーノと外で遊ぶのも好きだ。
●6. ハーシェル
 前の飼い主の友人に引き取られた。その友人は当初ハーシェルをシェルターに連れて行こうとしたが、高齢だと思われて断られてしまった。今は元気で幸せになっている。見るからに以前の写真とは違う。
●7. ベラ
 新しい飼い主と初めて会ったとき、ベラは引き取ることができる状態ではなかった。しかし、飼い主は決して諦めず、晴れて一緒に暮らせることになった。右の写真はドッグパークで元気いっぱいに走り回るベラ。
●8. ミスター・ウィスカー・パーティ
 このかわいらしい小さな犬は、シェルターが引き取られた。少し医師のケアが必要だったが、今はとても元気にやっている。
●9. アナベル
 アナベルは飼育放棄され、引き取られたとき体重が平均より少なかった。数か月たって、飼い主に愛されて、健康な生活に戻りつつある。
●10. ポリー
 12歳のポリーは耳が聞こえない。移動するのにも苦労している。今は遊ぶのが好きで、元気にやっているという。
●11. ブルーノ
 ブルーノと飼い主家族はまもなく新しい家に引っ越す予定だ。というのも、ブルーノが順調に大きくなって体重がかなり増えそうだからだ。
●12. ジャスパー
 引き取られる前はとても神経質だったが、今はドッグパークで走り回るのが大好きだし、なにに対しても意欲的だ。
●13. アン
 アンは野良犬からお姫さまになった。アンは母親に育児放棄されたが、今はいい家庭に引きとられ、体の大きさも3倍になったという。
●14. トビー
 海外掲示板Redditは身よりのないこの犬を新しい家庭と結びつける手助けをした。トビーのこの動画を見て、新しい飼い主は州を越えて連絡してきた。その結果、トビーは温かい家庭に引き取られることになった。
●15. バンブル
 引き取られたとき、深刻な病気を抱えていた。今は彼にとって確実にふさわしい場所を見つけたようだ。
●16. エレノア・ピグスビー
 町の動物収容所から助け出された。過酷な状況だったに違いない。
●17. ミスター・レディ
 前の飼い主が引越してしまい、ロスの通りを彷徨っているところを発見された。2時間かけてお風呂に入れてもらい、手厚いケアを受けて、今は愛情をこめて最高のおでぶちゃんと呼ばれている。
●18. フィリップ・J・フライ
 地元のシェルターが主催したイベント中に、直接温かな手が差し伸べられ、引き取り手が決まった。
●19. ピーチ
 収容所にいた犬の多くはたいていそうだが、彷徨っていたところを見つかったピーチもいくつかの感染症にかかっていた。幸いなことに、ピーチの新しい飼い主が手厚く世話をしてくれたので、今では健康を取り戻している。
●20. ルーシー
 ルーシーはシェルターに保護されたとき、車にはねられていたようだった。その医療費のせいで引き取り手は見つからないだろうと思われていたが、現在の飼い主はそんなことは構わず、彼女を引き取って必要な治療を受けさせてやった。
●21. ババ
 ゴルファーのババ・ワトソンにちなんで名づけられた。里親グループに引き取られたとき、杭にくくりつけられていたという。そのせいか、人間をなかなか信用しなかったが、今はそれも改善され、お気に入りのスポーツチームもある。
●22. ビンゴ
 最初の飼い主にきちんとした世話をしてもらえなかったことが原因で、片足を切断しなければならないはめになってしまった。それでも、ビンゴは新しい友だちや飼い主を心底愛する心を忘れなかった。今は、新しい家で元気になって、よく食べ、よく遊んでいる。
via:mentalfloss・原文翻訳:konohazuku
▼あわせて読みたい
これはからはずっと一緒だよ。保護されていた捨て犬が、新しい家族として迎えられた後の変化がわかるビフォア・アフター写真 Part3
もう一度信じたい。捨てられた犬が新たに心を開くとき。捨て犬たちのビフォア・アフター写真
今でもずっと一緒がいいの。大好きなぬいぐるみを携えた犬と猫の成長記録ビフォア・アフター
大きくなったよ!犬の成長っぷりがわかるビフォア・アフター
命絶え絶えに生きていた捨て犬たちが保護された後、瞳に輝きが戻るとき。捨て犬たちのビフォア・アフター Part2
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
シェアするこの記事をシェア : -->
スポンサードリンク
- twitter公式アカウント
- facebook公式ページ
- Google+公式ページ
- カラパイア全記事一覧
「画像」カテゴリの最新記事
「動物・鳥類」カテゴリの最新記事
「動物・鳥類」カテゴリをもっと見る
この記事をシェア :
人気記事
最新週間ランキング
1位
5978 points
イヌワシも結構モフらせてくれるらしい。
2015年6月21日
4533121015283
2位
4329 points
一定の割合で発生する身体障害や奇形は人類の進化に需要な役割を果たしていた可能性(英研究)
2015年6月22日
867308627997
3位
3920 points
涙・・・アスペルガー症候群のメルトダウン(発作)に陥った女性を必死に止めようとする介助犬
2015年6月17日
79829824199
4位
3550 points
こんなヨガ教室なら通いたい!猫と一緒にヨガができるスクールがオープン。猫たちと相性が合えば飼うこともできる(米イリノイ州)
2015年6月15日
8972596354
5位
2566 points
なぜそこに作ったし。奇妙な場所に作られた鳥の巣ミステリー
2015年6月16日
125212432645
もっと読む
----------------------------------------------------------------------------
スポンサードリンク
Facebook
コメント



1


1. 匿名処理班


- 2015年06月25日 11:38
- ID:ybgni.1E0 #





お耳しゃっきり、口はにっこり。
いい顔してるね!
2の子たちのアバラを見て涙が出そうになった…






2


2.


- 2015年06月25日 11:41
- ID:vwRHaCNQ0 #











3


3. 匿名処理班


- 2015年06月25日 11:41
- ID:gGph.WdH0 #





7枚目の躍動感w






4


4. 匿名処理班


- 2015年06月25日 11:46
- ID:E0viG0w70 #





引き取られたビフォア・アフター系を見ると涙がでる
犬でも猫でも、顔から全身から、幸せいっぱいなのが伝わる
捨てられる事なくなりますように…






5


5. 匿名処理班


- 2015年06月25日 11:52
- ID:iIeU5nWZ0 #





全ての犬や猫が幸せでありますように
もちろん人間もね!






6


6. 匿名処理班


- 2015年06月25日 11:52
- ID:6.cjMaIz0 #





米1
おなじく。
ピトッと寄り添って二匹で頑張って生きてきたんだろうな。逞しい健康な体つきになって本当によかった。






7


7. 匿名処理班


- 2015年06月25日 12:30
- ID:.VebLTif0 #





良かった
泣きそう






8




続き・詳細・画像をみる


【国際】韓国の高裁、元徴用工の請求権再認定 三菱重工側敗訴

今年は「ネット炎上」10周年 「きんもーっ☆事件」「のまネコ事件」など炎上

淡々と画像を貼るスレ UMA編・前編

「たま駅長」死ぬ―和歌山電鉄の名物駅長、心不全で 16歳、人間なら80歳

森三中大島の子供の名前wwwwwww

森三中大島の息子の名前wwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先