モバP「モバPロイド?」back

モバP「モバPロイド?」


続き・詳細・画像をみる


P「モバPロイド?」
晶葉「そうだ!助手の寝てる間に型を取り、毛穴まで結構忠実に再現したロボットだ!」
P「ははぁ…よく出来てるなぁ…」
晶葉「流石に近くで見たらロボットとバレるくらいの出来だが、なかなかの物だろう!」ドヤッ
P「いやいや、ほんと良く出来てるよこれ。でもなんでこんなもの作ったんだ?」
晶葉「なんかちひろさんに言われてな、ドッキリに使うんだとか」
P「へえ…」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428416836
2: 以下、
ちひろ「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!」
P「うおっ!?ちひろさん!?どこから出てきたんすか!?」
ちひろ「ええ!これを使ってアイドルにドッキリを仕掛けます!」
P「というと?」
ちひろ「ええ!一旦モバPロイドと区別が付くかをドッキリとして仕掛けたあと…」
P「あと…?」
ちひろ「事務所でこのロボットとふたりきりになってもらいます!ここはドッキリと告げずに!」
ちひろ「ボディラインどころか毛穴の数まで忠実に再現されたモバPロイドを弄れるようになってどんな行動をアイドルが取るのか!見てみたくはありませんか!」
P「超見てみたい!はやく!はやく!うおおおおお!!」
晶葉「て、テンションめっちゃ高いな助手…」
ちひろ「そう言うと思ってもうすでにドッキリを仕掛けるアイドルを呼んであります!そろそろ来ますよ!」
晶葉「ちひろさんは相変わらず手際がいいな…」
P「じゃあ俺は隠れますね!」
ちひろ「別室からモニタリングできるので是非どうぞ!」
P「やったぜ!」ダダッ
ちひろ「あと、声はPさんの声を直接当てますので、別室から臨機応変に対応してくださいね!」
P「わかった!!」
3: 以下、
藍子「おはようございます」ガチャ
ちひろ「あ、おはようございます」
藍子「えっと…新しい仕事が入ったと聞いて、打ち合わせをしたいんですけど…Pさんは?」
ちひろ「Pさんはちょっとお偉いさんと電話中なので待ってあげてください」
Pロイド「はい、ええ、シースーをベーターしに行きましょう」
藍子「そうですか、じゃあ少し待っていますね。」
4: 以下、
Pロイド「ええ…はい、そこを何とか…」
藍子「…」ジー
Pロイド「ええ?チーフの許可が下りない?そのアマ実弾射撃しちゃいなよ」
藍子「!?」
Pロイド「え?ムリ?あー、それじゃあ、冷たいの使ってハイエースしちゃおう」
藍子(何かとても恐ろしい会話をしている気が…)
Pロイド「大丈夫大丈夫ファルシのルシがコクーンでパージするから」
藍子(!?…!?)
藍子「…ってよく見るとなんかPさんに違和感が…」
藍子「いつもより肌が白くて表情が硬い…ですよね?」
藍子「…」ソロソロ…
藍子「…」ピトッ
藍子「つ、冷たい…え?え?」
ちひろ「いえーい!ドッキリ大成功?」パァン
藍子「えええ!?」
5: 以下、
・・・・・・
藍子「へぇぇ?Pさんを精巧に作ったロボットですか…」
ちひろ「ええ、すごいでしょう?」
藍子「質感とかすごいですね…遠目からだと本物にしか見えませんよこれ…」ペタペタ
ちひろ「毛穴の数まで忠実に再現してますからね」
藍子「毛、毛穴の数まで!?」
ちひろ「そして更にすごい機能としては…ちょっと藍子ちゃん、Pロイドに抱きついてみて?」
藍子「こ、こうですか?……きゃあ!」ガシッ
Pロイド「藍子…」ギュウ
ちひろ「なんとお腹のあたりにあるセンサーで感知して抱きついてもらえる機能が!」
藍子「ふわぁ…すごい…質感がPさんそっくりです…」
藍子「…」ギュ
ちひろ「…あの、藍子ちゃん?そろそろ離れて…」
藍子「はっ、つ、つい心地よくて…」
6: 以下、
ちひろ「喜んでもらえたようで何よりです、さて、私はまた外回り行ってきますね。戻るのは大体一時間後くらいです」スタタタ
藍子「えっ、ちひろさん? …いっちゃった…」
藍子「…」チラ
藍子「…このPさんのロボット本当に良く出来てますね」
藍子「筋肉のつき具合まで全部同じみたいですし…」ペタペタ
藍子「はー…」ペタペタ
藍子「…」
藍子「…」ギュッ
Pロイド「…」ガシッ
藍子「…ふふっ♪」
7: 以下、
・・・・・数十分後・・・・・
藍子「すぅ…すぅ…」ギュッ
ちひろ「わあ、見事にPロイドに抱きついたまま寝ちゃってますね」
P「最高ですね。このまま眺めていたい」
P「…が、心を鬼にして起こします。」
P「おーい、藍子ー」ペチペチ
藍子「…ん、Pさん…?」ウトウト
P「…そんなにそのロボット気に入った?」
藍子「…………」
藍子「……!?」パチリ
藍子「ち、ちがっ違うんです!」
藍子「こ、これは、その、あまりにも寝心地が良かったというか、居心地が良かったというか…!」
藍子「つ、ついつい寝ちゃったんです!他意はないんです!」
P「まあ、何はともあれ『ドッキリ大成功!』ってことで」
藍子「…うぅ」
8: 以下、
P「さて、次の標的は誰にしましょうか」
ちひろ「そうですねぇ…次に事務所に入ってきた子でいいんじゃないですか?」
P「じゃあ、例によって俺は隠れてますね」ススッ
ちひろ「さて…事務所に入ってきたのは…」
未央「おっはよー!」
ちひろ「未央ちゃんだーっ!」
未央「ちひろさん今日テンション高いね!?」
9: 以下、
ちひろ「えー?ちひりんはいつもどおりナリよ?」
未央「いやいやいや、キャラ崩壊してるよ!?」
Pロイド「ボヨヨヨーン、午前9時27分をオシラセシマス」ボヨヨヨーン
未央「こっちもおかしくなってる!?」
Pロイド「ココココッケ!ッコココケー!」
未央「ニワトリになった!?」
Pロイド「ヘーイ!リッスン!ヘーイ!ヘーイ!リッスン!」
未央「え!?え!?何を聞いて欲しいの!?」
Pロイド「ウッフフフフフフフ……」
Pロイド「オーッホッホッホッホッホッホ!!!(フェードアウト)」
未央「今日みんなおかしいよ―!たすけてしぶりーん!!」ブワッ
11: 以下、
ちひろ「じゃーん!『ドッキリ大成功!』」
未央「え?え?何がどこまでドッキリだったの!?」
ちひろ「え?、このPさんが実はロボットだったってドッキリですよ?」
Pロイド「ウィーン」シャコン
未央「このプロデューサーロボットだったの!?」
ちひろ「気づかなかったんですか?」
未央「気づかないよ!!、もっとロボならロボらしくロボを生かしてよ!!」
Pロイド「ゼボット今日も動かない…スープサメタ。ツクリナオシ」
未央「やめて、それほんとやめて」ブワッ
12: 以下、
ちひろ「じゃあ私は外回りがあるので一時間ほど外しますね」スタタター
未央「え!?今日はいろいろ急すぎない!? …行っちゃった」
未央「…」チラ
未央「言われてみれば…確かにロボットだね…」
未央「はへー、よく出来てるなー」モゾモゾ
未央「…」ベチベチ
未央「…」グイグイ
未央「どすこーい!」ボヨーン
未央「…」
未央「…」スッ
未央「…」ポチポチ
P(飽きてケータイ弄りだした…)
13: 以下、
P「いえーい『ドッキリ大成功?』?」
未央「お、本物のプロデューサーだ!」モゾモゾ
P「ちょ、未央どこ触って」
未央「…」ベチベチ
P「いたたたた」
未央「…」グイグイ
P「み、未央ー?」
未央「どすこーい!」ドーン!
P「うおおおお!?」ステーン!
未央「うん!やっぱり本物が一番だよね!反応とか!」
P「よくわからないが負けた気がする…」
14: 以下、
ちひろ「これで1勝1敗ですね!」
P「え?俺やっぱり負けてたの?」
ちひろ「さて次のアイドルが来ますよ!隠れて隠れて!」
P「釈然としないなあ…」ササッ
文香「…おはようございます」
ちひろ「次のターゲットは文香ちゃんです」
15: 以下、
Pロイド「…」ペラ
文香「!」(珍しいですね…Pさんが本を読んでるなんて…)
Pロイド「…ふぅ」パタン
文香(…読み終わったみたいですね)
Pロイド「ほっと」ズル
文香(!? あれは太宰治の晩年のアンカット版!? …あんなものなんでPさんが…?)
Pロイド「読むで」シャキーン
文香(…ペーパーナイフ?まさか…切って読む気ですか!?)
文香「だ…ダメです!!」バッ
ちひろ「『ドッキリ大成功?』!」
文香「…え」
16: 以下、
・・・・・・
文香「…なるほど、ドッキリでしたか」
ちひろ「ええ、ドッキリしましたか?」
文香「…それは、もちろん驚きましたけど」
文香「…これ、ロボットなんですよね?」
ちひろ「ええ、ロボットです。」
文香「…別にこのドッキリならロボットでなくても良かったのでは」
ちひろ「はい!」ニッコリ
文香「え…?」
17: 以下、
ちひろ「じゃあ私は外回りがあるので一時間ほど外しますね」スタタター
文香「…自由とはあのようなことを言うのでしょうか」
文香「…それにしても、本当にそっくりですね」ジー
文香「…」ウロウロ
文香「…」ジー
P(熱心に見てんなぁ…)コソコソ
文香「…肌の質感まで…」スッ
文香「…あっ」ガッ
P(あっ、危ない、服に躓いてコケたーー)
ボスッ
文香「…」ムニッ
文香「…?」ムニッムニッ
文香「……」
文香「 」
文香「…!!」
文香「…ッ!?」バッ
文香「???っ///」
P(文香が躓いて、Pロイドの股間に倒れこんだ、何が起こってるかわからないが俺もわからない。ってかそこまで忠実再現したのかちひろさん…)
ちひろ(ええ、随所にこだわり抜いた逸品です)
P(急に出てこないでください)
18: 以下、
ちひろ(そんなことより見てください!文香ちゃん、顔真っ赤にして部屋の隅で縮こまっちゃいましたよ)
文香「??っ」プイ
P(しかも徹底的にPロイドのことを視界に入れようとしませんね)
文香「…っ」スッ
ちひろ(本を取り出して、視界をさらに封じましたけど)
文香「…」ソワソワ
P(絶対内容が頭のなかに入ってませんよね…)
19: 以下、
P「おっす文香?」ガチャ
文香「!!」
文香「…プ、プロデューサー、さん」
P「どうした文香?顔赤いぞ?」
文香「…な、なんでも、ありませんから」
P「そうか、それじゃ次の打ち合わせだが…」
文香「は、はい」
P(その後、文香と打ち合わせをしたが、文香は目線がきょろきょろと定まらず常に動揺していた)
P「ベネ」
20: 以下、
ちひろ「さて次のアイドルに行きましょうか」
P「ええ」ツヤツヤ
ちひろ「…なんか若返ってません?」
P「ちょっと元気が出ましたので」
ちひろ「そうですか…」
ちひろ「って、そうこうしてるうちにかなり近いところまでアイドルが来てますよ!隠れて隠れて!」
P「了解!」ガサッ
ガチャ
まゆ「おはようございます」
P(なんでちひろさんまで隠れるんですか)
ちひろ(つい…)
21: 以下、
Pロイド「…」
まゆ「あらぁ…、Pさ…」
まゆ「……」
まゆ「……ロボット?」
P(バレるの早っ!)
まゆ「……」
まゆ「……ッフ!」ブバッ
ちひろ(鼻血を噴出した!?)
P(このまゆ今までで一番ポンコツかもしれないですね)
22: 以下、
・・・・・・
まゆ「違うんです、ちがうんです」ボタボタ
P「…何が違うんだ?」
まゆ「だってPさんのロボットなんて見たらみんな日菜子っちゃうに決まってるじゃないですか(真顔)」ボタボタ
P「うん、何も違わないよね。ただの説明だよね」
P「それより早く鼻血とめな?ね?」
まゆ「…Pさんやさしい」ポッ
P「この子は何しても好感度がプラスに動くなあ…」
24: 以下、
ちひろ「…まゆちゃんは鼻血のためドッキリ本番フェイズまでやらないことにしました」
P「いいんですか?」
ちひろ「いいんです。あのまゆちゃんはなんか収集つかなそうなので」
P「そうですか…」
ちひろ「さて、気を取り直して次の子行ってみましょう」
P「時間的に次に来るアイドルで最後ですかね」
ガチャ
凛「おはよ」
P「隠れる前に来ちまったよ…」
ちひろ「まあ、いいでしょういきなり本番行っちゃいましょうか」
凛「?」
25: 以下、
Pロイド「おう、オハヨウ、凛」
P「おう、おはよう、凛」
凛「…え?プロデューサーが二人?」
凛「…って片方はなんか無機質だね。ロボット?」
ちひろ「察しがいいですね凛ちゃん!番組撮影用に作ったPロイドです!」
凛「へぇ…すごい出来だね」
26: 以下、
P「それじゃあ俺たち所用で一時間ほど席外すから」スタタタ
ちひろ「ちょっと待っててくださいね」スタタタ
凛「あ、うん。いってらっしゃい」
P(まあ、と言いつつ別室で凛をモニタリングするんだけどな)
27: 以下、
凛「…」ジー
凛「すごいよく出来てるね…これ」サワ
凛「風格とか雰囲気までそのままだよ」ペタペタ
凛「…これなら」
凛「…」スゥー
凛「…」ギュッ
凛「…――」ボソッ
凛「なんてね、ふふっ」フィッ
28: 以下、
・・・・・・
P「…おお、正面から抱きついてきましたよ」
ちひろ「そして耳元で何かを囁くというコンボを決めて行きましたよ」
P「一体なんて言ったんでしょうね?」
ちひろ「そんなこともあろうかと、Pロイドの耳に集音マイク入れておきましたのでもう一度見てみましょうか」
P「おお、さすがちひろさん。抜かりない」
ちひろ「ではっ」ピッ
29: 以下、
ゴトッ
凛「…」ジッ
凛「すごいよく出来てるね…これ」スッ
凛「風格とか雰囲気までそのままだよ」ペタ…ペタ…
凛「…これなら」
凛「…」スゥー
凛「…」ギュッ
凛「…いつも、ありがと。大好きだよ」ボソッ
凛「なんてね、ふふっ」フィッ
30: 以下、
P「…おお」
ちひろ「…ああ」
P「これは…破壊力高いですね」
ちひろ「ええ…」
P「なんか…俺達やっちゃいけないことやってた感すらありますね」
ちひろ「…ええ、少し反省します」
P「なんだろ、俺、もっともっとアイドルを大事にして、トップアイドルとして輝かせてやろうって思いました」
ちひろ「私もです。一緒に頑張りましょうね」
P「ああ、絶対みんな幸せにしてやる。大事にしてやる」
31: 以下、
P「…」ポチポチ
ちひろ「…?Pさん、なにしてるんですか?」
P「え?ああ、さっきの凛の告白を奈緒と加蓮にメールで送ってるところです」ピロリン
ちひろ「し、舌の根も乾かないうちに何やってんですかー!?」
P「はっはっはっは」
ちひろ「あっはっはっは」
晶葉「こいつら…」ジト
END
32: 以下、
おわりん、書きなぐったです
お目汚し失礼しました。
33: 以下、
乙ー!しぶりんかわいい
36: 以下、

続き・詳細・画像をみる


癒しの動物画像&深夜の飯テロ画像を同時進行する欲張りスレ

【絶対禁止】外国人に絶対にしてはいけない3つの行為! お前ら絶対にやめろよ!

「我慢して限界を迎えたのでトイレに駆け込もうとしたら躓いて転倒」という恐ろしいシチュエーション

【響け!】久美子ちゃんと夏紀先輩の後日談的な妄想SS【ユーフォニアム】

PHSが普及し始めたとき「お話しませんか、メル友になりましょう」という誘いが届いた。

うちの猫のグロすぎわろた

back 削除依頼&連絡先