【SHIROBAKO SS】佐藤「仕事、辞めたいです……」back

【SHIROBAKO SS】佐藤「仕事、辞めたいです……」


続き・詳細・画像をみる


 佐藤(アニメの会社に転職して一ヶ月)
 佐藤(少しは仕事にも慣れてきましたが)
 木佐「大丈夫、大丈夫。俺本気出すとすごいから」
 佐藤「……わかりました」
 佐藤「ってことだったのですが」
 山田「はぁ? 信用できねえよ」
 佐藤「すいません……」
 佐藤(胃が痛いです)
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427540813
2: 以下、
 佐藤(仕事量は多いですし、残業代は出ないですし)
 佐藤(まあ、それは調べてましたから覚悟してましたけど)
 安藤「え? 円さんのデビュー作ってtree tearsだったんですか?」
 安藤「わたし、あれすごく好きなんです」
 安藤「絵乃ちゃんが切ないですよね!」
 佐藤「…………」
 佐藤(アニメの話もよくわかりません)
3: 以下、
 「今年の新人の子どう思う?」
 佐藤(あれ、わたしたちの話でしょうか)
 「安藤さんはいいよね。アニメ好きなのわかるし、なんていうかこっち側の人間っていうか」
 「素直だし、人当たりもいいしね」
 佐藤(よかった。安藤さんは好印象みたいです)
 「それに比べてもう一人の子はね。名前、なんだっけ?」
 「あー、敬語がすごい子ね。名前覚えてないな」
 「あの子はちょっとやりづらいよね。堅すぎだし、何考えてんのかわからないっていうか」
 「あー、わかるわかる。アニメも全然知らないしね」
 「真面目なのはいいけど、真面目すぎるのもちょっとね」
 佐藤「…………」
5: 以下、
 佐藤(真面目でなにがわるいんですか)
 佐藤(真面目なのはいいことじゃないですか)
 佐藤(敬語だってできてて責められるのはおかしいです)
 佐藤(他の業界だったらこれくらい普通なのに)
 佐藤(アニメだって普通大人は見ないものですし)
 佐藤(私、この仕事向いてないのかも知れません)
 佐藤(それに――)
 佐藤「はぁ……」
 佐藤(やっぱりわたしは人とうまく関われない人間みたいです)
7: 以下、
 佐藤(真面目すぎ、お堅い、一緒にいて疲れる)
 佐藤(いつもそんな風に言われてしまいます)
 佐藤(学生時代はそんなことなくて)
 佐藤(真面目でえらい、しっかりしてる、うちの子も佐藤さんみたいな子だったらよかったのに)
 佐藤(なんていっぱい褒めてもらえたのですが)
 佐藤(同じことをしてるのにどうしてうまくやれないのでしょう)
 佐藤「…………」
 佐藤「仕事、辞めたいです」
9: 以下、
 佐藤(やっと仕事が終わりました)
 佐藤「お疲れ様です。お先に失礼します」
 宮森「うん、遅くまでお疲れさま」
 佐藤(宮森さんはまだ残られるんですね)
 佐藤(もう十一時を過ぎてるのに)
 佐藤(家に帰ったら十二時過ぎ)
 佐藤(お風呂入ってすぐに寝て)
 佐藤(起きたらまた仕事)
 佐藤(自分の時間なんてありません)
 佐藤(土曜日も勿論仕事ですし)
 佐藤(日曜日も行かないといけないかも)
 佐藤(こんなにつらい思いをして)
 佐藤(私、何のために働いているんでしょうか)
 佐藤(なんだか、わからなくなってきてしまいます)
10: 以下、
 佐藤「……あ」
 佐藤(いい匂いです)
 佐藤(焼き鳥の屋台ですか)
 佐藤(そういえば、最近お酒も全然飲めていません)
 佐藤(夜食べるのはよくないことですが)
 佐藤(でも、少しくらいいいですよね)
 佐藤「すいません、一人です」
 店主「いらっしゃい。そこ、かけて」
 佐藤「はい」
 佐藤(もう一人お客さんがいますね)
 みーちゃん「ねえ! 聞いてます? わたし、ぜえったいCGで天下取りますから!」
11: 以下、
 佐藤(完全にできあがってます)
 みーちゃん「あれ、お姉さんも一人ですか?」
 佐藤「はい、そうですけど」
 みーちゃん「じゃあ一緒に飲みましょうよ」
 佐藤「でも、私明日仕事がありますから」
 みーちゃん「そんなのわたしも一緒ですよ」
 みーちゃん「楽しめるときに楽しめばいいんですって」
 佐藤「いえ、職場で迷惑をかけてはいけないので」
 佐藤「今日は一杯だけと決めてますから」
 三十分後――
 佐藤「生追加! 早く持って来なさいよ!」
 みーちゃん「いい飲みっぷりですよ、佐藤さん!」
12: 以下、
 佐藤「だいたいみんな自分勝手すぎるんですよ」
 佐藤「自分が楽したいからって適当なことして」
 佐藤「そのせいで私がどれだけ頭を下げないといけないか!」
 みーちゃん「大変なんですね」
 みーちゃん「でも、わかります。わたしも最近転職したんですけど」
 みーちゃん「すぐ辞めた適当なやつって思われてるみたいで」
 みーちゃん「みんな新卒の子を露骨に贔屓するんですよ」
 みーちゃん「わたしのほうが仕事できるのに」
 みーちゃん「やってられないです!」
 佐藤「藤堂さんも大変なんですね」
13: 以下、
 みーちゃん「それですよ、それ」
 みーちゃん「藤堂さんってなんか堅いです」
 佐藤「あ……」
 「あの子はちょっとやりづらいよね。堅すぎだし、何考えてんのかわからないっていうか」
 佐藤「すいません……」
 みーちゃん「いや、謝らないでくださいよ。わたしは佐藤さんと仲良くなりたいから言ってるんですから」
 佐藤「え?」
14: 以下、
 みーちゃん「佐藤さんって年下のわたしにも丁寧な口調で話してくれて」
 みーちゃん「すごいいい人だなぁって思ってですね」
 みーちゃん「もっと仲良くなりたいなぁって」
 みーちゃん「ダメですか?」
 佐藤「い、いや、ダメじゃないですけど」
 佐藤「じゃあ、美沙さん、とかですか?」
 みーちゃん「もう一声」
 佐藤「じゃあ、みーちゃんさんで」
 みーちゃん「うーん」
 みーちゃん「もう一声、と言いたいところですけど」
 みーちゃん「今日のところはそれで満足してあげます」
15: 以下、
 翌朝
 佐藤「……もう朝?」
 佐藤(頭痛い)
 佐藤(仕事行かないと)
 佐藤「…………」
 佐藤(藤堂美沙、みーちゃんさん)
 佐藤(なんか仲良くなってしまいました)
 佐藤(お酒の席でのことですし)
 佐藤(きっと連絡を取ることはないんでしょうけど)
 「佐藤さんって年下のわたしにも丁寧な口調で話してくれて」
 佐藤(うれしかった、ですね)
16: 以下、
 その夜
 佐藤「お疲れ様です。お先に失礼します」
 宮森「うん、遅くまでお疲れさま」
 佐藤(宮森さんはまだ残られるんですね)
 佐藤(もう十二時を過ぎてるのに)
 佐藤(今日はさすがに遅いですし)
 佐藤(まっすぐ家に帰らないと)
 「もっと仲良くなりたいなぁって」
 佐藤「…………」
 佐藤「覗くだけ。覗くだけしてみましょう」
17: 以下、
 佐藤「すいません、一人です」
 店主「いらっしゃい。そこ、かけて」
 佐藤「はい」
 佐藤(もう一人お客さんがいます)
 木佐「ねえ、聞いてる? 俺、ぜえったいヒルクライムでてっぺん取るから!」
18: 以下、
 佐藤(完全にできあがってます)
 佐藤「って木佐さんじゃないですか」
 木佐「あれ、ムサニの新人の人」
 佐藤「私、今木佐さんに明日の午前までって原画お願いしてますよね」
 木佐「…………」
 木佐「まあまあ、仕事のことは忘れて一緒に飲もうよ」
 佐藤「忘れられないです!」
 木佐「大丈夫大丈夫。もうほとんどできてるし」
 佐藤「……なら、いいですけど」
 佐藤「でも、私明日仕事がありますから」
 佐藤「今日は一杯だけと決めてますので」
 三十分後――
 佐藤「生追加! 早く持って来なさいよ!」
 木佐「いい飲みっぷりだよ、佐藤さん!」
19: 以下、
 翌朝
 佐藤「……もう朝?」
 佐藤(頭痛い)
 佐藤(仕事行かないと)
 佐藤「…………」
 佐藤(木佐さん)
 佐藤(なんか仲良くなってしまいました)
 佐藤(お酒の席でのことですし)
 佐藤(きっともうあんな機会はないんでしょうけど)
 佐藤(悪くはない、ですね)
20: 以下、
 その夜
 佐藤「お疲れ様です。お先に失礼します」
 宮森「うん、遅くまでお疲れさま」
 佐藤(宮森さんはまだ残られるんですね)
 佐藤(もう深夜一時を過ぎてるのに)
 佐藤(今日は本当に遅いですし)
 佐藤(まっすぐ家に帰らないと)
 「もっと仲良くなりたいなぁって」
 佐藤「…………」
 佐藤「覗くだけ。覗くだけしてみましょう」
21: 以下、
 佐藤「すいません、一人です」
 店主「いらっしゃい。そこ、かけて」
 佐藤「はい」
 佐藤(もう一人お客さんがいます)
 池谷「もう働かない! もう働かないぞ! 働いてたまるか!」
22: 以下、
 佐藤(完全にできあがってます)
 池谷「君も一人?」
 佐藤「はい、そうですけど」
 池谷「一緒に飲む?」
 佐藤「いえ、私明日仕事がありますから」
 池谷「そうか」
 佐藤「はい。今日は一杯だけと決めているので」
 三十分後――
 佐藤「生追加! 早く持って来なさいよ!」
 池谷「仕事なんかクソくらえだ!」
23: 以下、
 翌朝
 佐藤「……もう朝?」
 佐藤(頭痛い)
 佐藤(仕事行かないと)
 佐藤「…………」
 佐藤(池谷さん)
 佐藤(なんか仲良くなってしまいました)
 佐藤(すごくダメな人でしたね)
 佐藤(木佐さんよりもひどいかも)
 佐藤(上には上がいるんですね)
 佐藤(お酒の席でのことですし)
 佐藤(きっともうあんな機会はないんでしょうけど)
 佐藤(悪くはない、ですね)
24: 以下、
 佐藤(それにしても)
 佐藤(連絡、ないですね)
 佐藤(みーちゃんさん……)
 佐藤(きっと、社交辞令だったんですよね)
 佐藤(大丈夫、大丈夫)
 佐藤(わかってたことじゃないですか)
25: 以下、
 その夜
 佐藤「お疲れ様です。お先に失礼します」
 宮森「うん、遅くまでお疲れさま」
 佐藤(宮森さんはまだ残られるんですね)
 佐藤(もう深夜三時を過ぎてるのに)
 佐藤(今日は本当に本当に遅いですし)
 佐藤(まっすぐ家に帰らないと)
 「もっと仲良くなりたいなぁって」
 佐藤「…………」
 佐藤「もう一度だけ」
 佐藤「最後にもう一度だけ行ってみましょう」
26: 以下、
 佐藤「すいません、一人です」
 店主「いらっしゃい。そこ、かけて」
 佐藤「はい」
 佐藤(もう一人お客さんがいます)
 ずか「ねえ、聞いてます? わたし、ぜえったい声優で世界取りますから!」
27: 以下、
 佐藤(完全にできあがってます)
 ずか「あれ、お姉さんも一人ですか?」
 佐藤「はい、そうですけど」
 ずか「じゃあ一緒に飲みましょうよ」
 佐藤「でも、私明日仕事がありますから」
 ずか「どうせわたしは仕事のないちくわぶみたいな声優ですよ」
 佐藤「私はちくわぶ好きですけど」
 ずか「ですよね!」
 ずか「ちくわぶだっていいですよね!」
 ずか「わたしたちがいるからこそ大根や牛すじが引き立つんです!」
 ずか「はぁ……」
 ずか「でも、牛すじになりたいなぁ」
 佐藤(これは付き合ってるとめんどくさそうです)
 佐藤「今日は一杯だけと決めてますから」
 三十分後――
 佐藤「生追加! 早く持って来なさいよ!」
 ずか「誰か! 誰か仕事をください!」
28: 以下、
 翌朝
 佐藤「……もう朝?」
 佐藤(頭痛い)
 佐藤(仕事行かないと)
 佐藤「…………」
 佐藤(坂木さん)
 佐藤(なんか仲良くなってしまいました)
 佐藤(愚痴を聞かされているうちに朝になってましたね)
 佐藤(疲れました)
 佐藤(もう勘弁して欲しいです)
 佐藤「…………」
 佐藤(でも、たまにはこういうのもいいかもしれません)
29: 以下、
 その夜
 佐藤「お疲れ様です。お先に失礼します」
 宮森「うん、遅くまでお疲れさま」
 佐藤(宮森さんはまだ残られるんですね)
 佐藤(もう明け方の五時を過ぎてるのに)
 佐藤(ちゃんと家に帰ってるんでしょうか)
 佐藤(心配になってきました)
 佐藤(今日は遅いというかもう朝ですし)
 佐藤(まっすぐ家に帰りましょう)
 佐藤「…………」
30: 以下、
 佐藤(屋台は見ないようにして通りすぎました)
 佐藤(そうです。これが普段の私です)
 佐藤(今週の私はおかしかったのです)
 佐藤(なんでもない社交辞令に期待して)
 「佐藤さんって年下のわたしにも丁寧な口調で話してくれて」
 「すごいいい人だなぁって思ってですね」
 「もっと仲良くなりたいなぁって」
 佐藤(疲れてますね)
 佐藤(なんか涙が出てきちゃいました)
 佐藤「…………」
 佐藤(わたし、真面目なんですから)
 佐藤(そんなこと言われると)
 佐藤(期待、しちゃうじゃないですか)
 佐藤(私なんかと仲良くなりたいなんて)
 佐藤(そんなこと)
 佐藤(あるわけないのに)
 みーちゃん「――佐藤さん!」
31: 以下、
 みーちゃん「佐藤さん、探しましたよ」
 みーちゃん「ひどいじゃないですか」
 みーちゃん「全然返信くれないなんて!」
 佐藤「え、でも、LINEには何も」
 みーちゃん「これ、アップデートしてないでしょ」
 みーちゃん「だから通知がこないんです」
 みーちゃん「ほら、ちゃんと起動すると」
 みーちゃん「いっぱいきてるじゃないですか」
 佐藤「……そうだったんですね」
32: 以下、
 佐藤「みーちゃんさん」
 佐藤「その……」
 佐藤「私と、友達になってもらえませんか?」
 佐藤(声が震えてしまいました)
 佐藤(顔を見るのが怖くて)
 佐藤(目を閉じて顔を俯けました)
 佐藤(少しして)
 佐藤(みーちゃんさんは言いました)
 みーちゃん「何言ってるんですか」
 みーちゃん「わたしたち、もう友達じゃないですか」
33: 以下、
 佐藤(仕事は相変わらず大変です)
 
 木佐「大丈夫、大丈夫。俺本気出すとすごいから」
 木佐「それよりまた今度飲みに行こうよ」
 佐藤「木佐さんが今日中にあげてくれたら行ってもいいです」
 木佐「えー、明日じゃダメ? いいでしょ?」
 佐藤「ダメです」
 木佐「しょうがないなぁ」
 木佐「わかった。今日中にあげる」
 佐藤「お願いします」
34: 以下、
 佐藤(仕事量は多いですし、残業代は出ないです)
 佐藤(アニメの話もよくわかりません)
 佐藤(陰口を言われることもあります)
 佐藤(でも、もうちょっとがんばってみようと思います)
 佐藤(あ、LINEですね)
 みーちゃん『今夜、飲みにいきませんか?』
 佐藤「……ふふ」
 佐藤(いけないいけない。顔を引き締めないと)
 佐藤(いきます、と)
35: 以下、
 佐藤(またLINEだ)
 木佐『今日あげるんで今夜行きましょうよ』
 池谷『今夜飲みに行きませんか?」
 ずか『今夜時間ありませんか?』
 佐藤(うーん。わるいけど)
 佐藤(今日はみーちゃんさん優先で)
36: 以下、
 佐藤(真面目すぎ、お堅い、一緒にいて疲れる)
 佐藤(やっぱり、私は人とうまく関われない人なんだと思います)
 佐藤(でも、そんな私を好いてくれてる人もいるみたいで)
 佐藤(私が思っているよりも)
 佐藤(私は悪くないのかもしれません)
37: 以下、
 みーちゃん「佐藤さん、こっち!」
 佐藤「はい、みーちゃんさん」
 みーちゃん「もう、みーちゃんさんじゃないですって」
 佐藤「……そうですね」
 佐藤「みーちゃん」
 おわり
38: 以下、
以上。
感想もらえるとうれしい。
39: 以下、
あれ?これいつもの人?
なんか質感がちがうね
40: 以下、
>>39
軽いの続いたので重めのやりたかった。
佐藤さんかわいい。
41: 以下、
すごく良かった。
44: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【以心伝心】父「ほら、あれ…」母「木曜の9時」父「さんきゅ」

リサイクルの古着って、前の持ち主がワキガだったらどうすんだよ・・・。

ラブホから出てくるカップル眺めるの大好きなヤツwwwwwwwwww

【画像あり】世界初!縦縞模様のピーマンが発売される!

エナジードリンクに疲労回復や精力増強の効果なし

銀行員母「関ジャニ来たンゴ」

back 削除依頼&連絡先