雪歩「寒いね〜」響「そうだなぁ」back

雪歩「寒いね〜」響「そうだなぁ」


続き・詳細・画像をみる

1:
響「あれ?」
雪歩「どうしたの?」
響「マフラーとかは?」
雪歩「去年使ってたマフラーがなくなっちゃって……」
響「そっか」
雪歩「だから寒くて大変なんだ」
響(あ、そうだ!)
4:
……

響「……よし、腕の見せ所だな!」
ハム蔵「ヂュイ!」
響「ん?」
いぬ美「ばうっ」
響「うーん、そうか?」
響「じゃあ……そうしようかなぁ」
6:
響「そうと決まれば……あれ?」
ハム蔵「?♪」
響「こらー! その色は使うからダメだぁ!」
いぬ美「ばうっ」
響「うあー、いぬ美まで!」
ワー ギャー
響「で、できた……」ゼーゼー
ハム蔵「ヂュイ」
響「本当に疲れたぞ……」
9:
響「喜んでくれるかなぁ」
いぬ美「ばうっ」
響「そうか?」
響「……へへん、なんたって完璧だからな」

……
………
11:
?後日?
響「おーい、雪歩!」
雪歩「あ、響ちゃんおはよう」
響「誕生日おめでとう!」
雪歩「えへへ、ありがとう」
響「実は雪歩に渡したいものが……あれ?」
雪歩「じゃーん!このマフラー、真ちゃんに貰ったんだぁ」
響「……」
15:
雪歩「寒そうにしてたから……って」
響「……」
響(あー、良かったぁ……)
雪歩「……響ちゃん?」
響「え? あ、ああ!」
ゴソゴソ
響「はい、これ」
雪歩「わ、ありがとう!」
雪歩「開けてもいい?」
響「もちろん!」
17:
雪歩「わあ……可愛い」
響「帽子と手袋を編んでみたんだけど」
雪歩「えっ」
響「……?」
雪歩「これ、響ちゃんが安編んだの?」
響「そうだけど……気に入らなかったか?」
雪歩「すごい! すごいよ響ちゃん!」
響「そ、そうかな?」
18:
>>17
ミス
雪歩「わあ……可愛い」
響「帽子と手袋を編んでみたんだけど」
雪歩「えっ」
響「……?」
雪歩「これ、響ちゃんが編んだの?」
響「そうだけど……気に入らなかったか?」
雪歩「すごい! すごいよ響ちゃん!」
響「そ、そうかな?」
19:
雪歩「ありがとう!」
雪歩「すっごく嬉しいよ」
響「へへん、なんたって自分完璧だからな!」
雪歩「うんうん!」
ハム蔵(計画通り……)
いぬ美(流石っすね!)
23:
P「おぉ?い! 雪歩!」
雪歩「あ、プロデューサー」
P「誕生日おめでとう! これプレゼン……と?」
響「真に貰ったマフラーと」
雪歩「響ちゃんに編んでもらった帽子と手袋ですよ」
P「」
P「用事を思い出した、また後で!」グスン
雪歩「……?」
響(南無三……)
25:
雪歩「大事に使わせてもらうね」
響「うん」
雪歩「本当にありがとう、また明日」
響「お?」
響「……マフラーも編んでたなんて言えない」
響「どうしよっかな、これ」
30:
P「プレゼント、何にすればいいんだ」
P「このマフラーもどうすればいいんだ……」
響「……」
響「なあ、プロデューサー」
P「ん、ああ……響か」
響「お茶にあうお菓子でいいんじゃないか?」
P「それだ……!」ティン
31:
響「あと、メリークリスマス」
ギュ
P「うぉ!?」
響「自分の手編みのマフラーだぞ」
P「いいのか?」
響「えっと……じゃあそのマフラーと交換で」
P「そうか……じゃあメリークリスマス」
響「うんうん、暖かいなぁ」
P「そうだな」
33:
小鳥「はい、雪歩ちゃんにプレゼント」
雪歩「わぁ、美味しそうなお菓子!」
小鳥「いつも美味しいお茶を淹れてくれてありがとう」
雪歩「私で良ければいつでも淹れますから! 言ってくださいね!」
小鳥「うん、お願いね」
P「おぉ?い、雪歩!」
雪歩「あ、プロデューサー! 小鳥さんから美味しそうなお菓子を貰いました!」
P「」
おわり
34:
おつ
3

続き・詳細・画像をみる


【画像】レアなオナニーに使う俺のアダルトグッズこれくしょん自慢させろー

『名作マンガ』漫画を読まない一般人でも主人公の名前を言えるぐらいのヒット作

【岡山】ゴキブリ「怪走」順位競う 6月4日の「虫の日」イベントに歓声と悲鳴

【超!閲覧注意】生きたまま食べられている女性の映像が話題に

【時間無制限】これを落札したら可愛い子がお話聞いてくれるぞ!!!

サヴァン症候群って凄すぎないか??

back 削除依頼&連絡先