【艦これ】弥生「…………」加賀「…………」back

【艦これ】弥生「…………」加賀「…………」


続き・詳細・画像をみる

1:
弥生「……」
加賀「……」
弥生「………」
加賀「………」
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」
2:
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「………コホン」
加賀「!?」
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」
3:
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………ねぇ」
弥生「……なんですか?」
4:
加賀「……怒ってるの?」
弥生「……怒って、ません」
加賀「……表情が怖いわ」
弥生「……怒ってません」
加賀「正直に言ってもいいのよ?」
弥生「怒ってませんってば……!」
加賀「ご、ごめんなさいね……」
弥生「あっ……いえ、こちらこそ強く言いすぎました」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」
5:
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「……何時間、経ったでしょうか」
加賀「……分からないわ」
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」
6:
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」クゥ……
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」グゥゥ……
弥生「…………」
加賀「……お腹が空いたわね」
弥生「そう、ですね」
7:
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」クゥ…
加賀「…………」ギュルル……
加賀「夕飯の前だったのが災いしたわ……」
弥生「……どうしてこうなっちゃったんでしょう」
加賀「……事故としか言いようがないわ」
8:
?回想?
加賀「今日のご飯は肉じゃが……さすがに気分が高揚します……」
弥生「…………あっ」
加賀「あら、弥生ちゃん……だったかしら」
弥生「はい」
加賀「貴方も倉庫に用が?」
弥生「今日の訓練の、後片付けを……」
加賀「そう、偉いわね」
弥生「卯月が、逃げちゃったから……」
9:
加賀「……手伝うわ」
弥生「……いいんですか?」
加賀「ええ、二人で早く終わらせて食べに行きましょう」
弥生「……ありがとう、ございます」
10:
────────────────────────
加賀「……弥生ちゃん?何処にいるの?」
弥生「……ここです。ちょっと、奥の方にしまわなきゃいけないので……」
加賀「そこの高い場所?私がやるわ」
弥生「あっ……よろしくお願いします」
11:
────────────────────────
妖精「あれ??なんで倉庫空いてるんだろう」
妖精「危ないな?もう」ガラガラ
妖精「戸締りくらいしっかりやってよね?」ガシャン
────────────────────────
12:
加賀「?なんだか暗く……」
弥生「……!扉が閉まっちゃいます……!」ガラガラ
加賀「嘘……どうして……」
弥生「ああっ……」ガシャン
加賀「…………空かないわ」ガチャガチャ
弥生「……閉じ込められちゃいましたね」
加賀「……仕方ないわ。助けが来るまで待ちましょう」
弥生「……はい」
13:
?回想終了?
加賀「……奥の方にいたから気付かなかったのね」
弥生「……お夕飯の時間にいなかったら、気が付いてくれると思ったんですが……」
加賀「……どうやらアテは外れたみたいね……」
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」
14:
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「………ヘクチッ」
加賀「……大丈夫?」
弥生「大丈夫、です」
加賀「この倉庫は埃っぽいものね……」
弥生「はい……」
15:
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………ヘクチッ」
加賀「……本当に大丈夫なの?」
弥生「大丈夫、です。気を遣わなくていい、です」
加賀「……そう」
17:
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「………グスッ」
加賀「……!」
弥生「……ううっ……」
18:
加賀「……どうしたの?」
弥生「もう、助けなんて来ないんじゃ……」
加賀「……そんなことないわ」
弥生「どうして……?」
加賀「長くても明日には次の訓練で必ずここを使用するわ。だからその時に……あっ」
弥生「どう、しました……?」
加賀「……明日は確か、訓練はしなくてもいい自由行動の日だわ……」
弥生「あっ……」
加賀「…………」
19:
弥生「……やっぱり、もう……グスッ」
加賀「だ、大丈夫。誰か訓練に来る人がいるかもしれないし……」
弥生「そんなの、確証が持てないじゃないですか……」
加賀「……そう、ね」
弥生「ううっ……司令官……助けて……」
加賀「……提督」
弥生「弥生、もっといい子になるから……卯月みたいな明るい子になるから……うえっ……ぐすっ」
加賀「……弥生ちゃん」
弥生「……なんですか……すんっ……」
加賀「お話ししましょう?気分転換にもなるわ」
20:
弥生「……なにを話すのですか?」
加賀「そうね……貴方の言う卯月ちゃんについて教えてもらえないかしら」
弥生「卯月について……?」
加賀「ええ。お願いできる?」
弥生「いいけど……」
弥生「卯月は、弥生とほとんど同じ時期にこの鎮守府に配属されました」
加賀「同じ時期に……」
弥生「はい……だから練度の関係で二人で一緒に出撃することが多くって、仲良くなりました……」
21:
加賀「卯月ちゃんについてはどう思っているの?」
弥生「……卯月はすごい不真面目。隙があればサボったり、いたずらしようとしてきます……」
加賀「……提督もからかわれたと言っていたわね」
弥生「でも、根はとってもいい子なんです……普段はそうは思えないけれど、肝心な時には皆を助けてくれたり、支えてくれたりします」
弥生「なにより卯月は、弥生にはない明るさがあります……」
弥生「あの明るさと一緒にいると、こっちも元気になっちゃうんです……」
加賀「……よくわかりあっているのね」
弥生「えへへ……」
22:
加賀「……私の知り合いにも、卯月ちゃんと同じような人がいるわ」
弥生「……どんな、人?」
加賀「赤城さんよ」
弥生「えっ……でも、赤城さんはいつも戦闘や執務的な事ばかりで……」
加賀「表向きはそうね。でもプライベートは全然違うの」
弥生「どんな風に……?」
加賀「まず暴飲暴食ね……もともと空母はそういう風に出来ているのだけれど、そういう設計を明らかに超越しているわ」
弥生「へぇ……」
加賀「他にもかなりお茶目なところがあって……この前も執務中に提督の前で『ご飯はまだですか?』なんて言いかけたらしいわ」
弥生「あ、ははは……」
加賀「ふふ、信頼しきった相手の前では素が出てしまうのかもしれないわね」
23:
弥生「……赤城さんは普段の事務的な態度は作っているんですか……?」
加賀「……どうかしら。まぁ、その可能性もあるでしょうけど、やっぱりメリハリは大事だからそういう意味なのかも」
弥生「……意外な一面を知ってしまいました」
加賀「今度本人の前でからかってみるといいわ。うろたえると思うから」
弥生「……ちょっと、怖いです」
加賀「大丈夫。提督と一緒にいるときとかだったら尚更ね」
弥生「わかり、ました」
加賀「…………」
弥生「…………」
24:
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「……あの」
加賀「……何?」
弥生「……加賀さんばかりから、話題を提供してもらってるから、今度は弥生が……」
加賀「……そう、嬉しいわ」
弥生「えーっと、ええっと……」
加賀「ゆっくり、落ち着いて。何でも聞いてね」
25:
弥生「……それじゃあ、加賀さんは……」
加賀「ええ」
弥生「司令官のことが好きですか……?」
加賀「!?」
弥生「どう、なんですか?」
加賀「…………」
弥生「……加賀さん?」
加賀「……どうしてそれを聞きたいの?」
26:
弥生「この前、睦月や望月が司令官のこと好きかって話しをてて……」
弥生「睦月は『好き』って言ってたんだけれど、望月は『べ、別に好きじゃないしっ』、なんて言ってたから……」
加賀「…………」
弥生「弥生も司令官のことは好きなんだけれど、もしかしたら望月みたいに司令官が嫌いな人もいるのかなって……」
加賀「……そうね。ハッキリ言ってしまえば、私も提督のことは好きよ」
弥生「そう、ですか。よかった……」
加賀「でもね、弥生ちゃん。望月ちゃんが言ったのは別に嫌いって意味ではないわ」
弥生「えっ……」
27:
加賀「弥生ちゃんはまだ分からないかもしれないけれど、弥生ちゃんや睦月ちゃんの言っている好きと、望月ちゃんや私の言う好きは違うものなの」
弥生「……?」
加賀「……弥生ちゃんは提督のどういうところが好き?」
弥生「……頑張ったらいっぱい褒めてくれるところとか、おっきな手で頭を撫でてくれると事とか……」
加賀「じゃあ提督を見てて胸がこう……ドキドキすることはあるかしら?」
弥生「……ない、です」
加賀「そういうことよ」
弥生「……そういうこと?」
28:
加賀「弥生ちゃんの好きは『Like』、私の好きは『Love』なの」
弥生「……よくわからない、です」
加賀「……その内わかる時が来るわ」
弥生「……そう、ですか……」
加賀「…………」
弥生「…………」
加賀「…………」
弥生「……だったら」
加賀「……ん?」
29:
弥生「加賀さんはここで司令官のこと『大好き』って叫ぶことが出来ますか?」
加賀「……意図が分からないのだけれど」
弥生「……さっきの好きっていう話し合いの後、ゲームをやったんです」
弥生「……あっ、スマブラでした……弥生がDD使って圧勝しました」
加賀「そ、そう……」
弥生「それで、最下位だった望月が司令官に『大好きっ』て叫ぶ罰ゲームをやったんです」
加賀「…………」
30:
弥生「望月も嫌がってたけれど、結局やったんですが、その時の司令官がとっても嬉しそうでして……」
弥生「暫く望月のことを撫で続けて、望月もまんざらじゃなさそうで……」
加賀「……つまり提督に大好きと言うことで喜んでもらいたいのね……」
弥生「……今度やろうと思ってたけど、せっかくだから加賀さんも一緒にどうですか?」
加賀「……いえ、私は……」
弥生「そうですか……ここで加賀さんと仲良くなれたから、司令官と一緒に遊びたかった……」
加賀「あぁ……えー……」
弥生「無理なら、いいです。弥生一人でも……寂しいですけど……」
加賀「……分かったわ。私も言うから……」
31:
弥生「本当……?」
加賀「え、ええ。約束するわ……」
弥生「やった……!」
加賀「…………」
弥生「だったら、練習しませんか……?」
加賀「えっ」
弥生「司令官には一番いい声で伝えたいんです。普段弥生は大きな声とか、出せないけれど……」
弥生「加賀さんと一緒なら、できる気がするんです……」
加賀「……そう」
弥生「じゃあ、いきますよ……」
32:
弥生「だい、好き……」
加賀「………ダイスキ…」
弥生「全然、声が出ません……」
加賀「……もう一回やりましょう」
33:
弥生「大好……き……」
加賀「……だいすき……」
弥生「まだまだです……頑張らなくっちゃ……」
加賀「も、もう一回ね……」
34:
弥生「大……好き……!」
加賀「大好き……」
弥生「あとちょっとです……!」
加賀「そうね……次は本番の気持ちで行きましょう」
35:
弥生・加賀「「せーのっ……」」
弥生・加賀「「司令官(提督)、大好き(です)っ!!」」ガラガラ
提督「えっ」ガラッ
36:
加賀「……えっ」
弥生「あ……司令官……」
提督「今大好きって……」
加賀「??っ!!」
弥生「司令官、助けに来てくれたの……?」
提督「あ、ああ。夕飯の時にも風呂の時にも見つからなかったから心配でな」
37:
加賀「……忘れてください」
提督「えっ」
加賀「…………」ダッ!!
提督「あ、おい加賀!!」
弥生「加賀さん……行っちゃいました……」
提督「あー、うん……大丈夫だったか?」
弥生「……あっ、気を遣わなくても……」
提督「いやいや済まなかった。こんな遅くなってしまって」
38:
弥生「……加賀さんがいっぱいおしゃべりしてくれたから、全然平気……」
提督「加賀が?それはそれは……」
弥生「とっても、優しかったです……」
提督「そっか……」
弥生「ねぇ、司令官」
提督「なんだ?」
39:
弥生「司令官は、弥生のこと、好き……?」
提督「え?あ、ああもちろん好きだよ」ナデナデ
弥生「んっ……えへへ……」
提督「お腹空いただろ。間宮にご飯を取り置きしてもらってるから一緒に行こうな」
弥生「うんっ……あの、司令官」
提督「ん?」
弥生「弥生も、司令官のこと、だい……大、好き!」
40:
?後日?
提督「加賀、あの倉庫の時俺のこと大好きって……」
加賀「言ってないと言ったでしょう」
提督「いや、でもさ……」
加賀「…………」
提督「弥生がそう言ってたんだよ。なぁ弥生」
弥生「うん……言った」
加賀「弥生ちゃん……!?あなた……」
弥生「加賀さん、今二人で言おう……?」
41:
加賀「ほ、本当にやるの……?」
弥生「そのために練習したんだもん……」
提督「…………」ソワソワ
加賀「んーんんっ……ダイスキ……」
提督「なぁにぃ??聞こえんなぁ!」
弥生「加賀さん、二人で、ね……?」
加賀「??っ!!」
弥生「せーのっ」
42:
弥生・加賀「「大好きっ!!」」
4

続き・詳細・画像をみる


「京アニ&Doイベント」ビジュアル公開!中二病×たまこ×境界×ユーフォニアム×and more!

【画像】佐々木希が80年代のボディコン姿を披露 唐沢寿明が絶賛

【悲報】ファンモン、モン吉の現在・・・・・

米有識者「翁長のヅラは反対を繰り返しているだけ」 翁長「お互い様や!非難される筋合いない!」

ぼく「人型ロボットかっこいい」 バカ「は?戦車や戦闘機の方が強いんですが」

民主「日本年金機構がやらかしたな。よっしゃー!審議拒否!」

back 削除依頼&連絡先