八幡「雪ノ下雪乃がねこのしたねこのんになった」back

八幡「雪ノ下雪乃がねこのしたねこのんになった」


続き・詳細・画像をみる

2:
八幡「うぃーす」ガラッ
雪乃「にゃ?」
八幡「!!?」ドキッ
雪乃「にゃ?」
八幡「……?」ピタッ
雪乃「にゃ?」
八幡「……」ヒキッ
雪乃「……何か反応してくれてもいいじゃない」
八幡(なんて反応すればいいか分からねぇんだよ!!!)
3:
八幡(さて奉仕部の部室に来たら何故か雪ノ下が猫耳と尻尾をつけて、四つん這いでにゃ?にゃ?言っているわけだが)
八幡(これはどういう状況だ……?)
八幡(まぁこいつにもそういう日があるのだろう、そうなのだろう)
八幡(無視して本でも読もう)パラッ
雪乃「にゃ?」フリフリ
八幡(……ところであの尻尾、どうやってついてんのかな)
4:
雪乃「にゃ?」
八幡「……」パラッ
雪乃「にゃ?」
八幡「……」パラッ
雪乃「にゃ?」
八幡「……」チラッ
雪乃「……ふしゃー」キッ
八幡(……こっち睨むなよ、何がしたいんだお前は)
八幡(あとその格好しながら四つん這いで睨まれても怖くもなんともない)
5:
雪乃「にゃ?」
八幡「……」パラッ
雪乃「にゃ?」
八幡「……」パラッ
雪乃「にゃ?」
八幡「……」チラッ
雪乃「……にゃっ」ピョン
八幡(ねこのんかわいい)
6:
雪乃「にゃ?」
八幡「……」パラッ
雪乃「にゃ?」
八幡「……」パラッ
雪乃「にゃ?」
八幡「……」チラッ
雪乃「……にゃぁ……」///
八幡(ちょっと冷静になって照れてる。ねこのんかわええ)
7:
雪乃「にゃ?」
八幡「……」パラッ
雪乃「にゃ?」
八幡「……」パラッ
雪乃「にゃ?」
八幡「……」チラッ
雪乃「……にゃ?」シュン
八幡(寂しいのか……?)
8:
雪乃「にゃ?」
八幡「……」パラッ
雪乃「にゃ?」
八幡「……」パラッ
雪乃「にゃ?」
八幡「……」チラッ
雪乃「……にゃあ」グスン
八幡(泣いてる!?)
9:
八幡(ええい無視だ無視)
八幡(あれに関わったらろくなことにならないって俺の中で警報が鳴り響いている)
雪乃「にゃ?」
八幡「……」パラッ
雪乃「にゃ?」
八幡「……」チラッ
雪乃「……」トコトコ
八幡(こっちに来た!?)
八幡(しかも四つん這いのままで!!?)
10:
雪乃「にゃ?」トコトコ
八幡(椅子に座っている俺の足の前までやってきやがった)パラッ
雪乃「にゃ?」
八幡(だが無視だ、無視)パラッ
雪乃「にゃ?」
八幡「……」チラッ
雪乃「……にゃあ」スリスリ
八幡「!?」ビクッ
八幡(俺の膝に頬擦りしてきた!!?)
11:
八幡(なんだなんだこいつは一体何がしたいんだ)
八幡(さすがに何か言うべきだろうか)
雪乃「にゃ?」スリスリ
八幡「……」
八幡(やだっ! 怖い! 何されるか分からない!)
雪乃「にゃ?」スリスリ
八幡(こうなったら根競べだ、無視し続けてやる)パラッ
12:
雪乃「にゃ?」スリスリ
八幡「……」パラッ
雪乃「にゃ?」スリスリ
八幡(……この本面白いな)パラッ
雪乃「にゃ?」
八幡「……」チラッ
雪乃「……にゃあ」ウルウル
八幡(上目遣いはズルいだろ畜生!!)キュン
13:
雪乃「にゃ?」
八幡「……」パラッ
雪乃「にゃ?」
八幡「……」パラッ
雪乃「にゃ?」
八幡「……」チラッ
雪乃「……にゃっ」ガッガッガッ
八幡(俺の膝に頭突きすんな!!)
14:
雪乃「にゃあ……」ヒリヒリ
八幡(あー、痛かったんだなー)
雪乃「……にゃ?」ウルウル
八幡(なんでそんな物欲しそうな目で俺を見るんですかね)
雪乃「……」ウルウル
八幡「……」キュン
八幡「……しょうがねぇな」ナデナデ
雪乃「にゃあ♪」
15:
八幡(で、こいつは何がしたいんだろう)ナデナデ
雪乃「♪」
八幡(俺の膝に頭を乗せて、撫でられているこいつは本当に俺の知っている雪ノ下雪乃なのだろうか)ナデナデ
雪乃「♪」
八幡(……さすがにもういいだろ、撫でるのはやめよう)ピタッ
雪乃「!?」
雪乃「……」グスッ
八幡「分かった分かった泣くな」ナデナデ
雪乃「♪」
16:
雪乃「♪」ポスッ
八幡(とうとうこいつ、床に四つん這いをやめて俺の上に座りやがったぞ)ナデナデ
雪乃「♪」ダキッ
八幡(しかも俺側に体を向けている。腕も俺の背中に回している)ナデナデ
雪乃「にゃ?……」ゴロゴロ
八幡(これよくバカップルがやってるあれじゃねぇか……)ナデナデ
雪乃「……にゃあ」ウットリ
八幡(まぁ、なんか幸せそうだからいいか)
17:
八幡(っていうわけにもいかねぇ!)
雪乃「にゃ?♪」スリスリ
八幡(さすがに問いたださないと)
八幡「……おい、雪ノ下」ピタッ
雪乃「……やめないで」
八幡「えっ」
雪乃「……撫でるの、やめないで」ウルッ
八幡「……わーったよ」ナデナデ
雪乃「♪」ギュー
八幡(そんなに強く抱きしめるな近い近いいい匂い近い)
18:
八幡「で、雪ノ下」ナデナデ
雪乃「にゃあ?」ギュー
八幡「お前は一体何がしたいんだ」ナデナデ
雪乃「……今日の私は」ギュー
八幡「あん?」ナデナデ
雪乃「……あなたの猫だから」ギュー
雪乃「……少しくらい、甘えたっていいじゃない」ギュー
八幡「……猫なら、しょうがねぇよな」ナデナデ
雪乃「……そう、猫だからしょうがないのよ」ギュー
19:
雪乃「にゃあ……」ギュー
八幡「おーよしよし」ナデナデ
雪乃「にゃあ♪」ギュー
八幡「まったく……」ナデナデ
雪乃「にゃ?」ギュー
八幡「……」ナデナデ
雪乃「……ねぇ、比企谷くん」
八幡「なんだよ」
雪乃「……、私は──」
20:
結衣「ぃやっはろ──!!」ガラッ
八幡「」
雪乃「」
結衣「」
八幡「……えっと」
雪乃「あ、その」
結衣「……あ」
八幡「あ、えと、ゆ、由比ヶ浜、お前は何か勘違いしている」アセアセ
雪乃「あの、由比ヶ浜さんっ、これは誤解なのよ」アセセ
結衣「……ふ、」
2

続き・詳細・画像をみる


両親と兄がエイプリルフールに嘘をついてきたから嘘をつき返してやった

おんJ 20世紀有名な写真スレ

『赤ちゃんが乗っています』というステッカーより効果的なのを考えたので売り出そうと思う

親しい友人から「ハロワ行ったら○○ちゃんとこの職場の求人表見たよ〜お給料もいいね」って言われた。

ゆきりんこと鼻ニンニクさん、マシュマロボディを披露!

玄関半開きにしてたら野良ニャンコがずっとこっち見てるんだが

back 削除依頼&連絡先