凛「猫さん、ありがとう。」back

凛「猫さん、ありがとう。」


続き・詳細・画像をみる

1:
下校中
凛「あ!ねえねえ、かよちん!あそこ!猫さんだにゃー!」ダダダ
花陽「え?ま、待ってよぉ凛ちゃーん!」タッタッタ
凛「かっわいーいにゃー!」
花陽「ハァ…ハァ…もう、凛ちゃんいよぉ」
凛「あはは、ごめんねかよちん♪」
猫「………」チョコン
花陽「あ、でもホントに可愛いね!この猫ちゃん」
凛「うん!………でも…」シュン
花陽「…この猫ちゃん、多分、捨て猫さんみたいだね」シュン
凛「………」
2:
凛「よし!凛、この猫さんを飼う!お持ち帰りするにゃ!」
花陽「ええ!ダ、ダメだよぉ…凛ちゃん、猫アレルギーでしょ?」アセアセ
凛「う」ギクッ
凛「そうだったにゃ。ホントは触るのも、ちょっとキツイにゃー…」
花陽「私も飼ってあげたいけど、やっぱり急には家に連れて帰れないし…」
凛「うーん、そうだよねー」ガックシ
花陽「茶トラ?って言うのかなぁ?綺麗な毛色だし、こんなに可愛いんだから、誰かが見つけて飼ってくれるよ。…きっと」ネコナデナデ
凛「………」
花陽「ね?凛ちゃん?」
凛「…そうだね。仕方ないにゃ」
猫「………ニャ?」
凛花陽「や、やっぱりかわいい!」ヌハゥッ
花陽「この破壊力!危うくホントにお持ち帰りしちゃうところだったよぉ!」グハァ
凛「た、大変にゃ!かよちん、しっかりするにゃー!」
3:
花陽「…あ、もうこんな時間」
凛「え?…あ、ホントだ」
花陽「今日の部活、少し長引いちゃったもんね」
凛「そろそろ帰ろっかー」
花陽「そうだね、それじゃ凛ちゃん。私はこっちだから、また明日ね!」バイバーイ
凛「うん!かよちんまた明日!」バイバーイ
4:
凛「……………はぁ。」
凛(凛が猫アレルギーじゃなかったらなぁ)シミジミ
凛「よし、それじゃあ凛もかーえろっと」スタスタ
猫「………」ジー
凛「?」クルッ
凛「…ごめんね猫さん、またね」クルッスタスタ
猫「………もう、…帰っちゃうの?」
凛「え!?」バッ
5:
猫「………」チョコン
凛「は、ははは、ま、まさかね?」クルッ
猫「凛ちゃん。」
凛「にゃ!?」バッ
猫「飼ってくれるんじゃ、なかったの?」
凛「…え、え?………えええええええええ!?」
猫「びっくりしす…
凛「か、かかかよちん!ね、猫さんが!しゃ、しゃべ!しゃべっ!」アセアセ
猫「」
8:
凛(…あ、かよちんはもう帰ったんだった………)チーン
猫「ちょっと落ち着いてよ…」
凛「ぉお落ち着いてられないよ!か、会話が!猫さんと話が出来…
猫「【μ's】の、星空凛ちゃん」
凛「っんにゃあああ!?」ビクゥッ
猫「音ノ木坂学院1年生、15歳11月1日生まれ、さそり座A型、身長155?体重○○?、好きな食べ物はラーメン、スリーサイズは上から75………」
凛「」
10:
凛「っは…」プルプル
猫「?」
凛「っは、はは、っははははははははははははははははは」
猫「」
凛「ゆ、夢かにゃ?っそ、そうか!これは夢!夢に違いないにゃー!」バタバタ
猫「夢じゃないよ。僕は凛ちゃんのことなら何でも知ってるよ?」
凛「…ヌ」
猫「ぬ?」
凛「ぬおおおおおおおおおおおおおおっ!!」アタマブンブン
猫「」
11:
凛「はぁ…はぁ…」ゼーゼー
猫「お、落ち着いた?」
凛「ちょ、ちょっとだけ…」
猫「そう。…なら、話を良く聞いてね?」
凛「?…う、うん?」キョトン
猫「凛ちゃんは僕が捨てられてて、可哀想な猫だなーって思ったよね?」
凛「うん」コクコク
猫「じゃあさ、こんな可哀想に道に捨てられてる僕を、凛ちゃんの家に連れて帰ってよ」ニコッ
凛「い、意味がわからないよ…」
猫「そこをなんとか」
凛「ああ、頭がぁ、頭が割れそうにゃああ………」フラフラ
12:
凛「それよりなんで喋ってるの!?なんで凛のこと知ってるの!?」
猫「内緒」
凛「えぇぇ…」
猫「で、…どうなの?可哀想でしょ?連れて帰ってよ」
凛「そう喋られると、全っ然可哀想に見えないにゃ」
凛「それに、自分で自分を可哀想とか言う人って、余計に可哀想に思えないにゃ」
凛(あ、人じゃなくて猫だったにゃ)
猫「……………ふーん」
凛「あと、凛は猫アレルギーだか…
猫「じゃあ、自分で自分を女の子らしくない、とか言っちゃう人のことは、どう思う?」
凛「!?」ビクッ
猫「…自分で自分は女の子っぽい格好は似合わない、とか言っちゃう人のことは?」
凛「………え?」
猫「僕の言ってること、何かおかしいかな?」
凛「………な、なんで…?」
猫「そこまで知ってるかって?言ったでしょ、僕は凛ちゃんのことなら何でも知ってるよ」
14:
凛「…どうしてそこまで、知ってるの?」
猫「内緒」
凛「………」
猫「はい、もうこの話はおしまい」
凛「…え?」
猫「内緒とは言ったけど、その内、必ずわかることだから」
猫「それに僕は、別に、凛ちゃんをいじめたいわけじゃないしね」
凛「………」
15:
猫「で?どう?僕を飼ってくれる?」
凛「………い、嫌だにゃ」
猫「どうして?」
凛「急に喋って、凛のことは何でも知ってるとか言って、飼ってくれなんて…」フルフル
猫「………」
凛「いいよって言う方がおかしいにゃ…」
猫「でも、僕を飼って近くに置いておけば、どうして君のことを良く知っているか、わかるかも知れないよ?」
凛「そんなの、………関係ないにゃ…」
16:
猫「じゃあさ、これはどう?凛ちゃんの猫アレルギーを僕が治せたら、僕を連れて帰ってよ」
凛「…そ、そんなこと出来るの?」
凛(そう言いながらも、凛はホントにこの猫さんなら出来ると思った)
猫「もちろん」
凛(喋る猫だし、凛のこと何でも知ってるみたいだし)
猫「やってみせようか?」
凛(でも、それでも、嫌だとは言えたのに)
凛「………出来るのなら、やってみればいいにゃ…」
凛(どうして、凛はそう答えたのかな)
17:
猫「それじゃ、早」
凛「………」ドキドキ
猫「ホレ」
凛「………にゃ?」キョトン
猫「僕を抱いてみてよ。ほら」テマネキ
凛「…猫アレルギーを治すんじゃなかったのかにゃ?」シラー
猫「いいから早く」
凛「………嫌だよ、凛くしゃみでちゃうもん。」
猫「もう、しつこいなあ。大丈夫だから、さあ早く」ホレホレ
凛「猫さんの方がしつこいにゃ!」
猫「じゃないと話が進まないよ」
凛「………!もう!なんかあったら責任とって欲しいにゃ!」ダキッ
19:
凛「!?」
猫「…どう?」
凛「………あ…」
猫「?」
凛「…あったかい。」ツー
凛(あれ?)
猫「…ね?」
凛「……………ヒック…」ポロ
凛(どうして…凛は…)
猫「大丈夫だったでしょ?」
凛「ホントだ…くしゃみも出ない。どこも、かゆくならない…」ポロポロ
凛(凛は…泣いているんだろう)
猫「…これから少しの間、よろしくね。凛ちゃん。」
凛「…え?決定なのかにゃ!?」ゴシゴシ
猫「え?駄目なの?うっそ、アレルギーまで治したのに?」
凛「もう!わ、わかったにゃ!」
猫「…じゃ、よろしくね」ニコッ
凛(こうして凛は、この喋る不思議な猫さんを、飼うことになった)
20:
続く
23:
次の日、登校中
凛「ねえ、ほ、ホントに学校に連れてって大丈夫なのかにゃ?」
猫「大丈夫だってば。昨日言ったでしょ?」
凛「うーん、じゃあ信じるけど。やっぱりちょっとドキドキするにゃ…」
猫「ヘーキヘーキ」
前日星空宅
………………………
………………
………
24:
猫「僕はね、凛ちゃんにしか見えないし、声も聞こえないんだよ」
凛「え?そうなのかにゃ?」
猫「う、うん、そうなんだけど…」
凛「………?」キョトン
猫「あんまり疑わなくなったね」
凛「まあ、そりゃあ、ねえ…」シラー
猫「だからお母さんに猫を飼うとかも、別に言わなくても良かったんだよ?」クスクス
凛「え?…あー、だからなんだかお母さんの様子が変だったのかにゃ…」
猫「お母さんからすれば、君が変だったんだよ。その猫が見えてないわけだしね」クスクス
凛「あれ?でも、かよちんには見えてたよね?」
猫「………そうだね。見えてたみたいだね。でも、見えるだけで、僕の声は聞こえないかな」
凛「なんで?」
猫「内緒」
凛「あーもう!ややこしいにゃ…」プシュー
25:
凛「じゃあ、凛とかよちんにだけ、見える猫さんなの?」
猫「そうなるね」
凛「どうして?見えるとか聞こえるとか、この差は何が違うの?」
猫「…本当にわからない?」
凛「え?うん、わからないにゃ」キョトン
猫「…そっか」
凛「お、教えてくれないのかにゃ?」ガーン
猫「内緒。それに最初にも言ったけど、その内、全部わかることだから」
凛「ず、ずるいにゃー…」ガックシ
猫「そんなに知りたいなら、僕を音ノ木坂に連れて行ってみれば?」
凛「え?」
猫「色々わかるかも知れないよ?…大丈夫、僕のことは、多分誰にも見えないから」
26:
………
………………
………………………
凛「平気とは言っても…」ビクビク
猫「心配しすぎだよ…」
凛「だって、学校に猫を連れてきてるんだよ?変な子に見えるにゃあ。」ドキドキ
猫「だから、僕も見えないし、変な子にも見えないってば。普通にすればいいんだよ」
凛「わ、わかったにゃ…」
27:
部室前
凛「朝練、少しだけ遅れちゃったにゃ…」
猫「平常心、平常心。はい深呼吸」
凛「う、うん。スゥーハァー、スゥーハァー」ギューッ
猫「い、痛い痛い…」
29:
部室
凛「お、おはよー…」ガチャ
希「お!凛ちゃんおはよー」
ことり「おはよう凛ちゃん♪」
絵里「あら、凛、おはよう」
海未「凛、おはようございます」
穂乃果「りーんちゃん!おっはよー!」
にこ「ぉおっそい!何?今日の一年生組は!たるんでるわよ!」
凛「ご、ごめんねにこちゃん。おはよーにゃー…」
凛(ほ、ホントにみんな猫さんが見えてないみたい…)ドキドキ
ことり「…凛ちゃん?なんだか、元気がない気がするけど…」
凛「だ、大丈夫にゃ!凛はいっつも元気にゃー!」
凛「ってあれ?かよちんと真姫ちゃんは?」
希「花陽ちゃんは、飼育係の都合で今日の朝練はお休みや。」
絵里「真姫はまだ来てないみたい。そろそろ来るんじゃないかしら?」
凛「そっかー」
凛(かよちんに一番話したかったのに、練習お休みかあ)
32:
にこ「まったく!アイドルとして遅刻なんてありえないわ!ほら、凛も早く着替えなさい」
凛「ご、ごめんにゃー…」ヌギヌギ
ことり「にこちゃん、もうそこまでにしようよー」オロオロ
穂乃果「そうだよ!少しの遅刻ぐらい別にいいじゃん!」
海未「…いったい、どの口が言っているのですか…?」チラ
穂乃果「っは!」ビクッ
海未「今日も私とことりが起こさなければ、穂乃果も遅刻だったでしょう!」バンッ
穂乃果「あー!ごめんなさーい!」
絵里「…ふふ。さ、そこまでにして、みんな練習に行くわよ」パン
凛「………」
凛(いつもと変わらない。ホントに誰にも見えてないんだ…)
希「…?凛ちゃん?どうしたん?」キョトン
凛「あ、ううん。…なんでもないにゃ」
希「…?そう?」
34:
ガチャ
真姫「おはよう。あら、もうみんな来てたのね。すぐに着替えるわ」
にこ「んおっそい!真姫まで遅刻なんて!しっかりしなさいよね!」
ことり「真姫ちゃんが遅刻なんて、めずらしいね」
穂乃果「ほら、ね!海未ちゃん!遅刻は誰にでもあるんだよ!」
海未「穂乃果は多すぎるんです!」
真姫「ちょっと!違うわ!一番に来てたわよ!少し早く来過ぎちゃったから音楽室でピアノ弾いてたの!」
絵里「あら、そうだったの?」
真姫「そうよ!まったくもう!」カミノケクルクル
にこ「…へー。一番に、ねー」フフフ
真姫「な、何よ//!悪い//!?」プンプン
にこ「んー?べっつにー」プププ
希「まあまあ、時間もまだあるんやし、そろそろ屋上行こかー」
35:
真姫「ええ、でもそれより、凛」
凛「…ん?何かにゃ真姫ちゃん?」
真姫「…さっきから気になってたんだけど」ジー
凛「………?」
真姫「………あなたって、猫アレルギーじゃなかったっけ?」
凛「!?」ビクゥッ
猫「………」
ほのうみことえりのぞにこ「………?」
真姫「…その抱いてる猫、いったいどうしたの?」
36:
続く
41:
真姫「…その抱いてる猫、いったいどうしたの?」
凛「ま、真姫ちゃ…
海未「真姫?どうしたのですか?」
真姫「え?なに?」
穂乃果「猫って、なんのこと?」キョトン
真姫「なんのことって…別に、凛が抱いてる猫が少し気になっただけよ」
ほのうみことえりのぞにこ「………」
凛(やっぱり!真姫ちゃんには見えてる…どうして…?)
凛「ま、真姫ちゃん、あ、あのね?これは…
にこ「………」プププ
42:
真姫「ちょっと、なんなの?みんなどうしたのよ?」
にこ「真姫が、プププ…電波ちゃんに、フフ…なっちゃった」ケラケラ
真姫「はあ!?何言ってるのよイミワカンナイ!!」
にこ「意味わかんないのは真姫の方でしょー?」ケラケラ
絵里「ちょっと真姫、大丈夫?…具合でも悪いの?」
真姫「エリーまで!何?ちょっと遅れたからって、みんなで私をからかってるの!?」バンッ
ことり「ま、真姫ちゃん…?」オロオロ
真姫「え?」
にこ「………真姫、ふざけてたんじゃないの?」
真姫「なんで私がふざけないと行けないのよ!?」
にこ「………あんた、ホントにどうしちゃったのよ?」
真姫「」
43:
凛「………」
真姫「ちょ、ちょっと凛!黙ってないで説明して!」
凛「う、うん!えっと、えーっと…」
凛(…あれ?これ…なんて言えばいいんだろ…)
真姫「……………ハァ…」
真姫「ねえ、…海未?」
海未「…は、はい、なんでしょうか?」
真姫「いま、凛が抱いているのは、…何?」
海未「………すみません、真姫の言っていることが、私には本当にわかりません…」
真姫「ふざけてるんじゃないのね…」
海未「申し訳ありあせん…」
真姫「…穂乃果はわかる?」
穂乃果「ごめん、真姫ちゃん…」
真姫「…そう」
45:
真姫「ごめん。なんだか私疲れてるみたい。悪いけど、今日の朝練休むわね」
穂乃果「あ、待って真姫ちゃ…ガチャッバタン
穂乃果「行っちゃった…」
ことり「…真姫ちゃん、どうしちゃったんだろう」
海未「心配です…」
希「そやなー、…じゃあ、凛ちゃんに説明してもらおかなあ」チラ
ほのうみことえりにこ「………」チラ
凛「あ、あのね?凛にも、よくわからないんだけど………」モジモジ
凛「ごめん!凛も朝練お休みするね!」ダダダ
にこ「ちょ、凛!待ちなさ…ガチャッバタン
穂乃果「凛ちゃんまで…」
絵里「二人とも、どうしちゃったのかしら…」
46:
廊下
凛「真姫ちゃん!ゼェゼェ…真姫ちゃん待って!」ダダダ
真姫「…凛」
真姫(やっぱり、抱いてるわよね?…猫)
凛「あの、さっきはごめんね。何も言えなくて」
真姫「凛、後にしてくれる?私いま疲れが溜まってるみた…
凛「待って!話を聞いて!」
真姫「……………ハァ…」
真姫「ねえ。最後にもう一度だけ聞くけど、それ、…猫よね?」
凛「そ、そうだよ!ホントに真姫ちゃんには見えてるんだね。どうして?」
真姫「どうしてって何よ。やっぱりみんなで私をからかってたの?」
凛「ち、違うの!この猫ね、誰にも見えない猫なの!」
真姫「」
凛「ま、真姫ちゃん?」
真姫「………凛。あなた、ふざけてるの?」
凛「もう!ちゃんと聞いて!あのね?………」
54:
「………………………………………」
真姫「で、その話、信じろって言うの?」
凛「で、でも、みんな嘘ついてる感じじゃなかったでしょ?」
真姫「まあ、確かにそうだけど…」
凛「みんなにはやっぱり見えてないんだよ。この猫さんのこと」
真姫「…そう」
真姫「本当に自分がおかしくなったのかと思ったわ。…て言うかこれ、どっちがおかしいのかわからないけど」
凛「し、信じてくれるの?」
真姫「まあ、信じてあげてもいいわよ。凛も嘘ついてるようには見えないし」
凛「…ま」
真姫「ま?」
凛「真姫ちゃん…」ウルウル
真姫「へ?」
55:
凛「まきちゃんまきちゃんまきちゃーん!」スリスリ
真姫「ちょ//も、もう凛//」ヤメナサイヨ
凛「え、えへへへ…」ヘタヘタ
真姫「り、凛…平気?」
凛「うん、平気。良かったにゃー。信じてもらえて」
真姫「まったく、しっかりしなさいよ//」ホラタッテ
凛「なんだかすっごくホッとしちゃって」テレ
真姫「だからってそんなにベタベタしないの//」
真姫「………それよりも」
凛「にゃ?」
58:
真姫「さっきの凛の話だと、花陽もこの猫が見えてたんでしょ?」
凛「うん!もうがっつり!なでなでまでしてたにゃ!」
真姫「そう。なら、花陽にもこのことを話してみましょ」
凛「それもそうだね!よーし、じゃあかよちんのところまで急ぐにゃー」ダダダ
真姫「…ハァ、まったくもう、急に元気ね」
真姫(…でも、本当にあの猫、ホントにいったいなんなのかしら)
59:
>>56
どんな想像してるかわからないがやめてくれww
60:
アルパカ小屋前
凛「かーよちーん!てあれ?いないにゃ」
真姫「もう係の仕事終わらせて部室に行ったのかも」
凛「入れ違いかー。…にゃ?」チラ
真姫「戻ってみま…
凛「あー!真姫ちゃん!かよちん中庭の方にいたよ!おーいかーよちーん!」ダダダ
真姫「ちょ、ちょっと凛!」タッタッタ
中庭
花陽「あ!凛ちゃん真姫ちゃん、おはよう。…あれ?朝練はどうしたの?」
凛「それよりもかよちん、あのね」
真姫「花陽に少し話があるんだけど…」
花陽「私に?うん、いいけど…凛ちゃん、その猫ちゃんどうしたの?」
真姫「!?」
61:
真姫(ほ、ホントに花陽には見えてる…!)
花陽「これ、昨日の猫ちゃんだよね…アレルギーなのに連れて帰って来ちゃったの?」
花陽「………あれ?凛ちゃん、猫アレルギーなのにどうして抱っこしてるの?」キョトン
凛「かよちん!」
真姫「花陽!」
花陽「ビクッ!え…な、なに?」
まきりん「ちょっと着いて来て!」ウデグイー
花陽「ええ!?ちょ、ま、待って…ぅぅ…」
花陽「ダレカタスケテー!!」
74:
音楽室
「………………………………………」
花陽「そうなんだ…」
真姫「こんな話なのに、すぐに信じるのね…」
花陽「うん、だって…凛ちゃんと真姫ちゃんが言うことだもん」
凛「か、かよちん…」カンゲキ
花陽「でも、どうして私たちだけにしか見えないのかなあ…」
花陽「他のみんなには、見えてなかったんでしょう?」
凛「そうなの!不思議な猫さんだにゃー」
凛「この猫さんも、凛とかよちんには見えるーって行ってたけど…」
真姫「あ…」
凛「まさか、真姫ちゃんにまで見えるなんて、言ってなかったし………?」
花陽「………」
凛「…二人ともどうしたにゃ?」キョトン
花陽「そう言えば…」
真姫「この猫、…ホントに喋るの?」
75:
凛「えぇ!喋るよ!ね?猫さん?」
猫「………」
凛「あ、あれ?」
真姫「さっきから、全然喋らないじゃない」
凛「猫さんどうしたのかにゃ?さっきまではすっごく流暢に喋ってたのに」
真姫「凛、…流暢なんて言葉、知ってたのね…」
凛「んな!少しは凛にだってわかるよ!」プンプン
真姫「まあいいわ。まずは一度整理しましょう」
花陽「そうだね…えーっと…」
花陽「この猫ちゃんは、昨日の帰り道で私と凛ちゃんが見つけた猫ちゃんで…」
真姫「何故か、私と凛と花陽しか見えなくて」
凛「しゃべる!」ドーン
まきぱな「………」
76:
真姫「…そして、どうして私たちにしか見えないのか」
花陽「不思議だよねえ…何か理由があるのかな?」
凛「喋るのホントなのに…」
真姫「別に、嘘だとは思ってないけど…」
花陽「実際、凛ちゃんの猫アレルギーも治してもらってるんだもんね?」
凛「そう!猫アレルギーを治してあげるって言われたんだにゃ!」
真姫「…それはちゃんと聞いたわよ。でも」
凛「?」
真姫「私と花陽は、まだその猫が喋るところ、見てないから…」
花陽「…どうして喋らないんだろう」
凛「………あ、…思い出したにゃ」
77:
………………………
猫『でも、見えるだけで、僕の声は聞こえないかな』
凛『なんで?』
猫『内緒』
凛『あーもう!ややこしいにゃ…』プシュー
………………………
凛「って、言ってたにゃ」
真姫「何よそれ…イ
凛「イミワカンナイ?」
真姫「!?」キッ
凛「ごごごめんにゃ真姫ちゃん…」ブルブル
花陽「あ、アハハ…り、凛ちゃん…猫ちゃん他には何か言ってなかった?」
凛「他にはー」
凛「凛のことなら何でも知ってる。って言ってたよ?」
まきぱな「なにそれ怖い」
凛「だ、だよねー」ハハハ
79:
真姫「とにかくこのことは、他のみんなには話さなくてもいいわよね?」
凛「どうして?」
花陽「誰も信じてくれないとは思わないけど、実際、私たちにしか見えてない訳だし…」
真姫「話してもややこしくなるだけな来がするわ」
凛「そっかー」
キーンコーンカーンコーン キーンコーンカーンコーン
花陽「とりあえず、放課後はみんなに朝練サボっちゃったことは謝らないと…」
真姫「そうね。…もう授業が始まるわ」
真姫「ほら、教室に行きましょう」
花陽「話はまた後で、だね」
81:
授業を終えて、放課後の部室
凛「みんなごめんにゃー。練習サボっちゃって…」
にこ「…いいわよそんなの。二人とも、具合はもう大丈夫なの?」
真姫「もう平気よ。ごめんねにこちゃん」
にこ「だから、もういいって言ってるでしょ?」
花陽「ご、ごめんなさい…」
にこ「あんたたち…し、しつこいわねえ…」
にこ「ま、大丈夫そうで良かったわ。みんな心配するんだから、何かあったときはすぐに誰かに言いなさいよ?」
まきりんぱな「…に、にこちゃん」ウルウル
83:
ことり「キラキラしてる…か、かっこいい!」
海未「ええ…立派な部長です…」カンゲキ
希「にこっちも、ええとこあるやん」
穂乃果「うわあ!眩しい!にこちゃんが輝いて見えるよ!」
絵里「は、ハラショー…」
にこ「ぅうるさいわよあんたたち//!」
にこ「朝練はまともに出来なかったんだから!ほら!早く着替えて屋上に行くわよ//!」プンプン
84:
部活を終えて、下校中
真姫「結局この猫、今日は喋らなかったわね」
凛「うーん、どうしてかな?」
花陽「でも、喋ったとしても、私と真姫ちゃんには猫ちゃんの声が聞こえないんじゃ…」
真姫「そ、そうだったわね。…これじゃ何もやりようがないじゃないの」ハァ
真姫「凛、もしまたこの猫が喋ったときは、色々と聞いておくのよ?」
凛「もちろん!そうするにゃー!」
花陽「…じゃあ二人とも、また明日ね」ニコッ
凛「かよちんまったねー!」バイバーイ
真姫「私もこっちだから…」
凛「うん!真姫ちゃん、今日はホントに色々とありがとね」ニコッ
真姫「べ、別に…//また何かあったら話してよね!じゃあね//!」プイ
凛「ふふ、照れなくてもいいにゃ。また明日ねー」バイバーイ
凛「………」
凛(…猫さん、なんで喋らないんだろ?)ネコツンツン
90:
星空宅
凛「ただいまー」
凛ママ「お帰りなさーい」
猫「ただいまー」
凛「お帰りなさーい………ぬお!?」ビクゥッ
凛ママ「ん?凛、どうしたの?」
凛「にゃにゃにゃんでもにゃい!」アセアセ
凛ママ「変な子ねえ…ご飯は?」
凛「…あ、後で食べるにゃー!」ダダダガチャバタン
猫「www」ケラケラ
凛「ハァー…ハァー…」ゼェゼェ
猫「ぬお!?…ってwww」ヒィーヒィー
凛「笑わないでよ!さっきまで喋らなかったのになんで急に!」
猫「www」ケラケラ
凛(く…こいつ…腹立つにゃ…)
91:
凛「猫さん!聞きたいことが山ほどあるにゃ!」
猫「フゥー笑った…で、なあに凛ちゃん?」
凛「…なんでみんなと会ってからは一言も話さなかったにゃ!?」
猫「言ったでしょ?僕の声はキミにしか聞こえない。喋っても意味ないからだよ」
凛「じゃあ明日!絶対に喋ってね!聞こえなくてもいいから!」
猫「意味ないと思うけどなあ…」
凛「…あと、他のみんなには見えないのに、どうして真姫ちゃんにも見えたの?」
凛「と言うより、どうしてかよちんと真姫ちゃんにしか見えないの!」
猫「内緒」
凛「…ちょっと、パンチしてもいいかにゃ?」
猫「ひーwひどいにゃーw」ケラケラ
凛(こ、こいつ…)
92:
猫「…じゃ、パンチは嫌だから少しだけ」
凛「ほ、ホント!?」パァァ
猫「凛ちゃんに僕が見えるのは当然のことで」
猫「かよちんに見えるのは嬉しいことで」
猫「真姫ちゃんにも見えるのは意外…かな?」
凛「…な、なぞなぞかにゃ?難易度たかいにゃー」ヘタヘタ
猫「なぞなぞじゃないけど、何度も言ってるけどその内わかるから…」
凛「いまので終わり!?」
猫「うん。終わりだよ?」
凛(このやろう…結局わからないし、かよちんって馴れ馴れしく呼びやがって…)
猫(………なんか怖いな)ブルッ
93:
凛「かよちんに見えてるのは嬉しいことって、…それならみんなには見えてない。っていうのは良いことではないの?」
猫「…そういうことではないんだけどね」
凛「…う」
猫「う?」
猫(…って、あ、これ)
凛「うにゃああああああああああああああああああ!!!」アタマブンブン
猫(やっぱり…)
凛「!!!」クルッ
猫「」ビクッ!!
凛「凛にしか声が聞こえないって言うのは!?」机バァンッ
猫「…ま、まあ当然のこと…としか言えないね…」
凛「ウオオオオオかよちーん!!!ンンンンンンまっきちゃああん!!!」枕ドスドス
猫「ば、バグった…」
97:
凛「もうわかったにゃ!その内わかることなんでしょ?」プイ
猫「そうだよ。もうそろそろ、ちゃんとわかること………」
凛「?」
猫「…気付く。…こと」
凛「………」
猫「僕がどうして凛ちゃんの前に出てきたのかも」
凛「!?」
猫「…すぐにわかるよ」
凛「………」
猫「ホントはもう、少し心当たり…いや、…なんでもない」
凛(…この日はもう、凛は猫さんに何も聞かなかった)
104:
次の日、登校中
凛「昨日の話、かよちんと真姫ちゃんにどう説明したらいいのかにゃー…」
猫「………」
凛「難しいにゃー」
猫「………」
凛「もう!猫さん、聞いてるの!?」
猫「…凛ちゃん」
凛「なに?」
猫「…今日は、学校休もう」
105:
凛「え?何言ってるにゃ!今日はかよちん達の前で喋るって約束したにゃ!」
猫「ごめん、嘘ついてた。僕の声、ちゃんとあの二人には聞こえるんだ」
凛「え?」
猫「喋らなかったのには理由があった。少しずつ、僕の存在に慣れて欲しかった」
凛「…よく意味がわからないよ」
猫「慣れてきたら喋るつもりだったんだ。だから僕はあんまり口を開かなかった」
凛「どうして?」
猫「今日休んでくれたら全部話す…いいかな?」
凛「おおう、まさかの展開にゃ…でも駄目だよ学校をお休みなんて…
猫「いまは行っちゃ駄目なんだ!!」
凛「」ビクッ
106:
猫「ご、ごめん…」
凛「猫さん、どうしたの?」
猫「………」
凛「…わかったにゃ。今日は帰るから、全部話してね?」
猫「出来れば…」
凛「?」
猫「出来れば、かよちんと真姫ちゃんも…」
凛「………休ませろってこと?」
猫「…」コク
凛「もう、聞くの怖いよ…嫌な予感しかしないにゃ…」
猫「…凄く大事な話があるからって、二人と合流して欲しい」
凛「…わかった」
108:
西木野宅
真姫「まさか学校サボって私の家に集まるなんて…」
花陽「凛ちゃん、大事な話ってなに?」
真姫「学校休んでまで話すことなの?」
凛「うん…あのね…」
猫「やあ、おはよう二人とも」
まきぱな「!!!」
真姫「え?なに!?ホントに喋ってるじゃない!」
花陽「あわわわわわわわわわわ」
猫(…まだ喋るべきじゃなかったのに)
猫(これからの話、信じてくれるかな…)
猫「…大事な話ってのは僕からの話なんだけど」
109:
真姫「ちょっと待って、頭が混乱してきたわ」
花陽「ダレカタスケテー!」
凛「そんな反応になるよね!?凛にはその気持ち、すっごくわかるよ!」
猫「ちゃんと聞けぇ!!!」
まきりんぱな「」ビクッ
猫「いまから話すことは、全部本当のことだから」
猫「信じてもらう為に、ゆっくり時間を掛けて少しずつ理解していって欲しかったから…」
猫「だから、僕はいままで黙ってた」
まきりんぱな「………」
猫「でも、急だけどもう話さなきゃいけないことになった。予想外の展開だよ…聞いてくれるかな?」
真姫「ま、まあ、別に聞いてあげないこともないけど…」
花陽「わかった…私もちゃんと聞くね」
凛「………」
111:
猫「まず僕はね、猫股っていう化け猫なんだ。…いまは普通の猫に化けてるけどね」
猫「自分で言うのも何だけど、僕は人を襲ったりしないから安心して」
猫「…そしていま、僕のような存在がもう一匹、音ノ木坂にいる」
まきりんぱな「!?」
猫「その一匹は、僕と違ってかなり邪悪な存在…」
猫「そいつがいま、他のμ'sのメンバーに憑いている」
真姫「………だ、誰に?」
猫「質問は後、時間がない。いまは黙って聞いて欲しい」
まきりんぱな「………」
猫「で、僕が凛ちゃんの前に現れたのは、未来の凛ちゃんに頼まれたからなんだ」
凛「!?」
猫「未来の凛ちゃんの記憶を持ってね。だから、凛ちゃんのことは何でも知ってるんだよ」
凛「し、信じられないにゃー…」
猫「そう言うのはわかってたから、まだ何も言わなかったんだ。でも、聞いて欲しい」
112:
猫「…これから音ノ木坂にいるもう一匹が、とんでもないことをする」
まきりんぱな「…と、とんでもないこと?」
猫「そう…だから、そいつを止めて欲しいとお願いされた」
まきりんぱな「………」
猫「かよちんにも僕が見えるのは、かよちんは未来で凛ちゃんの力になってくれたからだよ」
花陽「………」
猫「だから、真姫ちゃんは意外だった。それほど凛ちゃんの力にはなってないのに…」
猫「こればっかりはどうしてなのか、僕にもわからない」
真姫「………」
113:
猫「前に、本当にわからない?って聞いたこと覚えてる?」
猫「あれは、少しだけど僕と凛ちゃんの記憶が同化してるからなんだ」
猫「でも、どうやら僕の力はまだ完全には足りてなかったみたいだけどね…」
………………………
凛『じゃあ、凛とかよちんにだけ、見える猫さんなの?』
猫『そうなるね』
凛『どうして?見えるとか聞こえるとか、この差は何が違うの?』
猫『…本当にわからない?』
凛『え?うん、わからないにゃ』キョトン
猫『…そっか』
………………………
猫「初めて僕を抱いたとき、泣いたからほんの少しだけ記憶が蘇ったのかと思ったよ」
凛「………」
猫「で、だ。その一匹が誰に憑いてしまったのかなんだけど………」
124:
――――――――――――――――――――
放課後の屋上
希「……………」
海未「穂乃果!またあなたは!」
穂乃果「うわーん!ことりちゃん助けてよー!」
ことり「うーんでもー、これは穂乃果ちゃんが悪いと思うな♪」ニコッ
穂乃果「えええ!ことりちゃんまでー!」
真姫「まったく、いつまでやってるの?さっさと練習始めたいんだけど」
にこ「真姫の言う通りよ。さ、練習するわよ!」
絵里「ほーら、まずは各自準備体操からよ」
凛「穂乃果ちゃんはいっつも海未ちゃんに怒られてるにゃー」
花陽「わ、私もつまみ食いとか気をつけないと…」
希「……………」ポロ
絵里「!?」
125:
絵里「ちょっと希?どうして泣いてるの?」オロオロ
希「え、えりち…」
穂乃果「の、希ちゃん?」
海未「いったいどうしたのですか?」
希「穂乃果ちゃん…海未ちゃん…」
にこ「ちょっと、あんた大丈夫?」
真姫「大丈夫には見えないけど…」
希「にこっち…真姫ちゃん…」
花陽「な、何かあったの?」
凛「どこか痛いの?」
ことり「保健室まで行く?」
希「花陽ちゃん…凛ちゃん…ことりちゃん…」
希「ウチ…ウチ………戻ってこれたんや…」ポロポロ
126:
絵里「の、希?」
希「……………」ゴシゴシ
希「な、何でもないよ?ごめんなー心配かけて」
絵里「…ホントに?」
希「平気!なんかちょっと目にゴミが…」
凛「すっごく嘘くさいにゃー」
希「嘘ちゃうよー。あ、なあにこっち、いまって何月?」
にこ「11月も終わるってとこだけど…ってあんた何月か忘れるってどういうことよ…」
希「!?」
にこ「?」
希「…11月なん?」
にこ「あんたやっぱり保健室に…」
希「うん、そうする。ごめんな、一人で行けるから…」ガチャバタン
絵里「………希…」
127:
保健室
希「保健の先生は留守か…」
希「…もう卒業まで4ヶ月もない、まだ足らん…」
希「………もう一回や…」
狸(無理だね)
希「…どうして?」
狸(俺の力が不完全だったから、戻りきらなかったんだ)
希「でも、これじゃまたすぐに卒業…」
狸(足りない力があるなら、補給すればいい)
希「…どうやって?」
狸(俺が希に化けて力を蓄える。その間、お前は寝てればいい)
128:
希「…そんなこと出来るの?」
狸(出来るさ。だから気にしなくていい)
狸(フフフ…少し俺がお前に入り込んで力を溜め、もう一度戻るんだ)
希「……………」
狸(楽しみたかったんじゃないのか?三年生を最初から…)
希「…信じてもええの?」
狸(もちろんさ…)フフ
希「わかった、信じる…あり…が…とう…」スヤスヤ
希「……………」
希「」ガバッ
希「フフ、やっと体を借りることが出来たぜ…」
希「さて、約束だし、あいつらでも食って力を溜めるか…」
129:
屋上
希「………」ガチャ
絵里「希!もう平気なの?」
希「………」
絵里「…希?」キョトン
穂乃果「希ちゃん心配したよー。もう大丈夫なの?」
希「………」スッ
穂乃果「…?…タロット?」
希「ハッ!」
穂乃果「え?………!?」ドンッ!!
穂乃果「………カハッ」
ことり「ホノカチャン!!!」
海未「ほ、穂乃果!?」ダダッ
真姫「穂乃果が…と、突然吹き飛んだ…?」
130:
にこ「なに!?何が起きたの!?」
穂乃果「…カフッ…ウ!オェェェェッ」ビチャビチャ
ことり「!?」
海未「穂乃果!?しっかりして下さい!!」オロオロ
にこ「なに!?どういうことよこれ!?」
花陽「」ガタガタガタガタ
絵里「希!あなたいま穂乃果に何かしたの!?」
希「フフフ…少し体を借りるだけでこの力か…」ゾクゾク
にこ「…の、希?」
希「………」スッ
花陽「…え?………!?」ドンッ!!
凛「!!!!!」
花陽「…ゴフッ」ドサ
凛「か、かよちん…?」フルフル
131:
真姫「な、何よこれ…」
希「…フハハハハハ!!」
真姫「どうなってるのよ!!」
絵里「希!あなたいったい…」
希「…俺は希ではない。俺は…風狸(ふうり)。いまからお前達を食うことで、力を手に戻すのだ」
絵里「なにがどうなってるの…」
海未「よ、よくも…」ポロポロ
真姫「!?」
海未「よくも穂乃果をおおおおおおおおおお!!」ダダダ
ことり「待って海未ちゃん!!!」
希「ただの人間に俺に勝つことは出来ない」スッ
海未「………!?」ドンッ!!
海未「ガハッ…オェェ」ビチャビチャ ドサ
132:
真姫「ちょ、…さ、三人とも、息してないわよ!!!」
ことり「!?」
絵里「穂乃果…花陽…海未…」
絵里「あなた誰!?希は?本物の希はどこに行ったの!?」
希「黙れ…」スッ
絵里「………!?」ビクッ
にこ「絵里!!!」
真姫「エリー!!!」
希「…ウ!…グゥ…あああああああああああ」
絵里「な、なに!?」
希「何故邪魔をする…希ィィ!!!」
希「」バタッ
絵里「……………」
にこ「…倒れた?」
真姫「なに…どういうことなの…」
133:
凛「…かよちん」ユサユサ
花陽「」
凛「かよちん…かよちん…」ユサユサ
花陽「」
凛「ねえ…かよちん………ねえってば!かよちん!!」ポロポロ
花陽「」
凛「う……うわあああああああああああ」
えりにこまき「!?」
凛「…」キッ
希「」
凛「………」スタスタスタ
真姫「待ちなさい凛!…何するつもり…?」
凛「…どいて真姫ちゃん」
134:
真姫「どくわけには行かないわ…あなたが何するかわからな…
凛「どいてって行ってるでしょ!!!」
真姫「」ビクッ
ことり「………」ダダダ
にこえり「!?」
希「」
にこ「ことり!待ちなさい!あれは希じゃ
絵里「危ない!」ダダダ ガバッ
――ガッ!!!
ことり「………絵里ちゃん、どうして庇うの?」
絵里「…これは、希の姿だけど、希じゃないわ…」ポタポタ
ことり「…グス…ヒック…穂乃果ちゃん…海未ちゃん…」ドサ
135:
にこ「気を失ってるわ…」
真姫「ことり…」
絵里「………」ポタポタ
凛「………なにこれ」
真姫「…凛」
凛「穂乃果ちゃんも、海未ちゃんも、かよちんも…」
凛「あはははは。…死んだのかにゃ?」ポロポロ
穂乃果「」
海未「」
花陽「」
えりにこまき「………」
凛「…ねえ!!!」
猫(…死んでないよ)
凛「!?」
136:
猫(やはり遅かったか…クソ、ここまで暴れてくれやがって…)
凛「………」
猫(…死んでないけど、このままじゃもう助からない)
猫(助かる方法は一つ、過去に飛んで、あのクソ狸が暴れる前に止めるしかない)
凛「はははは…猫さん誰?何言ってるの?凛、もう頭おかしくなったのかな」
猫(信じろ、みんなを助けたくないのか?)
凛「………」
猫(僕の頭に手を置け、僕にキミの記憶を植え付けてやる)
凛「…こんなことにならないで済むの?かよちんもみんな助かるの?ホントに戻せるの?」
猫(もう一度言う。信じろ、あのクソ狸は僕が止める)
真姫「…凛」
絵里「いったい、誰と喋ってるのかしら…」
にこ「もう、終わりね。わたしたち…意味もわからないまま」
凛「………もう、こんなことになってるんだ!どうにでもなれ!」バッ
―――キィィィィン
猫(……………ちっ)
137:
猫(くそ、あのクソ狸と同じで僕も力が足りない…このままじゃ記憶の植え付けが不十分に…)
花陽「カフッ…凛ちゃん…」
凛「!?」
凛「か、かよちん!!!」
花陽「…手」ギュ
凛「かよちん…?」
花陽「凛ちゃんの…何かが…困ってるみた…い…だから」
花陽「わからない…けど…私の…少しの力…も…」キィィィン
猫(………これはすごいな…)
凛「ど、どういうこと?」
猫(自分のことよりなにより、キミを想っている人間なんだ。この娘は…いまから死ぬかも知れないというのに…)
猫(僕のこと、見えてないはずなのにな。本当に大切なんだねキミが…キミも、お互いに…)
13

続き・詳細・画像をみる


作者が無知な野球漫画にありがちなこと

のび太の精神年齢は・・・

王子「囚われの姫君に恋をした」

【悲報】日本の惨状が1秒で理解できる画像が話題に

シャープ退職者を見込み、アイリスオーヤマの大阪の家電開発拠点が採用人数を増やす方針

橋本環奈がアイドルとして完璧な件wwwwwwwww(※画像あり)

back 削除依頼&連絡先