春香「プロデューサーさんのいじわるっ♪」back

春香「プロデューサーさんのいじわるっ♪」


続き・詳細・画像をみる

4:
撮影スタジオ。
カメラマン「目線こっちに下さ?い」
春香「あ、はい」
パシャッ!パシャッ!
カメラマン「OKで?す」
春香「ありがとうございました!」ペコリ
スタッフ「天海さん、この後時間ある?次回の打ち合わせしたいんだけど」
春香「ごめんなさい。この後はすぐに移動しないといけなくて……」
6:
スタッフ「ありゃ、そうなんだ」
春香「すみません……」
スタッフ「いやいや、こっちの都合で言っただけだから。それにしても忙しいよねぇ」
カメラマン「お疲れ様、天海さん」
春香「あ、お疲れさまです」
カメラマン「今の話だけど、本当にちょっと前まで皆で選材写真撮りに来てたのにね」
スタッフ「あっという間に人気アイドルだもんなぁ?」
春香「い、いえいえっ、みんなはともかく、私なんかまだまだです」
8:
スタッフ「ははっ、何言ってるの。今年の好感度調査でも1位だったじゃない」
カメラマン「ああ、そうでしたよね。2位に大差を付けて、文句無しの1位だもんなぁ」
春香「あはは……」
スタッフ「あれ、どうしたの?」
春香「えっと、その1位ってピンと来なくって……」
スタッフ「あははは! 案外本人はそんなもんなのかな」
カメラマン「あれ、天海さん、時間は大丈夫なの?」
春香「え……あああっ!そっ、それじゃあ私っ――!」
9:
スタッフ「ああ、引き止めちゃって悪かったね」
カメラマン「次回もよろしく頼むよ、天海さん」
春香「はいっ!次回もよろしくお願いします!失礼しまーす!」タッタッタッ!
――バタン。
カメラマン「………どう思います?」
スタッフ「良い子なんだけど、アイドルとしては今一つかな」
カメラマン「ですよねぇ。ランキングとかにも、あんまり興味なさそうですし」
スタッフ「案外きっかけさえあれば、あっさり引退しちゃうかもしれないなぁ」
11:
「えっと、次はCM撮影で、その後はTV収録……」
765プロ初のライブが成功して。
ファンからも覚えてもらえるようになって。
やりたかった仕事にも、少しずつ挑戦できるようになって。
みんな、すごく充実しています。
――でも、そんな中、私は……。
「今週も、ずっと一人のお仕事かぁ……」
ライブの惰性でお仕事をしているような、そんな感覚を引きずっていました。
12:
「なんでこんなに、力が入らないんだろ……?」
少し前までは、あんなに張り切っていたのに。
せっかく、目指していたアイドルになれたのに。
「ううん。今年は年越しライブもあるんだし」
思い出すのは前回のライブ。
竜宮小町が到着するまで、みんなで必死に場を繋いで……。
「そうだよ。また、みんなで頑張らないと」
そう思うと、少しだけ力が湧いてくるような気がしました。
13:
From:春香
『年越しライブの練習来れそう?よかったら来てね(^^)/』
雪歩「うぅ、今日も行けそうにないよぉ?」
真「どうしたの?」
雪歩「あ、真ちゃん。年越しライブの練習なんだけど……」
真「あ?……今日もちょっと、参加するの難しそうだよね?」
雪歩「わ、私っ!このお仕事ずっとやってみたくて、それでっ!」
真「雪歩。自分のやりたい仕事があるのは、みんな一緒だからさ」
雪歩「うん……ごめんね、変なこと言い出して……」
14:
From:春香
『午後からライブの練習します!来れそうですか?』
あずさ「あらあら、年越しライブの練習ですって、どうしようかしら?」
伊織「ちょっ!これから歌番組の収録なのよ!?」
あずさ「えっと?、時間は午後からみたいだけど……」
亜美「無理だYO! ここの収録って、いっつも長引くじゃんかぁ!」
伊織「今日は私達がメインなんだし、目の前の仕事に集中すんのよ!」
あずさ「それもそうよね。今日のところは仕方ないかしら?」
15:
From:春香
『今日はみんなお仕事早く終わるし、ちょっとだけ合わせてみない?』
やよい「あぅ?、今日は早く帰って夕ご飯を作らないと……」
真美「あー、それなら仕方ないっしょ」
やよい「で、でもぉ……」
真美「亜美からのメールで、竜宮小町も欠席だって言ってたし」
やよい「え、伊織ちゃん達も欠席なんだ?」
真美「うん。だから、行ってもみんなでは合わせらんないっしょ」
17:
From:春香
『美希と真と練習してます!これたら来てね^^』
響「うあぁん!今日も無理だぞぉ?!」
貴音「年越しライブの練習、如何ともし難いですね」
響「自分、このあと取材が入っちゃって、それはどうしても受けたいんだ」
貴音「わたくしも、急遽こまーしゃるそんぐの収録が前倒しになったので」
響「仕方、ないよね……」
貴音「致し方ないでしょう……」
18:
数日後、ダンススタジオ。
春香「おはようございまーす!」
シーン……。
春香「わ、私ったら、恥ずかし……」カァ?
――priri!piriri!
春香「あれ、美希からだ……もしもーし?」
美希『もしもし春香ぁ? 今日ね、舞台の練習あるんだけど、一緒に行かない?』
春香「え? 今日の舞台練習はスケジュールに入ってないよね?」
19:
美希『うん。だから自主参加なの!』
春香「え! でもっ、今日は年越しライブの練習が……」
美希『そうだっけ? でも、ハニーからはOK出たよ?』
春香「ええっ!そんなぁっ!?」
美希『あとね、律子…さんが、今日もでこちゃん達来れない?って』
春香「え……そうなんだ……」
美希『うん。そのうちメールも回って来るんじゃないかな?』
春香「だっ、だったら!私達だけでも練習しようよ!」
20:
美希『ん?……ミキ的には、春香はもうライブの練習しなくても大丈夫って思うな』
春香「そんなことないよぉ!」
美希『そんなことあるの。ミキ、みんなの練習見たけど春香が一番上手だよ?』
春香「そんなっ……それに、みんなで合わせなきゃ意味ないよ!」
美希『んーん、春香はもう曲に合わせて動けるから、あとはミキ達が合わせれば良いの』
春香「でもっ!」
美希『それにミキね、今度の舞台の主役、絶対にやりたいんだ』
21:
美希『これは、ハニーがくれたチャンスだって思うから』
春香「美希……」
美希『主役のミキを、ハニーに見てもらいたいの!』
春香(そっか……今度の舞台は、美希にとってのチャンスなんだ……)
美希『だからね、今は舞台の方に集中したいんだ』
春香「うん、そっか………ごめん美希……私は、行けないや……ごめん」ピ!
ブツッ…ツーツー…。
春香「やっぱり、みんなの邪魔しちゃってるのかな……」
22:
ガチャ!
千早「おはようございます!」
春香「ッ!! ち、千早ちゃん………おはよう!」
千早「ごめんなさい春香」ペコリ
春香「いきなりどうしたの!?」
千早「今日の練習だけど、急に海外レコーディングの打合せが入ってしまって」
春香「えっ!こんなところに居て大丈夫なの?」
千早「タクシーを拾えればなんとか……」
24:
春香「それなら早く!っていうか何で来ちゃったの!?」
千早「私、昨日の練習もドタキャンしちゃったから……」
春香「嬉しいけど、メールで大丈夫だよ?」
千早(本当は春香が心配で……なんて、余計に気を遣わせちゃうわよね)
春香「とにかく急がなきゃ!せっかくのチャンス――なん、だから……」
千早「は、春香?」
春香「……ううん、なんでもない。ほら、急がないと!」
千早「ええ。本当にごめんなさい。それじゃあ――」タタッ…
25:
――バタン。
春香「…………えへへ、そうだよね」カチカチ…
From:雪歩
『ごめんね。練習行けそうにないよ…>_<。このお仕事は納得行くまでやりたくて…』
From:あずさ
『ごめんなさいね。今日は竜宮小町がメインだし、収録が長引いちゃいそうだから』
From:やよい
『ごめんなさい?;_; 今日は早く帰って晩ご飯を作らないといけないんです…』
From:響
『ごめん!このあと取材が入っちゃって、地元の情報誌に載る記事だし受けたいんだ』
春香(みんな、アイドルになった目的があって、目標があって、夢があって……)
26:
春香「そうだよ。いつだったか、美希や千早ちゃんだって……」
――アイドルって何かしら。
春香「私は……」
――ミキ的には、キラキラ輝いてる人だと思うな!見た人みんながドキドキしちゃう感じ!
春香「私の……」
――人の心に、幸せを届けることができる人のことなのかもしれない。私はそれを歌でしたい。
春香「私の、夢は……」
――。
27:
事務所。
春香「お疲れさまです……」
小鳥「あら、春香ちゃん。お疲れ様?」
春香「あの、プロデューサーさんは……?」
小鳥「今あっちで電話中なの。ほら、聞こえるでしょ?」
『はい。そこはお客さんの反応を見て……』
『そうです!それが皆で作り上げる765プロのライブなんですよ!』
春香(みんなで、作り上げる――)
28:
小鳥「年越しライブの打ち合わせだから、少し長くなっちゃうと思うけど」
春香「………」
小鳥「春香ちゃん?」
春香「あ、いえ、今日はもう帰りますね」
小鳥「え、でも、何か用事があったんじゃ……」
春香「えへへ、もう大丈夫になりました!お疲れさまでしたー!」タッタッタッ!
バタン。
春香(そうだよ。やっぱり“みんなで”やらなくちゃ!)
――。
29:
翌日、ダンススタジオ。
真「今日も全員では集まれなかったね」
響「仕方ないさー。自分も一時間後には出ないといけないし」
雪歩「私も、次のお仕事があるから長くいられないよぉ」
千早「こんな調子で大丈夫なのかしら……」
春香「………」
千早「春香?」
春香「これじゃ、ダメだよ……」
30:
真「え……」
春香「このままじゃ、みんなバラバラで、ライブもダメになっちゃうよ!」
雪歩「で、でもぉ、みんなお仕事があるし……」
春香「今は、今だけは、年越しライブに集中できないかな!?」
貴音「春香……それはわがままというものです」
響「そっ、そうだぞ! 自分だってもっと練習したいけど、仕事が……」
春香「でも!前みたいにみんなで頑張らないと!」
真「今と前とじゃ状況が違うよ……」
31:
春香「でも……それでもっ!」
律子「そこまでよ」
春香「ッ――律子、さん?」
律子「はぁ、プロデューサーに頼まれて迎えに来てみれば……春香、行くわよ」
春香「え……どこにですか?」
律子「舞台の練習よ。美希はちゃんと自主参加してるわよ」
春香「そんな!今日は年越しライブの練習をみんなでって!」
律子「分ってる。でも、これは春香にとってチャンスなの」
32:
律子「それに、プロデューサーの意向でもあるわ」
春香「ッ!! そんなっ………だって、プロデューサーさんは……」
千早「は、春香……」
律子「良い?さっき春香は、今だけはライブの練習をって言ったけど」
春香「はい……」
律子「お願いだから、今だけは舞台の方に集中して」
春香(――私、ほんと何やってるんだろ………)
――。
33:
数日後、舞台練習。
美希「ねぇ、春香。最近はライブ練習のお知らせメールしてないの?」
春香「うん……しばらくは控えるように言われちゃって……えへへ」
美希「そーなんだ……」
春香「あ、えっと、話は変わるけど、この舞台、美希と一緒で良かったよ」
美希「そうなの?」
春香「うん。私一人だったら心細くて……一緒に頑張ろうね!」
34:
美希「うーん、それはやなの」
春香「え……」
美希「前にも言ったよね。ミキ、絶対に主役をやりたいんだ」
春香「う、うん、でもさ……」
美希「だから、一緒に頑張るっていうのは違うんじゃないかな」
春香「み、美希……」
美希「だからね春香――」
スタッフ「すみませーん。次、星井さんからでお願いしまーす!」
38:
春香「…………」トボトボ…
――だからね春香、ミキ、負けないよ。
春香(私だけ、そういう覚悟ができてないのかな……)トボトボ…
 「おーい、美希?、春香?」
 「ハニッ……プロデューサー♪」
春香「プロデューサーさん……そうだ、プロデューサーさんに相談すればっ」クルッ
グラッ――。
春香「あれ?」フラッ…
 「ッ!! 春香ぁあっ!!」バッ!
39:
――ドォンッ!!
スタッフ「オ、オイッ!誰か落ちたぞ!!」
スタッフ「なんでセリが下がってるんだよ!?」
美希「はっ、ハ――?ッ!!」ドタドタ
スタッフ「星井さんっ!危ないですから下がって!」
監督「救急車だ!早くしろ!」
春香(ぷろ、でゅーさ……さん……?)
――

40:
病院。
亜美・真美「「りっちゃん!」」ドタドタ!
千早「律子!」タッタッタッ!
律子「しーっ…!気持ちは分かるけど、静かに……!」
雪歩「あのねっ、さっきお医者さんが来て、治療は終わったって!」
千早「そう……なら、もう大丈夫なのね?」
貴音「それが、頭を打っているようで……」
響「お医者さんは、いつ意識が戻るか分からないって言ってたぞ……」
伊織「もし目を覚まさなかったら、この病院潰してやるんだから……」
42:
真「い、伊織ぃ……って、あれ、そういえば美希は?」
小鳥「美希ちゃんは、現場からずっと付き添っていたから……」
律子「ずっと気を張ってたし、今は受付のところで休ませてるわ」
あずさ「一人で大丈夫でしょうか?」
小鳥「いえ、一応一人ではないんですけど……」
律子「でも、もう一人もあの様子じゃ……」
小鳥「私、ちょっと見てきますね」
千早(春香……)
――。
43:
後日、事務所。
ガチャ。
律子「お疲れ様です」
小鳥「あ、お帰りなさい律子さん」
律子「ふぅ、伊織達は現場から直帰させました」
小鳥「みんなは大丈夫そうですか?」
律子「あの子達の方がよっぽど強いです。私なんか、力が抜けちゃって……」
小鳥「そうですね、私も同じです……」
44:
小鳥「今日は病院には?」
律子「朝行って来ました」
小鳥「じゃあ、プロデューサーさんもまだ……?」
律子「はい……」
小鳥「そうですか……」
律子「そのプロデューサーの担当の子達はどうですか?」
小鳥「社長が頑張ってくれてます。ふふっ、現役の頃を思い出すって」
律子「それなら安心ですね」
45:
律子「それと、年越しライブの練習はどんな感じでしょう?」
小鳥「えっと、私も直接は知らないんですけど……」
律子「あ、そうですよね。私ったら……すみません」
小鳥「い、いえいえっ、今日は真ちゃんと響ちゃんが来てたみたいですよ?」
律子「二人だけ……やっぱり、出席率が悪いですね」
小鳥「春香ちゃんも心配してましたけど、全体練習がなくて大丈夫でしょうか」
律子「みんな、今は自分達の仕事を一生懸命やってますから、仕方ないですよ」
――。
46:
病室。
春香「ごめんなさい…グスッ…ごめんなさい……っ」
P「春香が謝ることなんて、何にもないんだぞ?」
春香「ひッ、ぅ……ふぇぇ…ぶろ゛でゅーざッ…ざ、ん」ポロポロ…
P「おいおい……ほら、こっちおいで」
春香「うっ…っ…ぅわあぁあぁああぁあん!!」
P「よしよし」ナデナデ
春香(ぷろでゅーさーさん、ぷろでゅーさーさんっ……!)
48:
春香「ひっ…うぅ……ぐすっ……」
P「少しは落ち着いたか?」
春香「あ゛ぃ…ごぇん、なざぃ……」
P「あはは、何謝ってるんだよ」
春香「わた…ひっ、の……せぇ、で……」
P「ほら、アイドルが泣いて良いのは、ライブの終わりと引退のときだぞ?」
春香「ふぁい……」
P「とにかく、今は春香もゆっくり休むんだ」ポムポム
――

50:
翌日、ダンススタジオ。
千早「やっぱり、人数が集まらないわね」
貴音「致し方ないでしょう。皆、それぞれの仕事があります」
真「それにさ、今日はまだ来てる方だよ」
雪歩「そうだよね。春香ちゃんがいたら、喜んだかな……」
真美「はるるん……」
全員「「「「…………」」」」
51:
真「ボク達大丈夫かな……。今はプロデューサーもいないし……」
貴音「なればこそ、今はわたくし達だけでも精一杯練習すべきです」
真美「はるるんが復活したとき、すぐに合わせられるようにしなきゃね!」
雪歩「私、初ライブの練習のとき足引っ張っちゃったし、今度こそやりますぅ!」
千早(春香。私達頑張るから……)
真美「んじゃ、曲かけるYO!」
千早(だから、あなたも早く戻って来て――)
――。
52:
病室。
春香「あの、こんにちは……」
P「ん? やぁ、春香」
春香「え、えっと……」
春香(うぅ、昨日あんなに縋り付いて泣いちゃったし、恥ずかしぃ……)
P「どうしたんだ、入らないのか?」
春香「あ、いえ、失礼しマスっ!」
P「ははっ、何緊張してるんだよ」
春香「キ、緊張してないですヨ?」
53:
P「う?ん……あ、わかったぞ!」
春香「ふぇ!?」
P「昨日あんなに泣いちゃったからなぁ??」ニヤニヤ
春香「プ、プロデューサーさんっ、いじわるですよぉ!」
P「あはははっ!」
春香「うぅ?」ジトー
P「おっと、そんな可愛い上目遣いで睨まないでくれヨ」ニヤニヤ
春香「た、性質が悪いですよぉ?!」カァ?
54:
P「ははっ、じゃあ、お詫びに緊張を解くおまじないをしよう」
春香「おまじないですか?」
P「ああ、前にもやったろ? まずは手を出してぇ?」
春香「は、はい」
P「人という字を書いてぇ?」
春香「く、くすぐったいです……プロデューサーさんっ」
P「そして今書いた人の字を??飲み込む!!」
春香「ふぇ!?い、いきなり飲み込めませんよぉ?」
P「おいおい、あの時と同じだなぁ……ほら、お水」
春香「あ、どうも……んぐんぐ……」
春香(…………ん?)
――

56:
翌日、収録現場。
スタッフ「ねぇねぇ、天海さんってお休み中なんでしょ?大丈夫なの?」
亜美「えっ!?あ、あぁ?、えっとぉ?」
亜美「(ど→しよ、いおりん!?)」ヒソヒソ
伊織「(あんま言っちゃダメって、律子に言われてるんだからね!)」ヒソヒソ
あずさ「あの、すみません。私達も詳しいことは……」
スタッフ「あ、そうだよねぇ。これだけ別々に仕事してたら分かるわけないよねぇ」
伊織「なっ! ち、ちがっ……!」
あずさ「いえ、そういう訳では、ないんですけど……」
57:
ロケ現場。
スタッフ「同じ事務所って言っても、ファン獲得のライバルでもあるわけだし」
響「えっ!?」
スタッフ「自分達の仕事もある訳だから、お互いの状況なんて分かんないよね」
やよい「えっと、そのぉ……」
スタッフ「まぁ、個人で売れてるんだし、765プロってことに拘らなくてもねぇ」
響「そ、そんなことっ!」
やよい「ない、です……」
――。
58:
病室。
春香「こんにちは、プロデューサーさん」
P「やぁ、春香」
春香「えへへ、今日はお菓子を作って来たんです」
P「おお!って、嬉しいけど、そんなに気を使わなくて良いんだぞ?」
春香「好きでやってることですから。じゃ?ん、今日はフルーツケーキですよ♪」
P「おっ、フルーツケーキといえば――」
春香「どうかしましたか?」
60:
P「いやさ、前に春香が寝不足になるくらいレシピで悩んでたな?って」
春香「え?」
P「ちょっと思い出してな。それじゃ、早いただきまーす!」
春香「あ、どうぞどうぞ」
P「モグモグ……うん!相変わらず、春香のお菓子は美味しいな!」
春香「えへへ、お菓子作りなら任せてください!」エッヘン!
P「あとは、たまにやるドジを直せば完璧だな?」ニヤニヤ
春香「うっ……それは自信ないですよぉ」
62:
P「おいおい、自信ないのかよ」
春香「だって、私ドジですし……」
P「いつだったか、間違えて焦げた方のクッキー持って来ちゃったしな?」
春香「うぅ?、プロデューサーさぁん……」
P「あはは、ごめんごめん、いじめすぎたかな?」ナデナデ
春香「そ、そうですよぉ………えへへ」
春香(――って、あれ?)
――

63:
翌日、社長室。
社長「どうかね律子君。アイドル達の様子は?」
律子「仕事はなんとか……ですが、やっぱり全体的に沈んでいますね」
社長「そうか、今は彼も天海君も不在だからね」
律子「はい。特に春香は、前回のライブでもムードメーカーでしたから」
社長「うむ。吉澤君も指摘していたが、彼女の明るさには随分救われた」
律子「吉澤記者が……ええ。本当にその通りですよ」
社長「だから、それだけに残念な知らせがあるのだよ」
64:
社長「天海君の出演している番組側から、出演者変更の連絡が来た」
律子「そっ、それって!春香は降板っていうことですか!?」
社長「そこまではっきりとは言わなかったが、事実上の降板だろう」
律子「そんな……」
社長「今のところ先方は、代わりのアイドルを765プロからと言ってくれている」
律子「そう、ですか………仕方ないこと、なんですよね……?」
社長「厳しいかもしれないが、この世界では至極当然のことだ」
律子(春香……)
――。
66:
病室。
春香「こんにちは、プロデューサーさん」
P「やぁ、春香。お疲れ様」
春香「ぁ……」
P「ん、どうした?」
春香「な、なんでもないです……アハハ」
P「そうか?」
春香「それよりも、今日はクッキーを焼いて来ました!どうぞ!」
P「お、おお。それじゃあ、早頂こうかな。あ?…む」
67:
P「ムグムグ……うん、いつも通り美味いよ」
春香「へへっ、良かったぁ?♪」
P「春香って、小さい頃はお菓子職人になるのが夢だったんだもんな」
春香「え……」
P「どうかしたか?」
春香(私、プロデューサーさんにそんな話したかなぁ?)
P「お?い、春香ぁ?」
春香「あっ、すみません」
68:
P「いやいや……そういえば、ここ最近、仕事の方はどうだなんだ?」
春香「えっと……一人のお仕事が多いですけど、なんとか……」
P「ふむ、春香は皆とする仕事が好きかい?」
春香「それは…………好き、ですけど……」
P「うん、そうかそうか」
春香(でも、元はと言えば、私がそのことで悩んでた所為で……)
P「それはすごく良いことだ。春香の魅力の一つだな」
69:
春香「魅力、ですか?」
P「ああ。皆との時間を大切に思えるんだ、春香は優しいよ」
春香「そんなこと……」
P「そういえば、春香が皆で歌うのが好きなのって、歌のお姉さんとの思い出だったよな」
春香「歌の、お姉さん……?」
P「小さい頃に、公園で知り合ったお姉さんと友達と、皆で歌を歌ったって」
春香(っ――…………)
P「それで、通りがかった人達が聞いて拍手をしてくれたんだよな」
(あぁ……そっか……)
71:
(そういうことだったんだ……)
たとえば、初めてのミーティング。
一緒に繁華街を歩いて、ケーキやお菓子、小さい頃の夢の話をした。
『パティシエになるのが、夢だったりしたこともあったんです』
『今からでもなれるさ。どうだ春香、職人を目指したら?』
『ええっ!今からですか!?でも私、今は歌が大事だし……』
『いやいや、歌のパティシエを目指すっていうのはどうかな?』
ちょっぴりキザな言い回しだったけど、嬉しくて舞い上がったのを覚えてる。
72:
(他にも……)
たとえば、昼の公園。
歌を頑張る理由を聞かれて、はじめて他人に話した。
『お姉さんと友達とみんなで歌ってると、周りに人が集まって来て』
『もしかして、褒められた?』
『はい!みんなに拍手してもらえて、ふふふっ』
『それが、春香が歌を頑張るきっかけになったんだな』
あなたに話して、自分がアイドルを目指した理由を、自覚したのを覚えてる。
73:
少し無理して頑張ったCDショップの店頭販売も。
いきなり好きな男性を聞かれた雑誌取材の練習も。
ひたすら走り抜いたPV撮影も。
はじめてドラマに出演させてもらうことになったレコーディングも。
そして、最後のドーム公演も。
どの時にも、私の側には、プロデューサーさんが居てくれたのを覚えてる。
(そうだよ。アイドルランキングが上がる度に喜んで、二人で新しい目標を立てたっけ)
……。
74:
P「つまりさ、アイドルを目指した理由が“皆で歌いたい”っていう――」
春香「ふふっ」
P「春香?」
春香「でも結局、そのことで悩んで、みんなに迷惑掛けちゃいました」
P「そうか?」
春香「はい、心配も掛けちゃってます。今も、こうしてる間にも」
P「……ははっ、気付いたのか?」
春香「気付いちゃいました」
75:
春香「これは、私の夢なんですね」
P「ああ、その通りだ」
76:
P「春香は、舞台から落ちて病院に運ばれたんだ」
春香「そして、私は今もベッドの上なんですね」
P「ああ。でも、どうして気が付いたんだ?」
春香「だって、小さい頃の話なんて、プロデューサーさんにしたことないですから」
P「そうだな。ここでの春香は、担当プロデューサーとそんな話はしていない」
春香「でも不思議です」
P「うん?」
春香「体験していないのに、あなたとの思い出は、ずっと側にあったんですね」
77:
P「俺との記憶は、天海春香のルーツでもあるからな、きっとどこかで覚えてるのさ」
春香「うふっ、ちょっとキザですよ、プロデューサーさん♪」
P「本当だな、確かにキザだ、あはははは!」
春香「もう、プロデューサーさんったら……」
P「いやぁ、あははっ!」
春香「うふふっ」
P「ふぅ………なぁ、春香」
春香「………はい」
78:
P「一つ、わがままを言わせてくれるか?」
春香「はい」
P「俺は、春香にトップアイドルになってほしい」
春香「はい」
P「他の誰でもない。春香になってほしいんだ」
春香「………」
P「聞き届けてくれるかい?」
春香「もう……本当にわがままですよ、プロデューサーさん」
79:
春香「でも、聞いちゃいます。ちょっとシャクですけど!」
P「え、癪?」
春香「だって、自分を振った人のわがままを聞くんですよ?」
P「なっ!……は、春香?」
春香「全部思い出しちゃいました。よくも振ってくれましたね?」
P「いやっ!あれは春香の将来を思ってだなぁ!」
春香「むぅ?っ………ふふっ、わかってますよ」
80:
春香「だから、今度もプロデューサーさんの言うこと聞いちゃいます」
P「良いのか? それはきっと、ここの春香が望む“皆で”じゃないぞ」
春香「そうですね……うふふっ」
P「春香?」
春香「前に、美希と千早ちゃんと、アイドルってなんだろうって話したんです」
春香「そのとき、二人はちゃんと答えを持っていたのに、私は答えられませんでした」
P「アイドルとは……か。二人はなんて答えたんだ?」
82:
春香「美希はキラキラ輝いてる人。千早ちゃんは幸せを届ける人。あと、それを歌でしたいとも」
P「なるほど。言い換えれば、アイドルとしての夢や目標ってことだもんな」
春香「はい。そして私の夢は、“みんなで楽しく歌うこと”でした」
P「春香の夢は、前回のライブで実現していたわけだ」
春香「でも、思いがけず夢が形になって、そのあとは力が抜けちゃってましたけど」
P「仕方ないさ。それに、周りの変化もあって戸惑もあったんだろう」
春香「えへへ、白状すると、競争とかランキングとか、ついて行けてませんでした」
P「ははっ、正直だな。今も同じ気持ちかい?」
春香「いいえ。おかげさまで、新しい夢を見つけましたから」
83:
春香「私の夢は、思い描くアイドルは、あなたの理想のアイドルです」
P「あぁ――………ありがとう、春香」
春香「いいえ、こちらこそです」
P「やり方は分るか?」
春香「あなたから教わりましたから」
P「そうか、じゃあ……」
“行っておいで、春香。”
春香「っ……はい!行ってきますっ、プロデューサーさん!」
――

84:
病室。
春香「う…ぅ……」
赤羽根P「は、春香? 春香っ!?」
春香「うぅ……?」
赤羽根P「春香っ!目を覚ましたのかっ!?」
春香「ぷろでゅーさ、さん?」
赤羽根P「ちょ、ちょっと待ってろ!今お医者さん呼ぶからな!」
春香(……私、頑張りますよ、プロデューサーさん)
――。
85:
数週間後。
年越しライブ当日、控え室。
響「いよいよだな、年越しライブ!」
真「うん。歌もダンスもなんとか形になったし」
雪歩「でも、あんまり練習できなかったし、ちょっと不安だよぉ」
貴音「確かに、前回のらいぶに比べ、練習量が少なかったですね」
真美「そんなのへ→きだYO!ステージに立っちゃえばなんとかなるって!」
あずさ「それもそうよね。ここまで来たら、頑張るしかないわよね」
86:
亜美「ってゆ→か、はるるんが出られないのはイタイYO!」
美希「まったくなの。春香が一番上手なのにぃ……」
春香「うぅ……めんぼくないです……」
伊織「ま、今回は伊織ちゃんの華麗なステージを見てることね!」
千早「私達、春香の分まで頑張ってくるから」
やよい「うっうー!がんばりますよー!」
春香「えへへ、ありがとう……」
87:
赤羽根P「春香……」
春香「あ、お疲れ様です、プロデューサーさん」
赤羽根P「改めてすまなかった」
春香「へ?」
赤羽根P「今回のこと、俺がちゃんとしていれば、こんなことには……」
春香「なっ、何言ってるんですか! 舞台から落ちたのは、完全に私のドジですよ!?」
律子「いや、それも違うから、あれは完全に舞台側の不備よ」
88:
赤羽根P「それだけじゃないんだ。事故の後、俺はプロデューサーの仕事まで放棄していた」
真「でも、それこそずっと春香の付き添いだったわけですし」
雪歩「そうですよぉ?」
赤羽根P「いや、皆にもたくさん迷惑を掛けた。本当にすまなかった!」
伊織「べ、別に、あんた一人抜けたくらい、どってことなかったわよ!」
響「そうだぞ! 自分は完璧だし、なんくるなかったさー!」
貴音「どうか気に病まれないよう、プロデューサー」
89:
赤羽根P「み、皆……」
真美「あれあれぇ?、兄ちゃん涙目ぇ→?」
亜美「え→!見せて見せてぇ?!」
赤羽根P「うわっ!?ちょっ!やめっ……!!」
やよい「あ、プロデューサー赤くなってますー」
あずさ「あらあら、可愛らしいですね?」
貴音「ふふっ、まことその通りですね」
赤羽根P「か、勘弁してくれ……」
90:
律子「はいはい、遊んでないで、ちゃんと身体をほぐしておくのよー」
小鳥「あと、今の内に何かお腹の中に入れておいてねー」
全員「「「「はーい!」」」」
美希「ミキ、おにぎり食べたいの!」
律子「あ、食べ物も飲み物も、今は別の控え室に置いてあるんだったわ」
美希「えぇー」
春香「私が案内するよ。行こう、美希」
美希「うん!」
91:
別室。
美希「もぐもぐ……」
春香「はい、飲み物もどうぞ」
美希「ありがとなの」
春香「いよいよだね、年越しライブ」
美希「うん。いっぱいキラキラしたミキを、みんなに見てもらうの!」
春香「そうだね。お客さん全員の記憶に残るライブになると良いよね」
美希「………春香?」
92:
春香「ん、なに?」
美希「春香、なんだか変わったの」
春香「え?」
美希「落ち着いてるって言うか、すごくまっすぐ?ってカンジ」
春香「そうかな……」
美希「うん。なにかあったの?」
春香「……前に、アイドルってなんだろうって、話したことあったよね」
美希「あ、うん」
94:
春香「私もね、答えを見つけたんだ」
美希「ふぅん、ぜひ教えてほしいの!」
春香「それはヒミツです♪」
美希「えぇー、そんなのってないの?」
春香「ごめんね。でも……」
美希「春香?」
春香「私、負けないよ」
美希「……うんっ、ミキも負けないの!」
――。
95:
765プロ初の年越しライブ。
みんな練習不足を心配してたけど、そんなこと全然なくって。
最後までしっかりと、最高のステージを見せてくれました。
律子さんは、『プロなんだから当然!』って言ってたけど。
お客さんも喜んでくれて。
ファンもたくさん増えて。
メディアにも注目されて。
私には、みんなが眩し過ぎるくらい輝いて見えました。
96:
新年になって。
年越しライブの評判もあって、765プロがますます忙しくなる中。
私はというと、怪我の治療やら検査やらで、しばらくお仕事はお休み。
お仕事は減ってくし、ファンからは忘れられちゃうし、置いてけぼりです。
それに、再起ってすごくすごく大変で、正直へこたれちゃいそうでした……。
「……でも、約束ですからね――
97:
61週後、ドーム公演。
――私、ここまで来ましたよ、プロデューサーさん」
かつて訪れた夢のステージ。
前と違うのは、彼が隣にいないこと。
(あなたとやったことを思い出しながら、一つ一つ登って来たんです)
営業、取材、撮影、レコーディング、ライブ……。
本来ならば知りえない、天海春香の原初の記憶。
(私は、あなたの理想のアイドルになれましたか?)
“………。”
「ちぇ、まだダメですかぁ?……ふふっ」
そうして、今日も答えは得られない。――ステージの幕が上がる。
98:
ドーム公演、ゲスト控室。
千早「すごい歓声ね、地響きがしてる……」
美希「相変わらず、春香さんのライブはすごいの!」
赤羽根P「春香のライブは、遠い席のお客さんも楽しめるように工夫されてるからな」
千早「だから、いつも春香は、顔を少し上げて声が通る歌い方をしているんですね」
赤羽根P「ああ。実に春香らしい気遣いだよ」
美希「うーん……ミキ、それはちょっと違うって思うな」
千早「どういうことなの?」
美希「春香さんはね、もっと遠くにいる誰かに向けて歌ってるの」
99:
千早「遠くにいる、誰か?」
美希「そうなの。いろんな気持ちを込めてね、歌ってるの」
千早「なんだか、少し悲しい感じね……」
美希「でもね、だからこそ、みんな応援したくなっちゃうんだって思うな」
千早「春香を応援したくなるのは、歌の表現効果なんじゃなくて、ただ純粋に一生懸命だから……」
美希「うん!ミキね、春香さんに負けないよって言ったのに、すっかりファンになっちゃったの!」
千早「そうね。私も同じようなものかしら、ふふっ」
スタッフ「如月さん、星井さん、準備の方お願いしまーす!」
100:
ステージ。
春香『みんなー!今日は、765プロから特別ゲストが来てるんですよー!』
春香『早呼んじゃいますね?……千早ちゃーん!美希ぃー!』
千早『皆さんっ、こんばんわ!』
美希『みんなよろしくねっ☆ そして春香さん、会いたかったのー!!』ダキッ
春香『うわわ!?って、やっぱり“さん”付けは変だよぉ?』
美希『いーの!ミキ、春香さんのこと尊敬してるんだから♪』
千早『二人とも、お客さんに笑われてるわよ?』
春香『うぅ……つ、次の曲!次の曲行きますよーっ!』
――。
101:
春、昼の公園。
満開の桜に彩られた公園には、子供達の元気な歌声が響いていた。
「楽しそうだなぁ?♪」
以前の自分だったら、一体どんな風に見えていただろう。
夢や目標を失ったまま、もしかしたら幼い頃の幻覚でも見ていたかもしれない。
そして、失意の私は、幼い頃の自分に向けこう尋ねるのだ。
 『ねぇ、私はどうしてアイドルになりたかったの?』
 『あいどるになってね、みんなでたのしく、おうたをうたうの!』
きっとこれも一つの答えで、一つの結末に辿り着けたに違いない。
102:
「でも、もう思い出しちゃったから……」
歌のお姉さん。一緒に歌った友達。拍手してくれた人々。
そして、それを思い出させてくれた、あの人のこと。
「プロデューサーさん……」
私はこれからも、色々な場所でアイドルをするでしょう。
そして、その場所では、あなたを思い出すことはないのかもしれない。
でも、それでも、『天海春香』が最後に戻る場所は――。
104:
「いつか、アイドルを辞めたときは、あなたのところへ戻っても良いですよね……」
“ああ。そのときは、あの話の続きをしよう。
 春香の気持ちが、変わっていなければね――”
「うふふっ♪」
天を仰げば、私を照らす、あの人の笑顔みたいな太陽が輝いている。
私は目を細め、遥か彼方のあなたに向けて。
春香「プロデューサーさんのいじわるっ♪」
――。
105:
epilogue
長い長い時が経ち、誰もが一人の少女がアイドルであったことを忘れ去った頃。
「色んなことがあったなぁ?」
一人の少女が、街灯に照らし出された夜道を歩いていた。
「最初は、765プロってアイドル9人だったんだよねぇ」
懐かしい夜風を頬に感じ、遠い昔に思いを馳せる。
「そこに、美希や響、貴音さんが加わって――」
「そういえば、美希が961プロに移籍しちゃったこともあったなぁ」
「律子さんがプロデューサーで、伊織達とフェスで競争したりもしたっけ」
それらは、全てが終わらなければ見ることのできない、思い出の俯瞰風景。
108:
「長かったけど、やっと戻って来れたんだ」
街灯に照らし出された夜道。
ここはかつて、彼女が大切な人と歩き、別れた場所。
「ここで終わって、始まったんだよね……」
多くの思い出が色褪せる中、それだけは鮮明に覚えている。
天海春香のルーツ。
大切な人と歩んだ、光り輝く61週間。
彼女が生まれ、アイドルとなった、一番最初の物語。
109:
「やぁ、春香。お疲れ様」
待ち望んだ声。
「ふふっ、お疲れさまです、プロデューサーさん♪」
長い長い時を繋ぐ挨拶。
「私……トップアイドルになれてましたか?」
「ああ、もちろんだ。春香はトップアイドルだった!」
会話は、昨日まで一緒だったかのように軽やかだった。
110:
「えへへ、私なんかでも、トップアイドルになれたんですね」
「当然だよ。何せ春香は、俺が唯一、感情を押し殺してでも業界に残したアイドルなんだから」
「え……? あの、それって――」
「俺と春香の物語だけは、あの時に終わってないからな」
「プロデューサーさん?」
「だから、今度は俺から言わせてもらうよ」
向き合った二人は、あの時と全く同じ姿で。
違うとするなら、それは話の結末。
111:
遠い昔に始まった物語は、
「春香」
長い長い時を経て、
「は、はい」
忘れ去られたこの場所で、
「俺さ、ずっと春香のことが――」
ようやく終わりを迎える。
アイドルだった少女の、初恋の成就によって――。
END
11

続き・詳細・画像をみる


テレビがなくても不自由しない? テレビいらない4割

朝日新聞「報道の誤りを明らかにすることはあるが、法的義務はない」従軍慰安婦報道についての訴訟に対し請求棄却を求める

ガオガイガーとかいう名作ロボットANIMEwwwwwwwww

ドラゴンクエスト3の最初に滝に質問されて性格判断がされるじゃん?あれ的中率高すぎだよな

【米国】牛肉価格が過去最高を記録、バーベキューシーズン到来で

おっさん「(;Д;)ギャー!クマ出たー!!」 クマ「(;Д;)ギャー!ヒト出たー!!」

back 削除依頼&連絡先